みろく世に適応した専用の【水晶玉(魂)】の中に【白十字】

0

    つい最近、ある方からメールを頂きました。そのメールによると、その方の前に透明の水球が現れて、その中に白色の正十字が入っている。不思議なことに、その白色の正十字はどの位置から見ても正面に見えて来る。通常ならば正面に白色の正十字が見えるならば、脇から見るとそうは見えないはずなのに何故か白色の正十字が常に正面に見えて来る。それが玉だと解ったのは光の関係からです。これが貴方が説いていおられるみろく世における○十や水晶玉(魂)のことですかの質問です。

     

    大本教から【水晶魂(玉)】の言葉が世に出されました。今日までの魂は腐ったり捻れたりします。そうした状態になった魂は破砕されてしまいます。有能な霊能者の方達から、神社などに行くと霊能力がある人の目に微細なキラキラしたチリの様なものが見えるとされるのは、そうした破砕された魂の残骸との説も出されています。

    ある霊感者は神社に行って、そうしたキラキラしたチリのようなものが無数に見えて、自分の目に異常が起きたのかと思ったと言われましたが、そうしたことを教えて貰っていないとそうした思いをも抱いてしまいます。

    そうした破砕された魂の屑は「思念」だけを帯びているとなります。私の3回ほど前のブログに【壁を通過して来るオーブ】のビデオをユーチューブにアップした物を出しましたが、それらはカメラではレンズの関係で大きく見えますが微細な存在です。とても人間の魂と呼ばれる存在の大きさではありません。しかし、そうした霊物質の玉はこの世の次元とは関係ないことは映像から読み取れるわけです。

     

    この「思念」はかなりやっかいで、一度肉体から想念が出てしまうと、そのエネルギーが尽きる迄の間は消えません。人が生きていると実感できるのは「思い」を持つからであり、その思い(想い)が一切消えると魂でもその存在は価値を無くしてしまいます。

    この世は「四苦八苦」であり、「喜怒哀楽」は免れません。それが厭なら【無我】の世界しかなくなるのです。

     

    無我になることは、完全なる魂の死

     

    大本教神諭に、【自我があってはいけないが、まったく自我が無くても行けない】とありますが、完全【無我】となってしまいますと【自己の魂の消滅】になります。思考能力があると言うことが生きている証拠なのです。すると仏教で説かれる【本我・真我】と【無我】は本来は別物と解って来ます。

    創造神は【無我】かと言いますと無我ではなくて【有我】なのです。有我であるが故に万物の創造に入られたと言えます。創造神が「完全無我」の存在であれば、私達人類も万物も何も誕生していないのです。

    弥勒菩薩像の中には【思考】する姿がありますが、思考することは【識】の状態なのです。霊が見えるとか霊と会話するだけで、そうした【識】を否定していれば仏典の般若心経の「色即是空、空即是色、受想行識」を何も理解していないとなります。

     

    完全なる無我は自己の魂の命の消滅なので、その世界に四苦八苦も喜怒哀楽も輪廻転生も無い 。

    そんな世界に入ることが、人類の目的であったのだろうか?。

     

    みろく世は永遠の世とされますが、為には今の人類の肉体の中にある魂は腐ったり捻れたりする為に、新しい【みろく世に適した永遠性の命の魂が授与される】なのです。そこで、立替前の前宣伝として大本教から「水晶魂(玉)」が明らかにされたとも言えます。

    また、まったく新しい玉(魂)なので、ウシトラ金神として牛頭虎パンツの【鬼が云う】の物語が大本教霊界物語として組み立てられたとも言えます。そうでなければ、【節分の煎り豆にも花が咲く。三千世界一度に開く梅の花】などは宣伝としても出せないからです。

     

    この大本教の【水晶魂(玉)】に関して、ある霊能者は水晶玉など重たくて持てない。落としたら割れてしまう等と言っておられました。それは大本教が予告した「水晶玉(魂)」を西洋の魔術師が占いで使う水晶玉と混同したから言えます。私が出した壁を越えて来るオーブ玉のビデオで見られたように、その【水晶玉(魂)】はこの世の物質でありません。

     

    私にメールをくださった方が「水球」と判断されたように、【瑞(水)霊】の玉なのです。もしそれがこの世の水であれば、魂の表面に傷がつけば玉は破裂しかねません。表面は柔軟でありながら硬質という相反する特徴を持つのです。それは、この世の鉱物質で構成されているのではないからです。

     

    朝鮮に残されていた予言に、【最後の審判前、救世の為に「米」一字の教えが起きる。その教えが終わると最後の審判が開始される。その「米」一字の教えに従った者達の上には天罰は降りないが、その教えに従わなかった者達の上には天罰か降りる。その天罰を受けている中で「白十字」が現れる。その「白十字」によって助け出される。】との内容がありました。

    私はその予言を記した本は持っておらず、読んで記憶しているだけです。その著者名は忘れましたが、出版社は精神世界関係の本を多数出していた「たま出版」であったことは覚えています。だが、三十数年前の本でしたので、たま出版に問い合わせても今では解らないでしょう。

     

    大本教の霊界物語には【○十はみろくの神の御紋章の定めなり】とあるように、【みろく神】を意味する紋章です。そして、大本教神諭が予告した「九つ花」は【米】型で紐解かなければ意味が解りません。だが、大本教だけを見ると、その「○十」とは球玉の中に【白十字】が入っているとは書かれておりません。単に「○十」だけなのです。また、その○が球玉で霊的な「水晶玉」だとも書いてないのです。

    ですから、大本教神諭は【九つ花】を誠で紐解く者が出て来ないと、大本教が予告したウシトラ神の仕組みの意味も理解出来ないと予告して来たのです。

     

    西暦2015年11月7日付けの私のブログで【みろく世に行く切符。遂に(終に)確認された「〇十の降り注ぎ」】を出しました。そのブログ後に何人かの人から、霊的な話で現実にはそこには何も無いのですが、その「○十」を拾ったというメールを頂きました。それはみろく世に行くキップのことで、未だ【水晶玉】そのものではなかったのです。 いよいよ「玉」そのものが出て来たなのです。

     

    私は大本教で予告した【水晶魂(玉)】には何種類かの形があることをブログで書いて来ました。仏教系からは仏教を示す玉が出ますし、聖書系からは聖書を示す玉が出ます。日本神道系からは日本神道を示す「水晶玉」が出ます。

    その中で【○に白色の正十字】が入っている水晶魂(玉)を頂けるのは、【米】一字の教えから「みろく神」の言葉の仕組みを理解して、お釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】に向かった人達だけが、天から授かるものなのです。

    ただ、それは霊的なものなので、それが自分の目には見えなかったから【授与】されていないではないのです。「米」の教えをバカにしたり敵対した方達には出ないでしようが、「米」の教えを理解して【天帝】に向かった方達には授けられるものなのです。

     

    新しい玉魂なので、【鬼が云う】の仕組みが大本教から出たなのです

     

    大本教の出口王仁三郎聖師は、本当は「王仁(おに)三郎」でなく、「鬼(おに)三郎」と名乗るべきだったのです。そのことは、いくら神様でも鬼と名乗れはあんまりじゃで、「王仁」にしたと述べておられるはずです。

     

    無論、みろく世に渡るのは「みろくの仕組み」を説く「米」一字の教えを理解した者だけではなく、この仕組みを組み立てた根元となる「ウシトラ金神・国常立尊」を主神として信仰した方達のみならず、自分が信仰する宗派に良心神の存在の教えが無かったとしても、自己の良心を大切にして来た人達はみろく世にと進みます。

    何故ならば、天人達が噂話としてし言ったとされるのが、最後の審判は【各自の魂の良心神】の点数で判定されるからです。宗教宗派を問わず自己の良心を神的にして来た人達は、その点数は高いとなります。

     

    私が見て来た魂の良心神の点数が高い方は、どなたも別にスピリチュアルなどに惚けておられません。皆さん、まじめにコツコツと仕事をされ、よき社会人として生活され、先祖伝来の仏や地元の氏神様を大切にされています。別に神仏頼りではないのです。自己の良心に基づいて世の為人の為にと尽くして来た人達です。すなわち【米(世根)】だからです。

    では、神など無縁であった人達はどうなるのかとなりますと、その魂の汚れの状態において各自に【魂の洗濯】が起きます。その魂の洗濯に耐えれば、魂の汚れは洗われて行きますので、これもみろく世なのです。

     

    私は魂の洗濯は辛いので、早くから【悔い改めなさい】と言っているだけです。

    自分を悔い改める為には、良心神が必要だからです。

     

    同じみろく世に行くのであれば、何も辛い道を選ぶ必要など無いでしょう。 最後の審判の時には、日本の神社仏閣に鎮まる霊達も、全て魂の洗濯は免れないのです。

     

    私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、そなた一人だけにはこの神の仕組みを見せると告げられましたが、自分一人だけが見ていると思われる光景に関して絶対の確信は持てませんでした。そうした中で、大本教から予告された【水晶玉(魂)】を見る方が出て来られたことは、それが降りて来ていることを意味するのかとも考えられます。

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    三次元世界にしがみつく人、エデンの園(神の御国)に戻ろうとする人 その2

    0

      前のブログの続き

       

      一方、自分の魂は他の星からやって来たなどの感覚を持つ人は、あまり三次元世界に縛られるはありません。この世は「魂の修業場」であると理解が出来ていたりします。どちらかというと、早く「この世から去りたい」です。お釈迦様の教えである【この世は苦界】を理解するからです。魂の修業場は当然に【苦界】です。

       

      私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【人がこの世にある時間とは、魂にとっては修学旅行に出たような僅かな時間である】と告げられました。数日にしかならないと言うことです。

      大本教から、国常立尊は約三十五万年前に御引退と出されたことで、私はこの世の時間と神界時間には、約8765倍の差が生じていることに気づきました。霊界には時間は無いとされていますが、時間そのものはあるようです。あまりにも時間差がかけ離れているので無いとされているようです。

       

      私は現在72歳で肉体としては老人の部類です。だが、神界時間に換算すると3日間ほどなのです。まさに「修学旅行」のような期間に過ぎません。仮に元の神界に戻れたとして100日間ほどそこに居て、この世に来たならば「浦島太郎」の状態では済まないのです。

      この霊界時間は、次元によって違っているのではないかと推察されます。霊界でも中有界であればすぐに「輪廻転生」で人してこの世に出て来るとされますが、天国界に入れば次にこの世に出て来るのはかなり先の話になります。

       

      当然、第三天国、第二天国、第一天国界ではその期間の時間が違って来ますので、お釈迦様は自分は二度とこの世には降りて来ないと言われたとされますが、霊界の最上級界からでは途方もない先でないと無理ともなります。

      ただ、大本教の出口王仁三郎聖師や弘法大師さんや日蓮聖人さんなどの霊は、自分の教えを信じる信徒の為に、この世の霊界に留まって働いてくださってはいるなのです。為に、その霊的姿を見る方は出て来るのです。

      それは、この世の神社に鎮まって出て来られる神々と同じことなのです。多くの神社の御祭神が比較的若いことは知られていますが、神と言えども通常の神霊は「輪廻転生」の中にあるなのです。そこに日本の仏教においては、日本の神と言えども「輪廻転生」は免れないとして、日本の高い位の神には「大菩薩」の称号を贈ったともなります。

       

      仏教ではこの世の【執着】から離れなさいと説いたのですが、それが多くの人に届くこともなく、欲望心からの「執着」によって【蛇霊化】する魂が続出したと言えます。蛇の脱皮を財布に入れると金が貯まる等と、欲望からの「巳さん」信仰が盛んになったとも言えます。

       

      昔の方はそれほどでもなかったのですが、今の世に天国界に渡る人は数少なくなっています。昔の方ならば、天国に案内する道もさほど難しくはなかったのですが、今の天国の門が別に厳しくなったのではないのですが、人々が物質世界に対しての執着心から切れない状態に入って来ていると言えます。

       

      また、誤った宗教理論も出て来ました。そうした一つに【先祖供養】があります。肉体はご先祖と言うのは家系の血脈に依存します。しかし、個々の魂はその先祖霊と魂の先祖関係にはほとんどの場合無いのです。魂の世界での縁によって、その家に出るです。魂の縁と自己の魂の先祖たる霊脈とは違います。

      魂の先祖関係とは貴方は誰々の「分魂」ですで知られるように、本守護神とか正守護神と呼ばれる段階の霊にあるのです。それが自己の魂のご先祖であり、自己の魂の本守護神・正守護神に帰結の道を説かずに先祖供養を言うのは片手落ちとも言えます。

      時たまの事例として、魂の霊脈もあって同じ家で親子として誕生するはあります。また、自分自身がそのご先祖霊の生まれ変わりでその家に出るもあります。そうしますと、自分が自分であったご先祖霊を拝しているという事態も生じます。

       

      私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は告げました。【人は自分の前世を知らず。過去の自分が神としてどこかに祭られていることも知らずに、その存在を神として崇めることも起きて来る。人は自分の前世が神として祭られていると解っても、その前世を自分だと言って表に出してはいけない。今生の与えられた名前を持ってして、神と成る道を行くべし】と言われたのです。

      過去の自分がどれほどこの世での功績があって、どこかの神社で神霊として祭られていようが、この世に出た肉体の身は、その身で【神上がり】をしなければならないなのです。その証拠に過去世の功績でいくら神として祭られていても、肉体の魂の今生の行いが悪ければ地獄落ちもあるのです。

       

      魂には、過去の名前で出ていますは通用しない

       

      家系のご先祖霊も天国界に入ってしまいますと、この世の家系の子孫との関係は切らなくてはいけません。この世の者と関わってはいけないのです。それは天国界の掟だからです。そうした話は聞かれたと思います。

      ただ、天国界に渡れなかった先祖霊にすれば、この世に輪廻転生で出て来られないとすれば、肉体の子孫に助けを頼らざる得ないとはなります。先祖供養の本質の意味合いはそこにあると言えます。 ご先祖霊もこの世に「輪廻転生」で人として出て来てしまえば、ご先祖様、ご先祖様と言っても、もうご先祖霊としてはどこにも存在していないのです。先祖霊としての供養の対象の霊とは、「輪廻転生」のシステムの中では、まだ天国では無い霊界に留まっている霊が対象なのです。

       

      ご先祖霊が全て天国界に上がれば

      家系の先祖供養は必要無し

       

      ある霊能力がある方が、自分の背後に憑いた神霊に対して、自分の肉体の親はどの世界に行ったかと問いただされたところ、その背後の神霊は【行くべき世界に行った。それがどのような世界かは知らない】と答えたそうですが、それが「正解」なのです。

       

      この世に生きている時に、天国行きのキップは手に入れる

       

      私の最初の師匠は豊受姫のお代でしたが、相談者から「先祖供養」を頼まれると、神は先祖供養は受け付けない。先祖供養をして欲しければ「坊主」のところに行けと、ピシャリと断っておられました。

       

      先祖霊を上げるは、神様に頼めば何とかなるの話ではない。

       

      神界と仏界は同じだと言われる霊能者の方もあれば、神界と仏界では行く先が違うとされる霊能者の方もあります。霊と言う面では同じでも、その世界は同じではない為に、大本教神諭には「モウ仏(物)の世は終わった」という内容が出て来ます。

       

      仏の世を必要とするのは【輪廻転生】がある期間

      輪廻転生の世が終われば【仏】の世は消えるのです。

       

      すると、先祖供養の問題はご先祖霊が「輪廻転生」でこの世に出られるまでなのです。だが、そこには「怨念、執念、執着」から脱却させるが必要なのです。そうでないと、どうしても家系の子孫にそれが降り懸かるなのです。

       

      地獄の沙汰は金次第と言いますが、子孫が先祖の罪を償うで、世の為に人の為に尽くされれば、その地獄の沙汰は変わります。お坊さんに高い金額の戒名料を付けてもらうことではないのです。

      そのご先祖が生前、世の為人の為に何もしなかったことに対して、子孫がそれに代わってすることなのです。

       

      そうすれば、先祖が犯した罪の過ちも

      羊の言たる善(譱)の羊から良心神が出て来る【養】でしょう

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      三次元世界にしがみつく人、エデンの園(神の御国)に戻ろうとする人 その1

      0

        私達が持っている魂とは、元々【高次元世界】に所属している存在です。しかし、私達人間は魂に肉体と言う物質界の服をまとった為に、どうしても三次元界という社会の概念に縛られてしまいます。【物質界の欲】です。

        古来より、【賢者】達はそうした肉体の束縛から脱出する道を説いてくれました。仏教における【この世の執着心】から離れよはその典型たる教えです。

         

        そして、説かれて来たことは人の執着心は魂を【蛇霊化】させるです

         

        聖書における人類の原罪は【蛇霊の囁き】です。すなわち、蛇霊の囁きから脱出が出来た人だけが、エデンの園たる【神の御国】に戻れるのです。意外なことですが、聖書の教えも仏教の教えも中味的には【蛇(執着)心】から離れなさいと説いているのです。

        私は【悔い改めた蛇霊神】は、現実界の蛇が棒の様に直立をして、その蛇霊神は麗しい元の天人の姿に戻って、本当の【天人界】に入ると書いて来ました。

         

        何が大切かと言いますと、自分を【悔い改める】なのです

         

        私が説いている【人に内在する良心神】は、自己に良心が備わっていなければ【悔い改める】が出来ないからです。良心無くして、【悔い改めが出来ますか?】、と言っているのです。

        それは、人の魂の心棒に蛇霊が巻き付くと、人は蛇霊の囁きに対抗できなくなるからです。蛇霊が人の魂の心棒に巻き付く心棒そのものが【良心神たる真柱】なのです。ですから、スピリチュアルで「愛」ばかりを連発する人は、良心神を理解することは出来ません。愛では何をしても赦されるで「悔い改める」ことが出来ないからです。

         

        日本の神智学では、愛の教えばかりを言っている者は蛇霊の唆しにあっているとされますが、イエスの教えの本質は「悔い改める」でした。しかし、新約聖書は悪魔達に支配された牧師達によってある会議でその内容か書き換えられたとされます。「愛」さえ言っていれば、自分は正しい者と見なされる。そうした錯覚からでしょう。

         

        私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【旧約聖書は我が書であるなれども、その内容は暗号化されたものであって、表面通り読めば意味が解らぬ】と告げられました。為に意味がよく理解出来ないので、悪魔に支配された司祭や牧師達も意味が解らずにそのままにしたのでしょう。逆に暗号化されていれば意味を紐解くことは困難となります。

        私は日本神道の世界に足を踏み入れて、日本神道は「旧約聖書の世界」かと戸惑いが生じました。そうしたことは一部の人達から日ユ同祖論として出ていますが、それは今の人類以前に源があるのです。そのことは今の日本の神社に鎮まる若い御神霊達が知る内容ではないのです。

         

        ユダヤ教は旧約聖書でも「タナハ」とされるトーラー・モーセ五書を指します。イスラム教はコーランと旧約聖書。キリスト教は旧約聖書と新約聖書ですが、キリスト教はその重き比重は新約聖書でイエスの教えとされるものです。それを私に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【新約聖書は人の子達が為した書】と言われたのです。書き換えられているからです。

        このユダヤ教とキリスト教とイスラム教の三宗教に共通するのは【旧約聖書】なのですが、単に読めば恐ろしいだけの書です。この神を信じない者達は奴隷にするとか、割礼をしていない者は赦されないなどがあります。それらは「暗号」だとは理解されずに、それに引っかかったのが独国のヒトラーと言えます。

         

         

        大本教の出口王仁三郎聖師は、地元の古老達の話によれば、元の金龍池の周囲を下半身の裾をまくり上げて性器丸出しに見せて歩いておられたと聞きました。地元の人達からはとんでもないうつけと思われたでしょうが、まさに珍(うず)の宝を見せておられたわけです。それで「割礼」の意味もある程度解けるのです。

        それは、節分の煎り豆にも花が咲くの【牛虎(艮)金神】が「鬼で云う魂論」と解っていなければ意味は紐解けません。また、魂の中には心棒があるを知らないと無理です。魂の【心棒】を真柱とも言います。仏教で男性のシンボルを「魔羅(真ラ)」ともしますが、割礼の本来の意味がどこにあったかなのです。

         

        性器とは、生まれながら心の器

         

        私は大本教の出口王仁三郎聖師の姿をした霊から、天帝はアラーの神との示唆を受けました。大本教からは「いろは」の言霊が出されたのですが、アイウエオの「ア」門を出て「ラ」の言霊に行く道筋となります。

        大本教からはアイウエオの第十三番目「ス」の神論が出されたのですが、それは霊界物語第十三巻にある【信天翁(あほうどり)】において、この大本教に現れた変性女子はニセ者だ発言で、「みのか尾張の国から現れる」と言葉の道の示しが出されていたとなります。美濃か尾張から出る道は国道は【41】号線です。

        それは、「ひふみ」で演じれば41番目は「スの神」となりますが、それでは大本教神諭予告【九つ花】は織れません。日本語の「アイウエオ」で、太陽神「アモン・ラー」で言えばアイウエオの第41は、「ア」の門を出て「ラ」に至る道筋となります。

         

        それは何を意味しているかとなった時、「ラ」には「良」の漢字が当てられますので、お釈迦様の本当の悟りは【人に内在する良心神】であり、大本教神諭が予告した【九つ花】を紐解けば、そこに「みろく(369)と56億7千万」の数字が浮かび上がって来るとなります。

         

        そこに【神代七代】の仕組みを終えて

        次は【神代八代】に入る仕組みが読み取れるわけです

         

        神代八代とは、「8」は無限(∞)を指して来ますので【永遠の世】と言えます。為には、蛇霊からの「解脱」をしなければいけないのです。

         

        聖書にあります人類の原罪。蛇霊に唆されてエデンの園(神の御国)から追放された人類ですが、大本教霊界物語にあります国常立尊の追放劇も、蛇霊の囁きに毒された当時の神々の多数派工作によるものでもあったなのです。

         

        蛇霊と共に神の御国(エデンの園)から追放された人類

        神の世界に帰還する為には、【巳(蛇)帰る】が必要なのです

         

        力を持たれた優秀な霊能者の方達は、魂の蛇霊化は【奢った権力、莫大な財、怨念、執念、執着】。そして、【色情】から魂が蛇霊化することは御存じなのですが、単なるスピリチュアルと本当の霊能者の違いはそこにあるのかも知れません。

        ある方が大本教霊界物語を読んで、結婚は二度までしか許されないと書かれていたことに対して、何回結婚しようが不倫をしようがそれ認めないような神ならば、まつぴら御免だとブログに書いておられましたが、全ての魂や神々が天帝たる創造神に遵(したがう)はあり得ないのです。為に、永遠の別れの時が近づいて来ているのです。

         

        創造神に遵(したがう)は、尊(御言)の道を行くことであり

        その神霊の力が強いから従属する従うではないのです

         

        聖書に龍神とは霊界の年老いた大蛇霊とあるように、蛇霊神の力は非常に強い為に、それと面と闘う方は数少ないと言えます。霊能者でも命あつての物種です。しかしながら、それでは長いものに巻かれろで「正義」は死んでしまうのです。

         

        私が 現在の神界は善悪ではなく、どれだけ【力】があるかだと言っているのは、そこにあります。蛇は【力】の象徴でもあるからです。

         

        ただ、全ての蛇霊がこの世で言う悪の存在ではないのです。例えば、その地域と住民を守りたいという念から力を欲して蛇霊となって龍神化して、その地域と住民を守護している例があります。しかしながら、それは主の神からすれば、もうその仕事はいいから、自分の魂の身を洗って天に帰りなさいがあります。主の神は怨念とか執念心を嫌っておられるのです。

        私は以前ある事件で、弁天様のお使いの10メートルもあろうかの大白蛇霊に出会ったのですが、その息の臭ささに閉口したがあります。「臭い」ということが、問題を提起しているのです。

         

        エデン園(神の御国)に戻ると決めたならば

        蛇を自分の身から帰らせる【ミカエル】の作業が要る

         

        だが、蛇を帰らせてしまうと自分に備わった霊力を失うなので、霊能者商売をしていると死活問題になりかねません。 神の御国(エデン園)に帰るには、この世に対する「執着心」を捨てなければなりません。この世(三次元世界)に執着すれば、元の神たる世界には帰れないと覚悟しておくべきなのです。

         

        日本の神社に見られる「現世御利益」は、人の目には見えない霊的世界の存在が解るように許されて来ました。また、人々の目が霊的世界に目が向くように奇跡的の示しもありました。

        しかしながら、多くの人はそうした「奇跡」や「現世御利益」に触れたとしても、意識の面で人は元々高次元世界の住人であるの意識まで到達しなかったと言えます。ただただ現世御利益をくださいにしがみついた節があります。

         

        創造神は私達肉体が生きて行く為に、この地球に空気や水や太陽の熱を与えてくれました。そうした自然を見て【神の息吹】を知るべきであったにも関わらず、それすら理解出来ていないのです。日本の神社に存在する神霊段階では、空気も水も太陽の熱も人類には贈れないのです。

         

        私は子供の頃、人々が自然を見て「神の息吹」を感じないことに不思議な違和感を感じていました。

         

        次に続く

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        【実写版ビデオ】 霊はこの世の物質界を通過する 霊界否定に走っては行けない

        0

          私はとある悪党と電話で話をした時、その悪党は【宗教は大嘘つきだ。悪いことをすれば地獄に墜ちると人類を脅迫しているが地獄など存在しない。人は死ねば終わりだから、悪をしなければ損をする。怖いのは神ではなくて警察だ】と言います。

          この悪党。別に神の存在を否定しているのではないのです。その悪党曰く。【神は俺達人間がすることに口を出すな。人間が困って神頼みに行った時だけ、神は人間を救っていればいいのだ】と、神の存在は認めているのです。

          ただ、その頭の中にあるのは人は死ねば終わりの存在であり。死後の世界における神仏と呼ばれる存在は人間とは別の物だと思っているのです。こうしたことは、日本仏教界の某宗派でも寺が公然とそうしたことを檀徒達に言っています。

           

          この悪党、一家揃って私の家に「生き霊」として来ましたので、肉体は霊的なことを否定していてもかなり霊力がある方と見ていました。その娘と来たら、数百体もの黒龍神を従えているとんでもない存在。スピリチュアル標榜者の比ではありませんでした。

          私はその娘に従うその黒龍軍団に襲われてとんでもない目に遭いました。しかし、その悪党の過去世が解った時、なるほどと解りました。

          その悪党の愛人で、その息子の嫁となった女性。どの霊能者からも二度と来ないでくださいとピシャリとやられる。だが、飛び抜けた千里眼の持ち主。そこで私の最初の師匠の元に案内したところ、その師匠すらも逃げてしまいました。豊受姫のお代をしている師匠が逃げるのですから、これもとんでもない存在。世の中には神からも霊能者からも恐れられてしまう人もあるのだと知ったしだいです。

           

          この悪党、神代と呼ばれる時代から存在していて悪をして来た元来は神霊。生まれ変わったどの時代においても悪党。宗教が語る地獄ではないのですが、一種の地獄界とこの世との往復の「輪廻転生」を幾度も続けていたことが見えて来ました。元が神代の時代の神としての悪党ですから、筋金入りと言えます。

          逆に言えば、創造神は悪神であった者も消すことなく人間界に出していたとなります。ただ、悪神はこの世に人として出してもらっても、更生しないと本来の神の世界には帰れないなのです。そこには何故、天帝は悪神達の横行を許しているかです。為に、邪神界の存在もあるなのです。

          なお、私が言う【天帝】とは、大本教霊界物語で書かれた地の神界の主宰神であった「国常立尊」様のことではありません。また、その後の地位を襲ったとされる木星の神である「盤古大神」でもありません。もっと上の宇宙を統括している神の段階です。

           

          この世は【魂】の修業場、修行場ゆえに悪も許される

          悪無き世界は、真の【天国界】のみ

           

          今、キリスト教社会でもあるアメリカで日曜日に教会のミサに通って来る信徒は約3割程度だと言われています。表向きはキリスト教徒でも、信仰心を持たない人が増えて来ているです。それを言えば日本人の大多数は仏教徒ですが、葬式や法要の時だけの仏教徒が増えているのと同じことです。

           

          これだけ科学が発展して来ますと、科学では【実証】が出来ない神とか霊魂とかを持ち出されても、そうした存在を頭から信じがたいが起きます。目には見えない世界は否定されてしまいます。

           

          神と呼ばれる存在は霊であり

          通常の人の目には見えません 

           

          通常、人の目には神や霊は見えないので、どうしても死後の世界に生きる自分という存在が感覚的に掴めません。

           

          人が自分が死んでも霊界で生きることを体験できるのは、俗に【幽体離脱】をした時になります。幽体離脱は脳のいたずらでも夢でもないのです。霊的体験なのです。

          自分の肉体から抜けて行く自分の幽体を意識(魂)がそれを見る。そして、そこに壁や天井があるのにそこを通過して行く幽体の自分。そして上空に引き上げられて、時には【雲】の上にも乗るも起きます。

           

          幽体だと、人の子が雲に乗ってやって来るも体験もできます。

           

          聖書に【人の子が雲に乗ってやって来る】がありますが、幽体であれば雲の上に乗って孫悟空の筋斗雲(きんとうん)のように雲を操縦して走らせるもあります。どうして私にそんなことが言えるのかと言いますと、私が修業に入った頃、私の前に出て来ておられたのは霊能者の調べでは日蓮聖人の御分霊たる家系五代前の先祖霊と日蓮聖人のお弟子であった二方の霊でした。

          その日蓮聖人のお弟子であった二方の霊の付き添いの元で、私が幽体離脱をして天井を突き抜けて雲に乗せられる体験をしたのです。その時の私の感覚は天井にぶつかるでした。しかし、天井も抜けていったのです。

          私自身はそれまで私の魂が神界に飛んで行くことはありましたが、幽体(霊体)が自分の肉体から抜けて行く様はそれまで体験していなかったのです。俗に言う幽霊とは、肉体を失って霊界に入ったけれども、死んだことが自覚出来ずにさ迷っている状態と言えます。 自己の魂(意識)を飛ばして、別の場所に行っているのとは違った状況と言えます。

           

          無論、魂たる意識はスピリチュアルの方達も言われるように、宇宙の彼方からこの地球を見つめて、ズームインしてこの地球のどこかに降り立つなどもあります。霊の世界は何もこの地球だけを見つめて縛られているのではありません。自分はプレアデス星だとかシリウス星とかオリオン星出身だと言われても、あながち嘘でもありません。宇宙の彼方からこの地球に降り立った。だが、それが何時の頃だったのかが思い出せないだけなのです。過去の記憶なのです。

          人類は猿の一種から進化したとするのが現代科学と言えますが、霊学は違います。魂がそうした動物体に入って猿の一種を今の人間にと進化させたとなります。為に、宇宙人が遺伝子操作をして今の人間を創り上げたなどの説ともなるわけです。そこに、【神=宇宙人説】も出ますが、それら宇宙人は霊人であって本来の神とは言えないのです。

           

          ただ、個々の魂からすると、この地球に降りたって宇宙の元の星に帰れなくなって、この地球上で【輪廻転生】の輪の中に入ってしまったと言うべきなのです。そこに、この地球は【魂の刑務所】とか、【天人の苗床】等の説も起きます。

          そこに起きて来るのが【かぐや姫】の物語で、この地球で立派に育って、元の世界に戻る時には元の世界に帰って行くなのです。

          ですから、他家(竹)に育てられた【竹取物語】なのです。自分を育ててくれた養親と別れるのは辛いけれども、自分の本当の「故郷」に帰ることを許してくださいです。

           

          私は子供の頃、夜空を見て泣きました。【肉体の父母はやさしくて、自分を愛してくれている。その恩は山より高く海より深い。されど、自分は夜空に輝く星のどこからかこの地球に降り立った。その星には自分の魂の親が居る。その親が居る星に帰りたい】と泣きました。

          すると、私に霊声が臨んだのです。それは【旧約聖書の神】と称する声でした。無論、その真偽は確かめようもないことですが、その声は私が任務を遂行しなければ、元の故郷星に帰って来る必要がないでした。この地球という星で【輪廻転生】をしていればいいと突き放した言い方をされたのです。

          私に与えられていたのは【片道キップ】の旅だったのです。私もその任務を遂行しなければ、元の星には帰れない身なのです。

           

          人は何故に死後の世界(霊界)の存在を信じられないのか?

          それは三次元という物質界の概念が邪魔をするからです。

           

          霊的世界を取り上げたテレビ番組で、よく「オーブ」と呼ばれるものが飛んでいる映像が映し出されます。しかし、テレビで放映されているものは壁などの物質を通過している映像はあまり見られません。

          また、スピリチュアルでは「オーブ」を写真に撮ると、まるで神を写したように思っている方達があります。

          こうしたオーブ写真は写真家からすると、ゴミや埃や水滴の類いと判断されてしまいます。確かに、ゴミや埃や水滴も「オーブ」のように撮れるのです。多くの出回っているオーブ写真は、ゴミや埃や水滴がカメラのフラッシュ光の関係で写ったものです。また、光のゴーストが多いのです。ほとんどのものは霊的写真ではありません。

           

          そもそも、「オーブ」とは何ですか?。

           

          オーブ(orb)は英語で、球、球体。そして、十字架付きの宝珠のことなのです。ところが、日本語では「玉響(たまゆら)」と訳されていたりします。では、【玉響(たまゆら)】はどこから来た言葉かです。この「玉響」は万葉集にあるのですが、草などにつく「露」のことです。

          明らかに、日本語の「玉響(たまゆら)」はオーブが何かを知らない人がつけた誤った誤訳です。霊能者の間ではその霊的球体は「思念」とか「残留思念」とする方が多いと見受けられます。

           

          魂とは、【玉形の思惟】で「玉思惟」と私は言っておりますが、「思念」も思いなので玉形なのです。ただ、魂と思念では同じように見えていても違います。思念は「念」たるエネルギーなので、時間と共に風化します。だが、魂は風化はしません。半永遠に生きる生命体と言えます。また、人の玉思惟は人の心臓に宿りますので、心臓程度の大きさになります。神霊とは、人の魂よりも遙かに大きな玉なのです。

           

          これから出すのは「オーブ」が飛んでいる映像で、これまでのテレビで放映されたオーブも飛んではいますが、それらと違って壁を通過して来ている映像です。

          もし、これがゴミや埃や水滴の類いであれば、壁の通過は物理的に出来ないのです。この存在は霊物質だから壁を通過しているのです。

           

          https://www.youtube.com/watch?v=b7y_ISOFuNY

           

          霊的世界に関わる言葉として【憑依】があります。憑依とは、この世を去って幽霊となって現れて来るような霊がそのままに懸かるなどもありますが、その多くはオーブに見られるような霊物が日常的に人には懸かっているのです。非常に小さな存在で私達の目には見えませんから、もしも懸かられていてもそれが解らないとなります。 

          しかし、この映像を見てもそれはゴミやチリや水滴の様に漂っているのではなく、明らかに【意思】を持って、【高速】で飛んでいると解ります。すなちわ、本来のオーブは意思を持っているのです。

           

          日本の神社で神主が【祓い串】で祓っているのは、こうしたオーブに見られるような霊的チリや埃のようなものに対してです。 こうした物資界の壁を越えて飛んで来る存在として、X線や何々線と言われる物はありますが、こうして「オーブ」も物質界を越えて存在していることが解ります。 皆さんが死後に渡る世界は三次元物質界の概念では理解不可能なのです。科学万能で見誤ってはいけないのです。

           

          では、複数の一流の霊能者から「オーブ」写真と判定された写物を参考に出します。この手の写真は今日まで出回っている本当のオーブ写真と別に変わりはありません。

          ここに写っているオーブ玉は神霊の玉そのものではないのです。思念の玉とされます。ただ、こうしたオーブ玉が見える時にはその近くに神霊が存在しているので、その神霊が何神かの調査がなされたのです。この写真に写る方の守護神の調査です。その調査による守護神名は、複数の一流霊能者の答えが一致していました。当然にゴミや埃や水滴の類いとは違うのです。

           

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          自称「救世主」よりも、大本教の出口王仁三郎の様な大予言者が待ち遠しい

          0

            最近、自称「救世主」と名乗る方がまたもや増えて来ていると見られます。そうした方達の中には大本教神諭(正式には大本神諭)風に似せた「神示」などが出ています。それらの神示をパラパラと読むと、大本教神諭風には書かれてはいますが、明らかに【似せ書】と断定が出来ます。似せて書かれたものと本物とでは、どこかが微妙に違うのです。匂いが違うと言えるでしょう。

             

            どうして、そうした方達の背後の霊は大本教にこだわるのかと言いますと、大本教の教えを知らずに「神は語れない」分野があるからです。世界救世教の岡田茂吉開祖や成長の家の谷口雅春開祖等は出口王仁三郎聖師の弟子であり、高橋信次師や五井昌久師等は孫弟子ともなります。日月神示の岡本天明氏も大本教では機関紙の編集長でした。日本神霊学の父ともされる浅野和三郎師も大本教に居ましたし、名だたる方達が大本教霊学を学んだからです。

            そうした関係もあったのか、過去にも大本神諭に似せた各種の神示が出ていましたが、読めばこれはおかしいぞと言うようなものばかりでした。

             

            単に霊が見えるなどの段階は低級霊界とのコンタクトに過ぎません。わらわは○○大神となるぞと出て来ても、優秀な霊能者ならばそれらが蛇霊とか狐霊とかを見破ってしまいます。自称救世主と称する方達は、そうした霊感者レベルの段階を越えておられるので、自分はそうした霊感者レベルではないという意思表示でもあろうかとは思います。

             

            不思議なことですが、霊能者が書かれた著本を読むと、時にはその本から香しい匂いが漂って来る本もあれば、悪臭が漂っている様な本もあります。本は「言葉で構成」されているのですが、【言葉を文章に起こしても】どこか著者の本質があるように、神示も本物と似せ物では違いが感じられます。匂いが違うと言うべきでしょうか。

             

            言葉の言とは【口から出る心】

            文章でもその言葉を出している者の、本心が現れて来るのです。

             

            霊能力がある一部の方達は御存じだと思いますが、空間に現れる文字が金色の光に輝いているがあります。霊文字ですが、【言葉は光の文字】としても現れるのです。言葉を軽んじている霊感者段階ではそうした物は出て来ないのかも知れません。

             

            言葉は「光」そのものでもあるのです

            言葉も「音」なれば、音は【日(火)として立つ】からです。

            これが解ってないと「闇」の意味も解けないのです。

             

            そうし似せ物であろう神示を出す神霊は、大本教神諭が何を告げようとしていたのか、その真意を測ることが出来なかったと見受けられます。

            大本教神諭は【九つ花】を予告したのですが、 明治31年旧11月5日 記に

             

            【九つ花は誠から咲かせる花であるから、三千年の経綸を致した

            誠の本であるから誠の人の世話でないと、このお世話は出来んぞよ】

            とあります。

            三千年もの月日をかけて、日本語ですが「言葉を仕組んで来た」なのです。誠は言葉で成っていると解ります。ただ、誰がそんなことをしたかです。

             

            いくら自分が救世主ですと自称して、【三六九神示】などと大本神諭風に似せた神示を出したところで、何一つ意味が解っていないなどがあります。そんな自称救世主をあの人は救世主ですと言っている自称霊能者も、貴方が視る霊能力とは本物ですかと聞きたいところです。

             

            私は【言霊】が何かを理解していない霊感者レベルでは、既存の霊に簡単に欺されると言います。どこそこの神社に参拝したら、○○大神様が目の前に出て来られて、言葉の教えに欺されるなよと学ぶことを禁じられて、自分が【真理の目覚めに蓋をされている】ことに気づかないわけです。

             

            一度、眼鏡蛇を天に帰らせないと、永遠に曇りガラスの様な眼鏡で隠された真実を見誤るのです 

             

            ヒンズー教の奥義書とされるヴェーダ典には、【人の中に眠るコブラ(眼鏡蛇)が目覚めて走りのぼる時、その人は真理に目覚める】とありますが、巳(蛇)を帰しておかないと、真理には目覚めにくいのです。真理の意味すら理解出来ないのです。

            私はその【巳(蛇)帰る】を体験したから、お釈迦様の悟りの「人に内在する良心神」の存在に近づけたのです。そうでなければ眼鏡だけならばまだしも、真理を隠すシャッターの存在すら閉じられている事実に気づくことがなかったのです。

             

            自分の前に現れた霊が、自分は○○の神と名乗ったからと言って、それは本物とは限らないのです。低い霊感者レベルの人ならば簡単に欺されるのです。邪神達は真実を知られたくないから、真理に近づくことを非常に恐れます。嫌います。為に、真理に向かわない道へとその人を導こうとするのです。なまじ霊が見える為に道を間違えてしまうが起きてしまうのです。

             

            お釈迦様は菩提樹の樹の元で、【人には良心と呼ばれる神が内在する】と悟られたのですが、それも見事に消されていました。大本教から「みろく」神が出され、「五六七」と世に出されたことによって、【九つ花】の意味も解けたわけです。そうでなければ、何時までも【九曜紋】にへばりついているところでした。

             

            悟りとは、【吾が心】を知る

             

            大本教神諭が予告した【九つ花】の上から下から右から左から「五番目の口」に、その口に心の意味は示されていたのです。

            それだけのことを仕組めた神が、○○神社の神と称して出て来る存在とは月とスッポン以上の差があることに気づけないでは、神の世界の御用などにはとても使えないのです。大本教神諭に「世に出ている神々の心の持ち方が悪かった」とありますが、

             

            モウ世に出ている神々は、あまり天帝の仕組みの妨害をせずに

            首を洗って待っておきなさいの時節と言えます 

             

            ですから、自分が救世主ですと名乗る方達が続出してきても、別に不思議でも何でもありません。そうした時期なのです。

             

            そうした自称救世主と名乗る方に関して、自薦他薦を問わずにその方が救世主である証拠として、科学でも起きるとされている関東大震災級の東京直下型地震や東海地震、南海地震、東南海地震、富士山などの火山の噴火が言われていますが、それらを自分の力で事前に阻止したと言われます。

            つまり、そうした超大型地震や富士山の火山噴火が未だ起きていないことが、その人が救世主としての証明だと言われるわけです。驚いた論理を言われます。

             

            それは、起きないことは何の証拠にもならないことを自覚されていないとなります。大本教の出口王仁三郎聖師が関東に大地震が起きると事前に予知して、大本教信徒に事前に逃げるように指示されたことが解っています。それならば、事前に大地震を「予知」されていたとなります。証拠があるわけです。

            しかし、大地震を私が事前に止めたと言われたら、どうやってそれを証明するのでしょうか?。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師は、関東大震災のみならず広島や長崎に新型爆弾が落ちて火の海になると予言を当てただけでなく、日本敗戦。ロシアが不可侵条約を破って来る。大正時代でありながら、戦場に飛行機や潜水艦の登場も予言されて的中しました。

            この広島・長崎に新型爆弾(原子爆弾)が投下されて火の海になる。その後に黒い雨が降るも、神はそれが解っていながら何故に止めなかったのか反論が多く、どうして事前に解るのかの疑問を投げかける人が少ないのも問題と言えます。地震の予告ならば直前でも出来るでしょうが、原爆という新型爆弾はその数年前に予告されたのです。人としての感情論で物事を判断すると見誤ります。

             

            また、大本教の出口王仁三郎聖師は現代のテレビジョンの登場だけでなく、空飛ぶ郵便物。現在のPCやスマホによるメール時代。懐中時計ほどの大きさで花の東京の芝居が見られるなど、現代のスマホでテレビと思われる先駆的な予言の数々も霊界物語にされて、それが現代に起きて来ました。他の予言者とは遙かに力量が違ったのです。桁違いと言えます。

            そんなことを、自分の前に○○大神と名乗って出て来る神霊に言えたかです。

             

            その出口王仁三郎聖師は最初は「救世主」と名乗っておられましたが、後に【聖師】と改められたわけです。

             

            そもそも、「救世主」とは何ですかです

             

            キリスト教ではイエスを救世主としますが、イエスが出た当時、どこにこの世の終わりの兆候があったのかとなります。もしもそんな兆候があったならば、イスラエル地方だけでなく世界にそうした兆候があったの記録がないとおかしいのです。

             

            救世主の救は「求めると攴」

            求は「呪霊の獣」。攴は「殴(う)つ」

             

            自己の魂を汚すと魂の表面に「毛物」が発生します。その時、その魂の心はその心境の状態において漢字が教える「獣」化します。

            だが、そうした「獣」化した魂も、その魂の汚れを洗ってあげると元の天人の世界にと戻って行きます。

             

            つまり、「救世主」とは、人の魂が「獣」化しているのを洗って元の美しい魂に戻せる存在が「救世主」なのです。

             

            そうなりますと、【救世主】の意味は人々が思っていた意味とまるで違うと解って来ます。ですから、人類の終わりと言われる時に現れる。そして、新しき世に人類を導くです。

            この世に出て魂を汚した存在も、その魂の汚れを洗ってくれる【主】のことです

             

            本当に止めたのか止めなかったのか解らない大地震を、事前に止めましたと称することが「救世主」ではないわけです。

            どれだけの多くの人の魂の汚れを取ってあげたかです。

             

            と言って、この地球には現在74億人からの人達が住みます。その魂の汚れを全て取れる存在は考えにくいのです。

            私はイエス救世主論に対して、仮にイエスクラスの魂を持つ存在が10万人出ても、今の世は難しいと見ています。

            しかし、各自の魂の中にお釈迦様の悟りである【人には良心と呼ばれる神が内在する】であれば、その良心神によって各自の魂の汚れは消えて行くのです。全ての人が自己の魂の中の良心神を取り戻せば、全員が助け出されるともなります。 

            そこに、悔い改めた蛇霊は直立して天人の世界に戻る現象も見られるのです。

             

            ならば、各自の救世主は、

            自己の魂に内在する良心神(天帝の分魂)と言えます 

             

            私の修業時代の2番目の師匠は、自称【国常立尊】たる「現身(うつそみ)」であると名乗っておられました。日本では珍しい【言霊】使いで、言霊で難病も治癒する不思議な能力を持っておられました。私はその師匠によって「言霊」の威力を知ったと言えます。

            だが、そうした言霊の働きを知らない人は、何を言っても聖書にある【初めに言葉は神と共にあった】を理解されることは永遠に無いと私は言います。単に自分には霊が見える。霊と会話が出来ると、自分が接している霊の段階が霊界でどれほど低い階級に在るのかさえ解っていないとなります。

            ミカエルとかガブリエルとかマリアと自称する霊にイチコロにやられるのです。過去にそうした存在からのメッセージを言っていた方は、ほとんど例外なく消えて行かれました。いくら自分がバカでも、10年間も嘘を告げられていれば誰でも解って来ます。宇宙連合司令官とか宇宙連盟とか言っていた方達の多くが数年で消えて行きました。但し、次から次へと新しい方が出て来ます。それは、何故なのかに向かわないと先行きしません。

             

            そこで、私は【神霊の言葉の嘘の皮を叩いて、誠の骨とせよ】と言っております 

             

            私は【言霊】を使って何かが出来る者ではありません。ただ、言葉の仕組みを解説して来た者です。私には出口王仁三郎聖師のような予言が出来る力も、霊力をもって何かを解決出来る力もありません。

            今、私が世の中に出て来て欲しいのは、自称【救世主】達ではありません。はっきり言って「救世主」の名乗りだけでは何の役にも立ちません。

             

            私は今日まで直接間接にではありますが、幾人かの自称救世主と称する方に出会って来ました。そうした中には多くの信徒を持っている方もありました。そして、それなりの霊力を保持されていました。そうした自称救世主同士が自己の霊力で争って、命を落とされた方達もあります。

            そうした自称救世主と名乗る方の中には、単に自分に○○大神が現れるの霊感者レベルの背後霊であれば、それを抹殺して行くだけの霊力の保持者もおられました。人は神をも封じ込めると言われて来ましたが、そうした力を持つ霊能者も存在していたのです。ある意味、この世の霊界にあまり関わらない方が安全なのです。

            私は自分の命を取られると思われる修羅場もくぐって来ました。霊感レベルで自分の前に○○大神が現れたではダメなのです。現在の神界は力が強い者が勝つなので、龍神と呼ばれる存在と戦える力が要求されるのです。

             

            そうした自称救世主よりも、今の世に求められるのは、どこに間もなく大地震が起きるとか、どの火山が間もなく噴火するとかの予知能力がある人です。そうした予知が事前に出来れば、多くの人がその災害から避難が出来るからです。

            私の最初の師匠も、豊受姫からのものでしたが、事前に阪神淡路大震災が起きると信徒を逃がしています。また信徒達と島原を旅行していて普賢岳爆発が起きると旅を中止して帰郷。その直後に普賢岳爆発による火砕流で多くの方が命を失われました。また、信徒達と乗る予定の飛行機が落ちると搭乗を止め、陸路で信徒達と帰って来たなどがありました。その飛行機は落ちたのです。

             

            本当に自分に○○大神が降りて来ているのであれば、そうしたことは事前に伝えられて、それが的中しているものなのです。

             

            ブログの世界では、予知予言に関するブログは多数ありますが、それらのほとんどは当たった試しがありません。大本教の出口王仁三郎聖師のような本物の予言者ではなくて、愉快霊とか不浄仏霊とか低級霊に踊らされているからです。そうした霊が名乗る神名とか天使名にコロリと欺されるからです。それでも数打ちゃ当たるで、まぐれで当たることもあるのです。

             

            世界にいる予言者と称する予言者で日本に関して言ったものには、西暦2018年6月21日に東海地方でマグニチュード10.6の超巨大地震(予言者ジュセリーノ)が起きるというものもあります。西暦2018年7月22日に富士山噴火(予言者ゲリー・ボーネル)などがあります。

            どちらも間もなくの話で、科学的にはどちらも起きうる可能性が言われていますので外れますよと断言は出来ませんが、彼等の予言したものを見るとほとんど当たっていないがあります。その点を見ると、大本教の出口王仁三郎聖師の予言の的中の凄さは、飛び抜けた力がある神をバックにしていたことか読み取れるのです。

             

            救世主と自称するのであれば、その背後には大本教の出口王仁三郎聖師以上の神霊がバックにないと出来ません。今、求められるとすれば出口王仁三郎聖師のような予言者と言えます。

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            かごめ歌は予言歌として知られるが、伊勢の神に見られた鶴と亀

            0

              最近、複数の人から自分の頭の中に「かごめ歌」が流れ込んで来たとの連絡を受けました。童歌の「かごめ歌」は精神世界に関わっている者であれば、それが【予言歌】であることは知られていますが、解釈がかなり難しいと言えます。その解釈は人様々です。誰の説が正しくて、誰の説は間違いだと断定は出来ません。

               

              私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【私はこの日本の「民話」や「昔話」に私の教えを秘めた。日本の童歌の「かごめ」や「通りゃんせ」もそうしたものであり、重要な意味がある】と告げられました。

               

              かごめ歌は幾通りかの解釈が可能で、私の説が絶対に正しいと言うのではありません。ただ、私自身の摩訶不思議な体験の中で伊勢神宮の神霊が着用していた金糸で刺繍された【鶴と亀】に何等かの意味が秘められているのではないかです。

               

              カゴメの駕籠の中の鳥として、霊能力がある人が見た鳥には架空の鳥である【鳳凰】を見た方もあれば、【不死鳥(火の鳥)】を見たと言う方もあります。私も夢の中では【鳳凰】を見たがあります。鳳凰の「凰」の字の中は【皇】なので、皇鳥の意味でしょう。

               

              不死鳥(火の鳥)であれば、死んでも蘇って永遠に生きる意味

               

              駕籠の中の鳥が「不死鳥」であれば、人類は一度は死んでも蘇って永遠に生きる存在となります。聖書で説く、待ちに待った一度は死んで【神の御国】に蘇って復活する時を意味して来ます。

               

              いずれにしても、それは今の世が【終焉】となることを意味する鳥と言えます。

              終焉の「焉」は「正しき鳥」 で、終わりに駕籠の中から出る

               

              私が神霊界に修業に入って間もない頃、家の祭壇で祝詞を上げているとある光景が見えて来ました。伊勢神宮の宇治橋の真ん中で正座した霊の私が居て、その私に向かって神主姿の方が走って来られて私に頭を下げられます。そうした光景が一週間ほど続きましたが、それから一週間ほどは何も見ないです。

              その時に私が見ていた伊勢神宮の宇治橋は、私は幾度か伊勢神宮を訪れていますが寸分と違わぬ光景でした。ただ、そこには現実の伊勢神宮であれば多くの参拝者があるはずなのに、そうした人達はどこにも見られないのです。

               

              そして、またもや宇治橋の上で正座する私が居て、神主姿の方が走って来て祓い串で修祓をしてくれます。ただ、その神主は以前に出て来た神主とは別でした。それは来ていた神主の衣装の柄がまったく別物だったからです。

              ある日、私に見えたのはその祓い串をもった神主が宇治橋の欄干で川面を見ながら何かに思いふけっています。私が自宅の祭壇の前に座る時間が遅れたので、未だ来ぬ私を待っていてボケッとしていた模様です。私の姿が見えたのか、慌てて駆け寄って来て祓い串を振ってくれた日もあります。そうした光景が一週間ほど続いて、またもや何も見ない一週間です。

               

              次に私が見たのは、伊勢神宮の拝殿前の大樹の前で私とこれまで出て来られた神主よりも更に上の神主と思われる方と一緒にたたずんでいますと、拝殿の門から神官姿の何十名〜100人程度と思われる一団が出て来ました。その後にはいろんな道具を持ったきらびやかな行列が出て来ます。一つのお道具の行列で数百名も並ぶ神霊行列です。

              こんな絢爛豪華な神霊行列など現実世界では見たことがありません。唖然として、延々と続く絢爛豪華な神霊行列を見ていましたが、肉体の私は会社勤めで出勤しなければなりません。すると、大樹の側でその神霊行列を見ていた霊界の私が神官姿の方にお礼を述べると、その光景は消えてしまいました。その時に見た神霊行列の数は一万体に及んだでしょう。

              だが、驚くにはあたりません。霊界の私が鍾馗神のご案内で西王母と盤古大神が座る神殿に招かれた時、数千に及ぶ将軍と思われる霊達が綺羅星の様に居並び、宮殿の外の大広場には何万もの兵士霊達が並んでいました。たぶん、その神霊の力の誇示でしょう。

               

              そのことを豊受姫のお代をされていた最初の師匠に報告すると、あなたは霊界の伊勢神宮に行かれたのです。私は豊受姫様に付き添われて伊勢神宮の天照皇太御神様には拝謁をしましたが、そんな絢爛豪華な神霊行列は見せて貰えませんでしたと言われます。なるほど私以外に宇治橋を渡る人の姿が見えなかったのは、私は霊界の伊勢神宮を見ていたのかと変な納得をしていました。

              ただ、どうして私にそんな光景を見せて来られたのだろうと考えますと、考えられるのは私に伊勢神宮の神霊に仕えよではないかです。

               

              その後、平安時代の御所のような塀が続く道に3台の御簾で囲まれた牛車が現れて、先頭の牛車から一人の老婆が降りて来て私を見ています。その後ろの牛車にはとんでもない方が乗っていると解りましたが、私に顔を見せられませんでした。その老婆の方は後ろの牛車に乗っている方のお世話の位が高い女官と思われました。

              そのことを豊受姫のお代であった最初の師匠に報告すると、それは○○○さんです。後ろの牛車は伊勢神宮の天照皇太御神が乗っておられたのです。貴方は間もなく伊勢神宮の天照皇太御神様を見られますよ。本当の天照皇太御神様が現れて来る前には、必ずその下見として○○○さんが本人の顔を見に来られます。その○○○さんが先に出て来られないで、突然に自分に天照皇太御神様が出て来られたはある意味危ないのですと言います。

               

              その後、私に一体の神霊が姿を見せられたのです。その姿は女神にも男神にも見えますが、私は男神だと断定しました。私が驚いたのはその服装です。着物の胸の付近には豪華な鶴の金刺繍があり、裾には亀甲紋の金刺繍があります。鶴と亀を意味する存在?。

              私はその時、旧約聖書の神と称する声が言った【かごめ歌】を思い出したのです。鶴と亀がすべったです。そのすべったを「統べる」と取るか、「滑る」と取るのかで違いは出ますが、大切なことは私の【後ろの正面】は誰かです。

               

              全ての霊能力者が指摘して来るではありませんが、私は7〜8名の霊能力者から貴方の本守護神は【国常立尊】様ですと指摘されて来ました。ならば、私の行く道は「国常立尊」様しかないのです。それが私の後ろの正面の神だからです。

              それは「鬼の神」ともされる存在です。 カゴメ歌は自分の後ろの鬼を当てる遊びです。

               

              その時に私が驚いたのは、伊勢神宮の天照皇太御神が女神ではなく男神であったことです。慌てて最初の師匠に聞きに行きますと、伊勢神宮の天照皇太御神は男の神様ですが、別に女の天照皇太御神として出られる女神もあります。一般的にはその女の天照皇太御神と名乗る方が出ておられるのですと言われます。

              その後、幾多の霊能力者に当たった結果、伊勢神宮は本当は男神だけれども女神で出てこられる存在もあると言われる方達が少なからずありました。その女の方は卑弥呼霊ではないかと言う説や天照皇太御神の妹ではないかという説もあるでした。未だはっきりしてはいないようです。

               

              私は男神だとすれば日本神話とは違い、いったいあの方は誰ですかと豊受姫のお代であった師匠に聞くと、その師匠が言うには、豊受姫様は内宮の神は自分より下位の存在ではあるとは言われますが、あの方が本当は何者かと聞いても口を閉ざされますと言われます。豊受姫様が口を閉ざされる以上、神界のタブーなのでしょう。だから、この世の者はそれが誰かとは知らない。

              ただ、その豊受姫のお代である師匠は、豊受姫の本当の夫神は真性「天照皇太御神」だと言われるのですが、その真性「天照皇太御神」様はどこに隠れてしまったのかとなります。

               

              それを知るには、【天の岩戸】を開けなければならなくなります。

               

              私は倭姫巡行が三輪山の檜原神社から出たことで、内宮は「三輪山の神」ではないかと推察しましたが、三輪山の大神は【大物主】とされています。大物主とは、たいへんな力を持った存在の意味です。例えば鳥海山の神も大物忌主と言われていますが、正式には豊受姫です。

              三輪山の神は【大己貴命】とされますが、大国主命の和魂という説もあれば、その妻となったとされる倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)関連の話では三輪山の神は「黒蛇(黒龍神)」とする説もあります。

              もし、三輪山の神たる【大己貴命】が大国主命様であれば、大和朝廷と出雲王朝が戦ったことは同士討ちとなります。まったく矛盾だらけとなります。

               

              この倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)は簡略して「百襲姫」とも記されますが、この「百襲姫」が「卑弥呼」であるとの説もあります。

              仮に三輪山の神が伊勢神宮における男神であり、その妻たる「百襲姫」が女神の天照皇太御神として世に出ておられるのであれば、ある意味符合はして来るのです。

               

              少し前、ある方が伊勢神宮に参拝されたところ、天照皇太御神から私に対しての伝言を賜ったとメールが来ました。その内容は【この私が三千年間に渡って、この日本の総氏神を勤めた事実を忘れないでいただきたい】との内容です。確かに、この日本を三千年もの間、総氏神として守っていただいたのでしょう。

              伊勢神宮に鎮座される天照太御神が私のことを御存じなのは、私の魂が霊界の伊勢神宮に参拝に行き、宇治橋で土下座をして霊界の伊勢神宮の神官霊から挨拶や修祓を受けて、一万体に及ぶであろう大神霊行列を見せていただいたことからして、私のことは御存じであろうとは言えます。

               

              最近、大白蛇霊を支配下に持つ霊能力がある方から、その大白蛇霊から【三輪山の神】が何者かの情報が得られました。私はそれを聞いた時、自分の中では納得が出来ました。これまでの三輪山の神が誰かの疑念が晴れたからです。

              それが本当ならば、豊受姫が口を閉ざされる意味も、多くの霊能力がある方が三輪山で巨大な【霊光】を見て来られた現象も合点が行きます。ただ、それは天の岩戸開きの【霊光】とはまったく関係しません。

               

              すなわち、大本教で出た【天の岩戸開け】は伊勢神宮とは何の関係もなく

              鶴と亀が滑ると解釈出来るのです

               

              私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、日本神話の【天の岩戸開け】などの事実はどこにも存在していない。この私が、最後の時の為に創作させた神話であり、そなたはその意味を紐解け】と告げられました。

              もし、伊勢神宮の天照皇太御神から私に託されて伝えられた内容が事実であれば、【この私が三千年間に渡って、この日本の総氏神を勤めた事実を忘れないでいただきたい】は、大本教が告げた艮金神国常立尊の【三千年間に渡る仕組み】の一端であったともなります。

              そこには、【天の岩戸】と称する存在から光を放つ重大な仕組みが暗示されていたからです。

               

              伊勢神宮は正神とか邪神とかではなく、国常立尊の神界大芝居の一端か?

              やがて現れるのが【真性天照皇太御神】か?

               

               

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              世の表に出て来た、何故に大立替が起きるのかの要因と新地球の論

              0

                精神世界ランキング上のブログで名実共にトップを走っておられるのは【伊勢白山道のリーマン氏】で、このことは天人界でも知られているようです。

                 

                私の知人の友人が天人界を訪問した時、天人から近々最後の審判が執り行われるの噂が天人界でもあり。それを執行されるのは【国常立尊】様である。各自の魂の【良心神】の点数で最後の判定がなされる。その判定そのものは「国常立尊」様付きの天使長が主体でなされる。その為に、その天使長の分魂が既に肉体をもって地上世界に降りていて、人々に【良心神】を説いていると語ったと言われます。

                 

                で、その方は「人に内在する良心神」を説いているのは、【伊勢白山道のリーマン氏】しか頭に浮かばなかったので、その肉体は【リーマン氏】のことかと尋ねたところ、リーマン氏ではなくて貴方のご友人の知人の方だと言われて、それはいったい誰なのかと自分の友人にその話をしたところ、その友人はそれは私だと解って連絡をくれました。

                 

                私が子供の頃、私に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【肉体のそなたは、この世ではバカを演じていればよい。神界の御用で働くのは肉体のそなたには非ず、そなたの魂の方である】と告げらています。

                この世の肉体の私はバカを演じなくてもバカそのものの存在ですが、私の本体たる魂は神界で国常立尊様の御用をするのでしょう。この世に降りている肉体の魂とは、その分魂程度にしか過ぎません。ただ、本体の魂が働く為には魂の浄化の為に肉体を必要としているだけのことです。

                 

                私もリーマン氏も天人界では【人に内在する良心神】を説いている者であることは知られているようです。

                私はヤフーの掲示板の「輪廻転生」で「天典(てんてん)」の名で早い段階から大本教神諭予告の【九つ花】から導き出す「三六九」をもって、【人に内在する良心神】を説いて来ました。

                その当時、多くの霊能者の方がヤフーの掲示板を見に来られているとの情報がもたらされていました。特に2チャンネルでは私は出入りもしていないのに「てんてん」としての名が知られていたようです。

                 

                私がこの仕組みを知ったのは、ヤフーの掲示板で説くより遙かに前でした。大本教に【九つ花】の本当の意味合いを知らせようと綾部の町に全戸配布の為に大手新聞数社の折り込みにB4の大きさの紙の表裏に文章を書き、10回に渡り出しましたが、まったく聞く耳持たずで大本教の宣伝使が出す新聞折り込み紙上で反論を受けました。

                その為に印刷代や折り込み配布代金で多額の費用を使いました。あまりにも多額の費用がかかるので、やむなく掲示板やHPで説きだしたのです。大宗教相手に個人レベルでは話にもなりません。

                 

                ある霊能者から、貴方は大本教に入信して内部から大本教を立て直すべきだと言われましたが、私はそれ以前に大本教大幹部の方とそのシンパ達が催すある講演会で講師として話したのですが、帰れ!帰れ!の大コールを受けてしまいました。為に、今の大本教の幹部に言葉の仕組みが理解出来る者は居ないが私の判断だったのです。それでは出口なお開祖や出口王仁三郎聖師の本当の働きすら世に理解されないことになります。

                 

                私がリーマン氏と違うのは、同じお釈迦様の悟りである【人に内在する良心神】を説いていますが、私は一貫して大本教が出した【ウシトラ金神・国常立尊】様の存在を説いていることです。それは私が国常立尊様の家来(天使)筋だからです。

                リーマン氏は国常立尊様を「天狗」だと言われています。たぶん鞍馬山の大天狗のことを指してかと思いますが、私はそれは【九ラ真】の意味合いの神世界の舞台の一端であり、【日本の国に常に立つ御言】で、日本では言葉の神を意味する「国常立尊」の神名であろうとの立場を取っています。大本教が出した「ウシトラ金神」は、牛虎で鬼が云うの【魂】の総御親神の意味だとしています。

                 

                私とリーマン氏とは同じ様に【人に内在する良心神】を説いても立場が違いますので、リーマン氏のブログを読んではいませんが、私が説く「良心神」とリーマン氏が説かれる「良心神」の違いを知る為に、リーマン氏のブログも読まれている方から、リーマン氏が出された最近の記事内容に関して私に質問が来ました。

                その内容は、さすがにリーマン氏ならではのものです。単にスピリチュアルの方でしたら、こんなことは絶対に書かないでしょう。例えそれが起きるとしても、その日まで黙して語らずです。

                 

                私は豊受姫様から、【人類は一人も残らない】と告げられました。また、間接ではありますが【木花咲耶姫】様系列の方からも、木花咲耶姫様の言葉として同様に人類は一人も残らないと聞いています。ただ、それは人類は滅亡で消え去るのではなくて、次元が違う【上級霊界】に移行です。次元は科学では絶対に否定されてしまう世界で、その世界の証明は科学的には不可能です。

                だが、多くの人々にとっては、自己の魂が次元が高い上級霊界に移行する意味合いが理解出来ずに、単に俺たちを殺すのかの短絡的な感情が支配してしまいます。この移行のことは私は既にブログにも書いており、人類は未だその存在を知らない【新地球】に移行すると書いて来ました。

                ただ、それは何の為なのか?。さすがにそこに触れるのは肉体の身ではあまりにも恐ろしすぎて、とても書けない分野だったのです。

                 

                科学者が認めることは絶対に無いでしょうが、この地球は世に出ておられない神々の力で運行されています。それは伊勢神宮の天照大御神でもなければ出雲の大国主命様の役割ではないのです。

                この地球にも地球を動かす動力の機関が存在するのです。そこを私達は【地球の核】と言っています。この地球と言う星を動かす原動力の機関を預かる神々から、既に【SOS】が発せられているのです。その【核】がコントロール出来なくなった時、地球のマグマは地表に吹き出すのです。

                スピリチュアルでは、一般的に人類がこの地球を汚したことからの自然のしっぺ返しの論調が多いようですが、人類が自然破壊をしたのは事実であっても、【人々の心の荒廃】が【地球の核の荒廃】と連動していることまでは考え辛いところではあったのです。人の心の荒廃とは、各自が自分の魂の中の核たる「良心神」を失うことなのです。

                 

                人類の消滅は「核」戦争にあらず、地球の「核」の異常

                 

                世の大立替とは、大本教の霊界物語の国常立尊様が反国常立尊派の神々から「艮」に押し込められたので、ご復帰の問題ではないのです。創造神が世の表には立ってはおられないとしても、大本教が世に出したことは、創造神が仕組まれた神の世界の大芝居なのです。ですから、出口王仁三郎聖師は大本教は神芝居の舞台の三幕目だったか、三段目で神芝居はこの先にも続くと言われたのです。

                 

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【この神が筋書きを書いた神の世界の大芝居。世に出ておられる神々も、神の舞台に上がる役者も誰も本当の筋書きを知らぬ。知っているのは、この私だけ。この世の舞台が終わったならば、神々も人民もそういうことだったのかと神の舞台の意味が解り大拍手】と告げられたのです。創造神は【大拍手】を仕組んでおられるのです。

                 

                それが本当に起きるのか起きないのかを断定する能力もないのに、口に出していいのかさえ解らないからです。巷には自分が救世主だと称する方がまたもやゾロゾロ出て来られましたが、自分が救世主ですと名乗ってなんとか出来る様な問題ではないのです。

                豊受姫が世に出ている神々の力では、どうにも出来ない問題だと言われたように、いくら自分には天照皇大御神様や大国主命様が出て来られるとか言っていても、どうすることも出来ないのです。それは創造神でないと無理な問題だからです。

                 

                ですから私は、世に出ておられる神々では【言葉を仕組める力は無い】と言って来たのです。

                 

                 

                では、ネット教祖として名声が高い【リーマン氏】が勇気を持って出されたブログで何を書かれたかです。

                精神世界ランキングでは常にダントツの一位を走っておられましたが、突然に精神世界ランキング上のブログを閉鎖されたようでリンクが出来ません。そこで、その内容を日付の時間のところだけを除いて、コピペで貼らしてもらいます。
                 

                ************************************************

                 

                地下10kmの秘密 2018-2-26

                 

                「このままでは、地球はどうなるのだろうか?」

                なんて考えながら、神棚の水交換をしておりました。すると、

                 

                ・ 問題はない。また再び、地球の「表面から地下10km分」全てを総入れ替えするだけだ。

                ・ 地下10km分とは、そういう為の地層。

                ・ 地球の皮膚層であり、新陳代謝が起こるのだ。

                 

                その仕組みは、

                ・ 人類が消えて10万年も経てば、今の地表のすべては地下深奥へと地層として下りて行くのだ。

                ・ そして更に時が経てば、いずれは今の地下10km分の全ては、地球の中心部のマグマの泥の海に到達して消える。

                ・ その頃の地球の表面は、原始の大自然が覆(おお)っていることだろう。

                ・ また天地創造が始まるのだ。

                ・ もう6回はした。

                 

                このようなことが浮かびました。

                そしてこれは、私達の心もまったく同じだと気付きました。

                私達は、悩んだり、苦しんだりと、喜怒哀楽を繰り返します。

                自分の心がどんなに傷付き苦しみましても、心の表層だけのことなのです(自我層)。

                 

                いずれ時が経てば、傷付いた心の表面の傷は、心の奥へと潜って行きます。

                その途中経過が、トラウマ(外傷体験)としてたまに表に出ます。

                でも、いずれは心の奥に在る絶対安心の海(地球の熱いマグマのような)へと到達し、すべてが癒やされます。

                そして心の表面では、心機一転が始まります。

                 

                地球も、人の心も同じだった。

                ここで思って欲しいことは、

                ・ 自分の心の奥にも、絶対安心の海(真我・内在神)のカタマリが「今も」「既に」在るということ。

                 

                自分の心の表面が、どんなに汚くても、傷付いても、病んでも、罪深くても、愚かでも、

                今も自分の心の最奥には「絶対安心の海」「熱い母性のカタマリ」が在ると言うことです。

                 

                ・ 震源は地下10km

                 

                実は実際の地震の統計的にも、地下10kmの震源は多いのです。

                世界中で共通です。

                地球の皮膚層と深層との間に、何らかの地層があり覆っているかも知れません。

                 

                これから震源が地下10kmの地震が増えるほどに、これは地球の皮膚のピーリング(薬剤で皮膚表面を削ること)への準備かも知れませんね。

                地球さんも美容をする訳です。

                 

                私達も、心の表面の傷は気にしないことです。

                いずれは自然とピーリングされるか、「時間薬」で心の深奥の母性が溶かしてくれることでしょう。

                地球も心も、何度でも再生する生き物だということでした。

                 

                生かして頂いて 有り難う御座います

                 

                ********************************************

                 

                私はこの地球の表面から10mk分の地層がとんでもない大地震で波打ち吹っ飛ぶ様の霊的光景をかなり以前に見ています。地球内部の【核】がコントロール出来ずにマグマが吹き出す関係です。無論、それが起きた時にはこの地球上に人類は一人も生きてはおられません。今の地球上の肉体人類は消滅です。

                 

                その時に私が感じた疑問は、何故に地上から10km(一万メートル)までの地層なのかの意味がよく解りませんでした。今回、リーマン氏のブログでそういうことかと教えていただきました。

                 

                ただ、私がリーマン氏と少し違うのは、この地球が元に戻るのは【10万年】ではなくて、【100万年】はかかるだろうです。私はその間は【今の地球はドッグ入り】と言っています。この地球を再生させる為です。そして元に戻ります。そこから、新しい三次元世界が創られて行きます。人類は今の地球を離れて新地球に行く。そして今の地球は時を経て再生されることは幾人かの霊能者の方も既に語っておられます。

                 

                最近、改心をした大蛇霊も「人類はまだ体験したこともない未曽有の大地震に見舞われる」と言っています。こうした情報は「蛇霊神界」も解って来たようで、龍神界に動きが見られます。龍神とは「力」の存在であり善悪とは別の次元ですが右往左往です。

                私が修業時代に蛇霊に「悔い改め」を言向けしている時、蛇霊達は「改心するぐらいなら死んでやる。その時には暴れに暴れてやる」と言っていましたが、蛇霊達もその時が来たと気づき出したのでしょう。この現象は1999年当時には見られなかったのです。

                 

                その事態に、今の世に生きている人達の魂を滅ぼすわけには行きません。で、創造神が用意してくださった【新・地球】に移行するなのです。

                 

                それはヨハネの黙示録の頃から予告されて来たのです。遠い未来を見通すのが創造神レベルの神の力だからです。

                で、元の地球が復旧したら今の人類はその地球に戻るのかと言いますと、今の人類は【神上がり】となりますので、三次元地球には戻りません。五次元・六次元・七次元の【嬉し嬉し】の世界で暮らすなのです。

                その理由が解らないまま、多くのスピリチュアルでは黙っていても人類は五次元世界に自然に上昇だと説いているのです。ただ、それはこの地球が自然に五次元世界を創るではないのです。

                 

                そこから【みろくの世は五六七の世】とも言います。

                 

                で、私達はこの地球の表層面10kmが踊り狂う時まで生きているのかとなりますと、その前に今の地球から新しい地球へと旅立つなのです。だが、それが何年先なのかは未だ誰も解らないのです。また移行の筋書きも現時点では解りません。このことは、大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師もご存じないことだからです。

                ただ、大本教そのものは女子の教祖で七代続くと予言されてきましたが、本来の女子の教祖の血統は既に七代目教祖資格の女子も育っています。この世からの【みのおわり】が近づいているのです。

                七代女子は、出口直(初代)−澄子(2代)−直日(3代)−直美(4代)−直子(5代)−春日(6代)−直佳(7代)さんです。

                 

                大本教で説かれたダルマ大師として現れたの【ダルマ(真理)の七転び八起】。人類はこれまで六度転んでいるのですが、今度が七度目。そして、永遠の八(∞)度目の世が起きるなのです。

                スピリチュアルでもみろくの世が「八度目」だと言われる方はかなり多いと思いますが、ただ言うのではなくて、何等かの意図で仕組まれていることに気がつかないといけないのです。言葉で仕組んであるです。

                 

                では、絶対にそうなるかと言いますと

                 

                霊界に現れる映像にも霊の言葉にも絶対性はありません。霊界に出た映像も御神霊の神示も、実際には起きないことは多々あるからです。だからと言って、そんなことは絶対にあり得ないと高をくくってもいけないのです。

                 

                この予言の確率は、0%か100%。そのどちらかです

                 

                私が0%もあり得ると言うのは、スピリチュアルの方達が【集合意識】を盛んに言われるように、人の魂には「核」があり、地球にも「核」があります。人類の各自の魂の「核」が集合した集合意識と地球の「核」たる意識は連動しており、この地球上に生きる人類の一人一人の魂の「核」たるお釈迦様の悟りである【人には良心と呼ぶ神が内在する】が集団で働けば、地球の「核」もコントロール出来るのです。で、私は人類が自己の良心神を取り戻す為に説いて来たのです。

                だが、スピリチュアルの世界ではお釈迦様の悟りの「人に内在する良心神」は、ほとんど無視された状態と言えます。

                 

                リーマン氏がそこまでの内容を世に出された以上、100%への確率は高まっているのかも知れません。

                 

                私はリーマン氏が勇気を持って出された内容に敬意を表しますが、私はこの件はあまり重要視していません。問題は、その前に人類を如何にして【新地球】に移行させるかの方がより重要な問題だからです。リーマン氏が世に出された事態の時には、人類はこの地球を既に去っていなければならないからです。

                そこに一部の霊能者や霊感者。宗教家達が説く【みろく世に渡る船】が説かれるのです。この船は俗称【三途川】を渡るなのです。だが、これまでの「三途の川」ではなくて、【二途の川】となるのです。

                 

                その時には永遠の天国(神の御国)に入る為の審査(審判)が各自の魂に対して行われます。それは天人達が言うように、みろくの世における永遠の地位を決める為に、各自の魂の【良心神】の点数によって決まります。まさに【人に内在する良心神】が問われるのです。

                 

                いくら、人に内在する良心神が一部の者から説かれていても、良心神などを無視して、愛だ!の一点張りのスピリチュアルでは、自己の良心神があまり磨かれていないので点数も低く、例えみろくの世に渡れても、その地位は低いとなります。

                問題は、その時には「輪廻転生」が無くなりますので、自分はもっと上の霊界に行こうとしても行けない。それで、こんなことだとは知らなかった。どうしてもっと早くから教えてくれなかったのかの文句を聞きたくないので、早くから説くと大本教神諭は語っているのです。大本教神諭は一貫して【我れよし】を改めよと説きました。

                 

                自分の魂に【内在する良心神】を磨いておかれた方は

                例え天地が崩れようと何の心配もありません

                 

                天がそうした方達は必ず救うからです。

                大本教神諭は、地に落ちた「米」は一粒だも拾い上げると艮金神国常立尊は約束されているからです。だが、私がいくら【米】を説いても、理解する方は僅かしかおられないが現状なのです。

                 

                創造神が望んでおられるのは

                人々が【創造神の栄光】を讃えることです

                 

                大本教神諭には、【今度の大事業(大望)は人民の知りた事では無いぞよ。神界へ出ておでます神にも御存知ないような深い仕組みであるから】とありますが、その他に、【出口直に明治25年に申してある事、この大望な経綸の致してあることを、世界に一人知りておる。誠の人はこしらえてあるから、この誠の人が出て来んと解らんぞよ】とあります。

                 

                誠とは【言で成る仕組み】

                言葉でないとこの仕組みは解読出来ないのです。私は言葉遊びをして来たのではないのです。

                 

                この神の大望とは、人々がみろくの世において【創造神の栄光】を讃えることなのです。

                創造神は【破壊と創造】。その後は【嬉し嬉しの世(神の御国)】。

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                立替時には霊媒体質者は、助けを求める霊に懸かられて被害を被るおそれあり

                0

                  最近、霊媒体質の方から、何故か以前よりも体がだるい。非常に眠いと言う声を聞きます。自分の体に大きな変化を感じておられるです。

                  世には死後の世界、霊の世界など無いと頑固に主張される方達が多数あります。それは学者だけでなく、日本仏教のある宗派は公然と死後の世界を否定しています。
                  では、仏教の開祖であるお釈迦様は死後の世界たる霊界に居ないのか?。その宗派の元祖の教の開祖とされるべき人は死後の霊界に居ないのか?。なのに、死後の世界の霊界など無いと説きながら、それらの過去の人を【仏】として朝夕に拝する。矛盾だらけの教義の宗教と言えます。これなどはもう宗教とは言えません。

                  ある著名な精神世界関連のブロガーの方は、この宗派の元祖たる教えの開祖にあたる方は地獄に墜ちていると言われますが、そうではなく、その弟子が起こした分派たる宗派の信徒達は死後の世界など無いの教えに従って地獄界に墜ちて行くので、自らが地獄界に赴いてその信徒達の救済に当たられているが真相なのです。神や仏を拝していれば、極楽や天国に行けるではないのです。
                  死後の世界など無いと意識に植え付けますと、死後の世界で生きている自分に、いったいこの世界は何だ!となります。自分は死んだはずなのに生きている。だが、霊界など無いと教えられているので、行くべき道が解らなくなってしまうのです。
                  あれほどの宗教開祖が地獄に居られる?。単にうわべで判断するのか、どうして地獄に居られると見えるのか?。そこを調べるとでは、その見方が一転して来るなのです。

                  天は、死後の世界を否定する宗教は新しき世に必要無いと言われる

                  みろくの世には宗教が無いと発言している霊能者の方達はありますが、大本教神諭には【末で一つの宗教に成る】と予言されたように、宗教そのものは一つの神の元に集まります。それは、上級霊界には創造神を祭る「神殿」があることが解っています。上級霊界に神殿がある以上、みろくの世でも神を祭る宗教はあるなのです。

                  キリスト教イスラム教ユダヤ教は同じ旧約聖書を聖典としながらも、教義を巡って宗教戦争をするのは、天と人間の媒介に入っている連中が悪いと言えます。
                  もし、私が見せられたものが本当ならば、みろくの世にキリスト教は存在しません。何故ならば、みろくの世には【イエス一人だけを神の子】とする制度そのものが必要ないからです。みろくの世は、全ての人が「神の子」だからです。

                  人とは、大本教の出口王仁三郎聖師が人は【霊(ひ)止(と)】と説かれたように、どの方もその肉体に自分の本体たる【霊魂】が宿るだけではなく、多くの霊を受け入れる「容器」でもあります。ただ、それが多くの人に解らないのは、自分が霊媒体質であるかないかの要素が大きいからです。

                  一般的に霊が見える。霊と会話が出来るのが【霊能者】です。また、その力が霊能者ほどでもないのが【霊感者】です。段階が違うと言えます。その「霊感者」を山行と言われる荒行の瀧行とか断食等で鍛え上げれば【霊能者】としても育ちます。
                  今は本物の霊能者が極端に少ないとされているのは、【修業】をしないからです。山での荒行は肉体的にはとても辛いのです。私の最初の師匠は豊受姫のお代で、100日間断食を二回こなしています。100日間、塩と水だけで伏見稲荷山を駆け巡って毎日瀧に打たれるです。それも二回です。普通の根性では無理です。それを女性の身でされたなのです。男性ではそうした行者が居ても、女性では考えられません。

                  ただ、その当時はそうした行者を世話してくれた行者宿が今は存在しません。そうした世話をしてくれる行者宿が無いのに、どうして修業しろと言うのだが現状なのです。ですから、今は本物の霊能者がほとんど居なくなって来ているのです。現在の伏見稲荷大社御膳谷社務所は、立て替わる以前はそうした行者宿後を社務所にしていました。
                  修行を積んだ行者が私の最初の師匠を見ると、とんでもない修業を積んだ方だと見破っていました。だが、現代のスピリチュアル先生ではそれは見破れないなのです。自分が多少なりとも行を積んでいないからです。

                  あるスピリチュアル先生が高い料金で金儲けをして、高価な和服の着物を着て伏見稲荷山の御膳谷の豊受姫のお瀧とされる清明瀧を覗きに来た時、豊受姫が怒って、そのスピリチュアル先生を金縛りにして瀧の中で空中に吊るして、その高価な和服の着物に厭と言うほど瀧の水を浴びせる事件がありました。この不届き者がです。高価な和服の着物が台無しです。
                  瀧場の中を見てもいいのですが、ある線から先は白衣を着用していないと足を踏み入れることさえタブーなのです。一種の結界が張られているのです。瀧場によっては行者を写真に写しただけで神罰を被った方があります。そうしたタブーを知らないスピリチュアルでは、神霊の怖さをほとんど知らないのが現状なのです。

                  俗に仏の声が聞こえる者は千人に一人、神の声が聞こえる者は万人に一人はある。そうした者が千人、万人修業して本物がやっと一人出るとも言われていますが、その本物となる前に出て来る霊とは本物の霊ではなくて、霊界試験と言うか振るい落とす為にニセ者の霊が出て来るともされています。そうした霊に騙されて本物の霊能者には成れないです。
                  私がその師匠から聞いたのは、男の行者には絶世の美女霊が、女の行者には超美男子霊が現れて、その霊と行者を恋をさせる。自分は神様と恋愛していると錯覚させる。肉体がある者と霊とが結婚できるなどはあり得ないのですが、霊と恋をした時点で、行者としては迷わされる。時には、美男美女の霊媒体質者に霊が憑依して、恋愛感情に持って行くもあるのです。こうしたことは某宗教開祖の著本にも書かれています。
                  それを悪魔の所行と見るか、天魔の所行と見るかはその人の判断です。天がそうした試験に何者かを利用しているからです。

                  未だ霊界に関わるヒヨコの段階で、それが本物の神霊だと思ってしまうと、振るい落としに引っかかってしまうなのです。単に霊を見る。霊と会話するは千人に一人とされる段階の部類なのです。そこから先は簡単ではありません。それなのに自分は選ばれた者だと錯覚してしまいますと、魔界に行くともなりかねません。
                  そうした千人に一人の段階の者が幾人か集まって、答え合わせをして一致している。間違っていないと判断していると、霊界の罠に完全に嵌まってしまうなのです。
                  大本教の出口王仁三郎聖師が説かれた、正神界一八十段。邪神界一八十段の階級。行者が言う天使の階級章の意味が理解されていないのです。まず、自分の段階、階級を確かめよです。

                  霊界に関わる者は、ドングリ同士の背比べをしてはいけない

                  霊能者は霊を見る。霊と会話するですが、それとは別に【霊媒体質者】があります。霊媒体質者の中には【霊媒】として、非常に霊格神格が高い魂の方が居られます。そうした霊媒者には高級神霊を降ろせますが、霊媒者の霊格神格が解っていないと野狐霊等や低級霊を降ろしてしまい、その神示とやらに踊らされてしまいかねません。
                  為に、霊能者をしている方の中でも優秀な霊媒者。特に【完全霊媒者】型は取り合い状態になります。滅多には居られません。
                  大本教神諭に、このウシトラ金神国常立尊は、そこらの神主(男の巫女)や巫女の類いには懸からないとありますが、単なる霊媒者には懸からないのです。スピリチュアルで自分に国常立尊様が懸かられましたと言ったならば、お笑い草なのです。高級神霊はその霊媒者自身の魂が相当高い方でないと無理なのです。高級霊が下手に降りてしまうとその肉体が発狂しかねません。
                  私が修業時代関わった「霊媒」さんは、ご本人が豊受姫の分魂であった方で、滅多にいない霊媒さんでした。それでもご本人は修行に修行を積んでおられました。

                  霊媒体質者は必ずしも霊を見るとか、霊と会話するではありません。体質が霊媒質ということです。ただ、修行に修行を積めば【霊媒】が勤まることにはなります。霊媒者ともなれば、神霊を見たり神霊と会話するにもつながります。霊媒者と霊媒体質者とでは、やはり段階が違うと言えます。
                  霊能者には、【霊媒が勤まる霊能者】と【霊媒は出来ない霊能者】があるのです。それと、霊能力はあるが霊能者をせずに【霊媒】に徹するタイプがあります。自分の肉体を誰に委ねるかの問題です。

                  人は「霊(ひ)止(と)」の関係上、その肉体に霊が懸かって、その懸かった霊が自分の肉体を使って、勝手にその霊の汚れの浄化に霊媒体質者の肉体が利用されるがあるのです。このタイプの方は霊能者・霊感者よりも遙かに数は多いのです。
                  だが、自分には霊が見えない、会話をしないことから、自分が霊に懸かられて浄化の為に自分の肉体が利用されて辛いを思いをすることに気づいていないがあるのです。

                  今、霊界では粛々と祓いが進んでいると考えられます。それによって、今まで寝ていたところから追い出された霊や、行き場を失った不浄仏霊が、【霊媒体質者】の肉体を自分の住処にしょうと懸かっている節があります。

                  最近、【眠たい】。寝ても寝ても眠りが足りない現象が出ている方は、自分が【霊媒体質者】であることに疑いを持たれた方が賢明かも知れません。霊が見えるとか、霊と会話が出来るのではなくて、他の霊に自分の肉体が浄化の為に利用されているです。
                  人は何故に眠るのか?。そこには当然に肉体の疲れを休めるがありますが、霊魂を浄化する時間でもあるのです。

                  人は肉体が眠っている時、その魂は霊界でエネルギーが補充されると言われています

                  私達が眠っている時に見る夢は【潜在意識】ではあるのですが、目覚めた後もはっきりと記憶している夢と、何の夢を見たのかまるで記憶していない夢があります。確かに夢を見ていたはずなのに、それを覚えていないなのです。はっきりと記憶している夢が霊界での出来事とされるわけです。
                  そうした夢の中で、その夢が現実としてこの世で起きるのが【正夢(まさゆめ)】で、予知夢とも言います。予言者と呼ばれる人達の中で「予知夢」を見て、予言される方もあるなのです。反対になるのが【逆夢(さかゆめ)】と言われています。
                  どんなに死後の世界など無いと主張している方でも、霊世界と関わっているのが「夢」の時なのです。肉体は休んでいるのに魂は霊界に渡っている。その霊界での自己の魂の出来事が夢となるのです。
                  しかし、夢を記憶していても、その夢の多くは意味が解らないとなります。これは、その夢で見た事物を一度「言葉」として別の言葉に置き換えると解るとも言われています。

                  私は子供の頃、実によく眠る子供でした。私の母親は何でこんなに眠るのか不思議がっていたのですが、私が神霊世界に関わって、私が眠る理由が解ったのです。私は霊能者をされている方と違って、通常は霊を見たり会話はしません。しかし、子供の頃に旧約聖書の神と称する声を聞いていたり、時には神と呼ばれる御神霊や霊を見ることもあるなのです。霊媒体質者だったのです。
                  為に、眠っている時に多くの霊を浄化していたのです。私は霊能者をしているのではありませんので、霊を浄化したからと言って、一銭のお金も入って来ません。ある意味、霊界の奉仕作業です。
                  霊の浄化は、その霊が頼るべき家系の者。子孫の役割です。だが、霊によってはその子孫がなくて、魂の浄化を頼むべき存在が無い霊達が居ます。そうした頼るべき存在が無い霊達の浄化が主体だったのです。

                  祓いの力が強まれば強まるほど、逃げ場を失った霊は霊の容器となる【霊(ひ)止(と)】に懸かってその肉体に入ろうとします。本人は自分が霊媒体質者と知らないので、本人の肉体の素行が悪いと浄化されていない霊がその人に懸かって、犯罪に手を染めて行くともなります。自分がどうしてそんなことをしでかしたのか、あまり理由がよく解らないとなります。
                  そうした時、占い師では解決しません。浄化浄霊が出来る優れた霊能者のアドバイスが必要です。だが、うかつに霊能者の元に行くは危ないのです。霊能者の中には、霊媒体質者を利用して、相談者の汚れを霊媒体質者に転送するなどのとんでもないことをする人が居るからです。その霊能者の世間の評判を確かめてから相談に行くのが正しいのです。
                  また、良い霊能者は相談料として大金を要求しません。自分の霊能力を世の為に人の為に使うことが霊世界での【徳】につながると知っているからです。いくら霊能者としては優秀でも、大金でないと相談には乗らないは霊界の「徳」を積のではなくて、肉体の自分自身の金儲けに走っているで、そうした霊能者は死後の行く先はおのずと解るなのです。

                  最初は低料金で評判の霊能者も、有名になるに連れて相談料が跳ね上がり、豪華な衣装や豪華な建物に住み、指には宝石だらけとなって行きます。その時、その霊能者に何が起きているかとなりますと、それまでの正神から蛇神などに入れ替わっているのです。だが、本人はそれには気がつかないのです。側から見ている者が、人が変わったと気がつくのです。それは人は【霊(ひ)止(と)】だからです。

                  為に、祓いが強まっていると考えられる今は、霊媒体質者は注意が必要なのです。


                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  日本神道の祓いとは?、各自の魂の過去世からの借金払いもあれば、祓いが持つ意味の恐ろしさ

                  0

                    私は仏教徒でもありますが、神霊世界の見聞は【日本神道】の世界を中心に学ばさせてもらいました。その中で感じたことは、私達は【祓い】の言葉の意味を何か間違えていないかです。

                    私達が一般的に思う日本神道の【祓い】とは、神社に正式参拝すると、神主がおおぬさ(大麻)をくくりつけた串を持って「祓い給え清め給え」と振ります。その祓い程度しか頭に浮かびません。
                    そのおおぬさ(大麻)をつけた串が立ててある台座を含めて、「祓戸(ハラエド)」の神という言い方もされています。 日本神道では祓戸の神としては天津祝詞(大祓詞・中臣祓詞)にある【瀬織津比売・速開都比売・気吹戸主・速佐須良比売】の四神を言う場合もあれば、「祓詞(はらへのことば)」の【伊邪那岐大神 筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に 禊祓給ひし時に生り坐せる 祓戸大神等】として、筑紫の住吉龍神(表筒男命 (うわつつのおのみこと) ・中筒男命 (なかつつのおのみこと) ・底筒男命 (そこつつのおのみこと) の三柱神を言うもあります。通常、三柱神で【住吉】大神とされています。

                    私は全国の一宮を回っていて博多の一宮・住吉神社に参拝した時、その本殿内に龍神の姿を見て、祓いと龍神との関係を考えたことがあります。博多の住吉神社では豊受姫が出て来られたので、その龍神の姿を見せて貰えたのかも知れません。
                    私は霊能者と呼ばれるような霊能力者ではなくて、通常はほとんど霊を見ませんので、大阪の住吉大社や下関の住吉神社では何も見えませんでした。ただ、龍神が見えたのは博多だったので「筑紫」の言葉の意味を考えたに過ぎません。

                    私が豊受姫の命令でこの地に家を建てて神棚を設けたところ、その神棚に設けてもいないのに霊的な「おおぬさ(大麻)をつけた串が立ててある台座」が見えるのです。何とも面妖なことよと思っていました。
                    その後、自宅前の空家を買って取り壊して駐車が出来るようにしたところ、その空き地の中心にも以前に見たような霊的な「おおぬさ(大麻)をつけた串が立つ台座」が見えて来たのです。それは神棚で見た霊物よりも大きな霊的物でした。
                    私が住む場所は、大本教の出口王仁三郎聖師が綾部の大本教神苑内の金龍海は型で、本当の「金龍海」とされた沼跡の淵の一角に住んでいます。その地で龍神を見るか見ないかは、その人が持っている霊能力しだいと言えます。過去にこの地で金龍神を見た霊能者達は少なからず居られるからです。 龍神と祓いとが関係するならば、その地は「祓戸」の龍神の場とも言えます。

                    で、そんな簡単なことで自分の魂の汚れが祓い清められる???

                    私達の肉体に日常的に懸かって来る「ゴミ・チリ」的類いの霊であれば、神社参拝での祓い串でも祓えています。だが、全ての人は過去世を持ちます。その過去の人生において、自分がどれほどの悪業を犯して来たのかを誰も知らないのです。私も自分の過去世の罪を知りません。
                    一部の霊能者は、この地球は【魂の刑務所】で本当に浄化された魂はこの地球には降りて来ないと言います。大本教の出口王仁三郎聖師は、この地球は【天人の苗床】と言われましたが、意味に大差はありません。この世は魂の【修業場】です。

                    お釈迦様とかイエスや弘法大師さんや日蓮さん等は、汚れた魂の持ち主ではなくて、人々に教えをする為にこの世に降りて来られた貴き存在で、神の存在を言いながら過去に多くの罪を犯して来たシャーマンや巫女や元魔女の類いの魂ではないのです。

                    仏教ではこの世に出てこない為には【執着心】から離れなさいと説いて来ましたが、大多数の人は【執着心】に縛られているがあります。その執着心を【蛇の性(さが)】とも言い、聖書におけるアダムとイヴに囁いた蛇ともなります。人間と執着心(蛇の性)は切っても切れないほど、自分の心(魂)にまとわりついて来るものなのです。
                    私達の過去世の悪業は全て自己の魂に【カルマ】として存続しています。その魂の過去の悪業が神主の「祓い」で精算されるかと言いますと、ほとんど精算はされていないのです。

                    自分で【天津祝詞(大祓詞・中臣祓詞)】を読む方ならば、祝詞に書いてある意味は、ある意味とても怖ろしいことが書かれていることに気づく方もあるでしょうが、ほとんどの人はそれを意識して読んではおられないと思います。
                    もしも祝詞通りの内容が起きるとすれば、それはとんでもないことが起きていなければなりません。だが、【天津祝詞(大祓詞・中臣祓詞)】を唱えたからといって、誰もそんな怖ろしい事柄に遭遇した人など誰一人といないでしょう。

                    では、これは何かと言うと【世の大立替の時に起きる事象の予言】と言えるのです。
                     

                     

                    私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、日本神道の神話等は全てこの私の創作であると告げて来られました。
                    ですから、天津祝詞(大祓詞・中臣祓詞)には【天の岩戸を押しひらき】とまで書かれているのです。大本教でも、【本当の天の岩戸明け】は、未だ起きていないことを告げたはずです。どの霊能者も、未だ天の岩戸は開いていないというのもそこにあります。

                    そこで「天津祝詞」の前半を見ますと、
                    【国中(くぬち)に荒振(あらぶる)神等(かみども)をば、神問(かむとは)しに問(とは)したまひ。神掃(かむはらひ)に掃(はらひ)たまいて、語問(こととひ)し磐根樹(いはねき)立草之(たちくさの)垣葉(かきは)をも、語止(ことやめ)て】とあります。


                    それは荒振神等も掃(はらひ)に掃(はらひ)、あまりの凄まじい掃(はらひ)に、磐根樹や立草の垣葉まで言葉を喋るのを止めてしまった。それはどれほど怖ろしい状況を告げているかです。
                    いくら俺様は凄い神霊だと言っていても、そんな存在程度では掃(はらひ)されてしまいますよなのです。その時には、大掃除をされてしまうなのです。

                    私が初めて伏見稲荷山に上がった時、稲荷首座神の豊受姫は私に対して【貴方の言葉の教えは天帝の「詔」に等しきもの。貴方の言葉の教えが聞けぬ神は如何なる神と言えども天帝に罰せられる】と告げられましたが、ほとんどの方は私がしていることは【言葉遊び】程度としか受け取っておられないはずです。
                    それは一つに、私には神を見られた過去の宗教家の方や霊能力者の様な特別の霊力がないからです。神霊からの予言的な神示も受け取りませんし、病気治しも出来ません。

                    私が子供の頃に臨んで来た旧約聖書の神と名乗る声は、【そなたにこの神の力を与えない。力を与えるのは最後の最後の時である。されど、そなたの背後にこの私があることが解らぬ神では使い物にならない】で、特段の霊力を与えられていないからです。


                    私は霊能者から、「あなたは邪悪の神に欺されているのだと」言われれば、そうなのかも知れないと言いますが、私が日本語をもって「言葉の仕組み」を解き明かして来たことは、世に理解されまいと世に出ておられる神々には出来なかったことなのです。それはどの神社に行っても、言葉を仕組めるだけの御神霊が存在しておられないからです。

                    天の神が告げる祓いとは、地上世界の【大掃除】の掃(はらい)なのです。

                    そして天津祝詞の後半に入りますと、もっと怖ろしいことが書いてあります。この状況に入れば身震いをするような光景なのです。そこまでしないと、誰も【悔い改めよう】とはしないからでしょう。

                    一部の霊能者達は世の立替に関して、重要なことは「過去世からの罪の帳消し」たる借金払いが起きる。為に、生きている内にどれだけ過去世の借金を清算するか。そうしたことを述べて来ておられます。だが、こうした方達が述べて来られた警告は、能天気な霊感女子達のスピリチュアルに消されて行きました。


                    単に神主から祝詞を上げて貰ったからと言って、普通の神主では自己の魂の過去世からの汚れを浄化して貰っているとは言えないのです。 しかし、祓詞の伊邪那岐大神の汚れさえも祓った祓戸大神等が【龍神】であるならば、話はかなり変わるなのです。 だが、現在のどの神社に行っても、魂の汚れを祓うだけの力を持った神霊は存在していないと思われます。

                    私はかって、こんな霊能者がいるのかと驚いた霊能者の方がおられました。当時はテレビに出ておられて、この方は【龍男】だと気づきました。今は亡くなっておられて、その方が造られたお宮と宗教はその息子さんが管長をされていますが、その息子さんの霊能力に関しては私も存じません。
                    ただ、今回の相撲騒動に関してテレビに出て来られる方の名前を拝見して、あの驚くほどの霊能者であった方の息子さんだと気づかされました。それで、またもや「龍神」を考えるとなりました。

                    世に【龍女】と呼ばれる女性達が居られることは解っています。私も龍女に関しては何人も出会っています。その背後には龍が存在しています。スピリチュアルの霊感女子とは明らかに一線を画しています。
                    その龍女の存在に関しては【法華経】に「龍女の解脱」があり、お釈迦様の弟子であった「舎利仏」ですら相手にはしていなかったことが書かれています。解脱した龍女が尊敬する存在と認めたのは、お釈迦様と文殊菩薩だけとなっています。
                    私は実に怖ろしい一人の龍女に出会いましたが、霊感女子のスピリチュアル程度では最後は乗り切れないと言います。差がありすぎなのです。

                    私は修業時代、蛇霊に悔い改めの言向けをしていました。悔い改めた蛇霊は現実界の蛇が棒の様に直立して天に帰って行く様を見せましたが、ほとんどの蛇霊は【悔い改めるぐらいならば死んでやる。最後の最後の前には暴れに暴れてやる】でした。聞く耳など持たないと一蹴して来るのです。

                    スピリチュアルの人達の大多数が悔い改めた蛇霊で蛇が棒の様に直立するを知らないのは、何をしても神の愛で赦されるのだと、【悔い改める】を説かないからでしょう。


                    スピリチュアルで、【問答無用】。【力の支配こそ正義】とする存在に対して「神は愛ですから」と金科玉条のごとく言っていても、彼等はその態度を変えるなどはほとんどないのです。何時までも彼等の反省を待つと、のほほんとしていればこの地球は崩壊してしまいます。天はそんなことを許さないでしょう。

                    最近、とある霊能力がある方からメールをいただきました。その方の背後は通常の龍神を上回る大白蛇霊で、その配下霊は数千体にのぼる白狐霊や蛇霊が従っていたそうですが、その方の背後霊団でとんでもないことが起き出しているとの情報です。
                    突然に聖書で説かれる様な騎士の集団(馬に乗る者の意)が現れて、帰順を示した大白蛇霊と白狐達は別として、悔い改めをしない蛇霊達をその騎士団が斬り殺しで成敗されているです。その方にすれば突然に聖書で説かれる最後の審判前に現れるとされる様な騎士団(馬に乗る者の意)が出て来たことに驚かれたのです。しかも、蛇霊を敵ともしない強さです。


                    聖書における天使長ミカエルとは、モーゼ外伝に蛇霊を成敗する存在とあるように、スピリチュアルで自分に天使長ミカエルが降りてきた等の存在ではないのです。蛇を返す【巳(蛇)かえる】が解らない天使長などニセ者の霊だからです。

                    ただ、この方の場合は背後に存在した蛇霊の規模がかなり大きかったので、そうした事態が起きたのかも知れませんが、数体や数十体の蛇霊が従っている程度のスピリチュアル段階の方には、未だそうした事態は起きてはいないと考えられます。
                     

                     

                    私の2016年7月1日のブログに下記の図を出しました。天の神の剣が蛇霊に突き刺さり、もしも動けば斬るぞと出た霊的映像からです。それから1年半ほど経過したのですが、いよいよ天の剣が動き出しているのかも知れません。
                    ​なお、私は予言者ではなく、言葉を仕組んだ神の仕組みの解説者にしか過ぎません。為に、霊的映像を見せられても、それが何時起きるのかはまったく解らない身なのです。で、情報をいただいて、霊界で起き出したと解る程度なのです。
                     



                     

                     

                    最後の審判前、【ニセ救世主】達が乱立するとされて来ました

                    1999年当時、幸福の科学の大川氏のように自分が救世主だと称する人達の乱立がありました。幸福の科学によれば、1999年は大川氏の力で食い止めたとの主張のようですが、またもやあらちこちらに自称救世主の乱立が起き出しています。かなりきな臭い状況が出て来ているのです。

                    私の元にも、誰々さんが救世主ですのでその元に参加してくださいのメールや、誰々さんが救世主なので是非に調べてみてください等のメールが来だしました。○○さんは東京直下型大地震を事前に止めたとか、△△さんは東日本大震災を事前に告げていた等が救世主たる証拠だと言われます。

                    誰が【救世主】役をされてもかまいませんが、果たして天の【祓い】を食い止めることが出来るのかです。 一部の方に出ている霊的事物は、霊的世界における祓いの大掃除なのでしょうが、もう神霊世界では起きて来ているのでしょう。ですから、変な犯罪が勃発して来ています。それまでは眠っていた悪も起こされて、悔い改めるのではなくて、最後の最後の前には暴れてやるです。
                    私は豊受姫から大立替は【嵐】だと聞かされましたが、その嵐の意味がよく解っていませんでした。
                     

                     

                    いくら自分は正しい道を歩んでいても、そうした者達が犯す犯罪に何時自分が被害者として巻き込まれないとは限りません。

                    それは、多くの人が思っている祓いではなく、掃(はらい)だからです。 江戸時代、悪しきことを犯した者は奉行所から「所払い」がありました。

                    この地球霊界からの【所払い】もあるでしょう


                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    出口王仁三郎聖師予言の【陸の龍宮城】に見られる霊的光景(写真)

                    0

                      大本教の出口王仁三郎聖師は、綾部の大本教神苑内にある「金龍海」は型であり、本当の金龍海は別の場所だと述べておられます。そこを「陸の龍宮城」と言っておられます。

                      その金龍海とは明治の初め頃までは排水路が無い池で「底なし沼」とされていたのですが、綾部藩最後の藩主であった宇宙の元津神を【ウシトラ(宇志採羅)神】とする九鬼神道家の九鬼氏が、その沼から由良川(和知川)までの排水路を付けたことにより、その沼そのものは干し上がって消滅したことが文献には記録されています。現在はその沼跡地の上には家々が建ち並んでいます。
                      ただ、一部の霊能力者によれば、その底なし沼跡地から若狭湾の国常立尊が御引退の島とされる「冠島」までは、霊的な水脈の道が存在していると言います。その水脈に沿って龍神達が動くです。海の中に水脈が存在するなどはこの世の感覚ではピンと来ません。

                      その意見に関しては、私はかねてよりモグラに「土竜」の漢字が当てられていますが、何故にモグラが土の「竜(龍)」なのかと首を捻っていました。すると、霊的に龍神達が大地の中に「龍道」を掘って往来している光景が出て来たのです。「大地の中にも龍道」が存在する。それを知った時は、一種のカルチャーショックが起きました。それで海の中の水脈も、そういう意味かと気づかされました。モグラは大地にトンネルを掘っているので「土竜」の漢字なのです。

                      創造神はこの日本に「言葉の仕組み」をされていますが、それもその一環と言えます。

                      その大本教で「陸の龍宮城」とされた底なし沼の跡地の淵の一角に、霊能者によれば「龍宮城の呼吸口」とする場所があります。その地は大本教の出口王仁三郎聖師が大正九年以前に一部の信徒に教団には内密でその土地を死守せよと命じられた場所でもあったのです。
                      また、出口王仁三郎聖師は一部の直弟子に、その地に【みろく世で使われるお宝が眠っている】と残されたことも解っています。直弟子の一部がその土地を掘り返したからです。

                      一般的に【龍宮城=お宝】は言われていることですが、その詳細は解っていないのです。
                       

                       

                       

                      大本教のみならず、ウシトラ金神の名で出された各種の予告には

                      みろくの世は、無尽蔵にある【龍宮】のお宝を出す
                       

                      とあります。そのお宝でみろく世には【貧困】などは生じないです。貧困が生じない世は「犯罪」が減って来ます。人が犯す悪の一つに「貧困」の問題が常に生じているからです。

                       

                      しかし、未だ来てもいない【みろく世に出るお宝】を論じても意味はありませんが、その呼吸口とされる場所では、どのようなものが霊的に見られるかです。通常の人の目では下記の光景は見えません。 写真にも撮れません。


                      百聞は一見にしかずと言います。これらの写真は霊媒体質者が撮影したものです。



                      これらは玉(霊)が飛んでいるのです。こうした状態の霊を「流神(りゅうじん)」とも言います。その光跡がまるで、龍が飛んでいるようなので「龍(流)神」なのです。 また、その姿を霊視しますと、俗に言う【龍】の姿に見えるのです。 霊能者であれば、この地で龍を見るはあるでしょう。





                      これらの玉(霊)の光跡には、いろんな色が見られることが解ります。

                      数年前、3人の女性霊能者が東京から綾部に向かっていて、綾部に入る国道173号線の市境の質山峠にて上空に大金龍を3人とも霊視して、大本教を訪れたが神苑内の金龍海のどこにもその金龍の姿が見られなかったので首を捻っておられましたが、この地においてその金龍を見られたがありました。


                      私は豊受姫から、【その地は秘められた神の神域で有り、本来は人間は住んではならない聖域。この神業は世に出ておられる神々では出来ず。そなたでないと出来ぬ神業。よって、その土地に戻るべし】と告げられて、何も解らぬままに住んだしだいです。
                      私もこの地で【大金龍】がとぐろを巻いているのを霊視して、この地はいったいどうなっているのだと思ったことがあります。出口王仁三郎聖師が残された本当の金龍海で、納得が出来たがあります。

                      ​私が霊界修行に入って5年目の頃、激しい大雨の日でした。すると一体の黒龍神が私の前に現れて、自分は聖書のノアの箱舟にある四十日間の大雨を降らした黒龍神だ。この大雨が四十日間続いたらどうなると私に聞くので、私は「洪水になるだろう」と素っ気なく答えたところ、答えはそれだけかと怒って帰ると言います。
                      その時、私の腹の中から霊的な手が出て来ると、その黒龍神を私の腹の中に閉じ込めてしまったのです。その翌日、当時の私は職場勤めでしたが特殊な仕事なので机に座っているのではなく、出かける任務が無い時は職場内のどこかに定時まで居ればいいだけでした。


                      すると、私のお腹が妊婦のように膨れあがります。その黒龍神の汚れからです。即座にトイレに入って下痢です。だが、下痢を終えると、またもや妊婦腹です。太陽に向かって天津祝詞を上げると、またもやトイレで大量の下痢です。その繰り返しを幾度もしていましたが体が弱って、当時の2番目の師匠に職場から電話したところ、その師匠は言います。
                      「おまえは、黒海黒龍神を自分の体内に入れた。その黒龍神の長さは40Kmもある黒海の大黒龍神であり黒龍神界の大物。それを浄霊できれば、そのお礼におまえの力となる。我慢して浄霊しろ」と言われましたが、当時の私は未だ未熟であったが為に耐えきれずにその黒海黒龍神を体内から外して貰って事なきを得ました。

                      その師匠から黒海の黒龍神だと告げられて、もしかするとノアの箱舟伝説の雨は黒海から運ばれた水かとも考えたしだいです。ノアの箱舟伝説のトルコの「アララト山」からすれば、黒海は裾野の海とも言えます。

                      私にはその黒龍神は1メートルほどの黒蛇程度の大きさにしか見えていませんでしたが、優秀な霊能者であった2番目の師匠がその長さは40Kmもあると言ったのも、あながち誇張とは言えません。その頃の私はテレビに出て来る霊能者に見られる数十体の霊に憑依されてのびているではなく、数万もの霊に憑依されたらのびているなどがあったからです。
                      2番目の師匠が当時の私につけたあだ名は、【霊界の歩くバキュームカー】でした。汚れた霊を自分の肉体に入れて浄化浄霊する能力は秀でいたのです。
                       

                       

                      その地は、幾多の霊能者によれば汚れた霊が集まる場所だとも言われていました。私はその土地で信じられない大ラップ現象を体験して来ました。テレビで放映される超常現象など可愛いものなのです。本当に死ぬかと思う期間でした。生きているのが不思議なぐらいです。私は3年間に渡って、その土地に居る霊の浄化をして来てラップ現象は「音無しく」なりました。
                       

                      それは私が霊能者のように霊が見えないから出来たのであって、なまじ霊が見えたらとても住めるような場所ではなかったのです。人は誰でも「霊性」はあります。だが、この世ではあまり霊が見えると、差し障りがあるのです。霊はいくら見えても、本人の人間性がなっていないでは邪神に踊らされてしまうだけなのです。


                      人によっては大山の様な高さほどある神霊を見たとしても、人によってはその神霊が小人程度の大きさにしか見えないがあります。山の様な大きな神様を見たからと言って、何の自慢にもならないのです。

                      人の肉体は私のような小柄な肉体もあれば大柄の方もあります。成人ならば体重的には数倍程度の差です。しかし、人は【霊(ひ)止(と)】と言われるように、肉体の大小では無くて霊止たる容量の違いで肉体に入れられる霊は数体ではなく、数十体、数百体、数千体、数万体、時には数百万体〜という桁違いも生じるのです。
                      スピリチュアルではなく、優秀な霊能者であれば霊止としてその肉体に入る霊は数千とか数万の単位の霊となるのです。
                       

                      霊能者が肉体に憑依する霊の一体を出して話を聞いたとしても、それは憑依している内の霊の一体だけから話を聞いたであって、その人の本質を見たではないのです。

                      私自身は幻視でも霊視でもいいのですが、出口王仁三郎聖師が告げられた金龍海とされる底なし沼から数万の龍神達が空に向かって上がって行く様を見たことがあります。箱根の芦ノ湖ではかなりの龍神が見られるとされています。箱根の芦ノ湖は出口王仁三郎聖師が本当の金龍海とした土地の大きさとは比較にならないほ大きな湖です。が、芦ノ湖は底なし沼ではないのでその数は限られているのです。
                      もしも、国常立尊が御引退後に住まわれたとされる若狭の舞鶴沖の「冠島」まで、底なし沼とされた「陸の龍宮城」まで龍神の水脈が在るとするならば、その底なし沼からは数え切れないほどの龍神が出るともなるのです。

                      されど、出口王仁三郎聖師が本当の金龍海と告げられた場所は、綾部で大本教が発祥する以前から存在した地で有り、その金龍海が戦前には大本教を一大勢力にする為に動いたとしても、出口王仁三郎聖師と言う希にみる大予言者を有しながら、大本教は当時の国家皇室神道に叩き潰されたのは事実であり、その神力が当時より特段に増したとは言えません。

                      今の状況であれば、大本教の失敗を鑑み見れば【立替】が成功するとは言えないのです。

                      豊受姫のお代をしていた最初の師匠は、この地は時が来れば【天帝が降臨する場所】と言っておりました。その【天帝】とは国常立尊様のことではないのです。その師匠は豊受姫のお代として国常立尊とされる神霊は見ていたからです。その「国常立尊」様を豊受姫は【天帝】とは呼称はされていないのです。
                      大本教では【五六七(みろく大神)】の命にて、大国常立尊様と豊雲野尊様の厳霊と瑞霊の両神が中心となって宇宙を創成されたとあるように、未だその【天帝】は世には出ていないなのです。

                      世に【龍神】と呼ばれる存在は、聖書に【霊界の年老いた大蛇霊】とありますが、私の最初の師匠も龍神とは「霊界で三千年間修行した蛇霊」と言っていました。大本教の出口王仁三郎聖師は世に龍神と呼ばれる存在の大半は蛇霊だが、そうでない「龍神」が存在すると述べておられます。この霊界で年老いた蛇霊では無い「龍神」が【龍宮城】となるのです。
                      しかし、龍神とは霊界の力(火水のエネルギー)を持った存在を意味しますので、蛇霊出身であろうとそうでなかろうと、その外形だけでは判断が出来ないのです。例え蛇霊出身の龍神であろうと、その存在が持つエネルギーとはとてつもない「光」を出して来ます。そこに起きるのが「光の存在に欺される」なのです。

                      太陽の様に光輝く存在を霊的に見ても、それは蛇界の龍神であったりもするのです。

                       

                       

                      だが、その龍神の教えによって、蛇霊系とそうでない龍神の判別は出来ます。

                      蛇霊系出身の龍神は【愛】の教えしか説けず
                      創造神は「言葉」とされる意味の理解も出来ない

                       

                       

                       

                      世の大立替は地球に天帝の降臨が起きない限りあり得ない


                      仮に出口王仁三郎聖師が本当の金龍海とされた地に天帝が降臨出来るとするならば、その【依代】となるものがなければなりません。その【依代】が何なのか?。出口王仁三郎聖師の予言にそれがあるのか?。現時点では私にも解りませんが、創造神に何が出来るかと高をくくっていると危ないとは言えます。
                      それは「言葉の仕組み」を為すには、たいへんな時の経過を使っているからです。いくら霊力があっても、そこらの霊には言葉の仕組みは出来ないからです。


                      天帝の降臨など、本当に起きるのかの問題はありますが
                      今の霊界の様は、その登場の前段となる【祓い】の力が生じて来ています


                      今のこの世の流れは何かおかしいぞと感じる方は、優れた霊覚が備わっているのかも知れません。
                      ​これまでは【三途の川】で三途の道がありましたが、これからは二途に別れて行くのです。



                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村