霊学癸后/佑寮い量燭話擦て魂の世の命は永遠。全ての魂は修学の場から、元の霊界にと戻る

0

    私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、【人の世の命は僅かである。魂の世界からすると修学旅行に出たよう僅かな期間にしか過ぎない。この世に出て、その永遠の命である魂を「刹那心」に溺れさせて腐らせたり捻らせてしまってはいけない。魂はその修学旅行の場(この世)で何を学んで魂の世界に帰って来るかが大事である。その修学旅行先で何も学ばずに遊んで来ましたと言うのであれば、何の為にこの世に出たのか!。そのことが問われる。】と告げられたなのです。

    優れた行者や霊能者の方が、この世は【魂の修業場】と言われるのは正しいことなのです。各自の魂がその修学場に行くことが、一つ一つの魂の【輪廻転生】となるのです。人は死ねば天国ではないのです。この世で何を学んだかで、霊界での天国界や中有界や地獄界が決まって行くなのです。そうであっても、この世の生き方で魂を腐らせたり捻らせてしまうと、永遠性の魂そのものを失うなのです。

     

    本物の霊能者は、この世は【魂の修学場】と告げる

     

    この世の【苦】を超えた後、天人界での【楽】あり

     

    精神世界とかスピリチュアルの論調を見ますと、そうしたことを言う方はさほどありません。まったく方向違いのことを言っている方が大多数なのです。

     

    僅かなこの世の時間だけの幸せを言っている

     

    私の最初の師匠は豊受姫のお代さんで、当時伏見稲荷系の行者としては癸韻慮討喟爾發△襪曚匹如∨受姫の言葉によればその当時の日本のベスト10位の中に入る霊能者と言われていました。が、さすがにベスト4位の中には入れず、そのベスト4位の霊能者は全て男性で自分は知らない方と言っていました。稲荷系ではない行者の方のようでした。それは世には無名でも、凄い霊能者の方達がこの世には居られるということです。が、最初の師匠は女性としては当時の女性霊能者の癸韻任△辰燭任后

    テレビで世に知られる女性霊能者としては【下ヨシ子】師。【木村藤子】師。【前田和慧】師が有名でしたが、それよりも霊能力はありました。

    私が伏見稲荷山で知り合ったある行者は、その師匠を見てあれはあんたの先生か。どえらい先生が居るものじゃ。男でもこれほどの先生は滅多にはおらんと見抜いていましたが、私も伏見稲荷山に上がって、それなりの行者さん達を見て来ましたが、本物と呼ばれる行者さんは持っておられる波動そのものが違うのです。その波動がビービットこちらに来るのです。そうした霊波動は【ブログ】の記事や著本を読んでいても解るのです。

     

    ブログ記事などは、いくら御本人が自分には創造神が降りて来る等と言われても、その方から何の霊波動も感じないとなると、低級霊のオレオレ詐欺の騙しに引っかかっているなと読めるわけです。私は伏見稲荷山で4年間ほど修業をさせていただき、瀧にも打たれたりで、そうした霊感覚が少しは研ぎ澄ませれたと感じています。ただ、いくら瀧に打たれて霊感覚を研ぎ澄ましても、人間として卑しいでは本末転倒になるわけです。

     

    その最初の師匠は、私に【人としての期間がどれほど辛いものであったとしても、それはたかだか50年間程度。それに耐えて、神様にして貰ったら最低500年間は神様として過ごせます。どちらが得かと考えたならば、この世では辛くても霊界で神様に成った方が得でしょう。】と語っていました。その師匠の霊は私の元に来て、自分は東京の九段坂付近のどこかの神社に白龍神を伴って祭神として赴任しましたと挨拶に来られました。白龍神等を従えていないと神霊としての力が弱いからでしょう。

    こうした人としての死後に天人界に入って、抜擢されて神社の祭神として赴任したなどは数々の事例が存在します。大本教神諭に【人には神とも成れる魂を授けてあるにも関わらず】とありますが、神と成ると言うことは【天国天人】とも成るなのです。誰かを拝んだからでは、【天国天人】にはなれません。

    一部の説にはなりますが、今や天国界に渡る人は僅かと言われています。【スマホ】や【ゲーム】ばかりにしがみついていれば、それでは天国界は無理なのです。魂の堕落を引き起こすからです。いくら魂は永遠性の時間を持つとしても、人としては僅かな時間しかないのに、【おまえは何をしに、この世に降りたのじゃ!。】のお叱りを受けてしまいます。そうしたことが問われます。

     

    今、多くの霊能者の方が、今の神社には本来の祭神がそこに居なくなっている。祭神が存在しない空の神社だけでなく、本来の祭神の代わりにニセ神の霊が鎮座していると言う報告がなされています。だが、ニセ神の霊が鎮座している神社を一掃するにしても、その数が多すぎて手がつけられないがあります。また、誰がそれをするの?。があります。霊能者だからと言ってうかつに手を出せば、相手は神霊なので自分が殺されるとなります。

    数年前に私が伏見稲荷山に上がったところ、本来の御塚の祭神が居なくなって行き場を失って御塚付近でウロウロしている千体近い白狐霊達が居て、そうした白狐霊を綾部に連れ帰って、綾部の四ッ尾山山麓には幾つかの稲荷神社があり、その一つの稲荷社にお預けしたがあります。いったい本来の御塚の御祭神達はどこに行ったのだ!。

    で、その四つ尾山にはかなりの白狐霊達が居ます。人の目には見えないのですが、飼い犬などはその四つ尾山への道で怯えて背後に隠れてしまうがあります。犬は動物だから感覚で霊を察知するのでしょう。自分が仕える主神が居なくなって眷属である白狐霊も困っているなのです。そこには神霊界で何かが起きているとはなりますが、その子細までは掴めていません。

     

    人は誰しも肉体の【死】を免れません。

    その人の死とは、【ヒ(霊)に列する】です 

     

    人の肉体に【命】を宿している【魂】そのものが亡くなったではありません。単にこの世で生きて行く為の【肉体の服】を脱いだだけのことです。

     

    修学旅行先から元の世界に帰っただけの話です 

     

    お釈迦様は【人は何故に死ぬだろう。生まれて来るのだろう。】と疑問を持たれた。その結果、【人には良心と呼ばれる神が内在する。】と悟られたなのです。そして【輪廻転生】です。

     

    行者の世界で著名な方が居られました。行者系ではその方を崇める方が多い方です。この行者さんは、【自分を殺してくれる者がいれば、自分はその人を恨むどころか御礼を言おう。】とまて言われています。この行者さんは【神仙界】出身の方で、出来るならば【こんな世知辛い世の中の命はさっさっと終わらせて、元の世界に帰りたい。】でしょう。だが、この世で自殺すると罰せられてしまいます。この世はどんなに辛くても死ぬ時まで頑張らないと行けないなのです。

    だが、殺されて死ぬ分には罰せられれません。そこで自分を殺してくれた者を恨むのではなくて、御礼を言おうと言われたわけです。こうしたことは一流の行者筋の方ならば、皆解っておられることです。だが、自分を殺したと相手を恨んでいると、この世の霊界で地縛霊化しかねません。だから、【恨み】は捨てなさいなのです。人の死とは、魂の服たるものを単に脱ぐだけのことであり、肉体の死は元の霊界に帰ることなのです。

    ところが行者筋でも、この【基本中の基本】が解っていない方達がいます。私から言わせれば、そんな行者は【あんた。本当に行者か?。】です。この世の意味をまったく理解していないなのです。

    お釈迦様は【この世に未練を残すな!】と説かれたわけですが、この世に執着して何百年と墜ちている行者霊を見ると、【行者の末路哀れなり】と言われている意味がヒシヒシと解ります。生きている時は神仏に祈願して人助けだと霊力を振るっていても、死後の世界の意味を理解しておらず、何の為に【輪廻転生】と呼ばれる教えがあったかなのです。

     

    一部の方達は

    魂の本籍地は霊界。この世は魂の現住所

     

    とはっきり述べておられますが、皆、その基本を忘れているなのです。最近、スピリチュアル界の大御所である【美輪明宏】氏が、自分はモウこの世には何の未練も無い。人の死とは魂の服を脱ぐだけのことで、別に命を失うことではないと言われたようですが、遅きに失したと言わざる得ません。

    スピリチュアルと言う言葉を広めるのではなくて、どうしてそうしたことを早くから説かなかったのですか?。為に美輪明宏氏やその弟子とも言われる江原啓之さんを大御所と仰ぐスピリチュアル標榜者の大半は、違う方向に走ってしまったなのです。この世が【魂の修学場所】と解っていないなのです。

     

    仏教においては【彼岸】という言葉が使われます。彼岸とは、別に季節の春分とか秋分の日の意味ではないのです。彼の岸に渡る。その彼の岸とは何の意味?。かです。

     

    彼の岸とは、三途川と呼ばれる川の向こう岸

     

    その【三途川】を渡れば、モウこの世とは【おさらば】なのです。各自の魂は元の霊世界に帰って行くなのです。だから、仏教は【この世に未練を残すな!。】説いていたのです。この世のことに【執着や未練】を残していれば、向こうの岸に渡れないのです。

    お釈迦様は、この世に【魂の修業】の為にモウ降りる必要が無い【卆業証書】を受け取られた方です。この世で自分の前世は釈尊であったと言われる方は全員【贋物】なのです。

    その代わりとして、創造神と思われる神はお釈迦様の悟りを紐解かせる【みろく(三六九)の五十六億七千万】という仕組を日本では解る様に創られて、その前段として大本教と呼ばれる宗教に「みろく神」を演じる役者達を使わされたなのです。ですから優秀な行者や霊能者は大本教は【予告編】と言って来たのです。

    ただ、この仕組は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密・火水)】が鍵なので、その鍵を使って【誠】で紐解く者が世に出ないと、何人にも解らなかったなのです。

    その仕組として、魂は【鬼と云う】なので、鬼姿の【牛虎金神】が出口喜三郎師の【喜(キ)】の字を【鬼(キ)】にしなさいと言ったところ、鬼とはあんまりじゃ!。で、本人が出口【王仁】三郎としたなのです。ですから出口王仁三郎聖師は、これらは全て【神芝居】と言われたわけです。

     

    巷で自分が最高神式のことを言っている方は、この【大本教の神芝居】を誰が演じさせていたのかを、まったく理解していない霊に使われている人と言うことなのです。一流の霊能者や行者筋から【出口王仁三郎聖師】が今日も評価されているのは、その予言能力のみならず、そうした【神芝居】を見事に演じきったからです。自分にその役が当たったとしても、とてもあの役は出来ない。演じられない。そうしたこと理解しているからです。

    そこに、出口王仁三郎聖師自身も【本番は自分とは似も似つかない人】と言っておられるのです。そうでないと、霊界物語にわざわざこの大本教に現れた変性女子は【ニセ者だ!】は、大本教自身も書籍に残してまで出版しないでしょう。全て悪神や邪神を世にあぶり出す為の神仕組なのです。

     

    まあ、邪神や悪神も【99%】までは行けますので、どうぞご自由にと言うことです。残る【一厘】とは【良心神】たる魂の【心棒】のことなので、邪神や悪神では最後は霊界で自己の霊身や魂を光の火で焼かれて【のたうちまわる】となるのです。

     

     

    創造神は魂の修行場を終わらせて、人類を天人界にと導く大計画。で、次は【嬉し嬉しの世】。

     

    この世でなく、天人界で【褒美】を受け取る

     

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    霊学癸検[豹歓世箸録佑了僂任鰐気た世瞭きで、悪魔もまた実体を持たない現れ

    0

      お釈迦様の本当の悟りとは、【悪魔は実体が無い現れで、人には良心と呼ばれる神が内在する。】だったのですが、それは今日迄の仏教では埋没していて、お釈迦様の悟りは【慈悲】だと書き換えられていました。これはお釈迦様の死後、小乗仏教から大乗仏教に切り替わる過程で起きたと推察出来ます。小乗仏教から大乗仏教に進む過程においては仏の【偶像】化が進んだからです。

       

      良心神は偶像化出来ず、大乗仏教の偶像信仰で消えた

       

      スピリチュアルでは神は【光】で人の様な姿は無いと主張される方達もありますが、それはその人の霊能力の問題で、光として現れて来る存在も【人の姿】として見ることが出来ます。また、諸仏も如来であろうと菩薩であろうと明王であろうと【人型の姿形】で霊視することは出来ます。ですから、そうした姿が見える者達によって【偶像】も出来たと言えます。

       

      一部の霊能者の方は人の魂を見る能力を持っておられます。そうした多くは魂の【色】の違いを見る能力です。十人十色と言いますが、全ての人の魂の色は違うのです。それらは魂の【色(性質)】の違いであり、一つの色合いでも多様な濃さの違いがあり、また斑(まだら)模様の魂もあるので単に人の魂は十色だというのは、かなりアバウト(大雑把)な見方と言えます。

      私は修業過程の中で人の魂を見させられて、その魂に【点数】が出て来るに遭遇しました。人の魂に点数が出るなどは聞いたこともないので何事か意味が解らなかったのですが、私以外にも魂に点数が出るを見て来た方もあり、それ自体はあると解って来ました。更に修業をする過程において、天人界を訪れた超能力者の方から最後の審判は【各自の良心神の点数】だともたらされて、人の魂に出て来た点数は【人に内在する良心神】の点数だと解ったしだいです。すなわち【円真】の点数です。

       

      人は【偶像】信仰に入れば、誰しも【人に内在する良心神】を忘れてしまいます。その偶像に宿っている霊に救いを求めるからです。私自身修行の過程ではそうした偶像に宿る霊との対峙がありました。近畿36不動尊の御開帳の時にはその中の7〜8体の青不動明王像から得体が知れない物を飛ばされ、暴れ薬師如来像からも不動明王の時と同じ様な物を飛ばされて、その薬師如来像に宿っている霊を反対に御経で霊縛してグルグル巻きにしてしまったがあります。こうした一連の出来事は宗教書などを見ても、どこにもそうしたことが書かれていないものと言えます。

      ただ霊能者と呼ばれる方達は知っていて、豊受姫のお代であった最初の師匠は【貴方の力量を調べる為にお不動様達は飛ばされたのですよ。貴方にとってはそんなものはどうということもなかったでしょう。】と笑っていましたが、偶像に宿る霊と【人に内在する良心神】とは別物と言えます。良心神とは人の姿をした神ではないのです。

       

      よく【龍神】の上に乗っている【観音菩薩】の絵画がありますが、観音菩薩像などには龍神の霊が宿っていたりします。その多くは黒龍神となりますが、千手観音菩薩像などの中には千匹の黒蛇霊が宿っていたりすることもあるのです。

      私が黒蛇霊から言われた【人が助けてくれと来るので、それで救ってやっている。それのどこが悪い。】なのです。大本教神諭には【この神は病気治しの神ではない。心の立替立直しの神】とありますが、黒蛇霊とか黒龍神などは【病気治し】が主体の神霊と言えます。

      キリスト教では【悪魔】とは【反イエス】の存在を指すようですが、日本における霊学では【黒龍神】を悪魔とするがあります。キリスト教等の悪魔とはかなり趣が違うのです。著名な某宗教開祖の方は、サタン(悪魔)とは【赤龍】神のことだと述べておられますが、ロシアとか中国はそうした【赤龍】神の力が強いと国となります。

      共産主義とはそもそも【神の存在を否定】するなのですが、いくら神の存在を否定したところで否定している肉体人に霊は宿ります。神を否定しても肉体たる本人は霊にコントールされているなのです。

       

      偶像の神仏を否定しても、人たる物に霊は宿る

       

      そうしたことが大本教から【人は霊(ひ)止(と)】と出されたように、霊は人にも偶像にも動物にも宿るなのです。神社から出される【紙札】にしても、そこに霊は宿るなのです。

      イスラム教過激派は創造神信仰は偶像を拝することではないと、世界遺産と言うべき像もことごとく破壊する暴挙を犯しますが、人は【偶像】でないと神を信じられないという面を持っています。何かの形ある物に【拠り所】を求めるなのです。

      お釈迦様もイエスも偶像崇拝を禁じていても、自分が後世の人達に【偶像】物にされてしまったなのです。と言っても、お釈迦様の像を造ったからその像にお釈迦様の分霊が宿るでも無し。イエスの像を造ったからと言って、そこに【イエス】の霊が宿っているでもないのです。ただ、【偶像物】には何等かの霊が宿るなのです。

       

      良心神とは人の魂には内在するが、偶像物には宿らない

       

      もし、貴方が死後に【天人界】に戻れなかった時、この世の霊界に留まる限り、魂は原則論としては永遠性があるので何かに宿る必要があります。その対象が偶像であったり動物に宿ったりなのです。時には石ころにも霊が宿っていたりします。霊が石に宿るが墓信仰や稲荷山で見られる【御塚】信仰になります。そうした石の御塚そのものではなく、その石の地下に一種の霊世界が建設されるのです。巨大な【地底王国】と呼ばれる存在も霊的世界にはあるのです。

       

      お釈迦様の悟りは、悪魔は実体を持たない現れ?

       

      キリスト教ではイエス一人が創造神の御子で、それを信じる者は天国で異教徒は地獄に墜ちる等と説きます。そうなりますとキリスト教徒以外の異教徒は【悪魔】の手先と言っていることになります。すると日本人はほとんど仏教徒なので地獄界に墜ちる者達となりますが、心配しなくても現実には仏教徒だからと言って地獄界に墜ちている者などは一人もいないのです。キリスト教はイエス一人が神の御子だという誤った考えから、教義がかなりおかしなものになったなのです。

      キリスト教神学では冥府の長官を【サタン(悪魔)】にしていますが、【冥府の長官】とは仏教で説かれる【閻魔大王】のことでして、【魔】の漢字は付きますが地獄に墜ちた者達を再度、人としてこの世に出している【輪廻転生】を司っているなのです。

      神霊世界に関わっている人の中では、悟りを得たお釈迦様は二度とこの世には出て来られないが、悟りを得なかったイエスは輪廻転生から抜け切れていないがあります。別にイエスが人の世の終わり頃に出て来てもおかしくはありません。悟りを得なかったからです。

      但し、イエスは次元的には救世主の立場ではないのです。もしも【救世主】と呼ばれる存在が出るとしたならば、その次元界はイエスよりも遙かに高い次元界の魂の持ち主でないと無理なのです。大本教の出口王仁三郎聖師はイエスと同格だと言われており、一時は自分が【救世主】と称されましたが、その救世主の看板を降ろして【聖師】と称するようになられました。日本の伊勢神宮に鎮座されている霊にしても、次元的にはイエスクラスと言われています。そうした次元段階では「救世主」にはなり得ないのです。

       

      一般的に宗教信仰者は常に自分の考えは正しいで、自分に反対する存在は【悪魔】呼ばわりします。宗教界ほどそれが酷いがあります。しかも霊的世界が見える人ほど自分は正しくて、自分が関わっている霊的存在以外は邪神だ!。悪魔だ!。そうなって行くなのです。

      最近、かなり大きな新興の宗教団体の開祖が亡くなられて【地獄界】に墜ちたと言われています。その宗教団体で祭られている御祭神とは【黒龍神】であることは霊能者の間では有名な話ですが、いくら霊力が強い黒龍神でも死者の魂を天国に渡す権限そのものがありません。その教団の信徒達も【天国界】には進んでいません。ただ、人は自分が信仰する霊が【正神】か【邪神】なのかの見分けが出来ませんので、その人の信仰が【誠】の信仰であれば、例え邪神を拝んでいてもその【至誠(姿勢)は天に通じ】るなのです。

       

      現世御利益ください信仰では、至誠は天に通じず

       

      日月神示等には霊的世界においては99%が邪神だと書かれているようですが、俗に言われていることに仏の声が聞こえる者は千人に一人はあり、神の声が聞こえる者は万人に一人はある。そうした者が千人万人修業して本物言える霊能者に成るのは一人しか出ないという説があります。つまり、その人は間違いなく霊の声を聞いて霊を見ているのですが、本当の神では無い存在の霊に踊らされたり欺されるなのです。

      そこにあるのは【霊界は高い次元界ほど高い神霊が存在し、低い次元界ほど動物霊等】と呼ばれる様な霊に占められているからです。

       

      高い次元の神ほど、人間に干渉して来ない

       

      そうした動物霊と呼ばれる様な存在が高い神名を名乗って出て来る。自分はろくろく修業もしていないのにどうして自分に高級神が降りて来るのだ?。そうした疑いを何一つ持たないことから、それにコロリとやられてしまうであって、別にそれが悪魔とか言う存在ではないのです。

      私は何度かブログに書かせて貰いましたが、日本におけるサニワ(審神)において宇宙連盟や宇宙連合や銀河連盟等と称する霊の存在も全て蛇霊神であることが判明しています。そうした宇宙人として出て来る存在を【爬虫類宇宙人】と呼んでいる方達もありますが、日本では【蛇霊】として括るなのです。ただそれが【宇宙的】なことを語る存在だということなのです。自分は【騙されていない者】と思うと自ら【墓穴】を掘るのです。

      神社等に参拝すると、その神社に鎮座している霊が出て来て、その霊から挨拶を受けるがあります。そうした時、その霊達が自分は邪神です等、絶対に言いません。皆、自分では【正神】だと思っているのです。ですから優秀な霊能者達は、それが蛇や狐や狸や猫霊だと見破るなのです。

       

      イエスを神の一人御子だと信じても天国門は開きません

      後発のイスラム教開祖のマホメットが、イエスは【偉大な預言者】と言ったように、そうした段階なのです。

       

      世紀の大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は【地獄を覗けば牧師や僧侶で一杯だ!。】と残されたのですが、キリスト教は天国に入るのは【良心神の点数】だと解っていなかったからと言えます。

      イエスは【40】日間荒野を彷徨って悪魔を退け、【41】日目に神の御子に成られた。その【41】の数字が語る神の御子の意味をキリスト教は【イエス】という個人に置き換えてしまったからです。これは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密)】が解らないと、何人にも解らなかったことと言えます。

       

      悪魔を退けるのは、各自の【良心神】

       

      人の魂の真ん中の【心棒】が良心神で、その位置を【空く間】にしてしまったことを【悪魔】と言うだけのことです。 私は霊示で、【イエスのパンの教えは美味なれども、真ん中が無いドーナツ型のパンの教えである。】と出て来た時、この意味は何かと首を捻っておりましたが、確かにイエスの教えは【真ん中】が無いドーナツ型のパンの教えだと言えました。愛の教えとは魂の【真ん中】に創造神の分魂たる神柱(心棒)があることが解らないのです。仏教にしてもお釈迦様の悟りが【人に内在する良心神】であったことを忘れて【偶像】仏信仰に陥ったからと言えます。

       

      悪魔の【悪は亞の心】で、この【亞】の漢字の意味は司令官や王の命令を無視して亡き者扱いにした意味での墓に葬った意味なのです。すなわち、

       

      悪は創造神たる【神】を亡き者にした

       

      大本教から【霊界物語】が出されて、地上神界の創造神であった神を邪神達が無理に地上神界の表舞台から御引退させたことから【艮(ウシトラ)金神】の名で、その創造神の復帰が予告として出されたのですが、その御引退とは今から【35万年前】以前の神代の時代との話がなされています。当然、今の人類はそんな過去の出来事など知るよしもありません。また、この世の神霊界に神霊として出ている方達も若い霊がほとんどで、そんな昔の神代時代の経緯など知るよしもないとなります。

      私は豊受姫の命令でその土地が大本教の出口王仁三郎聖師が大正九年以前に大本教信徒の一部に、【教団には内密でそれらの土地を死守せよ】と命じられた土地の一角とは知らずに住みました。

      その土地に住んだ時、自分で【三十五万年間の苦しみを取り除いてくださいましてありがとうございました。】とおいおい泣くのです。自分で泣きながら、これは何だ!。です。私は自分は霊に懸かられて泣いているとは解るのですが、【三十五万年前】とは何だ!。何があったなのだ!。です。

       

      そしてその土地に住んで、【大ラップ現象】に見舞われました。その大ラップ現象を鎮める為に多くの霊能者の元に行ったのですが誰も手が付けられずでした。ある霊能者の方から、【これは伊勢神宮の神も大国主命も稲荷神も不動明王も鎮められない。貴方自身が鎮めないと鎮められる神は日本のどこにも居ない。】と告げられて、ほぼ3年間に渡り祝詞や御経で鎮めるだったのです。

      特に最初の【四十日間】ほどは、自分の命を取られるかと思うほどの凄まじいもので、よくぞ命があったと思うほどのものだったのです。それらの現象が3年以上経って消えた後、最初の師匠から【豊受姫が言われたように、この神業は日本の神には誰も出来ず。人である貴方でない出来ない。と言われた通りでしたね】と言われて、ぶ然としてその言葉を聞いていました。

      その【三十五万年】間と【四十】日間で、大本教神諭予告の【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】と【神の時計】と呼ばれことを知り得たのです。モーゼの紅海を渡って【四十】年間の彷徨い。イエスは【四十】日間荒野を彷徨い悪魔を退けた。 その3年間に渡る【大ラップ現象】で、私もお釈迦様の悟りである悪魔は実体を持たない現れであると知り得たのです。

       

      悪魔とは、魂の汚れから良心神を見失った霊の現れ

       

      そこに【創造神との人類の契約】である魂の【禊(契約の示し)ぎ】があり、【悔い改める】と魂の心棒たる【杭を新棒に改める】なのです。ですから、【悪魔】とはそもそも実体がないのです。単にその【魂を汚した】ことにより、良心神たる魂の心棒を腐らせたり。魂の心棒を失ったことにより魂を捻らせる歪(不正)みを起こしたなのです。

       

      人の【改心】ほど素晴らしきものはない

       

      スピリチュアルの何をしても神の【愛で赦されます】などを真に受けていると、死後の行き先は【地獄界】になります。大本教の出口王仁三郎聖師が残された。【天国に案内すると言いながら、地獄に案内する取次ばかり。】なのです。

      私は大本教神諭予告の【九つ花に咲く一輪の言霊(秘密)】で、お釈迦様の悟りを知り得ましたが、それが【みろく(369)】の仕組になっていて、今の世が【七の代】の七霊界で【五十六億七千万】の数字を打ち出しいることに驚きを禁じ得ませんでした。いったい誰がこんな仕組をしたのか?。そこに【宇宙を支配する絶対的な神】が存在しているとしか思えないなのです。

       

      太陽も月も創った神。新地球もあるだろう!

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      霊学癸掘,釈迦様の悟り【人に内在する良心神】は何故埋没?。良心神だけでは人は食べていけない

      0

        私は豊受姫のお代であった最初の師匠の元で伏見稲荷山をベースにして霊界修行をさせて貰いました。その時に見てきた霊的数々とは、多くの人が現世の幸せとか御利益を求めて神社に参拝しているのとは違う世界。多くの行者さんが【神を求めて】修業している世界と言えました。

         

        行者は今世の幸せではなく、死後に神上がりの修行

         

        スピリチュアル系だと人は死後に神上がりが出来るなどは知らないと言えます。人と神とは別物だと思っていたりするからです。人は一人一人が創造神だと言う方の論は行き過ぎですが、神社に鎮まっている御祭神などは過去に人であった霊等と解っているがあります。為に神と成ってから比較的若い霊が多く。超古代の神代の出来事はまるでご存知無いがあります。 そうした神霊にいくら質問しても何も答えられないが起きます。

        私は昭和【五十五年】に私自身の身に起きた摩訶不思議な出来事から、子供の頃に旧約聖書の神と称する声を聞いていたので、覚悟を決めて神霊界修業に入ったなのです。最初の頃、三つ目青黒憤怒相の仏が出て来られ、それが超古代の大黒天(大国主命)たるお姿と解り、これは一体いつ頃の時代の話かとなりましたが、何万年前何十万年前の光景が出て来るなのです。そこには【霊界物語】があるなのです。

        大本教霊界物語には主の神【三十五万年前に御引退】がありますが、これが一つの【鍵】なのです。今は遺伝子でいろんなことが判明して来て、今の人類は20万年前からでその前の人類とは別の遺伝子との学説が出て来ましたが、人類は幾度か滅びているのです。今は【七の世】とされ、次に【八の世】が来るなのです。

         

        私は最初に霊相談に行った出雲大社教関係の霊能者の方から、いきなり【貴方は救世主様ですか?】と尋ねられて面食らったしだいです。私は子供の頃に旧約聖書の神と称する声から、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり。そなたはこの日本に満ちあふれている私の教えを人々に告げなさい。】と告げられていました。

        だが、神力に関しては、【そなたにはこの神の神力を何一つ与えない。】と告げられていました。【自分は救世主です。】と名乗る様な霊的な力は何一つ持っていないなのです。為に多くの人々が思う。その人を拝めば自分を助けてくれる【救世主】等ではないのです。私の言うことを信じれば貴方を助けて上げますなどの権限は、私には何一つもありません。

        ただ、旧約聖書の神と称する声は、【そなたの背後にこの私が居ることが解り。そなたの教えに従う者達はこの私が助ける。】で、そうした神の存在が私の背後にあるのではないかなのです。

         

        私が豊受姫のお代であった最初の師匠に連れられて初めて伏見稲荷山に上がった時、伏見稲荷山における首座神の豊受姫から、【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き御方で、貴方の言葉による教えは天帝の詔(みことのり)と同じであり、貴方の教えが聞けないと言う神は如何なる神であっても天帝に対する反逆の神と見做されて天帝により罰せられる。】と告げられたなのです。それが私に【言葉の仕組】を紐解かせる要因になったとは言えます。

        私が子供の頃に臨んでいた【旧約聖書】の神と称する霊声の真偽は解りませんが、最初の師匠と2番目の言霊の師匠の元を離れた後、多くの霊能者に【自分は誰だろうか?。】と霊査してもらったところ、7〜8名の霊能者の方から貴方の本守護神は【国常立尊】ですと指摘されて来たなのです。豊受姫からも貴方の本守護神は【国常立尊】様ですと告げられていたこともあり、私は【旧約聖書の神】と【国常立尊】は同一神かと調べたところ、同一神とすべきだとは言えました。

         

        私は伏見稲荷山で修行している時には、さほど【霊障】という問題には関わりませんでした。狸霊や狐霊の霊障程度です。蛇霊は伏見稲荷山でも神霊として祭られていることが多いことからも、蛇霊による霊障を知ることは少なかったと言えます。だが、2番目の師匠の元で霊査をしている中で数々の蛇霊による【霊障】に遭遇し。蛇霊による霊障を調べている時に不思議な光景が見えたなのです。

        私自身は伏見稲荷山で修業時代、ヴェダー典に残されている【人の中に眠るコブラ(眼鏡)蛇が目覚めて走り上がる時、その人は「真理」に目覚める。】を体験したのですが、その【真理】とは何かがまるで雲を掴むような話だったのです。人は蛇霊によって【真理】に辿り着くが出来ないなのです。つまり真理が見えない【眼鏡】を蛇霊(眼鏡蛇)から掛けられているなのです。

        その蛇霊による【霊査】で見えて来たのは、何かの棒(柱)に巻き付く蛇霊の光景でした。

         

        蛇霊が巻き付いている棒(柱)は何か?

         

        しかし、世界の宗教書をいくら調べても何かの棒(柱)に蛇霊が巻き付いているなど書かれた書は存在しないのです。しかもその棒が八方に光輝くと蛇霊がその棒(柱)から去る。すると、その人に起きていた蛇霊による霊障が消えると言う不思議な光景だったのです。蛇霊が去ることにより霊障が消える?。

        私は霊界で修行をする中で、蛇霊が巻き付いている【棒(柱)】は【魂の心棒】であることが解って来ました。魂とは【玉形の思惟(心)】で永遠の命たる存在です。

         

         

         

         

        魂は【球体】なので、丸い球ならば必ず【心棒】がある

         

        私達日本人は二つの輪の真ん中の中心を通す物を【心棒】と言いますが、何故【心棒は心】の漢字なのか?。まったく理解出来ていなかったなのです。

         

        現代ではオーブ等は写真やビデオに写ることから、その存在自体は解って来ていますが、魂の内部構造に関しては未だ何も解っていないと言えます。しかしながら魂は球体なので【心棒】があることは論理として解るなのです。そして魂の内部には【核】があることも論理として解るわけです。

        この地球と私達の魂はその大きさは比較にならないほど違いますが同じ【球形】で同様の形なのです。その地球には【核】があり、心棒たる【地軸】が存在しています。人の魂も同じなのです。

         

         

        聖書には人類の原罪として、【蛇霊の言葉に唆されて、エデンの園から蛇霊と共に追放された人類】とありますが、蛇霊と呼ばれる存在は単なる邪心の囁きだけでなく、人の魂の【心棒】まで巻き付いて来るなのです。

         

        人類が元の神の園に戻る為には、人と一緒にこの地球(魂の流刑地)に来た蛇霊を帰さない限り、人の魂は元の神の御国には戻れないなのです。

        スピリチュアルでは何かと自分に【天使長ミカエル】が臨むと言われますが、大本教の出口王仁三郎聖師は【天使長ミカエルは存在していない。省みる言葉の意味だ。】と述べておられますが、本当の天使長はミカエルと呼ぶ存在ではないのです。 天使長ミカエルとは、最後の審判において蛇の尾を踏む【巳(蛇)帰る】を働かせる役の意味なのです。

        日本語は【神の言葉】ともされますが、今の人類の歴史だけが人の歴史だと思っていると、ヘブライ語と日本語に共通点がある意味も理解出来ません。今の人類以前の人類にその歴史があるからです。ただ、最後の審判前であれば蛇霊を帰らせる為には【自己を省みる】が必要なのです。【悔い改め】です。

        西洋のキリスト教ではイエス一人が神の御子で、イエスを信じれば人類の原罪は消えて神の御国に戻れる式の教えに懲り固まっています。為に蛇霊の存在がよく解りません。イエスは自分の弟子達に蛇の様に賢くあれと説いているだけです。蛇霊がもたらす【知恵】です。それでは【智慧】とならないなのです。お釈迦様とイエスとでは、根本的に【悟り】が有るか無いかの違いがあるのです。無論、マホメットにも【悟り】はありませんでした。それはスピリチュアルが言う【大天使】と称している霊達にもありません。

        一方、この日本では【巳(蛇霊)さん】信仰が盛んなので、行者系の霊能者ならば日常茶飯事に【蛇霊】には接するなのです。

         

        行者系霊能者とスピはまるで違うのは蛇霊の見方

         

        私は言葉の仕組に気づく前、行者見習いの様な立場で蛇霊に言向けをして来ました。【蛇霊の姿など脱いで元の天人界(神の御国)に帰りませんか?。】です。蛇霊が改心すると、元の天人の様な姿に戻るからです。そうした時、現実界の蛇が【直立】した姿を見せてくれます。聖書のモーゼとエジプトの神官のがどちらの神が高い神か、コブラ蛇を棒の様にして投げ合うがありますが、現実界の蛇が【棒】のようになるのです。

         

        何故、蛇霊は改心すると【蛇が棒の様になる?】

         

        蛇の漢字は宇宙の【ヒ】を無視(虫)したなのですが、舵が真っ直ぐに取れなくて蛇行する。それではいくら【仏陀】を目指しても【它】の意味が解らないなのです。

         

        私が蛇霊に対して言向けしても返って来る言葉とは、【人が助けて欲しいと願って来るから、その命や病を救ってやっている。金銭的な物質面も願いも叶えてやっている。その御礼として幾ばくかの金や酒を要求するが、それのどこが悪い。】という返事がほとんどなのです。

        それに対する私の返答は、【人の命を救ってやっている。病を治してやっている。それでお金や酒を要求することが悪いと言っているのではないのです。貴方自身、自分の身を見た時、蛇の姿でしょう。そうした蛇の姿では無く、どうして人間の様な元の天人の姿に戻ろうとしないのですか?。そこを問うているのです。貴方は永遠に蛇の姿でいたいのですか?。】と返すなのです。

        だが、蛇霊の姿に墜ちた霊が【悔い改めて改心する。】などは数少ないと言えます。その多くは、【創造神が最後には自分達を罰すると言うのであれば、その時には暴れに暴れて死んでやる。】なのです。

         

        私は永遠に蛇の姿でいたければそうしろと突き放します

         

        日本の新興宗教で病気治しを主体にしている宗教団体の祭神の多くは【黒龍神】であることは行者系の霊能者達には知られています。大本教の出口王仁三郎聖師が主の神は【ス】神と出された関係上、そうした宗教の多くは【ス】神の意味を知らずに、主(ス)の神と呼称しているなのです。そうした宗教開祖の誰一人として、【大本教の仕組】を理解出来ていなかったと言えます。

        大本教の出口王仁三郎聖師は霊界物語全八十一巻の第十三巻において、この大本教に現れた変性女子はニセ者だと発表されたのですが、その意味が理解出来なかったなのです。日本語のアイウエオの第十三番目に【ス】は置かれているなのです。それが「ニセ型」の意味なのです。【ス】神では【中心柱】神とは成らないなのです。

         

        お釈迦様の悟りの【良心】神とは、魂の【心棒】のこと

         

        これは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の秘密】で紐解けるのです。

         

        ◎何故、お釈迦様の悟りの【良心神】の教えは埋没したのか?

         

        一つに、仏教では魂の輪廻転生は説かれたが、魂が見える人が減った

            そして、魂は球体だから【心棒】があると気づかなかった

         

        一つに、邪神の捨て台詞として、【良心】など言っていて食べていけるか!

            確かに、人はこの世で食べて行くには【良心】を閉じる必要がある

         

        しかしながら、魂の【心棒】が【良心神】なので、悪の誘惑に【辛抱】しなければならないのです。

         

         

        食の漢字は、【良心の良を閉じる】

         

        人はこの世で生きて行くには、他の命を殺して頂かないと生きて行けない宿命があります。為に、そこに自分の為に犠牲になった命に対して【感謝心】がいるのです。自己勝手な行動は天が赦さない。

        昔の仏教の僧侶は他の命を殺して自分が生きながらえることを嫌って命ある物は食べないで、野菜などの【精進料理】が起きたなのです。 仏典には末法の時期には僧侶は妻帯し、酒を飲み、肉を喰らうとありますが、その行為が特にいけないなのではなく、人に内在する良心神の意味が理解出来なくなるなのです。

         

        日本語は神の言葉なので、

        【今はラ(良)を閉じる】で、良心神の働きを封じてある

         

        地獄界に墜ちた先祖霊の【供養の養】は、良心を入れた羊の言葉たる【善(譱)】で、地獄に墜ちた霊に食事を出す膳ではなく、【良心】の働きたる【善】を故人に代わって世に差し出すことが、【地獄の沙汰】も変えてあげられるなのです。それは、自分が【世の為、人の為】に尽くすと、その良心による善の行いの【功績】は自己の肉体の親の魂まで波及して行くのです。

         

        その親には、よくぞそんな【心がけの良い子】を育てましたね。それは貴方が親として立派な子を育てる功績を積まれたので賞するなのです。

         

        お釈迦様の【悟り】は【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ぶ神が内在する】でしたが、重要なことはそこではないのです。

        大本教の出口王仁三郎聖師は、最初は自分が【みろく神】だと称しておられましたが、これも晩年は自分は【みろく神】ではなかったと告げられました、大本教の出口王仁三郎聖師はみろくの【五十六億七千万】はこの地球が出来てからの年月だと書いておられますが、この地球は科学的に調べても誕生から【四十六億年】です。どこにも【五十六億七千万】が出ないのです。

        ところが大本教神諭予告の【九つ花】を紐解くと、お釈迦様の悟りと【五十六億七千万】の数字を出せるのです。大本教神諭は【この仕組をするには三千年かかった。】とありますが、日本語と言う言葉であれ、そこまで言葉で仕組むには【三千年】の月日はかかります。そして伊勢神宮の神や大国主命様に出来るような代物でもないのです。

         

        私は大本教神諭予告の【九つ花】を知って

        万物の創造神の存在を確信した

         

        巷には自分には創造神が降りて来る等と言う方は山ほどあります。そうした方の背後にいる霊とは、どこにも【創造神】の姿が見当たらないことから、これ幸いと自分が創造神だと名乗りを上げておられるのでしょうが、あまりにもスケールが小さいと言えます。言葉の仕組が解って来ると、とても恥ずかしくて自分が創造神だと名乗ることも出来ないでしょう。

         

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        霊学癸供,澆蹐世は水晶魂の者ばかりなれども、今の世は人の顔をしていてもその魂は獣たち

        0

          スピリチュアル標榜者の方達の中には、良心は呵責が重たいから捨てましょう。魂磨きは辛いから止めましょう。神は愛だから何をしても赦されます。そうしたことを説く方達が多数居られます。それがスピリチュアルでは主流と言えます。

          お釈迦様の本当の悟りは【悪魔は実体を持たない表れであり、人は良心と呼ばれる神が内在する。】だったのですが、仏教からもその悟りがすっかり忘れられていました。為にスピリチュアルでは【良心神】は理解出来ないものの一つと言えます。

          お釈迦様の教えから【人に内在する良心神】が消えて行ったように、スピリチュアルだ!。スピリチュアルだ!。そうした連呼者たる人達にいくら【人に内在する良心神】を説いても、それは虚しい教えになります。

           

          私は大本教神諭予告。【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】で、そこから【五六億七千万】の数字の導きによるお釈迦様の本当の悟りを知る【みろく(三六九)】の言霊の仕組を理解したのですが、私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【私はそなたが本当は誰なのか?。神々にも解らないようにしておく。無論、そなたも自分が何者かを知らない。為に、そなたにはこの神の力を何も与えない。ただ、そなたの教えに従った者達だけはこの神が助ける。】で、言葉の仕組の解読だけでやって来ました。しかし何の力も持たないということは、言葉遊びをしているだけの者と思われるでした。

           

          これから数年後には来ると予想される【最後の審判】とは、各自の【良心神の点数】において永遠のみろくの世でのその魂の地位が決定することです。それは私だけの論理ではありません。天人界を訪問した霊能力者達も天人達から聞いて言っていることです。これまでは【輪廻転生】の道において、霊界での高い地位を目指すことが出来たのですが、輪廻転生が終わる関係上、その時点の魂の点数で永遠の世に移行して霊界での魂の地位が確定するです。

          大本教神諭には、その時に上に行くもの(下の霊界から高い霊界に行く)。下に行くもの(高い霊界から下の霊界に行く)でごった返すので、その時は神も人民の面倒を見切れないがあります。世に出ておられる神霊達も、自分がどういう処遇になるか解らないので人民のことなどかまってもおられないなのです。自分の首が危ないなのです。それが上に下にの【峠】です。

          その大本教神諭には、【そんなことならば、どうしてもっと早くから教えないのかの苦情を聞きたくないので早くから知らせる】があります。為に、立替の宣伝ばかりが先行して実施の時が解らないで霊界の宣伝マンをして来た人達も大変な苦労を積んだなのです。

           

          しかし、スピリチュアル標榜者の間にはそうした話が何一つありません。皆が【愛】の連発です。愛のお題目化です。愛の教えばかりで進むと【偏蛇】に陥ることが知られています。愛には【公】と【私】があって、公の愛ならばいいのですが私の愛だと蛇霊化することが本当の霊能者には知られているわけです。だが、スピリチュアルを連呼する人達はそこに目が行っていないと言えます。

          大本教からは【良心神】の存在そのものは説かれませんでしたが、その代わりに【愛善】の教えが出されました。【愛善】とは自己や家族愛のことではなくて、世の為に人の為の善の行為を積む愛です。愛は【善とか義】に結びつかないと【良心】としての点数には結びつかないなのです。良心は【真】ともなりますが、愛だけでは必ずしも【真】にならないのです。

           

          良心神は魂の【心棒】なれども、愛は魂の心棒では無い

           

          優秀な霊能者や行者の方々は、今の霊世界は蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等の爬虫類とか動物霊で構成されていると言われます。それに龍神とか天狗類です。それらは動物の狐や狸や猫や爬虫類の蛇が神霊として君臨しているではありません。そうした爬虫類や動物霊の場合もありますが希と言えます。衣冠束帯の貴族姿とか十二単衣の姫姿や西洋で言う天使姿で現れる神霊を深く洞察すれば、その背後に蛇や狐や狸や猫の姿の霊が見えて来ることからです。神霊の姿が【身変える】を起こしているなのです。

          優秀な霊能者の方達が書いた著本など読むと、衣冠束帯の貴族姿とか十二単衣姿の姫や天使姿で現れて来る霊を深い洞察力で見れば、蛇や狐や狸や猫等の姿で見えて来ると書いておられるでしょう。それも一人や二人の方の論ではありません。単に自分には霊が見えるで思い上がって、他の方の見聞を学んでいないとそうしたことが解らないなのです。

          ある自称創造神は天照皇大神と称する狸霊に支配されておられましたし、私の2番目の師匠の御祭神で国常立尊と称していた霊は猫科の動物の姿でした。この【猫】とは、自分が創造神でもないのに創造神ですと【描】くと猫の姿になってしまうなのです。神霊の蛇や狐や狸や猫の姿は、日本の【言葉】でその意味が解るのです。

           

          蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等は、その霊の心根を語る

           

          大本教神諭に、【世に出ておられる神々が四つ足の姿であることを暴くぞ】があります。また、日本昔話には狼がくれた睫毛で見ると、人々があらゆる動物や鳥などの姿に見えるなのです。酷い場合だと、その人の姿がミミズや昆虫等で見えます。死後の世界でそうしたことになるです。そうした意味合いが【輪廻転生の転生】の意味と言えるのです。

           

          ある自称救世主と名乗っている方に、貴方が「救世主」だと告げた霊は蛇霊や邪神界に入った白狐霊達でした。だがその方は自分の前に現れる衣冠束帯の貴族姿や十二単衣の姫姿の霊達が、蛇霊や狐霊であることを見抜けずに、そうした霊の言葉に踊ってしまわれたなのです。

          スピリチュアル標榜者が自分の前には高貴な神霊が現れると言うと、優秀な霊能者や行者筋はその霊が蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破ってしまいます。例えば白狐霊にしても、その白狐を使役する霊能者と白狐に使役されている霊能者に分かれます。

          私が神霊世界の修行のお世話になった豊受姫は、今の霊世界の現状として、白狐霊と言えどもその半数は邪神界の手先と化していると言われました。白狐だから正神界の使いと思い込むと危ないなのです。

           

          日月(ひふみ)神示等には、現在の神霊界の【九十九%は邪神】だとありますが、いくら高貴な神名を名乗っている霊もその霊姿ではなく、深い洞察力で見られてしまうと蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破られてしまうなのです。私も修業時代はそこに出て来る衣冠束帯の神主姿の霊や巫女霊姿の存在が、そうした蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破ることが出来ませんでした。最近、ようやく解る様になって来た程度の霊能力と言えます。

          そうした時、そうした蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊は神社の祭神に仕えているところの【眷属】霊だの論があります。確かに、それらの霊の多くは神社の祭神の下にある【眷属】霊とは言えます。しかし、その神社に鎮座している神霊がその名乗り通りの高級霊かというと、ほとんど違うなのです。皆、自分勝手に神名を名乗っているなのです。為に、今の神霊界は一つの神の元に統制が取れていないとなります。

          そこに【創造神】は本当に存在しているのか?。の論議があります。自分が創造神だと自称している神霊は世にありますが、今の神界を統一出来る様な存在は見当たりません。だが、私は日本語ですが【言葉の仕組】を知って、こんなことは神社等に鎮座しておられる御神霊では無理なことであり、【創造神】は隠れているが存在するの結論に到ったなのです。

           

          これはどういうことかと考えて行くと、ある事象が見えて来ます 

           

          それは、人の顔をしていてもその魂は【毛物】と言われる【自己の魂を汚した状態】が、その霊を蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等の獣霊の姿に【身変える】させているなのです。そうした証拠として、そうした霊が【悔い改めて】行くと、そうした姿から元の天人の姿に戻って天界に帰って行くです。つまり、元は天人界の資格があるような霊が、

           

          その魂を汚して毛物を発生させたことで、人間外の姿

           

          私自身が神霊界修行の過程で学んだことは、スピリチュアルの魂磨きは辛いから止めましょうと言っていると、その魂は魂の汚れの部分から【毛物】が発生して、その魂の【心根】が蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊の姿に変化してしまうなのです。

          そこに優秀な霊能者や行者筋からは、この世は蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊ばかりだとの声が上がるのです。その根本原因は、

           

          自己の魂磨きを忘れた結果の【身変えるの転生】

           

          それで私は人は人の姿の時にしか神に近づかないと行けないと言って来ました。大本教は、【人には神とも成れる魂が授けてあるにも関わらず。】と告げましたが、高級神名を名乗っている霊の中には、人は神には成れないと神示している霊もいます。私から言うと間違ったことを言うなです。大本教が告げた【人は神の子・神の宮】をまるで理解していないなのです。そうした神名を名乗る霊の正体は優秀な霊能者であれば、その正体を見破ってしまいます。霊の名乗りの神名に踊らされないです。

          人は神にも天人にも成れるということは、数々の事例から解っています。例えば伏見稲荷山で一大勢力を誇っている○○大神は、この世で人であった時には【法華行者】であったことが知られています。また、稲荷神などは生前は人として何をされていたかがあります。私の最初の師匠も死後には神名をいただいて、どこか神社の祭神として赴任しているなのです。

           

          人は神や天人に成れるのに、この世に未練だらけは愚者

           

          大本教からみろくの世は【水晶魂】が出されました。何故にその様な教えが出て来たのかと言いますと、今の私達が持っている魂とは【捻れたり】【腐ったり】します。行者筋で名が知られたある方は、その著本に【腐った魂】のことを書かれていますが、そんな腐ったり捻れた魂は粉砕されるなどは、本当に優秀な霊能者や行者筋でないと言わないでしょう。

           

          そこに【輪廻】には、常に他の生命体に【転生】が生じる

           

          スピリチュアル標榜者の神は愛だから何をしても赦されるなどの甘言を信じていると、【来世】は昆虫とかボウフラの様な生命体となります。必ずしも次の世には人間の様な姿では出られないなのです。

          これまで多くの方を通じて大宣伝されて来た【みろくの世】とは、永遠性の命を保つ為に腐らない捻れない魂でなければなりません。そこに【水晶魂】が世に説かれたなのです。これは大本教以前の宗教にはその存在が説かれていません。そこに、これまでは表舞台から【退いて】いた【艮の道】があります。大本教から初めて世に出されたなのです。また、創造神と呼ばれる神の復帰です。

           

          永遠のみろく世に渡る魂には【水晶魂】が授与される

           

          但し、水晶魂は【魂】の漢字で解る様に【鬼と云う】存在。つまり牛頭虎パンツの【牛虎(艮)金神・国常立尊】の名で語られる神から授与されるなのです。別名【閻魔(閻羅)大王】です。そこまで日本語であっても【言葉の仕組】が織られていることが解らない様では、みろくの世では使い者にならない神霊に自分が使われているということなのです。

           

          人の魂が【水晶魂】であれば魂に【捻れ】は発生しません。魂が【腐る】もありません。為にみろくの世は【永遠】とも言われるわけです。但し、水晶魂でも魂の表面に汚れが付くと【毛物】は発生します。しかし、それは今の魂では汚れから発生した【毛物】は魂の【身削ぎ(禊ぎ)】をしない限り、魂に付いた毛物(獣)を取り除くことが出来ませんでした。

          しかし、水晶魂であれば仮に魂に汚れが付いて【毛物】が発生したとしても、毛物の【拭き取り】で魂の汚れを除去出来るのです。そこには魂磨きの為の【苦難】は生じないとなるのです。

           

          みろく世はカルマの【苦難】は生じず、嬉し嬉しの世となる

           

          この【みろく世】に生きる為の【水晶魂】に関しては、基本的には最後の審判後に付与されると考えられていましたが、現実には既に【水晶魂】を貰っていると言われる方達もあります。

          だとすれば、大本教で大宣伝された【明治五十五年に世の大立替説】とは、その時から一部の方達には水晶魂の付与が始まっていたのかも知れません。だが、そうした【水晶魂】を既に頂いた方達があるということは、通常の人達には見えないものですがそうした魂が有ると思った方がいいともなります。

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          新型肺炎は地獄の釜の蓋開けで神のお試しか?。末の世から【松の世】に向かう【にがよもぎ?】

          0

            私は霊能者でも予言者でもなく、言葉による【神仕組】の解説をさせて貰っています。ただ、その言葉の【神仕組】の解読の為に降りて来る霊的【映像】や【霊示】があります。

             

            そうした【霊示】や【映像】に絶対性はありませんが

            されど、それを全面否定も難しいのです。一定の条件が整えばそれらが起きる可能性があるのです。そうした証拠として、大本教の出口王仁三郎聖師が発せられた予言の多くは的中して来ました。それらの多くは世界大戦や新兵器の登場。世界的な出来事の的中です。関東大震災もありました。それらの予言は個人の幸せを占うスピリチュアル的なレベルではありませんでした。

             

            いったい誰が自分にそうした霊示や映像を見せて来るのか?。そこには常に【真偽】の問題が発生します。通常は自分を守護しているところの霊がそうしたものを吟味して、危ないと思う映像などは遮断してくれています。しかし、自分の守護霊が判断を間違えると、私も霊界からのニセ情報を掴まされるなのです。その背後には霊的世界の戦争があります。

            ただ、言葉の仕組とは日本の神社等に鎮座されている御神霊の段階では組み立てることなどは出来る代物でないことぐらいは、少々頭があれば解ることです。自分には何百万もの黒龍神が従っていると豪語される方もありますが、黒龍神が何百万何千万何億霊と従っていても言葉の仕組は出来ることではありません。そこには想像を絶する神が存在していないと無理なのです。英語やヘブライ語と違って、日本語は漢字を使って言霊と数霊で縦に横にと言葉を多岐に展開させる仕組が織ってあるからです。

            大本教の出口王仁三郎聖師が言われた【神の九十九織り。出来上がった織り物を見ないと解らない。】なのです。

             

            単に霊が見える程度だけでは、その霊が送って来る霊界情報が正しいのかどうかが解りません。そこにその人の【守護神】の格式が問われているのです。スピリチュアルでいくら霊が見えても、その方を守護する霊の段階が副守護神格の低い霊ともなれば、低級霊界だけとの交信となり。ニセ情報を掴まされるなのです。

            自分には霊が見える。その霊は自分が高い神霊の様に思わせる。その霊の言葉を頭から信じる。そこにその人が自分は神から選ばれた特別に偉い者だとか霊界では身分が高い者だとかの奢りや高ぶりがあれば、簡単に邪霊にやられてしまうなのです。もしも自分を高い守護霊が守っていると、自分が偉ぶったりするとそれを叱るはずなのです。

             

            私が子供の頃に臨んで来た旧約聖書の神と称する声は、【神が人間に直接情報を伝えると、その情報は霊界に漏れてしまう。霊界にはそうした霊界情報を見張っている霊達がいる。彼らは自分が高い霊と見せる為に、それらの情報を利用する。為に本当の事と嘘の事を織り交ぜて降ろす。どれが本当の情報なのかを解らせないようにする為である。そうしないと邪神達が一早く霊界情報を得て利用する。為に時には「暗号」化して降ろす。その「暗号」を読み解く力が必要である。】と告げられたしだいです。

            また、私が玉置山に参拝した時、私の守護神の一角でもある【豊川稲荷神】が出て来られて、【神の世界が見せる物には真実と嘘がある。どれが真実で、どれが嘘か。それを見抜くのが自分の力量である。神が出した嘘を頭から信じても神の責任ではない。】とも告げられていましたので、神霊の言葉に欺された者が悪いで、私は霊的世界から降りて来る物は全て【真実】との立場はとっていません。真実を見つける作業をするだけです。

            私の最初の師匠は豊受姫のお代で、その脇神に豊川稲荷神が就いておられました。この豊受・豊川の並びは私の指導神でもあったのです。それは偶然でなく、その師匠の元に導かれるように行ったのも神仕組と言えます。その最初の師匠は、【豊川神が言われる言葉の内容は「起承転結」で、最初に出された言葉を信じて行くと嘘になるけれども、最後(結び)には辻褄が合う。だが、その間の振り回しがきつい。】と言っておりました。神様の言葉とて頭から信じるなです。

             

            神霊の振り回しを体験しないスピリチュアルではダメ

             

            私は神霊界で神々の【嘘】を体験して来ましたが、それ自体は大本教神諭にウシトラ金神の言葉として、【この神が神々を誑かして使っている。】とあるように、大元から発せられる【嘘】があるので、神霊が出す言葉に絶対はないのです。実際にどんなに優秀な霊能者に降りるお告げも100%当たるはありません。必ず外れを出します。

             

            私はそうしたことから

            嘘の皮を叩いて、誠の骨にせよの諺に従った

             

            私の言葉による神仕組の解読は常人には無理だと言われていますが、霊が出す言葉の嘘を【叩いて】来たのです。決して頭から霊の言葉を信じない。嘘ではないかと吟味しているのです。

             

            私は【西暦2020年】当初に、人類は大峠(上下に分かれるだけでなく左右の分かれ)に入ったと霊示を受けたのですが、そうした中で【地獄の釜の蓋開け(パンドラの箱開け)】が出て来ました。それは【大地に眠っていた】災いの種や菌の発動でもあり、人類にとって決してよくない事象と言えます。西洋の聖書風に言えば、【天使が終わりの時のラッパを吹いた】なのです。

             

            今、中国の【武漢】から発生した新型コロナが猛威を振るっています。私はそれが【武漢】から起きたと知った時、これはただ事では無いと感じました。

             

            武漢=艱難辛苦の武力の始め

             

            武の漢字は戈と足で歩兵の戦いの意味ですが、同様の戈を使う漢字に【弐(貳)】があります。これは【二つに分ける】なのです。それは単なる武力の行使ではなく、神が【二つに分ける為】なのです。信に背くことを【貳心】と言います。二心と書くと意味が解らなくなるのです。

             

            そうした中で、私に発信者が誰か解らない霊示が降りて来ました。霊示の発信者が解らないので頭から信じるではありませんが、それは【武漢で始まった新型コロナウィルスはヨハネの黙示録の「にがよもぎ」に通じる。】です。

            ヨハネの黙示録にある【にがよもぎ】とは、松明の様に燃えさかる星のことで彗星(箒の掃除星)の星とされます。この地球に彗星たる流れ星が墜ちて、その彗星が運んだ【菌】が万物の源にもなったとする説もあります。確かに人間の体内には多くの菌の作用によって菌に生かされているのは事実と言えます。しかし、そうした彗星と呼ばれる星に「にがよもぎ」と呼ばれているような彗星が墜ちた報告は未だありません。この「にがよもぎ」は何を予告したのものか?。私に出来ることは言葉の解釈だけです。

             

            にがよもぎ(苦艾)の【艾】?

             

            【艾】には草の【刈り取り】の意味があります。乂に刀で【刈】なのです。この草は何の草かと言いますと日本神道で人民のことを【青人草】と言いますが、実った【米や麦】以外の草です。私は神の言葉の仕組として【米】一字の型で教えを説いて来ましたが、旧約聖書などは【麦】として実った者を刈り取る教えです。そうした米や麦として実った者達を刈り入れて、永遠の【神の御国(みろくの世)】に連れて行くのが創造神の秘密の計画と言えます。これは大本教神諭に【神も人民も知ったことではない。】とある様にウシトラ金神国常立尊の遠大なる計画なのです。世に出ておられる神々も知らぬ計画と言えます。

            私が子供の頃に旧約聖書の神と称する声が臨んでいましたが、その声は【この神の舞台の計画の筋書きは、世に出ておられる神々や人民が知ることではない。この神だけが筋書きを知っている。】と、大本教神諭と同様のことを告げられました。その【艾】の別字は【蓬】で、逢うなのです。

             

            にがよもぎとは、【苦に逢(蓬)】時です 

             

            その少し前、私に【七のゾロ目の時、男と女の神の間に橋が架かり出会う】 という不思議な霊示がありました。

            それは7月7日の七夕の意味で、琴座のベガ(織姫)と鷲座のアルタイル(牽牛星・彦星)が【天ノ川】に橋を架けるという意味のものです。七夕は【星祭り】としても知られています。

            日本の丹後地方における豊受姫伝説では、その織姫は【豊受姫】ともして来ました。天津羽衣も取られて天に帰れなくなったので丹後地方で絹織物や酒造りの手ほどきした。その後、泣き泣き鎮座したのが丹後の宮津の元伊勢の籠神社の伝説です。その相手の牽牛とは宇志採羅(牛虎)の【牛(宇志)を牽引】する者です。

            この意味は何だろうかと考えますと、今の世は【七の世】と呼ばれます。聖書では神は【七日】でこの世を創られた。日本神道では【神代七代】と言うように、今の世は七度目の世なのです。

            大本教神諭には【艮金神はダルマ大師】として現れたがありますが、これはダルマ(真理)の【七転び八起】で、次に来るのが永遠(∞)の【八の世】なのです。この八の世を【末広がり】とも言います。大本教神諭に予告された今の世の【末(まつ)】から【松の世】に入るなのです。

             

            再度、武漢の【漢】の字を見ますと、漢には【天ノ川・銀河】の意味がありました。この【漢】の字の右側は漢字の部首としては成り立っていませんので、意味が解らないがあります。漢字書では【日照りの時の雨乞い】の意味とされています。そこから【嘆き】や【難】で解る様に【苦しみ】の時を意味します。

             

            このコロナ騒動で、かなり人間の一人一人の本性が露わになってきました。自分が罹患者と疑われた時、隔離されたら人権侵害だと食って掛かって文句ばかりを言う自己中心主義者の為に、自殺に追い込まれた世話係の役人もいます。陽性反応が出たのに家で待機を言われても、菌をばら撒いてやると飲食店に入った者。コロナ菌とは何の関係も無いのに、トイレットペーパーが無くなるとSNS上でデマをばら撒いて拡散させた者達。そのデマに踊らされて見事に店頭からトイレットペーパーが消えてしまいました。マスクは通常の紙製品ではないことから、トイレットペーパーには関係しません。少々頭があればデマだと解ることです。

            だが、そうしたデマに踊らされる人が大多数であれば、いくらデマですと言ってもその流れを変えることは出来なくなるなのです。デマは【出魔】であり、一歩踏みとどまって考えれば解ることでも仏教で説かれる三毒の【貪・瞋・癡】に犯されているからです。

             

            神から見た時、新しい世に行く人とそうでない人の顕れ

             

            その後、別の霊示が降りて来ました。これも発信者は不明ですので別に信じる必要も無いでしょうが。 その内容は、武漢から起きた新型コロナウィルスは、【高松の者はその病には罹らない】というものでした。これは前段に書いた【末(まつ)】の世から【松の世】に入るの松のことで、その【松】が高い者はコロナウイルス菌などには【罹患】しないという意味の霊示です。すると、武漢で発生した新型コロナウィルスは神が起こされたものかとなります。

            ヨハネの黙示録とは、私は【新しい地球を見た】の内容と、ニガヨモギの苦難が人類に襲いかかる【天使のラッパ吹き鳴らされた時】がそれなりの意味を持ちます。一方、このニガヨモギとはアマゾーン女人族が崇拝していた【アルテミス(月の女神・大母神)】に捧げられた媚薬とも言われています。

             

            武漢から起きた【新型コロナウィルス菌】に関しては、いろんな説が起きています。当然、なんでもかんでも【謀略説】を流したい方は謀略説です。誰もそれが【神の試し】等とは考えていません。ヨハネの黙示録には終わりの時には、人類に艱難辛苦の時が来るとありますが、そんなことは誰も信じないからです。

            私は豊受姫から【人類は一人もこの地球には残らない。全員が霊界に渡る。】と、【立替の大嵐】を告げられていますので、その言葉を信じる信じないではなく、霊界の存在を鑑みて魂の存在が解り、そうしたことが何時起きてもよいように常に旅立ちの【心の準備】はして来ました。その後に【嬉し。嬉しの永遠のみろくの世】が来ると言葉の仕組から推察が出来たからです。

             

            今回の武漢から発生した新型コロナウイルスにはこれまで発生したウイルス菌には無い特徴があります。通常のウイルス菌は一度罹患すると人の体内には【抗体】が造られて2度目の罹患がないのですが、今回のコロナウイルス菌に関しては一度罹患しても、またもや罹患するが起きています。人の肉体に【抗体】が造られていないなのです。

            そのコロナウイルス菌に罹患しないと出た【高い松の者】とは何を指すかです。

             

            高い【松】の者とは、高い【公】の心を持つ者

             

            自己保身とか自己本位、自己中心的な生き方をした者でなく、私心を捨てて【公】を大切に生きて来た人達のことです。私が説いている【良心神】とは、そうした【松の公の心】のことであり、そうした【公の心】の人達は私が別に【良心神】を説かなくても、自己の【良心】に従って常に行動されています。魂の点数そのものが高いと言えます。

             

            今回のコロナウイルス騒動で、【人の本性】が露わに出る 

             

            ドラッグストアの店員さんSNSの投稿にあるように、自分がマスクを手に入れたいと普段は善人だと思っていた人が鬼となっている。人は命の瀬戸際と思う時になると、その本性を露呈して来ます。ほとんどの人は誰も魂の修業の為にこの世に出ているとは認識していません。本籍地は霊界。魂の修業期間の現住所はこの世だと認識が出来ていないからです。

            私はこれまで人の世は終わり。人類は新しい永遠の【みろくの世】に向かいますよと説いて来ました。為に、創造神が用意された【新地球】と、それに関わる仕組を説いて来たのです。だが、その前に訪れる艱難辛苦の時は、各自の魂の本性を知る為に神からの【試し】の期間として、かなりの年月を要します。明日や明後日に神の最後の審判が起きるではありません。今は神から自分が【試される】期間と認識する必要があります。

             

            大本教神諭予告の【松】とは、高い【公】心の者

            自己の私欲から離れている者達です。

             

            大本教神諭予告、末(まつ)から【松の世】に入る

             

            この【松】には【高松】と【中松】と【平松】があります。その【松】の中でも【高松】の者達だけは新型コロナウイルには罹患しないという意味のようです。しかし、今の世の人達の中で【高い松】の人がどれだけ居るのかとなります、僅かでしょう。その意味では特段の神示とは言えません。

            これもどなたか解りかねますが、私に降りた霊示に、【今の世に誠の者は万人に一人と心得よ。】がありましたが、その【誠の者】が【高い松】の方達なのでしょう。

             

            みろく世は私欲心を捨てた公人ばかりの【松の世】となる 

             

            この世の末(まつ)から、【にがよもぎ(苦艾)】なのです

             

            で、その【にがよもぎ】で示される漢字を見ると主に二つあるわけです。 苦艾の【艾】は、植物のヨモギ以外に【刈る・刈り入れ】【鎌・草を刈る道具】【治める】があります。スピリチュアルでは無い日本神道系の霊能者であれば、この神の【鎌】が私達が普段草刈りに使っている鎌では無い形の鎌形であることは知っておられます。草刈り機の円盤形の鋸の様な鎌形です。なぎ倒して行くです。

             

            いよいよ実った青人草達の刈り入れ時に差し掛かった 

             

            苦蓬の【蓬】の【逢】であれば、それは【天の神】の天下りの時期なのです。

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            霊学癸機/佑郎押ξ遏β里了旭粍貘里如⇒体離脱を体験すれば誰でも死後の世界は認識出来る

            0

              よく、どこどこで【幽霊】が出るという話があります。実際に【幽霊】を見たという方達はそれなりにあるでしょう。しかし、科学者達は絶対に【幽霊】と呼ばれる存在を認めないでしょう。それは自分は見たことがないからです。

              人は自分が見たことでないと信じられない性質を持ちます。そこに創造神の遠大な仕掛けが存在して来ます。やがて人類はとんでもないことを自分自身の目で見ることになります。もし、そうした頑迷な科学者達も自分が【幽霊】を視認したら、それまでの自分の死後の世界(霊界)などは無いという概念などは、どこかに吹っ飛びます。

               

              神社に鎮座する神霊と幽霊とでは、何が違う

               

              どちらも霊界人であって、霊界人としての差異は無いのです。ただ、霊界において所属する段階の身分が違うのです。神社等に参拝するとその神社に仕えているところの霊の案内を受けて、その神社の御祭神に拝謁するなどがあります。それは幽霊は見えたとしても、神社に鎮座する様な段階の霊は必ずしも見えないなのです。

               

              霊が見えるには、自己の魂の段階に応じて違うがあるのです

              ある方は地獄霊ばかりを見ているがあります。自分が見ている人に憑いている下級霊の存在はよく見える。それもある意味貴重なわけです。霊能者と言えども、天国から地獄まで全てカバーするのは不能に近いからです。そうした方からもたらされる霊の情報も大切なのです。

              スピリチュアルでも霊能者でも【神は光だ!】とします。それは【魂は霊光】の存在なので、言っている内容に間違いはないのですが、魂が放つ霊光は見える人によって範囲が違うのです。

               

              非常に高い魂の霊光は、低い階級の魂には見えない

               

               

               

              魂を汚すと、その魂は【光では輝けない】

               

              そうした魂の光ではなく、魂が火を出して「燃える」ことで光に見えるがあります。最近は見かけなくなりましたが、そうした存在として【火の玉】と呼ばれる存在があります。この世に怨念を残した魂などは【鬼火】として燃えて火の光を放っています。それと同様に黒龍神等も【火】として燃えているがあります。その【火】を「光」として見誤るがあるのです。

               

              下の写真は火を放っている玉です。

               

               

              そこに、私は【光】は【火借り】でもあるので、【光】の存在だけでは惑わされると言っているのです。私は豊受姫のお代であった最初の師匠の元で修業していた頃、不動明王が火炎を上げて出て来られる。それを報告したところ、貴方は不動明王如きを見ていてどないするときつく叱られたものです。豊受姫のお代となる前は不動明王のお代をしていたその最初の師匠から、そんな言葉を聞くとは意外だったと言えます。

              不動明王と呼ばれている存在が火炎を上げて出て来られると、それを見ている者は体中から汗が吹き流れて来ますが、それは【光】ではありません。【火炎】の熱からです。

               

              確かに、【天の岩戸】と呼ばれる【光】の存在を垣間見た時、最初の師匠からきつく叱られた意味がよく解りました。【火】の火借りでは無く、まったく違う【光の世界】だったからです。スピリチュアルで神は光だ!。とやっている段階だと、【天の岩戸の中】とされる光の存在の元では自分の魂がその光に焼け焦げるなのです。

              私は天の岩戸が開いたならば、助かる道は何だろうと模索した結果、お釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】に辿り着いたのです。良心神でないと【天の岩戸開け】の光には耐えきれないなのです。

               

              この世では誰かが死亡されると、故人は天国に行かれました等と誰もが言います。しかし、実際は違うのです。今の世に天国界に渡る人は珍しいと言えます。アフガニスタンで犠牲になられた【中村哲医師】などは、誰が考えても天国界に行かれる方と解りますが、それは誰でも死ねば【天国】ではないのです。

               

              そこには、貴方はこの世で何をしましたか?

              が問われているからです。

               

              仏教には人は死ねば皆【仏】様だから、その人が生前にした行為を批判するながありますが、この世で悪しき行為をしていた人が、死後は本当に仏様となって極楽に往生しているかとなりますと、地獄界に墜ちていることに「蓋」をしてしまった教えと言えます。

              仏教ではそうした時、僧侶の御経で救うが言われますが、御経でも祝詞でも【言霊】の発生であり、その言霊そのものに威力がなければそうした救いは出来ません。私は【言霊】を説いて来ましたが、僧侶は御経を称え、神主は祝詞を宣りますが、上辺の御経や祝詞では言霊が【光】を放っていないので、地獄に墜ちた霊に対して光を与えるまでには至っていないなのです。

              また、言霊で構成される御経や祝詞は悪神でも邪神でも宣れます。では、悪神や邪神が御経や祝詞を宣ったからと言って、地獄に墜ちた者を救えるではないのです。

              確かにその人が生前に犯した悪しき行いはその人を批判したからと言って戻せるものではありません。しかしその行いは反面教師として検証されるべきものです。そこに人は【社会を学べ。歴史を学べ】があります。社会の歴史における数々の過ちの行為です。歴史教育をしない国は、その国に住む人達の魂をもダメにします。

               

              人は過去の過ちから、学ぶ面が多いからです

               

              人の死後の世界。霊界を認識するには神仏の存在や霊を見る【霊能力】が備わっていれば、ある程度の認識は出来ます。しかし、それだけでは【鬼に金棒】とは行きません。

               

              死後の世界を知るには何が一番かと言います、

              自分自身が【幽体離脱】を起こす

               

              自分自身が幽体離脱をして霊的世界に入った時、肉体を脱いだ自分が生きていることははっきり解ります。そして、この世の物質界を通り抜けることによって、この世と霊界では違う物質で構成されているとも認識は出来ます。

              スピリチュアル等で自分が【幽体離脱】をした時、トンネルに吸い込まれる様な【風圧】の中を通ったなどの証言がありますが、別にトンネルの中を抜けたのではないのです。そんな感じに受け取る霊的現象です。肉体から自分の幽体が抜ける時に起きる【霊的風圧】のことです。

              その風圧の中から自己の【幽体】が抜けた状態が、俗に言われる【幽霊】と同じなのです。

               

              幽霊とは呼ばれる幽体は、

              死後の世界で生きて行く為の【魂の服】です

               

              何故にそうした幽体が迷って幽霊と呼ばれた状態で出て来るのかと言いますと、一つには神罰の関係で【地縛霊】と化している為です。特に自殺などをすると神罰の対象になるからです。また恨みや怨念による地縛化です。この世の辛さに負けて自殺などしても死ねば終わるではないのです。

               

              通常の幽霊は死後の世界の存在の認識が薄弱の為に、自分は生きている。だが、自分に見えているこの世の人にいくら声を掛けても誰も自分を振り向いてくれない。で、これはどういうことかと迷ってしまうなのです。貴方はこの世の人ではありません。死んだのですよ。そうした声掛けがあれば、納得して本来の霊界に渡るなどで、そうした類いの幽霊は存在しなくなります。

              ただ、そうした霊が怨霊化したような場合、霊能者でもうかつに近づけないなのです。自分の霊力を過信して、そうした怨霊に対峙して命を取られた霊能者などいくらでもいるからです。

              では、そうした幽霊は【魂】なのかと言いますと、魂でなく霊魂なのです。通常【霊魂】と言われる様に霊体と魂は一緒に行動するのですが、魂だけは【単独】の行動も可能なのです。それは幾つも報告されているかと思いますが、自分の肉体から自分の幽体が抜けて行く時、それを上空から見ている【意識】の存在があります。その意識たる存在を【魂】と呼んでいるのです。玉形の【玉思惟(魂)】です。

               

               

               

              霊的世界に関わっていますと、【千里眼】の持ち主がおられます

              自分の身体たる身はそこに置いて、自分の霊魂を飛ばして他の場所を見る能力です。

               

              その場合、離れた場所に居る人にもその霊魂がそこを見に来たが解ります。念とは別物です。この魂を飛ばす能力があれば、日本各地だけでなく宇宙にも飛び。その魂の霊界での地位が高ければ神界にも行けます。

               

              以前に説明した図ですが、人は肉体と霊体(幽体)と魂(意識)の【三位一体】で成り立っています。私はキリスト教の「父と子と聖霊」などの教義を読んだ時、そんな教義では【魂】の説明が出来ない。そうした驚きを禁じ得ませんでした。

              逆に大本教から【艮(牛虎)】金神が世に出されて、出口王仁三郎聖師の【喜三郎】を【鬼三郎】にせよとの神示。【節分の炒り豆にも花が咲く】等で、牛頭虎パンツの【鬼が云う】から、【魂】論に向かうことが出来たと言えます。

               

               

               

               

              西洋の神智学においても、低い次元霊界ではこの世の肉体と同じ姿の霊体をまとっているが高次元界に進むのは魂だけと紹介されていますが、高次元界に進むと光だけの存在で人の様な姿はないとありますが、それも正しい説とは言えません。

              私の過去ブログに【神は光だ!で天狗さん。神は光でも姿が見える。】の記事がありますが、自分ほど高い霊能力者は居ないと豪語される方が、神は光であって姿などは無いと言われることを私が否定したところ、その方はおまえは生意気だから殺してやると、その生き霊が霊剣を持って私を殺しに来ましたが、6次元世界の魂の方にはそうした暴力的な方が多いのです。

              高次元霊世界。神界ピラミッドの高山の七合目で云うところの七次元以上の霊世界に入って行きますと、そこに光輝く自分という存在が出て来ます。その存在は自分であり、自分の【内在神】なのです。肉体の自分の姿とはまったく別の姿の自分なのです。光輝いています。しかし、それが自分であることは解ります。自分自身が衣冠束帯とか姫姿になっているわけです。そうした姿を見た方は、それはこの世の人ではないことは簡単に解ります。

              その自分の内在神本体が神社の祭神として世に出ているなどもありますが、それらは外在神と比較しても時には【大社級の神霊】ともなるのです。そうした方の場合は、その魂の【本守護神】が誰であるかが解って来るなのです。

              スピリチュアル等では、新日本神道系とは違い大本教から出された【本守護神】【正守護神】の言及が一言もありませんが、単に【副守護神】格に踊らされているとなるのです。

               

              行者の世界で神の世界の位の高さの比較として【天使の記章】説がありますが、その【天使の記章】とは宇宙全体における自己の魂の地位の証明で、伊勢神宮に鎮座される御神霊や出雲の大国主命様以上の【天使の記章】を保持している魂もこの世には存在はしているなのです。それはこの世が【魂の修学場】だからです。

              一部に天帝交代説があります。今の天帝は人類を浄化する為にそのエネルギーを全て使われる。為に、次期天帝の候補者数名が人間界に降りて修業されているという説です。その候補者達の中から一名が次期天帝に昇格するという説ですが、その候補者達が誰であるかは神界も解らないという説です。

              巷には自分が創造神ですと名乗って居る方も多々あるようで、そうした説からでしょう。そうした説の真偽はともかくとして、大本教の出口王仁三郎聖師がこの世は【天人の苗床】と説かれたように、

               

              人はこの世の生き方次第で、神や天人にもなれる

               

              ですから、人は魂・霊・体の【三位一体】で成り立っていることぐらいは自らは体験出来なかったとしても、【知識】としては得ていた方がいいのです。

               

              永遠のみろくの世とは、高次元なので霊と魂とで渡る

               

              この世に未練や執着すれば、みろく世には渡れない

               

               

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              霊学癸粥_甬遏Ω什漾μね茲了粟い謀呂觝欧函∈の世だけの【念】の違い

              0

                お釈迦様が開かれた仏教には自己の【魂を磨く】為の教えはありました。特に知られるのが【貪・瞋・癡(とん・じん・ち)】の三毒です。それが【悪の根源】とされ、それらを克服すれば論理的には【仏陀】への道が開けるとなるのです。三毒を持たなければ【魂に汚れ】は起きて来ません。しかし、いくら御経を読んでいてもその【貪・瞋・癡】の意味を何も理解せずに読んでいるがあります。

                ただ、仏教は宇宙を創造した神の概念は薄く、如来と呼ばれる存在の教えだけでは宇宙創造神が見えて来ないがあります。仏教では宇宙創造神を如何なる如来に当てはめたらいいのか見当がつかないなのです。阿弥陀如来?。大日如来?。阿弥陀如来や釈尊の父とされる【大通智勝仏?】かとなります。

                 

                実際問題として、お寺に鎮座する【如来像】や【菩薩像】には霊が宿っていますが、そうした霊を見ても宇宙創造に関わった様な霊など、どこにも見当たらないとなります。私自身、そうした仏像に宿っている霊との修羅場が幾度かありました。それは神社に鎮座されている霊にしても同じ様な存在にしか過ぎません。そこに霊界次元の高さが説かれるわけです。

                無論、お釈迦様はこの宇宙を創造された存在その方ではないでしょうが、通常の霊能者が言う次元界でなく、【識界レベル】で魂の高さを見るがあります。識界レベルの見方では創造神を第十段の識界レベルとすると、お釈迦様は第七の識界。イエスは第五の識界。弘法大師やマホメットは第四の識界の魂と言われる方達もあります。仮にお釈迦様は識界レベルで第七の段階の方であったとしても、今日迄の人類の世においては傑出された存在と言えます。

                 

                そこにお釈迦様は高次元界の魂であり、人類に教えをする為に降りられたです。確かに、お釈迦様とイエスの教えの違いを知るならば、イエスは本当に悟っていたのか疑問符を打つところがあります。それはキリスト教には過去・現在・未来の【三世の教え】がどこにも存在していないからです。

                そのお釈迦様を超える存在として、お釈迦様の死後に現れる【みろく菩薩】の存在が予告されて来たわけです。 仏教で弥勒菩薩をお釈迦様の弟子とするのは後世の大乗仏教の作り物と言えます。誰しもお釈迦様の十大弟子の中に弥勒菩薩の名がどこにも無い事に違和感があったはずです。

                 

                ただそれは、人類の終わり前に現れて仏教徒でも忘れ去っていたお釈迦様の本当の悟りを世に告げて、人類を【未来の世】に渡すことから【未来仏】ともされていたなのです。但し、お釈迦様の死後【56億7千万年後】はさすがにどうかとなります。 巷には自分が【みろく】ですと名乗っている方達は多々ありますが、そうした名乗りだけでお釈迦様の本当の悟りが何であったかが出ていません。

                愛だ!。慈悲だ!。その程度の内容ではどこにも【真理】に対する到達がないとなります。仏教で三毒として説かれた【貪・瞋・癡(とん・じん・ち)】の【癡(痴)】は、【真理を知らず、物事の理非の区別がつかないこと】を指すのです。愚痴の意味は何も考えずに文句や不満をたらたら言うことではなく、真理を目指さない愚か者の意味なのです。

                私は実に悟った偉そうなことを書いているように見えますが、子供の頃に旧約聖書の神と称する声から、【イエスの愛の教えを何一つ恐れずに、愛の教えを乗り越えて行け。】と告げられたことから、イエスの【愛】の教え以上の教えが世にある。それは何だ!。と走ったことと、世に出ている神々には【愛はあっても良心】が無い不思議に気づいたからです。

                 

                人の魂とは、過去・現在・未来の三世に渡る思い(心)

                 

                一方、【念】という言葉が知られています。人は【思い(念)】を持つことから行動します。もしも何の思い(意識)も持たないであれば、行動そのものが出来ないのです。

                 

                念は【今の心】であり、永遠性のもので無く消えて行く

                 

                しかし、この【念(今の心)】が種々の問題を起こさせるのです。よく、あの人から「念」を飛ばされた。そうした言葉を聞くと思います。

                 

                この世は人の【念(想念)】が飛び交っている

                 

                この【念】と呼ばれる霊的な塊を見る能力があれば、自分に【念】を飛ばした人の顔がはっきりと見えます。

                 

                霊界が階層世界である理由の一つには

                その世界に住む住人を守る為に、他からの悪しき想念を防ぐ

                 

                この世では自分以外の他の悪しき【想念】から自分を守る為に【肉体】があります。人の肉体は霊的には鈍感で、他所から来る悪しき想念の波動を防御しています。大本教の出口王仁三郎聖師は【霊主体従】と【体主霊従】を説かれて、【体主霊従】を悪だと決めて説かれましたが、必ずしも正しい説とは言えません。

                天国界ではいざ知らず、この世では悪しき波動を放っている人達が多数います。その悪波動は【霊主体従(霊媒質)】者を苦しめているのです。私は霊的世界に関わっていて、出口王仁三郎聖師の説明だけでは世に勘違いが起きることに気づきました。

                私の最初の師匠は子供時代から白狐と遊んでいた霊媒者で、大本教の少年少女隊に所属していましたが、出口王仁三郎聖師は凄い方ではあったけれども、私と同様に下の霊的世界がまるで見えていないと言っておりました。私はその師匠の御祭神である豊受姫のお世話もあって下の霊的世界を見て来ましたが、そこには大本教霊界物語では知ることが出来ない数々の事柄があったのです。

                 

                しかし、その【念】を飛ばした人の「足」までは見えません。そこが魂とは違うのです。幽霊に足があるとか足が無いの論争は、魂を持っている霊。想念として顔だけが見える霊の混同もあったのではないかと推察出来るわけです。

                霊には神霊とか死霊とか生き霊とかいろいろありますが、【念】は霊であっても魂の様に生まれ代わりが出来る霊ではありません。その時の【思い(意識)】だけなのです。人を恨む・嫉妬する。そうした【思い(意識)】を持つと、それ自体がエネルギー体として独立して行動を始めるなのです。

                そうした悪しき想念(意識)を飛ばした人の魂が悔い改めると、それ以後にはそうした想念(意識)はその魂からは出て来ませんが、過去に発した想念(意識)は【回収】が出来ないのです。そこに無数の【想念】がこの世に漂っているのです。

                遙かなる昔は世が汚れていませんでした。それは人の数が少なくなったからです。だが、今はこの地球上には77億人もの人が居るとされます。そうした人類の中で悪しき想念を発している人がどれほど居るかとなった時、膨大な数になります。この世は恐ろしいほどの悪しき想念が漂っているなのです。

                 

                その想念(意識)自体が世を恨み

                 

                人を恨み【祟ってやる】と行動する

                 

                人には基本論としては一体の魂が宿ります。希に複数の魂が一体の人に宿るがありますが、これは希です。だが、人は【霊(ひ)止(と)】と呼ばれる様に、無数の霊(想念や意識)が憑依しています。他人の【念】もそうした霊の一種であり。その人の肉体に【霊障】を起こさせる要因でもあるのです。一度出された悪しき想念は、その想念が【目的】を遂げる。【満足】しない限り簡単には消えません。その想い(思い)で懲り固まっているからです。

                 

                霊が見える人の中には、【一人一人が創造神だ!】と言いまくっている方がいますが、創造(想像)神とはこの宇宙を創ったエネルギー体で【意識体】なのですが、人の魂にはそんな宇宙を創造する様なエネルギー体などありません。ただ、創造神が【宇宙意識】体であるように、人も小さな【意識】体だということなだけなのです。人はそうした存在なので、小さな【創造力】を持つなのです。

                 

                創造神は宇宙意識から出たので、人にもその部分はある

                 

                その宇宙意識が玉形の思惟(魂)で【念】ではない

                 

                単に霊が見える程度の段階ではなく、霊能者と呼ばれる方ならばこの世に関わる神霊界は【蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊】だと言われます。それは爬虫類や動物霊のことではないのです。本当の霊能者の方ならば指摘されることに、人の魂は【恨んだり嫉妬したり呪っていると自分が蛇霊化】をするです。

                聖書に【龍神とは霊界で年老いた大蛇霊】とありますが、人の魂も蛇霊化すると龍神と呼ばれる段階までに行くにはこの世で三千間もの月日がかかるとされています。私自身も龍神や大蛇霊も人の姿として見て来ました。そうした龍神や大蛇霊も悔い改めると、人の姿に戻って霊界に帰れるなのです。しかし、誰も【悔い改めよう】とはしないなのです。

                 

                仏教における三毒の【貪】は【執着】とされますが、恨みや妬みや人を羨望するだけでなく、未練も執着となるのです。「貪」の漢字は【今の貝(財)】で、【何事にもこの世の物に執着してはならない】の意味なのです。

                スピリチュアルで【あるがまま】と説いている人が大多数ですが、現実には何一つ理解していない有様と言えます。【あるがまま】とは、何をしてもかまわないと言う意味ではないのです。あらゆる「執着」から離れた状態で得られる【心の安寧】の状態なのです。言葉で「あるがまま」と説いても理解など出来ません。

                為にスピリチュアル系の方の魂のほとんどは蛇霊の容器と化してしまうなのです。ですから神霊世界を見渡せば圧倒的に蛇霊だらけとなるのです。こうしたことは【癡(疑問を持たない病)】の状態から離れると、その【総合力】で考えれば簡単に解ることなのです。

                 

                三毒の【瞋】は、怒って目をむくことから「怒る・腹を立てる」の意味とされて、仏教では相手からどんなに酷い仕打ちを受けても腹を立ててはいけない。そうした教えとされます。イエスの教えに自分の頬を叩く者がいれば、その反対の頬を差し出せと同意義です。

                但し、この意味は非常に解りにくいのです。日本の新神道では【一霊四魂】を説きますが、その中の【荒魂】の働きとして【勇気】があります。勇気は正しい【荒魂】の働きなのですが、ところが正しくない「荒魂」。未熟だったり間違った「荒魂」はそうした仕打ちを受けると逆の怒りや暴力に走るのです。

                 

                そこにあるのは、【眞(真)を見る目】が無いなのです

                為に、すぐに「怒る」。腹を立てる。無論、世の中には何を注意しても解ろうとしない人。それこそスピリチュアルの「何をしてもいい。あるがまま。」で、自分は何を怒られているのかさっぱり解らないと平然としているなのです。スピリチュアルの「何をしてもいい。あるがまま」は、大本教神諭で一貫して批判された【自己本位。自己中心主義】にしか過ぎないのです。

                 

                創造神はそんな人達に対して、人は【怒るな。腹を立てるな】

                 

                それは最後の審判において、そうした人の魂には創造神が天罰を与えるからです。人は人を罰してはいけない。人には人を罰する権限は与えられていないのです。為に、その日までは肉体を持つ身は【辛くても、我慢をしなさい】とされて来たのです。

                 

                自分勝手の何をしてもいい。あるがまま等で【汚れた念】を世にばらまき続けるスピリチュアルの教えの大流行の反対に、世の【汚れた念】を掃除し続ける人はめっきり減りました。

                一部に、この世が終わるのは人々が【汚れた念(意識)】を出し続けたからという意見があります。その為には人類が【意識改革】をしないと間に合わないです。それは正しい意見とは言えますが、ここまで蛇霊神が世に蔓延った以上。そうした意識改革を説いたとしても既に遅いと言えます。手遅れです。

                 

                人の数が増えるにつれ、悪しき想念も増大し続けた

                 

                残された道は、

                個々の人が、自己の魂から【三毒】をどう消すかです

                 

                他人を妬んだり恨んだり憎んだり羨望する。この世に未練を持つ。怒ったり腹を立てていると【念】を飛ばし続けて、自分の魂が蛇霊化等をするだけであり、何の【悔い改め】も出来ないのです。

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                霊学癸魁 ̄宙の始めは無なれども、ひふみ(一二三)の論理によって成り立った

                0

                  仏教では、私達が住む宇宙の始めは【無】であったが、その【無】から【有】が生じたとします。

                   

                  されど、科学や物理学では【無から有は生じない】

                   

                  科学では宇宙の初発は小さじ一杯程度の物質が【ビッグバン】を起こして膨張して成り立ったとします。その論理でも、その小さじ一杯程度の物質はどこから湧いたのか?。があります。どうやっても科学の大原則では【無から有は生じない】なので、どうあがいても科学では神の説明は出来ないのです。

                   

                  日本語における【ひふみ】の並びは祝詞とされていますが

                  ひふみ(一二三)で宇宙の成り立ちの説明は出来る

                   

                  日本の記紀神話では、この宇宙は【混沌(物事の区別・成り行きがはっきりしないさま)】から生じたとします。西洋では【カオス(天地創造以前の状況で、混沌が転じて大混乱)】とします。どちらも似たようなものなのです。

                   

                  ここから私が書くことは、大本教の【霊界物語】に似た内容ではありますが、私自身が霊界から見せられた宇宙の成り立ちです。

                  それが本当に正しいのか?。私は霊的世界から単に欺されている者なのかは私自身もよく解りません。ただ、私が見せられた宇宙誕生の初発時の霊的映像からの説明です。

                  私は幼い子供の頃から、この宇宙の涯(果て)。その涯(果て)はどうなっているのか知りたいと思っていました。光的には約137億光年先。論理的には480億光年とする説などがありますが、宇宙が膨張している先端はどうなっているのか?、まったくイメージが掴めないがあります。宇宙の境界がよく解りません。もしもその先に空間があるならば、そこはどうなっているのかとなります。

                  いくら科学が発達しても、実際に神社等に鎮座されている御神霊の存在すら今の科学では証明が出来ません。そうした科学者達は自分の目に霊界の存在が見えないことから単に脳内妄想と片付けて、死後の世界などを言うとインチキとかオカルトとか馬鹿にされるだけなのです。さりとて、そうした神社に鎮座されている神霊にそうした宇宙のことを質問しても何も解らないなのです。答える神霊も居ないでしょう。神と呼ばれる自分達がどうして神霊と呼ばれているのか?。それすら理解出来ているとは思えません。

                  つまり、世に出ている神々にも宇宙のことはよく解らない。為か、神々には創造神の存在すら解らないが起きていると言えます。この地球は記紀神話に【根の国・底の国】とあるように、宇宙次元と呼ばれる世界では低次元界にあたります。為に、宇宙創造神の存在はよく解らないとなります。

                   

                  ・私が霊的に見せられた宇宙の初発には何も無かった(無)。

                  ・そこに微細な霊的存在が湧いて来た。混沌の始まりです。 

                  ・その微細な存在は膨大になり、そこに【力】による回転運動が生じた。

                  ・やがてその中心部が大きく孕んで、その真ん中に【目(宇宙の膣)】が開いた。

                    この状態は【台風】の水蒸気の集約で台風の中心に目が出来るのと似通っていました。

                    最近語られるブラックホールとかホワイトホールのことかも知れません。

                  ・その膣から、宇宙の卵たるカプセル状の物(霊界物語では円筒形)が生まれ出た。

                    このカプセル状(円筒形)から宇宙の星々がバラ播かれて誕生をした。ビックバンです。

                   

                  ・その後、大宇宙の【意識】が万物の【想像】に入った。

                    だが、それらは想像の【絵】であり、命を宿していなかった。単なる【絵】です。

                  ・宇宙の大意識体は、それらの絵に神の【息】を吹いたことによって【想像】から【創造】にと入った。

                   

                  ここに【想像神(意識体)】=【創造神】

                  その大宇宙意識体たる神の【息】を、創造神の【自らの心】と呼ぶ

                   

                  この世には善悪と呼ばれる事柄があります。そうした悪も全て創造神が源になっているので、悪だと攻撃するべきではないと言う意見があります。確かに悪も源は創造神だと言えばそうなります。しかし、創造神は意図して【悪】を生み出したのではないのです。

                  命(いのち)とは【息(い)の霊(ち)】の言葉の意味とされますが、その息は【誰の心】かとなります。前にも書いていますが、【悪の亞】は主(創造神)を亡き者(墓に葬った)の意で、創造神の存在を忘れた人達の心のことなのです。

                   

                  その宇宙意識体(想像)神の【息吹】で万物が【命】を宿したことから、この【命】を【御言(みこと)】と言う。

                   

                  日本では【命】の漢字を「ミコト」と呼ぶのはそこにあります。

                   

                  聖書においては、【始めに言葉は神と共に在った】としますが、それは想像神が何々あれと言葉を発したから万物の命が出来たではないのです。私は【言霊】が何であるかと解った時、私がそれまで持っていた【神観】は全て吹っ飛んだと述べているのもそこにあります。

                   

                  ある方から私にメールで質問がありました。日月神示に「この神(艮金神)が人民に成り代わって天の神様に日々お詫び申し上げている。」とありますが、これは【天之御中主】様に対してですかとありました。大本教霊界物語を読んでいると、それは【天之御中主】様だと解釈してしまいます。それは【天之御中主】様に対してではなく、【言霊神】と呼ばれる存在に対してなのです。この宇宙を創った力の源が【言霊神】だからです。それらは神社に鎮まっている神々ではないのです。

                  大本教からは【スの神】が出されましたが、それは言霊神の中の一部の存在なのです。為に私は出口王仁三郎聖師が出された【スの神】ではなく、【ラの神】で説明して来ているなのです。その【ラの神】の働きは、天においては【天之御中主】様の働きでもあり、伊勢神宮の天照大御神ではない【真性天照大御神】としての働きになるのです。

                   

                  それらの【言霊神】を全て統括するのが【みろく(三六九)大神】となるのです。これは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(火水)】を理解すれば解ることではあったなのです。しかしながら、大本教神諭に【九つ花は誠(言成る)から咲く花なので、誠の者でないとそのお世話が出来ない。】とあるように、誠(言成る)をバカにしてスピリチュアル思考で走ると解らないなのです。

                   

                  想像神の【息】=神の【言葉】

                  この【御言(命)】は意識の【識】の漢字で解るように、【言葉と音】なのです。 

                   

                  すなわち、言葉とは【音の波】で 

                   

                  音は【日立】であり、霊光を放っている

                   

                  日本語の【一】を【ヒ(霊)】と言うのは、無から「霊」が湧いた

                  日本語の【二】を【フ】と言うのは「吹く・噴く」などの【力】の事象

                  日本語の【三】を【ミ】と言うのは「身・実」たる【体】が出来た

                   

                  大本教では【一】を「ひと(一霊四魂)」

                  大本教では【二】を「ふた(厳瑞八力)」

                  大本教では【三】を「み(三元)」  

                   

                  としたのですが、これだけでは宇宙の初発の映像が解りかねないとなります。ただ、【二(ふ)】で表される吹く力とは、陰陽の【厳瑞】に【八力】が関わっているなのです。

                  やがて人類は【二つ】の道に別れて行きます。そこに【七の世】は終わり。永遠の【八(∞)の世】が起きるなのです。

                  創造神が恐れておられるのは、その時になって【永遠に別れるならば、どうしてもっと早くから宣伝しなかったのだ!】の文句なのです。為に、その前宣伝が明治25年から延々と続いていたのです。

                   

                  日本語の【一二三(ひふみ)】とは、【霊・力・体】を意味する

                   

                  だが、ひふみ(一二三)祝詞をいくら宣っても意味が解らずに宣っているでは、空念仏みたいなことになります。これを英語で【ワン・ツゥ・スリー】等と言っても、単にそれは数字の順列の表しであり、【神は言葉なりき】を数字で説明出来ないのです。

                   

                  私が【神】と言っているのは、この宇宙の【意識体】のことで

                   

                  神社等に鎮まっている御神霊達のことではないのです

                   

                  為に想像神(創造神)信仰には何の現世御利益もありません。自分がそうした創造神の段階に少しでも近づく為に努力をしているなのです。

                   

                  私達は【神】と言ってもよく解らないと思います。夜空を【月夜見】していますと、もう数が数えられない星々が輝いています。その数は「天文学的」数字です。その夜空の星を見ていて、宇宙は広い。それに引き換えて【人は実にちっぽけな存在】だと認識出来ます。

                  なのに、自分には神社の神霊が見える。人は一人一人が創造神などとバカげたことを言う方達があります。神と言う存在を【神社】に鎮座している霊界人だと思っているからです。 その夜空に輝いている星々の大部分が【恒星】と呼ばれている【太陽】達です。仮にその太陽神を【天照大御神】と呼んだとしても、宇宙ではその数は天文学的数字であり、私達人類が所属する太陽系の太陽よりも遙かに巨大な太陽達が天文学的数字で宇宙には存在しているのです。

                   

                  私は自分を【いと小さき者】と言っています

                   

                  別に自分を謙遜して言っているのではありません。夜空に輝く星々を見た時、どうして自分は偉い者だとか、高き者だと言えるだろうかなのです。

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  霊学癸押/佑虜欧瞭睛討楼聾襪痢攜訖據曚函攜訐弌曚馬世犬襪伐鬚蠅笋垢

                  0

                    世界の宗教で【魂】と呼ばれる存在は説かれます。英語だと「ソウル」です。「スピリット」だと、心とか気力の意味合いになります。さらに「ハート」などもあって、魂の意味合いが解りづらいがあります。だが、【心】たる存在であることは解るのです。

                    ただ、多くの人は肉体が死ねば、その【心】も消滅すると思い込んでいるなのです。確かに「心」と肉体が同一の世界の存在であれば肉体の死によって魂は消滅します。仏教の教えから【輪廻転生】という言葉が知られていますが、輪廻転生をしているのは肉体ではなくて【魂】たる存在です。しかし、キリスト教やイスラム教では輪廻転生の教えそのものが存在しない為に魂とは何かが解っていないがあります。

                     

                    漢字の【魂】は「鬼が云う」から、大本教で世に出した【牛虎(艮)金神】が出ます。

                     

                    だが、魂は鬼が云うより【玉思惟】の漢字が解りやすい

                    魂に似た漢字に【塊(かたまり)】があります。魂とは心の塊でもあるのです。

                     

                    魂とは玉形の【思惟】です。思惟とは、仏教用語で「考えをめぐらすこと、心を集中させる」ことです。心の塊が玉形となっているのです。そして魂には【思考】能力があり、磨かれた魂は【不滅】なのです。

                     

                    人の心(魂)は、科学や医学では見えません

                     

                    私の【玉思惟】説ではなく、魂は【玉恣意】だと言われる方もあります。この場合「思惟」と「恣意」では意味合いが違って来ます。思惟は仏教用語で【考えをめぐらすこと。対象を思考し判断すること。】ですが、恣意は【気ままな心。自分勝手な考え。―的な解釈。】を指します。

                    スピリチュアル標榜者の何をしてもいいのです。貴方の好きなようにしたらいいのです。そうした論調は魂を【玉恣意】と見ているなのです。為に、【思考能力】たる「奇魂」がまるで働いていないと言えます。

                    ただ、【恣意】は心を次ぐ(継ぐ)で解る様に、それで【継続】したものであることは解るなのです。人に宿る魂とは肉体の死とは関係がないのです。死後(霊界)の世界で生きるなのです。

                     

                    人と他の動物ではどこが違うか?。

                    人は考えをめぐらす能力が、動物よりも遙かに勝れています。輪廻転生において、人の魂は人間界でなく【動物界】への転出もあります。動物達にも【愛】はあります。しかし、動物界は【奇魂】の働きが弱いとなります。

                     

                    人の肉体から【玉思惟(魂)】が抜けても人は死にません。但し、【もぬけの殻】と呼ばれるように、心此処に在らずとなります。【思考(思惟)】が働いていない状態になります。科学者や医学者は思考は脳によるものと思い込んでいますが、脳は【知識】を蓄積しますが、【智慧】の働きは持たないのです。そこに【智慧】と【知恵】ではまったく意味を異にするのです。

                     

                    【慧】は悟り。道理を見抜き疑いを解く力

                     

                    慧の字に「心」の字があるように、脳ではなくて「心」に在る力です。慧の上辺は【星の光】でほのかに光る心となります。智慧は光を持つのです。単なる知識の知恵と智慧では本質的に違うのなのです。

                     

                    人は【智慧】の光に照らされないと、悟りには到らない

                    人の魂は知識(知恵)で向上するのではなくて【智慧】で向上します。

                     

                    いくらお釈迦様やイエスが言ったことを知識として知ったところで、その意味を理解にするに到るではありません。そこには【智慧】が働かないと無意味なのです。仮に貴方の前にお釈迦様やイエスが立ったとしても、貴方の知識の質問には答えてはくれないでしょう。それが法華経典にある多くの比丘や比丘尼に対して、お釈迦様はこの場を立ち去れと言われたなのです。いくら教えを受けても知恵で理解して、智慧を持たないなのです。

                    単に得た知識で質問するのではなく、自分でその意味を考えなさいなのです。自分自身が【思惟】しなければダメなのです。

                     

                     

                    お釈迦様やイエスの時代。魂を捉える【写真機】の存在がありませんでした。為に魂を説明することは出来なかったと言えます。それはムハンマド(マホメット)の時代もそうであり、弘法大師や日蓮聖人の時代もそうだったと言えます。

                    世界のどの予言者よりも傑出した予言が出来た大本教の出口王仁三郎聖師の時代には既に写真機はありましたが、出口王仁三郎聖師関連の写真を調べても魂が写っている様なものは見当たりません。それは当時の写真機やフィルム性能がそこまで行っていなかったと言えます。為か、大本教の出口王仁三郎聖師も魂の説明が出来かねないがあったようです。

                     

                    私は特別に膨大な資料を持ち合わせませんので、それが最初に魂を写したものかどうかは解りませんが、ある著名な宗教開祖の白黒写真に大きな魂が写ったものがあります。その宗教開祖が活動された時期からすると昭和30年以後と考えられます。その頃には写真機の性能やフイルムも向上したのかも知れません。ただ、その写真はその宗教の御神体とされていて、世には出されていません。

                    カラー写真で撮られたものとしては、私のHPやブログ上で【田響隆仁氏】が発表された魂の写真を紹介させてもらっていますが、他の方が撮られた別の魂のカラー写真も上げています。オーブ玉写真と呼ばれるものは世に多く出回っており、私もオーブ玉が乱舞するビデオ映像をユーチューブにアップして来ました。今やテレビの「心霊現象」の映像ではオーブ玉は珍しいものではありません。ただ、オーブ玉は【思念】とも言われており、【思念】と【魂】ではどう違うのかがあります。

                     

                    思念も玉形の思惟も、そこにあるのは【思い】なのです

                     

                    その人の思いがたくさん詰まった容器が【魂】なのです

                     

                    この論理は、仮に人に魂が見えたとしても簡単には解りません。人はいろんな【意識】を持ちます。その意識によって行動しますが、その内容によって善の働きや悪の働きが起こります。こうした意識には【色の光】があり、その人の魂が磨かれて表面がクリスタル状であるならば、その魂の中に無数の各種の光の粒が存在していることが霊視上では解ります。【瑠璃玉】とも呼ばれます。

                    但し、そうした瑠璃玉の様な魂の持ち主とは非常に高次元界の存在であり、それこそ滅多にこの世には降りて来ません。何千年に一人とか、何百年に一人とかです。

                    そうした光の魂は世に出ている神々よりも高い次元界の存在で、そうした魂がお釈迦様やイエスだったりしたのです。それは世に出ている神々には人類に対しての教えが説けず。現世御利益で人を集めて神の存在を知らしめたなのです。人類に対する教えは高次元界より降りて来る高次元界の魂に頼ったがあるのです。

                     

                    それが宗教は宇宙を示す教えで、人の胸(宗)に宿る教え 

                    宇宙創造神の存在を語らないと、それは宗教とは言えない。

                     

                     

                    さて、魂(玉思惟)は碁笥と碁石の関係を見れば解りやすいが今回の題材なので、それで説明します。実際の魂(玉思惟)の写真は私のHPやブログで上げて来ましたが、碁笥とは似ても似つかないのです。どこまでも論理の説明上です。

                     

                     

                    人の魂は親魂(本守護神・正守護神)から分派で誕生します

                     

                    その図は過去のブログで図の説明をして来ましたので、ここでは出しません。親魂から分派された子たる魂は親魂から分派された【一霊四魂】と呼ばれる自分の【心】を保有しています。

                     

                    魂は誕生時点で親魂の性質(心)を保有する

                     

                    各自の魂は親魂と成る魂の【奇魂】や【和魂】や【幸魂】や【荒魂】の分派魂であることから、それに応じた性質を持って生まれます。しかも、その親魂そのものがその元となる魂の奇魂や和魂や幸魂や荒魂からも分派されていますので、荒魂の魂から誕生した荒魂はより荒魂の気質が強いとなります。ここに人はこの世にオギャーと生まれた時から、それぞれ違った性質を持つとなります。

                     

                    親魂から出た魂の最初は一霊四魂は持っていても、その【精神】は【薄弱】であり、魂としての完成度が弱いとなります。そこに出て来るのは肉体を持っていても、その【精神】が肉体の個性に出て来ないとなります。人の【人相】とは肉体の遺伝子によっても違いますが、その魂の遍歴による性質も顔(人相)に出て来ます。そこに出て来るのが【人相学】であり、秀でた易者はその人相を見るなり、この人はとなるのです。

                    このことを知るには自分の体内に他の霊魂を入れて介在する【霊媒者】を知らないと解ってこないとなります。だが、本当に優秀な霊媒者はこの世には僅かしか居られないのです。神の世界を介在する霊媒者とは単に霊に憑依されて口走る霊感者達ではありません。優秀な霊媒者は霊能者間で取り合いになるほどなのです。

                     

                    俗に【鳶が鷹を生む鷹鳶】の諺がありますが、平凡な肉体の遺伝子の家系に【高次元の魂を持った子】が生まれて来るなのです。特に知られているのが【龍男】と呼ばれる魂で、伊達政宗がそうした存在として有名ですが、この世で一代で何かを成し遂げた様な存在には【龍男】が多いのです。龍男の場合はその眼を見れば解ると言われています。

                     

                     

                    ◎魂の分派により世に出された魂は、この世で自己の【意志(ある行動をとることを決め、かつそれを引き起こし、持続させる心的機能)】によって世の活動を開始します。最初は誰しも【世の汚れ】を味わわないので、その【意志】によって為した行為は碁石の【白】色の小さな玉の様なものなのです。それが魂の内部の構成要素となります。

                     

                     

                     

                    ◎だが、魂の修業場たるこの世は悪が許されており、どうしても社会の悪(意志を汚す)が生じて来ます。その汚れた【意志】が魂に入って来ます。その汚れた行為は碁石の【黒】色の小さ玉の様なものなのです。

                     

                     

                     

                    ◎人の魂はこの世の多くの体験で、その意志には善的行いによる汚れを持たない白石(意志)と、自己本位や自己勝手。犯罪たる悪事を行うことによって意志を汚した黒石(意志)が混じって来ます。

                     

                     

                     

                    ◎肉体にはやがて死の時が訪れます。世に【最後の審判】という言葉はありますが、人はこの世で死ぬ都度、その魂は審判はされているのです。その審判を受けておかないと、次に【人の世】に出ることはありません。その審判を行っているのが【地獄閻魔庁】であり、【冥府】です。この【冥府】のことを【黄泉(よみ)の国】と云いますが、多くの人は【黄泉帰り(甦り)】なのです。キリスト教神学などでは冥府の長官を【サタン】などとしていますので、輪廻転生など永遠に理解出来ない宗教と言えます。

                     

                    そこに、何故に悪神達は世に蔓延っているのかとなりますと、人として生まれ変わる道を選ばずに霊として生きているからとなります。そこにあるのが羅城の【来世門】。羅城の主を【閻魔大王(羅王)】と呼んでいるわけですが、羅生門には鬼が居る。それを節分の炒り豆で【鬼は外】と炒り豆をぶつけるです。これは元々は悪神達が国常立尊様を追いやる為にした行為とされています。

                    で、宇宙の元津神(創造神)を【ウシトラ金神(宇志採羅根真)】としていた九鬼神道家の綾部藩では、【鬼は内・福は外】としたのです。為に同じ綾部から発祥した大本教では【鬼は内・福も内】にしたのです。綾部藩の総氏神社であった若宮神社においては、綾部藩の経緯もあり、さすがに【鬼は内・福は外】は難しいので【節分祭】を執り行わないなのです。

                    大本教から出された【節分の炒り豆で鬼を追う】行為は、国常立尊様を追う行為とされたのはそこにあります。

                     

                    西洋で【善悪の天秤】が語られますが、貴方がこの世で積んだ善の行為と悪の行為との差し引きが行われます。そこにはスピリチュアル標榜者の【何をしても神の愛で赦されます。】は、輪廻転生がある間はあり得ないのです。

                    差し引きされた善悪の【勘定】により、霊界に帰る貴方の魂には善の光の玉(意志)か、悪に汚れた光の玉(意志)のどちらかが残って来ます。その残された石(意志)が【カルマ(業)】であり、良いカルマの残しは次の世に【悳(徳)分】として働き、悪いカルマは因縁(業)として次の世での精算として残るなのです。

                    仏教には【三時(過去・現在・未来)】に渡る罪の償いの教えがありますが、キリスト教やイスラム教にはそうした教えすらないとなります。

                     

                    善(白)と悪(悪)との差し引きをする。

                     

                    善であれ、悪であれ、残っそた意志(石)の分が次の世に【カルマ(因縁)】として渡る。

                     

                    また、この善悪の【差】が霊界での【次元界】を決める

                     

                    天国天人界に入った魂にとっては、またもやこの世に降りるのは【諸刃の剣】となります。魂の刑務所。魂の流刑地(根の国・底の国)とされるこの世に降りて、更なる悪に対する反対の学びから天国天人界での向上が出来るか。この世の悪に自分自身が染まって地獄界に墜ちる危険性が出て来るからです。ですから天国天人達はこの世に降りることを嫌います。何も学ぼうとしない人類の為に、自分が危ない橋が渡れるかです。ですから天国天人界からこの世に降りるのはそれなりの【覚悟】が要ります。

                     

                    ◎人の魂は【輪廻転生】という長い旅路の結果、善の行いを続けた魂はその結果として【天国天人】界にと進んで行くなのです。誰かを拝んだからではありません。その白い意志(石)が多いほど、第一天国界、第二天国界、第三天国界にと別れて行くなのです。

                    汚れた意志(石)が多いほど地獄界に、そしてその善悪の差があまりない場合は中有界で【輪廻転生】を煩雑に起こしたなのです。

                    だが、永遠のみろく世に向かうに当たって、中有界や地獄界は最後の審判の時まで私達が住む現実界と混ざり合うとなります。為に、その時までこの世では多くの悪しき事象が多発して来ます。

                     

                    世の立替の前はこの世は【大嵐】となる

                     

                    私は神霊界修行を【豊受姫】に頼りましたが、その豊受姫は【貴方は立替の大嵐の中を突破される。】と告げられましたが、遂にその時が来たと言えます。この大嵐はかなり長期間に渡ります。自分の魂の汚れが少なければ少ないほど、小難で過ぎるなのです。だがその大嵐によって、【魂】の禊ぎが行われて、黒石も白石に変わって行きます。

                     

                    その「禊ぎ】の祓いとは、神社の神主が振る大串等ではなく、魂そのものの汚れを削る【身殺ぎ】と呼ばれるものです。

                     

                     

                     

                    ◎私はこれまで、人の魂には【点数】が出ると語って来ました。その点数とは白石と黒石の差で【良心神】の点数と言います。

                     

                    最後の審判とは、【輪廻転生】が終わる時の最後の判定

                     

                    それはキリスト教のイエス一人を神の御子と信じれば助かるというような話ではないのです。自己の魂の【内在神】に対する話で、自分はどこどこの神様を信仰して来ましたと抗弁しても、外在神信仰の有無ではない。貴方自身の【神性】を問うているのだと言われてしまうのです。

                     

                    いくら熱心に外在神信仰を積んでも、審判は貴方自身の【魂の中味】の話であって、その【点数】を動かせないのです。ただ、一柱だけそれが出来る神があるのです。

                     

                    それが魂の管轄【閻魔大王・国常立尊】様

                     

                    ほとんどの人が気づかなかったのは仏教の【閻魔大王】とは、地球創造神で始めに地球に下った主神たる「国常立尊】のことであるなのです。ただ、神社等で当方では【天之御中主(国常立尊)】様を祭っていますと言われてもなのです。

                     

                    神は汝と共にあり。内在神である気づきが抜けている

                     

                    私は子供の時、旧約聖書の神と称する声から【この神だけを唯一の神とせよ。そうした者達はこの私が救う。】と告げられたのですが、大本教神諭を読むとその神が日本では【ウシトラ(艮)金神・国常立尊】となっていると解るのです。確かに、【鬼で云う】で魂の総親神でないと無理な話です。で、大本教からは【節分の炒り豆にも花が咲く】と大宣伝がなされたなのです。

                     

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    霊学癸院N慍転生。人は何故に自分の前世を認識出来ないのか?。

                    0

                      これまで私が書いて来たブログは多岐に渡り、霊界と呼ばれる世界が存在していることを主眼として来ました。それと、私達人類はその存在を口に出して言うことはあっても現実には見たこともないであろう絶対的な【宇宙創造神】の存在証明論として、日本語と言う種別になりますが【言葉の仕組】を解説して来ました。

                       

                      その一つとして【言霊】と呼ばれるものがあります。残念ながら、この日本で【言霊】と呼ばれる存在を知る霊能者は若干名であり。スピリチュアルに到っては全滅に近いと言えます。それは聖書に【始めに言葉は神と共に在った】とありますが、その理解とは創造神が何々あれと言われたら万物が生まれたという程度の理解力で、イエスとてその域から抜け切れていなかったがあります。また西洋で言う大天使と称する霊達も何も解っていないがあります。

                       

                      そのイエスの教えを打ち破って来たのが大本教の【出口王仁三郎聖師】の教えと言えます。しかしながら、大本教から出された教えをどれほどの人が理解出来ていたかとなると、出口王仁三郎聖師の直弟子で世界救世教の開祖となった岡田茂吉師。成長の家の開祖となった谷口雅春師も理解出来ていなかったと解ります。

                      日本の新神道系として存在する各種宗教開祖さん達は大本教が出した、【ス(主)の神】論から一歩も抜け切れていない。また世に出ておられる神社等に鎮座する御神霊達も魂としては比較的に若い存在の方達で、【魂】とは何ぞや!。に対して、それすら説明が出来ないとなります。

                       

                      私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫から【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き御方で神々に対して教えをされる方。貴方の言葉による教えは天帝の【詔】と同じで、貴方の言葉の教えが聞けないと言う神達は如何なる神であっても天帝に対する反逆罪で天帝により裁かれます。】と告げられて驚いたしだいですが、西暦2020年を区切りとして天帝の命により裁きの天軍が準備に入ったと思われます。

                      これから先、世の立替の嵐が予想されます。各自にとって大切なことは永遠のみろくの世に向かうに当たって、【自己の魂】を腐らせたり毀したりしないことです。世の立替と呼ばれることは、永遠の世に向かう為の【各自の魂の大禊ぎ】となるからです。

                       

                      自己の魂の大禊ぎは、過去世からの各自のカルマの払い

                       

                      自己の魂のカルマの払いは、自己が払うより道は無し

                       

                      為に、これまでの様な外在神に頼ることは出来ません。もう世に出ている神々とて立替の嵐に巻き込まれるので、かまっておらなくなるからです。そこで、聖書や仏教では出されなかった魂論に基づく【霊学】をまとめたものを、これからのブログに書きたいと思います。

                       

                      *****************************************************************

                       

                      日本人の大多数は日本神道と仏教の二つの教えの中に存在します。その仏教において、一部の仏教宗派は人は死ねば土に還るだけで死後の世界など無いと公言して、その宗派の信徒は死後の世界や霊界の存在を言う人達をオカルト攻撃されています。

                      だが、他の仏教宗派では死後の世界。そして【輪廻転生】という教えそのものはあります。だが、具体的な話になると霊界の様子が解らないとなります。通常の僧侶では自分が霊的な事象にぶつかった時、霊能力者に頼らないといけないが起きます。御経を唱えるだけでは解決が出来ないなのです。

                      こうした分野は【霊能者】と呼ばれる人達に頼らないといけない分野なのです。単に霊が見えるとか霊と会話するというだけのスピリチュアル的な能力では処理出来ないのです。いくら自分に霊的な素質があっても、よき指導者に巡り会って行に行を積まないと【法力】が発揮出来ないなのです。自己流で走ると非常に危険なのです。自分の前に見えている霊が衣冠束帯や十二単衣で見えていても、曲津神であったりしているからです 。

                      日本神道界には【輪廻転生】論はありませんが、十種の祓いとされる祝詞には、人は死後も生きるという程度の祝詞はあります。

                       

                      キリスト教やイスラム教にも希に【輪廻転生】を言われる牧師や聖職者達は存在しますが、そうした方達はほとんど疎外されておられます。キリスト教等では悪魔祓いが出来る牧師など、上級牧師への道が閉ざされています。実際に霊的世界のことを知らない人が、教団の幹部になっているからなのです。

                       

                      人は何故に死後の世界(霊界)を認識出来ないのか?

                       

                      私が子供の頃、私に旧約聖書の神と称する声が臨んでいました。その声は、私に【私はアブラハムの神であり。そなたの神である。】と告げられたのです。その声は、私に【人はこの世に生まれて死んで。またこの世に生まれ出て死ぬ。その繰り返しである。】と告げられたのです。それは人の魂は【輪廻転生】をしているということです。

                      その旧約聖書の神と称する声は、【人はこの世に生まれ出る時は、前の世とは顔も肉体も違う。前の世と同じ姿で生まれ出るのではない。自分の親となる者も兄弟も違えば、自分が知り合う人達も前の世の仲間と必ずしも同じとはならない。生まれ出る土地も環境も社会も違って来る。されど、前の世の自分と今の世の自分は同じ心である。その心(魂)は同じである。】と告げられたのです。

                       

                      生まれ変わることは別の人生だと告げられたのです

                       

                      だが、前の世も今の世もその心(魂)は同じなのです

                       

                      そして、人は今の世に生まれ出て過去世の自分を思い出せないことに関して、【人は今の世に生まれ出て来るのは過去世の失敗を更生する為であり、自分の魂の欠点を無くす為である。なまじ自分の前世を記憶していると、過去の過ちをまたもや繰り返すことになってしまう。同じ過ちの轍を踏む。その為に、過去の記憶を消してこの世に出て来る。自分の過去世を思い出さないのは、この神の「恩寵」である。】と告げられたのです。

                      さらに、【もしも過去世の自分が人を殺して来た者と思い出したならば、その罪を恥じて更生の為に出て来たこの世で安楽な人生を送れるであろうか?】。また、【人は何度でも生まれ変われると知ったならば、その更生の為の人生で辛さに負けて自殺を図る者も出るであろう。人の魂は腐らせたり捻れさせなければ、何度でも生まれ出ることが出来る。】と教えられたのです。

                       

                      人の魂は欠点を更生する為に、「後世」の世に甦(更生)る

                       

                      間違った前世の記憶を消されて出て来るのは、創造神の恩寵

                       

                      人はこの世で犯罪を犯してもまたもやこの世に出される。それはスピリチュアルの【神の愛で何をしても赦されます。】と説く意味とは論理的にも違うのです。

                       

                      人は幾度もやり直せると知ったならば、自殺する者も出る

                       

                      人生は一度きりだと、努力して頑張るのが正しい

                       

                      そうした為に、人は自分の過去世が解らない状態に置かれていると告げられたのです。 また、【輪廻転生の過程の中においては、人は過去の自分が神として崇められて神社等に奉られていることも知らずに、過去の自分を神霊として崇敬することも起きる。過去の自分がいくら神霊と称される存在になっても、人は自分の過去を持ちだしてはならない。過去世の自分がいくら神霊として祭られていようが、今の自分の名前で神と成らなければならない。】とも言われたのです。

                      一番いけないのは、自分の前世はお釈迦様であった。イエスであった。そうした名乗りをする方達なのです。その人が前世で本当にお釈迦様やイエスであったならば、それは自己の魂に【欠点】があって再度この世に出たということであり、自分の過去の教義が間違っていましたと世に言わなければならないことなのです。

                       

                      この過去世の自分で神上がりしたのが【正守護神】

                       

                      旧約聖書の神と称する声は私の前世に関して、【そなたの前世は悲劇の武将であった。武将でありながらあまりにもお人好しで、人を疑うことをせずに人の魂胆が見抜けず、そうした者達の魂胆に利用されて悲劇の武将として最期を遂げた。そなたの今世の学びは、人の魂胆を見抜く為の修行である。そうしなければ、今生のそなたも人の魂胆に欺される。】と告げられたなのです。

                      旧約聖書の神と称する声は、私が前世で何と呼ばれていた武将かは教えてくれませんでしたが、霊界修行の過程で自分の前世が何と呼ばれた武将かは解って来ました。確かに悲劇の武将でした。私は体躯に恵まれていなかったので軍人になることは出来ませんでしたが、体躯に恵まれていれば軍人(自衛隊)の世界に憧れて飛び込んでいたかも知れません。それは自分の前世が武将であった時の心からです。 肉体の私は体躯に恵まれていなかったことで「侍」たる道には進みませんでしたが、私の「正守護神」は霊界では【武将】の姿として出て来ます。

                       

                      私の前世たる【正守護神】を霊能力で見ることが出来た方は、それは武将の姿だと告げられます。

                      人の魂の本質は、【過去・現在・未来】とに続く

                       

                      そこに、人は性格を中々変えられないが起きる

                       

                      私自身、神代と呼ばれる時代には天使職で剣を携えて多くの神界の戦争に身を投じていたのです。その敵とは大本教神諭に【ユダヤの悪鬼】と書かれていた勢力です。私はこの世で武将であった時の記憶より、天使職として戦っていた時の記憶の方が強いと言えます。また、その時の神界の敵方の武将霊が悔い改めて私を訪れて来たもあります。

                      私は大本教霊界物語を読んでいて、自分の過去の記憶の一部が甦ったがあります。私は国常立尊様に忠誠を誓う天使団の一員だったなのです。私はその当時の国常立尊様の御引退劇の経緯に関わっています。その時代とは、今の神社等に鎮まっている御神霊達など世にも出ていない時代と言えます。人類の歴史では解らない時代と言えます。そうした長い旅路の魂の遍歴をしているなのです。

                       

                      霊能者【江原啓之】さんが出て来られて、テレビ番組で人の前世を見るで大ブームを起こされました。それ以後、【前世を見る商売】をする霊能者やスピリチュアルの方が増えて来ました。

                      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から【人が自分の前世を知ることは封じてある。】と聞かされていていましたので意外と思いましたが、私自身何人かの人の前世を神霊から見せられるが起きました。霊能者だから前世が見えるではなく、特異な能力を持った方が出て来たと言わざるおえません。

                      しかし、その見立てが完全に当たっているのかとなりますと、違う問題が発生して来ます。 大本教から【人は霊(ひ)止(と)】と出されましたが、人の肉体には無数の霊が止まっています。優秀な霊能者ならば万体もの霊。そこそこの霊能者で数千体の霊。霊能者で数百体の霊。霊媒体質者で数十体から数百体ぐらいの霊が付随しています。

                      私はサニワ修行の中で、その人の本当の魂(心)を出す前にその人に憑依している霊が表に出て来る。その憑依している霊を一つ一つ除去していかないと、その人の魂を知り得ない体験をして来ました。その人に憑依している霊がその人の魂の振りをするもあるからです。その人に憑依している霊は見えても、それがその人の本当の前世たる魂を出せるかとなったならば、そんなに簡単なことではないのです。

                      こうしたことは単に霊媒体質者でなくて、本当に優秀な【霊媒者】を知るならば、私が書いている意味は解ります。優秀な霊媒者に霊を入れると、その人相が入った霊の顔立ちになります。そしてその霊媒者はその霊の肉体となって、ありのままに語って来ます。だがそれは、その霊媒者の前世たる霊ではないのです。こうした憑依により出て来る霊をその人の前世と思うと間違えるのです。

                       

                      人は【霊(ひ)止(と)】だと理解しないと、前世を見誤る

                       

                      自分の前世に拘らずに、今の自分の生き方で神上がりをする

                       

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recent trackback
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村