自分は欺されているかもと進むが【鷺(サギ)】の路。鳥(十里)が行く路

0

    日本では大本教から世の大立替論が出されました。だが、それは大本教だけではなく、天理教も初期の頃は世の大立替論は出ていたのです。ですから、大本教から妙霊、黒住、金光、天理の先走りと出されたわけです。

    そうしたことは別にこの日本だけではなく、外国でも【人は天から降りて来た者で天に帰る者。だが天に帰れなくなって輪廻転生に入った。人類がこの地球を汚した結果、この地球に間もなく大天災が生じて悪しき人達は滅亡する。正しき人達のみが天に帰還するとします。そして輪廻転生の時代が終わるなのです。その為の警告活動をしている外国の組織もあります。立替論そのものは別にこの日本だけのことではありません。

     

    問題は、それをどれだけの世の人々が理解しているかです。その終わり(尾張)の時期が解らない為、立替論を説くと、どうしても【嘘】呼ばわりをされてしまいます。ひどければ邪神呼ばわりです。

    だが、先駆者にはその時期は解らないが起きることは解っているので、それを説き続けなければならないがあります。大本教の出口王仁三郎聖師は「未だ来ない未来を予言して、その予言の多くを当てて来た世界的な大予言者」でした。その出口王仁三郎聖師は、【霊界に起きた出来事は必ずこの世にも起きる。しかし、それが千年先なのか二千年先なのかが解らない】と述べておられます。

    聖書のヨハネの黙示録にある「今の地球は消えて、私は新しい天地を見た」の新地球の霊映像が霊界にあります。宇宙の初発を見せる映像もあります。この地球が破滅する映像もあるのです。しかし、その時期が何時かは解らないなのです。解るのは創造神とされる神のみでしょう。

    イエスの千年王国にしても、イエスがこの世を去って既に二千年以上でないかと突っ込めを入れれば、キリスト教も何をやっているのだとなります。自分に見えた霊的映像が現実化して来る時期を言い当てるのは、非常に難しいとは言えるのです。

     

    そうした霊界の映像から立替を警告する人達があり、それによって悔い改める人が多ければ多いほど、その大天災が起きる時期を先に延ばせるがあります。

     

    それは【転ばぬ先の杖】なのです 

     

    そこには別に正神も邪神もありません。人類のこの先を憂(うれ)いているです。正神とか邪神とかは善悪のみならず、自己の権力の覇権争いがあるからです。勝てば官軍。負ければ賊軍の習いがあるからです。創造神とされる「国常立尊」様にしても神界の戦いの中で敗軍となり、悪神の汚名を着せられて来たがあります。

    邪神でも自己の欲得からではなく、人類の行く先を憂いて立替の警告をして来た邪神達であるならば、天帝はこれを罰せずに褒められるでしょう。

     

    天帝がもっとも嫌われるのは、神の名を利用して自己の欲得を謀る者達です。特に甘い言葉を吐き続けるスピリチュアルです。スピリチュアル標榜者の多くの霊感女性の前世として、シャーマンや魔女の時代が言われています。魔女と言っても白魔術も黒魔術もありますが、魔女となった自分とお釈迦様の様な覚者(悟り)との違いに対する【悔い改め】が足りていないが見られます。

    いくら霊的な世界が見えても、覚者の路を歩かなければ輪廻転生からは逃げられないとなります。

     

    嘘の言葉を作って(偽って)欺くことを【詐欺】と言います。一方、大本教で出された【十里四方外囲い】とは、【トリ(十里)の路】と言います。詐欺と鷺(鳥の路)のサギ違いです。

     

    大本教では、福知山舞鶴十里四方外囲いと出しましたので、福知山舞鶴の意味に囚われて【十里四方外囲い】の意味の理解が出来なかったがあります。その意味ではその内容は【詐欺】なので、【鷺】に至らなかったなのです。

    私は東京から綾部に帰って来て、福知山と舞鶴勤務の仕事を約30年間勤めました。綾部から福知山と舞鶴の路を通っていたのです。当然にその距離からして【十里四方】の言葉がおかしいと気づきました。綾部から福知山迄は3〜4里だからです。舞鶴も西舞鶴が5里、東舞鶴で7里程です。変だと気づきます。

     

    私がこの【十里四方】の意味に辿り着けたのは、私に【鷺の宮】に行く夢が幾度も出て来たからと言えます。鷺の宮?。鳥が路を行く?。他に「将棋盤」と駒が出て来ました。そして、天の頂に【白十字路と五重の塔とひょうたん池】。これが大本教神諭予告の【九つ花】の意味だったのです。ひょうたんから駒?。駒は言葉の句?。

    為に、大本教神諭はこの仕組みは【誠】の者でないとお世話が出来ないと予告したわけです。

     

    いくら自分は神霊が見える。神霊と会話が出来ると言っても、【誠】でなければ言葉で成る仕組みの意味が何一つ理解出来ないとなります。

    日本語は世界で唯一つの【神の言葉】だとされています。日本民族だけが「神の言葉」を使用することが許されているのです。

     

    大いなる宇宙の意識から、

    「さぎのみや」に行けと出されたならば、霊界の詐欺師となるのか

    「とりのはねを持て」と出されたならば、十里の八根でなく鳥形の羽根を持って天使と称するか

    誠がなければ言葉の解釈は難しく。【米】型が理解出来ないとなります。

     

     

     

     

    縦も横も斜めも総和は【369(みろく)】であり、中心の九つの枡の縦と横の総和はおのおのが【123(ひふみ)】となります。「ひふみ」の言葉の意味すら間違えていないかです。ひふみは最初から「123」と示されたはずです。

    今は神代七代であり、81枡の7掛けは【567】となり、七度霊(0)界が立ったので五十六億七千万。これを九つの枠たる9霊界にすれば【龍宮の音秘め】の仕組みすら出せるのです。次は8の世で、∞(無限)となる末広がりで「永遠」と予告されるのです。

    しかもこの仕組みは、お釈迦様の本当の悟りであった「人に内在する良心神」を骨(舎利)としているのです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師の予言の「みのか尾張の国の中から誠の女子」で、みのか尾張の国から出る国道【41】号線に乗せまして、モーゼは40年間荒野を彷徨(さまよ)い。イエスは40日間荒野を彷徨う。

     

    お釈迦様とモーゼとイエスの3体を合体させた仕組み

    皇神も神界の40の路の彷徨いで、この世の時間にして約三十五万年

    地球は何故に一太陽年365.24日で回るのか?

     

    それらの謎の紐解きのヒントを出して来たのが大本教と言えます。

    私は霊能者をしている者ではありません。単に【十里(トリ)の路】を説いているだけの者にしか過ぎません。さりとて、霊能力がゼロと言うのでもありません。必要な時には霊的世界から見させられるはあります。その時に私が見る霊能力は霊能者段階を超えていると言われる霊能者の方達もあります。

    しかしながら、私はほとんど下の霊界が見えていない。蛇霊や狐霊段階に関わられないから霊能者としては失格だとの指摘を霊能者から受けて来ました。この世では蛇霊や狐霊と呼ばれる神霊が人間世界に深く関わっているからです。そうした蛇霊や狐霊と関わられないでは、実践霊能者としては致命傷なのです。

     

    私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【私はそなたを宗教家にさせる気は無い。そなたが歩く路は、これまでの人類で誰一人として歩いたことが無い路であり、そなたの後にそなたと同じ路を歩く者は出ず。その路はそなたが最初の者で有り最後の者となる】でした。

    この最後の者とは、私の死後にはこの【九つ花】を説く者の存在は出て来ないと言うことです。それは、この【九つ花】の教えに従った者達は私と同様に新しき永遠の未来の世に行くからです。それは旧約聖書の神と称する声が私に約束したからです。でも、そんなことは空手形なのかも知れません。

    一部の霊能者や超霊能力者は私がこの世を去る時が三次元世界の終わりで、五次元界に移行との時と言われます。私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【そなたは人類の最期を見届ける役】と告げられましたが、そうした話はどこまで信じられるかを私自身も疑問として抱えているのです。

     

    それは旧約聖書の神と称する声の【詐欺】の言葉であったとしても、【鷺】の路を行くのが私の使命だったからです。私は旧約聖書の神と称した霊が言った内容を信じているではなく、その内容の真偽のほどを確かめようとして来たのです。

     

    この【九つ花】の中心の「41」は、「みのか尾張の国から出る国道ナンバー」となります

     

    そしてその国道41号線は高山を経て富山【十三(富)】にとなるのです。最後には【火の雨】が降る。その時には【十三(富)山】に逃げなさい。創造神たる神がこの日本に仕掛けたであろう言葉の仕組み。何故に大本教から第十三の【ス神】が出たのか?。その意味は今の世に出ておられる神々では解らないことなのです。その証拠に誰も「ス」の神を知らず見ていないはずです。

     

    しかし、霊的世界では何の力も無い者が、いくらあれはニセ者だと言っていても敗者となります。

     

    この世の霊界では霊力さえあれば、詐欺師も本物と見なされます

    そうした霊力がない者は、【鷺】の鳥(十里)の路を行くだけ

     

    日月神示に99%は邪神だと出ているようですが、蛇霊や狐霊の段階から抜け切れていないのに、自分に天照大御神や三輪大神や豊受姫とか菊理姫とか大国主命と称して出て来る霊が非常に多いということなのです。

    為に、そうした神を名乗る霊が言った神示が本当に当たるのか?。その吟味がいるのです。嘘の神示を出す霊に、どこまでもついて行くではダメなのです。ところがなまじ霊が見えると、そこから簡単に脱却出来なくなるのです。

     

    私が神霊世界に修業に入った時、お世話になったのが豊受姫の神でした。この豊受姫は阪神淡路大震災や普賢岳爆発を事前に伝えられました。この私がお世話になったその豊受姫を黒狐だと言う豊受姫があると聞きましたが、ではその豊受姫は東日本大震災を事前に告げられるほどの存在であったかです。

    私が修業のお世話になった最初の師匠は豊受姫のお代さんで、当時の日本ではトップクラスの実践霊能者でしたが、もし東日本大震災の時にその師匠が存命であったならば、事前にその師匠には告げていたでしょう。

    私から見ると、黒狐程度で阪神淡路大震災や普賢岳爆発を事前に告げられるだけの力はありません。白狐など数多く存在しますが、どの白狐も事前にそうした発信をした等の情報すら聞きません。豊受姫と言っても、どれだけ数多くのニセ神が出回っているかなのです。

     

    いくら某神社に参拝せよと言われてその神社に行ったら、その神社の御祭神が出て来られたで本物と出会っているとは言えないのです。伊勢神宮に行って、伊勢神宮でそなたが本物の「みのか尾張の国から出る誠の女子」だと告げられて、自分は三河出身なのでと綾部の大本教にその変性女子は自分ですと押しかけた男性霊能者も現に存在していたのです。

    誰も、伊勢神宮に参拝して出て来た霊がニセ者の霊だとは考えも及びつかないからです。私は修業時代、大社などに行ってもニセ霊が出て来ることを見聞させてもらいました。そんな大社が幾つもありました。

     

    そこに出て来る問題は、

    【未だ神界は唯一神によって神界統一がなされていない】なのです

    この状態が今は表舞台から退いていますの【艮】の意味なのです。

    どの神社に行っても、自分の魂の霊格に応じた存在しか出て来ない

     

    唯一神の神界統一の為の降臨時には、神界は神々の血の雨が降る(殺戮の丘)

     

    最近、一部の霊能者の方の元には天帝に帰順を示す神々の軍勢が集結して来ておられるとの報告があります。私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫から貴方は言葉の神と呼ばれる貴きお方。貴方の言葉による教えは天帝の【詔】と同じであり、貴方の言葉の教えが聞けぬ神は如何なる神でも天帝に対する反逆罪で天帝により処罰されると告げられましたが、その兆候が出始めているのではないかと考えられる節もあります。だからと言って、今日や明日に何かが起きるではないのです。

     

    霊的世界の関わりにおいては、どの神社に行っても自分の霊格に応じた存在しか出て来ないがあります。肉体の自分が、人として出来てもいないのに、そんな自分に高級神霊が出て来るかです。

     

    古来より、健全な心の持ち主には健全な神が宿る

    人を嫉んだり悪口の言い放題で健全な心を持ってもいないのに、高級神霊がそんな自分に降りるのがおかしいと気づかないといけないのです。

    下級霊ばかりと交流している霊感霊能者同志で、互いに貴方は高いと認め合ったところで無意味なのです。

    いくら霊能力が強くても、邪神に毒されている霊能者も数が多いのです。

     

    それが本当にその神なのかを確かめるには、その神霊の神示はよく当たる。また、その霊の配下として数えられないような眷属の霊達が従っている。そうした見極めが必要なのです。

     

    いくらその霊が自分は天照大御神、三輪大神、豊受姫、菊理姫、大国主命。イエス、マリア、ミカエル、ガブリエルと名乗っていても、そこに無数の配下霊がいないとなれば数は力なりの現状の神霊界では本物とは言えないのです。

    某自称創造神と称する方の天照大御神は狸霊で、その自称創造神の方に従っていた龍神とか白狐霊とはさほどの数ではありませんでした。それではいくら自分が創造神だと称しても力の範囲は限られます。その方に憑いている霊団の中で、諸霊が天照大御神や大国主命や諸仏霊の役を演じているなのです。役割分担でニセ神達が演じるなのです。

     

    今の神霊世界の現状は力の支配であり、数は力なり

     

    それは日本の政(まつりごと)の世界を見れば、自民党の数は力なりで、少数野党が何を言おうが通じないのと同じなのです。

     

    神名詐称の霊の言葉ではなく、その霊にはどれほどの配下霊が従っているのか。そうした見極めが必要なのです。

    だが、【言葉の仕組み】とは、そうした神霊の力の段階では不可能と言えます。大本教が出した「ウシトラ」一つからでも、【牛虎】で鬼が云うの【魂】論となり、今は「退いています」の【艮の道】。東北(艮)金神で【みちのく】も出せるのです。それが言葉の仕組みの特徴なのです。

     

    【路(みち)の九】も出るのです

     

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    【ビデオ実写版】 踊る精霊達 人は自然破壊の恐ろしさの重要性を知らなかった

    0

      前に壁を通り越えて来るオーブ達のビデオをアップさせて貰いましたが、今回踊る精霊達としてオーブのビデオ実写版をアップします。

       

      http://www.youtube.com/watch?v=xzv4eGzGpig

       

      テレビ番組において、超常現象などでオーブの映像は出されていますが、このような映像はテレビ放映では今日まで見たことがないようなものです。

      こうした映像はどこでも撮影出来るではなくて、やはり限られた場所になります。山麓の清流が流れるようなせせらぎの場所とか、樹木が多い霊山の神域や自然が一杯の場所に出て来ます。

       

      最近、テレビ番組で俳優原田龍二さんが【屋久島の木霊】写真の撮影に臨まれて木霊の写真を撮られましたが、屋久島などはそうした写真が撮りやすい場所なのです。自然がそのままに残されている。原始林が残るからです。

      ただ、そうした木霊のことを「こだま」と言う呼び方をしていますが、【ことだま】とまったく違うものなのです。

       

      今回のものは日本有数の霊山とされていて、古来より多くの信仰者が参拝する霊山の麓の元は講宿であった小さな旅館で、旅館の内部に田舎の氏神社ほどの大きな立派な神社様式の祭壇が設けられており、大国主命(大黒天)様と事代主(恵比寿)様が宿内の社の御祭神として祭られています。 その旅館の部屋で撮影されたものです。

       

      自然を破壊すると、精霊的な存在も失われる 

      都会が【穢土】となるのは、自然が失われたから 

       

      古い小さな旅館ですが、その旅館に居ると心が落ち着くのです。心が洗われるです。ある意味、神社の内に泊まっているようなものです。旅館の名を出すと迷惑になりますので名を伏せますが、飛び回っているオーブーは旅館の中の祭壇の御祭神である大国主命様に関わる精霊ではないかと推察されます。これだけオーブが飛び回っていてもラップ音が何一つ出て来ないからです。

      そこに居る霊と自分が持つ霊との波長が合わないと騒霊(ラップ)現象が生じます。霊と霊が争うからです。

      こうしたオーブ玉と敵対するオーブ玉とがぶつかりますと、花火のような閃光を出してどちらかが破裂します。ですから、ラップ音のことを【騒霊】と示す日本語は正しい表現なのです。

       

      私が豊受姫の命令で建てて住んだ家では、3年間に渡り大ラップ現象に襲われました。そのラップ現象を鎮めて欲しいと霊能者の方達を頼ったのですが、どの霊能者にも出来ませんでした。

      私がある霊能者から告げられたのは、このラップ現象を鎮めるだけの神は日本には存在しない。伊勢神宮の天照大御神様でも出雲の大国主命様で稲荷様でも不動明王様でも無理だと言う言葉でした。実際に出雲の神、稲荷の神、不動明王、大本教の神、仏界の取次者たる霊能者を頼ったのですが、どの霊能者もどうにもなりませんでした。

       

      そこに存在したのは、大本教で明らかにした【国常立尊様の御引退に関わる35万年前の超太古の霊達】で、現在の世に出ている神々の話ではなかったのです。超太古の神代に起きた出来事とは、今の世に出ている神達では解らぬことであり、日本神話の中の神々を持ち出してきても、どうにも理解不能となるのです。

       

      みろく世に入る前には【大峠】が語られていますが、私はそれには三つの側面があると見ています。それらが混同して来るので、話が解りにくくなっているです。

       

      一つは、聖書に記載される【殺戮の丘(ハルマゲドン)】で、神界における神々の最終戦争。

      一つは、人類が地球の自然現象を破壊した為に起きるであろう自然の【しっぺ返し】。

      一つは、新しき未来永劫の世に進む為の各自の魂を【審査】する最後の審判。

       

      私が主に説いているのは、新しいみろくの世に進む時には各自の魂の審査があるので、その点数は各自の良心神の点数が問われるので【人に内在する良心神】を説いているのであって、神界における神々の最終戦争(ハルマゲドン)やこの地球の自然が崩壊されたことによる地球崩壊は私の様な肉体を持った者にはどうすることも出来ない問題なのです。

      そこにあるのが、【天地創造の神】を唯一神とするのか、どうかなのです。

       

       

      世界中で自然環境の破壊が起きていて、

      今の世はやがて天変地異が起きると予想されていますが、人類が自然を破壊して来たことで、自然のしっぺ返しを受けるのです。

       

      それは、精霊と呼ばれる存在が失せて行くからです。

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      天国界に一気に上がる超特急エレベーターと天国に一歩一歩上がる既存の階段

      0

        私達はこれまで【輪廻転生】の中で、神の御国たる天国界に進むのに一歩一歩階段を上がっていました。その道は果てしなく遠い道で、仏教では【化城喩品第七】にそうしたことが説かれて来ました。

         

        その【化城喩品第七】が説く内容とは、インターネット上に出ているものから一部を抜粋させてもらいました。

         

        【たとえば、人跡未踏の荒野があるとする。五百由旬の悪路を大勢の人たちが、宝を求めて歩いていくとする。道は険しく、 人びとは途中で口々に不平をいい始める。疲れた、これ以上は歩けない、前途なお遠い、引き返そう、と。道案内人は、このままでは 宝の処まで行けないと判断し、方便を使って一行を導こうとした。すなわち神通力で、道の途上に城を作って、一行に言ったのである。 あそこに城がある、ゆっくり休んでいこう、そこに滞在してもいい、と。一行は大いに喜んで、そこに止宿した。そうして道案内人は 人びとが、ゆったり保養し元気を回復したのを見はからって、城を消滅させて、言ったのである。諸君、宝の場所はもうすぐ近くだ、 この城はみんなを休養させるために、私が仮に作ったものだ、と。一行はまた元気よく、宝の場所へ向かって歩き出した。

        僧たちよ、如来もまたこのようなものである。衆生のために道案内となり、生死、煩悩の悪路を通り過ぎなければならない。 もし衆生が一仏乗のみを聞いて導かれるならば、衆生はこうおもうだろう。 仏道ははるかに遠い、久しく苦しい道のりを 歩いていかなければ、到達できない、と。こうして仏は方便をもって、道の途中に止宿するため、 二乗すなわち声聞乗と独覚乗 を設けて、言うのである。この城は仮のものだ、宝の場所はすぐ近くだ、と 】

         

        このことを【化城(まぼろしの城)】と言います。

         

        仏教においても、他の宗教においても【我が宗派の教えを信じれば天国(極楽)】は、こうした「化城(まぼろしの城)」の教えと言えます。天国は遙かに遠い等と言えば悲観する人達も当然に出ます。そこには【嘘も方便】もあります。

        世には葬儀の時にお坊さんにお経を上げて貰えば極楽に行けると信じている人達があります。しかし、仏典には僧侶がお経を唱えたから極楽に往生だとは書かれてはいないのです。学ぶことによって。自分が思っていたことが間違っていたことに気づくなのです。

         

        大本教の出口王仁三郎聖師は、魂の旅は辛いものだと記しておられます。この世に人として出て死んで、この世に人として出て死んで。そうした繰り返しの「輪廻転生」の中で天国への階段を一歩一歩を歩んで来たわけです。

        その階段は霊界でと言うことではなく、【この世での私達の生き方】において天国階段を登っているわけです。二歩登って一歩下がる。三歩登って二歩下がる。だが、時には失敗もします。その時には一気に階段を降りてしまうです。

        私達は自動車の任意保険でそうした体験をします。一年間無事故であれば保険料が割り引かれて一等級あがります。しかし、事故を起こせば事故によっては三階級ぐらい落とされます。一年に2回も事故を起こせば一気に五〜六等級ぐらい落ちます。そこから元の階級に戻すのにそれだけの年数が余分にかかってしまいます。

         

        そして、これは肉体を持った魂だけではなく、人にはその肉体を守護しているところの守護霊で本守護神・正守護神ではなく、その肉体を指導することで自分達の霊界での階級を上げようとしている霊達、一般的には【副守護神(霊)格】の存在もその肉体と同じ状態にあるのです。自分が指導して導いていた肉体が階段を上がれば、自分達も霊界での階段を上がれるです。

        一部の霊感者には、大本教や他の神道系でも説かれた【本守護神・正守護神】は肉体が道を誤れば一緒に落ちるものだとの錯覚があるようですが、自己の内在神たる【本守護神と正守護神】は階級が落ちることはなく、その地位は不動なのです。

        それは肉体を指導しているのは本守護神や正守護神ではないからです。肉体はその本守護神や正守護神が居る段階まで上がらないと、自己の魂には帰結出来ないからです。それまでは他の指導神霊に従っています。

        スピリチュアルでは貴方の本守護神とか正守護神などはほとんど出て来ないのが一般的です。貴方には天使が就いている式で終わってしまうからです。自分の本守護神や正守護神が下の界に落ちるのではなく、その人を背後で指導や守護していて○○大神や天使など称している外から来た外在の神霊が下位の霊と交代したりするのです。

         

        本守護神・正守護神は自分の魂の源元で、高い霊世界に存在している

        その世界に帰るのか、帰らないのかの帰結の問題

         

        一部の霊能力者の方達が既に説かれるように、今は各自の外在神ではなくて、自分の魂の系譜たる内在神に切り替わろうとしています。外在神の霊力を頼るのではなくて、自己の内在神を成長させる時なのです。それは高い霊界に帰る為にです。

        外在神に頼って霊力を誇って、自分は凄いのだ!。偉いのだ!。等とおかしなプライドを振り回していても、自己の本守護神・正守護神には何一つ帰結していないのです。逆にそのプライド(誇り)が、【埃(ほこり)】的なものに化してしまいます。

        自己に懸かる外在神の名は解っても、自己の内在である本守護神や正守護神がどこからも出ていないとすれば、それは実に変な話なのです。

         

         

        通常、霊界に行くには仏教で説かれた死後の世界は三方向の途がありますよの【三途の川】を渡って天国への途です。仏教で「化城」の教えにあるように天国への道は遠いのです。為に、大多数の方は輪廻転生が強く働く「中有界」です。中有界と言ってもその上界では天国に似たような世界も存在して来ます。ただ、本当の天国と違って輪廻転生が強く出て来るです。あるスピリチュアルの女性は、自分は一万回も輪廻転生して来たと誇っておられましたが、それは自慢にはならない話です。

        天国に入るには僧侶のお経ではなく、神主の祝詞でもなく、自分がこの世で積んだ【徳】分がどれだけあるかてす。良心神の点数です。

         

        ところが、大本教の出口王仁三郎聖師はそうした「三途川」だけではなくて、神一筋の「少途川」の存在を説かれました。だが、この道を行く人は当然に【希(まれ)】なのです。

        これは【天帝】たる万物の創造神を命を賭しての信仰なのです。出口王仁三郎聖師と共に苦難の道を歩まれた当時の大本教の宣伝使達は、皆さん高い霊界に行かれたと、宇佐八幡宮の御使いと称する霊は私に伝えて来ました。ただそれは、出口王仁三郎聖師に率いられたいた当時の宣伝使達で、今の大本教の信徒と言うことではないのです。

        だが、創造神に向かう道は少途で解るように厳しき道で、一歩道を誤れば谷底に墜ちるなのです。私がこれまで接して来た豊受姫や木花咲耶姫の分魂の持ち主は、皆さん「国常立尊」様で走っておられました。

         

        私は、これを【天神様の細道】と言っています

         

        私が言う天神様とは、人間であった学問の神として信仰される「菅原道真」公のことではありません。西洋ではエホバの神、アラーの神。日本では【天之御中主(地上界は国常立尊)】と呼ばれる存在です。

        今日まで誰も仏教では聞いたことがない【少途川】。大本教から「少途川」の存在は出されましたが、詳細が述べられていません。しかし、私が知る「艮金神・国常立尊」様を主神と仰ぐ霊能力がある方達は、少なからずもこの川の名前を知らずにその道の存在のことは知っておられるなのです。

         

        ただ、私が言霊の教えを受けた二番目の師匠の御祭神は「国常立尊」と名乗っておられましたが、ニセ神でした。その師匠の元に自分が本当の国常立尊様を祭神としている者だと称する霊能者の方も多数出て来られて、その中でどちらが本物かの霊術合戦も行われました。そうしたことでも解る様に国常立尊と名乗るニセ神も存在するように、豊受姫と名乗るニセ神も存在しています。天照皇大御神や大国主命と名乗るニセ神達も多数跋扈しています。

        私が今の神霊世界は一筋縄では行かないと言っているのは、そうした神霊達の跋扈があまりにも多いからです。

         

        大本教の出口王仁三郎聖師か説かれた「少途川」以外にも、天国への特急コースは存在しています。例えば、四国八十八カ所遍路旅がそうです。バスや自家用車で回るのではなくて徒歩コース。おそらく【善根】を知る【四国の米(八十八)】の世根コース版とも言えるでしょう。

        ただ、この特急コースは霊界の壁を登るコースで、その登り方を指導する神霊や天使の補助が無ければ何人も自力では上がれません。これは【この世概念】に縛られてしまうと無理なのです。牧師や僧侶をしていると、神仏を拝んでいればとその教義に縛られてしまい、概念が邪魔してしまうなのです。実践として神仏の存在を素直に信じるのが良いのです。

         

        神仏の存在を「ス直(すなお)」に信じるのがスの神論

        信じる者は【儲(信じる者)かる】の道です

         

        私がこれまで接した「国常立尊」様を言われる方達は、皆さん、霊界の壁の登り方を知っているがありました。私の母親は霊が見えるではありませんでしたが、夢の中で女神からその霊界の壁の登り方を教えられた言います。たぶん、その指導神は「豊国姫」だっと思われます。

         

        優秀な霊能力者達が、人はその存在が正神なのか邪神なのか見分けるのは難しい。仮にそれが邪神と知らずに信仰したとしても、その人の信仰が【至誠】に通じていれば、天はその人を助けると言われます。至誠天に通ずるです。

         

        その信仰の「姿勢」が悪ければ、【至誠】は天に通じず

         

        日月神示などでは、【九十九%は邪神】との説が出ていますが、数多くの小さな力の邪神のパワーと数少ない力強い正神のパワーとでバランスが取られていると言えます。 だからこそ、その教団の教義を鵜呑みにするのではなく、自己の良心神を磨いて照らし合わせなければならないのです。

         

         

        大本教からは【世の大立替】が予告されました。それは今日までの【輪廻転生】の終わりを告げます。そうすれば、これまで「輪廻転生」で天国への階段を上がっていた人達からすれば、【冗談】ではないとなります。俺達はもっともっと上の霊界に行きたかったのにそのチャンスを奪い取るのかです。

        そこに天の御国に一気に上げる「超特急エレべター」が用意されているのです。それは【天の御柱(天之御中主)】と【地(国)の御柱(国常立尊)】とを結ぶ神界の超特急エレベーターです。大本教から天の主宰神たる天之御中主と、その地位を追われた元の地の主宰神の国常立尊は【同一】神であると説かれて来ました。

         

        これは天の御柱神と地の御柱神の直結にしか出来ない仕組みなのです。

         

        一部の霊能力者の方は、それを【神界機密ゲート】と称しておられます。しかし、その機密ゲートの存在を知っているからと言って、誰もそれを大々的には言われません。それは、未だゲートそのものが機能していないからです。

        世の大立替時には【天帝たる創造神】が現れると考えられています。それに処するものとして、天と地を結ぶ場所が無いと、その【超特急エレベーター】が運航出来なくなります。そこに大本教神諭は、綾部は【神戸(かんべ)】と出しました。

         

        つまり、綾部には天の岩戸は無いが、【神の出口たる戸】が「直」にあるなのです。 大本教開祖は【出口直】。

        綾部(あやべ)の古来名は【漢部】

        漢部(かんべ)は【神戸(かんべ)】

         

        大本教神諭の、ここは綾部に「神戸」の漢字を振られたのは出口王仁三郎聖師です。当時の大本教内部では出口なお開祖のお筆先がひらかなであったことから「ひらかな」文字に固執する開祖派と漢字の研究に没頭した出口王仁三郎聖師との間には確執がありました。綾部は、ここは「漢部」だからこそ、漢字の仕組みが存在していたのです。綾部は漢からの帰化人「秦氏」が絹の織物をしていた土地なのです。そこで、漢の人達(部)で漢部と呼ばれたのです。

         

        綾部に創造神の降臨が起きた時、このエレベターは機能するです。階段ではなくて、一気に天国に渡すです。

         

        そこに大本教は綾部に天の造化三神が降下されると、綾部は神の【聖都】と予告したのです。大本教では平成に入ってその造化三神が降臨される場所としての【平成神殿】群が建立されましたが、創造神はその「依代」として人の肉体を使って降下するのであり、建物や神像や道具類に降りるではないのです。 いわんや紙に書かれた「文字」に降臨するではないのです。

         

        こうしたことは、私達の魂には【霊子線(西洋ではシルバーコードと称されるが、必ずしも銀色線ではない)】の存在が説かれていますが、地球の玉にもそうした「霊子線」が存在しているなのです。私達の目には見えない霊界であっても、一つ一つ証拠を固めて行けば、そうした存在も解ることなのです。

        私は【霊子線】の存在を神から教えられたではなくて、自分の目で見てきたことからその存在の正しさを言いますが、その存在すら説明しない○○大神と名乗る霊が自分に出て来たからでは、その人の目は狂っているなのです。「霊子線」のことは、大本教や日月神示や他の書やスピリチュアルですら既に出されていることなのです。

        邪神達はそうしたことを他から学ばれることを非常に嫌います。自分達がそれらに対しての説明能力を持たないからです。

         

        私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【この国(日本)は私の教えで満ちあふれている】と言われましたが、自分に臨んで来た神霊の言葉ではなく、この日本には創造神の仕組みが満ちあふれているのです。自己の努力の学びしだいで、日本人ならば創造神の仕組みが見えて来るなのです。

         

        神社参りをしたからと言って、天国階段が上れているとは限りません

        それらは神の存在を認識するだけであり、自己の魂磨きとは別物です

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        この世の地獄と霊界での地獄 どちらの地獄がよいのか?

        0

          多くの科学者や医学者は自分の目に見えた世界しか肯定しませんので、死後の世界や魂の存在を否定する方達が大多数です。

           

          無論、霊世界を言う方の中にも精神病に一歩手前の方とか、まったくインチキで霊感商法をする方とか、確かに霊は見えてはいるのでしょうが低級霊に踊らされている方達が多数ありますので、自分の目に見えない物は全て否定する方達から見ればインチキだとかオカルトだとか批判されてしまう側面はあります。

          そうした中で、公然と死後の世界などは無いと言う某仏教宗派もありますが、宗教はどの宗派であろうとも【天国と地獄】論を展開します。では、宗教家達はその【天国と地獄】を見たことがありますかと質問されたら、否。自分は見たことがないけれども、昔からの教えだ。宗教開祖の教えに地獄の存在があるで終わってしまうでしょう。

           

          日本における地獄の概念は、天台宗の僧であった「源信」が仏教の経典等から集約した【往生要集】にあるとされます。

          原始仏教においては【六道輪廻】が説かれました。「天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道」です。その六道を「輪廻」しているです。

           

          仏教の六道輪廻を簡略に言えば、

          ・天道は、天人達が住む世界ですが、未だ解脱には至っていないです。

          ・人間道は、私達が住む世界ですが、「四苦八苦」は免れないです。

          ・修羅道は、戦いに明け暮れて、苦しみや怒りが絶えない世界です。

          ・畜生道は、牛馬などの畜生の世界のことです。

          ・餓鬼道は、餓鬼の世界のことです。

          ・地獄道は、この世での罪を償う、世界のことです。

           

          この【六道輪廻】の観念が本当に正しいかどうかは別として、【輪廻転生】そのものは存在しており地獄界は存在しているとは言えます。

          私自身は少しばかりの霊界体験に過ぎませんが地獄の存在を見て来ました。仏教では八大地獄(八熱地獄)とは別の八寒地獄と合わせて十六の地獄が説かれていますが、私は「氷の世界」を見ましたが、その氷の世界を寒さで分類したのが八寒地獄なのかも知れません。

           

          俗に仏教で言われる地獄には牛頭や馬頭姿の鬼達が居て、地獄に墜ちた亡者達を苛む獄卒とされていますが、私がこれまで見て来た【閻魔庁】の役人達は、神社などに参拝すると出て来る平安時代や鎌倉時代の警備の武士の様な姿で、鬼のような牛頭虎パンツで金棒を持った出で立ちの者は一度も見たことはありません。

          私は大本教の型演技で、この艮(ウシトラ)には【牛虎】もあるぞよで。牛頭虎パンツの地獄の獄卒とされる鬼は、言葉の意味合いで「魂(鬼が云う)」論であることに気づきましたが、そうした鬼的な獄卒が地獄にいたとしても別におかしくはないと言います。霊界はこの世と違って、いろんな存在があるからです。

           

          霊的世界は広大であり、自分が全てを見るなどは出来ません。私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【人はその一生において何もかも解る立場ではない。自分は見ていなくても、他の人は見たのかも知れない。自分が見ていないからと否定するのは実に愚かな者が言う言葉である。他の人が見た物も知識として得るならば自分の知識となる。人はそれによっては多くのことを学ぶことが出来る。】と告げられました。

          霊的世界は霊能力が備わっていないと見えません。しかし、自分に霊的能力があるからと言って、自分が見ている霊的世界だけに固執している方達もあります。【神界ピラミッド】が語られますが、自分がその神界ピラミッドのどの辺に存在するのかそれすら見定めていないで、自分が見た神霊の言葉だけで視野を広げない方達が多数あります。

           

          そうした中で私が見た地獄の一つに、俗に「奈落の底」と呼ばれる世界もありました。私はその底を降りて見ようと降りたのですが、降りても降りても行き着かない。これは「無間地獄」で降りても降りても底に着かないかも知れないと諦めて、途中で反転して帰って来たがあります。

           

          魂は【玉型の思惟】であり【意識体】です。その意思によって、ある程度は【自在】です。だが、いくら自在であっても、自分は天国に行くで天国には行けませんし。自分は地獄には絶対に行かないと頑張っても、地獄に向かって行くなのです。そこには【法則】があり、自己の意思だけでは【法則】を越えられないなのです。

          スピリチュアルでは知識として【引き寄せ】の法則を言います。格言として言えば【類は友(類)を呼ぶ】です。自己の犠牲をいとわずに他の人のことを助ける様な人達は、そうした人達ばかりが引き寄せられるので自然と天国界を創ります。しかし、自己中心主義の自分勝手な人達はそうした人達ばかりが引き寄せられるので自然と地獄界と呼ばれるような世界を創るとなるのです。

           

          宗教家の任務とは、天国天人の生き方。他を救って自らは世根として働く犠牲心。それに向かっての指導なのです。

          ですから、宗教とは【人の胸(宗)】の中にある存在の教えであり、イエスが説いた【愛】の教えもその【人の胸(宗)】の中の存在の一部ではあるのですが、愛は「正義と公平」を失うと自己の家族だけとかの狭い了見になって【偏蛇】に陥りやすいのです。愛は善と結びつかないと【良心神】としての機能が発揮出来ないのです。

          大本教では魂の核(奥)たる【良心神】を教えきれなかったので、その出口として「愛善」の教えになったのです。

           

           

          私は奈落の底を見ずに反転して引き返しましたが、私の母親がやはり奈落の底を見ようと降りたと言います。そして底に着いたと言います。そこで私の母親が見たのは意外な光景でした。私の母親の魂は、私の最初の師匠は豊受姫のお代でしたが、その豊受姫をして自分より上の神の分魂だと言った存在です。豊受姫より上位の神とは、大本教で説かれた豊国姫(坤金神)の分魂だったのです。ならば、豊受姫の自分よりも上位の神の分魂の言葉も頷けます。

          そもそも日本の記紀神話には、豊国姫(坤金神)の存在は説かれていません。記紀神話は「国常立尊」そのものが名があるだけで消された神であり、ましてその妻神たる「豊国姫」が無くてもおかしくはないのです。「牛虎(艮)があれば羊猿(坤)」がないとおかしいのです。

           

          私はこの世の地位や身分でその人の魂を判断してはいけないと言っているのは、私自身豊受姫から私の母親の神力は豊受姫より上と聞かされても信じられませんでしたが、その母親がこの世を去る半年前から母親に豊国姫と思われる霊が出て来ておられるのを見て、大本教の出口王仁三郎聖師が一部の信徒達に死守せよと命じた土地を私の母親が苦労の末に買ったのも、全ては神界の仕組みの一環だったのかと認識させられたしだいからです。

          大本教で出した坤金神の豊国姫は日本神話における伊弉冉尊と同じ様な存在になりますので、伊弉冉尊が「黄泉国」を知る立場ならば、豊国姫の分魂であった私の母親が奈落の底まで降りて行ったとしても別に不思議ではありません。

           

          その母親が奈落の底に行き着くまでに見た地獄とは、牛頭馬頭の鬼が罪人を苛んでいる世界ではなかったのです。当然に光が無い暗闇の様な世界で、僅かな明かりの中で見た地獄の住人達は【魂が抜けた】よう腑抜けのような人達がヨロヨロ歩いていたり、寝ていたりボケッとしている世界だったと言います。

          その光景を見た私の母親は、あんな地獄だけは絶対に行きたくないと言いました。あんな世界に住むのはもう人間じゃないです。

          私はそれを聞いた時、その地獄ならば私も過去に見た世界と解りました。簡単に言うと、

           

          私も見た地獄は映画の「ゾンビ」の様な存在の人が集まる世界

           

          私はかって何人かの霊能力者の方達から、ある教祖に出会って欲しいと頼まれて、東京に行って出会いました。その教祖は、単に私の名刺を見ただけで何も言いませんでしたが、その教祖の周りを取り巻いている熱狂的な信徒達を見ると、その頭には白の三角頭巾。この教祖は信徒達を皆、亡者道に行かせると解りました。墜ちて行く先は、そうした「ゾンビ」の様な人の姿の状態の世界にです。

          その教祖はその教祖を一時は崇めていた女性霊能者に、自分は地獄に墜ちるであろう。その地獄に信者達も引き連れて行き、地獄で自分の王国を造る。貴女も一緒にその地獄に行こうと誘ったので、その女性霊能者が断ったところ自分を離してくれないと告げて来られたので、陰からその引き離しを神仏にお願いしたことがあります。

           

          悪魔と契約をすれば、自分の魂を食べられるがこの世での幸せを得られる等と言われています。もうこの世には出られないような状態を言うのかも知れません。ただ、生きているだけ。死ぬことも出来ないのです。

          死後の霊的世界において地縛化した霊は、同じ行為を繰り返していることが報告されています。霊の地縛化(幽霊として出て来る)は、自殺をすれば陥るとされています。そして、同じ光景を繰り返しているとされます。すなわち、ゾンビと同じと言えます。

           

          この世には、この世の地獄と呼ばれるような辛い環境もあります。しかし、霊界に入って映画の「ゾンビ」のような状態になって、どれほどの時間か解らない状態で暮らすよりも、この世の地獄の方がどれだけましかです。

          この地獄の「ゾンビ」の様な世界を見た方は、私や私の母親以外にもおられるようで、どなたもあんな世界には絶対に行きたくないと言われます。あまりにもおぞましい光景なのです。魂が無くなるとは、生ける屍と言えます。

           

          この世の地獄には終わりの日があるが

          あの世の地獄には終わりがあるとは言い切れない

           

          私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【人は死んで産まれるを繰り返す。この世に居る時間とは魂の命からすると僅かな時間に過ぎない。その僅かな時間に「刹那心」に溺れてはいけない。刹那心に溺れると自分の魂を腐らせる】と告げられました。

          魂が腐ってしまいますと、もう人としてこの世に出ることはないのです。

           

          どんなにこの世で置かれた環境が劣悪でも

          それに立ち向かう勇気が要るのです

           

          天国は「禄(6)の世界」で、この世は「苦(9)」界です。天国で「禄(火水)」の花を咲かせるには、この世の「苦」を逆転させなければならないのです。この世では幸せばかりで、あの世でも幸せばかりは、あり得ないのです。

          日月神示などでは「でんぐり返し」の言葉があるようですが、【6と9】のでんぐり返しもあるのです。

           

          天国での花を咲かせるには、この世の「苦労」を積ことです

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          魂は丸くないと玉が【歪(不正)む】、魂に心棒が出来ずに良心が真柱神とはならない

          0

            私は人の魂を見て来て、その魂に【良心神】の点数が出ることを見させられました。だが、そうしたことは今日までの宗教や精神世界で説かれたことがありません。だが、魂に点数が出ることは私以外にも知る方があり、私だけではないと安心したしだいです。

            最近、ある霊能力がある方から人の魂が見えるようになって、その人が見た知人の魂は○型ではなくて△型であったので愕然とした。道理で角ばかりが立っていた人だです。

            このように人々に他人の魂が見えて来るようになると、この人の魂は何だとなります。魂は丸くてもどす黒く汚れている。歪んでいる。変形している。捻れている。腐って来ている。臭い匂いを放っている。一方、あの人は光輝いている。そうしたことが一目瞭然となってしまうなのです。

             

            私が何故に大本教が世に出した【牛虎(ウシトラ)金神・国常立尊】様のことばかりを言っているのかと言いますと、鬼が云う【魂】のことを言わぬ神仏達の存在に呆れかえっているからです。一部の神仏のみが自分の魂を磨けと言われているだけだからです。

            この【鬼が云う】を世に出してくれたのは大本教なのです。

             

            私は最初の頃、魂に出る点数の意味がよく解りませんでした。何の点数だろうです。その当時は単に魂全体の点数だろう思っておりました。大雑把に言えばそれでもよかったのですが、厳密には違ったのです。

            イエスが説いたとされる「愛」の教えと、お釈迦様の菩提樹の下の悟りが「慈悲」だったとされていることから、そこにはさほどの差異はありません。

             

            私が子供の頃、私に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【そなたはイエスの愛の教えを何一つ恐れずに乗り越えて行け】でした。恐れずに行けとは、イエスの「愛」の教えが私が説くことの【障害】になるです。どうして「愛」の教えが障害になるのか?。イエスの愛の教え以上のものがあるのだろうか?。ただただ戸惑うだけでした。

             

            イエスの愛の教え以上の存在?

            その意味が解らずに来たのです

             

            そうしたなかで、数十年前に曹洞宗の機関紙たる小冊の中に、お釈迦様の菩提樹の下の悟りは慈悲ではなくて、【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在する】と悟られたとあるのを見て小躍りしたしだいです。お釈迦様の悟りは「慈悲」ではなく、人には良心神が内在するが本当の悟りだったのです。

             

            仏教ではなく、日本神道で「みろく大神」を全面に打ち出した大本教が起きた時、多くの人にとっては何故に仏教ではなく日本神道が「みろく」神を世に出して来たのか奇異に思ったはずです。だが、誰にもその意味が解らなかったと言えます。

            それは大本教神諭が予告した「九つ花」を紐解けば、そこに「五十六億七千万」と「369」となる数字の仕組みの「みろく」神が、【言霊】の仕組みとして成り立っているという驚くべき仕組みがあったとなります。

            仏教でも「八十一体の仏」の形は出されてはいるのですが、その意味が今日まで何を語るのか意味不明でもあったのです。

             

            私が子供の頃、私に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり、そなた一人だけにはその仕組みを見せるので、それを人々に説きなさい】と告げられました。

            私は、【この日本に満ちあふれている】とされるものが何なのかさっぱり解らなかったのですが、鍾馗神のご案内で中国で創造神とされる盤古大神に拝謁したことから大本教の「霊界物語」を読み、出口王仁三郎聖師の姿をした霊から「アラー」の神の示唆と、別の日に私の家の風呂場前で【漢字】と書かれた浴衣を着て立たれたことから、裸(ラ)身に成る前?。

             

            そうしたことから、大本教霊界物語の中の「盤古大神から日本の国常立尊に返還」の意味が、中国で造られた漢字を日本語の「感じ」に変換する仕組みに気づいたと言えます。

            ただ、その前に聖書に記載される【初めに言葉は神と共にあった。言葉は神であった】の言葉を構成する言霊が何であるかを知ったことから、私の神観は「百八十度」ひっくり返ったと言います。ここが解っていないと、大本教の演技が解らないのです。

             

            そうした中で、どうして私が【人に内在する良心神】に至ったのかは、別にお釈迦様の悟りが「人に内在する良心神」であったからではないのです。大本教神諭予告の「九つ花」を「ラ神論」で紐解いたからではないのです。

            最大の「理由」は【棒に巻き付く蛇霊】にあったのです。現実界ではなくて霊的世界の光景ですが、いったい蛇霊が巻きついている【棒】は何の棒かです。 考えて見るならば、心棒とは不思議な言葉です。心の棒ですが誰もそんなものを見たことがないのです。

            その棒が【魂の心棒】のことだと行き着くまでにはそれなりの時間がかかりました。何故ならば、誰もそれを教えてくれないからです。教えが出来るだけの御神霊が日本には存在しておられなかったからです。ですから、どの宗教書にもそうしたことが述べられていなかったのです。

            もし日本の伊勢神宮の天照皇大御神でも出雲の大国主命でも世にそうしたことを教えておられれば、人類はそのことに早くに気づいたでしょう。

             

            下記の図は以前のブログにも出したものです。

             

             

             

            最後の審判は【火の審判】と呼ばれていますが、

             

            火では無くて【光(火借り)】の審判

            良心神は蛇霊神と常に対峙(退治)する

             

            私達は日本神話の中で、素戔嗚尊の【やまたのおろち(八岐大蛇)】退治の話を知ると思います。これは大本教で語られた八頭神が悪かったにつながりますが、素戔嗚尊がその八岐大蛇たる大蛇の胴から取り出した剣を【天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)】と言います。

             

            天叢は、天が業(カルマ)を取る

            各自の魂の過去の業(カルマ)の清算は、良心神が解消する

             

            最後は魂の内部から発する「光の審判」なので、それが起きるまでは【天の岩戸閉め】でもあるのです。【天の岩戸開け】とは、各自の魂の内部(核)から光が出て来ることなのです。それは魂の「核」であり、魂の核爆発による光と言えます。

            予告され続けた「天の岩戸開け」。それ自体は魂の心棒に巻き付いている蛇霊が存在すれば、それを返して(帰して)しまう働きでもあって、魂の中に「心棒」があれば良心神たる心棒は育っているのです。聖書で人類の原罪とされる蛇霊の囁きから脱却する話です。

            これを日本神道に持って来ると【天の岩戸開き】となるだけのことです。一八十度ひっくり返せるので、【一八十(イワト)開】けに過ぎません。

            問題は、各自の魂の中に良心神たる「心棒」があるかどうかなのです。

             

            魂の【心棒】は心の棒ですが、心棒は【軸】で解るように

             

            魂が丸くないと、魂の「心棒」が育ち機能していない

            魂が歪んでいたり捻れていると、心棒が出来ていない

             

            私はその人の魂が歪(不正)んでいたり捻れていると、もっと【素直】になりなさいと申し上げています。神霊が見えるとか、神霊と会話が出来るだけでは魂に歪みがあったり捻れていると「心棒」が育っていない為に誤った方向に進みます。

            私が説いている【良心神】が何を意味しているのか、何一つ理解すら出来ないのです。

             

            大本教から【ス】神論が出ました。今日では多くの新神道系の教団では【スの神】として出していますが、それらの教えを言う神霊達も【スの神】の意味すら理解には至っていないでしょう。何故に大本教の出口王仁三郎聖師は【ス】の神を出したかです。ス神論は「素(ス)直」の意味ですが、ス神は「光」の神の意味ではないのです。

            私は大本教の出口王仁三郎聖師と思われる霊が私に対して、回教宣伝使の姿で【ア・ラー】だと見せてくれましたので、日本語のアイウエオで「ア」の門を出て「ラ」に行く【みのか尾張】の国から出る【41】の言霊の道だと理解出来ましたので、ラ神(良神・羅神)論に行けました。

             

            自分には神霊が見える。神霊と会話が出来。それで、これだけの仕組みをした神の存在が貴方に解るのですか?。と私は問うのです。仏教も聖書も含めた世界的規模の話だからです。

            霊が見える。霊と会話が出来ると言う者が千人万人に一人出て修業しても、その中から本物は万人に一人程度しか出ないとされる世界で、千人や万人に一人の段階で自分には大身の神名や天使名を名乗る霊が出て来ると言っていても、言葉の仕組みでなされた【良心神】が理解出来ないのは、その人の魂が丸い正球でなく歪んでいたりするからです。

             

            本当に魂に良心神が育っている方の性格とは、穏やかで常識人です

            別に霊が見えたり、霊と会話が出来るが条件ではないのです

             

            大宗教家に成るような魂の方は別として、単に神霊が見えるとか神霊と会話が出来る霊能力者の段階だと魂の点数は低く、社会で世の為に人の為に尽くして常識人で温和な性格の持ち主の魂の点数は、霊能力がある方よりも上回っているものなのです。つまりそうした方達は【菩薩道】に徹しておられるからです。

             

            世の為人の為の【世根(米)】の道は、菩薩道

             

            行者の末路は哀れなりと言いますが、霊能力を誇って地獄界に墜ちていく。私が伏見稲荷山の夏の宵祭り頃に御膳谷の清明舎で宿泊していると、真夜中に清明舎横の豊受姫の瀧とされる清明瀧から天津祝詞や般若心経を上げている声が聞こえて来ます。

            それは真夜中に人が瀧に入って祝詞やお経を上げているのではなくて、生前は行者であった霊達が本当の天国にも渡れずに、死後も瀧に打たれる行を積んでいるのです。もう、【哀れ】としか言えません。私は多くの行者霊が迷っているのを見て来た一人なのです。

             

            いくら霊が見えて会話が出来ても、良心神が解らないのは自己の性格を【悔い改め】なければならないのです。

             

            人としてこの世に生きている肉体の魂には天帝の分魂である【直霊】たる良心神は授けられていますが、死後の世界の魂には天帝の分魂たる直霊は存在していないのです。だから、神々には良心神を言っても解らないのです。

             

            ですから、【人に内在する良心神であり】

            死後の自分の魂には良心神は存在しない

            この世で人として生かされている間が勝負

             

            人の魂が歪むのは自分の行為の「不正」であり、人を恨む。人を攻撃する。憎む。自分勝手な行為。自分は偉いものだと変なプライドに支配される。そうした【心の持ち方】が自己の魂を歪ませるのです。

             

            貴方の性根は曲がっていませんか

            偏屈になると、自己の魂が歪みます

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            みろく世に適応した専用の【水晶玉(魂)】の中に【白十字】

            0

              つい最近、ある方からメールを頂きました。そのメールによると、その方の前に透明の水球が現れて、その中に白色の正十字が入っている。不思議なことに、その白色の正十字はどの位置から見ても正面に見えて来る。通常ならば正面に白色の正十字が見えるならば、脇から見るとそうは見えないはずなのに何故か白色の正十字が常に正面に見えて来る。それが玉だと解ったのは光の関係からです。これが貴方が説いていおられるみろく世における○十や水晶玉(魂)のことですかの質問です。

               

              大本教から【水晶魂(玉)】の言葉が世に出されました。今日までの魂は腐ったり捻れたりします。そうした状態になった魂は破砕されてしまいます。有能な霊能者の方達から、神社などに行くと霊能力がある人の目に微細なキラキラしたチリの様なものが見えるとされるのは、そうした破砕された魂の残骸との説も出されています。

              ある霊感者は神社に行って、そうしたキラキラしたチリのようなものが無数に見えて、自分の目に異常が起きたのかと思ったと言われましたが、そうしたことを教えて貰っていないとそうした思いをも抱いてしまいます。

              そうした破砕された魂の屑は「思念」だけを帯びているとなります。私の3回ほど前のブログに【壁を通過して来るオーブ】のビデオをユーチューブにアップした物を出しましたが、それらはカメラではレンズの関係で大きく見えますが微細な存在です。とても人間の魂と呼ばれる存在の大きさではありません。しかし、そうした霊物質の玉はこの世の次元とは関係ないことは映像から読み取れるわけです。

               

              この「思念」はかなりやっかいで、一度肉体から想念が出てしまうと、そのエネルギーが尽きる迄の間は消えません。人が生きていると実感できるのは「思い」を持つからであり、その思い(想い)が一切消えると魂でもその存在は価値を無くしてしまいます。

              この世は「四苦八苦」であり、「喜怒哀楽」は免れません。それが厭なら【無我】の世界しかなくなるのです。

               

              無我になることは、完全なる魂の死

               

              大本教神諭に、【自我があってはいけないが、まったく自我が無くても行けない】とありますが、完全【無我】となってしまいますと【自己の魂の消滅】になります。思考能力があると言うことが生きている証拠なのです。すると仏教で説かれる【本我・真我】と【無我】は本来は別物と解って来ます。

              創造神は【無我】かと言いますと無我ではなくて【有我】なのです。有我であるが故に万物の創造に入られたと言えます。創造神が「完全無我」の存在であれば、私達人類も万物も何も誕生していないのです。

              弥勒菩薩像の中には【思考】する姿がありますが、思考することは【識】の状態なのです。霊が見えるとか霊と会話するだけで、そうした【識】を否定していれば仏典の般若心経の「色即是空、空即是色、受想行識」を何も理解していないとなります。

               

              完全なる無我は自己の魂の命の消滅なので、その世界に四苦八苦も喜怒哀楽も輪廻転生も無い 。

              そんな世界に入ることが、人類の目的であったのだろうか?。

               

              みろく世は永遠の世とされますが、為には今の人類の肉体の中にある魂は腐ったり捻れたりする為に、新しい【みろく世に適した永遠性の命の魂が授与される】なのです。そこで、立替前の前宣伝として大本教から「水晶魂(玉)」が明らかにされたとも言えます。

              また、まったく新しい玉(魂)なので、ウシトラ金神として牛頭虎パンツの【鬼が云う】の物語が大本教霊界物語として組み立てられたとも言えます。そうでなければ、【節分の煎り豆にも花が咲く。三千世界一度に開く梅の花】などは宣伝としても出せないからです。

               

              この大本教の【水晶魂(玉)】に関して、ある霊能者は水晶玉など重たくて持てない。落としたら割れてしまう等と言っておられました。それは大本教が予告した「水晶玉(魂)」を西洋の魔術師が占いで使う水晶玉と混同したから言えます。私が出した壁を越えて来るオーブ玉のビデオで見られたように、その【水晶玉(魂)】はこの世の物質でありません。

               

              私にメールをくださった方が「水球」と判断されたように、【瑞(水)霊】の玉なのです。もしそれがこの世の水であれば、魂の表面に傷がつけば玉は破裂しかねません。表面は柔軟でありながら硬質という相反する特徴を持つのです。それは、この世の鉱物質で構成されているのではないからです。

               

              朝鮮に残されていた予言に、【最後の審判前、救世の為に「米」一字の教えが起きる。その教えが終わると最後の審判が開始される。その「米」一字の教えに従った者達の上には天罰は降りないが、その教えに従わなかった者達の上には天罰か降りる。その天罰を受けている中で「白十字」が現れる。その「白十字」によって助け出される。】との内容がありました。

              私はその予言を記した本は持っておらず、読んで記憶しているだけです。その著者名は忘れましたが、出版社は精神世界関係の本を多数出していた「たま出版」であったことは覚えています。だが、三十数年前の本でしたので、たま出版に問い合わせても今では解らないでしょう。

               

              大本教の霊界物語には【○十はみろくの神の御紋章の定めなり】とあるように、【みろく神】を意味する紋章です。そして、大本教神諭が予告した「九つ花」は【米】型で紐解かなければ意味が解りません。だが、大本教だけを見ると、その「○十」とは球玉の中に【白十字】が入っているとは書かれておりません。単に「○十」だけなのです。また、その○が球玉で霊的な「水晶玉」だとも書いてないのです。

              ですから、大本教神諭は【九つ花】を誠で紐解く者が出て来ないと、大本教が予告したウシトラ神の仕組みの意味も理解出来ないと予告して来たのです。

               

              西暦2015年11月7日付けの私のブログで【みろく世に行く切符。遂に(終に)確認された「〇十の降り注ぎ」】を出しました。そのブログ後に何人かの人から、霊的な話で現実にはそこには何も無いのですが、その「○十」を拾ったというメールを頂きました。それはみろく世に行くキップのことで、未だ【水晶玉】そのものではなかったのです。 いよいよ「玉」そのものが出て来たなのです。

               

              私は大本教で予告した【水晶魂(玉)】には何種類かの形があることをブログで書いて来ました。仏教系からは仏教を示す玉が出ますし、聖書系からは聖書を示す玉が出ます。日本神道系からは日本神道を示す「水晶玉」が出ます。

              その中で【○に白色の正十字】が入っている水晶魂(玉)を頂けるのは、【米】一字の教えから「みろく神」の言葉の仕組みを理解して、お釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】に向かった人達だけが、天から授かるものなのです。

              ただ、それは霊的なものなので、それが自分の目には見えなかったから【授与】されていないではないのです。「米」の教えをバカにしたり敵対した方達には出ないでしようが、「米」の教えを理解して【天帝】に向かった方達には授けられるものなのです。

               

              新しい玉魂なので、【鬼が云う】の仕組みが大本教から出たなのです

               

              大本教の出口王仁三郎聖師は、本当は「王仁(おに)三郎」でなく、「鬼(おに)三郎」と名乗るべきだったのです。そのことは、いくら神様でも鬼と名乗れはあんまりじゃで、「王仁」にしたと述べておられるはずです。

               

              無論、みろく世に渡るのは「みろくの仕組み」を説く「米」一字の教えを理解した者だけではなく、この仕組みを組み立てた根元となる「ウシトラ金神・国常立尊」を主神として信仰した方達のみならず、自分が信仰する宗派に良心神の存在の教えが無かったとしても、自己の良心を大切にして来た人達はみろく世にと進みます。

              何故ならば、天人達が噂話としてし言ったとされるのが、最後の審判は【各自の魂の良心神】の点数で判定されるからです。宗教宗派を問わず自己の良心を神的にして来た人達は、その点数は高いとなります。

               

              私が見て来た魂の良心神の点数が高い方は、どなたも別にスピリチュアルなどに惚けておられません。皆さん、まじめにコツコツと仕事をされ、よき社会人として生活され、先祖伝来の仏や地元の氏神様を大切にされています。別に神仏頼りではないのです。自己の良心に基づいて世の為人の為にと尽くして来た人達です。すなわち【米(世根)】だからです。

              では、神など無縁であった人達はどうなるのかとなりますと、その魂の汚れの状態において各自に【魂の洗濯】が起きます。その魂の洗濯に耐えれば、魂の汚れは洗われて行きますので、これもみろく世なのです。

               

              私は魂の洗濯は辛いので、早くから【悔い改めなさい】と言っているだけです。

              自分を悔い改める為には、良心神が必要だからです。

               

              同じみろく世に行くのであれば、何も辛い道を選ぶ必要など無いでしょう。 最後の審判の時には、日本の神社仏閣に鎮まる霊達も、全て魂の洗濯は免れないのです。

               

              私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、そなた一人だけにはこの神の仕組みを見せると告げられましたが、自分一人だけが見ていると思われる光景に関して絶対の確信は持てませんでした。そうした中で、大本教から予告された【水晶玉(魂)】を見る方が出て来られたことは、それが降りて来ていることを意味するのかとも考えられます。

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              三次元世界にしがみつく人、エデンの園(神の御国)に戻ろうとする人 その2

              0

                前のブログの続き

                 

                一方、自分の魂は他の星からやって来たなどの感覚を持つ人は、あまり三次元世界に縛られるはありません。この世は「魂の修業場」であると理解が出来ていたりします。どちらかというと、早く「この世から去りたい」です。お釈迦様の教えである【この世は苦界】を理解するからです。魂の修業場は当然に【苦界】です。

                 

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【人がこの世にある時間とは、魂にとっては修学旅行に出たような僅かな時間である】と告げられました。数日にしかならないと言うことです。

                大本教から、国常立尊は約三十五万年前に御引退と出されたことで、私はこの世の時間と神界時間には、約8765倍の差が生じていることに気づきました。霊界には時間は無いとされていますが、時間そのものはあるようです。あまりにも時間差がかけ離れているので無いとされているようです。

                 

                私は現在72歳で肉体としては老人の部類です。だが、神界時間に換算すると3日間ほどなのです。まさに「修学旅行」のような期間に過ぎません。仮に元の神界に戻れたとして100日間ほどそこに居て、この世に来たならば「浦島太郎」の状態では済まないのです。

                この霊界時間は、次元によって違っているのではないかと推察されます。霊界でも中有界であればすぐに「輪廻転生」で人してこの世に出て来るとされますが、天国界に入れば次にこの世に出て来るのはかなり先の話になります。

                 

                当然、第三天国、第二天国、第一天国界ではその期間の時間が違って来ますので、お釈迦様は自分は二度とこの世には降りて来ないと言われたとされますが、霊界の最上級界からでは途方もない先でないと無理ともなります。

                ただ、大本教の出口王仁三郎聖師や弘法大師さんや日蓮聖人さんなどの霊は、自分の教えを信じる信徒の為に、この世の霊界に留まって働いてくださってはいるなのです。為に、その霊的姿を見る方は出て来るのです。

                それは、この世の神社に鎮まって出て来られる神々と同じことなのです。多くの神社の御祭神が比較的若いことは知られていますが、神と言えども通常の神霊は「輪廻転生」の中にあるなのです。そこに日本の仏教においては、日本の神と言えども「輪廻転生」は免れないとして、日本の高い位の神には「大菩薩」の称号を贈ったともなります。

                 

                仏教ではこの世の【執着】から離れなさいと説いたのですが、それが多くの人に届くこともなく、欲望心からの「執着」によって【蛇霊化】する魂が続出したと言えます。蛇の脱皮を財布に入れると金が貯まる等と、欲望からの「巳さん」信仰が盛んになったとも言えます。

                 

                昔の方はそれほどでもなかったのですが、今の世に天国界に渡る人は数少なくなっています。昔の方ならば、天国に案内する道もさほど難しくはなかったのですが、今の天国の門が別に厳しくなったのではないのですが、人々が物質世界に対しての執着心から切れない状態に入って来ていると言えます。

                 

                また、誤った宗教理論も出て来ました。そうした一つに【先祖供養】があります。肉体はご先祖と言うのは家系の血脈に依存します。しかし、個々の魂はその先祖霊と魂の先祖関係にはほとんどの場合無いのです。魂の世界での縁によって、その家に出るです。魂の縁と自己の魂の先祖たる霊脈とは違います。

                魂の先祖関係とは貴方は誰々の「分魂」ですで知られるように、本守護神とか正守護神と呼ばれる段階の霊にあるのです。それが自己の魂のご先祖であり、自己の魂の本守護神・正守護神に帰結の道を説かずに先祖供養を言うのは片手落ちとも言えます。

                時たまの事例として、魂の霊脈もあって同じ家で親子として誕生するはあります。また、自分自身がそのご先祖霊の生まれ変わりでその家に出るもあります。そうしますと、自分が自分であったご先祖霊を拝しているという事態も生じます。

                 

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は告げました。【人は自分の前世を知らず。過去の自分が神としてどこかに祭られていることも知らずに、その存在を神として崇めることも起きて来る。人は自分の前世が神として祭られていると解っても、その前世を自分だと言って表に出してはいけない。今生の与えられた名前を持ってして、神と成る道を行くべし】と言われたのです。

                過去の自分がどれほどこの世での功績があって、どこかの神社で神霊として祭られていようが、この世に出た肉体の身は、その身で【神上がり】をしなければならないなのです。その証拠に過去世の功績でいくら神として祭られていても、肉体の魂の今生の行いが悪ければ地獄落ちもあるのです。

                 

                魂には、過去の名前で出ていますは通用しない

                 

                家系のご先祖霊も天国界に入ってしまいますと、この世の家系の子孫との関係は切らなくてはいけません。この世の者と関わってはいけないのです。それは天国界の掟だからです。そうした話は聞かれたと思います。

                ただ、天国界に渡れなかった先祖霊にすれば、この世に輪廻転生で出て来られないとすれば、肉体の子孫に助けを頼らざる得ないとはなります。先祖供養の本質の意味合いはそこにあると言えます。 ご先祖霊もこの世に「輪廻転生」で人として出て来てしまえば、ご先祖様、ご先祖様と言っても、もうご先祖霊としてはどこにも存在していないのです。先祖霊としての供養の対象の霊とは、「輪廻転生」のシステムの中では、まだ天国では無い霊界に留まっている霊が対象なのです。

                 

                ご先祖霊が全て天国界に上がれば

                家系の先祖供養は必要無し

                 

                ある霊能力がある方が、自分の背後に憑いた神霊に対して、自分の肉体の親はどの世界に行ったかと問いただされたところ、その背後の神霊は【行くべき世界に行った。それがどのような世界かは知らない】と答えたそうですが、それが「正解」なのです。

                 

                この世に生きている時に、天国行きのキップは手に入れる

                 

                私の最初の師匠は豊受姫のお代でしたが、相談者から「先祖供養」を頼まれると、神は先祖供養は受け付けない。先祖供養をして欲しければ「坊主」のところに行けと、ピシャリと断っておられました。

                 

                先祖霊を上げるは、神様に頼めば何とかなるの話ではない。

                 

                神界と仏界は同じだと言われる霊能者の方もあれば、神界と仏界では行く先が違うとされる霊能者の方もあります。霊と言う面では同じでも、その世界は同じではない為に、大本教神諭には「モウ仏(物)の世は終わった」という内容が出て来ます。

                 

                仏の世を必要とするのは【輪廻転生】がある期間

                輪廻転生の世が終われば【仏】の世は消えるのです。

                 

                すると、先祖供養の問題はご先祖霊が「輪廻転生」でこの世に出られるまでなのです。だが、そこには「怨念、執念、執着」から脱却させるが必要なのです。そうでないと、どうしても家系の子孫にそれが降り懸かるなのです。

                 

                地獄の沙汰は金次第と言いますが、子孫が先祖の罪を償うで、世の為に人の為に尽くされれば、その地獄の沙汰は変わります。お坊さんに高い金額の戒名料を付けてもらうことではないのです。

                そのご先祖が生前、世の為人の為に何もしなかったことに対して、子孫がそれに代わってすることなのです。

                 

                そうすれば、先祖が犯した罪の過ちも

                羊の言たる善(譱)の羊から良心神が出て来る【養】でしょう

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                三次元世界にしがみつく人、エデンの園(神の御国)に戻ろうとする人 その1

                0

                  私達が持っている魂とは、元々【高次元世界】に所属している存在です。しかし、私達人間は魂に肉体と言う物質界の服をまとった為に、どうしても三次元界という社会の概念に縛られてしまいます。【物質界の欲】です。

                  古来より、【賢者】達はそうした肉体の束縛から脱出する道を説いてくれました。仏教における【この世の執着心】から離れよはその典型たる教えです。

                   

                  そして、説かれて来たことは人の執着心は魂を【蛇霊化】させるです

                   

                  聖書における人類の原罪は【蛇霊の囁き】です。すなわち、蛇霊の囁きから脱出が出来た人だけが、エデンの園たる【神の御国】に戻れるのです。意外なことですが、聖書の教えも仏教の教えも中味的には【蛇(執着)心】から離れなさいと説いているのです。

                  私は【悔い改めた蛇霊神】は、現実界の蛇が棒の様に直立をして、その蛇霊神は麗しい元の天人の姿に戻って、本当の【天人界】に入ると書いて来ました。

                   

                  何が大切かと言いますと、自分を【悔い改める】なのです

                   

                  私が説いている【人に内在する良心神】は、自己に良心が備わっていなければ【悔い改める】が出来ないからです。良心無くして、【悔い改めが出来ますか?】、と言っているのです。

                  それは、人の魂の心棒に蛇霊が巻き付くと、人は蛇霊の囁きに対抗できなくなるからです。蛇霊が人の魂の心棒に巻き付く心棒そのものが【良心神たる真柱】なのです。ですから、スピリチュアルで「愛」ばかりを連発する人は、良心神を理解することは出来ません。愛では何をしても赦されるで「悔い改める」ことが出来ないからです。

                   

                  日本の神智学では、愛の教えばかりを言っている者は蛇霊の唆しにあっているとされますが、イエスの教えの本質は「悔い改める」でした。しかし、新約聖書は悪魔達に支配された牧師達によってある会議でその内容か書き換えられたとされます。「愛」さえ言っていれば、自分は正しい者と見なされる。そうした錯覚からでしょう。

                   

                  私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【旧約聖書は我が書であるなれども、その内容は暗号化されたものであって、表面通り読めば意味が解らぬ】と告げられました。為に意味がよく理解出来ないので、悪魔に支配された司祭や牧師達も意味が解らずにそのままにしたのでしょう。逆に暗号化されていれば意味を紐解くことは困難となります。

                  私は日本神道の世界に足を踏み入れて、日本神道は「旧約聖書の世界」かと戸惑いが生じました。そうしたことは一部の人達から日ユ同祖論として出ていますが、それは今の人類以前に源があるのです。そのことは今の日本の神社に鎮まる若い御神霊達が知る内容ではないのです。

                   

                  ユダヤ教は旧約聖書でも「タナハ」とされるトーラー・モーセ五書を指します。イスラム教はコーランと旧約聖書。キリスト教は旧約聖書と新約聖書ですが、キリスト教はその重き比重は新約聖書でイエスの教えとされるものです。それを私に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【新約聖書は人の子達が為した書】と言われたのです。書き換えられているからです。

                  このユダヤ教とキリスト教とイスラム教の三宗教に共通するのは【旧約聖書】なのですが、単に読めば恐ろしいだけの書です。この神を信じない者達は奴隷にするとか、割礼をしていない者は赦されないなどがあります。それらは「暗号」だとは理解されずに、それに引っかかったのが独国のヒトラーと言えます。

                   

                   

                  大本教の出口王仁三郎聖師は、地元の古老達の話によれば、元の金龍池の周囲を下半身の裾をまくり上げて性器丸出しに見せて歩いておられたと聞きました。地元の人達からはとんでもないうつけと思われたでしょうが、まさに珍(うず)の宝を見せておられたわけです。それで「割礼」の意味もある程度解けるのです。

                  それは、節分の煎り豆にも花が咲くの【牛虎(艮)金神】が「鬼で云う魂論」と解っていなければ意味は紐解けません。また、魂の中には心棒があるを知らないと無理です。魂の【心棒】を真柱とも言います。仏教で男性のシンボルを「魔羅(真ラ)」ともしますが、割礼の本来の意味がどこにあったかなのです。

                   

                  性器とは、生まれながら心の器

                   

                  私は大本教の出口王仁三郎聖師の姿をした霊から、天帝はアラーの神との示唆を受けました。大本教からは「いろは」の言霊が出されたのですが、アイウエオの「ア」門を出て「ラ」の言霊に行く道筋となります。

                  大本教からはアイウエオの第十三番目「ス」の神論が出されたのですが、それは霊界物語第十三巻にある【信天翁(あほうどり)】において、この大本教に現れた変性女子はニセ者だ発言で、「みのか尾張の国から現れる」と言葉の道の示しが出されていたとなります。美濃か尾張から出る道は国道は【41】号線です。

                  それは、「ひふみ」で演じれば41番目は「スの神」となりますが、それでは大本教神諭予告【九つ花】は織れません。日本語の「アイウエオ」で、太陽神「アモン・ラー」で言えばアイウエオの第41は、「ア」の門を出て「ラ」に至る道筋となります。

                   

                  それは何を意味しているかとなった時、「ラ」には「良」の漢字が当てられますので、お釈迦様の本当の悟りは【人に内在する良心神】であり、大本教神諭が予告した【九つ花】を紐解けば、そこに「みろく(369)と56億7千万」の数字が浮かび上がって来るとなります。

                   

                  そこに【神代七代】の仕組みを終えて

                  次は【神代八代】に入る仕組みが読み取れるわけです

                   

                  神代八代とは、「8」は無限(∞)を指して来ますので【永遠の世】と言えます。為には、蛇霊からの「解脱」をしなければいけないのです。

                   

                  聖書にあります人類の原罪。蛇霊に唆されてエデンの園(神の御国)から追放された人類ですが、大本教霊界物語にあります国常立尊の追放劇も、蛇霊の囁きに毒された当時の神々の多数派工作によるものでもあったなのです。

                   

                  蛇霊と共に神の御国(エデンの園)から追放された人類

                  神の世界に帰還する為には、【巳(蛇)帰る】が必要なのです

                   

                  力を持たれた優秀な霊能者の方達は、魂の蛇霊化は【奢った権力、莫大な財、怨念、執念、執着】。そして、【色情】から魂が蛇霊化することは御存じなのですが、単なるスピリチュアルと本当の霊能者の違いはそこにあるのかも知れません。

                  ある方が大本教霊界物語を読んで、結婚は二度までしか許されないと書かれていたことに対して、何回結婚しようが不倫をしようがそれ認めないような神ならば、まつぴら御免だとブログに書いておられましたが、全ての魂や神々が天帝たる創造神に遵(したがう)はあり得ないのです。為に、永遠の別れの時が近づいて来ているのです。

                   

                  創造神に遵(したがう)は、尊(御言)の道を行くことであり

                  その神霊の力が強いから従属する従うではないのです

                   

                  聖書に龍神とは霊界の年老いた大蛇霊とあるように、蛇霊神の力は非常に強い為に、それと面と闘う方は数少ないと言えます。霊能者でも命あつての物種です。しかしながら、それでは長いものに巻かれろで「正義」は死んでしまうのです。

                   

                  私が 現在の神界は善悪ではなく、どれだけ【力】があるかだと言っているのは、そこにあります。蛇は【力】の象徴でもあるからです。

                   

                  ただ、全ての蛇霊がこの世で言う悪の存在ではないのです。例えば、その地域と住民を守りたいという念から力を欲して蛇霊となって龍神化して、その地域と住民を守護している例があります。しかしながら、それは主の神からすれば、もうその仕事はいいから、自分の魂の身を洗って天に帰りなさいがあります。主の神は怨念とか執念心を嫌っておられるのです。

                  私は以前ある事件で、弁天様のお使いの10メートルもあろうかの大白蛇霊に出会ったのですが、その息の臭ささに閉口したがあります。「臭い」ということが、問題を提起しているのです。

                   

                  エデン園(神の御国)に戻ると決めたならば

                  蛇を自分の身から帰らせる【ミカエル】の作業が要る

                   

                  だが、蛇を帰らせてしまうと自分に備わった霊力を失うなので、霊能者商売をしていると死活問題になりかねません。 神の御国(エデン園)に帰るには、この世に対する「執着心」を捨てなければなりません。この世(三次元世界)に執着すれば、元の神たる世界には帰れないと覚悟しておくべきなのです。

                   

                  日本の神社に見られる「現世御利益」は、人の目には見えない霊的世界の存在が解るように許されて来ました。また、人々の目が霊的世界に目が向くように奇跡的の示しもありました。

                  しかしながら、多くの人はそうした「奇跡」や「現世御利益」に触れたとしても、意識の面で人は元々高次元世界の住人であるの意識まで到達しなかったと言えます。ただただ現世御利益をくださいにしがみついた節があります。

                   

                  創造神は私達肉体が生きて行く為に、この地球に空気や水や太陽の熱を与えてくれました。そうした自然を見て【神の息吹】を知るべきであったにも関わらず、それすら理解出来ていないのです。日本の神社に存在する神霊段階では、空気も水も太陽の熱も人類には贈れないのです。

                   

                  私は子供の頃、人々が自然を見て「神の息吹」を感じないことに不思議な違和感を感じていました。

                   

                  次に続く

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  【実写版ビデオ】 霊はこの世の物質界を通過する 霊界否定に走っては行けない

                  0

                    私はとある悪党と電話で話をした時、その悪党は【宗教は大嘘つきだ。悪いことをすれば地獄に墜ちると人類を脅迫しているが地獄など存在しない。人は死ねば終わりだから、悪をしなければ損をする。怖いのは神ではなくて警察だ】と言います。

                    この悪党。別に神の存在を否定しているのではないのです。その悪党曰く。【神は俺達人間がすることに口を出すな。人間が困って神頼みに行った時だけ、神は人間を救っていればいいのだ】と、神の存在は認めているのです。

                    ただ、その頭の中にあるのは人は死ねば終わりの存在であり。死後の世界における神仏と呼ばれる存在は人間とは別の物だと思っているのです。こうしたことは、日本仏教界の某宗派でも寺が公然とそうしたことを檀徒達に言っています。

                     

                    この悪党、一家揃って私の家に「生き霊」として来ましたので、肉体は霊的なことを否定していてもかなり霊力がある方と見ていました。その娘と来たら、数百体もの黒龍神を従えているとんでもない存在。スピリチュアル標榜者の比ではありませんでした。

                    私はその娘に従うその黒龍軍団に襲われてとんでもない目に遭いました。しかし、その悪党の過去世が解った時、なるほどと解りました。

                    その悪党の愛人で、その息子の嫁となった女性。どの霊能者からも二度と来ないでくださいとピシャリとやられる。だが、飛び抜けた千里眼の持ち主。そこで私の最初の師匠の元に案内したところ、その師匠すらも逃げてしまいました。豊受姫のお代をしている師匠が逃げるのですから、これもとんでもない存在。世の中には神からも霊能者からも恐れられてしまう人もあるのだと知ったしだいです。

                     

                    この悪党、神代と呼ばれる時代から存在していて悪をして来た元来は神霊。生まれ変わったどの時代においても悪党。宗教が語る地獄ではないのですが、一種の地獄界とこの世との往復の「輪廻転生」を幾度も続けていたことが見えて来ました。元が神代の時代の神としての悪党ですから、筋金入りと言えます。

                    逆に言えば、創造神は悪神であった者も消すことなく人間界に出していたとなります。ただ、悪神はこの世に人として出してもらっても、更生しないと本来の神の世界には帰れないなのです。そこには何故、天帝は悪神達の横行を許しているかです。為に、邪神界の存在もあるなのです。

                    なお、私が言う【天帝】とは、大本教霊界物語で書かれた地の神界の主宰神であった「国常立尊」様のことではありません。また、その後の地位を襲ったとされる木星の神である「盤古大神」でもありません。もっと上の宇宙を統括している神の段階です。

                     

                    この世は【魂】の修業場、修行場ゆえに悪も許される

                    悪無き世界は、真の【天国界】のみ

                     

                    今、キリスト教社会でもあるアメリカで日曜日に教会のミサに通って来る信徒は約3割程度だと言われています。表向きはキリスト教徒でも、信仰心を持たない人が増えて来ているです。それを言えば日本人の大多数は仏教徒ですが、葬式や法要の時だけの仏教徒が増えているのと同じことです。

                     

                    これだけ科学が発展して来ますと、科学では【実証】が出来ない神とか霊魂とかを持ち出されても、そうした存在を頭から信じがたいが起きます。目には見えない世界は否定されてしまいます。

                     

                    神と呼ばれる存在は霊であり

                    通常の人の目には見えません 

                     

                    通常、人の目には神や霊は見えないので、どうしても死後の世界に生きる自分という存在が感覚的に掴めません。

                     

                    人が自分が死んでも霊界で生きることを体験できるのは、俗に【幽体離脱】をした時になります。幽体離脱は脳のいたずらでも夢でもないのです。霊的体験なのです。

                    自分の肉体から抜けて行く自分の幽体を意識(魂)がそれを見る。そして、そこに壁や天井があるのにそこを通過して行く幽体の自分。そして上空に引き上げられて、時には【雲】の上にも乗るも起きます。

                     

                    幽体だと、人の子が雲に乗ってやって来るも体験もできます。

                     

                    聖書に【人の子が雲に乗ってやって来る】がありますが、幽体であれば雲の上に乗って孫悟空の筋斗雲(きんとうん)のように雲を操縦して走らせるもあります。どうして私にそんなことが言えるのかと言いますと、私が修業に入った頃、私の前に出て来ておられたのは霊能者の調べでは日蓮聖人の御分霊たる家系五代前の先祖霊と日蓮聖人のお弟子であった二方の霊でした。

                    その日蓮聖人のお弟子であった二方の霊の付き添いの元で、私が幽体離脱をして天井を突き抜けて雲に乗せられる体験をしたのです。その時の私の感覚は天井にぶつかるでした。しかし、天井も抜けていったのです。

                    私自身はそれまで私の魂が神界に飛んで行くことはありましたが、幽体(霊体)が自分の肉体から抜けて行く様はそれまで体験していなかったのです。俗に言う幽霊とは、肉体を失って霊界に入ったけれども、死んだことが自覚出来ずにさ迷っている状態と言えます。 自己の魂(意識)を飛ばして、別の場所に行っているのとは違った状況と言えます。

                     

                    無論、魂たる意識はスピリチュアルの方達も言われるように、宇宙の彼方からこの地球を見つめて、ズームインしてこの地球のどこかに降り立つなどもあります。霊の世界は何もこの地球だけを見つめて縛られているのではありません。自分はプレアデス星だとかシリウス星とかオリオン星出身だと言われても、あながち嘘でもありません。宇宙の彼方からこの地球に降り立った。だが、それが何時の頃だったのかが思い出せないだけなのです。過去の記憶なのです。

                    人類は猿の一種から進化したとするのが現代科学と言えますが、霊学は違います。魂がそうした動物体に入って猿の一種を今の人間にと進化させたとなります。為に、宇宙人が遺伝子操作をして今の人間を創り上げたなどの説ともなるわけです。そこに、【神=宇宙人説】も出ますが、それら宇宙人は霊人であって本来の神とは言えないのです。

                     

                    ただ、個々の魂からすると、この地球に降りたって宇宙の元の星に帰れなくなって、この地球上で【輪廻転生】の輪の中に入ってしまったと言うべきなのです。そこに、この地球は【魂の刑務所】とか、【天人の苗床】等の説も起きます。

                    そこに起きて来るのが【かぐや姫】の物語で、この地球で立派に育って、元の世界に戻る時には元の世界に帰って行くなのです。

                    ですから、他家(竹)に育てられた【竹取物語】なのです。自分を育ててくれた養親と別れるのは辛いけれども、自分の本当の「故郷」に帰ることを許してくださいです。

                     

                    私は子供の頃、夜空を見て泣きました。【肉体の父母はやさしくて、自分を愛してくれている。その恩は山より高く海より深い。されど、自分は夜空に輝く星のどこからかこの地球に降り立った。その星には自分の魂の親が居る。その親が居る星に帰りたい】と泣きました。

                    すると、私に霊声が臨んだのです。それは【旧約聖書の神】と称する声でした。無論、その真偽は確かめようもないことですが、その声は私が任務を遂行しなければ、元の故郷星に帰って来る必要がないでした。この地球という星で【輪廻転生】をしていればいいと突き放した言い方をされたのです。

                    私に与えられていたのは【片道キップ】の旅だったのです。私もその任務を遂行しなければ、元の星には帰れない身なのです。

                     

                    人は何故に死後の世界(霊界)の存在を信じられないのか?

                    それは三次元という物質界の概念が邪魔をするからです。

                     

                    霊的世界を取り上げたテレビ番組で、よく「オーブ」と呼ばれるものが飛んでいる映像が映し出されます。しかし、テレビで放映されているものは壁などの物質を通過している映像はあまり見られません。

                    また、スピリチュアルでは「オーブ」を写真に撮ると、まるで神を写したように思っている方達があります。

                    こうしたオーブ写真は写真家からすると、ゴミや埃や水滴の類いと判断されてしまいます。確かに、ゴミや埃や水滴も「オーブ」のように撮れるのです。多くの出回っているオーブ写真は、ゴミや埃や水滴がカメラのフラッシュ光の関係で写ったものです。また、光のゴーストが多いのです。ほとんどのものは霊的写真ではありません。

                     

                    そもそも、「オーブ」とは何ですか?。

                     

                    オーブ(orb)は英語で、球、球体。そして、十字架付きの宝珠のことなのです。ところが、日本語では「玉響(たまゆら)」と訳されていたりします。では、【玉響(たまゆら)】はどこから来た言葉かです。この「玉響」は万葉集にあるのですが、草などにつく「露」のことです。

                    明らかに、日本語の「玉響(たまゆら)」はオーブが何かを知らない人がつけた誤った誤訳です。霊能者の間ではその霊的球体は「思念」とか「残留思念」とする方が多いと見受けられます。

                     

                    魂とは、【玉形の思惟】で「玉思惟」と私は言っておりますが、「思念」も思いなので玉形なのです。ただ、魂と思念では同じように見えていても違います。思念は「念」たるエネルギーなので、時間と共に風化します。だが、魂は風化はしません。半永遠に生きる生命体と言えます。また、人の玉思惟は人の心臓に宿りますので、心臓程度の大きさになります。神霊とは、人の魂よりも遙かに大きな玉なのです。

                     

                    これから出すのは「オーブ」が飛んでいる映像で、これまでのテレビで放映されたオーブも飛んではいますが、それらと違って壁を通過して来ている映像です。

                    もし、これがゴミや埃や水滴の類いであれば、壁の通過は物理的に出来ないのです。この存在は霊物質だから壁を通過しているのです。

                     

                    https://www.youtube.com/watch?v=b7y_ISOFuNY

                     

                    霊的世界に関わる言葉として【憑依】があります。憑依とは、この世を去って幽霊となって現れて来るような霊がそのままに懸かるなどもありますが、その多くはオーブに見られるような霊物が日常的に人には懸かっているのです。非常に小さな存在で私達の目には見えませんから、もしも懸かられていてもそれが解らないとなります。 

                    しかし、この映像を見てもそれはゴミやチリや水滴の様に漂っているのではなく、明らかに【意思】を持って、【高速】で飛んでいると解ります。すなちわ、本来のオーブは意思を持っているのです。

                     

                    日本の神社で神主が【祓い串】で祓っているのは、こうしたオーブに見られるような霊的チリや埃のようなものに対してです。 こうした物資界の壁を越えて飛んで来る存在として、X線や何々線と言われる物はありますが、こうして「オーブ」も物質界を越えて存在していることが解ります。 皆さんが死後に渡る世界は三次元物質界の概念では理解不可能なのです。科学万能で見誤ってはいけないのです。

                     

                    では、複数の一流の霊能者から「オーブ」写真と判定された写物を参考に出します。この手の写真は今日まで出回っている本当のオーブ写真と別に変わりはありません。

                    ここに写っているオーブ玉は神霊の玉そのものではないのです。思念の玉とされます。ただ、こうしたオーブ玉が見える時にはその近くに神霊が存在しているので、その神霊が何神かの調査がなされたのです。この写真に写る方の守護神の調査です。その調査による守護神名は、複数の一流霊能者の答えが一致していました。当然にゴミや埃や水滴の類いとは違うのです。

                     

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    自称「救世主」よりも、大本教の出口王仁三郎の様な大予言者が待ち遠しい

                    0

                      最近、自称「救世主」と名乗る方がまたもや増えて来ていると見られます。そうした方達の中には大本教神諭(正式には大本神諭)風に似せた「神示」などが出ています。それらの神示をパラパラと読むと、大本教神諭風には書かれてはいますが、明らかに【似せ書】と断定が出来ます。似せて書かれたものと本物とでは、どこかが微妙に違うのです。匂いが違うと言えるでしょう。

                       

                      どうして、そうした方達の背後の霊は大本教にこだわるのかと言いますと、大本教の教えを知らずに「神は語れない」分野があるからです。世界救世教の岡田茂吉開祖や成長の家の谷口雅春開祖等は出口王仁三郎聖師の弟子であり、高橋信次師や五井昌久師等は孫弟子ともなります。日月神示の岡本天明氏も大本教では機関紙の編集長でした。日本神霊学の父ともされる浅野和三郎師も大本教に居ましたし、名だたる方達が大本教霊学を学んだからです。

                      そうした関係もあったのか、過去にも大本神諭に似せた各種の神示が出ていましたが、読めばこれはおかしいぞと言うようなものばかりでした。

                       

                      単に霊が見えるなどの段階は低級霊界とのコンタクトに過ぎません。わらわは○○大神となるぞと出て来ても、優秀な霊能者ならばそれらが蛇霊とか狐霊とかを見破ってしまいます。自称救世主と称する方達は、そうした霊感者レベルの段階を越えておられるので、自分はそうした霊感者レベルではないという意思表示でもあろうかとは思います。

                       

                      不思議なことですが、霊能者が書かれた著本を読むと、時にはその本から香しい匂いが漂って来る本もあれば、悪臭が漂っている様な本もあります。本は「言葉で構成」されているのですが、【言葉を文章に起こしても】どこか著者の本質があるように、神示も本物と似せ物では違いが感じられます。匂いが違うと言うべきでしょうか。

                       

                      言葉の言とは【口から出る心】

                      文章でもその言葉を出している者の、本心が現れて来るのです。

                       

                      霊能力がある一部の方達は御存じだと思いますが、空間に現れる文字が金色の光に輝いているがあります。霊文字ですが、【言葉は光の文字】としても現れるのです。言葉を軽んじている霊感者段階ではそうした物は出て来ないのかも知れません。

                       

                      言葉は「光」そのものでもあるのです

                      言葉も「音」なれば、音は【日(火)として立つ】からです。

                      これが解ってないと「闇」の意味も解けないのです。

                       

                      そうし似せ物であろう神示を出す神霊は、大本教神諭が何を告げようとしていたのか、その真意を測ることが出来なかったと見受けられます。

                      大本教神諭は【九つ花】を予告したのですが、 明治31年旧11月5日 記に

                       

                      【九つ花は誠から咲かせる花であるから、三千年の経綸を致した

                      誠の本であるから誠の人の世話でないと、このお世話は出来んぞよ】

                      とあります。

                      三千年もの月日をかけて、日本語ですが「言葉を仕組んで来た」なのです。誠は言葉で成っていると解ります。ただ、誰がそんなことをしたかです。

                       

                      いくら自分が救世主ですと自称して、【三六九神示】などと大本神諭風に似せた神示を出したところで、何一つ意味が解っていないなどがあります。そんな自称救世主をあの人は救世主ですと言っている自称霊能者も、貴方が視る霊能力とは本物ですかと聞きたいところです。

                       

                      私は【言霊】が何かを理解していない霊感者レベルでは、既存の霊に簡単に欺されると言います。どこそこの神社に参拝したら、○○大神様が目の前に出て来られて、言葉の教えに欺されるなよと学ぶことを禁じられて、自分が【真理の目覚めに蓋をされている】ことに気づかないわけです。

                       

                      一度、眼鏡蛇を天に帰らせないと、永遠に曇りガラスの様な眼鏡で隠された真実を見誤るのです 

                       

                      ヒンズー教の奥義書とされるヴェーダ典には、【人の中に眠るコブラ(眼鏡蛇)が目覚めて走りのぼる時、その人は真理に目覚める】とありますが、巳(蛇)を帰しておかないと、真理には目覚めにくいのです。真理の意味すら理解出来ないのです。

                      私はその【巳(蛇)帰る】を体験したから、お釈迦様の悟りの「人に内在する良心神」の存在に近づけたのです。そうでなければ眼鏡だけならばまだしも、真理を隠すシャッターの存在すら閉じられている事実に気づくことがなかったのです。

                       

                      自分の前に現れた霊が、自分は○○の神と名乗ったからと言って、それは本物とは限らないのです。低い霊感者レベルの人ならば簡単に欺されるのです。邪神達は真実を知られたくないから、真理に近づくことを非常に恐れます。嫌います。為に、真理に向かわない道へとその人を導こうとするのです。なまじ霊が見える為に道を間違えてしまうが起きてしまうのです。

                       

                      お釈迦様は菩提樹の樹の元で、【人には良心と呼ばれる神が内在する】と悟られたのですが、それも見事に消されていました。大本教から「みろく」神が出され、「五六七」と世に出されたことによって、【九つ花】の意味も解けたわけです。そうでなければ、何時までも【九曜紋】にへばりついているところでした。

                       

                      悟りとは、【吾が心】を知る

                       

                      大本教神諭が予告した【九つ花】の上から下から右から左から「五番目の口」に、その口に心の意味は示されていたのです。

                      それだけのことを仕組めた神が、○○神社の神と称して出て来る存在とは月とスッポン以上の差があることに気づけないでは、神の世界の御用などにはとても使えないのです。大本教神諭に「世に出ている神々の心の持ち方が悪かった」とありますが、

                       

                      モウ世に出ている神々は、あまり天帝の仕組みの妨害をせずに

                      首を洗って待っておきなさいの時節と言えます 

                       

                      ですから、自分が救世主ですと名乗る方達が続出してきても、別に不思議でも何でもありません。そうした時期なのです。

                       

                      そうした自称救世主と名乗る方に関して、自薦他薦を問わずにその方が救世主である証拠として、科学でも起きるとされている関東大震災級の東京直下型地震や東海地震、南海地震、東南海地震、富士山などの火山の噴火が言われていますが、それらを自分の力で事前に阻止したと言われます。

                      つまり、そうした超大型地震や富士山の火山噴火が未だ起きていないことが、その人が救世主としての証明だと言われるわけです。驚いた論理を言われます。

                       

                      それは、起きないことは何の証拠にもならないことを自覚されていないとなります。大本教の出口王仁三郎聖師が関東に大地震が起きると事前に予知して、大本教信徒に事前に逃げるように指示されたことが解っています。それならば、事前に大地震を「予知」されていたとなります。証拠があるわけです。

                      しかし、大地震を私が事前に止めたと言われたら、どうやってそれを証明するのでしょうか?。

                       

                      大本教の出口王仁三郎聖師は、関東大震災のみならず広島や長崎に新型爆弾が落ちて火の海になると予言を当てただけでなく、日本敗戦。ロシアが不可侵条約を破って来る。大正時代でありながら、戦場に飛行機や潜水艦の登場も予言されて的中しました。

                      この広島・長崎に新型爆弾(原子爆弾)が投下されて火の海になる。その後に黒い雨が降るも、神はそれが解っていながら何故に止めなかったのか反論が多く、どうして事前に解るのかの疑問を投げかける人が少ないのも問題と言えます。地震の予告ならば直前でも出来るでしょうが、原爆という新型爆弾はその数年前に予告されたのです。人としての感情論で物事を判断すると見誤ります。

                       

                      また、大本教の出口王仁三郎聖師は現代のテレビジョンの登場だけでなく、空飛ぶ郵便物。現在のPCやスマホによるメール時代。懐中時計ほどの大きさで花の東京の芝居が見られるなど、現代のスマホでテレビと思われる先駆的な予言の数々も霊界物語にされて、それが現代に起きて来ました。他の予言者とは遙かに力量が違ったのです。桁違いと言えます。

                      そんなことを、自分の前に○○大神と名乗って出て来る神霊に言えたかです。

                       

                      その出口王仁三郎聖師は最初は「救世主」と名乗っておられましたが、後に【聖師】と改められたわけです。

                       

                      そもそも、「救世主」とは何ですかです

                       

                      キリスト教ではイエスを救世主としますが、イエスが出た当時、どこにこの世の終わりの兆候があったのかとなります。もしもそんな兆候があったならば、イスラエル地方だけでなく世界にそうした兆候があったの記録がないとおかしいのです。

                       

                      救世主の救は「求めると攴」

                      求は「呪霊の獣」。攴は「殴(う)つ」

                       

                      自己の魂を汚すと魂の表面に「毛物」が発生します。その時、その魂の心はその心境の状態において漢字が教える「獣」化します。

                      だが、そうした「獣」化した魂も、その魂の汚れを洗ってあげると元の天人の世界にと戻って行きます。

                       

                      つまり、「救世主」とは、人の魂が「獣」化しているのを洗って元の美しい魂に戻せる存在が「救世主」なのです。

                       

                      そうなりますと、【救世主】の意味は人々が思っていた意味とまるで違うと解って来ます。ですから、人類の終わりと言われる時に現れる。そして、新しき世に人類を導くです。

                      この世に出て魂を汚した存在も、その魂の汚れを洗ってくれる【主】のことです

                       

                      本当に止めたのか止めなかったのか解らない大地震を、事前に止めましたと称することが「救世主」ではないわけです。

                      どれだけの多くの人の魂の汚れを取ってあげたかです。

                       

                      と言って、この地球には現在74億人からの人達が住みます。その魂の汚れを全て取れる存在は考えにくいのです。

                      私はイエス救世主論に対して、仮にイエスクラスの魂を持つ存在が10万人出ても、今の世は難しいと見ています。

                      しかし、各自の魂の中にお釈迦様の悟りである【人には良心と呼ばれる神が内在する】であれば、その良心神によって各自の魂の汚れは消えて行くのです。全ての人が自己の魂の中の良心神を取り戻せば、全員が助け出されるともなります。 

                      そこに、悔い改めた蛇霊は直立して天人の世界に戻る現象も見られるのです。

                       

                      ならば、各自の救世主は、

                      自己の魂に内在する良心神(天帝の分魂)と言えます 

                       

                      私の修業時代の2番目の師匠は、自称【国常立尊】たる「現身(うつそみ)」であると名乗っておられました。日本では珍しい【言霊】使いで、言霊で難病も治癒する不思議な能力を持っておられました。私はその師匠によって「言霊」の威力を知ったと言えます。

                      だが、そうした言霊の働きを知らない人は、何を言っても聖書にある【初めに言葉は神と共にあった】を理解されることは永遠に無いと私は言います。単に自分には霊が見える。霊と会話が出来ると、自分が接している霊の段階が霊界でどれほど低い階級に在るのかさえ解っていないとなります。

                      ミカエルとかガブリエルとかマリアと自称する霊にイチコロにやられるのです。過去にそうした存在からのメッセージを言っていた方は、ほとんど例外なく消えて行かれました。いくら自分がバカでも、10年間も嘘を告げられていれば誰でも解って来ます。宇宙連合司令官とか宇宙連盟とか言っていた方達の多くが数年で消えて行きました。但し、次から次へと新しい方が出て来ます。それは、何故なのかに向かわないと先行きしません。

                       

                      そこで、私は【神霊の言葉の嘘の皮を叩いて、誠の骨とせよ】と言っております 

                       

                      私は【言霊】を使って何かが出来る者ではありません。ただ、言葉の仕組みを解説して来た者です。私には出口王仁三郎聖師のような予言が出来る力も、霊力をもって何かを解決出来る力もありません。

                      今、私が世の中に出て来て欲しいのは、自称【救世主】達ではありません。はっきり言って「救世主」の名乗りだけでは何の役にも立ちません。

                       

                      私は今日まで直接間接にではありますが、幾人かの自称救世主と称する方に出会って来ました。そうした中には多くの信徒を持っている方もありました。そして、それなりの霊力を保持されていました。そうした自称救世主同士が自己の霊力で争って、命を落とされた方達もあります。

                      そうした自称救世主と名乗る方の中には、単に自分に○○大神が現れるの霊感者レベルの背後霊であれば、それを抹殺して行くだけの霊力の保持者もおられました。人は神をも封じ込めると言われて来ましたが、そうした力を持つ霊能者も存在していたのです。ある意味、この世の霊界にあまり関わらない方が安全なのです。

                      私は自分の命を取られると思われる修羅場もくぐって来ました。霊感レベルで自分の前に○○大神が現れたではダメなのです。現在の神界は力が強い者が勝つなので、龍神と呼ばれる存在と戦える力が要求されるのです。

                       

                      そうした自称救世主よりも、今の世に求められるのは、どこに間もなく大地震が起きるとか、どの火山が間もなく噴火するとかの予知能力がある人です。そうした予知が事前に出来れば、多くの人がその災害から避難が出来るからです。

                      私の最初の師匠も、豊受姫からのものでしたが、事前に阪神淡路大震災が起きると信徒を逃がしています。また信徒達と島原を旅行していて普賢岳爆発が起きると旅を中止して帰郷。その直後に普賢岳爆発による火砕流で多くの方が命を失われました。また、信徒達と乗る予定の飛行機が落ちると搭乗を止め、陸路で信徒達と帰って来たなどがありました。その飛行機は落ちたのです。

                       

                      本当に自分に○○大神が降りて来ているのであれば、そうしたことは事前に伝えられて、それが的中しているものなのです。

                       

                      ブログの世界では、予知予言に関するブログは多数ありますが、それらのほとんどは当たった試しがありません。大本教の出口王仁三郎聖師のような本物の予言者ではなくて、愉快霊とか不浄仏霊とか低級霊に踊らされているからです。そうした霊が名乗る神名とか天使名にコロリと欺されるからです。それでも数打ちゃ当たるで、まぐれで当たることもあるのです。

                       

                      世界にいる予言者と称する予言者で日本に関して言ったものには、西暦2018年6月21日に東海地方でマグニチュード10.6の超巨大地震(予言者ジュセリーノ)が起きるというものもあります。西暦2018年7月22日に富士山噴火(予言者ゲリー・ボーネル)などがあります。

                      どちらも間もなくの話で、科学的にはどちらも起きうる可能性が言われていますので外れますよと断言は出来ませんが、彼等の予言したものを見るとほとんど当たっていないがあります。その点を見ると、大本教の出口王仁三郎聖師の予言の的中の凄さは、飛び抜けた力がある神をバックにしていたことか読み取れるのです。

                       

                      救世主と自称するのであれば、その背後には大本教の出口王仁三郎聖師以上の神霊がバックにないと出来ません。今、求められるとすれば出口王仁三郎聖師のような予言者と言えます。

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村