日本語は神の言葉ゆえ、【指名】された【氏名】者が【使命】を演じる神の芝居

0

    日本語は【神の言葉】だと言われています

     

    聖書には、【最初に言葉は神と共にあった。】と記されています。しかし、一部のスピリチュアルなどは霊界には言葉などは無い。全て【テレパシー】での会話だと言われます。そこに【言葉】に対する大きな勘違いが生じています。

    本来のテレパシーの言葉はそうした意味ではないようですが、スピリチュアルでは人の口から出る言葉では無い【無声による会話】がテレパシーだと思っている方が多いようなので、ここではその意味で使います。

     

    私は霊能者とは言えませんが、時たま神霊や霊との会話はあります。その会話は俗に言われる「テレパシー(無声による会話)」です。別に私の肉体の口から霊に対して言葉を発しているではありません。自分の心の中の想いを言葉として語っているわけです。当然に【心から出す言葉】なので【無声】です。

    例えば、何人かの霊能力者の前に神霊が出て来られていて、その中の一人と会話をされている。だが、その会話をされている方以外の方にはその神霊の姿は見えていても、その会話内容が解らないがあります。つまり、単にテレパシーで論じるのであれば、言葉は波動なのでその他の霊能者にも話の内容が聞こえるはずですが、必ずしもそうとはならないなのです。それは【言葉】とは何か?。そこに論点が行っていないがあるのです。

     

    霊界の言葉とは、思い(想い)の伝達

     

    思いは「田の心」で、【米】作り

     

    しかし、霊とのテレパシー(無声会話)も霊によって、その【声質】に違いがあります。全ての霊が同じ声質で聞こえ来るではありません。その「声質」が違うということは、霊は人と同じ肉体を持っているではないのですが、霊界用の肉体たる霊体を持っています。つまり、霊界はテレパシーで会話と言っても【霊界での有声】で会話しているのに過ぎません。それも言葉です。そこを間違えると、聖書に書かれている【最初に言葉は神と共にあった。】の意味を間違えます。肉体人間が出す様な【有声音】だと思っているわけです。

     

    私は修業に入って数年後、最初の師匠が娘時代に一年間毎日通った豊岡の瀧場で瀧行をすることになりました。すると、その瀧場の近くから御経が聞こえて来ます。当時の私は天津祝詞や神道系の祝詞はマスターしていましたが、仏教系は般若心経ぐらいしか読んでいませんでした。その御経が何経なのか解りません。

    そこで、最初の師匠に聞くと、瀧場の側に在ったお堂は観音堂で、その観音堂の観世音菩薩が上げておられる【観音経】だと言います。道理で当時の私にはちんぷんかんぷんの御経でした。他にも何人かの霊能力者が一緒でしたが、観音経を聞いていたのはその師匠と私だけでした。私に聞こえて来る観音経の霊声は男性の声でした。その師匠は観音様は男性でもなければ女性でもない中性だと言いましたが、私は男性の声として捉えていました。

    それよりも不思議だったのは、その観音経のまにまに人の様な【息継ぎ(ブレス)】がないのです。それは、霊は私達の肉体の様に呼吸をしていないなのです。それは霊魂は空気が無い場所でも生きているなのです。私達肉体人間は「空気」を必要としますが、霊は「空気」の必要がないとなります。それは、霊は空気が無い「星」にでも住めるなのです。

     

    後日、その師匠とお不動様が祀られている瀧場に行った時、どこからか蚊が鳴いているような声が聞こえて来ます。男性の声です。誰だろうと思って師匠を見ると、耳を押さえて地面に伏しています。師匠にどうしたのですかと聞くと、この瀧場のお不動様が大音響を上げて【不動経】を上げておられます。あまりの大音響で鼓膜が破れてはいけないと、耳を押さえて伏せているのですと言われます。

    見ると瀧場に不動明王の像が祀られています。その不動明王像の下から御経が聞こえているのです。その不動明王像に近づくと、そこから地底に通じる霊道があり。その奥底から声が聞こえているのです。もし私に肉体が無ければそこから地底に降りて見聞したいところですが、肉体が邪魔をしますので適わないでした。後に、霊場などでは地底に降りる場があるなども見るようになったでした。私はそうしたことからも噂される地底王国(シャンバラ帝国)もあり得ると見たのです。

     

    そうした不動明王や観世音菩薩が上げられる御経とは、誰の耳にも聞こえるではありません。だが、それらの霊が出す言葉も、各霊によって声質は違っているのです。それを無声とは言わないのです。

    私が伏見稲荷大社講社に所属していて伏見稲荷山の夏祭りの時、宵宮の夜には御膳谷の清明舎で宿泊していると、真夜中に瀧場から天津祝詞や般若心経を上げる声が聞こえていました。行者霊が死後も本当の霊界には渡らず、いまだに修業に明け暮れている行者霊達を哀れと感じていました。そうた行者霊が上げている祝詞なども、一人一人個性がある声であり「無声」ということにはなりません。

    その後、私は【言霊】の世界に転じたのですが、そこで【サニワ(審神)】をして来ました。そのサニワとは優秀な霊媒者が側に居ないと出来ません。しかし、スピリチュアル標榜者は星の数ほど居ても、優秀な霊媒者は滅多にはおられません。そうしたサニワの場において、サニワ者の言葉は【剣】の働きを持ちます。言葉が【剣】と化すのです。

     

    ヨハネの黙示録、言葉の王の言葉は諸国民を討つはあり得る

     

    言葉とは【音波】であり、音は【日立(光)】ともなる

     

    【闇(門から音)】の漢字に気づかぬ人ばかり

     

    私達日本人は日本語を使います。その日本語は【漢字】混ざりですが、漢字があることで言葉の【感じ】が解ります。

    一方、霊との会話は【テレパシー】になりますが、私達は言葉で会話している時、その言葉に自然と【漢字】を見ているのです。

    例えば、「キシャ」と発音した時、それは汽車か記者か貴社か帰社か喜捨かは解らないことです。だが、私達は会話の中で、それがどの言葉の意味なのかをほとんど【漢字(感じ)】で掴んでいることが解ります。

    今の日本人は英語がグロバール化していますので、日本語が【神の言葉】であるなどまったく理解していないのですが、英語で言葉の仕組みなど織れないであろうとは推察出来るわけです。

     

    辰箸聾斥佞如攫┐型修后曚覆譴估本語を見る

     

    神との契約の示しは、魂の【禊ぎ】自体にある

     

    私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【この私が筋書きを書いた神の世界の芝居の舞台に上がる役者は、誰も舞台の筋書きを知らずに上がることになる。その神の舞台には正義を演じる役もあれば、悪を演じる役もある。この私が監督を務める神の世界の芝居の舞台の役者は、誰が主役で誰が脇役で誰が悪役かさえも知らない。】

    【自分は脇役なのか。単に通りすぎる役を演じるのか、それも知らない。自分に与えられた役がどのような役であろうとも、その舞台を見事に演じ勤め上げたならば、次の舞台(みろくの世)ではよりよい役(立場)を与える。その神の芝居の舞台を見るのは、世に出ている神々や人民である。神の舞台の役者は、この神に使ってもらっていることを忘れてはいけない。この世の舞台の筋書きを知るのはこの私だけであり、神々や人民が知ることではない。】と告げられました。

    また、【例え自分の役が悪の演技だったとしても、神の舞台の役者は舞台を終えれば(この世で使命を終えれば)、その化粧落として元の姿に戻らないといけない。もし、その役の化粧を落とせないとすれば、もう二度と神の舞台の役者としては立たせはしない。】とも言われました。

     

    この論理は一見すると解らないかも知れません。

     

    創造神からすると、善も悪も無いなのです

     

    何故ならば、【死んだはずだよお富さん。生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん。】で、「輪廻転生」と呼ばれる事柄で、この世での姿とは前世の時とは違えども、またもやこの世に復活して来ているからです。つまり、死んだと思わせて生まれ代わっているのです。人は死ねば終わりは、霊界の大嘘の中に生かされているのです。

    それは、舞台の役者と同じです。その時の舞台では殺されるとしても、その舞台が終演するまでは同じ舞台に上がって殺されているようなものなのです。その時の舞台で殺されたからと言って、その役者は死んでしまったのではありません。

    私達の肉体は舞台の役者と同じで、その舞台では殺されて死んだとしても、魂はこの世の舞台が終わっても生き続けるように、次の幕が上がればまたもや役者として演技するなのです。

     

    この世は全て魂の学びの為の舞台であり、悪役を演じている者達もある 

     

    そこに、罪を犯した人を憎まず、その罪そのものを憎みなさいがあります。

    確かに、私達は善を知る為には悪から学びます。もし、悪がこの世に存在しなければ、善とは何たるかが解らないからです。そこに、善を教える為の悪の役があるのですが、しかしこの世での舞台の化粧を落とせないでいると、元の生まれた時の魂の姿に戻ることが出来なくなった根っからの悪党もあるなのです。

     

    自分を悔い改めよとは、神の舞台の演技故に犯した罪は

     

    化粧を落とす(悔い改める)ことで、元の姿に戻るなのです 

     

    それが如実に解るのは、個々の人の魂の状態なのです。悪党なのに、この人は本質的に良い人だと思える方がいます。一方、表面は善人面をしていても、自己の魂を腐らせたり捻らせていると「閻魔大王」様でも無い限り、その魂を更つ(新つ)魂にすることは出来ないのです。その意味が【魂を鬼と言う、牛虎金神】ともなるのです。

    大本教から出されたウシトラ(艮)金神を単に【東北】に引退されたと正面から受け取ると、ではその【東北】はどこかとなります。東北中を歩き回って解りますか?。なのです。解るのは東北は【未知の九(みちのく)】の仕組みです。そこには言葉の【綾織】がなされているなのです。

    こうしたことは、私は後に大本教神諭に触れて同様の内容が書かれていることに気づきました。私を見た霊能者の方達の中で7〜8名の方達から、貴方の本守護神は【国常立尊】様ですと教えられて、私も大本教が演じた神の存在を告げる舞台の役者の一人にしか過ぎないと実感したしだいです。

     

    神芝居の舞台に上がる役者に、その神芝居を見る観客は神々と人民

     

    私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫のお代をしていた最初の師匠から、豊受姫からの言葉として、【貴方は言葉の神と呼ばれる貴いお方です。貴方の言葉による教えは天帝の「詔」と同じことであり、貴方の言葉による教えが聞けぬ神は如何なる地位の神であっても、天帝に対する反逆罪として天帝から裁かれてしまいます。】と言われます。しかし、私が言葉の神などあり得ない話です。だいたい私はそんな大物ではありません。 

    そこで調べたところ、外国の方に残っていた予言に、【異国の人が異国の言葉で万軍の主の存在を語る。その異国の人はその国では「言葉の君」と呼ばれている。その異国の人は自分は万軍の主を知らないと言うが、万軍の主はその異国の人のことを知っていて、終わりの日。万軍の主は全ての裁きを終えた後、異国の言葉の君を万軍の主の元に召し出して、万軍の主の全権を授ける。その日をもって、全てのユダヤ人は助け出される。】がありまして、もしかすると、その異国の言葉は日本語でも出来るのかと、取り組んだだけのことなのです。私は残されていた予言の異国の【言葉の君】の名を拝借して、勝手に名乗っていた者にしか過ぎません。 

     

    そうした予言でも解る様に、私が演じているのは【神の芝居の舞台の役者】だということなのです。

     

    どうして私に次々と言葉の仕組みの解説が出来るのかと言いますと、大本教の出口王仁三郎聖師は霊界物語に登場して来る人物に関して、大本教信徒の【氏名】で型を演じさせておられます。その事に関して、霊界物語の中に自分と同じ名前があるからと言って、それを自分のことと思うなと注意されています。

    私の夢の中に私が知る方が出て来て芝居を演じて来るのです。その方の【氏名】とその演技で解る【使命】で、言葉の仕組みの意味が解るのです。つまり、私の夢に出て来る霊は神から【指名】された人達なのです。しかし、その方の肉体自身は何も知らない。まさか、自分の霊が霊界で神の舞台の芝居を演じているとは思ってもおられないなのです。

    私が子供の頃に臨んでいた声の主は、私が行く先々に私が言葉の仕組みを解読が出来る【使命】を持った【氏名】の人達を配置しておられたなのです。それは、創造神と思われる神の仕組みが単なるものではないと言うことなのです。

     

    日本語でなければ、指名された氏名に使命があるとは解らず

     

    創造神が想像神とも解らず、龍神が流神とも気がつかない

     

    例えば、大本教神諭に【この世の末(まつ)から、松(まつ)で治める】があります。私の夢の中に「松岡」と言う名の方や、「平松」と言う名の方が出て来ます。その方達が私の夢の中で演じる演技で、同じ【松】でも何を意味していたかが解るなのです。単に松の字しか見ていないと、そこに【公】の字が隠れていることが見えないのです。

     

    大本教神諭の「松の世」とは、【公】で治める世

     

    牛虎の「虎(寅)」は、演技とか「劇」で解る

     

    自分には神霊が見える。神霊と会話が出来るといくら豪語しても、その神霊にこうした言葉の仕組みなど出来る力はありません。私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【そなたの背後にこの私が居ることが見えない神は使い物にはならない。】と告げられたのですが、本当にそれほどの神であったのかどうかは私には解りません。しかし、言葉の仕組みをして来た霊とは神社に鎮まる段階の霊では無いぐらいのことは凡人の私でも解ります。

     

    こうした言葉の仕組み以上のことが出来る御神霊ならば、私はその御神霊こそが創造神だと言ってあげます。

     

    ただ、私は大本教神諭予告【九つ花】に咲く一輪の言霊の経綸が【米】型であることを説いているだけで、その「米」の教えに罵詈雑言浴びせて来る人達に対しては、その人が将来のみろく世に必要欠かざるべき方であれば、私の背後霊団はその方には【本当の神光】を見せています。

    その神光を見た優秀な行者筋の方は、その神光そものに殺されるとまで言われて、今の世に出ておられる御神霊達が放つの光とはまるで違うと言われます。私自身はその神光を見ることは適いませんが、そうした行者筋の方が神光を見て悔い改めるような方だけには神光を見させておられるなのです。

    しかし、新しい世に必要が無いと思われている様な存在で霊が見える方に対しては、その神光を見せないようにされています。既にその魂が捻れていたり腐っている場合です。そんな方に神光を見せても意味がないからです。【悔い改めが出来る人】には、神の光を見せるなのかも知れません。

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    みろく世に渡す【みろく丸】とノアの箱船との関係は、七五三と玉置による

    0

      新日本神道系やスピリチュアル等が宣伝する「みろくの世」とは、仏教の弥勒菩薩とは、お釈迦様の死後【五十六億七千万年】後に現れて、お釈迦様の本当の悟りを忘れた衆生に対して、お釈迦様の本当の悟りを告げて未来の世に渡す菩薩のこととされています。で、未来の世に渡すことから【未来仏】とも言われて来ました。

      そこに、みろく菩薩は今の世の終わり時に現れて、新しい世を告げるとなります。しかし、誰が考えてもお釈迦様の死後から五十六億七千万年後など、おかしいと解る話です。

       

      だいたい今の人類が誕生したのが猿原人が元としても、150万年程度の話です。まして文明ともなれば、僅か数千年前程度のことです。それなのに五十六億七千万年後など、明らかにおかしいのです。

      仏教においてはお釈迦様の入滅後、正法と呼ばれる時期が500年又は1000年間。次に像法と呼ばれる時が500年から1000年。そして【末法】です。日本では永承7年(西暦1052年)から末法に入ったと見なされました。

      その末法の時とは、僧侶が髪をのばし。酒を飲む。獣の肉を喰らい。妻帯をもする。形だけの仏教の時代のこととされています。現代の仏教宗派では髪を下ろさない宗派もあります。肉食厳禁も建前だけ。お酒も飲まれています。ほとんどの僧侶は妻帯もしています。それらは時代の流れと片付ければそれだけのことです。そうした戒律を守らなければならない理由そのものがはっきりしていません。

       

      キリスト教においてはイエスが死後に復活して、【神の千年王国】などと説かれましたが、既に2000年経過してもどこにもイエスの復活などありません。もう【神の千年王国】そのものが何の意味をなしていないのです。

       

      私は伏見稲荷大社講に所属して、伏見稲荷山で修業を積ませていただきました。そこで見て来たのは霊界の存在であり。稲荷神や不動明王のみならず、龍神や天狗や狐霊や蛇霊や狸霊や猫霊等の存在でした。それらは妄想と呼ばれることではありません。実際にそうした霊が日々活動しているのです。

      霊能力がある方達の中には、宗教そのものが弊害であると考えておられる方もあります。霊能者木村藤子師が神仏を見ない。神仏と会話しない神職や僧侶達を批判されていますが、それは一理はあるでしょう。神仏が見えない為に、神仏を形式的に見ているからです。

      しかし、仮に神仏の世界が見えたとしても、神仏の世界が縦社会で霊界の層によって隔離されていることから、神仏の世界の全容が掴めていない問題が起きます。そこに動物霊と呼ばれる様な低級霊界の存在が跋扈して来ます。誰もがお釈迦様やイエスや弘法大師の様には成れないのです。

       

      そうした中で、単なる行者ではない霊能者の方達から、大本教が宣伝した「みろく世」が語られます。だが、それはスピリチュアルで言うところの【何も心配しなくてもいいのです。この地球が自動的に五次元に入るのです。】の論調とは異にするのです。

      そこに来るのが仏教で説かれる【三途の川】の渡し舟ではなくて、立替時は霊界の大海原を航海が出来る霊界の船です。あまりにも広大な霊世界を行く為に、船を導く【ラ神(羅針盤)】が無いと航海が出来ません。これが、大本教神諭の【この神は北を上にする】となります。

       

      そして、古来より魂は舟に乗るとあるように、【舟】が重要な意味を持つのです

       

      聖書では【ノアの箱舟】が語られます。そうした事実が本当にあったのか、神の仕組みの一環の物語であったのかは定かではありませんが、ノアの一家だけや一部の動物達だけを乗せる舟の話ではなくて、それこそ何億人もの人達を新しい地球に移す霊界の大船団の話があるのです。

      それに関して、一部の霊能者の方達は船ではなくて人類を【UFO】船に載せると言われます。私はUFOの現認者ではありませんが、霊的にはUFOの存在は知ります。

      一部の霊能者の方達は私がある星の出身者だと言われます。プレアデス星です。私がプレアデス星のUFO軍団と関係しているとも指摘をされます。それは別に否定はしませんが、UFO群団だけでは何億人もの人達を載せることは出来ないのです。為に宇宙を大海原とする霊界の船が使われるのです。船ならば大量に乗せられるからです。

      で、これが【新・ノアの箱船】なのです。で、どうしてそれが新・ノアの箱船かと言いますと、ノアの箱舟とは、そんな話は絶対に信じないと言えば乗船拒否が出来る舟だからです。

       

      自分は新地球に行かないと言う者は連れていけない

       

      みろく世に行かないという者を強制的に乗せられない

       

      スピリチュアルでは、この地球が自然に五次元に上昇(アセンション)するので、何の心配も要りませんが主体です。だが、そこに新地球に移るの話が抜けているのです。下記の図は私の別HP【http://uenokouen.com/】からのものですが、このブログでは並び方を変更しました。

      私は現在「神之公園」と称していますが、以前は「上野公園」と名乗らせていただいていました。大本教出口王仁三聖師予言。真性「みろく」神業は綾部市上野町から起きて来るの「上野町」からのペンネームです。上野町の古来の地名は大本教で禁足地としている【本宮山】の近くで「本宮村」でした。この「本宮村」の地名は【熊野の本宮】の地名を移したからです。その本宮村から上野町、川糸町、新町、田町、月見町、並松町、若竹町、本宮町とに別れたのです。

       

      下記に示した構図は、実は多くの幼い霊感少女達が以前から語っています。未だ本人の魂に汚れない状態時に、神霊から見せられて来たようです。これまでの汚れた地球が新しい地球と入れ替わって宇宙のどこかに行ったです。一部の霊能者(新地球船を語る)の方達は、今の地球は新地球と交代して去って行くので、去って行く今の地球のことを亡霊地球とか幽霊地球とか言われたりします。幽霊船の様に宇宙に漂うです。

      ヨハネの黙示録に記載される私は新しい天地を見たとは、今の地球船の話ではないのです。新しい地球船での天地です。新地球派の五次元上昇(アセンション)はスピリチュアルのアセンションと同じですが、そこに【乗り換え】を説くところが違うのです。

       

      今の地球が五次元に上昇しても、新しい地球に乗り換える「駅」が必要

       

      その駅のことを「馬(午)」小屋と言う

       

      弥勒世に渡る魂に対するキップはかなり以前から発行されています。大本教から予告された【水晶玉】を既に受け取っている方達もあれば、○十のマークを拾った方達も多数あります。また、「水晶玉」や「○十のマーク」は貰っていなくても、自分の夢の中に、空港から飛び立つ夢。新幹線に乗る夢。船の発着の港の夢など【駅(港)】の夢を見られたでしょう。それらは「みろく(五六七)世」の各次元の行き先によって異なった【乗り物】の夢を見ているだけです。

       

      霊的世界と関わりを持った方でも、みろくの世とは【新地球】だと言う方は少数も少数です。多数決が正しいと言うのであれば、人類は新地球に移るという者達は邪神だと言う方があっても別におかしくはありません。そうした数少ない者が見るみろくの世とは新地球だと言います。そうした人達が見せられたものを【イメージ化】すると、下記のような構図になります。

       

      だが、これだけでは意味が解らないことがあるのです。新日本神道系の方達は日本の神社の【しめ縄(七五三縄)】は、悪神として地上主宰神の座から追われた【国常立尊】様が二度と神界の表舞台に復帰して来ないようにと張るものだの説です。通常、しめ縄は邪神や悪神は入って来るなと張る結界です。そうした意味で言えば、国常立尊とは節分の炒り豆で【鬼は外】と追われている閻魔庁の邏卒たる鬼達の総大将なので、悪神とか悪魔とみられているとなります。

       

      七五三縄とは、鬼の【国常立尊】は世に出て来るな

       

      そこに、何故にしめ縄が「七五三」なのかの疑念が出ます。

       

       

      この地球が五次元に上昇するだけならば、それは日月神示にある【三四五(みよいづ)】の話で終わります。七次元界に隠されていた新地球が降りて来ることで【五六七(みろく)】と呼ばれるのです。

       

      新地球と言う存在を語るには【七次元界】とされる霊的世界と何等かの関わりを持たないと、そうした情報を何一つ掴んでいないなのです。新地球がやって来ると語る幼子達の魂を霊能者が霊査すると、それだけの御神霊の分魂であったがあります。例えば、豊受姫の分魂とか木花咲耶姫の分魂を持っている子供や人等です。

      世に出ている神霊で蛇や狐や狸や猫霊などと呼ばれているのは5次元霊界迄と言われており、例えミニ教祖で6次元界の龍神を背後神としてバックに持っていても解らないとなります。ですから、この手の情報は単なるスピリチュアルからは出て来ないとなります。

       

      大本教神諭予告、【節分の炒り豆にも花が咲く」

       

      国常立尊が七五三縄を外せば、みろくの世がやって来る

       

      私達人類の科学とは「三次元世界用」のものであり、精神世界で語られます輪廻転生を頻繁に起こす【中有界】の名で知られる四次元霊界、それ以上の霊世界のことは現代科学では解き明かすことが出来ないのです。その証拠に、未だに科学は霊界の存在証明すら至っていません。霊能者の霊が見えるはインチキ呼ばわりするだけで、その論証に踏み込もうともしません。そうした科学者達は神の存在は認めるが、霊の存在は否定すると言う愚かな論理を展開しています。

      為に、キリスト教などは【神の御国】に行くには、イエス一人を「神の御子」だと認めた者だけだと、実に誤った教義に入ってしまったと言えます。人(霊止)は、魂と霊界用の肉体である幽体と肉体の【三位一体】で構成されています。それすら理解が出来ていないなのです。

       

      その人の魂とは、この世の生き方しだいで、四次元、五次元、六次元、七次元にと進むことが可能なのです。四次元界とは三次元世界の肉体がこの世での命を終えれば誰もが行く世界であり、肉体の【死】で魂が【四】の霊界に入るだけです。四次元界とは地獄とか中有界が存在する霊界程度の知識でいいわけです。

      お釈迦様やイエスや弘法大師のような方の魂はこの世の生き方ではなくて、元々が非常に高い高次元霊界の魂が地上界に降りられたのであって、この世での人としての生き方云々とは異にはしますが、そこに誰しもこの世の生き方しだいで神社に祭られている御祭神達よりも上の霊界に行くことは可能なのです。

      現実に私の大叔父の霊は、大叔父が住んだ土地の氏神様をして、その氏神様よりも遙かに高い霊世界に行かれたと言います。神社に行って、神様御利益下さい。神様御利益下さいと言っている方は、その神社の御祭神の霊界での地位以上には進めません。しかし、神界の為に尽くした方達の霊は、そうした氏神たる神社に鎮座する神霊達よりも高い霊界にと進んでいるのです。

       

      スピリチュアルでは【五次元界に自然にアセンション(次元上昇)】だと簡単に言っていますが、単なる次元上昇ではないのです。その時に今の地球から新地球に移る。そこが【重要問題】となるのです。

      日月神示にある【みよいづ(三四五)】と【みろく(五六七)】は【次元界】を言っているのです。今の地球に関わる世は三次元四次元五次元が主体だからです。今、一部の霊能者の方達はその【中有界】が消えつつあると言っておられます。地球に関わる四次元界霊界の消滅です。【中有界】が消えつつあるとは【輪廻転生】そのものを終わらせる為にです。

       

      三次元、四次元霊界が無くなれば、残るは五次元界以上

       

      新地球の存在に関してはヨハネの黙示録にありますが、一部の霊能者しかそうしたことは語っておられません。何故かと言いますと、国常立尊様は既に新地球に行くことが決定している者達の魂を【分割】して、だいぶ以前から新地球に移行しても何の心配もないように新地球の建設に従事させておられるからです。ただ、この地球に残っている魂と、新地球でみろく世の建設に当たっている魂の間には同じ魂でありながら通信遮断がなされているので、その詳細がまったく掴めないが生じていたのです。

       

      なお、大本教で出した【○十はみろくの神の御紋章」とは、単に【薩摩紋】の意味ではありません。【地球記号】だと気がつかなかった御神霊達は抜けておられたのでしょう。

      大本教から出た【ス】の神。アイウエオの【ア】から【ス】まで【十三】で、【アース】とは地球のことで、当然に「○十」記号を使用します。そして、この場合は【素戔嗚尊】と言う名の演技が必要なのです。

       

      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、【日本神話はそのような事実があったのではない。この私が最後の時の為に予告として創作させたものであり、そなたはその意味を解読しなさい。】と告げられました。

      ですから、日本の記紀神話に登場して来る神名に囚われているのではなくて、その言葉が持つ意味を解釈をしているのです。

       

       

      最近、ボツボツと夢に新地球の存在が見えて来た人が出て来ているようですが、新地球に行っている自分の魂と地上に残っている自分の魂との間の通信回線が通じ出したのかも知れません。それは、新地球に移行する時期がそろそろ近づいているのかも知れません。

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      何故に言葉の仕組み?。我が宗派を信ずれば天国に、異教徒は地獄に墜ちろの宗教界

      0

        聖書には、【初めに言葉は神と共にあった】と記載されますが、旧約聖書を聖典とするキリスト教、イスラム教、ユダヤ教を見ても、【言葉は神なり】の教えが見当たりません。また、仏教にも存在しません。

         

        この日本だけは古来より【言霊の幸はふ国】と言われて来ました

        が、【言霊】そのもののに対する理解はあまりなされませんでした。

         

        ただ、京都の六波羅蜜寺の空也上人像を見ますと、【言霊】のある程度までは理解が出来ていたと解ります。

        写真は「ウィキペディア」からお借りしました空也上人像の写真のコピーペです。

         

         

        この空也上人像の口から出ている六体の仏とは、【南・無・阿・弥・陀・仏】の六文字を表しています。すなわち、言葉が【仏】としての理解力はあったということなのです。ただ、この場合は【漢字】なので、言霊的に言いますと「なむあみだぶつ」の七音なのです。本来は七仏(七つの言霊)が正解なのです。が、「な、む、あ、み、だ、ぶ」であれば六音となります。

        その意味で言えば、【南無妙法蓮華経】は七文字ではなくて、「なむみょうほうれんげきょう」と十三音となります。

         

        明治25年に発祥の大本教で【ひらかな派の出口なお開祖と漢字派の出口王仁三郎聖師】の大本教内の戦いは、そこには神の深い仕組みがあったと見受けられます。出口なお開祖は文盲だったから【ひらかな】ではないのです。自動書記ならば、どんな難しい漢字でも絵でも書けるからです。

         

        近年、チベットで【81仏】が立体的に装飾された古い【瓶】が見つかりました。だが、なんで「81」仏なのか?。それが解らないがありました。

        下記の図は、私の別HP【http://kamikotokai.com/kotodama/】に載せているものです。ただ、以前の図とは少し変えています。

         

         

        しかし、仏教の【曼荼羅】図では、いくらその仏達を見ても【言霊】そのものが出て来ません。

         

        だが、丹波の片田舎綾部から発祥した大本教から、仮名手本【いろは四十七士】の教えが出て来ました。当時の大本教宣伝使はその【いろは歌】で大活躍をしました。

        その大本教で機関誌の編集長をしていた岡本天明氏は、【日月神示(ひふみ神示)】なるものを出して、【ひふみ歌】を出しました。どちらも日本語の「四十七」の言霊で、これに【ん】を加えて「48音」と言います。

         

        ヨハネ=4(ヨ)8(ハ)音(ネ)が先に出たのです

         

        キリストとは【真理】のことであり、イエス個人ではない

         

        私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、イエスのことは【ナザレのイエス】と言われ、イエスは我が子にはあらず。他の神の御子である。また、一度もイエスが「救世主」だとは告げられませんでした。【イエスは千年級の神の子】と言う言葉を使われていました。大本教の出口王仁三郎聖師は、【自分はイエスに何一つ劣っていない。】と言われたのは、イエスと同じクラスの方であったということです。大本教の役割は「48音(ヨハネ)」の段階であったとしても、大本教の予告は【みろく神】でした。

         

        そこで、大本教の出口王仁三郎聖師が「みろく様」だとなったのですが、出口王仁三郎聖師は昭和20年の終戦において、自分は本物ではない。昭和20年に【みろく下生】があったと述べられたのです。だが、これも正しくはありません。それに代わるような事柄が昭和20年に起きたなのです。

        その昭和20年にみろく下生話は出口王仁三郎聖師のみならず、西洋でも語られており、ペンジャミン・クレーム等が説く昭和20年生の「世界教師・マイトレーヤ」の存在なとが雑誌ムーなどに写真と共に幾たびか記載されたなのです。霊界では誰も確実なことは解らないが、ある程度のことは知っているからです。

         

        そうした中で、私は大本教神諭予告【九つ花】の言葉に触れて、大本教では【九つ花】とは「九曜紋」のことにしているのですが、それは本物の【九つ花】ではないと気づいたのです。

         

         



         

        仏教で説かれた【81仏】の曼荼羅とは、それに「数値」を当てて、五十六億七千万の【みろく(369)】を出す仕組みであり、これは【日本語】でないと紐解けない仕組みだったのです。

         

        そこに日本語の【言霊】が要るのです

         

        しかし、それには大本教が出した【いろは歌】でも、岡本天明氏の【ひふみ歌】でも出来ないなのです。

        私は大本教の出口王仁三郎聖師らしき霊から、【ア】門から【ラ】の仕組みと暗示されて、大本教霊界物語の国常立尊様【三十五万】年前に御引退から、神の時計とこの世の時間との仕組みから、九つ花の中心たる【41】の理解が出来たと言えます。モーゼは紅海を渡って四十年間さまよい。イエスは四十日間荒野をさまよって悪魔を退けた。出口王仁三郎聖師予言の【みのか尾張の国から出る誠の女子】も大ヒントです。

         

        九つ花の真ん中の【41】にて、悪魔を退ける

         

        私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【この国(日本)は、私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり、そなただけにはこの神の仕組みを見せよう。そなたはそれを見て、人々に告げなさい。そなたが歩く道は、今日まで人類の誰一人として歩いたことがない道であり、そなたが初めての者であり、そなたをもってこの仕組みは終わる。そなたは最終の者である。そなたの後にそなたと同じ道を歩く者はなし。】と告げられたなのです。

         

         

        何故に、【日本語】で仕組みが為されているのか?

         

        日本語は神の言葉であり、宇宙の言霊だからです

         

        大本教神諭に、日本人には外国人より一段高い御魂が授けてあるとありますが、これは日本に【皇室】があることとは関係しません。日本語は神の言葉であり、神の言葉を使うことが許されている民族の魂とは、他の土地に住み使う言葉も日本語でない魂達とは別だと語っているのです。この魂を別名【大和】魂と言いますが、日本と言う土地で誕生したことで付与されるもので民族そのものとは関係しません。

        そうした時、必ずや上がるのはそうした【選民】思想は間違いだと言う声です。確かに、こうしたことを書くと自分は何もしていないのに、自分は日本人だと偉ぶった態度に出て来る人達が出て来ます。

         

        大本教神諭予告「九つ花」の仕組みは「米」型で【八紘一宇】の形を取ります。この「八紘一宇」とは日蓮宗の学僧であった「田中智学」による造語とされていますが、私の家系の御先祖霊が日蓮聖人の御分霊であったことからしても、そのバックは日蓮聖人と国常立尊であったと推察は出来ます。

        田中智学は日蓮主義者であり、戦争反対。死刑廃止主義者でした。彼が唱えた「八紘一宇」は当時の日本軍部が中身を変節させて「日本の天皇家を中心として、アジアの諸国はすべて同胞で一つの家の下」でアジア侵略戦争の口実に利用されたなのです。

         

        本来の【八紘一宇】とは

         

        日本は皇神(唯一神)を中心にして、世界の人類を助ける民族

         

        為に、日本人には【神の言葉】たる日本語の使用が許される

         

        さらに、日本列島は【世界の大陸の雛形】となっています。その場合、南アメリカ大陸の雛形がありません。これは、かっての日本領の台湾が該当しているとされます。現在の台湾は終戦後に中国本土から逃げて来た蒋介石の国民党の人達と、昔から台湾に住んでいた人達が混在しますが、昔から台湾に住んで居た人達が非常に親日的であり、今でも日本との統一国家を願う人達が存在しているのは霊的な流れからです。

         

        しかし、創造神の最後の判定とは、各自の魂が【どれだけ磨かれているか】であって、魂の【核】の働きである「良心神」の点数で決まることであり、日本で生まれて日本人として育ったからではないのです。良心神の欠片も無いような者は、この日本のお土からはお払い箱となるのです。

         

        私が子供の頃に臨んでいた神は、旧約聖書の神と称しておられました。そこで多くの霊能者の方に会って霊査をしていただいたところ、何も解らない何も見えないと言う霊能者の方が大多数でしたが、7〜8名の霊能者の方からは、貴方の本守護神は【国常立尊(艮金神)】様だと告げられ、豊受姫からもそう告げられていたので大本教と同じ神様かとなったしだいです。

        大本教神諭予告は、【綾部に九つ花が咲いたならば、万古末代枯れぬ花であるぞよ】とありますが、大本教は本当の【九つ花】の仕組みを世に出せていなかったのですが、出口王仁三郎聖師が大正九年より前に何人かの信徒達に教団には内密でその土地を死守せよと命じられた土地の一角に私が住んだことから、大本教神諭予告の【九つ花】を綾部で咲かせるしだいとなったのです。

         

        どうして、言葉の仕組みと言えども、どうしてこんな深い【仕組み】が為されて来たのかとなりますと、今の宗教世界は、【我が宗派の教えを信じれば天国で、異教徒は地獄に墜ちる】式が多いと言えます。

        例えば、この日本でもオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)は自分がお釈迦様の再来だと称して多くの信徒を集めて、サリン事件を引き起こしました。そうした一連の事件の中に仮谷事件があり、たまたま麻原彰晃と同様に自分がお釈迦様の再来だと称している教祖の信徒がオーム真理教の信徒達の行動を見張っていたことによって、捜査の突破口が開けました。怪我の功名とは言えます。

        あちらこちらに自分がお釈迦様の再来だ。イエスの再来だ。弘法大師の再来だ。素戔嗚尊だ。救世主ですと自称する方があまりにも多く。そこにスピリチュアルまで流れ込んで来て百花繚乱の有様です。誰が本当のことを言っているのかさっぱり解らない状態です。

         

        自分には霊が見える。霊と会話すると豪語していても、他の霊能者からはそれは蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊憑きだと指摘されるだけ。黒龍神や天狗霊が憑いていると霊力が強いので、それなりのミニ教団の教祖様にはなれますが、そこから先行きはしません。

        そうした名乗りを上げている方達の背後には、それなりの「神霊」が存在しています。そうした神霊は、自分の意のままになる肉体人間を利用して、その神霊が霊界での【覇権】を握るなのです。

         

         

        私達肉体人間には、その教祖様や霊能者やスピリチュアル標榜者の背後に現れる神霊の正体が解りません。だが、確実に言えることは、そうした神霊では【言葉による仕組み】の組み立てなど不可能だと言うことなのです。

         

        言霊そのものには、【善も悪】はありません

         

        だが、言霊を宣る人の心には【善悪】があります

         

        心とは言霊を載せる船形から、古来より魂は船に乗る

         

        大本教神諭以後、大本教神諭に似せた神諭が日本のあちらこちらから出ています。一見するとあまりにも似ているので大本教神諭の後継の神諭かと思わせますが、そうではありません。大本教神諭が、止め(とどめ)の神諭だと予告してあるはずです。それらの大本教神諭に似せた神諭で【九分九厘】まで行けたとしても、最後の【一厘】には行けないのです。ですから、大本教神諭は【九つ花に咲く、一輪の言霊の火水(ひみつ)】ともしたのです。

         

        邪神達は大本教神諭に何が書いていあるのか理解出来ていないことから、大本教神諭風の神示を連発したのですが、私は大本教開祖の出口なお霊とおぼしき霊から、【大本教はまな板の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕しだい。】と告げられて、大本教が演じた型の解読に特化しました。それは明治という時代に出たから、平成の時代の神示に劣るではないのです。明治という古いものでも【料理人の腕次第】だからです。

         

        私は大本教の役割は、米を斗(はかる)升記号と出て来た時、まったく意味が掴めませんでした。まさか、【米】を量る(斗)とは思ってもいなかったからです。大本教が演じた【米】の仕組みはあまりにも奥が深く。単に霊が見えるとか、自分には神霊から神示が降りる程度では中身の解釈が出来ないのです。

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        鏖殺(おうさつ)と書いて【皆殺し】と読ませる不思議な言葉の意味は?。

        0

          最近の私の夢に【鹿を解体する】が出てきました。何とのことかと言います、【鹿】の漢字が持つ意味を解体しなさいです。

          一般的に【鹿】の漢字は動物の「鹿」を示しますが

           

          鹿=権力者(帝王)の例え 

           

          また、【猪】も昔は「しか」と言った頃もありました。

           

          鹿を解体するは、これまでは権力の座に在った者達は全てその地位を剥奪されるです。それ自体は大本教神諭に、世の大立替は【これまで上の者は下に行き。下の者が上に行く。】とあるように、霊界における魂の地位の上下の入替が【峠】となります。肉体の話ではないのです。為には何もかも一度チャラにしてからです。ですから、立替は今日までの魂の身分の剥奪を伴います。その上で、改めてその地位を決めるです。

          これまでは【輪廻転生】において、魂の地位の向上がなされて来ました。神の高山に登るです。しかし、立替とはこれまでの「輪廻転生」の終了であり。新しい「みろく世」の地位を確定させる作業なので、大本教神諭などでは【魂の上に下にと入れ替えでごったかえすので、神は人民にかまっておられない】などがありますが、一度に行われるが匂わせてあります。

          また、大本教の出口王仁三郎聖師は世の大立替とは何かに対して、【牛の糞(社会の底辺に居る者)が天下を取るようなものだ。】がありますが、これまでは社会の底辺に居た者達の魂の中から、新しき弥勒の世の指導者達が抜擢されるとなります。

          但し、それは単に今の世で社会の底辺に居た者ではなくて、社会の底辺にありながら【誠】の旗印を貫いてきた者達です。誠の旗でも勤王佐幕の佐幕側の新撰組ではなくて、誠印の【神撰組】です。

           

          しかし、そこにはある疑問が生じます。万年野党に長く居た【民主党】がいざ政権を取ったならば、それまでタダタダ野党で政権の粗探しをして批判することばかりに明け暮れていた為に、政策の立案能力もままならずに政権をまともに動かせない。官僚を上手に使えないなどが起きて、結局は元の万年野党の座に戻ってしまいました。国民の改革の期待を裏切ったことは周知の事実です。

          何でもそうですが、いざ自分がその立場になったならば【ノーハウ(知識・情報。物事のやり方)】を積んでいないと不可能です。いきなり船の船長を命じられたからと言って、船を走らせることなど出来ないのです。

           

          私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、不思議なことを私に言われました。【そなたの今生は、下座に座る競争ぞ。上座に上がりたい奴は、上座に上がらせてあげなさい。】です。そして【上座と下座が入れ替わる。】です。そうした内容は【ひふみ神示】などにも見られます。

           

          ひふみ神示。第一巻 上つ巻 第20帖。【上下にグレンと引繰り返るぞ。上の者下に、落ちぶれた民上になるぞ、岩戸開けるぞ。】です。

           

          落ちぶれた民とあっても、それは今の肉体が社会の底辺に居る意味ですが、その肉体を世の上に抜擢しても何のノーハウも持っていないことは誰でも解ることです。この【グレン】とは、【デングリ返し】の意味でもあるのです。何故に「グレン」という言葉が使われているかは、後日に解説も出来るでしょう。

           

          【今生は、下座で「艱難辛苦」を積んで来た者が勝つ。】

           

          人が持つ魂を磨くとは、「艱難辛苦」に堪えてこないと磨かれません。学的な知識を学んだからと言って、それで魂が磨かれるではありません。学んだ知識と「艱難辛苦」に堪えることが両輪となるのです。

          あいつは自分より偉そうにしているで【腹を立てている】ようでは、神の「眼鏡」に適う者とはいえません。自らが下座に座れる度量がなければダメだと私に臨んだ神は言われたのです。

          そうした物語として、中国の【韓信】の話もあります。私は子供の頃、この【韓信の股くぐり】の話に感銘を受けて、暴力的な者から土下座しろと言われたら土下座もしましたし、「韓信」のように股をくぐれと言われば股でもくぐって来ました。そこには自分の誇りとか、悔しいなどの感情は一切存在しません。私は韓信の「大望」よりも、神から「下座」を告げられていたからです。

           

          私は某大新聞の支局の暴力記者から難癖をつけられて新聞に書くぞと脅かされて、ハイハイとその暴力記者の股くぐりをして差し上げましたが、その数ヶ月後にその暴力記者は某大新聞社を辞めざる得なくなったようです。その時に、その某大新聞社の暴力記者の前世を神から見させられましたが、前世から少しも性格が直っていなかったようです。江戸時代には某藩の家老職の息子であったけれども、父親の権威を嵩にきて悪いことばかりをしていたでした。今生は某大新聞社の権威を嵩にきるです。

           

          誰が考えてもみろく世の運営を考えれば社会の底辺の者が上に行くでは、正気の沙汰とは思われない言葉です。大本教神諭では上下(うえした)が入れ替わると書かれているようですが、それを読んだ多くの方達は地球のN極とS極の磁気が反転することだと解釈されているようです。俗に【ポールシフト】と呼ばれることです。

          過去に、この地球は幾度かN極とS極の南北が入れ替わった出来事は科学でも知られていますので、この地球の磁極が反転するという考えは成り立つかも知れません。

          ただ、私が見せられた霊的映像では「南北」が入れ替わっていましたが人々が暮らしている光景なので、その光景は今の地球上ではないだろうと見ました。何故ならば、この地球で磁極の磁気が反転すれば、まず今の人類は滅亡であり、多くの人々が暮らしている光景等とはなりません。完全に人類は絶滅します。

           

          大本教から【霊界物語】が出されました。それは今から【三十五万年前】に起きたとする国常立尊の御引退に関わる物語です。そんな痕跡は【考古学】でいくら調べても見つからないでしょう。だが、その頃のことを「記憶」している方達はそれなりに存在しています。私も記憶の一部としてそれを持ちます。

          国常立尊様は創造神でありながら【悪神】として、地上神界の主宰神の座を追われた神であり、その配下であった天使達も悪神とされて悉く地に落ちたのです。大本教はその国常立尊が元の主宰神の座に復活されると予告をしたのです。それが【節分の煎り豆にも花が咲く】と宣伝された事柄です。

          国常立尊様は長らく地に落ちておられたが、過去は自分に忠誠を誓っていた天使達の魂も今の世に落ちて【輪廻転生】を経ていても、それが誰かと解っておられるのです。それらの元天使達の魂を元の天使職に復活させることで、神界の政権運営は出来るなのです。それらの魂を元の神界での地位に戻せば、その魂達にはそれだけの【ノーハウ】の蓄積があるなのです。ただ、肉体にはそれが解っていないなのです。為には魂本来に戻る為にはその肉体を脱ぐ捨てるとなります。

           

          やはり、ひふみ神示にも同様のことが書かれています。

           

          ひふみ神示。第二巻 下つ巻 第13帖【岩戸開くとは元の姿に返すことぞ、神の姿に返すことぞ。

           

          そうした元は天使職の魂を持つ肉体は、今は落ちぶれていますが、その魂を元の地位に戻すと天使職の者達となります。

           

          私が言霊師の師匠の元で【言霊】を習っている時、自分が国常立尊の現身(うつそみ)と称するその師匠は綾部の町に自己の宣伝ビラを作成しました。その中に【鏖殺(おうさつ)】という言葉を使っておりました。

          私が大本教霊界物語を読んだ時、霊界物語の中にその【鏖殺】の言葉がありましたので何の意味かと調べましたところ、【皆殺し】の意味と解りました。

           

          鹿の【鏖】 鏖(殺)と書いて【皆殺し】

           

          別に「鏖殺」と書かなくても、「鏖」一字で皆殺しの意味を持ちます。しかし、【皆殺し】という言葉は尋常な言葉使い方ではありません。殴殺(おうさつ)ならば、殴り殺すなので惨い意味になります。とても、「鏖殺」は神が使われる言葉とは思えませ。何か意味があるのか?。です。

          一部の方達も説いておられますように、私達の魂が全員一度に高次元界に進むのには、西洋では【シルバーコード(銀線)】と呼ばれている霊子線を切断すれば出来ることです。しかし、その線は全員が銀色とは限りません。為に、大本教霊界物語や日月神示等では【霊子線(たまのこせん)】になっているかと思われます。

          大本教神諭に立替の時は、上に行く者下に行く者でごった返すとあるのは、それが一度に実施されるからです。ですから、【三千世界一度に開く梅の花。開いて散りて実を結ぶ】となります。それに【鏖殺】の言葉を使う必要がないのです。

           

          霊子(たまのこ)線を切断すれば、魂は二度と肉体には戻れなくなる

           

          三途の川を渡ってしまいます。よく臨死体験がありますが、そうした場合は未だ霊子線が切断されていないのです。ですから、魂は肉体に戻って来れるのです。

          何故に「皆殺し」の意味が金鹿を殺すで【鏖殺】という言葉なのか?。まさに、謎が謎を呼ぶです。この【鏖】の皆殺しの意味は漢字の研究学者でも成り立ちが解らない漢字の一つと言えます。

           

          私は数年前、不思議な夢を見ていました。その夢の中の光景とは、現在の私が住んでいる家で周囲も寸部と違いません。その家の前の道路に近所の人達が集まって騒いでいます。そこで私も出て見ると、ある音楽が空から流れて来ます。その音を聞いた近所の人達が、あの音が聞こえて来ると【皆殺し】にされると騒いでいます。

          その音楽とは、西部劇の「リオ・ブラボー」や「アラモ」で映画音楽として使われていた【皆殺し】と言う曲です。決闘とか戦争の場面で相手を【皆殺し】にする場面で使われた音楽です。トランペットが奏でます。私は聖書の最後の天使のラッパとは、こうしたトランペットかと思っている夢です。

           

          私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、その声は【私はこの世の幕を降ろすにあたって、そたなをこの世に遣わした。そなたは人類を救いなさい。】と告げられました。

          私が告げられた人類を救う道とは、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり。そなた一人だけにはその仕組みを見せるので、それを見て人々に告げなさい。】でした。

          それは、この日本に満ちあふれているのは【日本語】であり、私はその言葉の仕組みに秘められている【救済法】を説いているのに過ぎません。誰がいったいこんな言葉による仕組みをしたのか?。そこに神社や仏閣に鎮まる御神霊ではなくて、創造神と呼ばれる神の存在を認識する必要があると説いて来たのです。

          人類を救済する道は【言葉の仕組み】以外にも多々あるでしょう。それぞれの人がその使命に応じて「救済」に走られるでしょう。ただ、某宗教団体などは信徒を【みろく世】に渡すを歌っておられますが、最後は単なる三途川ではなくて大海原を行くので羅針盤の【羅(ラ)神】が解っていないと危ないと言えるのです。

           

          その言葉の仕組みの教え、朝鮮に残されていた予言には最後の審判前に【米】一字の教えが起きる。その教えに従った者達の上には「天罰」は降りないが、そうでない者達の上には「天罰」が降りるとありました。

           

          自分は霊が見える。霊と会話が出来るで、そこに出て来た霊が名乗る天使長とか大天使とか高級な神霊名で自分は特別の者だと思っている方は、【言葉の仕組み】など頭からバカにされて来ます。

          私から言うと、貴方達が出会う神社の御神霊では、【言葉の仕組み】など出来る段階の御神霊ではありませんよと言ったところで、そうした方達は聞く耳など持たないです。

          日本の古神道界の一部では、そうした名乗りの霊の【サニワ(審神)】が行われていますが、本物の神霊は数少ないのです。宇宙人と称していても宇宙人ではく、黒蛇などであったりです。が、霊界の霊人達とは言えます。

           

          私の神霊世界の修業は伏見稲荷大社の【豊受姫】にお世話いただきました。その豊受姫は私に【人類は一人も残らない】と告げられました。その豊受姫のお代であった最初の師匠は、その時は自分はこの世を去っていますので、霊界から高見の見物をしていますと言いましたが、それらは【三次元世界の幕引き】で各自の魂が消されるではないのです。汚れが消えた魂達は【五次元世界(みろく世)】に移るなのです。

          ただ、各自の魂が【五次元界に上昇】するに当たっては、三次元世界の物質的存在は【皆殺し】となるのです。私の最初の師匠の魂は、この世に生きている時に【神位】を得ていましたので霊界から高見の見物とまで言ったのです。

          私は人の魂に点数が出るを見せていただきました。そうした中で、魂の点数と霊界での次元とが比例していると解りました。肉体の魂に高い点数が出ている方は、高次元霊世界に行かれる方です。中には【七次元】の方もあれば【六次元】の方もあるなのです。

           

          霊など見えなくても死後は高次元界に行く方が多いのに

           

          なまじ霊が見えるで、低次元界に留まっている方がある

           

          私は【鏖殺(皆殺し)】の鹿の字を調べていて、【○十(⊕)】の紋に行き当たりました。それは、私が以前に出していた金色の【神紋】でもあるのです。

          私がこの金色の薩摩紋を出したのは、○十の仕組みが単なる【明治維新】の型ではなくて、太陽も月も維新させる巨大な神の力の行使からです。

           

           

             金鹿(鏖)

           

          鹿の意味、【鹿児島(薩摩紋)】

           

          ラストサムライ、最後の戦い

           

          殺戮の丘(ハルマゲドン)

           

          神界の最終戦争においては、天帝軍は「○十」の旗を掲げます。その時は、神界は天帝軍と国常立尊派の連合軍と、反天帝で反国常立尊派連合軍の間で神界はまさに血の雨が降るとなります。その時の状況が神界における最終戦争で【殺戮の丘】です。

          三十五万年前に起きた神界戦争では、日本の国祖神でもある【国常立尊】様は敗軍の総大将としてその地位を追われたのです。だが、今回は天帝が自ら天の神軍を指揮される。それは最終の神界戦争だからと言えるでしょう。その天帝軍の旗印が【兜(軍)を率いる兜率天】であり【○十(みろくの神の御紋章)】なので、鏖殺の【鹿】の字が使われているとも言えるでしょう。

           

          そのことに関して、多くの方は薩摩軍の【西郷隆盛】は○十の旗を掲げて明治政府に敗れた「型」ではないか。それでは敗退すると言われるでしょう。その時は武士の世を終わらせる為の【ラストサムライ】の戦いであり。【鏖殺(薩摩紋)】で示されることは「三次元世界」を終わらせる話なのでしょう。この仕組みの「○十」とは、新しい【太陽(日)と月】が従う型と言えるのです。

           

          霊界にはいろんなビジョンが流れています。どのビジョンが起きて、どのビジョンは起きないのかも解りません。また、それらのビジョンの起きる順番すら、誰も語れないがあります。ただ、自分に見えたビジョンしか語れないなのです。嘘も真実も織り交ぜてあるのが霊界です。

          ただ、最近はこの地球が消えて行くビジョンを見る方が増えつつあります。そうしたビジョンを見せて来る存在は各自の守護神にあるのかも知れません。未だ何も気づいておらず、のほほんとしている守護神。自分が守護している人間に早く気づけよと教えてくれている守護神。そうした違いがあるのかも知れません。

           

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          亥の年の節分を過ぎて感じられる霊界の変化。綾部の【龍門館】

          0

            私は西暦2019年度の霊界の流れは、かって騒がれたノストラダムス予言の西暦1999年の意味を語り。【善と悪】との流れがはっきり見えて来る動きではないかと書かさせて貰いました。

             

            最近、隠れていた各種の悪が次と次と世の表に出て来ています。以前ならば見過ごされていた悪行が世の批判にさらされるです。もうどうしょうもない【ろくでなし】達を世に曝き出すです。特にSNSの発展は自分の魂磨きではなく、面白ければ大勢の人が見てくれると、自分が世間から見ると【ろくでもない魂の持ち主】と見られていると理解すら出来なくなっています。

            また、この日本だけでなく中国や韓国でも問題化して厳罰対象となって来た「あおり運転」などは、車を運転するとその人の人格が一変する。すなわち、その人の魂の本質が肉体の理性で防御が出来ないなのです。

            人の魂がこの世で肉体を頂いている理由には、各自の肉体には魂の汚れを浄化出来る力があり、肉体のこの世での学びによって得た理性で魂が暴走する行動を止められるがあります。もしも魂だけの状態だと、悪しき魂には理性が効いて来ません。それこそ「あるがまま」の本能だけになってしまうのです。悪しき魂はあるがままだと「悪事」に走ります。地獄と呼ばれる世界を創り出しているのは、各自の魂の心の持ち方であったのです。誰の責任でもない。自分がした結果なのです。

             

            スピリチュアルで【あるがまま】を説いている方は、事の本質が何も解っていないと言えます。

             

            今、人類の魂のレベルは極端に落ちています

             

            私は霊能者をしている者ではありませんが、霊的世界には関わってはいます。これまでとは違った【風】を感じるのです。それは立替に向かって吹いている風を感じるのです。

             

            私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いていました。その当時に私が住んでいた場所は綾部の大本教の正門を正面に見る通りの借家で、大本教の神職さん達がその道筋の両脇に多く住んでおられました。私が遊んでいた友達は、そうした神職さんの子供達でした。そうしたこともありまして、私にとって綾部の大本教神苑は思い出の場所なのです。

             

            私は地元の高校を出ると東京に行き。10年ほどして母親の元に帰って来ました。それまでは父親を早くに亡くしたことから、私の母親が住み込みで働いていた職場のたった一間の狭い部屋に親子二人で暮らしていたのですが、その母親が定年退職に備えて数年前に買った古家に帰って来て住んだのです。こちらで安定した職場を得て、私も嫁を貰ってもいい年なので、その古家では母親と嫁とが一緒に住むには間取りが悪いで新築の建て売り住宅を買い。その土地を離れることになりました。

            その時、私の脳裏に【自分は一端はこの土地を離れるが、必ずやこの土地に戻って来て神界の御用をする。】という不思議な意識が支配したのです。 私は子供の頃こそ、旧約聖書の神と称する声が臨んでいましたが、中学生とも成る頃にはそうした霊声は何も降りないで、もう神等と呼ばれる存在のことなどすっかり忘れていましたので、この意識は何だろうと思っていました。

            その新築の建て売り住宅は【天之御中主】様を祀る小さな神社の境内地的な場所にありました。それも偶然ではなかったのです。

             

            新しい家に住み始めて、大金の必要があり、その古家を売ろうとしたのですが、どうにも自分の中に「必ずやその地に戻って神界の御用をする」の意識が消えないのです。為に、その土地を売れないがありました。その古家を一時期同級生に貸していたのですが、その同級生が新築の家を建てて出て行くで空家となりました。

            昭和五十五年。京都で私の目は開いているにも関わらず、何の光も見えて来なくなると、真っ暗闇の中に入ってしまいました。すると、地底から湧いて来るような恐ろしい霊声が臨み、その内容があまりにも不思議で、とても信じられるような内容ではありませんでした。が、その暗闇の中に光が入り、三体のお坊さんの霊がその声と同じ事を合唱されますので、ともかく信じますと言ったところで元の明かりの中となりました。それから数々の摩訶不思議な事が起きて、最初の師匠に辿り着くとなりました。

            その最初の師匠は伏見稲荷大社講社の支部長で、豊受姫が祭られている隣藩の藩主が造営した由緒正しき稲荷神社の神主を勤めていました。その社務所で豊受姫からいろいろ聞かされたのです。

             

            私が以前に住んでいた土地の一帯は【神界の隠された聖域】であり、本来は人間が住むべき土地ではない。あなたはその元の土地に帰って【神界の御用】をしないといけない。その神界の御用とは、世に出ておられる今の神々には出来ない。人の肉体たる身をもった貴方以外には出来ない神業であり、その元の土地に速やかに戻るべしと告げられます。

            私がその元の古家を出る時、【自分は必ずやこの土地に戻ってきて神界の御用をする。】という不思議な意識に支配されていたこともあり、元の土地に戻ることを承諾したのです。

             

            だが、豊受姫のお代であった最初の師匠は、私がその土地に戻ることを豊受姫に反対されました。【あんな恐ろしい土地に帰ったならば、この人は殺されてしまわれます。私は反対です。私ならば行かなければ殺すと言われても絶対に行かない。殺される道を選びます。殺されるより恐ろしい。】ですと言います。

            すると、御祭神の豊受姫は、【これは人間が知る問題ではない。神界の問題である。人間が口を出すことではない。この御用が出来る者は世界広しと言えども、あの者以外には勤まらない。】と、最初の師匠の反対を封じられたのです。

            私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいたことに関して、別にそれを不思議とも思っていませんでした。幼児期の頃より、自分は天から密命を帯びて降りて来た者と思っていたからです。ただ、その受けた【密命】が何であったのかが解らないのです。私の魂の故郷は宇宙のどこかの星であり。この世での肉体の死を何一つ恐れていないからです。

             

            この世は魂の修業場で、肉体にしがみつく者は愚か

             

            それで、最初の師匠のあの土地に戻れば殺されてしまうも意に介さず。古家を取り壊して私と母親の全財産をつぎ込んで家を新築しました。その時、その古家の棟には【大正九年】に上棟と書かれていました。

            そして、地元の人から意外なことを聞かされたのです。その付近一帯の土地は元々は大本教の信徒数名が持つ土地で、大本教の出口王仁三郎聖師は生前に大本教のその信徒数名に対して、教団には内密でそれらの土地を死守して欲しいと頼んだと、地元の人が言います。すると、大正九年に上棟式の銘ががあるので、その話は大本教に対する第一次弾圧事件よりも前。霊界物語出版より以前の話となります。

             

            私の母親はその信徒だった方の子孫からその土地と古家を買ったのです。私の母が買った土地ではなかったのですが、それに隣接する土地は大本教の出口王仁三郎聖師がその直弟子に、その土地は【みろく神業で使われるお宝が埋められている。】と言い残された土地があります。その土地を持っていた人が亡くなった後に、出口王仁三郎聖師の直弟子が、その相続者たる遺族を探して許可を貰って重機で掘り起こしたが何も出て来なかったと言われます。

            その出口王仁三郎聖師の直弟子は【みろく神業に使われるお宝】とは、徳川埋蔵金の様な物だと思っていたのでしょう。そんな埋蔵金ならば、自分が大金持ちになれても、世に使われるではすぐに使い果たします。みろく神業に使われるとなると【無尽蔵】が要求されます。

             

            大本教霊界物語に龍宮の乙姫殿が龍宮のお宝を全て差し出すとあるように、無尽蔵の龍宮のお宝によって、みろく世の住人は貧ずることに悩まされることはないなのです。日月神示などでは、みろくの世には金銭に困らない式のものがあるようですが、その出所がどこにも書かれていないようです。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師は、綾部の大本教の金龍海は型にすぎず。本当の金龍海は私が住む土地の崖下の綾部に残る伝説の【底無し沼】と呼ばれた場所一帯だと言っておられます。そこを【陸(あげ)の龍宮城】と言われました。かなり広い土地に成ります。私は霊的にその一帯に神殿群が立ち並んでいる光景を見させられて、いったいこの地はどういう土地だったのか?。

            その底無し沼と呼ばれた池の地下水脈は、霊能者によれば若狭湾の舞鶴沖、国常立尊が御引退されたとする冠島までつながっていると言います。私は土中に【龍道(土竜)】の存在を知りましたが、海中でも同様に龍道があるのだろうと考えられます。

            が、その底無し沼とされた池は、熊野本宮の別当家でもあり【宇志採羅根真】の家柄でもあった綾部藩最後の藩主(知事)が、明治時代にその沼から由良川(和知川)まで水を流す治水工事を行い。池の水を流したことで今では池ではなく、住宅地や畑などになったのです。

             

            それらを知るには大本教だけでなく、図書館に通って綾部の歴史まで調べる必要がありました。為に、今では誰もそこが本当の【金龍海】と呼ばれ場所であったことを知らないのです。どこにも池そのものが存在していないからです。ただ、大本教の出口王仁三郎聖師が着物の裾をまくり上げて下半身を露出させて、その元池の周囲を回られた異様な行動に関して地元の古老達から聞かされたなのです。そこには大変なご苦労があったなのです。

             

            みろく神業に使われるお宝とは、【陸の龍宮城】のお宝

             

            大本教では大本教が【龍門館(りゅうもんやかた)】としましたが、それは大本教神苑内に設けた型たる金龍池からでしょう。霊能者によれば私が住む場所が龍宮の門の口に当たると言います。

            豊受姫が、その付近一帯は本来は人が住んではいけない聖域と告げられたのは、地中に霊的世界の【陸の龍宮城】が存在していたことからです。しかも、それは国祖国常立尊様の御引退場所とされた冠島までつながっているなのです。

             

            私がその地に帰って、最初の師匠が【あんな汚れた土地に戻ったならば、貴方は殺されてしまう。】と危うんだ出来事が起きました。

            それは平成2年の大晦日の夜。年越しの祝詞を上げ出すと、神棚から激しいラップ音が起き出して、やがて大ラップ現象は私の家を揺るがすほどになったのです。新築の家を潰す気か!。です。

            その当時の私は最初の師匠の元を離れていました。稲荷神界から離れて言霊学の師匠の元に行ったからです。そして、その言霊学の師匠の元も離れていました。それより少し前に私の家で起き出したラップ現象は出雲大社教の教会長の元に相談に行ったところ、出雲の神が何かをしなくても、貴方の家の御先祖霊は出雲大社の神に匹敵するほどの存在で、その御先祖霊さんに頼みなさいと告げられます。

            その出雲の神に匹敵すると告げられた先祖霊とは、私と肉体的には血脈はありませんが、私の家系の先祖霊で日蓮聖人の分魂であった方のことです。その時はその御先祖霊の力で鎮まったのですが、今度はその御先祖霊に頼んでもどうにも鎮まりません。

             

            そこで、またもや出雲大社教に走ったのですが、出雲の神の力ではどうしても鎮まりません。そんなはずが無いと言われても、鎮まらないなのです。出雲の神の力がまるで及ばないなのです。私はこの土地で家を新築するにあたって激しい妨害を受けました。その時、大国主命様が私の前に出て来られて解決して貰っています。それ以外にもいろいろと大国主命様には働いて貰っています。が、今回は及ばない。

            そこで稲荷神や不動明王等の神々や仏界のお代さん達にお願いしたのですが、まったく鎮まりません。どの方も自分の過去の経験からする鎮まらないはずが無い。それだけです。

            そうした中で稲荷神と不動明王のお代である行者さんから、このラップ現象は伊勢神宮の天照皇大神様であろうとも出雲の大国主命様であろうとも鎮めることなど出来ない。貴方自身が鎮めない限り鎮まらない。日本でこれを鎮めることが出来る神はどこにも居ないとまで言われます。

             

            最初の師匠から、あんな処に言ったら貴方は殺されてしまうと言ったのは、この事かです。もう殺されるかどうかのラップ現象の中で自己流で鎮めです。そのラップ現象の鎮めに丸三年間もかかりました。特に最初の「40日間」は夜は眠れない凄まじいものでした。自分には食べて行く為の仕事もあり。睡眠不足から車を運転していると、電柱やガードレールにぶつかりそうになったり、崖下に転落しそうになったりで、何時死ぬかです。よく命が保ったなのです。

             

            私がこの地に戻って新築の為に地鎮祭を最初の師匠にお願いしたところ、その地に金龍神がとぐろを巻いていました。そこで、その師匠にその金龍神のことを尋ねると、金龍神だけでなく、【この土地は今の世に出ておられる神々ではなく、超太古の神々が押しくら饅頭の様に封じ込められている土地。それらの神々は今の世には出ておられない第三の神々とも言えます。この地はそうした押し込められた超古代の神々の怨念が渦巻く土地です。】と語っていました。

            そうした超太古の神々の怨念の噴き出しが大ラップ現象であったとなります。そのラップ現象が終わった後に最初の師匠に出会ったところ、その師匠は【さすがですね。豊受様が言われた通り。この神業は世に出ておられる神々には出来ない仕事。肉体をもった貴方だったからこそ。】と言われてしまいました。

             

            その師匠を通じて豊受姫から聞かされたことは、そこは汚れた土地ではあるが清めに清めれば、やがては【創造神】が天下られる場所とまで言われます。その創造神とは【国常立尊】様のことではないのです。本当の「宇宙最高神」のことです。別の霊能者はその土地は今の神界ではなく、超太古の神界の中心点とまで言われます。 道理で霊的映像は、神殿群が立ち並んでいたのです。

            その後、幾人かのサイキッカーや霊能者から、その出来事は既存の日本の神々では手に負えない出来事で、肉体を持つ貴方だから出来たことですと教えられたしだいです。そして、その土地に存在した霊とは、今の世の神々では無いと一致して言われます。

             

            それらの霊能者は、

             

            この場所は地球の【五次元上昇(みろく世)】の鍵を握ると言う

             

            ただ、その土地にやがては【宇宙最高創造神】が天下ると告げられたのは、阪神淡路大震災や普賢岳噴火を事前に告げられた豊受姫だけであり、それが本当に当たるのかどうかは解りません。そうした神々の怨念を鎮めることが出来るのは肉体を持った貴方だけであり、霊である神々にはそれは出来ない作業ではあった。それだけなのです。

            それは大本教霊界物語に記載される。【主の神は三十五万年前に御引退】に関わって落とされて封じ込められていた神々だったのです。すなわち、今の世には出ることが出来なかった国常立尊配下の神達であったと思われます。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師が、それほど重要な土地を大本教団で所有されなかったのは、自分の子孫にはそうした神霊浄化が出来る者が生まれ出て来ないことだと解っておられたからでしょう。

             

            私は大本教の出口王仁三郎聖師と思われる霊と三度会いました。最初は私が建てた新しい家の浴室の前に、大きな【漢字】と書かれた浴衣を着用されて、私の家の神棚にお菓子を供えていると、その【菓子】を霊的に取って神棚の中に入ってしまわれました。それで、私には【貸し】があると謎をかけられと解りました。それと【漢字】と書かれた浴衣は、霊界物語の「盤古大神から国祖国常立尊様に神界の大政奉還】の意味が【漢字の変換】と解けたなのです。私は鍾馗神のご案内で、何万もの霊を引き連れた盤古大神と呼ばれる神と拝謁した時、何が何だかさっぱり意味が解らないでした。

            次に、大本教の出口なお開祖が私に懸かって出て来られた時、その開祖に続いて出てこられました。出口なお開祖は【大本教はまな板の上の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕次第。】と告げられたのですが、出口王仁三郎聖師と思われる霊は、回教宣伝使の姿であり、私に【アラー】の神で、日本語は【ア門からラー】でアラーとなる【アイウエオ】の順番を気づかせてくれたのです。大本教神諭予告「九つ花」がアイウエオの41番目の【ラ】神論に入れたのです。

            三度目は、私が大本教の奥津城に参拝したところ、出口王仁三郎聖師らしき霊が現れて、私に【出て来るのが遅かったぞ。】と一言いわれたのです。

             

            私は大本教神諭の意味の解説に特化していますが、行者筋から、【あなたは大本教の出口王仁三郎聖師と心中する気ですか】と、尋ねられるがあります。その時、【当然に心中です。】と答えています。もし、この土地に住んで居なければ、大本教神諭予告【九つ花】を紐解くなど絶対に不可能だったからです。この土地に住んだことが【九つ花】を紐解かせたのです。

            大本教が予告して来た数々の予言が何も起こらないのであれば、私もまた出口王仁三郎聖師と同様の目に遭うなのです。

             

            大本教が予告した【龍門館】の【門】は綾部の大本教内にあるのではなくて、出口王仁三郎聖師が信徒数名に大本教の教団には内密で死守させた場所にあるからです。

            単に【龍神】と呼ばれる存在が住む場所は全国各地にあります。そうした場所は「霊山や霊場」だったりします。そうした霊場や霊山に鎮座する龍神と、大本教が告げた【金龍海】の龍神達とでは、何の違いがあるのかとなります。それは【みろくの世】に至る働きの違いと思われます。

             

            私が神霊世界の修業のお世話になった豊受姫は、そのお代であった最初の師匠に阪神淡路大震災や普賢岳噴火を事前に告げられたほどの御神霊ですが、綾部は【神の聖都】であり、【自分の故郷】だとまで言われました。大本教からは豊受姫は禁足地とした本宮山(別名鶴山)に天下った神と示されましたが、その本宮山のことであったようです。私が現在住む土地も、昔の公図を見ますと【本宮村】となっていました。

             

            今の神霊世界はどこにも【主の神】の姿が見当たらないことから、自分が神界の覇権を狙おうとする神々の群雄割拠であり、私自身が【ニセの国常立尊】に引っ掛かったように、大きな神名を名乗る【ニセ神】達が跋扈しています。それは一部の霊能者からも報告されています。そこにあるのは【勝てば官軍。負ければ賊軍】の論理だけです。やがてそうした神霊達の神界の覇権を巡っての争いは勃発するでしょう。

            私が修業のお世話になった豊受姫は三十五万年前の国常立尊様の【御引退】の経緯を知る神なのかは、大本教の出口王仁三郎聖師が教団にも内密にされて来た場所に【創造神】が天下るかどうかで、その【真偽】は定まるでしょう。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師が神霊界でさほどの存在でなかったならば、私もまたそうした一員にしか過ぎません。

             

            誰が、【言葉】でこれほどの仕組みが出来るのであろうか?

             

             

             

             

             

            精神世界


            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            みのか尾張の国から出る神の高山(神界ピラミッド)に秘められた【41】の意味

            0

              前回のブログは【神の高山の頂上を目指す者と麓から神の高山を眺めるだけの者】でしたが、今回その続きとして補足して行きます。

              そこで、前回のブログに出しました神の高山図に更なる加筆して補足を入れて行きます。

               

              世紀の大預言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は、有名な【みのか尾張の国から現れる誠の女子】という遺文を残されました。ただ、それを自分のことと思う者は【曲津神】と記載されたのですが、その曲津神と書かれた場所を見ずに、私の元には自分がその【みのか尾張の女子です。】等と言って来られる方が多数ありました。

              そうした方の背後には、【お前がその該当者だ】と囁く神霊が多数あったということです。意味が解っていなかったからです。その為に、その背後の霊達がその方にいろんなものを見させて、自分が特別に選ばれた者だと【錯覚】させるがありました。

               

              私はそうした神霊世界が見せる【奇跡】に惑わされない為に、長年そうした霊界の奇跡に関しても見させられたと思います。私は少々の奇跡を見ても、別に驚くことはありません。だいたいその仕組みを見て来たからです。

              私も修業時代は【黒龍神】の攻撃に恐れおののいて逃げ回るもありました。幸いに黒龍神から命を取られるまでは行きませんでしたが怪我はしました。それよりも霊能者と呼ばれる人達の中には物騒な方もいまして、命も狙われて来ました。つまり、霊界は一筋縄では行かない世界であり。まだ神霊世界は唯一神によって統一されてはいないが私の結論でした。

               

              そこにあるのは【力】なりで、勝てば官軍の論理です

               

              私は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】の仕組みから、早い段階でそのみのか尾張の国から出る誠の女子の意味は、【誠は言成る】ですから言霊の意味だと把握はしておりましたが、私が書いた物をろくろく見ないで、私の元に自分がその【該当者】だと言って来られる方達は後を絶ちません。

              私は自分が書いた物を「本」などで売ろうとしている者でありません。ただただ神の世界の【真理】を知っていただきたいから、邪魔な広告が入らない有料のHPやブログで発信しています。スピリチュアルは金になるで金儲けをしているのではありません。全国の一宮を回ったりで、自分の蓄えを持ち出す一方なのです。

              大本教に大本教神諭予告の【九つ花】は【ス】の神論ではありませんよと知らせる為に、綾部の町に十回も全戸配布の折り込みで宣伝紙を出しましたが、逆に当時の大本教が綾部の町に配布している宣伝紙に、「イロハ四十七士でやっけてやる。」と返されました。が、大本教の出口なお開祖や王仁三郎聖師のご苦労を考えると、何も解っていない宣伝使を相手にしても意味がなく、このままでは自己の財産を食い潰してしまうで、さほど費用がかからないインターネットで宣伝するとなりました。

               

              霊的世界は、HPやブログで発信しますと、霊的世界では発信されたことが解ります。肉体人は自分は知らなかったと言い訳が出来ますが、霊は知りませんでしたの言い訳が出来ないのです。

              私が【41】の数字の意味に気づいたのは、大本教霊界物語の中の【主の神は約三十五万年前に御引退】の記述から、【この世の時計と神界の時計】から「41」の数字が持つ意味に気がついたしだいです。

              そして大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を紐解けば、その中心に【41】の数字が出て来ます。ただ、それには【龍宮の音秘め】を補佐役にしなければなりません。

              その言葉に秘められた謎の紐解きには、私の神霊界修業のお世話して下さった【豊受姫】から見せていただいた霊的光景が大きな役割を果たしました。豊受姫の【龍宮の音秘め】としての補佐がなければ、ここまで言葉の意味は紐解けなかったとは言えます。

               

              モーゼはエジプトからユダヤ人を引き連れて、「四十」年間荒野をさ迷いました。そして「41」年目からはユダヤ人達だけで【カナン】の地を目指すです。イエスは「四十」日間荒野をさ迷って悪魔を退けて、【41】日目で【神の一人御子】と成られたとします。どちらも「四十」の間はさ迷いなのです。そこには、四十迄は【さ迷い】の意味が出て来ます。 

              ただ、モーゼの【年】とイエスの【日】では桁が違いますので、誰もそこに【40】の数字に共通事項】があるとは考えだにも予想だにもしなかったわけです。

              私が子供の頃に臨んでいた霊声は【旧約聖書の神】と称していました。だが、その神の教えは旧約聖書や西洋ではなく、この日本に満ちあふれているでした。

               

              何故に、【四十】まではさ迷いなのか?

               

              某教団。その教団の名乗りの御祭神名はともかくとして、その教団の本当の祭神は優秀な霊能者達によれば【黒龍神】だとされています。私も豊受姫からその系統の教団を仕切っているのは全て「黒龍神」だと聞き及んでいます。

              その教団では【飛騨高山】に大神殿を創りました。飛騨高山を走る国道は【41】号線で、【みのか尾張の国から出る】で【高山】の言葉に気づいたのでしょう。 馬小屋の救世主の単騎の馬を飛ばすには【飛騨】だと成るでしょう。

              その教団ではその信徒達を「みろく」世に渡すことを歌っておられるようですが、その教団に所属する信徒リーダーで霊能力がある方が見た霊的光景とは、最後の時にはその教団が出す「みろく世行きの船」は、ことごとく天から降る火の雨で沈んでしまう光景だったと言われます。

              霊的世界において最後の審判の【火の雨】は語られていますが、これは飛騨の【高山】に逃げるのではなくて、【富(十三)山】に逃げるなのです。高山だと【41】号線でも、未だ【神通川】を渡っていないからです。それらは全て日本語の言葉の仕組みで、高山市と同様に富山市に大神殿を創れば良いの話ではないのです。

               

              大本教からは、この神の仕組みとして【三千年】かかったとあります。お釈迦様もイエスもモーゼも全てその仕組みの中だったと言えます。巷で自分がお釈迦様とイエスとモーゼの本体で、永遠の仏陀だと名乗っている人のことではないのです。

              三千年前の日本に「美濃」とか「尾張」の国があったのでもないし、「高山」とか「富山」と呼ぶ町もありませんでした。国道「41」号線もなければ「神通川」と呼ばれる川もなかったのです。

               

              この神が仕組んだが解らなければ、この神の偉大さは永遠に理解は出来ないでしょう。

               

               

               

              スピリチュアルでは、行者が神界ピラミッド(神の高山)の合目で魂の格付けを見ているのとは違って【次元】で言う方が多いのですが、次元での話になると、自分は三千億次元の創造神だとか、五百万次元の魂だとか、百万次元の魂だとか、言いたい放題のところがあります。全て自称と言えども、高く言えばいいという問題ではありません。で、神の高山図で見て行きます。

              優れた行者は神の高山を【合目】で語られますが、合目を逆に見ますと一番下が「10」なのです。上からの順位で見るわけです。囲碁や将棋で言うと初段までは、十級から九級、八級にと上がって行く勘定です。

              そして、神の高山の山麓たる五合目まで来ますと、10+9+8+7+6=40となります。この五合目までは、神の存在を遠くから見ている段階なのです。ここまでは【他力信仰】の道なのです。

               

              自己の良心神に目覚めると、他力信仰から自力信仰に変わる

               

              神の高山にと向かって、自分が歩み始めるのが自力信仰

               

              神様、御利益下さい。神様、御利益ください。の他力信仰を続けている間は【40荒野のさ迷い】の中にあるのです。

              それとは違って、お釈迦様の悟りであった【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在している。】という自覚に入って来ると、【ラ(良・羅)】で大本教が告げた【人は神の子・神の宮】として発動を始めるのです。大本教神諭予告の【この世の閻魔大王として現れる。】です。それからが【41】の働きなのです。

               

              私は大本教の出口王仁三郎聖師霊から、【アラー】の神と示された時、当時は日本語のアイウエオの【ア】の門から【ラ】迄の【41】とは思いませんでした。

               

              大本教から、【主の神は約三十五万年前に御引退】が出されましたが、主も神界での【四十荒野の彷徨(さまよ)い】だったのです。

               

              皇神たる方が行く道が、【彷徨い】

               

              主の神の復帰で、宇宙規模の立替

               

              それは何時ですかと聞かれたら、大本教神諭に【神も時節には適わない】とありますように時節がはっきりしません。神界時間とこの世の時間差があまりにも大きいからです。しかし、いち早くに(西暦1892)大本教と言う宗教を通じて宣伝に入られたので、そんなに遠い話ではないのです。だが、この世の私達にはそうした詳細が完全には掴みきれないなのです。

               

              大本教からは、【明治五十五年の世の立替説】が出されました。明治五十五年という年は存在しませんので大正十年ともされましたが、大正十年には何も起きませんでした。否、第一次大本教弾圧事件でした。

              私は自分の身に起きた摩訶不思議な出来事を契機として、神霊世界に修業に飛び込みました。それは【昭和五十五年(西暦1980年)】からでした。私も来年の西暦2020年で【41】年目となります。

              私を見た霊能力者が、貴方の前世は【モーゼ】ですかと質問されることがありますが、私の前世はモーゼ(天道別命)ではありませんと答えさせて貰っています。ただ、私もモーゼ同様に【四十荒野のさまよい】の道を歩いているのです。

               

              いったい、この【五十五の立替】の意味はどこにあるのかとなります。神の高山図をよく見ると、一から十までの総和が【五十五】なのです。 五十五の世の大立替とは、破壊と創造の神が天下った時 でないと、【五十五】の数には成らないからです。その時、今の太陽も月も一新して治めるのが明(日と月)治です。

               

              神の高山の五合目までは【他力信仰】であり、【さ迷いの期間】となります。その間、いろんな神様達を信仰して来た。それが蛇霊であったとしも狐霊であったとしてもかまわなかったのです。要は神と呼ばれる存在を知ることが大切だったからです。五合目から頂上神(唯一神)信仰に足を踏み入れて行くことで【41】への道にと入って行くからです。

              その唯一神の存在はユダヤ教では「エホバの神」。イスラム教では「アラーの神」となります。日本では【天之御中主(国常立尊)】となります。ただ、それらはある段階での呼び名であり、もっと上界だとその呼び名が違って来ます。

               

              私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いていました。その声は、【この私を唯一の神として仰ぐ者達は私は救う。だが、そうでない者達とは永遠の別れとなる。】と告げられたのです。私は長じて、私が子供の頃に臨んでいた神は旧約聖書の神と称していたが本当はどうなのかと、多くの霊能者の方に当たりました。その結果、豊受姫を初めとして7〜8名の霊能者の方から、貴方の本守護神は【国常立尊(天之御中主)】様と告げられたしだいです。旧約聖書の神と称していた存在は国常立尊(天之御中主)様であったかなのです。

              よく新約聖書のイエス一人が神の子だと信じた者は神の千年王国に、イエスを神の一人御子と信じなかった者達は千年間地獄などありますが、既にイエスがこの世を去って二千年以上、そんな天国も地獄もなかったということです。どうして千年王国が説かれて来たのかとなりますと、これは「鶴は千年」「亀は万年」の【鶴】だけが説かれたからです。

               

              日本で説かれる【かごめ歌】の鶴と亀が統べるとは、1000×10000=千万年で、千年ではなくて【千万年王国】を指していたのです。但し、そこには【鶴】と【亀】が本当に統べるかという問題は控えているのです。もしも統べるに入ると、【永遠】と言う言葉をそこに使っても過言にはならないでしょう。みろくの世は【永遠】とするのです。

               

              神の高山に登るとは、その唯一神に向かって進む道となります。唯一神に向かって進むとは【40】荒野のさ迷いを終えて、2+3+4+5=14の数字が出て来ます。

               

              その「十四の心」の道を行くことを【徳】と言います

               

              世の為、人の為にと尽くすは自己の魂に【徳】を積む

               

              その「徳(悳)」を、直心で「良心神」とも言います

               

              私は世の為に人の為にと、自己の【犠牲】を省みずに尽くして来た人達は【天国】界に行っていると一貫して説いて来たのはそこにあります。但し、そこには神の存在を信じる心がないとダメだと言っていたわけです。唯一神と直に結ばれる心の存在からです。

              神様、御利益ください。御利益くださいで【得】を得たとしても、自己の魂の【徳(悳)】とはなっていないなのです。徳は俗字で本字が【悳】なのです。

              スピリチュアル系の人にいくら「良心神」を教えても、ほとんどの方は見向きもされません。「愛」一辺倒で、その場合の「トク」は【下心】で示す一字の「トク」の漢字の働きになるのです。残念ながらPCでは配当外漢字なので機種によっては「下心」一字の漢字は出せませんので、興味がある方は「U+5FD1」で検索して見てください。

              大本教で告げた【我れよし。自己本位の愛】の戒めは、そこに【下心(トク)】があるからです。

               

              そこに来たのが【他(田)を救い(鋤くい)て世根(米)となれ】

               

              いくら自分には神社の御祭神が見える。龍が見える程度で、神の世界が解っているつもりかとなるのです。自分には神社の神が見える。その神と会話が出来るで進みますと、それらの霊は「言葉による教え」など見るな。従うなと言います。自分達が見せる光景だけに従えです。

              ここまで【言葉で仕組む】など、自分に見える神霊や龍達では【不可能】だという判断力すら失って、邪神界にと取り込まれて行くのです。

               

              大本教の出口王仁三郎聖師が霊界物語の第十三巻に「あほう鳥」として出された【みのか尾張の国から誠の女子が現れたならば、モウこの大本教はダメだろう】の内容は、人のことではなかったのです。【神の高山】の意味だったのです。十三の【ス】神論そのものが「ニセ型」なのです。ですから、この神(ウシトラ金神・国常立尊)の仕組んだことは、どの神にも解らないとなるのです。

               

              大本教神諭予告。

              【今度の大事業(大望)は人民の知りた事では無いぞよ。神界へ出ておでます神にも御存知ないような深い仕組みであるから。】

              【出口直に明治25年に申してある事、この大望な経綸の致してあることを、世界に一人知りておる。誠の人はこしらえてあるから、この誠の人が出て来んと解らんぞよ。】

               

              お釈迦様。イエス。モーゼ。それに大本教を入れて、三千年に渡る大仕組み

               

              大本教神諭予告【九つ花】を紐解けば「五十六億七千万」のみろく世に渡す

               

               

               

              精神世界


              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              神の高山の頂上を目指す者と麓から神の高山を眺めるだけの者

              0

                行者は、スピリチュアルを標榜する人達を苦々しく見ています

                 

                そうしたことを聞かれる方はあるでしょう。どちらも神仏と呼ばれる精神世界に関係はしており、霊的には同じ様に見えます。しかし、行者とスピリチュアルでは中味的にはまるで違って来るのです。最近特に言われているのが、スピリチュアルが霊的世界を汚しに汚しまくっているです。今、多くの神聖な霊場が「スピリチュアル」によって汚されているなのです。

                スピリチュアルで【パワースポット】だと言って、そこに自分の魂の汚れを置いて行くからです。行者は神域を清める為のお手伝いをしますが、スピリチュアルはそこを汚しに行っているです。行者はそうした神霊域に参る時は【潔斎】と言い、その前に瀧に打たれたりして自分の身を清めます。神霊域を汚さない為です。で、スピリチュアルでそんな人が居るのですか?。となるのです。

                いくら神霊と言えども、我欲の願いの為に多くの人が参拝して来ると、神霊その方がそうした汚れを受けて自らが浄霊出来ずに汚れて行きます。

                 

                 

                一番悪かったのは、自分が「スピリチュアル」の言葉を広めたと公言している霊能者【江原敬之】さんでしょう。行者以外のほとんどの人が知っていなかったパワースポットを世間に自己の著本などで紹介して、神域を汚す要らぬことをしたからです。

                元々、この日本にスピリチュアルと言う言葉を入れたのは、大本教で明治五十五年の世の大立替説の旗振りをした【浅野和三郎】師とされます。当時、天下の大秀才の呼び名が高かった方です。大本教弾圧事件を契機に大本教を離れた後、現在の公益財団法人「日本心霊科学協会」を立ち上げられました。

                しかし、浅野和三郎師は「スビリチュアル」の言葉が低い霊との交流を表しているで、自分がその言葉を日本に持ち込みながらその言葉を嫌われたのです。で、スピリチュアルの言葉ではなく、日本語で【心霊】とされたのです。で、霊的な現象を【心霊現象】と言います。この日本心霊科学協会関連の書を読みますと、【愛ばかりを説く者は蛇】とまで書いた本もあります。

                 

                現在の心霊世界は「九分九厘」まで邪神で、残る【一厘】だけが正神だという日月神示などがありますが、それは聖書で人類の原罪とする【蛇の囁き】の問題であり、自分から【巳(蛇)帰るのミカエル】を起こせば問題はないのです。だいたい、この【蛇(巳)帰る】状態の方の魂を見ますと、菩薩界とか第二天国界天使以上の魂かと思われます。

                そこに、大本教の出口王仁三郎聖師が説かれた。ミカエルなどと言う天使長は存在していない。自らを「省みることだ!。」があるのです。これは「日本語」が神霊世界でどういう立位置にあるのかを理解していないと、日本語ではなくて西洋の言葉で語っていればよいという風潮になるわけです。為に【言霊】のみならず、象形文字は【光】であることも解らないとなります。

                 

                あるキリスト教系団体の日本人牧師は、キリスト教に入信を募る宣伝ビラに、【日本人は紙に書かれた物を神として祭っている(日本神道の御札を皮肉ったのでしょう)。紙に書かれたものは神などではない。それと違って自分達は主の一人御子である「イエス」様をお祭りしている。】などと書いていました。聖書の【初めに言葉は神と共に在った】そのものが理解出来ていないなのです。まさか、【紙と神】が同じ「カミ」である意味すら理解出来ていないわけです。

                 

                行者は、自らが神の高山に登る為に修業をする

                 

                スピリチュアルは、霊的世界の存在を語るだけ

                 

                神の「高山」とは、日本の【富士山(不尽山)】に当てはめて考えてください。私達は富士山を山麓から離れた場所から見て、美しい山だと思います。感動をもします。その富士山に行った時、五合目ぐらいまでは車などで簡単に近づけます。簡単に富士山の中腹までは行けるのです。それで富士山に行った等と言います。しかし、そこから頂上を目指すには自分の足で自力で登って行かないといけなくなります。

                富士山を山麓から眺めている時は美しい山に見えますが、自分が富士山の頂上を目指して歩く時には、その美しさは解らず。登りの道がきついだけです。息が苦しくなります。また落石や滑落の危険もあります。だが、頂上に立てた時、そこからは広大な景色を見るなのです。そうした時、自分はいと小さき者だとも感じます。

                スピリチュアルとは、下から神の高山を見ているだけで神の高山の本質を知らないなのです。霊的世界に関わる危険性の認識がまるで足りていないなのです。一方、行者の世界は自分の命を落とす危険性をも認識しています。そして多くの行者が霊的戦いの中で命も落として来ました。

                 

                神の高山は、他力本願では登れない

                 

                私が以前に出した【神界ピラミッド(神の高山)図】に加筆して説明します。

                 

                では、神の高山とは【何ぞや?】です。神を【十】記号で現すは世界でも共通事項ですが、十の意味は【頂点】を指します。テンです。

                西洋で言葉のことを【ロゴス】とも言いますが、他に【真理】とか【法】の意味合いです。つまり、創造神に向かう高山とは【真理とか神の法】をも学ばないといけなくなるのです。

                 

                 

                神の高山とは【真理と神の法】に向かう山

                行者は「真理」に向かって修行もしますが、スピリチュアルとは【愛】一辺倒で「真理」や「神の法」を学ぼうとしません。自分の目に見えた霊的事物だけに頼ってしまうからです。

                 

                 


                 

                お釈迦様の教えには諸天諸仏が従ったとされていますが、お釈迦様やイエスや弘法大師や日蓮聖人の様な魂の方は、神霊世界でとても階層が高い魂を持った方だったと知られています。確かに人の肉体として言えば、お釈迦様も自分達と同じ様に飯を喰らって糞もする。どこがどう違うのかと言われる方がありますが、魂の世界。霊界においては【雲の上の存在】だったなのです。

                行者の世界ではこの神の高山の合目で、各々の魂の高さである合目を見るがあります。それは行者ならば誰でも解るではなく、非常に秀逸の行者さん限られるはあります。そうした行者筋からは、日本の神社に鎮まる神々ですら、そうした合目で判定されているのです。日本では伊勢神宮に鎮まる御神霊が一番上とはされていますが、イエスと同等クラスだとする説もあるなのです。

                 

                私は神霊世界に修業の足を踏み入れた時、約一ヶ月間ほど霊界の伊勢神宮の宇治橋で神官霊から修祓を受けた後、一万霊体に及ぶであろう絢爛豪華な神霊行列を見せていただきました。その後、女性霊ではなくて女性の様な服装をされた男性霊が出現されて、その着物の胸元には金糸の刺繍で「鶴」。裾には「亀甲」刺繍が織られているの見て、【鶴と亀】かで、私が子供の頃に旧約聖書の神と称する声から告げられた【カゴメ歌には秘密】で、後ろの【鬼】は誰かとなったのです。

                 

                私の元に、ある方が伊勢神宮に参拝された時、伊勢神宮の天照皇大御神から私宛ての伝言を託されたとのメールを頂きました。その内容は、【自分が三千年間に渡り、この日本の総氏神を勤めた事実に対しての認識はお忘れなきよう。】にです。確かに、日本の総氏神と言われるのであればそうでしょう。

                スピリチュアルでは伊勢神宮の神は「女神」で終わってしまいますが、優れた行者筋からだと伊勢神宮は【男神】説が出て来ます。

                伊勢外宮の豊受姫のお代であった私の最初の師匠は、豊受姫の本当の御主人たる神が真性天照皇大神で、今の伊勢神宮に居られる神ではないと言っておりましたが、伊勢神宮の神霊は本当はどなたなのかは明らかにされませんでした。

                それを知るには、三輪山の神は本当は誰かになって行きます。日本の記紀神話が正しいではないのです。これには諸説あり。霊能者をしていて自己の神霊から三輪大神は本当は誰かと聞かされても、それですら人によって言われることがまるで違うのです。誰の説が正しいのか?。それすら解りません。

                 

                 

                私の元には、自分が【救世主】です。自分が【みの尾張の女子】ですと認定して下さいと言うメールが、自薦他薦を問わずに来ます。

                私は二人の師匠に師事して神霊世界を見聞させて貰いました。最初の師匠は豊受姫のお代で、当時、女性ながら伏見稲荷神界に所属する行者の実践霊能者としては癸韻慮討喟爾高かった方です。稲荷神社の神主をされていましたが拝み屋と呼ばれることは嫌っておられ、自らは【行者】であると言っておられました。2番目の師匠は言霊師で、龍神を操るほどの存在でした。この日本に言霊師などはめったに存在はしません。若干名でしょう。ある霊山に三年間も籠もり、熊笹とか松葉を食して霊力としては仙人のような存在でした。

                私は未だこの二人の師匠を超えるだけの霊能者を見たことがありません。でも、広い日本のどこかには何人かは居られるでしょう。

                 

                私の元に自分が救世主です。みのか尾張の女子と言って来られる方達を見ると、残念ながらお世辞にも私の師匠であった方の【域】を越えておられないなのです。その足元にも及ばないなのです。それでは神の舞台の役者としても、とても役をこなせませんよと言えます。貴方自身が優れた行者の弟子となって、一から学ばれる方が先決ですよとなります。私はその意味では幸せ者でした。

                自分の前に出て来る高級な神名を名乗る霊や大天使と称する霊の言葉など、真に受けてはいけないのです。優れた霊能者に一度自分を霊査して貰いなさいなのです。しかし、そんな優れた霊能者がどこに居るのかとなったら、今は居られなくなりました。ですからご紹介は無理です。自分でお探しくださいです。

                 

                それはいくら霊能力があっても、修行をしようとする人が減ったからと言えます。俗に言われる仏(一般霊)の言葉を聞ける者は千人に一人は出て。神の声が聞こえる者は万人に一人は出る。そうした者が千人万人修業して本物はやっと一人と呼ばれる世界が霊界です。修業も何も無しで、単に霊が見える霊の声が聞こえるでスピリチュアルに走ったところで、霊界の底辺(合目が低い霊)の言葉に欺されてしまうなのです。

                豊受姫のお代をしていた私の最初の師匠は、自分に霊が見えるとか霊の声が聞こえて来ると相談して来る方があると、その能力を消すをしていました。なまじ霊が見えるとか霊の声が聞こえるは、本人の為にならないからです。

                 

                辛い修業次第で本物の霊能者に成れる

                 

                しかし、そうした修業段階に入ると行の厳しさに堪えかねて次々と脱落して行きます。結局、脱落して霊能力も消えて、普通の人に戻ったなのです。私は行の辛さに脱落したのではなく、元々がそうした道を行く者ではなく。その師匠も「貴方は霊能者や行者に成る方ではない。」と理解されたのです。

                 

                神の高山に登る修業としては、【山の行】か【里の行】のいずれかがあります

                 

                山の行とは、霊山を駆け巡り、瀧に打たれる。断食をする。里の行とは、【社会の底辺をウジ虫の如く這い。人の心の在り方を底辺で学ぶ。】です。

                私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、私に【この神は、そなたを社会の底辺に置く。そなたは社会の底辺をウジ虫の如く這ってでも生き、人の心の在り方に関して学ばなければならない。】でした。

                 

                霊能者江原敬之さんは、自分がスピリチュアルの言葉を広めたと自画自賛をされています。確かに、霊はよく見える方です。しかし、霊障が起きているような場所に行くと逃げて行くタイプの方です。霊がよく見えるのと、悪霊や強い霊に打ち勝つはまったく次元が違うのです。

                 

                それは、霊界が次元とか合目で立ち位置が違うからです

                 

                霊的世界における自分の実力のほどを知らずに、自分に臨んで来た黒蛇霊や野狐霊の言葉を信じているだけでは、とても救世主だとか、みのか尾張の女子だと認定など出来るはずがありません。

                ある女性は自分は出口王仁三郎聖師が残された「みのか尾張の女子」だとその背後霊から聞かされておられました。私の判定はその背後は「大物の野狐霊」でしたが、霊能者の方からその女性の背後霊は「八尾の野狐霊」だと告げられました。私は霊能者をしていませんので大物の野狐霊とは感じても、まさか「八尾の野狐霊」とまでは見えなかったなのです。それだけの存在ともなれば、単なる白狐霊ではその配下として従わざるえないとなります。

                そして、私がそうした方を該当者として認定は出来ませんと否定すると、恨んで念を飛ばして攻撃して来られるがあります。で、自分では凄い念を飛ばしていると思っておられるのですが、そんな念を送れば魂を磨いている相手には通じず。自分に跳ね返るだけなのです。

                他人から【念】を送られて苦しんでいるのは、未だ自分の魂が磨かれていないなのです。

                 

                大本教の出口王仁三郎聖師は優れた霊能者達によれば、神界の八合目だと言われます。イエスもほぼ同じだと言われています。その出口王仁三郎聖師ですら、最初は救世主の名乗りをされていましたが、その看板を下ろして「聖師」と名を変えられました。本当にその方が救世主であるならば、それより上の段階の魂となります。神界をビラミッドと仮定すれば、【九合目】以上の存在だと言われているわけです。

                私は霊能者をしている者ではありません。私が子供の頃、臨んできた旧約聖書の神と称する声は、【この国(日本)は、私の教えが満ちあふれている世界で唯一つの国であり、そなた一人だけにはその仕組みを見せる。そなたはその仕組みを知って、人々に告げなさい。】と言われたことをしているだけなのです。創造神と思われる神の存在証明を言葉を証拠として、示しているだけなのです。

                 

                言葉を創りし神の存在証明=言葉の仕組みを正しく明らかにする

                 

                私は別に【救世主】たる人物探しをしているわけではありませんし、大本教の出口王仁三郎聖師が告げられた【みのか尾張の国から出る誠の女子】探しをしているのではありません。

                何故ならば、最後の審判は【各自の魂の中の良心神の点数】の判定であり、それによってみろく世における自分の霊界での地位が決まることからです。

                私はスピリチュアルで【何をしても神の愛で赦されます】と説いているような者に引っかかっていれば、行き先は地獄界になりますよと言っているだけです。

                 

                この神界ピラミッドたる神の高山は、大本教神諭予告【九つ花】を紐解けば出て来る美濃尾張の国から高山に走る国道【41】であり、モーゼは紅海を割ってカナンの地に至る【41】年であり、イエスは荒野をさ迷って悪魔を退けて【41】日目にて神の一人御子となったとする【41】の言霊の意味合いなのです。

                私はイエスの教えは美味な【パン】の教えなれども、真ん中が無い「パン」の教えだと見せられました。その時は、真ん中が存在しない「パン」の教えとは何だろうと思いました。

                大本教の出口王仁三郎聖師は、日本人は「米」が主食。西洋人は副食の「パン」の教えと説かれています。一見すると、気がつかないかも知れません。西洋人にとっては「パン」は主食のはずです。何故にそれを副食と説いたのか?。です。「米」型でなかったならば、みろく(369)の五十六億七千万が見えて来なかったなのです。

                 

                聖書は、小麦が実ったならば刈り入れで

                 

                日本は、米が実ったならば刈り入れです

                 

                自分が苦しいから神様助けてくださいと言っている者と、大本教が世に出した【人は神の子・神の宮】だと認識して、どんなに辛くても自分が努力してその神の高山を登って行こうとしている者では、霊界での段階が違って来るのです。

                 

                聖書に人類の【原罪】として、アダムとイヴに囁いた蛇霊が出て来ます。そして、人類はその蛇霊と一緒にエデンの園(神の御国)から追放されたとあります。それは、キリスト教のイエス一人を神の御子と信仰した者だけがその罪から赦されるのではなくて、【41】という数字に秘められた言葉の意味なのです。

                 

                その存在以外に、【蛇霊】に打つ勝つことが出来ないのです

                 

                それは【愛】ではなくて、各自の魂の核たる【良心神】です

                 

                もし、自己の魂の中の良心神が立つならば、巳(蛇)は帰る

                 

                そこに、私達が関わる神霊世界は蛇霊だらけがあるのです。それは、私達の心の中に、他人に対する【憎しみ】【恨み】【嫉妬】【執着】心を持つ限り住み着いて、私達の魂を蛇霊化させて行くからです。

                古来より、蛇は怨念とか執着の表れだと説かれて来たはずなのです。お釈迦様の教えは【未練とか執着から離れよです】。その中でも霊能者が一番恐れているのは【色情の蛇】です。神は【フリーセックス】など認めていないのです。それらは邪神界悪魔界の囁きなのです。

                 

                次回、神の高山に関して続く

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                人は死後も生きていると知るには「生き霊や幽霊」を見る。「幽体離脱」の体験が無いと難しい

                0

                  人は死後も生きています。しかし、そうしたことを言うとすぐに「オカルト」などと批判されてしまいます。あらぬ攻撃も受けます。オカルトとは「occult(魔術的、神秘的、秘密)等の意味ですが、大多数の人の目には触れない霊的世界の存在を語ると、自分がそうした世界を体験したり経験していないと、自分の目で霊的存在に触れたことが無い人から攻撃されてしまいます。

                   

                  仏教は死後の御先祖霊の供養を言いますが、その教えには従っても、霊能者の言うことなど信じない。霊など見えるはずがない。あいつらはインチキだです。先祖霊供養を説く僧侶の目に死者の霊が見えているかと言ったならば、霊が見えている僧侶などごく僅かしかおられません。

                  某宗教団体はインチキ霊能者を使い。御先祖霊が地獄に墜ちて苦しんでおられますと、高価な印鑑や壺や絵画を買わせて来ました。霊感商法と呼ばれるものです。その裁判では次々と敗訴していますが、霊界は私達の目には見えない世界だからインチキもしやすいというのは確かです。最近、その教団教祖が亡くなったら、その教団の幹部であった者が自分の前世は○○であった等と新しい宗教を立ち上げています。自分の前世は○○であった等と言って、人を欺しやすい世界ではあるとは言えます。

                   

                  しかし、そこには霊的世界が階級を持った世界であり、数々の大予言を的中させて来た大本教の出口王仁三郎聖師が正神界百八十段。邪神界百八十段と説かれたように、歴然とした階段が生じています。これに唯一神とされる神を含めると百八十一段となります。日本における【岩戸開け】とは、その【一八十(イハト)】段の話なのです。

                  単に霊的世界に触れたとしても、蛇霊、狐霊、狸霊、猫霊と称される低い霊界から、お釈迦様やイエスや弘法大師や日蓮聖人の様に高い霊界出身まで様々あるなのです。行者と言っても、蛇霊や狐霊にこき使われている段階から、逆に狐霊を使役する方まで段階が違います。低い段階の霊に関わっていると、霊に嘘ばかりつかれているとなります。

                  貴方は昨日の夕食に何々を食べましたね。こうしたことは蛇霊や狐霊の段階でも当てて来ます。霊は過去形に関しては、低級霊でも魔界でも当てて来ます。だが、問題は【未来予知】なのです。大本教の出口王仁三郎聖師が他の存在とまるで違ったのは、未だ来てもいない未来の予言を数々言い当てて来られたことなのです。これは、その背後に単なる霊が存在したのではないのです。

                   

                  ある悪党は私に言いました。【人は死ねば終わりだ。死ねば終わりだから、悪いことをしなければ損だ!。自分が恐いのは神などでは無い。警察だ。警察は悪を取り締まって来る。神は人が困っていると頼み込んでくれば、その願いを聞いて救っていればいいのだ。人が悪をすることを神は口を出さずに黙って見ていればいいのだ!。】

                  この悪党は神の存在を否定したのではないのです。この悪党自身は、神と人とは別物だと認識しているのです。為に、人は死ねば終わりだが、神は存在していて人助けをしている。その証拠に、この悪党は正月には必ず神社に初詣に参って、願い事をしているからです。

                  霊能者の霊が見える等の内容は信じられないが、神が存在していることに関しては認める。そうしたことは学者筋にも多い意見です。この世を見渡せば、神の存在を否定するのはかなり難しいのです。

                   

                  霊が見えると言う方の中には、自分の前世は釈尊だったとかイエスであった等と平気で言っている方達があります。これらの人が他の霊能者から審神(サニワ)と言う霊査をされて、本物だと追認されることはほとんどありません。そうしたことを言い霊力を示す方の背後に龍神の存在は見られるはありますが、その方の前世は本当の釈迦でもイエスでもないことぐらいは常識なのです。ほとんどは龍神、蛇霊、狐霊、狸霊、猫霊、天狗等と呼ばれる霊が憑いているなのです。

                  だからと言って、今の霊界はそうしたニセ者達を取り締まってはいません。つまり悪党にとって恐いのは神ではなくて、この世の警察なのです。そうした名乗りの宗教家に欺されたからと言って、どこにも訴える場所はないのです。

                   

                  この世に正義が無いからと言って、神の存在否定は誤り

                   

                  悪は必要があったので、最後の審判の時まで生かされる

                   

                  その悪党の妻とその息子の嫁が困り毎で霊能者の元に二人で相談に行くと、どの霊能者からもお帰り下さい。二度と来ないでください。とピシャリと断られていましたが、黒龍神界と深い関わりを持つ家系で、その男の娘には何百体もの黒龍神が従っていました。それでは、通常の霊能者が対処するにはあまりにも恐ろしい存在なので、どうか帰ってくださいとなります。

                  その男の罪状は神代と呼ばれる時代まで遡っていたのです。いくら【輪廻転生】を繰り返していても、その性格が今日まで治らないなのです。

                   

                  日本人の多くは仏教徒です。だが、そのほとんどは葬式の時だけの仏教徒であり、葬式の為にお寺とのお付き合い的なことが多いと言えます。僧侶達が死後の世界に詳しいわけではありません。ただ、死ねば僧侶の御経で故人は「極楽往生」だと思い込んでいる人達が多い言えます。そこで、霊界でより高い世界に行けると思い。【高い金額の戒名】を付けていただくなどとなります。

                  別に、信士、居士、軒号、院殿などの戒名で霊界での自分の位置が決まるわけではありません。その人が今の世でどれたけ世の為に人の為に尽くして来たかです。

                   

                  人が死後も自分が生きていると実感出来るのは、自分自身が【幽体離脱】を体験することです。これが何を言っても死後の世界に生きる自分が一番実感出来ます。

                  いくら世間から、人は死んでも生きていると言ったことで「オカルト」呼ばわりされても、非難するお前達は何も解っていないと言えるだけの信念が出ます。この世の死は何も恐くない。この世に未練などは無いなのです。

                   

                  仏教では、この世の未練や執着は捨てよと説きます

                   

                  この世に生きている時に幽体離脱して霊界の存在を見聞すれば、この世は仮の世。一時的存在世界と認識出来ます。この世に対する未練や執着からも離れることも出来ます。しかし、その幽体離脱を体験した人は数が少ないのです。為に、いくら死後の世界を言っても信じて貰えないがあります。

                   

                   

                  ある国道で大型トレーラーが横転して、その反対車線を走っていた軽乗用車が押しつぶされて、運転されていた女性が亡くなられました。それから、その場所にその女性が幽霊として立っている姿が多くの方に目撃されました。約一週間ほどその姿が目撃されて話題になりましたが、一週間ほどでそれは起きなくなりました。

                  こうしたことは、事故現場などでは起きて来ます。その事故被害に遭った方は、自分の身に何が起きたのかが解らない。自分はこうして生きている。だが、人に呼びかけても誰も自分を見てくれない。自分の方からは自分の家族や知人が見えるのに、どうなっているのだと迷ってしまうのです。やがて、自分は死んだのだと解って来ると、霊界へと旅立って行きます。

                   

                  これは、人が死ぬと肉体から霊魂を伴った【幽体離脱】が生じるからです。その幽体が霊感者に見られるのが幽霊です。で、生前に自分が幽体離脱を体験していると、肉体を脱ぐ意味が簡単に解ります。

                  ただ、その時にこの世の物質界を通り抜けて行きますので、この世の感覚のままだと、壁や天井にぶつかるとなりますが物質界は通過します。それは霊が住む【次元】がこの世とは違って来ることからです。

                   

                  人は【肉体と幽体(霊体)と魂】の【三位一体】で構成されます

                   

                  死後の世界に行くのは霊体と魂とで【霊魂】と呼ばれます

                   

                   

                  霊界での自分の姿とは、少しの時間はこの世に生きていた自分の姿をしていますが、新日本神道系で【神人合一】と呼ばれている段階に入りますと、その姿は肉体の姿とはまるで違う姿で、本来の神としての自分自身が出て来ます。この段階が自己の【正守護神】との合一です。正守護神段階は自己の【内在】神となるのです。

                  スピリチュアルでは、正守護神ではなくて【ハイヤーセルフ】の言葉を多用します。それは高い霊界に居る自分自身の魂のことで、正守護神の言葉と意味合いは近いのですが、それだけだと【神人合一】の意味が解りません。優れた霊能者や行者筋がスピリチュアルを嫌うのは、スピリチュアルと言う言葉に酔いしれて理解の【底が浅い】からです。

                  それでは「輪廻転生」の【中有界】からは中々抜けきれません。千年経過しょうが二千年経過しようが、その時のこの世で生きていた当時の姿のままなのです。仏教では人は死ねば皆、仏様と言いますが、【仏とは人(イ)の身をム(虚しく)した者】の意でもあり、本来の仏と呼ばれる菩薩とか如来に【仏上がり】したではありません。一方、神界の【神上がり】は聞くことがあろうかと思います。各自の魂は【神人合一】の段階に進むと、神界における自分の神たる姿が見えて来るのです。それは今の肉体の姿ではありません。

                   

                  大本教神諭、人には神とも成れる魂を授けてあるにも関わらず

                   

                  大本教出口王仁三郎聖師、【この世は天人の苗床】

                   

                  仮に自分の父親が亡くなって、その姿を現した時、その時の姿が生前と同じであれば、まだ本人は「正守護神」の段階まで進めていないなのです。その父親が生前の姿とはまるで違う神的な姿で現れたならば、もう【神上がり】をしているなのです。

                  その「神上がり」の時の姿とは、その本人の魂の中に在り、霊界での姿が自己の正守護神の姿と成って行くのです。それが、その魂の【本来の姿】なのです。だが、スピリチュアルでは【本守護神】も【正守護神】なども何も解っておらず、そうしたことを言う方がほとんどいません。

                  自分に見えた霊の名乗りの言葉を信じ切ってしまい。何が化けたか解らぬ「ミカエル」とか「ガブリエル」と名乗るような霊の言葉にコロリとやられてしまうなのです。

                   

                  日本の神道系では、【サニワ(審神)】が行われています。ただ、全ての神社や神職が行っているではありません。行を積んでいる神職と言えるでしょう。その「サニワ」において、宇宙連合とか宇宙連盟とか宇宙評議会なども【サニワ】がなされて来ました。それらは霊的世界の存在ではあるのですが、そんな仰仰しい存在ではないのです。

                  霊感者はミカエルとかガブリエル。宇宙連合とか宇宙連盟とか宇宙評議会と霊が名乗れば、その言葉にヒョイヒョイと乗っかって来るから、そうした名乗りをして来る霊達なのです。為に、そうした霊の言う予言などまったく当たらないとなるのです。

                  これまで、そうした宇宙連合とか宇宙連盟とか宇宙評議会。そうした名乗りの霊感者の多くのHPやブログが消えて行きました。どこかで自分は欺されていたと気づく時が来るからです。自分は霊に欺されていたと解った時のショックとはもの凄く大きいのです。 もう霊界の「メッセンジャー」など辞めた。お断りだです。

                   

                  スピリチュアル経験者が、スピリチュアルは危ないと言うのは、そうした苦い体験を積んで来れば解ることだからです。俗に仏霊の声が聞こえる者は千人に一人は出て、神の声が聞こえる者は万人に一人出て、そうした者が千人万人修業して本物が一人出ると言われていますが、本物の霊能者は数が限られて来るなのです。

                  ある霊能者の方は一生懸命に「狐霊」を拝み、その下僕として活動されています。それはそれなりに「狐霊」が相談者の人助けをしており、それによって助けられる方達はあります。それを一概に批判は出来ません。人は誰しも自分に解らない世界の力に【すがる】からです。

                   

                  創造神に頼んでも何も助けて貰えない

                   

                  私達はそうした出来事に現実にぶつかるからです 

                   

                  私は修業時代に蛇霊に言向けをした時、蛇霊達は【人助けをしてどこが悪い。多くの者が助けて貰ったと喜んで、お礼に少しばかりのお金やお酒を頂く。それのどこが悪いのだ!。】と返して来たので、【私は別に人助けをすることが悪い等とは言っていません。貴方は貴方自身の姿を見なさい。貴方は自分の姿が蛇であると解っているでしょう。貴方はその姿のままで良いのですか?。人の姿に戻るべきではないのですかと言っているのです。】と返しました。

                  私のそうした言葉を聞いた蛇霊が悔悟の涙を流す時、その蛇霊は蛇霊の姿から麗しい天人の姿と成って天に帰って行く。その時、現実界の蛇が【棒】の様に直立をする。私はそうしたことも見て来て、人に内在する良心神を説いて来たのです。

                   

                  大本教神諭 【この神は病気治しの神にはあらず。心の立替の神である。】

                   

                  創造神信仰とは、この世での【現世御利益】ではなく、死後に天国界に進む

                   

                  スピリチュアルでも【生き霊】は語られます。しかし、その多くは【想念】の話と見受けられます。前のブログに書きましたが「生き霊」には足があります。その肉体の体格と寸部と違いません。そこにその本人自身が居るのと同じです。しかし、想念は足は見えないが顔は見えるなので、幽霊には足が無いと言われる状態と同じではないかと考えられます。その「想い」が見えるだけで、【生き霊】とは区別する必要があるのではないかと考えられます。

                  と言うのは、想念たる生き霊はいくら飛ばしても肉体の本人自身が何も覚えていないがありますが、【魂を伴った生き霊】の場合は肉体自身がそこに行ったことを覚えているがあるからです。だが、肉体が何も覚えていなくても、その時にその生き霊たる魂に何かをすれば、その肉体は反応して来ます。肉体はそこに行った覚えはないが、魂がそこで起きた出来事は覚えているからです。

                   

                  人は誰でも【幽体離脱】をすれば、あの世の存在を信じられる

                   

                  大本教の【三千世界、一度に開く梅の花】は全員幽体離脱する

                   

                  これが日月神示では【半霊半物質体】となっており、意味を勘違いさせる面があります。

                  その時、この世での子供も赤子も関係がありません。その魂は全て霊界では大人であったからです。過去にこの世の体験者でもあったからです。その魂が着る今の肉体だけが赤子や子供の姿をしているだけで、それらの魂は全て大人の魂なのです。この世の【輪廻転生】を長年体験して来た存在なのです。

                   

                  弥勒の世は、全員大人から始まる

                   

                  新しい弥勒の世。鶏が先か、卵が先かと聞かれたならば、全て親鶏から始まるなのです。自分の肉体の子供の心配も要らないのです。赤子とか幼子と思っていた存在が、一瞬にして立派な成人姿となるのです。その時に老人であった肉体も、若い成人姿なのです。それはこれまでの長い【輪廻転生】の中にあった魂達だからです。それを単に「半霊半物質」体では意味がさっぱり解らないでしょう。

                  この世に出ている各自の魂の本体は【霊界】に存在しているのです。その姿に成って行くのです。ですから、みろくの世は【五次元、六次元、七次元】のどこかに自分があるのです。

                   

                  大本教からは単に【五六七】で出されましたが、お釈迦様の悟り【悪魔は実体を持たない現れであり、人に良心と呼ばれる神が内在する】を【骨(シャリ)】として、五十六億七千万の数の意味の仕組み。それを紐解かせるものが大本教神諭予告。【九つ花】に咲く一輪の言霊の経綸であり、ダルマの七転び八起にて龍宮の音秘めて【みろく】の仕組み。シャリなれば【米】で【メシヤ】の教えと言うのです。

                   

                  ここまで言葉で仕組んである以上、そこには私達人類が未だ出会ったことがない神は存在すると言えます。

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。

                   


                  みろくの世は何故に水晶玉になるのか?。世にほとんど知られることがない魂の喰い破り

                  0

                    今回の題材は【魂の喰い破り】ですが、おそらくほとんどの人は【魂の喰い破り】という言葉そのものを聞いたこともないはずです。ほとんどの人が知らない事項なので、別に取り上げる必要も無い題材と言えますが、それは人の魂がとても貴重な物でもあるからなのです。

                     

                    人はそうした大切な魂を持ちながら、それを疎かにしたり、磨いて来なかったということが問題なのです。

                    魂磨きは辛いから、良心など捨てましょうがスピリチュアル

                     

                    大本教から【みろくの世は水晶魂】と宣伝されましたが、私達が持っている現在の魂とは半永久性ですが腐ったり捻れたりします。そして、希ですが他の霊的存在から自分の魂が喰い破られるがあるのです。

                    為に、みろくの世は永遠の世なので、自己の魂が腐ったり捻れたり、他の霊的存在から喰い破られることが無い水晶玉に代わります。但し、水晶魂は大本教で歌われた【節分の煎り豆にも花が咲く】の牛頭虎パンツの鬼が云うの魂の総御祖神たる牛虎(艮)金神「国常立尊」からの授与となります。自分自身で水晶魂は造り出せるではないのです。

                    こればかりは霊的能力が無い人には見えて来ませんが、既に【水晶玉】を受け取った人達は出ておられます。霊的なことが見えないことから自分は【水晶玉】を受け取っていないと悲観することではありません。それは自分には霊的世界が見えるか見えないかの問題にしか過ぎないからです。大多数の人は霊的なことは見えないからです。

                     

                    そもそも世界の宗教を見ても、魂とかソウルという言葉で魂の存在は説かれてはいますが、ほとんどの宗教でも魂の解説がなされていません。スピリットとは【心とか気力】の意味合い的な精神のことであり、スピリチュアルでは【魂】のことがよく理解出来ないとなります。為に、スピリチュアルからは【魂の核とか魂の心棒】の話が一向に出来ていません。

                    聖書を信じるキリスト教やイスラム教やユダヤ教には魂の【輪廻転生】の教えそのものがありませんので、魂論がほとんど出て来ません。死ねば天国か地獄の二元論で終わってしまいます。

                     

                    ヒンズー教や仏教においては魂が【輪廻転生】を起こしていると説かれていますが、その程度の説明で終わっているのです。仏教における【三途の川】の意味ですら、どうして【三途】なのか?。それすら解説がほとんどなされていません。為に日本仏教の某宗派は、死後の世界など無いとまで公言しています。

                    神霊世界に関わっている者ですら、その御祭神から「三途の川」の説明すら受けておられないでしょう。私は霊的世界の見聞で【少途川】の存在を知りましたが、この「少途川」に関しては、大本教霊界物語の中にしか説明が存在していませんでした。

                     

                    人は誰しも自分の目で見えないと信じないと言う特性があります。これまでは霊魂は写真には写らないと思われていた面があります。確かに次元が違う世界の物は簡単には写らないのです。それが、これまで魂(玉思惟)の写真撮影に成功していなかった面もあります。お釈迦様やイエスの時代では無理でした。スピリチュアルで写されている玉のほとんどは【オーブ】と呼ばれる【思念】であり、魂まで写っているのは数少ないと言えます。

                    ただ、【思念】と呼ばれる「オーブ」玉に関しては、霊媒質者であればこれらは比較的簡単に写真に撮影ができますので、スピリチュアルでは盛んにオーブ写真を出していますし、またテレビの超常現象の撮影現場ではオーブ玉はよく写ります。それらは昔のフイルム形式ではなくて、霊とは【電磁波】でもあるので、デジタルカメラ等の撮影機では玉が写りやすい側面があるからです。

                     

                    そうした証拠として、霊現象の一環として電灯や蛍灯が勝手に切れたり点いたり。またテレビの電源も勝手に入ったり切れたり。時にはPC上に文章が勝手に出て来て伝えるとか、電話回線の妨害や雑音で会話をさせないなどがあります。

                    私なども相手が霊媒者だと、雑音妨害波で電話が聞き取れない。その人から来たメールに返信しても返信が出来ない等があり、その方の知人を介してのやりとりがありました。その方の守護霊とか祭神から私との交信許可が出た後は、その方と電話もメールも可能となったなどです。

                     

                    私は魂を【玉思惟】と書いて、昔にヤフーの輪廻転生の板で宣伝していましたが、玉思惟と言う言葉を出したのは、もしかすると私が最初の者かも知れません。また、私がヤフーの輪廻転生の板で【人に内在する良心神】を説きだしてから、人に内在する良心神も世に少しは受けいられて来たがあります。

                    ただ、これらは大本教と言う宗教があってのことであり、もし大本教が存在しなければ私も知り得なかったことなのです。そして、牛虎金神の【鬼と云う】存在を語らなければ、【魂】の意味が解らないとなります。

                    大本教の出口喜三郎師は、「鬼」と名乗れはあんまりじゃで、【王仁(おに)】三郎とされたのですが、これは「鬼」三郎であった方が、早くに「牛虎(艮)金神」の仕組みが魂(鬼が云う)のことだと理解が進んだかも知れません。

                     

                    さて、このブログの題材の人の魂の喰い破りですが、世界の宗教書を調べ回っても、そうした事項にぶつからないと思います。ただ、大本教【霊界物語】だけにその出来事が書かれた内容が存在しています。

                    何分にもあほだら長い経の大本教霊界物語なので、その第何巻のどの項目だと質問されても、私が霊界物語を読んでいた当時は内容があまりよく解らずに、その場所を記憶しておりませんので場所を言えは御容赦願います。当然に書かれている場所を覚えていませんので、その内容を完全コピーも出来かねますので、うろ覚えとなります。霊界物語との内容に差異がありますことは御容赦願います。

                    私は霊的な世界の出来事に関わって来て、霊界物語にも書かれていたと思い出したのです。霊界物語の中の話は、だいたいこうであった程度となります。霊界物語を読んだだけでは、書かれてある出来事の意味がさっぱり解らないなのです。霊的世界の見聞をして来ると意味が解って来るなのです。

                     

                    霊界物語では、国常立尊麾下で、一つの国と十個の神玉の中の一つ神玉を預かる神司が一人の子供を授かりました。その神司夫婦はその子を大切に育てたのです。その神司は、十個の神玉が邪神達に狙われているので、自分が預かっている一つの神玉を邪神達には解らない場所に隠していました。

                    やがてその子供が成長して、その神宝を見せて欲しいと言うので、密かに隠していた神玉を見せると、その子供は一瞬にして【龍】に変化して、その神玉を奪って空高く逃げて行ったです。

                    自分の子供と思って育てていたのは実は邪神界の龍神だったのかです。そうした内容です。ただ、そこには【魂の喰い破り】があったとは書かれていないのです。その神司の子として生まれなければ、密かに隠されている神宝を奪えません。その神宝を奪うためには、神司の妻が妊娠した子の魂を喰い破って、その子供と成らなければ邪神界の龍に神玉を奪うチャンスが無かったなのです。

                     

                    私が伏見稲荷大社講に所属している時、社務所で昼の月次祭では【鳴釜(なりがま)】神事が行われていました。鳴釜神事は稲荷行者や不動尊行者がされており、吉備津神社も知られています。そこに当時は5歳ぐらいの男の子が来て、鳴釜をしている時はその釜の中を覗いてはいけないことになっていますが、そこは子供なので興味本位でその釜の中を覗いてしまいます。すると、お釜がピタリと鳴くことを止めてしまいます。

                    この子供を伏見稲荷大社講の支部の御祭神である豊受姫が極端に嫌われるのです。私から見ていると、相手は子供なのにと不思議に思っていました。

                    この子供のお母さんは支部の講員でもあり、不動尊信仰で不動明王と一体化している存在でもありました。また会社経営者で大金持ちでした。この幼子は粘土で実に見事な龍の像を造り出すのです。為か、その母親の周囲には多くの不動尊行者が集まり、この子は神の子だと囃し立てていました。そのお母さんも自分の子は神の子だと鼻高々でした。

                     

                    私は2番目の師匠の元でサニワ(審神)を習っている時、この子供のことを思い出して、その師匠に頼んで霊査をしたのです。その結果、この幼子の本来の魂は外部から来た大蛇霊に喰い破られていて、その魂を大蛇霊が乗っ取っているだったのです。この子供はその大蛇霊の化身だったのです。不動尊行者達が、この子は神の子だ!。神の子だ!。と持ち上げていたのはそれが大蛇霊の化身だったからです。

                    世に【龍男】【龍女】と呼ばれる存在があります。世間的には知られていないがありますが、霊的世界に関わっていると【龍女】の多さが目につきます。それに比べると【龍男】は数少ないと言えます。

                    龍女は霊的世界に関わることが多く、スピリチュアルにも多いと言えます。スピリチュアルで光のシャワー写真を撮るような場合は、龍女の可能性があります。また、病気治しでヒーラーにも向きます。

                    龍男は宗教世界よりも英雄や社会的に成功する企業家に見られます。一代で大企業に育て上げる人の背後には【龍神】ありとも言われているなのです。要するに【風雲児】です。古来より、龍は風と雲を起こすです。

                    また、サイキッカー(超能力者)とされる方の背後にも龍神が見られたりします。そうした龍神の力が無いと、霊的奇跡力が備わって来ないとなります。

                     

                    それらの龍神が背後に居る方とは、魂の喰い破りで生まれるのではなくて、正式なルートによって龍から人として誕生(転生)しています。だが、大蛇霊だと正式ルートから人としては出られないとなります。無論、大蛇霊も悔い改めて反省すれば人として出る道はあるのですが、霊力に溺れて悔い改めて反省して人として出るのではなくて、安易に人の魂を喰い破る道を選んだと言えるでしょう。

                    もう本来の魂をその大蛇霊が喰い破っていましたので、その大蛇霊を神霊界から消して、その幼い子供が人として生きられるようにその時の師匠がしたのです。それから20年以上経過して、私は伏見稲荷山でその母と子に偶然に出会いましたが、その子は今は霊力を失って普通の人として生活していました。なまじ霊力など持たず、普通の人として生きられることはとても幸せなのです。

                     

                    ただ、そのことに関して疑問を持つ方はあるでしょう。その魂を喰い破った大蛇霊を消したことまでは解るが、今の肉体に居る魂は誰かです。そこに、各自の魂には魂の元親となる【正守護神・本守護神】があり、その喰い破られてしまった魂を分派した段階の神霊から分派魂を出せば同じことなのです。元の魂と同じ魂がその肉体に入るのです。

                     

                    そうした現象として知られるのが【黄泉帰り(蘇り)】で

                     

                    霊界に居る自分の魂と交替して、同じ肉体に引き継ぐ

                     

                    自分という魂の存在は一つではないのです。霊界の各段階。次元が違う場所にも自分と言う存在はあるのです。これらは【魂の兄弟】とも呼ばれていますが、スピリチュアルで言う「ソウルメイト」のことではありません。霊界での友達(メイト)達では無く、霊界に自分自身が幾体もいるのです。同じ心(魂)を持っているのです。ただ、地上世界に出るのは一体だけで、複数形で人間としてこの世に出て来るではないのです。

                    これらのことは古来の宗教では解っておらず。説かれ出したのはGLAの創始者【高橋信次】師からかと思われます。私も自分の霊界見聞の中において、その事実を知ったなのです。日本の新神道で説かれる【正守護神・本守護神】が解っていないと、こうしたことは理解出来ないとなります。

                     

                    その魂が地上世界に居なかった間の肉体の知識や記憶は、肉体にある脳の記憶や知識を利用するのです。肉体の脳にはその肉体の過去の記憶や行動の記録は全て残っているからです。肉体の途中で最初に出た魂と霊界に居た自分とが交代したとしても、脳に肉体としての記憶や知識がありますので、肉体の過去のことに関しては何も困らないわけです。

                    私の最初の師匠も途中で自己の魂の交代がありました。霊的世界の戦いの中で、倒されてしまったのです。長く病で伏せていました。その病が治った後、その師匠の周囲に居た霊能者や霊感者からその師匠が変だ。病から治ったのは良かったが、どことなく別人の様に感じられる。一度、その師匠の様子を見に来て欲しいと言われましたが、最初の師匠の魂から直接に私に対して、自分は【交替】したことを聞かされました。

                    最初の師匠の魂は、【今の肉体に居る私は、貴方が最初に出会った私ではありません。魂としては交替したのです。でも、今の肉体に居る魂も、私自身でもあるのです。貴方が最初に出会った私の魂は、今はある神社の神霊として赴任しています。】と告げて来られたのです。私はそれを聞かされた時、泣きました。出会ったら、元の師匠とは微妙に違っていました。

                     

                    何故、霊媒は無学の者を良しとして来たのか?。それは霊や魂は肉体の脳にある知識を利用するからです。

                     

                    優れた霊能者が【心臓移植手術に反対する】理由とは

                     

                    魂の喰い破りと、魂としては同じ意味合いになるからです

                     

                    人の魂とは【心臓】に宿ります。その心臓に宿っていた魂が、違う肉体に入ってその肉体の脳にある知識とか記憶を取り出して、その肉体として生きるからです。各自の魂はこの世に降りて来るにあたって、寿命とか定めの道があります。それらはその魂が持つ【カルマ】を消す為です。その【カルマ】の解消予定を狂わしたことになるからです。ただ、それによって神界から罰せられるはありません。その魂にとっては自分では予期せぬことが起きただけだからです。

                     

                    私が前世調べの退行催眠でも危険だと言うのは、肉体に憑依した霊は肉体の脳にある記憶や知識をも利用して来るからです。 それは催眠状態とは関係しないからです。これらはサニワ(審神)をする者は【原理原則】として知っておかなければならいことだからです。

                    学者は霊媒に無知無学の者を使用すると何かと攻撃して来ますが、学者の様な知識を持った霊媒を使うと、憑依した霊にその方の脳にある知識が利用されてしまうということを知らないからです。非常に利発で賢明な霊媒者を使うと、その脳の知識をサニワ(審神)者が上回っていないとサニワ(審神)そのものが出来ません。単に霊が見えるだけではサニワ(審神)は出来ません。光輝いている霊を相手に、その霊が言う内容に見落としがあったならば、サニワ(審神)者が負けてしまうからです。

                     

                    魂の喰い破りと云う事実は、宗教世界で語られることはありません。しかし、それが持つ事実を鑑みれば、非常に重要なことではあるのです。

                     

                    大本教から【牛虎金神】と【節分の煎り豆にも花が咲く】と歌われたことから、その仕組みを紐解くと【魂】論が説明出来るのです。

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    人は神の姿に似せられし者。神は光で姿形が無いと言う霊能者。出口王仁三郎聖師が描いた国常立尊の肖像画は嘘か?

                    0

                      大本教からはウシトラ金神【国常立尊】の世の大立替が予告されました。日本最高の予言者と言うよりも、今日まで世に出た予言者の中では世界最高ではないかと言われているのが大本教の出口王仁三郎聖師とされます。確かに、その数々の予言を的中させて来たがあります。そして、何故に長崎や広島に墜ちた原子爆弾だけでなく、大正時代に現在の「テレビやスマホ」の様な存在まで予言できたかがあります。

                      優秀な霊能者達によれば、出口王仁三郎聖師は【素戔嗚尊】の分魂で神界ピラミッドとしては【八合目】であったという説が有力のようです。希に九次元だと言う人もありますが、そうしたことを言う方の霊界でのレベルを考察すると、八合目説が一番正しいように見えます。大本教の出口王仁三郎聖師は自分はナザレのイエスに何一つ劣っていないと言われたようですが、ナザレのイエスも神界の八合目の瑞霊魂であったとする説もあります。それが事実ならばイエスと同格に等しい方となります。

                       

                      但し、神界「八合目」では本当の【救世主】ではあり得ないとも言われています。まだ、それ以上の段階の神の分魂を持った人の存在は世に出ていないという説です。そこに出口王仁三郎聖師自身の【自分は(救世主としては)ニセ者】であった発言があります。それで、初めは自分が救世主と呼称しておられたが【聖師】に改めたられたとの説もあます。本物であれニセ者であれ、自分が本物と思い込まなければやっていられないのが霊界とは言えます。

                      巷には自分が救世主ですと名乗りを上げている方はゴロゴロ居られますが、どの方も神界の八合目どころか七合目にすら行っていないがあります。自分の神力のなさを自覚せずに名乗っているです。そうした方の背後に居る神霊とは、邪神界の神霊ともされます。

                       

                      私達が関わっている今の地球霊界は力の強い者が勝ち(価値)で、

                       

                      正義とか不正義の論理で語る神霊では無いのです。

                       

                      その大本教の出口王仁三郎聖師は、絵や書道のみらず陶芸や仏像彫りなどの多彩な才能を持っておられました。そうした描かれた絵の中で【国常立尊】を描いた画があります。インターネットの世界では簡単にその絵を拾えます。下記の図はそうしたインターネット上から拾ったものです。

                       

                       

                      出口王仁三郎聖師が描いた国常立尊画

                       

                       

                      出口王仁三郎聖師が描かれた「国常立尊」の肖像画が、本当に国常立尊のお姿か?。これは証明が出来ません。ほとんどの霊能者は、国常立尊が存在するであろう段階に容易にアクセスそのものが出来ないからです。

                       

                      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いていましたが、その姿を一度も見たことがありません。霊声のみです。神霊世界に修行に入って豊受姫や7〜8名の霊能者の方から、貴方の本守護神は【国常立尊】様ですと告げられても、どうしてそれが「国常立尊」様と言えるのか?。霊能者とは言えない私には、それ自体がよく解らないと言えました。

                      私が言霊を学ぶ為に通っていた2番目の師匠の御祭神は「国常立尊」と称しておられまして、その神霊の姿は私も拝見出来ました。で、この御神霊が「国常立尊」様かと当時は信じていたのですが、大本教の出口王仁三郎聖師が描かれた肖像画とは似ても似つかないお顔の方でした。肖像画は写真ではない為に、どれほど絵がうまくても確かなのかが解らないからです。

                       

                      私の最初の師匠は豊受姫のお代で、その豊受姫の言葉によれば、豊受姫にお仕えするお代としては当時の稲荷行者としては癸盈酣充圓塙陲欧蕕譴討い董△修譴亘受姫のお代をされていた他のお代さん達からも認められていました。○○先生、○○先生と尊敬されていたです。他の豊受姫に仕える霊能者の方達からもあの先生が実力癸韻世噺世錣譴討い燭里蓮⇔酣充圓寮こΔ任歪舛靴い噺世┐泙后

                      豊受姫のお代であったその師匠は少女時代、出口王仁三郎聖師が存命中に大本教少年少女隊に属していましたが、豊受姫のお代になってから、一度だけ「国常立尊」のお姿を見たことがあると言います。それは伏見稲荷山の某お塚にてです。

                       

                      私はその某お塚に優秀な霊能者達から豊受姫の分魂を授かっていると言われている方と一緒に参ったところ、その女性はその某お塚で、おじいさま。おばあさまと言って、出て来たと思われる霊と会話をしていました。

                      その時に私に見えたのは、能舞の高砂で知られる「尉(じょう)と姥(うば)」の姿をした二体の霊でした。その二体の姿を見て、私は何故かその尉の姿は「大国常立尊」様であり、姥の姿は「豊雲野尊」様ではないのだろうかと感じましたが、私は絵を描く能力がありませんのでその霊姿を描くことは出来ません。ただ、そのお塚は最初の師匠から国常立尊様が出て来られる塚と聞いていましたので、だったのかも知れないと思う程度です。

                       

                      一部の霊能者の方達は、【神は光であって、神に人の様な姿は無い。人の様な姿で出て来るのは低級霊で蛇霊や狐霊である】と発信されています。確かに、十二単衣の姫姿や衣冠束帯の貴族姿で出て来た霊が、蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊であったりするのは事実とは言えます。私も白狐霊のいろんな変化姿を見ています。蛇霊の場合も猫霊の場合も見ています。

                      優秀な霊能者の方が、十二単衣の姫姿や衣冠束帯の貴族の様な男霊を見て、その本当の姿は蛇霊や狐霊だと見破る。そうした方達は単に霊感を振りかざしているスピリチュアルの段階の方達よりも、遙かに霊的能力が優れているとは言えます。日本昔話の【狼がくれたまつげ】の話が例え話です。

                       

                      私と同じ時期に最初の師匠の元で一緒に修業していて、後にお不動様の教会主と成られた方の元に豊川稲荷神の御分霊を勧請したところ、不動尊の関係で多くの不動尊行者がその祭壇にお参りをして、間違いなくこれは豊川稲荷様だと言っておりましたが、そうした不動尊行が見た豊川稲荷神とは衣冠束帯の貴族姿の男霊で、その顔は扇子で隠していたと一致していました。多数の不動尊行者の証言です。でも、その扇子を取ったら白狐の顔をしていたはずなのです。

                      眷属とその本体神とでは姿が違います。ほとんどの場合は眷属たる霊を見るなのです。眷属であれば、その神名を名乗ることも許されています。代理者だからです。

                       

                       

                      私の最初の頃のブログに、【神は光だ!で天狗さん。神は光でも姿が見える】を出しました。

                      http://kamikotokai-b.jugem.jp/?day=20111216 

                       

                      このブログ記事の中の霊能者の方は、自分は千年も続く高木の神《日本神話の高御産巣日神(たかみむすびのかみ)とされる》を祀る神官家と称しておられ、自分はそんじょそこらの霊能者の比では無いと豪語しておられました。確かに、霊波動を滅多に感じない私が希に見る霊波動の持ち主と感じて、うかつに逆らうと、その霊力で人を殺しかねない危険な霊能者だと解りました。

                      私は霊能者で霊力を持って人を殺して来た存在を見て来ています。私の2番目の師匠もそうでした。霊能者同士で命の取り合いをするです。ある大変優れた霊力を持っている方から、あまり邪神界を批判ばかりしていると貴方自身が殺されます。その人はそれまで正しい霊能者が邪神の霊力で殺されて来た数々を見て来た方であり、私に忠告して下さったのです。

                       

                      当時の私はヤフーの輪廻転生の版で論陣を張っていたので、私の周囲の方がその霊能者の方に下手に反論をすると何をしでかすか解らないと危惧していましたが、周囲の方ではなく、お前は生意気だ。お前を殺してやるとヤフーの版上でわざわざ宣言をして、その生き霊とその仲間の神官達の生き霊達と共に私の自宅に押しかけて私を霊刀で殺しに来たので、当時の私の家は汲み取り式トイレだったので、その神官の生き霊を閻魔庁に仕える霊達が捕まえて便槽に落としたしだいです。

                      一部の霊能者の方達は貴方の背後には【閻魔大王様】があると言って来られていましたが、その霊能者にはそれが見えていなかったのでしょう。閻魔大王とは「国常立尊」でもあるとされています。牛虎金神「閻魔大王」で、大本教の【節分の煎り豆】の意味が解けて来るのです。

                       

                      その霊能者は【神は光だ!】。神は光で姿形が無いの主張を私が否定したから、俺ほどの霊能力者に向かってお前は生意気だから殺してやるだったのです。

                       

                      私を霊力で殺しに来た時、彼が言う「神は光だ!」の高木の神とは【天狗霊】だと解ったのです。確かに、天狗霊は高木の上に居たりします。この代々続く神官家で祀られていた高木の神とは実際は某霊山の天狗霊で、この霊能者にはそれが「光」として見えていただけで、天狗の姿だと見えるだけの霊能力は無かったなのです。

                      その日を境にして、その豪語していた1000年も続く神官家の霊能者は、二度とヤフーの輪廻転生の版には来なくなったのです。それは自分の生き霊が便槽に落とされて【臭い霊】になったからでしょう。臭い霊とは「自分は大きい」と勘違いしていた者だからです。

                       

                      古来より、人は神の姿に似せられし者と言われて来ました

                       

                      大本教の出口王仁三郎聖師は、【国常立尊】の肖像画を描いておられます。これは出口王仁三郎聖師は、通常の霊能者ならば【光】としか見えない段階の高級霊でも人の姿として見える段階の方だったからと言えます。 この意味が解るのは、神界ピラミツド(神の高山)の合目を理解していないと難しいとなります。自分より数段高い霊世界に居る霊は「光」としか見えて来ないからです。為か、六次元界龍神と呼ばれる存在の龍神の光を見て、それを太陽だと思って居る霊感者達も多数出て来ます。

                       

                      神は光だ!、神には姿や形が無いと言っておられる霊能者の方の背後霊が神道系でサニワ(審神)されると、本人は自分では宇宙神とチャネリングしていると豪語されても、その背後は黒龍神であったり、高級神霊だと言っていても黒蛇霊や野狐霊などの低い霊だったりするわけです。

                       

                      霊が「光の玉」であることは事実と言えます

                       

                      例えば稲荷信者であるならば目にするであろう稲荷大神秘文と云う祝詞には、「稲荷の八霊、五狐の神の光の玉なれば」とありますが、光の玉も見る者が見ると、それが天狐、地狐、空狐、赤狐、白狐とその姿形が見えるなのです。霊は「光の玉」だから姿形が無いと言うのは、ある意味間違った論理なのです。霊界の【高山のピラミッド】が理解されていないのです。

                      例え霊が見えなくても霊的な写真は撮れるがあります。写真などに光の玉は写っても、その霊が何なのかは解らないがあります。霊能者でも解らないが往々にあるのです。光の玉が写真に撮っても、その光の玉の検索はあまり意味がありません。

                       

                      神は光だ!ではなく、霊は光の玉!

                       

                      但し、霊が出す光とは私達が見る太陽光とは別物なのです。私達は肉体の死によって肉体と言う服を脱いで霊界に渡ります。その時の自分とは「玉思惟(魂)」と霊界用の魂の服で有る幽体を持ちます。その幽体が俗に言われる幽霊なのです。

                      その霊界用の服で有る幽体は、その服を永遠に着用しているのではありません。霊界での階段を上がることによって、その霊界用の幽体はその姿形が変わります。そして、霊界での光を放つようになるのです。

                      その光を放っていない時、その姿形は【人の型】で見えるなのです。邪神と言えどもその姿を【目眩まし】する為に、【光(火借り)】を放つがあります。特に黒龍神の様な力の強い存在であれば、「太陽」とさえ錯覚させるもあります。

                       

                      日本の新神道系で【神人合一】が語られますが、その時の自分とは今の肉体の姿形ではないのです。それが本当に自分かと思うほどその姿形は違います。しかし、それが自分で有ることは解るのです。

                      霊界においては神界ピラミッドが語られますが、そのピラミッドの合目に於いて魂が放つ光が違い。自分の置かれた神界の合目が低いと、高い霊は光としか見えて来ないなのです。すると、神には【姿形】が無いの論なります。神は【光だ!】と言うだけでは、自分の魂が神界での合目が低いと言うことになるのです。自分の神界の合目を上げて行くと、その光も【姿形】で見えて来るなのです。

                       

                      大本教の出口王仁三郎聖師の段階を越えている霊能力者の方が、神は光で姿形が無いと主張されるのであれば、ある意味私も納得が出来ますが、そうでなければ霊界を平面的にしか見ていないのではないかとなります。

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村