言葉を構成する言霊は【音(おと)波】であり、光透波では理解が出来ない

0

    聖書のヨハネの福音書には、有名な【初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。】があります。

     

    この日本は古来より、【言霊の幸はふ国】と言われて来ました。しかし、その論議を見ていますと、言霊がまったく理解出来ておらずに「木霊や山彦」なったりしています。この日本には【言霊師】と称しておられる方が若干名あるかと思います。しかし、その数があまりにも少ないので、世間に「言霊」の理解が進んでいません。

     

    私達は山に登って「ヤッホー」と言えば、山々に「ヤッホー、ヤッホー」と言霊が反響して返って来るを体験します。これを一般的に【やまびこ(山彦)】とか【こだま(木霊)】と言って来ました。

    源氏物語などを見ますと、「鬼か神か狐か」とあります。昔の人にとっては、自分が出した言葉が山々に反響して自分に返って来ることは、不思議であり妖しいことであったのです。為に、ことだまを【木霊(こだま)】とすると、樹木の精霊程度と思われてしまうわけです。

    しかしながら、その【無知】は大本教の出口王仁三郎聖師が世に出て来るまで、世界中の宗教も無知の中に置かれていたわけです。キリスト教においてもイスラム教においても仏教においても、言霊が何か等理解されていなかったのです。ただ、祈りや御経には力があるであって、その【力(チカラ)】を見ていなかったと言えます。 

     

    私は伏見稲荷大社講社の支部に所属して、伏見稲荷山で瀧行などを含めて4年間ほど豊受姫の庇護の元で修業させていただきました。その当時は豊受姫の庇護の元にあったので、霊的世界の恐ろしさを何一つ体験せずにいました。まさか、霊界がこんなに恐ろしい世界だとは露ほど思わなかったのです。

    その過程には、科学では信じられないあり得ないと言わなければならない事象を自分の目で直接に見聞させていただきました。それは当時の師匠が、豊受姫から男女合わせてこの日本で10本指に入る行者と告げられた実践派の女性霊能者の元だったからとも言えます。

    自分の師匠が並の霊能者やスピリチュアルの方であったならば、とてもあのような摩訶不思議な体験や経験は積めなかったと思います。で、既存の霊界は神の存在を知らせる為に【奇跡の現出】に頼っているとも言えます。

     

    その後、私の体内の腹から図太い男性の声が臨み、その声に従って稲荷神界を離れて、綾部に来ていた自称「国常立尊」を名乗る【言霊師】の元に行き、そこで【言霊】に触れたのです。それまでは、私も【言霊】とは何ぞやの状態でした。そこには僅かな言霊だけで医師が見放した病人を救う等がありました。言霊の威力を実地で見せつけられたのです。

    その2番目の師匠となる方は、大本教の出口王仁三郎聖師の直弟子であった方を師匠としていましたので、出口王仁三郎聖師の孫弟子格となり、その教えは今の大本教のものではなくて、出口王仁三郎聖師直接の流れとも言えます。残念ながら、今の大本教にはその【言霊】の本質が解る方は存在しないと考えられます。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師の直弟子で、当時大本教の大幹部でもあった方が催された学会で、その2番目の師匠が言霊の講師を依頼され、私がその師匠に代わって講師を勤めて講演を始めた時、会場からは私に対して【帰れ、帰れ】の大コールが起きました。

    それ以前に大本教出口王仁三郎聖師の言霊を顕彰する会において、やはり講演を依頼された言霊師の師匠に代わって、今では予言者として著名になられた【松原照子】さんとダブルで講師をさせていただいた会場では、私の講演が終わると割れんぱかりの大拍手で終わった内容が、そこでは逆に【帰れ、帰れ】の大コールになったのです。

    言霊顕彰会の時に私が頂いた名刺には大学教授の肩書きの方が多数ありました。こんな言葉の解釈など聞き始めだ!。そこには新鮮な言葉の仕組みに対する驚きがあったのです。それは言霊そのものではなくて、言葉そのものが持つ神の教えの意味です。

    一方、大本教大幹部の方が催された会場はその多くが大本教の信徒であり、言霊の一つ一つを取り上げて、それが東にいくらいくら、西にいくらいくら働く。広がると言うようなあまり意味が無いことに固執されていたのです。それでは、言霊とは何かが絶対に解らないのです。

     

    大本教霊学をいくら学んでも、【言霊】とは何ぞやが書かれていません。為に、出口王仁三郎聖師が最初に【ス神】を出されたら、【言霊】とは何ぞやを飛び越えて、【ス神】で草木もなびく状態が起きたと言えます。

    特に大本教に在籍し、出口王仁三郎聖師の弟子で右腕とも言われた世界救世教開祖の岡田茂吉師の【ス神】論をパクった新興宗教の多くは、スの神論の元が大本教とは知らずにパクった為に、【スの神】そのものが何が何だか解らずの有様となったと言えます。それらの教団の多くは背後が【黒龍神】などで、奇跡の力だけで大きくなったと言えます。

     

    私は【言霊】とは何か?。その【言霊】の正体に触れた時、自分がそれまで持っていた神観など【百八十度】変わってしまいました。何と言うことだ!。です。人類はあまりにも言葉の意味を知らなかったと、頭を叩かれたわけです。

     

    これでは聖書のヨハネの福音書の【初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。】が、聖書を信奉する者には誰一人として理解が出来ていないかではないかです。それではイエス個人崇拝に陥ってしまいます。その聖書よりも、より深いところまで明らかにしたのが出口王仁三郎聖師による【大本教霊学】と言えるでしょう。

    大本教からの教えは日本版「旧約聖書」とも言われていますが、これは外国語に翻訳してしまうと意味を失います。日本語が使える日本人だけに用意されたものと言えます。言葉が幾つもの意味を持つようになっているからです。

    例えば日本語であれば「想像=創造」となりますが、英語で創造は「creation」。想像は「imagination」。違う言葉として捉えられてしまいます。

     

    大本教神諭は全編「ひらかな」ですが、「そうぞう」と書かれた時、貴方は想像と読むか、創造と読むかです。これは発音される「言葉」も同じで、「そうぞう」と発音された時、創造と聞くか想像と聞くかは、貴方自身の【感じ(漢字)】なのです。

     

    私は鍾馗神のご案内の元、中国で「盤古大神」と呼ばれている存在に拝謁して、何故なのかと意味が解りませんでしたが、霊界物語のなかの記述、盤古大神から国常立尊様に神界の【大政奉還】に触れ。また、私の前に【漢字】と書かれた浴衣を着た出口王仁三郎聖師と思われる霊が出て来たことから、【言葉を漢字(感じ)に変換】に気づいたしだいです。

    大本教の神が出口王仁三郎聖師の以前の名前の上田喜三郎の【喜】を【鬼】にしなさいと出したならば、「鬼」とはあんまりじゃで【王仁(鬼)】とした。そうした意味合いが解らない者には、大本教で演じられた意味は完全には理解出来ないのです。

     

    私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【この国(日本)は私の教えで満ちあふれている世界で唯一つの国である。そなたはその仕組みを見て人々に告げなさい】と告げられた者です。

    そしてこの日本は、日本語と言う言葉によって創造神の仕組みがなされている神国なのです。日本が神国の意味は、別に天皇陛下が現人神(あらひとがみ)云々ではないのです。この日本の言葉が【神の言葉】だと言える神や人は、それなりの方なのです。

     

    日月神示の影響なのでしょうか?。神は言葉の言葉に、【光透波】と説きまくっておられる方達があります。そうした論者の意見に、霊界で言葉が【金文字】で現れるからと説いておられる方達があります。

    おっしゃる通り、霊界では言葉が【金文字】として出て来る場合があります。そこから金文字=光で「光透波」と解釈されているようですが、それは日本で使う漢字は象形文字であるが為に、その象が光の金色で出て来る話であって、それは「文字」の話であって言霊の話ではないのです。

     

    一方、スピリチュアルでは、霊的世界で霊との会話に使用する言葉は【テレパシー】なので、別に口から言葉を出して霊と会話するではありませんので、言霊どころか言葉の存在そのものを否定する人が多いと見受けられます。

    私も霊が現れた時の会話は心の声たるテレパシーで会話するであって「無声」の会話です。しかし、いくらテレパシーでの会話であっても、そのテレパシーでの会話は個々の霊で声質が違うことが解ります。だとすれば、それは【無声】の論理には当てはまっていないのです。本当の「無声」であれば、その言葉の声質でそれが誰かを特定したり、区別が出来ないはずなのです。

    そうしたことからも、【言霊】がまったく理解出来ていないのがスピリチュアルだと言えるのです。

     

    では、言霊とは何ですか?。

     

    言霊とは【音(おと)波】なのです

     

     これを人々に端的に教える言葉が【龍宮の音秘め】なのです。但し、その前に【流神】と言う言葉を知らないといけません。私は「魂」を「玉思惟」と言ったり、龍神を「流神」と説明して来ました。漢字を変換させているのです。

    こうした言葉の理解が進まないと、事の本質が解って来ません。

     

    では、何故に言葉が【光】と錯覚されたのかと言いますと、【音】の字を分解すれば【日立】となるでしょう。

     

    すなわち言葉(音波)が「日立」たる「光」の原動力なのです

     

    また、【闇】の字を見れば、門から音が出るです

     

    光(日立)は「闇」から生じるのであって、スピリチュアルの光と闇の対立論はさほど意味がないのです。全ての元は【音(おと)波】なのです。

     

    言霊は「音波」なので、山でヤッホーと発すれば、山々から「ヤッホー、ヤッホー」と反響して来るのです。私達の目には見えないが物質でなければ、山に反響して返って来ないでしょう。

     

    すなわち「音波」は霊的物質なのです

     

    それによって、万物は創造されて来たので聖書では「言葉によらない物はない」となりますが、この点に関しては大本教の教えの方がより深いのです。聖書よりも中味的に深いのです。

     

    私が子供の頃に臨まれた旧約聖書の神と称する声は、【私の書は旧約聖書なれども、暗号化させてあるので読んでも意味が解らない。私の教えは、この日本にある】と告げられましたが、日本語そのものにあったのです。

    日本の記紀神話に囚われていると、大本教が世に出した【ス】の神とは何だ?。となります。一言で言えば【言霊】の一つなのです。

    私達が発する言葉とは【霊的物質】ですから、祝詞でも御経でも声高らかに唱えれば、それが霊界に影響を及ばすのです。

     

    私は2番目の師匠の元で、霊媒通しで【サニワ(審神)】をしていました。そうした時にある現象が起きました。霊の言い分を聞いていて、私が何をぬけぬけと喋っているのだと叱りつけると、霊達が物を言わなくなるのです。

    で、半霊媒者であった霊媒の方にその時の様子を聞くと、私の詰問の言葉は霊に対して殺されるかと思う状態に入るでした。私が発する言葉そのものが自分が釣鐘の中に閉じ込められて、その釣鐘の周囲から大音声で響いて来るで霊が震え上がってまう為に誰もが口を閉ざしてしまうでした。

     

    私が最初の師匠とある不動明王の元で瀧行をしている時、どこからか蚊が鳴くような声が聞こえて来ます。?と見渡すと瀧場に置かれている不動明王の象からです。それで何を言っておられるのかと、同行していた最初の師匠を見ると、耳を押さえて地面に伏せています。

    理由を聞くと、瀧場のお不動様が大音量で私達に【不動経】を上げられたのですが、あまりの大音量の為に自分の鼓膜が破れてはいけないと耳を押さえて伏していたのですと言われます。今度は、逆のパターンが起きたのです。

     

    この世に出ておられる神々であっても、聖書の【言葉は神と共にあった】の言霊神たる存在がこの世に臨んで来ますと、とんでもない状態に入ってしまうのです。

     

     

    ヨハネの黙示録に、【言葉の王】が出て来ます。この世の終わり前、その言葉の王の言葉は神の「剱」となって諸国民を討つです。

    一読すると、何とも大袈裟なことが書かれていると思われますが、言葉は「光透波」ではなく【音波】であると理解出来ていないと大変なことになりかねません。

     

    私が神霊世界に入る切っ掛けとなった事柄は、私の目は開いているにも関わらず、周囲の明かりは何一つ見えない暗闇になり、地底から地響きと共に震え上がる「声」が私に臨んで来たのです。その声の恐ろしさは、その時の私にとってはとんでもないものでした。まさに、声に自分が殺されてしまうのかです。

    私はその時、その声は「地獄の閻魔大王」かと思いましたが、最初の師匠からは別の神との指摘を受けました。それは同じ地獄の主でも【別腑地獄】の神からでした。 

     

    スピリチュアルで、霊界では霊はテレパシーで会話するからと、聖書の【初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。】を軽視していると、その時には言葉の剱に討たれかねないともなります。

     

    また日本の神社に鎮座する神々では、創造神の言葉が臨む時には抗しきれないのです。何故ならば宇宙創造に関わった神達と日本の神社に鎮座する神々とでは、神としての規模が桁外れの違いになるからです。言葉で万物を創造した神とは、神社に鎮座する神ではないのです。

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    御臨終と五輪(地水火風空)終。されど、誠の力が世を救う

    0
      私のブログの読者の方から、一通のメールが来ました。その方に突然に【五輪終】の言葉が浮かんで来たと言われます。その方ご自身は時たま神的な物が見えるとか、言葉が出て来る能力を持っておられるようです。
       
      私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、その声の主は【私はこの世の幕を下ろす】と言われました。その一方、【私は永遠の嬉し嬉しの世に人類を渡す】とも言われました。だが、その世はこの地球上では無く、この地球とまったく瓜二つの地球だと言われます。
      そうした新天地の予告はヨハネの黙示録に出ていますが、その新地球の存在を知ると言う超能力者や霊能者の方達の話をまとめると、この地球とまったく同じで、そちらに移行しても何の違和感も無い。ただ、その世界は三次元世界ではなく五次元世界になると言われます。元々は七次元界に隠されていた同型バックアップ地球で、為に人の目や科学者だけでなく霊能者にもほとんど知られていない世界となるです。七次元界ともなると、通常の霊能者でも世に出ておられる神々でもアクセスは難しくなります。
       
      みろくの世は【五六七】とされますが、五次元・六次元・七次元で構成する世です。今の世は三次元・四次元・五次元で構成されている為に【三四五(みよいづ)】の世と日月神示などは書いています。
      旧約聖書の神と称する声は、その事態の時、【私は地球に居る人類を助ける為に、その前に多くの神司(かむつかさ)達をこの世に出す。だが、そなたはそうした神司(天使)が誰なのかは知ってはいない。また、そうした全ての神司達もそなたを知るのではない。それぞれの神司達がその役割に応じて、人類救済に働く。】と告げられています。

      それは、自分一人が【救世主】論ではないのです。今の世に肉体を持った多くの神司(天使)達が働くなのです。私は今の世が終わり、新しい嬉し嬉しの世(みろく世)に導く神司(天使)が誰であるかは知りませんが、そうした神司(天使)達が出て来るとは告げられている者なのです。
      【五輪終】ですから、当然に「東京オリンピック」をもって五輪が終わりと、誰しも頭に浮かびます。今の人類の歴史として最後のオリンピックになるかです。そして、もう一つはこの世での命が終わることも【御臨終】です。御臨終は肉体を持っていた者が、この世を去って霊界に旅立つ時に医師が発する言葉と言えます。言葉が掛け合わさっていると見るべきなのです。
       
      私は予言者ではありませんので、何の予言も出来ません。ただ、子供の頃は自分の身に起きる些細な出来事に関しては事前に解る時がありました。また、伏見稲荷山で修業時代は周囲に起きるであろう小さな事柄が事前に解るがありました。そうした自分の周囲に起きるであろう小さな出来事の予知は、自己の「副守護霊」レベルからのものと言えます。
      だが、副守護霊段階の力では社会(世)に起きるであろう大きな事件(天変地異)を事前に察知するのは難しいのです。それは並の神霊でも無理なことです。個人守護する霊が予知出来るのは個人的レベルまでの事柄なのです。
       
      自分には○○大神や大天使が降りて来ると言われるスピリチュアルや霊感女子は多数おられます。では、その霊は事前に予言して当てることが出来るかと言ったならば、ほとんどそうした能力を持っておられないがあります。

      私の元に○○大神からの予言として、○月○日に東京に直下型大地震。○月○日に東海沖大地震。○月○日に天から隕石の雨。そうした神霊からの予言を世間に広めて下さいとメールを送ってこられた方がありましたが、一度もそうした予言日が当たった試しがありませんでした。
      しかし、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるで、関東に直下型大地震や南海トラフ大地震が来るのは科学者でも言っていることです。そんな日は近く来るでしょう。しかし、その日が解らないでは、神も科学者の予測と何等変わりがないとなります。科学者では言えない日を予想出来るのが神です。今はそうした事は誰でも言える時期なのです。

      そこで、貴方の御祭神の余りにも当たらない予言の連発に関して、その○○大神にその予言が当たらない理由を聞き返しなさいと返答しましたところ。
      その神曰く。神が予言して当てたのは昔の時代であったからであり、今の時代はそうした予言は神はしない。そうした予言をするのは動物霊だとその方のブログに書かれていましたが、本人はそれで納得されたようです。
      エッー?。では、私の元に数々の日時の予言をして来たのは、いったいどなたなのですかです。

      では、何の為に私の元にそうした当たらない予言を数々送って来るのだとなります。当たらない予言を連発し続けて、神は今の時代は昔のような予言(大本教の出口王仁三郎聖師を指していると思われる)はしない。予言が出来るのは動物霊だ。と言われて納得するでは、その人は【矛盾】という言葉をまったく理解出来ていないとなります。
       
      確かに、個人レベルの予言はよく当たる方達が居られます。それに関わって来るのは蛇霊や狐霊と呼ばれる段階の霊で、その霊力が無いとよく当たる霊能者や占い師にはなれません。高い段階の神霊は、個々の人の個人的な幸せなどに何の興味も無いからです。

      私が霊能者として期待されながら期待外れで終わったのは、蛇霊や狐霊が関わっている下の霊世界がよく見えない。それに尽きたのです。それでは個々の個人の相談事には乗れないのです。優秀な個人相談の霊能者は蛇霊や狐霊に仕えるのではなくて、それらを【使役】出来るかで決まるのです。蛇霊や狐霊達が持って来てくれる情報が個人レベルの相談には欠かせないからです。
      誰が貴方を恨んでいる。生き霊を飛ばしているとかが解るからです。だが、上の神々はそうした個人の事柄に関心が無いのです。神社等に参拝して出て来られる神霊とは、そのほとんどは受付的な存在の霊が多いはずなのです。為に、そうした霊と会話して受けるメッセージとは、一般論であまり個々の人には役立たないものが多いと言えます。
       
      私はそうした蛇霊や狐霊を必要は無いとは言いません。その使い方一つで、大変便利な存在ではあるのです。その存在に逆に使われてしまうことが問題を起こすのです。
       
      大本教からは名だたる宗教家が輩出しました。日本の心霊学の父ともされる浅野和三郎師。世界救世教の開祖岡田茂吉師。成長の家の開祖谷口雅春師、合気道の創始者植芝盛平師。三五(あなない)教開祖中野與之助師。【九つ花】を最初に神から教えられた神道天居行の開祖友清九吾師等、数々の方がいられますが、大本教の出口王仁三郎聖師はそれらの弟子を【お山の大将に成りたい者ばかり。私が欲しいのはお山の大将達ではなく兵卒】と語っておられます。
      これらの方達は自分が大将格でなければ気が済まなかったのだと思われます。ですから、これらの方々には【みのか尾張の国の中から】の意味は解けなかった言えます。一つの高山に登るのに、お山の大将が多いと【船頭多くして、舟、山に登る】となってしまいます。

      国常立尊の世の大立替に【お山の大将】は要りません

      大将ではなくて兵卒達を必要としているのです。蛇霊や狐霊でも兵卒として仕えてくれなのです。そこに自分は〇〇大神や○○大天使名等の名は必要無いのです。自分は蛇霊です。狐霊ですでいいのです。私は神界の素浪人ですが、伊勢の天照大御神や出雲の大国主命様であっても、国常立尊様の元では【一兵卒】であらねばならないと言います。為に、【白狐】達や改心した【蛇霊】達に動きが出て来ると、神界上層部が動き出して来ていると見る必要があるのです。
       
      はっきり言って、まだ来てもいない未来を予言して、それが当たる神は非常に力が強い神霊なのです。単に霊が自分は○○大神とか○○大天使と名乗っているから予言が出来るではないのです。
      それを今の世の神は昔の神の様な予言はしないと言う霊は、その能力が無いことを公に晒されるのが怖いからと言えます。その為の【逃げ口上】とも言えます。そこを御神霊の言葉はごもっともではなく、この霊はさほど霊界では高い地位の霊ではないと見破らないといけないのです。
       
      どんなに優れた霊能者でも、100%の正解率を誇る方は居ないとされています。超一流の霊能者でも正解率は70%台ではないかと言われています。それは世に出ておられる御神霊では、神界の深層に坐します高い神霊段階ではないからとされます。つまり、前のブログでも書きました神界の【合目】の話がそこにも起きて来るのです。霊能者その方の魂の神界での合目(ご本人の神界で魂の格)が高ければ、高い神霊との交流になるので大地震の情報も掴めるとなります。
      私の最初の師匠は大本教の出口王仁三郎聖師には届きませんでしたが、豊受姫から阪神淡路大震災や普賢岳爆発などを事前に告げられていました。自己の守護神の格が高いと、そうした内容が降りて来るものなのです。
       
      大本教の出口王仁三郎聖師には並外れた予言能力がありましたが、私の役割は言葉の紐解きで予言は出来ませんが、東京オリンピックの開催は出来るのだろうか?。その危惧は持っていました。それは「酷暑」の為に開催が出来ないのではなく、その頃に何か【きな臭い】ものを感じるからなのです。それが私の「杞憂」であればいいのですが、予言が出来る方の中にもそうした危惧が起き来ているようです。
      他にも、「西暦2020年(東京オリンピック開催年)」に何等かの不安を感じている方達は出て来ているようです。

       
      そのメールを頂いた夜。私に見えた【五輪】とは東京オリンピックではなくて、仏教で説くところの【五輪塔】の五輪の意味で、【地水火風空の五大】の意味合いでした。その【五輪】が終わるでした。
       
      仏教の【五輪 地水火風空】は万物や宇宙の構成を指します
       
      その【地水火風空】のバランスが崩れてしまいますと

      地上世界は自然の猛威の中に置かれてしまいかねません


      地の崩れは地震のみならず大地の崩れにもつながり。特に山々が崩れて行く山崩れの霊的映像は以前から出ています。大雨でも簡単に山が崩れるです。水の働きの崩れは水害の多発もありますが、プラスチックゴミ等が海の魚の胎内に入り込み海洋生物の死滅が懸念されています。私達人類は間もなく食の岐路に立たされるかも知れません。火は炎暑等で農作物の実りがない不作から来る飢饉の到来。風は竜巻や突風の暴風。空は仏教においては「虚空」のことですが、この場合は空ではなくて「天」に置き換えないと意味が解らなくなります。天変地異の続発です。
      この「五輪」の働きがバランスを失えば、これを元に戻すことは容易ではないのです。と言うよりも、もう神に祈っても地球は現状回復をしないなのです。

      私の元に【五輪終】のメールを下さった方からの後、大阪を襲った台風21号の強風被害。そして、北海道の札幌まで被害を及ぼした【胆振(いぶり)地方の地震】が連続的に起きました。隠れていたものを出すことを煙で「いぶり」出す等と言いますが、ひら仮名で言えば同じ「いぶり」です。

      私自身には、それより前に【いよいよ風神・雷神が暴れる】が出ています。日月神示などにあるもののことかと思われます。

      まさに、【五輪終】に入って来たと言えます
       

      三千世界の大立替を予告する為に発祥した大本教の【基本宣伝歌】として、下記のものがあります。その中の「虧」は月の満ち潮を歌ったのではなく、月の表面が膨張(盈)して崩れる毀損(虧)を歌ったものなのです。この場合は隕石が地球に降り注ぐ、仏教で説かれた最期の火の雨ともなります。そして、大地は大地震等で沈むなのです。
       
      朝日は照るとも曇るとも 月は盈(み)つとも虧(か)くるとも  たとえ大地は沈むとも 曲津(まがつ)の神は荒(すさ)ぶとも 誠の力は世を救う
       
      しかし、悲観論だけではないのです。それに対する救世の力は「誠の力」だと、予告されたことなのです。巷で自分が「救世主」です「メシヤ」です「みろく」ですと名乗っている方達は愚の骨頂なのです。いくら名乗っても、「五輪」のバランスを戻せない。
      その時、私達は聖書の「神は言葉なりき」の言成るの【誠】の力を理解することになるのでしょう。
       

      今、一部から【言葉の封印解除】が言われています

      人類が助かる為の何等かの言葉が封印されているです。その言葉の封印の解除法が解れば、どのような事態になっても魂は救われるです。それが【誠の力は世を救う】です。
      私は以前から何等かの「言霊」の並びに、人類が救済される法があると見ていました。だが、どうにも解らないなのです。そのヒントすら掴めないなのです。
       
      如何なる言葉(言霊の並び)が封印されているのか?。それは【天の数歌】や【いろは】や【ひふみ】や【アイウエオ】や、少しの方ですが「アワ」の歌だと言われる方達はあります。
      が、私が見る限り、それらの既存の言霊の並びではないのです。既存の言霊にはとてもそれだけの威力はありません。たぶん、これまで世に出ていない言霊の並びだと推察はしていますが、現時点では私にも解りかねます。
       
      それをもって、即座にこの世の【御臨終】とは成らないと思いますが、私が霊界修業に入った頃。豊受姫からは貴方は「大嵐」の中を突破すると告げられた「大嵐」の始まりかも知れません。私もその大嵐の中をこの世の命が尽きる最後まで生き抜かなければなりません。
       
      私はそれに関しては、例え言葉の封印解除が誰にも出来ないとしても、旧約聖書の神と称する声から、【新しい天地を用意してある】と聞かされていますし、未来の世は【嬉し嬉しの世】だとも告げられていますので、その嬉し嬉しの新しい世(みろくの世)の天地に行けばいいだけだと深刻には捉えていません。ですから、私が説いている内容は【五十六億七千万】の仕組みを明らかにする大本教神諭予告【九つ花】で【みろく】を知るを明けても暮れても説いているしだいです。
       
      ただ、みろく世に入るキップは言葉の仕組みの解読者たる私を拝めば差し上げられるキップではなく、お一人お一人が自分で手に入れるキップなのです。金銭では買えません。唯一神たる創造神信仰と誰かを頼るのではなく、自己の反省(悔い改め)と世根(米)としての働きで各自が獲得するキップなのです。

      それ以外の方は、誰かが【言葉の封印】を解除するのにかかっているのかも知れません。

      世の中には言葉の仕組みを見ないで、「米」教は嫌いだと言っている方達がありますが、米教を知って、米教を語る個人の好き嫌いではなくて、その言葉の仕組みをした神の存在を理解して、その神を「拝する」でない限り、それを個人の好き嫌いにすり替えれば、その人は間違った道に入ります。これは個人の好き嫌いではなくて、言葉の神の【仕組み】であり、樹を見て森を見ずではダメなのです。

      12日に別内容のブログで更新予定でしたが、「五輪終」の後に大きな災害が立ててづけにおきましたので、かなり深刻になったかと急遽原稿を差し替えて少し早めて出しました。次の更新は本来の予定の18日に戻します。

      私ではなくて、もう【五輪終】の言葉を受け取った方が出た以上、もう残された時間は切られていると見るべきかも知れません。その方以外は誰も「五輪終」の言葉には気づかなかったとは言えます。

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      三つ星ベルト?。三種の神器と創造神の三位一体 その2

      0

        キリスト教では【三位一体】を言います。父と子と精霊です。どうやって、創造神たる神を父として、ナザレのイエスがその子で、聖霊達とで三位一体と言えるのかです。

         

        それ自体はギリシャ語の「trias」の言葉から出たもので、言葉の意味は「3連構造」「3和音」「3つの徴」等です。英語で「トリプル」と言いますと「3人」を表したりしますが、その接頭語の「tri-」はギリシャ語やラテン語からなのです。

        仏教でも「本仏」と「両脇仏」で三尊形式で祭ったりします。また日本神道でも「三社形式」で三柱の神を同じ社で祭ったりします。別にキリスト教だけで無く、仏教や日本神道でも「三位一体」の型はあるのです。ただ、キリスト教では【三位一体】の意味を取り間違えたと見られるのです。

         

         

        私が今回受けた霊図は、私が天の御三柱神を表す徴として、少し前からマークとして出していた下記の図に近いものです。

         

        以前に出していた図。

         

         

         

        そして、今回出たのが

         

         

         

        一つのベルトによって、その三つの力が「一体の力」となる

         

        これまでは分散されていた三元の力(ミカド)が一つの力となって【臨む】です

         

         

        大本教神諭には、【薩張(さっぱり)】で改めるとあります。この「薩張」は明治維新の薩摩藩(○十)と長州藩(三つ星)の連合軍のことですが、天の御三体の造化三柱神の総合力と地の「○十(地球マーク)」の連合軍なのです。

         

         

         

        大本教が予告した【薩張(長)連合】とは

         

        太陽(日)と月をも一新して治める【明治】維新

         

        ある著名な行者さんが、大本教で起きたことは【神界クーデター(神様革命)】の失敗だと言われています。しかし、大本教は予告編であり、【本番】は大本教とは違って来る。このクーデターとは武力の行使であり、【クー・デ・タ】とも書きます。

         

        そもそも「弥勒」とは、いよいよ始まる改革の力であり、○十の印には軍馬のあぶみ揃えが出ます。

        果たして、江戸(穢土)城の無血開城で終わるのか?。それとも血の海(殺戮の丘)を見るかなのです。

        神界における【最終戦争】が起きうる可能性があるのです。

         

        私も少し前までは、【○十】の薩摩の意味はこの地球の徴だと解っていましたが、長州藩の意味が解けていませんでした。

         

        長州藩が【天の御三体の造化神】の意味であることを最近になってようやく解けたので紋を変えたのですが、そこに【三つ力(三元)】の意味合いが解りませんでした。それが、今回出たことで、それが本当の【三位一体】と言えます。

         

        そして、

         

        三元神の力は「天帝の剣」として全霊界に裁きの開始時に臨み

         

        三元神の鏡は汚れなき人の玉と獣(汚物)化した玉とに別けて

         

        三元神より選ばれし者達はこの世を卒業の「翡翠」色の首飾り

        翡翠は【羽根に非ず。羽根を卒業】する。本当の天人達に「翼」などは無いのです。

         

         

        早くから世の【大立替】を宣伝して来た大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は、その「大立替」を【宇宙開闢以来の大立替】で、三千世界(大宇宙)の大立替とも予告されました。

        スピリチュアルでは、何もしなくてもこの地球が自動的に五次元界に上昇するのであって、悔い改めなどしなくても【神の愛】で全ての罪は赦されるのですと、実に安易なことしか言われません。

         

        私は2番目の師匠の元で修業していた頃、こうしたスピリチュアルの人達の背後に居る霊の【サニワ(審神)】をしていましたところ、そのほとんどは霊界の年老いた蛇霊で聖書に書かれる霊力を保有した龍神と呼ばれる様な存在も含めて蛇霊系でした。この宇宙を創成して来たところの「龍神」とは別物です。

        スピリチュアルと言う甘い言葉を使い、セッセセッセと大金を取るセミナーを催して、そのセミナーの受講者達に蛇霊を憑ける。

        スピリチュアルと言う言葉に憧れて、そのセミナーに大金を支払って蛇霊を憑けられて帰って来る。蛇霊を憑けられたことにより、少しばかりの霊力を貰って霊が見えると喜んでいれば、死後の行き先は魔界とか地獄界になるのです。

         

        こうした蛇霊達は、過去に神々に憑依して「国常立尊」様を地の神界の主宰神の地位から追いやることに成功しましたので、自分達が敗退するなどはあり得ないと思っています。

        あの時、自分達は「国常立尊」を悪神として追ったことを天帝は承認されたではないか。まさか、その天帝が自ら天下って来る等、絶対にあり得ないと思っているのです。

         

        私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫は私に対して【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き方。貴方の言葉による教えは天帝の「詔」と同じ意味を持ち、貴方の言葉の教えが聞けぬと言う神達は如何なる神であっても、ことごとく天帝により処罰されます】と言われました。

        その時、私は豊受姫から【言葉の神】と言われてその意味がまるで解りませんでした。また、「天帝」などと呼ばれる神が直接に神々を裁くなど、途方もない話だと聞いていました。また、【言葉の教え】とは何だろうと思っていました。

         

        何故、予告された審判が【最後】とされて来たのか?

         

        天帝が自ら地上世界に降り立ってする審判なので、これが【最後】の審判となるのです。

        そして、その審判で選ばれた者達は永遠の【みろく世】にと向かうのです。

         

        天人界を訪問した人が天人達の噂話として、最後の審判が実施される。その審判は、各自の【良心】神の点数だと聞き及んだと言うように、最後の審判は【各自の良心神の点数】の判断であり、神の愛で全てを赦しますとはならないのです。

         

        最後の審判は神界の神々による多数決ではなく、天帝の判断なのです。その時に多数決が民主主義だと言ってもダメなのです。誰がこの世をここまでひどくしたのかと、「詰問」されるのがおちなのです。

        大本教神諭、「この世に出ている神達の心の持ち方が悪かった」なのです。

         

        そこに、造化三元神の合同の力が必要なのです

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        三つ星ベルト?。三種の神器と創造神の三位一体 その1

        0

          私は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を紐解く前、いろんな霊的映像を見させられて、その霊的映像からこの日本の日本語という【言葉】による仕組みの謎解きをして来ました。それ自体はほぼ終了しています。もう、そうした解読の為の霊界映像がほとんど降りて来なくなって来ているからです。

           

          しかしながら、大本教神諭が予告した【九つ花】だけで、何もかもが紐解けるということはありません。大本教は「世の大立替」の為に予告教団として出たとの指摘もあります。為に他に類を見ない大予言者と言える出口王仁三郎聖師を出したとも言えます。

          その大本教から出された数々の予言の中で、最終的な【鍵】を握る一つに【綾部に天の御三体の神が天下ったならば】がありますが、それが何を意味しているかです。出口王仁三郎聖師が述べられた霊界物語の第22巻では、天の御三体の大神として【天照大御神、日の大神(伊弉諾尊)月の大神(伊弉冉尊)】となっています。

           

          私は伊勢神宮(天照大御神)や多賀大社(伊弉諾・伊弉冉尊)や国生み神話の淡路島の伊弉諾神宮(伊弉諾・伊弉冉尊)を参拝させていただき、大本教霊界物語の天の御三体の大神に【天照大御神、日の大神(伊弉諾尊)月の大神(伊弉冉尊)】としていることにおかしいと気づいたのです。

          その天の御三体の神達であるならば、そこに【綾部に天下ったならば】の言葉を別に必要とはしないからです。現に伊勢神宮や多賀大社や伊弉諾神宮があるではないかとなります。そこから分魂を勧請するという方法もあるわけです。勧請とは、そうした本社本院から分魂を迎え入れることです。

          私自身は多賀大社の伊弉諾尊と称する声から、ある女性を連れて多賀大社に参拝して来なさいと命じられてその女性を連れて参拝したところ、霊能者の方達から伊弉冉尊が本守護神と言われているその女性に伊弉冉尊が出て来られたがありました。その時の光景を巻き戻した別の霊能者の方が、その時の内容の意味をその女性に解説されたがあります。

          そうしたことからも、これは言葉の意味の内容が違っていると思ったしだいです。

           

          大本教が隆盛を極めた当時は、大正天皇や昭和天皇を現人神(あらひとかみ)とした時代です。文章の表現に何か不都合があるならば、悪名高い【特高】に捕まり、獄死さらせれた人が続出していた時代です。特高の拷問で獄死した有名人に小説家の小林多喜二が知られていますが、戦前の日本が暗黒の時代とされる一翼にその「特高」の存在がありました。

          戦前の日本に【言論の自由】ありませんでした。自分達に不都合な言論は全て特高が封じて弾圧したからです。その反省に基づいて戦後の憲法には【言論の自由】が取り入れられたのです。

           

          特高とは【特別高等警察】の略で、国家組織の根本を危うくする行為を除去する警察のことです。当時の大本教はその信徒の中に宮家の方や高級軍人達がいて、海軍の軍艦の中には大本教の神が祀られる等の有様で、出口王仁三郎聖師は皇居前で白馬に跨がり三千もの民兵的な組織の前でこれ見よがしに閲兵するなど、あまりのやり過ぎに国家皇室神道の日本国の根本を覆そうとしている危険思想の邪教集団と見られていたわけです。

          実際に大本教はこの特高警察により、治安維持法を持って神殿群をダイナマイトで爆破され財産没収。出口王仁三郎聖師以下の幹部信徒は囚獄に入れられて幾多の信徒さんが獄死したのです。第二次大戦後に裁判で大本教は無罪となったのです。しかし、大本教は日本が敗戦国になったこともあり、その弾圧被害による国家賠償金は受け取らなかったのです。

           

           

          天下るは、本来ならば【造化三神】と表現すべきところでしょう。が、それでは伊勢神宮の天照大御神を超えてしまうので「特高」に逮捕されるのは目に見えています。日の大神や月の大神とすることで、【厳瑞霊大神】に【厳霊大神】に【瑞霊大神】の働きを意味していることは解るのです。神の質たる「陰陽」と「火水」の働きからです。

           

          私はこの天の御三神の働きを【三つの玉(星)】で表現しました。厳瑞霊大神は【緑色玉】。厳霊大神は【赤色玉】。瑞霊大神は【青色玉】で表現しました。厳霊大神の働きは「火」であり、瑞霊大神の働きは「水」だからです。つまり創造神と言えども、火と水の働きがなければ何も出来なかったなのです。火(か)水(み)たるエネルギーです。

          その赤玉と青玉に付する神名としては、通常の祝詞に書かれる神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)であろうとも、伊弉諾(いざなぎ)伊弉冉(いざなみ)であろうとも、神の働きである「陰陽」と「火(か)水(み)」の意味であることが理解出来ればいいだけのことなのです。

          大本教では厳霊を「大国常立尊」とし、瑞霊を「豊雲野尊」としました。それによって、神の理論だてが非常に解りやすくなったと言えます。その神界での段階が下がった神霊の働きとして、厳霊は「艮(牛虎)金神・国常立尊」として、瑞霊は「坤(羊猿)金神・豊国姫」とする大本教【神芝居】が演じられたわけです。

           

          私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声は、【この私が仕組んだ神の世界の舞台の筋書きの観客は、神々や人民である】と告げられました。世に出ている神達に対して、この(創造)神の仕組みを見せてやる(創造神と一般の神霊の違い)です。こうしたことは大本教神諭にも書かれています。

           

           

           

          今回、私に【三つ星ベルト】という言葉が出て来ました。「三つ星ベルト」?。この日本に「三つ星ベルト」と呼ばれるベルト製造の会社があります。自動車のエンジンのところにある伝動ベルト等で名が知られる会社名です。しかし、その会社とは何の関係もありません。

           

          何が出て来たのかと言いますと、下記の様な霊図が出て来たのです。三つの玉が伝動ベルトで動力が伝わる様です。実在する三つ星ベルトの会社ロゴマークは、三角型の中に星が三つですが、私の場合は丸い玉(星)で駆動方式で出されたのです。

           

           

          造化三神を意味する玉(星)が「ベルト」によって力を伝動する構図。 

           

           

           

           

          しかし、そこに一つの言葉が出ます。三角型なので三つ角で【ミカド】を語るです。

           

          帝(ミカド)は、造化三神の働きを一体化した働き

           

          日本神道では【三種の神器】が語られます。八咫鏡(やたのかがみ)。草薙剣(くさなぎのつるぎ)、別名天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)。八尺瓊勾玉(やさかにただのまがたま)で、この三種を所有することが天皇の証とされています。皇位継承権です。しかし、皇位継承権は現代の学説では9世紀頃に成り立ったものとされています。元々神代時代からあったものではないなのです。

           

          そこに来る謎は、何故にその三種類が皇位継承の徴とされたかです。

           

          霊能力を持たれている方の中には、自分は霊的な「三種の神器」を持っている。だから自分が本当の天皇であると主張されている方達があります。「三種の神器」とは本来は霊界に在る事物で、この世に存在するものではないので、その主張を無碍に間違っているとまでは言えません。しかしながら、自分は霊的な「三種の神器」を持っているから自分が天皇だ!。その主張には正当性も見られないなのです。

          それはどの神社の御祭神でも、【神刀と神鏡と玉飾り】を保有しておられるからです。そのことをもってどの御神霊も、それで自分が「皇神」の証だとは主張されることはありません。そこにあるのは、

           

          神剣と神鏡と飾り玉の三種が何を語っているのかです

           

          日本の神道における「三種の神器」とは、霊的能力が在った人が霊界に在る事物から、レプリカ的な物を創り上げたのではないかと推察が出来ます。9世紀頃に成り立ったものと、日本神道における神話をごちゃまぜにして論じて何の意味があるかです。

          草薙剣は「熱田神宮」に奉納されているとのことですが、仮に何等かの鉄製の剣が存在していても、今では見る影も無いほどボロボロでしょう。下手に触れば崩れるです。それは鉄製だから錆で腐って来るからです。そんな物を保有していても、どれだけ神的な意味があるかです。

           

          私は修業を初めた頃は伏見稲荷大社講に所属していました。その支部は隣市の稲荷神社の社務所に併発されていました。最初の師匠がその神社で宮司を務めていて、伏見稲荷大社講の支部長でもあったからです。

          その支部を併発する神社の社務所での月次祭の時、出座された豊受姫は私がこれまで見たことがない霊的「神鏡」を持って出て来られました。色は【白銀】色のように見えました。その神鏡から霊的な白い光が放射されて行くのです。それは、月次祭に参列している講員さん一人一人に獣の霊が取り憑いていないかを見る鏡だったのです。つまり、講員さんの魂が獣化しているかを見る【獣鏡】です。

           

          考古学で掘り出される神鏡は「獣鏡」とされますが、ああした物でその人に獣霊が取り憑いているかを見ることなどは出来ません。霊界の神鏡を見た者が、レプリカ的に造ったものが今日の考古学で言う神鏡とされていると見るべきでしょう。

          また、神刀にしてもこの世で見る鉱物で造られたものでもないなのです。鉄製ではないのです。だが、霊界にはそうした霊的鉱物があると推察は出来たのです。

           

          特に霊能力がある人でもその魂の霊格に応じてですが、御神霊から霊的な神刀を賜ることは多いのです。

          ある女性(豊受姫の分霊とされている方)は、大きな神社に行くとその神社の御祭神から霊的な神刀を賜るで、賜った神刀の数の多さにどうしたものかと悩んでおられたら、ある霊能者からそれは別の神社の神様に贈り物として差し上げたらいいで、霊的な神刀が神霊界で神々間での贈り物として多用されているがありました。

           

          私は修業時代、どの御神霊からも神刀を賜らない。で、行者をしている方達から貴方は神刀も賜らないで敵と戦うのにどうするのだと言われ、それを豊受姫のお代であった最初の師匠に話したところ、貴方に神刀などは要らない。貴方は神々によって守られている。どうしても必要な時には貴方自身の神(国常立尊)様から直接戴けるでしょう。とあっさり言われてしまいました。

          が、二番目の師匠にその話をしたところ、お前のような正義の塊のような男に神刀を授けるような神はいない。お前はその神が不正義だと思えば、その神刀を授けた神ですらその神刀で切ってしまう。そんな人間に神刀を授けるなど、自分で自分の首を絞めるようなものだと言います。確かに私の性格ならばそれはあり得るなのです。

           

          私は、その二番目の師匠の御祭神で「国常立尊」と称している神霊から神刀を賜りましたが、その剣を持っていると霊達が自分を切ってください切ってくださいと押しかけて来るのです。その数が生半端ではないのです。霊が肉体に懸かって来ると自分が苦しいのです。そこで、その神刀を振り回すことになります。

          霊が神刀で切ってくださいと押しかけて来るのは、何も知らない人からすると変だと思いますが、私が豊受姫の命令で現在地に家を建てる時、それを妨害する方がありました。すると、大国主命様が出て来られてその妨害者を神刀で切ってしまわれたのです。それを最初の師匠に話したところ、その妨害者は間もなく死ぬだろうと言われます。

          ところが、その妨害者は死ぬのではなくて、その性格が一変してしまったのです。今度は逆に協力に変わったのです。その意味は解りました。その妨害者の魂は非常に汚れていたのですが、大国主命様が神刀で切られたのは、その魂の汚れた部分を神刀で【削ぐ】われたのです。為にその性格が一転してしまったのです。

           

          日本神道には【禊ぎ】の言葉があります。この「禊ぎ」は

           

          禊ぎ=【神との契約の示し】で、「身削ぎ・身殺ぎ」

           

          自己の魂の汚れた部位を、身削ぎ身殺ぎすることによって汚れ無き玉にする

           

          霊が神刀で切ってくださいと押しかけて来たのは、この禊ぎに「身殺ぎ・身削ぎ」の意味があるからです。

          しかしながら、いくら汚れた魂でもその魂の汚れた表面を削れば、その魂は小さくなります。魂が人として幾度も幾度もこの世に輪廻転生で出た意味には、自己の魂を磨くと共に自己の魂を大きく成長させる意味合いがあります。

          その魂を削って小さくしてしまうことは、魂そのものは救えますが最終的な手段になってしまいます。

           

          すなわち、外科的な手術ではなくて、何等かの薬によって魂の表面を削ぐではなくて、内部から魂の汚れを取ってしまうのが本筋なのです。

          そこに出て来るのが、人には「良心と呼ばれる神が内在する」であり

           

          人の良心神は、魂の汚れを削ぐ神の「神刀」の働きを持つのです

           

          その神刀は魂の「心棒」であり、蛇霊はその剣(心棒)に巻き付くことによって、その人が自己の良心神に目覚めないようにするのです。

          私が「良心神」と「蛇霊の囁き」とは常に対峙すると言うのはそこにあります。

           

          自己の良心神に気づけない間は、蛇霊の唆しに負けている

           

           

          私が2番目の師匠の御祭神で「国常立尊」と称していた霊から賜った神刀は、霊界の妖刀村正かと思うような剣で、霊を切りたくなるのです。で、私はこの神刀は持たない方がいいと思って捨ててしまいました。すると、今度は霊が自分を切ってくださいと懸からなくなって来ました。そちらの方が肉体の身には遙かに楽なのです。

           

          どの御神霊でも三種の神器とされる【神刀・神鏡・神玉】を持っておられます。西洋で言う羽根を持った天使と称する霊にしても剣を保有しています。仏教で言う仏にしても、不動明王などの明王系や神将でも全て「剣」を所有しておられます。もし、神々でも天使でも「愛」だけを言うのであれば、まずその「剣」は捨てるべきものです。愛の論理とは反するでしょう。

           

          スピリチュアルで言う天使達は「愛」の言葉と裏腹に「剣」を持っている意味は何かです。 別に三種の神器をもって、皇位継承権云々ではないなのです。

           

          天の御三体の神の働きそのものが、三種の神器の型取りとも言えるのです。

           

          次回のブログにと続く

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          何故、大本教の仕組みにラ神論とス神論の二つがあるのか?。霊界の愛国の太陽神。霊国の月神の両目

          0

            私達はこの世に生きていて、ある現実を誰もが知ります。それは、この世には生きた神様。生きた仏様と言いたいような素晴らしい行動の持ち主が居られます。自己犠牲をものともせず、世の為に人の為にと働かれる世根(米)たる人です。

             

            つい先日も山口県周防大島で2歳児が行方不明になり、78歳の国民年金暮らしの方のボランティア活動により助け出されました。もう少し発見が遅れていれば悲劇的なことで終わったかも知れません。この方など、まさに生きた神様、仏様としての活動に等しいと言えます。社会での世根(米)の実践です。この世を去れば菩薩界とも言えます。あるいは高い神上がりです。

             

            どんな立派な聖人でも、この世では完全な善だけでは動けません。この世では善なる者も悪なる者も混じって暮らしますので、悪たる者から受ける感情の影響を排除出来ません。悪たる者との交流においては、どうしても悪に染まる行為も起きて来ます。朱に交われば赤くなるですが、と言って周囲を隔離するなど現実には出来ません。それらの悪行を打ち消す作業が、社会に恩返しの世根(米)として活動するなのです。

            大本教の出口王仁三郎聖師は、【地獄を覗けば、牧師や僧侶で一杯だ!】と残しておられますが、宗教家と言えども【世根(米)】の行いが無い限り、天国門を開かせるとはならないのです。 多くの宗教家が死後に地獄に墜ちている現実があるのです。

             

            私は某スピリチュアル教団の教祖と出会うことが出来ましたが、その信徒達はその教祖をキリスト的に崇めていましたが、そこの信者の皆さんの頭には白の三角頭巾があり。死後はその信徒全員が亡者道に入ると解りました。

            また、その教祖自身は脱税で刑務所に収監されましたが、出所後に言った言葉は自分はイエスと同様に信徒の罪を被って刑務所に入ったと、信徒達に自分をキリスト化させていました。

            その教祖自身が自分が信頼する霊能者に言った内容は、「自分は死後には地獄に墜ちるであろう。その時は自分の信者諸とも地獄に道連れで、地獄で自分の王国を創って自分の信者達の上に君臨する」でした。そこの信徒達は教祖を盲信している為に、その信徒達は助けることは出来ないと見ました。死後に亡者道はやむ無しです。

            その教祖の本質を見破れなかった信徒にも罪はあるのです。上辺の愛の教えで教祖に欺されましたは通用しないのです。スピリチュアルで愛さえ言っていれば、あの人は正しい人だは道を誤ります。

             

            私が「玉置山」に参拝した時、そこに現れた平安期か鎌倉期の法華行者とその信徒と思われる霊約300体を、同行していた方と二人で別けて救う騒動に巻き込まれてしまいました。そうした霊は当時は何も解らずにその行者を信仰したのでしょうが、700年以上も成仏出来ずに居たとなります。

            どうしてこうした教祖に欺されるのかと言った時、そこに人々の霊界に対する【無知】があるからです。そうした一例でも解る様に、【みろくの世】など簡単に出来るものではないのです。

            今、スピリチュアルの世界では過去世でシャーマンであったと見られる霊が肉体を貰って続々と出て来ています。未だ自分が【魔界】に落とされていたことに気づかず、またもや同じ轍を踏もうとしてしておられます。

             

            その反対に、どうしょうもない自己中心主義者で、おまえは人間の屑かと言いたい人達も居ると言う事実にぶつかります。そうした人達の魂を見れば、どす黒く汚れていたり、捻れていたり、腐ったりしています。

            何故に、同じ人間としてこの世に生を受けていながらも、こんなにその生き方が違うのだろうか?。そうした疑問を持つ人もあるでしょう。そんなことすら何一つ考えない人もあるでしょう。たぶん、大多数の方はそうしたポランティア精神の人は素晴らしいと拍手をしても、自分は動かないが大多数なのです。

             

            私はこの世での生きた神様。生きた仏様のような行動の方達は魂の点数が高く、自己の本位の方達の魂の点数は非常に低い事実にぶつかりました。神様、仏様と言っていれば死後に天国などは無いが私の持論です。

            いくら自分には天照大御神や大国主命と名乗る霊や天使長や大天使が降りて来ると豪語されても、貴方自身の魂の点数を見るならば、その低い点数は何ですかとなります。世の為人の為にと自己犠牲を払っている世根(米)の方達よりも遙かに低い点数ではないかです。

             

            なまじ霊が見えると、言葉で仕組まれた「米」の教えを頭からバカにして来る人ばかりです。幾度も言いますが、日本語という言葉であっても言葉で仕組む等は人間術で出来ることでもなければ、世に神霊として出て神社に鎮座されている御神霊にも出来ないことなのです。そうした理解力が何一つ無いで、貴方が見ている神霊とはいったい何の神霊を見ているのですかと言いたくなるのです。

            元は人としてこの世に出た存在でありながら、その姿は光輝く神霊のように見えても、さらに洞察すれば霊界の蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊の姿に【身変える】事実に突き当たるならば、それを一言で言えば仏教で説かれる【転生】ですが、そうした神霊を拝している限り、自分自身が【輪廻転生】から抜けきれないとなります。

            私は霊能者をしている身ではありませんので、何の妖術も使わなければ何の奇跡の現出も出来ません。だが、私の魂が見えるだけの霊能者の方であれば、私の魂の美しさを言われます。魂にさほどの汚れを持っていないと告げられます。

             

            私は何一つ悪をしないのではなくて、悪をすることに喜びを持つ感覚が私にはよく理解出来ないだけなのです。それは悪をしてはいけませんと言う神の教えに従うのではなくて、そこに何の喜びも見いだせないだけなのです。

            自己の魂に汚れが少ないと、悪に走りきれないのです。人が大きく変わるのは、自己の幸せに物質的な喜びを持つのではなくて、世の人々に感謝されることに喜びを得る。そこに尽きるのです。それが天国住人の生き方だからです。

            霊能者で金儲けをして、その指先には高価な宝石をこれみよがしに飾り立てている方がありますが、貴方の死後の行き先は天国界では無く、地獄界とか魔界ですよ。どうしてそれに気づかないのですかなのです。

             

            私達の魂がこの世に人として誕生して来る前、この世から去った後に帰る世界は一般的には【霊界】と呼ばれています。

            その霊界は第一天国、第二天国、第三天国。中有界。第一地獄、第二地獄、第三地獄界に区分けされて言われています。だが、それだけでは説明がつかない面があります。西洋の様な唯一神信仰の元にある方に関してはよく解りませんが、日本では既存の信仰する神霊が【主宰者】となっている霊界が別に存在していることなのです。

            そうした事柄は、有名なスエーデンスウェーデンボルグの霊界日記などを読んでも書かれてはいません。私の場合は「稲荷神界」でこの世に関わる霊界修行を引き受けていただきました。すると、そこにスエーデンスウェーデンボルグの霊界日記では説明が不可能な事柄にいくらでもぶつかって来るのです。

             

            それは、御経の「般若心経」の前文に出て来ます【眷属】と呼ばれる龍神とか白狐とか天狗等の霊です。聖書には龍神とは【霊界で年老いた大蛇霊】とあり、日本の優秀な霊能者であれば「龍神とは、巳さん(蛇霊)が霊界で三千年の修業を積んだ存在」と言われます。大本教の出口王仁三郎聖師は龍神と呼ばれる存在の多くは蛇霊であるが、そうでない龍神があるとしか言われていないので、解らない面があったのです。

            私には感覚としてよく解らないことがあります。蛇霊と落ちて悔い改めるのではなく、霊界で辛い修業を何千年も続けて龍神となって、そこに何の【意義】があるのですかなのです。

            私は霊的な場面ですが、幾度か「龍神」の攻撃を受けて来ました。時には龍神群とチャンバラもありましたので、ヨハネの黙示録にあります「ハルマゲドン」は人類が起こすと思われる核戦争とか第三次世界大戦では無い。【神界における最終戦争】との立場を取っています。

             

            そうした眷属は聖書を経典とする西洋の宗教では意味がまったく解らず。この日本では解ると言う不思議な事実に遭遇します。また、白狐は単なる霊的存在ではなく、【この世の物質を纏って】人の目に現認される事実にも遭遇して来ました。また、人の目に人の姿としても現れることから、狐狸に欺されると言う話も起きたと考えられます。

            私が神霊世界に入る切っ掛けとなった事柄は、私が師事した二人の師匠から、【貴方が出会ったのは人ではなくて、白狐が化けた人と出会った】と告げられましたが、人ではなくて白狐が化けた人と言われても当時は釈然としませんでした。白狐に憑依された人ではなくて、白狐そのものが人の姿で現れたなのです。

            こうした霊が人の姿に顕現して出て来て欺しただけでなく、人を救った話は無数にあります。こうした出来事は聖書一辺倒に陥っていると、また解らない世界となります。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師は、スウェーデンボルグが説いた霊界のことを【愛国】と言っておられます。愛国では天照皇大御神は【霊界の太陽】として現れるです。

            この霊界の太陽とは、私が神霊世界に修業に入った当初、夜で眠ろうとすると瞑っている瞼の中に青空が出て来て、太陽がギラギラと輝く。あまりの光量とその熱で吹き出す汗でシャツ等の下着はズクズク。だが、目を開けるとそこはこの夜の暗闇。で、目を瞑るとまたもや青空に太陽が見えて来て熱で汗が噴き出す。そうしたことの繰り返しで眠れずに夜の暗闇の中で目を開けていたがありました。

            それを当時の最初の師匠に告げると、【貴方は神界の入り口に来られました。神界の入り口に来ると霊界の太陽が出て来ます】と言われます。その後、私は眠る為に、その霊界の太陽を遮る為に霊界の雲をイメージで出して、その雲で霊界の太陽を遮るを覚えました。そして、普段通りに眠れるとなったのです。

             

            天の岩戸の太陽は無かったが、霊界の太陽はあった

             

            その後、こうした現象は何人もの人が体験していることを知りました。スピリチュアルの単に霊的な光を見たではなく、【霊界に現れる太陽】なのです。霊が見せて来る光とは瞬間的な光で持続しない光であり、【霊界の太陽】は熱くて熱くて汗が噴き出て来るなのです。ただ、そうした現象は不動明王が出て来られる時にも火炎で熱くて汗が出るはありますが、規模が遙かに違うとは言えます。

            この霊界の太陽は私が見た限り、スウェーデンボルグが説いている霊界の太陽とは違います。スウェーデンボルグが説いている霊界の太陽は、他の霊界人がその間に入ると太陽が遮られると言っていますので、霊界で頭上高く輝く太陽とは違っているとは解ります。

            スウェーデンボルグの体験記は言うなれば個人専用の太陽話であり、それが霊界の太陽と言えるかどうかとなります。私はスウェーデンボルグの高価な「天界の秘義」全28巻を購入しましたが、結局は書庫の肥やしと化しました。 第二天国界の天使の解釈などほとんど意味をなしていないからです。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師は、天照皇大御神が霊界の太陽として現出される【愛国】では、第一、第二、第三天国界でその太陽の大きさが違い、上の天国世界では太陽の光が強すぎると残しておられます。

            私自身は霊界の太陽で夜の重要性を認識したのですが、出口王仁三郎聖師は神司や天使達が住む世界は天人達が住む【愛国】ではなくて【霊国】と言い、月の素戔嗚尊として現出される世界と説いておられます。気候的には穏やかな世界とされています。

            それよりも重要なことは、神司(日本で言う神々)や天使(西洋での神司)達は本物であれば素戔嗚尊が主宰される【霊国】の住人と言えます。また、出口王仁三郎聖師が言われたことは天照皇大御神も素戔嗚尊も同一神であり、その顕現の出方と言えます。

            これは記紀神話の天照大御神は素戔嗚尊の姉君という内容には当てはまりません。それは記紀神話では、【厳霊(火)】と【瑞霊(水)】の違いを出し切れないからです。

             

            神の本質は、

             

            言葉で示し申す【叩曚肇┘優襯ーの【火水(かみ)】があるからです

             

            特に西洋の宗教、聖書には神の本質が【火水(かみ)たるエネルギー】が見事なほど抜け落ちています。為に、【言葉は神と共にあった。万物は言葉によって成った】。そのものが理解出来ていないがあります。本当に創造神を理解するには、【日本語】がないと出せないのです。

             

            出口王仁三郎聖師が説かれたことは少し解りづらいので、図式します。

             

             

            私は長らく大本教神諭の【誠の人を西と東に立別けて御用がさして在るぞよ】を、大本教開祖の出口なお師と出口王仁三郎聖師のことかと思っていた時期があります。それにしては綾部と亀岡で【西と東】ではあまりにも近すぎると首を捻っていたのです。

            大本教の出口王仁三郎聖師は【素戔嗚尊系神界】の魂であったことは知られています。一方、出口なお大本教開祖の魂は天照大御神の妹とされる「日稚女尊(若姫君)」とされています。大本教出口なお開祖の魂が天照大御神の分魂であれば別に疑問は出ませんでしたが、その妹の「日稚女尊」であれば?となります。

             

            さらに、大本教では三代教主補であった出口日出麿師に【日之出神】の名を持って来ました。この【日之出神】は調べてもよく解りません。伏見稲荷山の長者社付近のお塚には「日の出神」とする稲荷神のお塚が幾つかありますが、これらは単にお塚を奉納した人達がその稲荷神に「日の出」の名を附しただけにしか過ぎません。

            この日の出神とは俗に言う「日の出」の意味を指すだけで、真性「天照大御神」たる存在を告げたのです。おそらく、伊勢神宮に鎮座される神霊と区分けしておかないと、話がややこしくなるからと考えられます。

             

            大本教神諭の誠の人を西と東に立別けたではなくて、言葉で成る「誠」たる魂を東と西に立別けました。【月は東に日は西に】。あるいは【日は東に月は西に】でもいいのです。元々は【日と月】とは一体のものなのです。

             

            そこに【ラ】神論と【ス】神論があるのです

            どちらも、言葉で成り立つのです。

             

            スの神は【―(瑞霊たる横棒)】で、ラの神は【|(厳霊たる縦棒)】で、組み合わせると【十字】型。十字の神記号となるのです。

             

            スピリチュアルで自分に出て来る天使長ミカエルとかガブリエルと称する霊。こうしたことを何一つ語らないでしょう。

             

            これを記紀神話の様に別物の神として捉えたことが、過ちに入ったとも言えます。否、私が旧約聖書の神と称する声から聞いた、【日本神話の神代の話は私が創作させた】にあるのでしょう。記紀神話に囚われると、それでは何時まで経っても【天の岩戸開け】が何を告げるのか解らないとなるのです。

             

            大本教から出た大預言者出口王仁三郎聖師。素戔嗚尊の魂で【ス】神論を世に出して、大本教霊界物語第十三巻で「この大本教に現れた変性女子はにせ者だ。時節を待っていたならば【みのか尾張の国から】誠の女子が現れる。それを自分の事と思うのは曲津神」と残されました。

            以後、【ス】の神の大流行となりましたが、意味することは第十三の「ス」の言霊は水たる横の瑞霊の働きです。そして「みのか尾張の国から」の第「四十一」の言霊は【ラ】で、火たる縦の厳霊の働きで天照大御神。ところが日本神話では太陽神の天照大御神を女神の物語として出してあるから女子と言っただけなのです。肉体を持った人のことではないのです。そこに、自分がみのか尾張の女子だと称する方は、曲津神に支配されているなのです。

            為に、わざわざ別に太陽神たる【日之出神】の演技の役として出口日出麿師の演技があったと言えるのです。そしてそれらの解読のヒントは【龍宮の音秘め】にあったなのです。

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            神の高山は、同じ土俵でないと相撲を取ってはいけない

            0

              日本の神事で国技とされる相撲は、序の口、序二段、三段目、幕下、十両、幕内等の階級があります。その取り組みは基本的にその階級内で行われることから、【階級が違う下の者とは同じ土俵で相撲が取れない】ことから、【同じ土俵で戦わない】と言う言葉が出ました。

              無論、稽古で上位の者が下位の者に胸を貸すは戦いではないのでいいわけです。 特に神霊世界に関わる者は、この【同じ土俵で戦わない】が告げられます。神霊世界は神の高山と言われる【ピラミッド型】を構成をしているからです。

               

              行者間で、この神の高山を【合目】で表現される方達があります。ある著名な行者の判定では、大本教の出口王仁三郎聖師は神の高山たる神界「八合目」の魂であり、大本教の出口なお開祖は「七合目」の魂だったと言われています。伊勢神宮に鎮座されている天照大御神も「八合目」の神だと言われています。

              大本教が【世の大立替】を宣伝しながら失敗したのは、大本教の出口王仁三郎聖師は素戔嗚尊の分魂ではあったが「八合目」神で、伊勢の天照大御神も「八合目」神。同じ土俵で相撲を取ったが、必ずしも勝てないがあったとする説があります。

               

              で、大本教そのものではなく宣伝された【世の大立替】時には、世に出ている神々、今の伊勢神宮に鎮座する御神霊よりも高い九合目とか十合目の神の分魂を持った肉体人が出るという説があります。そこに、自分が創造神ですかとか救世主と名乗る人達も出て来るなのです。

              そうした方達は、自分は伊勢神宮の神からも大国主命様からそうした者だとして遇されたと言われます。そこに「しかし」と言う問題が出て来るのです。本当に大本教の出口王仁三郎聖師の段階を越えられているか?。です。神の高山の合目で判定すれば、四合目、五合目段階で何を言っているのだとなります。

               

              では、霊界ビラミッド(神の高山)が何を語っているかです。この図そのものは、以前にも出していますが、少し新たな説明を加えたいと思います。

              これ自体は大本教教の出口王仁三郎聖師が告げられた神霊の階級の【一八十(イハト)】とは違いますが、それを十段階にしたのと同じ様なものでしょう。 囲碁や将棋の世界で【十段位】は一人しか存在しないように、十段は【唯一神】を意味して来ます。ですから、創造神以外は【九段】位の神が一番上となります。だが、立替時にはその「十段」の神が入れる容器と成る肉体人が出て来る可能性も否定は出来ないわけです。

               

              私の元には、自分がその【該当者】だと認定して欲しいと言うメールが時たま来ます。それにしては、あまりにも「無知」の方が多いが私の印象です。もっと勉強しないとダメですよなのです。霊の世界は騙しがあまりにも多いからです。霊に騙されても騙されても、また騙されに行くなのです。

               

               

               

              では、何故に段位が違う者とは【同じ土俵で戦わない】とされるのかです。それは自分が位置する「合目、合目」で関わる神霊が違って来るからです。自分で合目を上げて行かないと、下級霊の言葉に騙されてしまいます。

               

               

              人の魂は多くの体験や経験を経て、その【思考回路】がより【創造神・天主】に近づいて行きます。創造神に近づくとは、単に霊が見える。霊と会話が出来るではなくて、自己の【意識】の問題に関わるからです。 私達は「みろく菩薩」の仏像を見た時、その弥勒菩薩は【半跏思惟像】で表されているものが大多数だと気づきます。

               

              弥勒菩薩とは、【思考(思惟)】する菩薩

               

              私達の魂は【玉型の思惟】

               

              玉思惟(魂)を磨くとは、そこに【思考回路】も加わって来るのです。【五十六億七千万】のみろくの仕組みは、創造神の【思考】によって成り立っているのであって、ただ闇雲に自分が「みろく」神ですと名乗ることではなかったなのです。

              私達が持っている魂の【思考(思惟)】が【創造神・天主】の思考回路に近づいて行くほど、私達の魂は天帝に近づいているなのです。

               

              神界での自分の「合目」が低いとは、その思考回路の視野が狭く【井の中の蛙大海を知らず】で、その魂の器は小さな物ともなります。そこに片寄った人としての感情による主張が入り、物事に囚われが生じてしまいます。

              実に愚的なことに拘り、それに命を賭けようとします。どうして、こんなことを解ろうとしないのかと言ったところで、聞く耳など無い。【問答無用】となります。神の高山の合目が低いほど【狭量】の心の持ち主となるのです。

               

              行を積んできた優秀な行者筋からすると、単に霊が見える。霊と会話ができるだけのスピリチュアルでは神の高山の【合目】が低く、そこに出て来る霊が名乗る神名や天使名などに簡単に欺されるなのです。その霊の正体を確かめようとしないからです。

              そうした霊が審神(サニワ)されると、蛇霊や狐霊や狸霊等の動物名で表現される低級霊ばかりと言われているわけです。

               

              そこに、単に霊が見えるとか霊と会話するだけで、その霊の本当の正体が見えない者と【同じ土俵で戦うな】があるのです。仮に同じ土俵に乗って「相撲」を取ったところで、自己主張するだけの相手に無駄な労力を使うだけだからです。

              本人は、端から自分には偉い神霊がバックに就いているで、自分に出て来ている神霊が本物かどうかすら調べようとしないからです。

               

              私達の魂は「輪廻転生」を経ながら「神の高山」に登っています

               

              神の高山は「体験・経験」を経て学ぶ高き山

               

              私は日本の神霊の神名は【神名機関説】ではないかと見ています。それは私自身最初の修業を伏見稲荷山で始めさせて貰いました。その時、豊受姫と名乗る御神霊は一柱ではなくて千柱までは行かなかったのですが数百柱以上も居られることが解りました。それらは全て豊受姫であっても、そこに順列が存在したからです。つまり神界の「合目」の問題です。

              ある行者の方の説では、「大国主命」と名乗る霊は1万体以上も居られるもあります。当然にそれだけ同じ神名を名乗る霊があるならば、序列たる「合目」が生じていなければおかしいのです。

               

              同じ豊受姫であっても平社員、主任、係長、課長・部長。重役、社長の様な立場の階級があるということです。御本社と出先の神社の御祭神は同じ神名でもその立位置が違っているなのです。無論、その人が本社に行けばトップ神が出て来られるような方ならば、即座に出先の神社まで出向いて来られることはあるでしょう。

              こうしたことは行者の間では【天使の階級章】とも言われおり、単に自分に天使長ミカエルが降りて来る式ではなくて、その天使と称する霊の霊界での階級を確かめなさいです。やはり、神界の【合目】と言えるでしょう。

               

              しかしながら、どのような神社であろうともその神社に鎮座する本当の神霊ではなく、ニセ者の霊もその神社から出て来ることが知られています。いくらその神社の御神霊が他の霊を入れない【結界】を張られていても、人に懸かっている霊はその結界を破り、その神域に入ることが出来るからです。

              神社等によっては結界が張ってあり、立ち入り禁止の表示があります。では、そこを勝手に入ったら何事か起きるかと言うと、立ち入った人のほとんどは何も起きなかったと言われるでしょう。よほどの霊媒質で霊にコントロールされている人でも無い限り、肉体を持った人には霊的世界の結界はあまり意味をなしません。

               

              ですから、人の肉体に懸かった霊はその神社の神霊の結界を破り、その神社の神霊に成り済まして、その神社から姿を見せることも出来るのです。

               

              実際に伊勢神宮で「そなたがまことのみの尾張の女子だと」告げられて、伊勢神宮の御神示だから間違いがないと大本教に押しかけた男性霊能者の方がありました。 

              私は自己の体験の中で、蛇霊が私の頭の上に載って、2番目の師匠が張った結界を破ってその師匠を攻撃したなどで、人は【霊(ひ)止(と)】の意味であることを理解しています。また、そうした人の肉体に載って結界を破る霊達の存在も見てきました。

               

              伏見稲荷山に参るにも、本殿当たりで霊に載られて、その霊を山の上に運ぶなどもあります。その霊単独では上に行けないことから下で人の肉体に載っかってしまう。やけに肩が重たいと思っていても、山の社に行くと肩が軽くなるなどがあります。その霊からありがとうございますと言われて、霊が自分に載っかっていたと気づくなどもあるわけです。

               

               

              霊界では第一、第二、第三天国。中有界。第一地獄、第二地獄、第三地獄が語られるように、日本の神霊世界も同様に階級世界であり、いくら自分には霊が見える。霊と会話が出来ると言っても、自分の魂の合目の階級に応じた霊が出て来るのであり、別にその神霊界の頂上神が出ているわけでもないのです。

               

              優れた霊能者や行者筋は、大本教の出口王仁三郎聖師は凄い方であった。そうしたことを言われます。つまり、【合目】が理解出来ているのです。だが、こうした方達はスピリチュアルを非常に嫌われます。それはスピリチュアル霊感女子は合目で見ると非常に低い段階の方が多いからです。そこは行を積まれた女性霊能者の行者とは違うなのです。

              ほとんどが三合目とか四合目等の段階で、自分には天使長ミカエルや大天使カブリエルが降りて来る。伊勢の天照大御神や出雲の大国主命様が出て来られる。で、貴方は自分がどの段階(合目)なのか解っておられるのですかとなるのです。こうしたことは合目だけでなく、【天使の階級章】としても語られるわけです。

               

              これらは別の霊能者からその霊が審神(サニワ)をされると、そうした大多数の方に降りているのは本物ではなくて、ニセ者の低級動物霊や人を欺して喜ぶ愉快霊であったりしているわけです。宇宙○○等と言っていたところで、サニワ(審神)されるとその背後に居る霊的存在は、霊界で年老いた大蛇霊(龍神とも呼称される)であったりもするわけです。

              霊能者でも、他の霊能者からあの方は凄いと評価される霊能者でないとその実力は解りません。自分を騙しに来ている霊から、貴方は高いとか凄いとか言われて信じるなど、愚の骨頂です。低い霊の言葉に踊らされてしまうで終わってしまうなのです。

               

              私は2人の師匠について修業を終えた後、どこかに優れた行者さんが居ないかと人伝に評判を聞いた○○修験道の教会に行きました。すると、その評判が高かった教会長さんは亡くなられており、今の教会長さんはその息子さんでした。その教会長さんは私の質問の趣旨を聞くと、【申し訳ございません。当方の教会の御祭神は霊界での地位が未だ低く、あなたの質問に答えるだけの力はありません。】と言われます。逆に、私に【教えていただきたい】と質問されて来たのです。その立場の逆転です。

              私はその○○修験道の教会長さんに、【今の姿勢を保って修業を続けてください。必ず上の世界と関わることが出来る様になります。】と申し上げて、その教会を去りました。それから数年後にその教会長さんの評判は上がっていました。なかなか、当方の御祭神は霊界での地位が低いなど、言える言葉ではありません。

               

              ほとんどの行者は、自分は偉い者だとか高い者だと鼻高々の為に天狗等の段階で終わっているなのです。スピリチュアル系だと、絶対にそんな言葉は出せません。自分に降りて来る霊は高級霊だと頭から信じ切っているからです。

               

              私達の魂は【輪廻転生】を通じて、神界ピラミッドたる神の高山(みのかおわりの国から出る41号線の仕組み)に向かって上がっているなのです。

              大本教で告げられた【世の大立替】とは単なる世の立替論にはあらず、その時点に置いて各自の魂が位置する合目で終わることなのです。その地位で【永久】の新しい世に行くなのです。

               

              ですから、それまでに自分の神界での合目を上げておくが得策なのです。で、大本教神諭は「そんなことならば、どうしてもっと早くから教えないのか」で、長々と宣伝期間が続いているなのです。別に何月何日で今の世が終わる等は確定されたものではないのです。

               

              ただ、この地球を取り巻く環境はこの地球の存続に関わる危険期に近づいていることは、誰しも感じるところなのです。その時に何等かの人類の魂の救済の道は開かれるでしょうが、その時をもって各自の魂の地位が固定される。これまでの様な【輪廻転生】の道は閉ざされてしまうのです。全ての人が【みろく世の到来。万歳】とはならないのです。

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              天の岩戸(一八十のイハト)開け。大悪党の改心は小善の者より勝る

              0

                日本では【天の岩戸】が語られます。そして全国各地に【天の岩戸】と呼ばれる場所が存在します。しかし、そこを訪れた時、誰しもある疑念を抱くでしょう。どうしてここが天の岩戸?。太陽神が隠れたとするにはあまりにも小さなものばかりです。

                そもそも太陽を意味する神がそんな小さな穴に隠れたなど、いくら神話と言えども変だと思うはずです。

                 

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、【日本神話の天の岩戸開けなどの事実はどこにも存在しない。日本神話は私がある意図をもって創作させたのであり、そなたはその意味を紐解け】と言われました。その時は紐解けではなくて、どうして直接に教えて貰えないのかと疑問を感じていました。

                私の神霊界修業のお世話をしていただいた稲荷神の豊受姫も、「日本神話の天の岩戸開けの事実など存在しない」と告げられました。私達日本人は本来は存在しない「天の岩戸」を見ているとなります。

                 

                日本神話には大きな矛盾があることは解っています。例えば、素戔嗚尊は伊弉諾尊が禊ぎ祓いをされた時、伊弉諾尊単独から生まれた存在とされます。母神無しです。なのに黄泉の国に渡った伊弉冉尊を母恋しと追いかけて黄泉の国に行ったなど、どうなっているのかです。こうした矛盾が何一つ整理されていないがあります。

                その点からすると、大本教霊界物語などは筋は通っています。素戔嗚尊は坤金神「豊国姫」の精霊体から誕生したです。その豊国姫は艮金神「国常立尊」の妻神であり、その豊国姫の上位となる神は「豊雲野尊」とします。豊雲野尊は大国常立尊の妻神とされます。艮金神「国常立尊」の妻神は坤金神「豊国姫」となるのは、神界における階層を語っているです。

                 

                私は日本神話には登場して来ない坤金神「豊国姫」の存在に関しては、最初は【懐疑】的でした。日本の神社には見当たりません。本当にそんな神が存在しているのだろうかです。

                 

                素戔嗚尊は地球の地母神たる女神から誕生したで、瑞霊である坤金神「豊国姫」から出た男神なので、男神でも瑞霊の豊国姫から出た神なので【変性女子】とも言えます。それは人としての肉体が男で、その魂は女神ということではないのです。これらは厳霊か瑞霊かで語っているだけなのです。

                私の元にナザレのイエスは【瑞霊】であったとメールを寄越される方が多々あります。私はイエスと思える霊から【スイスの十字架】の映像を見せられたことがあります。その意味を日本語という言葉で紐解くと【瑞霊】であったとなります。

                素戔嗚尊は、その坤金神「豊国姫」を母恋しで「根の国底の国(地球)」に渡ったです。そして、その母神たる豊国姫の遺体を綾部の大本教が聖地とした本宮山に葬ったが大本教の主張です。そうしますと、坤金神「豊国姫」の夫神は艮金神「国常立尊」様なので、素戔嗚尊は「国常立尊」と「豊国姫」の間の子供ともなります。

                 

                一部の霊能者の間に【素戔嗚尊=月夜見尊】説があります。この地球は月から生まれたとする説があります。月が地球の母体です。その月の女神が坤金神「豊国姫」であることからすると、【素戔嗚尊=月夜見尊】も成り立つのです。日本神話の中で月夜見尊に関する記述が非常に少ない謎もそこにあるとなります。

                では、伊勢神宮の天照大御神はどうなのかとなりますと、日本神話では天照大御神は天の岩戸の中に隠れられた女神となっています。伊勢神宮に行かれた霊能者・霊感者も伊勢神宮では女神を見た。それが大勢とは言えます。

                 

                だが、一部の優秀な霊能者は伊勢の天照大御神は【男神】であると言われます。私も男神たる天照大御神に拝謁しています。豊受姫のお代であった私の最初の師匠も伊勢神宮の天照大御神は「男神」であると言っておりました。しかも、今の伊勢神宮の天照大御神は本当の方では無いでした。では、伊勢神宮に鎮座されている御神霊は誰かと言う質問に関しては、豊受姫は堅く口を閉ざされたのです。

                それに関しては、男神と女神の二体の天照大御神説があり、女神として出て来られるのは【若稚姫】か日本の歴史で知られる太陽神を拝んでいた【卑弥呼】霊ではないかの説があるのです。

                それらはあくまで説であり、実際のところははっきりしていませんが、そうした説から【真性天照大御神】は未だ世には出ていないと言う霊能者の方達もあるなのです。

                 

                その【真性天照大御神】に関しては、一部の霊能者の方達は【素戔嗚尊】ではないかとされています。しかしながら、素戔嗚尊は【瑞霊】であり、【厳霊】ではないのです。天照大御神とは【厳霊】である必要があるからです。

                一般的に言われている【天の岩戸開け】とは、その【真性天照大御神】を世に出す意味ではあるのですが、その【イワト】には別の意味も存在するのです。

                日月神示において、【一八十】の数字に岩戸(イワト)の漢字が振られました。それに関しては、【八】に【ワ】は少しきつい感じはしますが、○○は、と言う言葉使いをする時には発音として、「ハ」ではなくて「ワ」音を出していることに気づかないといけません。一(イ)八(ハ)十(ト)で、「イワト」と発音してしまうなのです。

                 

                大本教から正神界「一八十」段。邪神界「一八十」段が出されました。それを見た時、ほとんどの人はそれを基線から上下「一八十」の「三六十」段と見てしまうでしょう。それだと意味が解らなくなるのです。合計の360は「円」だと気づく必要があります。

                 

                 

                 

                神の言葉として、

                【大悪党の改心は小善の者より勝る】

                があります 

                 

                私は単なる【小善】だけでは【天国門】が開かないのを見させられて、何故に「小善」だけでは天国門が開かないのか疑問を持ちました。無論、小善の者は「地獄」に落ちるではありませんが、その行き先は「輪廻転生」を激しく起こす【中有界】でした。

                宗教世界では、「我が宗派の教えを信じれば天国」と説きますが、それでは天国に行けていないという事実です。特定の宗派の教えに片寄ると、その教えの中味ではなくて「教祖個人信仰」等に至ります。偶像化された教祖像を拝んでいればどうにかなるではないなのです。

                その中有界にも天国かと思う様な世界も、地獄かと思う様な世界も存在しました。が、中有界では本当の天国では無いのです。またもや、この世に出されてしまうです。世界の宗教を見た時、仏教では出されている【輪廻転生】が説かれていない事実に突き当たってしまいます。

                 

                一見すると日本の仏教は「輪廻転生」を説いていないように見えますが、例えば曹洞宗の御経である修証義を読むならば、【因縁】と【三時(さんじ)】の教えとして、輪廻転生の【輪廻】に関しては出ているのです。

                しかし、仏教では聖書における人類の原罪【人類に邪を囁く蛇霊】によって、神の園を追われた人類が解らないとなるのです。

                 

                 

                私は人の魂に「良心神の点数」が出ることを知りました。一部の霊能者や超能力者の方も最後の審判は「各自の良心神の点数」で判定がなされると言われていますが、魂の良心神の点数によって最後の審判後の新しい世(みろく世)の地位が決まるです。しかし、そうしたことをいくら知っていても、どなたもそうしたことを積極的に発信はされていません。

                どうせ聞く耳を持たない人の世で、そうしたことを発信続けるのは面倒くさいし疲れるだけです。今の世に出ている御神霊でも、そうしたことを告げられる御神霊は僅かであり、多くの霊感者の前に出て来る神霊とはそのほとんどが人を欺して喜んでいる様な愉快霊とか低級霊動物霊で、そうした発信はしないとなります。

                 

                何故に、創造神は悪霊を罰するではなくて、悪霊の存在を許されて来たのか? 

                 

                そこには神霊界の階級が正神界も邪神界も「一八十」段の仕組みがあったからと言えます。正神界と邪神界は上下ではなく、左右の「バランス」にあったからです。俗に言われる「正神と邪神」が引き合いをしているです。

                例え自分が邪神と化しても、その邪神界の階段を上がって行きますと、邪神界も最高段階では正神界の最高段階と隣り合わせとなるのです。

                 

                多くの人に解らないことがありました。それは日月神示などにある【善も悪も抱きまいらせそうろう】です。 日月神示には【悪霊自身は自身を悪と思うてないぞ】とありますが、邪神界も自分が悪霊だとは思っていません。

                 

                邪神は自分が邪神だと理解が出来ない

                 

                それは、その神霊の魂に「良心」神が備わっていないからです。正神とか邪神の判定は魂の中の「良心神」がしているからです。

                 

                私は日月神示の中味が全て正しいとは言いませんが、その中に、また【まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、悪の大将は光り輝いているのざぞ】とありますが、スピリチュアルで自分に見える存在が「光」輝いていればそれが正神だと言う方達は、まったく解っておられないがあります。光輝く存在にコロリと欺されるです。 

                 

                神霊世界は行者では神の高山たる【合目】で表現されますが、自分が居る神界の合目より上にある神霊は、正神であろうと邪神であろうと自分よりは光輝いて見えるのです。

                それは、上記「一八十」の図で見れば、一目瞭然で解ることなのです。霊が見える。霊と会話が出来るだけで、自分は偉い者だと勘違いしていると、自分の神霊界における「合目」も「階級」も解らずに邪神に欺されるのです。

                 

                私の元には自分が創造神です。救世主です。【みの尾張の女子】ですと言って来られる方は多数あります。しかし、どの方もその論理が破綻しているのが解ります。

                どうしてその程度の論理の中身で、自分が創造神です。救世主です。みの尾張の女子ですと名乗るのか?。非常に低い霊が言う言葉を鵜呑みにして、その人に懸かっている霊の言葉に欺されているなのです。まず、その霊が言う【言葉の中身】を吟味しなさいなのです。それが自己【サニワ(審神)】です。それが出来ていないなのです。

                そんな霊と関わっていると、一歩間違えれば【精神病院】行きになりかねないのです。まだ起きてもいない事柄を予言して実際に当てて来る霊ならばいざ知らず、そんな予言能力を何一つ持たない霊の「戯言」など鵜呑みにするなです。霊が出す嘘の言葉に何時まで付き合っているのかです。

                 

                身勝手な人殺しや強盗やレイプなどの罪を犯した悪党は凶党に分類されて、必ずしも邪神とは言いません。改心無いような凶党の魂は肉体を失えばその魂は破砕されて行きますので、【邪神】として生き残る道すらないのです。

                悪神とは自己の魂に【良心神】を失った状態ですが【愛】は持っています。為にその悪行にも一理があったり、時には「善行」も積んでいるのです。

                正神とか邪神の分類は、各自の良心神に基づいて【正しい行いのプラス点と悪しき行いのマイナス点の差し引き勘定】で分類しているだけなのです。実に単純な論理なのです。

                 

                例えば、ヤクザや暴力団の極道稼業でも初発の頃のチンピラと呼ばれる段階では小善の道を歩いている者との差はほとんど生じていません。だが、中堅どころとなると大悪に嵌まって来ます。

                しかし、悪も道を究める頂点ぐらいになって来ますと、人としてそれなりのものが備わって来るがあります。ヤクザの大親分となって人助けをしたり、地域の発展に貢献したなどもあるわけです。清水港を開発した清水の次郎長などもそうした一人です。ヤクザであっても、大親分ともなれば人柄も備わり、社会に貢献できるだけの素材ともなる方も出ます。

                そこに大悪党の改心は、小善の者よりも勝るとなります。単に小善では「実行力」が備わっていないのです。 

                 

                仮に今の自分が邪神界に居たとしても、悔い改めれば「180度」ひっくり返って正神界の同じ段階になるのです。

                つまり、岩戸(イハト)を開けるとは、180度変わるともなるのです。

                 

                正義だ!。正義だ!。と言っている間は、未だ神の階段を上に進めていません。時には正義の暴走を起こします。悪をする人を見ていて批判するのではなくて、何故にこの人は悪をするのだろう?。そこに深い洞察力が求められるのです。そこには必ず原因があるはずなのです。原因が解れば悪から離れるとなるのです。つまり、

                 

                悪を反面教師として進まないと神の階段など上がれるものではないのです

                 

                スピリチュアルで、何をしても神の愛で赦されます等と言っていると、それでは何の学びにもなっておらず、自己の魂に何等成長がありません。いくら霊が見える。霊と会話出来るであっても、低い霊界とのコンタクトで終わってしまいます。

                 

                今の時だけが幸せであればそれでよいでは、その魂は磨かれない

                 

                私が幾度も説いて来た【刹那心に溺れて】自己の魂を腐らせるです。か、邪神や悪魔に自己の魂を売って、今の瞬間だけの【苦】から逃げるとなるのです。正神はその人のカルマを強制的には取らずに、その人自身にカルマを償わせようとします。しかし、邪神や悪魔は見かけ上だけカルマを取った振りして、自分達の陣営に引き込むなのです。

                ある方のブログに、力の無い神霊は力がある邪神に従わざる得なかったと書かれていましたが、そうしたことが解っている方で無いとスピリチュアルなどと名乗るべきではないのです。

                 

                自己の魂を腐らせたり、ねじ曲げてしまうと天帝とて救えなくなるのです。だが、その魂が天帝に帰順するのであれば、腐った魂でもねじ曲がった魂でも、魂の心棒たる【杭を改め】をしてあげるとなるのです。

                何故に、天の教えとして「悔い改めよ」が出たのか?。各自の魂の心棒たる「杭を改める」からです

                 

                誠とは、言葉で成る仕組み

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず】 なれども、魂の世界には高い低いの階級がある

                0

                  慶應義塾の創始者である「福沢諭吉」翁は有名な名言を残しておられます。よく知られている有名な言葉とは、【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず】ですが、これは「現世」たるこの世における人の立ち位置であって、死後の世界たる霊界に当てはまるではないのです。

                   

                  この内容は福沢諭吉翁の「学問のすすめ」にあり、【天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤きせん上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資とり、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり」。

                  この冒頭の部分は「アメリカ合衆国の独立宣言」を持ってきたものとされています。ただし、その文の後半を読んでいくと福沢諭吉翁は差別主義者であったとの批判も出てきます。「霊界と輪廻転生」の意味を完全に理解しておられなかったことは内容から読み取れます。

                   

                  この学問のすすめは、どこまでもこの世における表面論です。しかしながら、人はこの世に「輪廻転生で幾度も出される」。そこにあるのは【魂の学び】であり、何も学ばなかったならば意味をなさないのです。

                  単に自分には霊が見える。霊と会話が出来るで、霊とは如何様にも化けて出てきます。その霊の言葉だけを鵜呑みにしているでは、霊的世界の学びにも人としての学びにもなっていません。

                  私の元にはそうした霊が見える。霊と会話が出来る方達から種々のメールが来ます。どなたもご本人自体、そうした霊にこれまでどれほど欺されたかと言いながらも、まだそうした霊と手を切れないがあります。また霊の言葉に欺されて行くなのです。

                   

                  お釈迦様は目連尊者以外の弟子には【霊性開発】を禁止されたと言われていますが、霊の言葉に欺されないだけの人でないと安易に霊界に関わってはいけないのです。自分に言葉を囁いてくる霊以上の知識を学んでおかないと簡単に欺されてしまいます。

                   

                  仏教の開祖であるお釈迦様に対して、一部に【お釈迦様も俺達と同様に飯を喰って糞を垂れる。この自分と何等変わらない】と言われる方達があります。確かに、お釈迦様は霞を食べておられたわけではないし、霊の様にこの世の食を必要とする存在ではありませんでした。肉体を養う為にはお釈迦様とて「食」さなければならないし、排泄も必要だったのです。

                  ただ、この世に肉体を持ったならば、如何なる高貴な魂を持った者でも【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず】の中に置かれるのです。

                   

                  私達は日本人は八百万の神達と称しますが、本来の神は唯一柱で在り、他の霊は【神司(かむつかさ)】とか「天使」と称するのが正しいのです。私は子供の頃に旧約聖書の神と称する声から、そなたは「神司」の一員と聞かされました。そうしたことは大本教の出口王仁三郎聖師も創造神以外の霊は「神司」とか「天使」と称すると述べておられます。日本の神々も身分的には「神司」であり「天使」なのです。

                  霊能力がある方が伊勢神宮に参拝されて、天照大御神と名乗られた霊から私に対する伝言を賜ったと連絡をいただきました。その言葉には「私(伊勢大神)は日本国の総氏神である」との言葉がありました。ですから、創造神以外は「神司」とか「天使」であり、人や万物を生み出した存在ではないのです。霊界における魂の地位が高いとか低いの話に過ぎないのです。

                   

                  優れた霊能者達は誰しも【この世は魂の修業場】だと言われます。厳しい言い方で知られる著名な行者の方は、【この世は出来損ないの魂の集まり場で、地球は魂の刑務所】だと言われていました。それも、一つの見方なのです。大本教の出口王仁三郎聖師は、【この世は天人の苗床】だと言われてます。言い方が綺麗なのです。

                   

                  私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【この世は魂にとっては修学旅行に出向いたような時間の世界であり、その修学旅行の場所で自分は何を学んだかが重要なことである。何も学ばずしてあの世に帰って来るのであれば、それは何をしに修学旅行に言ったのかとなる】と告げられました。

                   

                  この世は魂の学びの場で、学びの場において魂が高いも低いもない

                  そこに、【天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず 】

                   

                  しかし、この世での肉体の勤めを終えた後、帰る霊界は「プラス(+)マイナス(−)ゼロ」であれば、この世に出る前に居た元の霊的世界となりますが、道を誤れば前に居た霊的世界よりも下の世界に落とされるし、よき学びがあれば前に居た霊的世界よりも高い世界にと進みます。言うなれば魂の世界はその「修学」度において、入る霊界のクラス(暮らす世界)が違うということなのです。

                   

                  霊学の分野で一般的に言われていることは、天国には第一、第二、第三界があり。地獄も第一、第二、第三界があり。他に輪廻転生を頻繁に起こす【中有界】が言われています。天国でも第一天国界に入ると簡単にはこの世には出て来ませんが、第三天国界だと天国生活も短く、この世に出て来るとなります。

                   

                  日本の神社に鎮座されている御神霊達は比較的若い霊達であることが解って来ています。これはお釈迦様やイエスの様な高い霊界から降りた存在とは言い切れないなのです。

                  霊界では同じ想念たるクラスの者だけで「暮らす」ので、学びの質が薄く、霊界で自分だけが飛び抜けて出ることが困難なのです。しかし、この世では学びによっては一気に霊界での地位を上げることが可能なのです。

                  例えば、この世に出て来る前の霊界が【地獄界】からであったとしても、この世の生き方で一気に【第一天国界】も起きうるなのです。大変なチャンスがあるこの世に出て来て、何をグチャグチャ言っているのだとなるのです。それを愚者と言います。

                   

                  私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【私はそなたを一番最下位の位置(一)からスタートさせる】と告げられました。相撲の世界では学生相撲を体験していれば、通常の序の口からスタートではなく幕下からとなります。警察職だと上級国家公務員試験採用であれば巡査からではなく警部補からスタートします。そうではなくて、神霊界の一番最下位の位置からのスタートを命じられたのです。

                   

                  それが、旧約聖書の神と称する声が私に言った。【そなたを社会の底辺に置く。そなたはその社会の底辺をウジ虫の如く這ってでも生きよ】でした。私はその「這って」の言葉が気になっていました。這うとは【言葉の道】です。そして、私は【言葉の道】を行ったのです。

                   

                  人の肉体は平等世界に生きますが、魂そのものは霊界からこの世に出る時の立ち位置からスタートしているのです。為に、人はスタートラインは一緒だと言われているのに、実際には恵まれた環境の下に生まれ出る人達もあれば、厳しい環境の下で生まれ出る人達もあります。お釈迦様はインドにおける王族からのスタートでした。そこに人の出生の環境は平等では無いが生じます。

                  この世での良いスタートラインを得るは【前世からの徳分(良いカルマ)を持つ】であり、悪しきカルマを保持していると良いスタートラインには立てないがあるのです。但し、行者の世界では魂の位が高い人ほど学びの為に厳しい環境の下に出るとされていますが、自らがそうした厳しい環境を選んでいるともなるのです。

                  私の場合はその立ち位置を一からのスタートして、魂の階段を自己努力で上げさせるだったのです。ですから、早くして父親を亡くしで貧乏だったので高い学歴は持ちません。別に学歴で人の魂の価値(勝ち)は決まるではないのです。 

                   

                  福沢諭吉翁の言葉に、【学べば貴・富・賢になる。学ばなければ賎(せん)・貧・鈍になる】と【賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによって出来るものなり】がありますが、霊的世界に関わっていると、なまじ霊が見える。霊と会話が出来ると、その霊が見せる光景と言葉に何の疑いも持たない愚者に成る人が多いと見受けられます。

                  私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、私に何もかも教えるのではなくて、小学生の時に図書館と言う場に私を置かせて、そこで大量の知識を吸収させるでした。特に日本昔話や民話には私の教えが入れてあるでした。どれだけ日本昔話や民話から人として生きる道を学んだかです。

                  スマホのゲームに夢中の子供と日本昔話や民話を学んだ子とでは、魂的に大きな差が生じるのです。今の世は魂を成長させる世ではなくて、魂を堕落させる道になってしまったのです。

                   

                  神霊のサニワ(審神)に臨む時、その神霊のお言葉ごもっともではなくて、その神霊の言葉の内容の矛盾を突く為には知識が要求されるからです。そんな知識は大学では教えてくれません。 スマホのゲームも教えてくれないのです。

                   

                  中有界は輪廻転生を頻繁に起こすとされていますが、この世に出るのが早い霊だと即座に生まれかわった霊も報告されています。霊能者下ヨシ子さんは実力霊能者として世に知られておりますが、某人気タレントさんの前世に関して、第2次世界大戦のヨーロッパにおいて空軍パイロットで戦死していると言われていました。すると、この人気タレントさんは30年弱でこの世に戻されているとなります。しかも西洋から日本です。

                  死者は墓に居るとは限らないとされるのは、輪廻転生において早い転生の方は墓などに居ないなのです。また、天国界に行っても、もう現世の者と関わることは禁じられています。この世に出て来る魂の目標は、より高い【天国界】に行くにあるからです。

                   

                  スピリチュアル標榜者で前世を言われる方の前世話にはどうかなという疑問が湧くがあります。霊能者下ヨシ子さんほどの実力派であれば、そんなに外されることもないでしょう。しかし、前世などはよほどの実力派霊能者でなければ信じるには足りないがあります。その人に憑依している霊をその人の前世と間違えるが起きるからです。

                  私の前世を【日蓮聖人】と間違われた霊能者の方達がありましたが、一時期、私を指導して下さっていた日蓮聖人が私の背後に見えることから私の前世との勘違いです。その人に憑依している霊と前世の勘違いが起きるなのです。

                   

                  霊界の階層としては日本でも西洋でも第一、第二、第三天国界に中有界。第一、第二、第三地獄界が言われているのですが、大本教の出口王仁三郎聖師は第一天国界の上に更なる天国界の存在を説かれました。これが、私が師事した豊受姫が告げられた、【この豊受姫をもってしても見通せない神界】と告げられた世界で、天帝と呼ばれる神の在所と思われるわけです。

                   

                  日本では【天の岩戸】開けが言われます。この【岩戸】とは日月神示で【一(イ)八(ハ)十(ト)】と示されましたが、大本教の出口王仁三郎聖師は正神界一八十段。邪神界一八十段と示されたように、人の死後の魂はそのどこかの【一八十(イハト)】の段階に固定されます。

                  その「一八十」のどこかの段階に魂の位置が固定されることそのものも「岩戸(イハト)開け」ともなるのです。

                  天が創り上げた言葉の仕組みは、一つの言葉でも多岐に意味を持たせてあるのです。それが大本教神諭の【一を聞いて十を知る者でないといけない】です。ですから、一度ひら仮名文字に戻して、それに当てはまる【漢字】を振るなのです。その型が大本教から示されたのです。出口なお開祖はひら仮名で出口王仁三郎聖師が漢字を振るです。

                  ただ、通常はこの【一八十】の段階が言われずに、神の高山たる【合目】の【十段階】で言われることが多かったわけです。

                   

                  天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

                   

                  それは魂の修業場であるこの世では人は皆【平等】であり、他人を自分の流儀で【差別】してはいけないのです。しかし、魂本来の世界である霊界に帰ればそこには【区別】があるなのです。

                  お釈迦様やイエスは私達と同様に人(霊止)としてこの世に在りましたが、霊界に帰れば霊界で目通りが出来るとは限りません。それぐらい霊界では高い位置にあった魂なのです。

                   

                  天の仕組みとして、お釈迦様は自分は二度とこの世には降りて来ないで、お釈迦様の悟りの教えは【みろく】菩薩が引き継ぐ仕組みとされていたのです。そこに、自分が「みろく」ですと名乗る人の続出もあるわけです。しかし、自分の前世が【釈尊】はあり得ないなのです。

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  神国日本の皇の菊の紋章とは太陽神の徴で、【三六九】による仕組み

                  0

                    私は神霊界修業として最初は伏見稲荷講に所属したこともあり、未だ大本教に特別の関心も持たない当時、一つの夢を見ていました。

                    それは平成に入って、大本教では天の御三体の神様を祭る場所として建造された平成大神殿群が建つ土地に並んで農林省の広い施設があり、昔は【米と蚕】を研究していた試験場と呼ばれる建物と土地があります。今はその名称を変えていますが、地元では昔ながらに上野の【試験場】と呼んでいました。

                     

                    私の夢に、その試験場の東北の角地の場所に五:六:七の割合の大きな白色の立方体の建物が建っています。それは「みろく講堂」と出て来ます。その土地の西北には、五段の円柱たる石塔が建っています。その塔は「太陽」神を意味する塔でした。

                    石塔の一番下の円柱には、その周囲に「三十二ヶの半円」の様な物で囲まれているのが見られます。その上の円柱には同様に周囲に「二十四ヶの半円」があります。その上の円柱の周囲には「十六ヶの半円」があります。更にその上の円柱の周囲には「八ヶの半円」があり、一番上部の円柱だけには何もありません。つまり、中心が【芯】となる円柱です。

                     

                    夢の中の私はその五段の円柱を見ていて、何故にこれが「太陽神」を意味する構造物だと首を傾げているのですが、円柱を囲む半円の存在は光の放射の意味であり、それを花に例えると【菊】の花を象徴していることに気づきました。

                    すなわち真ん中からすると「八弁の菊」「十六弁の菊」「二十四弁の菊」「三十二弁の菊」。つまり、日本の皇室を指して言う太陽神たる天照大御神の【菊の紋章】とは、光の放射状を形どったものであるです。

                     

                    ただ、当時は五:六:七の割合の立方体が「白色のみろくの講堂」と出たことに、五六七の意味合いは「白の立方体」を指しているで、五×六×七=二百十。この二百十とは【米の実り】の日であるとしか理解は出来ませんでした。何故に【米の実りと五六七】とが関係するのか?当時はまるで解りませんでした。

                    その夢の中に出て来たのは、大本教が天の御三体の神様を迎える場所として建造した場所とはズレているでした。昔の綾部は西日本最大の【蚕都】と呼ばれていました。そこで農林省の「蚕の試験場」たる施設もあったのです。

                     

                    日本神道で【高天ヶ原】とは【米と蚕】を意味する場所とされますが、蚕は天の虫で【綾を織る】。言葉の綾で【米】を実らせる。それらは体験の【験】にて【言葉の式(試)】とする試験。その当時は、そんなことだとは露ほど思ってもいなかったわけです。

                     

                    大本教神諭に【九つ花】は綾部で咲く花とありますが、綾部に【米と蚕の試験場】があった

                     

                     

                    私の最初の師匠は豊受姫のお代で娘時代は大本教の少年少女隊に所属して、大本教の出口王仁三郎聖師を直に見た時代の人ですが、やはりその農林省の場所が重大な聖地であるとは語っていました。しかし、その土地を買収して宗教施設にするなどは、とんでもない費用が掛かり膨大な信徒を持った大宗教でない限り現実には出来ない話です。

                    私の最初の師匠は、私が綾部で全盛期の大本教以上の教団を創り上げて、その地に神殿を建てると思っていましたが、私に下されている命令にはそれはないのです。私が受けた命令は、この日本に満ちあふれている「言葉」の仕組みの解読です。

                     

                    現状では天の御三体の神様を迎える場所が例え違っていたとしても、別にさほど問題は無いと思われます。何故ならば、私の夢に出たその農林省の施設がある場所の神殿への入り口として南大龍門と北大龍門があったのですが、その北と南の龍門が現在の北と南とでは逆転しており、今の世の時代を示した霊的映像では無いと言えたからです。みろく世が到来してからの話と見ました。

                    各種の予言で【どんでん返し】とか、地球の【N極とS極】の反転が言われています。そうなれば、北と南が入れ替わる事態にはなります。どちらにしても、その時は今の世ではないでしょう。

                     

                    私は旧約聖書の神と称する声から、この地球と同型の新地球に人類は次元上昇して移るというとんでもない【神の大望】を聞かされた一人であって、そうした新しい地球の存在を言う方達は私の様に「国常立尊」様に関わっている人達で、そうしたことを聞かされていたり、外国でもそうしたことを言われる方達もそれなりにあります。

                    旧約聖書の神が国常立尊であったとしても、その存在を【悪神】と言われる方達は西洋にも日本にもあります。誰しも今の自分が置かれた現状が良ければそれを変えたくないでしがみつく、今の自分が置かれた現状が悪ければそれを変えたいという想いは起きるからです。

                     

                    悪神というのは善悪からだけではなく、自分の置かれた現状を【保守】するか、【革新】するか、そこにもあるからです。

                     

                    気をつけておかなければならないのは【弥勒】の漢字 

                     

                    いよいよ始まる【改革の力】を意味しているからです

                     

                    そうした事が本当に起きるのか起きないのかは、起きてみなければ解らないであって、神霊界のどなたかがそうした【神の大望】を抱いておられるなのです。それは当然にヨハネの黙示録に昔から書かれていることであり、【旧約聖書】の神と言う存在にはなるわけです。それを日本では【ウシトラ金神国常立尊】とお呼びしているです。

                    日本では、西洋の宗教が説く【唯一神】の存在は消されています。皇室神道たる日本神道により退かされている状態ではあるのです。では、日本の皇室神道で世界に行けるのかとなったら、それは無理なのです。そこに大本教以後の新日本神道系の教団では、本当の【真性天照大御神はまだ天の岩戸の中】に隠れておられるなのです。

                     

                    初めに言葉は神と共あった、その言葉の仕組みとは、とてつもなく大きなもの

                     

                    私が大本教神諭予告「九つ花」を紐解いたのは、やはり夢の中の光景に【天の頂に白十字路】があり、その角地に【五重の塔】があり。対たる角地には【ひょうたん池】があったのです。その二つを見ていて、五重の塔を上から見たとする作図をすれば「将棋盤」。ひょうたんからは【駒】が出る。駒を走らせるのは「九と九」の将棋盤。駒は言葉の句たる【言霊】のことだと気づいて、大本教神諭予告の【九つ花】が紐解けたと言えます。

                    私が子供の頃に臨んだ旧約聖書の神と称する声の、【そなた一人だけには、この神の仕組みを見せる】の一環だったのでしょう。

                    私はスピリチュアルに見られる霊が出て来て、その霊が語った内容を言っているのではないのです。私に出て来た【霊的映像】を見て、そこから「言葉」の意味を紐解いているのです。つまり、子供の時に言われた、【そなた一人だけには、この神の仕組みを見せる】からです。

                     

                    大本教神諭に予告された【九つ花】は、大本教では【九曜紋】の事だと思い込んでしまった節があります。ところが、大本教に在籍していた当時は出口なお開祖派で反出口王仁三郎聖師派とされ、後に「神道天行居」を開いた【友清九吾(ともきよ きゅうご)】師。後に「友清 歓真(ともきよ よしさね)」と称されますが、その【九吾】師にとある神が大本教神諭が予告した【九つ花】とは、「九の数理盤」のことであることを教えた神があったとされます。

                    そこから起きたのが、真ん中の「41」は【天之御中主】様のことである。あるいは本当の【真性天照大御神】様のことである等は既に世に発表されているのです。だが、【九つ花】の事の重大性には誰も気づけなかったなのでしょう。それは【誠の者】ではなかったからです。

                     

                    【本名が九吾だから、九つ花の仕組みを教えた神がある】

                     

                    友清師に何が抜けていたかと言えば。「五×六×七=二百十」の【米の実り】の意味が抜けていたなのです。私がいくら朝鮮に残されていた救世の為に【米】一字の型の教えが出るとされる予言の中味を説いても、理解出来ないのは「米の実り」の意味が出来ていないということなのです。宇宙の【立法】の意味が解らないなのです。

                    その点、私は伏見稲荷大社講に所属していたので、「米一字」ではなくて、その前の「稲成り」の元には居たのです。

                     

                    稲が実れば【米】たる者は殻(肉体)を脱いで、脱穀(脱国)しなければならない

                     

                     

                    大本教の出口王仁三郎聖師は日本人は「米」が主食で「バン」は副食。西洋人は「バン」が主食と説いておられますが、みろくの教えは「米」と実った稲の刈り入れで、旧約聖書はパンとなる「小麦」の刈り入れとなっているのです。

                     

                    大本教神諭に、【野だったのか地だったのかを忘れましたが、落ちた米粒は一つだに拾い救い上げる】がありますが、

                     

                    「米(世根)」たる者を救うは、天からのお約束ごとなのです 

                     

                    天照皇大御神の代理者としての日本の皇室は【十六弁菊】を紋章としましたが、一部の方達はその「菊」は太陽神の光の放射を意味したものだと気づいてはおられたようですが、その上には「二十四弁菊」や「三十二弁菊」もあるということです。

                    私達日本人も一番気づいていなかったことは、聖書にある【初めに言葉は神と共に在った】が日本語による「三六九」の仕組みであったことなのです。

                     

                    私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【日本神話は意図をもって私が作為させたものであり、その様な事実があったのでは無い。そなたは日本神話に私が如何なる意味を秘め作為させたか、意味を読み取りなさい】でした。

                    また、私が師事した豊受姫からも、「日本神話の内容は事実では無い」と承りました。大本教神諭にある三千年前から日本の言葉で仕組まれているなのです。

                     

                     

                     

                    私の夢に真ん中が無い丸形のパンが出て来て。イエスの教えは美味なる【パン】の教えなれども、そのパンは真ん中が抜けている「ドーナツ」型のパンの教えと出て来て、イエスは【真ん中】の教えが説けなかったに、?と考えていました。

                    また、私は夢の中にコブラ蛇が上に駆け上がり。ヴェーダ典に残される【人の中に眠るコブラ蛇が目覚めて走り上がる時、人は「真理」に目覚める】を体験して、【真理】を目指す道にと走りました。

                    その時、お釈迦様は「真理」を悟られたが、イエスは「真理」を悟らなかったと出て来て、お釈迦様とイエスの教えの違いは何だろう?。そこに「真理」が隠されていると追求に入ったと言えます。

                     

                    しかしながら、お釈迦様の菩提樹の下の悟りは【慈悲】とされていて、それではナザレのイエスの教えと何等変わりはありません。私が旧約聖書の神と称する声から告げられたことは、【そなたはナザレのイエスの愛の教えを何一つ恐れずに乗り越えて行け】でした。愛を越えた教えでないといけないのです。

                    その当時は、イエスの教えは【真ん中が無い丸形のパン】。それが何を語るのか?。もう一つ理解不足だったとは言えます。

                    だが、【九つ花】を円形にすることで、イエスの教えは【真ん中が無いドーナツ形のパン】と出た意味が、今になってようやく解ったなのです。イエスは太陽神が座る場所に座ってしまったからです。

                     

                    スピリチュアルの霊が自分に告げたなどは「田安い(容易い)教えでして、米として実れるような教えではないのです」。そうした霊達では大本教神諭予告【九つ花】を紐解けるような段階の霊達ではないからです。こうして私が紐解いて世に見せたとしても、それですら理解が出来ない段階なのです。

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    創造神は何故に言葉で仕組んだのか? 神の「九十九織り」と日月神示の99%は邪神

                    0

                      日月神示に99%(九十九)迄は邪神とあるようですが、そこから残る「一厘の秘密」が言われています。一厘だけが正しい神です。この九分九厘は大本教神諭にも盛んに出てきます。邪神でも九分九厘迄は行けるです。しかし、最後の一厘には行けないです。つまり正しい神達には存在していても、邪神には存在していない物となります。

                      その解釈にいろんな意見があり、百引く一だから「白」だと言う方もありました。それに王の字を加えると【皇】の字になるなどと解釈は様々です。しかし、それでどうしてそれが秘密なのとなります。

                       

                      大本教霊界物語には「一厘の仕組み」が説かれています。霊界物語における一厘の仕組みとは、国常立尊がシナイ山にその時の為に隠し埋められた神宝で、それを使用されることが一厘の仕組みとありますが、それをあまり論じても意味がありません。そもそもそのシナイ山そのものがどの山かという論議すらあるからです。

                      霊的なものは隠し埋められていたとしても、それを掘り当てるなど至難と言えます。

                       

                      大本教神諭は【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を予告しました。但し、これは【誠の者】でないとそのお世話が出来ぬです。誠は「言成る」です。当然に「言霊」のことだと告げられているわけです。

                       

                      しかしながら、この日本で【言霊】と言った時、幾度も言いますがそれが解る霊能者の方など若干名なのです。ほとんどは、自分には霊が見える。霊と会話が出来る。自分に高い神や天使と称する霊が下りて来るから自分は特別な者だ。で、終わっているのです。 大本教神諭は「一厘」ではなくて【一輪の火水(言霊)の経綸(しくみ)】としたことに意味があるのです。

                      一輪ならば「九分九厘」の残りの一厘とは当然に意味が違い、誰もそこに「一厘」が秘められているとは考えないからです。しかし、ひら仮名にすれば一厘も一輪も「いちりん」は一緒なのです。引っかけと言えます。

                      大本教で神旗とした【九曜紋】を「九つ花」と解釈すると答えが出ないようになっているのです。単に九つ花に一輪だけ咲く言霊で終わります。誰がそこから紐解けるのだとなります。そこに【唯一】の意味が秘められるのです。

                       

                      大本教の出口王仁三郎聖師は【神の九十九(つづら)織り。織られた物を見ないと意味が解らない】と告げておられます。

                       

                      そこに出て来るのは、「九十(と)九織り」なのです。九×(と)九

                       

                      九と九。縦に九つ。横に九つ。それを縦にも横にも斜めにも総和を【三六九】と織ることによって大本教が世に出した「みろく」神の言葉の意味を出し、その「九十九織り」の真ん中に【みのか尾張の国から出る】国道41号線に載せまして「一輪の言霊」が出て来ます。

                       

                      それを大本教が出した「いろは」ではなくて、日月神示の「ひふみ」の並びの41番目の言霊を持って来ると【ス神】論となりますが、それでは九つ花は無理なのです。で、アイウエオでもアオウエイでも41番目は【ラ神】論となるのです。その「ラ」の元の漢字は「良」。お釈迦様の本当の悟りであった【人には良心と呼ばれる神が内在する】となります。

                      しかも、この九つ花の仕組みはお釈迦様の本当の悟りを告げる弥勒菩薩の【五十六億七千万】の数字の意味すら紐解かせることが可能となっているのです。大本教ではそれを簡単に【五六七】としたので、少し意味が解りづらいはあったのです。

                      正しくは【5670000000】と「0」を七つ付ける必要があるのです。今日まで七度、霊(0)界が立ち。次は無限(∞)を意味する八度目の【ダルマの七転び八起】となるからです。ただ、それは大本教神旗の九曜紋ではなくて【九つ花】を見ないと出せないのです。

                       

                      つまり、出口王仁三郎聖師が告げられた【九十九(つづら)織り】を見ないと意味が解らないなのです。

                      さらに、それを理解するには【龍宮の音秘め】の理解が要ります。

                       

                      巷には自分が「みろく」神です。「イエスキリストの再来です」。「お釈迦様の再来です」。「創造神です」。そうしたことを名乗る人が目白押しにおられます。そんな人の数など百人どころではありません。

                      最近も、自分がみろく神です。ゼウスの神を倒しました。そうした文面を幾つも寄せて来られた方があります。本人は本気なのでしょうが、こうした方は何を言っても自分の意見を曲げられません。なまじ霊が見えたり、霊と会話する霊力が備わっていると、霊界からの思い込みをさせる【罠】に見事に嵌まってしまうのです。

                       

                      霊的世界を見る能力と精神病は紙一重とされます。最初は霊的な事柄が見えていたとしても、やがて妄想に支配されて精神科のお世話になる。私は、そうして命を絶たれた若い救世主を自称する者の悲しい結末も見てきました。非常に危険なものとして「ヘミシンク」が言われています。その人の脳(精神)を破壊して【妄想】の世界を体験させるがあります。同様に覚醒剤等も使用すると妄想の世界に入りますが、そうした妄想で見る世界と本来の霊的世界とは違っているのです。道理をわきまえていないと霊に食い物にされる危険性がある世界なのです。

                       

                      国常立尊(ウシトラ金神)の御引退後の地上神界の主宰神はゼウス(ジュピターたる木星神)で、中国での名は盤古大神(木星神)とされます。私は鍾馗神のご案内の元にその盤古大神に拝謁しましたが、それは数千体に及ぶ将軍霊と、その将軍霊の部下達たる数万体霊にも及ぶ中での出来事でした。

                      自分はそのゼウス神と一対一で戦って倒した。で、自分がそのゼウス神に代わって最高神となった。私から言うと、仮にも本当のゼウス神であるならば、それにはとんでもない数の部下霊達が従っているはずなのです。その防衛陣を突破して一対一の闘いなどあり得ないわけです。 だが、この手の方はそうしたことをいくら言ってあげても、自分が見た霊物から脱却出来ないが起きるのです。

                      よくよく考えれば、自分が一対一で地上神界の最高神と戦って勝利した。それは単なる妄想か霊界が見せる【罠】のどちらかに気づかなかったなのです。

                       

                      私はこのブログ上で何度も書きましたが、自称みろく神。創造神と称する人達にはそれなりの霊力を持った方達が多いのです。現実界に及ぼす力も多少はあったりします。為に、その方がみろく様とか創造神だと信じる信徒もそれなりに出ます。あの方は、超大型大地震を事前に食い止められたなどです。多少なりとも人にそうした存在だと思わせるだけの奇跡力は持っておられるからです。

                      ただ、ほとんどの方は自分がみろく神とか創造神だと称するにはあまりにも背後に居る霊の数が少なく、数十体から数百体程度なのです。それらの霊がその役割を変えて、俺々詐欺の様な劇場型を演じているなのです。

                       

                      その方の背後に何万体とか何十万体とかの霊が従っているならば、かなりの霊力がある方となりますが、そうした背後霊団が存在しないと霊界では戦えません。その方にそうした巨大な背後霊団が存在しないとなれば泡沫と言えます。 

                      それは一種のオーラとも言えますが、霊能者としての霊力が強く出ているです。本当に霊力がある方は、出会った時点やその姿を見かけた時点で解るものなのです。単に本人の自称の名乗りで動かされるものではないのです。 

                       

                      平安時代の武将ならば、武将同士の一対一の戦闘はあったでしょうが、戦とは大軍と大軍がぶつかり合うです。敵の大将の首を落とすには、その防衛陣を突破しなければなりません。単騎で向かってその防衛陣を突破出来るではありません。

                      今の神霊世界は数は力なりで、霊的に言えば重戦車やミサイルの働きを兼ねた様な龍群と龍群とをぶつけるとなりますので、その人の背後に従う龍神の数が桁外れに存在して来なければならないのです。部下無し将軍では戦えないのです。

                       

                      ある自称大天使は、自分は宇宙から二千億体の龍神を動員出来ると豪語されていましたが、その人の背後には数体の黒龍神がいることは認められました。しかし、宇宙から二千億体もの龍神を動員出来るかとなると疑問は生じます。この地球上に居る人間の数など100億人にも満たないからです。

                      一部の方の説では、国常立尊は最終場面で宇宙から「九億九千万体」の龍神を従えると言われていますが、いずれにしても龍神と呼ばれる様な強力な力の動員力が鍵を握るなのです。

                      聖書には【ハルマゲドン(殺戮の丘)】が出て来ますが、それは人と人との闘いではなくて、【神界最終戦争】が私の見立てです。神界の神々の最終戦闘において神々の血の雨が降るです。空には無数のUFOも飛び交うでしょう。

                       

                      ある霊能者の方の元には数千体にも及ぶ騎士団の霊が集結していて、既に蛇霊の掃討作戦が行われているとの連絡もありますが、神と神が一対一で我こそは何々であると名乗りを上げて戦うなど漫画の世界の見過ぎと言えます。

                       

                       

                      九分九厘邪神とは自称者100人の内、自分一人が本物だ!。ではないのです。各自の魂の内部の【核】であり、天帝の分魂(直霊)であり、自分の良心として働く神の力。

                      それが国常立尊の言霊による【九十九織り】の仕組みで、出口王仁三郎聖師が告げられた織られた物(九つ花)を見るまでは意味が解らないで、自分が「みろく」神ですと名乗るような話ではないのです。

                       

                      そこにあるのは一厘の秘密ではなく、【一輪の言霊の経綸(しくみ)】なのです 

                       

                       

                      大本教神諭。大正7年旧正月12日記。

                      【一輪の火水(言霊)の経綸(しくみ)がいたして在りて、綾部は三千年余りて昔からの神の経綸の致してある結構なところ】

                       

                      大本教神諭。明治31年旧11月5日記。

                      【九つ花は誠から咲かせる花であるから、三千年の経綸を致した。誠の本であるから誠の人の世話でないと、このお世話は出来んぞよ】

                       

                      大本教神諭の三千年とは、日本語の仕組みにはそれだけの時間は掛かります。日本では皇紀を叫ぶ人達がありますが、平成30年は「皇紀二六七八年」で、それ以前からと言うことになります。しかもその仕組みには、お釈迦様もイエスもモーゼも仕組みの中に入っていたということなのです。

                       

                      何故にウシトラ金神国常立尊は神力の発動ではなくて、言葉で仕組まれたのか?

                       

                      それは、巷に自分が「創造神」だとか「みろく」神と称する者達が大量に出て来ることなど最初から解っておられるからと言えます。だが、そうした霊達とそうした霊達に支配された肉体達では【言葉の仕組み】を創ることも出来ず、また、その仕組みを解読することも出来ないなのです。

                       

                       

                      私の役目は子供の頃に旧約聖書の神と称する声が告げられた、【そなたには何の力も与えない。この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり、そなた一人だけにはこの神の仕組みを見せるので、そなたはその仕組みを人々に告げなさい】でした。

                      そうしたことから私は何の力も持たないので神たる武力行使はしていません。しかし、私の前で自分はキリストです。みろくです。そんな名乗りは一切通らないのです。最初からそうした名乗りをする者は本人が邪神に欺された者か妄想による者とか、誠の者だから解るのです。その意味では九分九厘が邪神なのです。

                       

                      もしも、なまじ力がある霊から神力を授かってしまいますと、自分を助けてください。自分を助けてください。そうした人が連なって自分の元に助けてと来るとなります。その結果、宗教家と呼ばれることにはなります。しかし、そこに出て来るのは【他力本願】だけであって、その人の魂の根本的救いにはつながらないのです。

                       

                      自分がみろく神です。キリストです。救世主です。そうした名乗りは、自分を高い者だと人々に思わせたい欲望となるのです。

                       

                      為に国常立尊様は、旧約聖書の時代から予告されていた男女の二人の大預言者を先発させて、真理(キリスト)を告げる【九つ花】を言葉で解読出来る【誠の者】を使わしたなのです。

                       

                       

                      私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫の神は【貴男は言葉の神と呼ばれる貴きお方です。貴男の言葉による教えは天帝の「詔」と同じであり、貴男の言葉による教えが聞けぬ者は如何なる神でも天帝に対する反逆罪として裁かれます】と告げられたのですが、その時の私は正直言って何のことか意味が解らずにキョトンとしていました。

                       

                      外国に残されていた予言に、【ユダヤ人ではなく、異国の人が異国の言葉で主を語る。その人はその国では「言葉の君」と呼ばれている。言葉の君は自分は主を知らないと言うが、主は言葉の君を知っていて、終わりの日。万軍の主は言葉の君を主の元に召しい出す。その時をもってユダヤ人は助けられる】とありまして、ヘブライ語ではなくて異国の言葉たる日本語で主を語れるのかと取り組んだだけです。

                      ですから、私はみろく神でもなければメシアでも無いのです。みろく神もメシヤ(飯屋の米)も全て日本語で解読される「言葉の仕組み」だと言っているのです。

                       

                      私が神霊界修業に入った5年後に、大本教の出口なお開祖霊が私に懸かって出て来られて、霊媒通しで【大本教はまな板の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕しだい】と告げられたことから、五月五日の鯉の料理に入ったと言えます。

                       

                      私が子供の頃、私に臨んでいたのは旧約聖書の神と称する声でした。別にその姿など見たこともないのです。だが、長じて昭和五十五年から神霊世界に関わって、幾多の霊能者の方から貴男の本守護神は「国常立尊」様ですと告げられて、どうして私が子供の頃に臨んだ声は旧約聖書の神と言ったのか?。

                      しかし、それは大本教出口王仁三郎聖師が告げられた【自分と開祖(出口なお師)は旧約聖書で予言された男と女の二人の預言者である】からによって、旧約聖書の神と【国常立尊】は同一神であるが解って来たと言えます。

                       

                      では、その男女の預言者の後に出て来る【メシヤ(救世主)】とは、誰ですか?

                       

                      それが大本教神諭が予告した【九つ花】なのです。九を制する主。

                      旧約聖書に予言された男女の預言者たる役目は、大本教出口なお開祖と出口王仁三郎聖師の二人が勤められ、各自の魂に自己の救世主たる【メシヤ(みろく)】が秘められたなのです。それは自分がキリストだとか弥勒神だと名乗ることではないのです。

                       

                      朝鮮に残されていた予言。最後の審判前、救世の為に【米】一字の教えが起きる。その米一字の教えに従った者達には最後の審判において天罰は降りない。全て赦される。だから、【米であり飯屋(メシヤ)】の教えと言えます。言葉遊びではなくて天帝の言葉による仕組みなのです。

                       

                      自分が「みろく」神ですとか、「キリスト」ですとか、「救世主」ですと名乗ることは許されていないのです。

                       

                      救世主は【九制主】の【米型】で【三六九(みろく)】

                       

                      大本教神諭は全編「ひら仮名」。救世主も九制主も同じ「きゅうせいしゅ」。

                       

                      この言葉の仕組みを創った神の「栄光」を讃えるべし

                       

                       

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村