霊学33 南無妙法蓮華経。泥水を啜ったことが無いエンジェル(天使)では使い物にはならない

0

    仏教には【南無妙法蓮華経】のお題目があります。日本における仏教は【妙法蓮華経】の経典を主体としています。一部の宗教団体では、この世は【南無妙法蓮華経】の【七文字】から創られたなどの教えの団体もありますが、この世が出来た時にはそもそも【漢字】など存在していませんでした。漢字はもっともっと後の今の時代に出来たものなのです。

    漢字が出来て来る前よりも古代文字が存在しているようで、私は時々霊的映像で記号なのか文字なのかまったく理解出来ない物が流れて来る時があります。それは現代では解読不可能ではないかと思われます。

    通常、漢字は【中国】で創られた文字ではあるのですが、それを背後から動かしていたのが日本の国祖神とされている【国常立尊】様と思われます。私は鍾馗神の案内で中国で天子とも創造神ともされている【盤古大神】に拝謁した時、私がそんな大身の神に拝謁する意味すら解りませんでしたが、私の家の風呂場の前に、浴衣を着た出口王仁三郎聖師の姿をした霊が立ち。その浴衣に大きな【漢字】の文字が入っていました。漢字で知りなさいの意味と理解しました。

     

    そこで、漢字を変換(返還)して【感じ】で知るを学んだ

     

    それが大本教における【ひらかな】派と【漢字】派の闘い

     

    私は霊的世界に関わっていて霊的世界で現れる【金文字】を知りました。この金文字、漢字や漢数字や片仮名は出て来るのですが、【英語】等では出て来ません。無論、私は英語の金文字を見ていないだけかも知れませんが、日本で使われている平仮名や片仮名等は漢字から創られた物と言えます。

    私の前に現れた外国人と思しき霊に関しても、その外国人が生まれたであろう地域の名前が片仮名で出て出て来る。亡くなった年が片仮名の数字で出て来るです。

    そうした【金文字】で見えて来る【情報】は正しいとされています。

     

     

    大本教の仕組はよく出来ていまして、出口喜三郎師の【喜(キ)】を【鬼(キ)】に変えよ。【鬼(キ)】とはあんまりじゃで【王仁(オニ)】とした。何時の間にか、【喜(キ)】の漢字が【王仁(オニ)】となった。こうした言葉による【変換】の仕組があちらこちらに組み入れられている為に、通常の理解力では大本教神典の【神意】が読めないのです。

    それが私の前に出て来られた大本教出口なお開祖霊が言われた。【大本教はまな板の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕次第】と言えます。

     

    漢字の【南無】とは【帰依】しますの意味で、【妙法蓮華経】の漢字は【サンスクリット語】による【白蓮の様な仏】の意味です。白蓮とは池の泥の中に根はありますが、水面には美しい花を咲かせます。仏界の【蓮座】と呼ばれるものです。続けますと、【自分は泥池の中に根はあっても、水面に汚れ無き美しい白蓮の様な花を咲かせる仏様に帰依します。】の意味が、【南無妙法蓮華経】の意味なのです。

     

    その身は泥池の様な処に居られても、

    美しい花を咲かせておられる仏の意味です 

     

    南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経とお題目を上げ続けることではないのです。

     

    お釈迦様の悟りに、この世は【苦界】があります

    だが、この世が【苦界】など、ほとんどの人が理解されないでしょう。

     

    人の良心神は、この世の【苦界】の中で育つ

    (魂を磨くとは学による知識ではなく、この世の苦しみの中で自分をどれだけ磨いたのか!)

     

    では、【妙法蓮華経】の言葉に、何故に【泥池に咲く白蓮】の意味が秘められるのでしょうか?。私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から【そなたを社会の底辺に置く。そなたは社会の底辺を「ウジ虫(便所虫)」の如く「這って」でも生きさせ、「人の心の在り方」に関して学ばさせる。】でした。

     

    社会の底辺を蛆虫の如く這うで学ぶ【人の心の在り方】?

     

    私に【良心神】の存在が解ったのは【社会の底辺】を這った

     

    その【這う】が【言葉の道】につながった。世に出ておられる御神霊は【愛】は言われるでしょう。しかし、良心神の存在は語られることはありません。自分が社会の底辺(便所)を【這】わない限り、人に内在する良心神など理解には到りません。つまり【人の心の在り方】の中に【人に内在する良心神】を知るなどは、いくら言葉の仕組で説明しても、自らが社会の底辺を体験経験していないと理解不能なのです。

     

    社会の底辺に生きている人達の中に輝く仏(神)の姿を見る

     

    例えば、同じ霊的世界を語る人にしても【スピリチュアル】と【神仏のお代さん】とではまったく違います。【神仏のお代】をしている人達は、この世の【泥水】を啜って来た人達が多いのです。スピリチュアルのセミナーに行って、【貴方に神様を憑けてあげます】で貰った霊とは【泥水】を啜ることを知らない霊と言えます。それで憑けられた霊で霊が見える。霊と会話するだけでは何の【泥水】も啜らず、お釈迦様の悟りである【この世は苦界】は理解が出来ません。

     

    私はかねがね【泥水を吸ったことが無い天使(エンジェル)】などは、【使い物に成らない者達】と言って来ました。自分の前にいくら【天使(エンジェル)】等出て来ても、自分が肉体を持ってこの世の泥水を啜って来た体験が無いのであれば、【良心神】等説けません。解らないのです。

    西洋で言うエンジェル(天使)と呼ばれている存在がお釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】を理解しないのは、本人達が【泥水】を啜っていないからです。

     

    泥水を啜らない【園児ェル】では解らないのです

     

     

    日本における備後国風土記における【素戔嗚尊(武塔神)】は、貧しい身なりで金持ちの巨旦将来に一夜の宿を所望しました。ところが巨旦将来は断りました。巨旦将来の兄である貧しい蘇民将来に一夜の宿を所望すると、貧しいにも関わらず一夜の宿を提供してくれました。用事を終えた【素戔嗚尊(武塔神)】は帰り道で巨旦将来の一族を皆殺しとし、蘇民将来の家系には疫病を除ける【茅の輪】を与えたです。

    この蘇民将来の話は、必ずしも【素戔嗚尊(武塔神)】ではないのです。一部の民話では【牛頭天王】となっています。牛頭天王と素戔嗚尊の混同は、そうした違いから起きてしまったのでしょう。 私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から【日本神話の内容はそうした事実があったのではない。この私が最後の審判を予告する為に人々を使って創作させた。】と告げられました。

     

    蘇民将来とは、その民は将来に蘇る

     

    蘇民将来と巨旦将来の違いは、【良心】の有る無し

     

    イエスの教えに【金持ちが天国の門】を通るのは、針の穴にラクダを通すようなものだがあります。金持ちは絶対に天国に行けないと断言しているのです。その一方、【幸いなるかな貧乏人】があります。明らかに【言葉足らず】の教えなのです。

     

    金持ちとなって、その金で【多くの貧しき人達を助けた】人は、金持ちであっても犯罪で貯めたお金でなければ天国界に渡ります。一方貧乏人だと言って、誰しも天国に行けるではないのです。自分は大金持ちになって、多くの貧しい人達を助けようとした人と、貧乏人だからと言って、何も努力しない人とでは雲泥の差があるのです。そこに、閻魔庁が尋ねる内容は貴方は【この世で何をしたか?】があるのです。

     

    幸いに、世の貧乏人には【良心】を持った人がが多く

     

    金持ちになった為に、人としての【良心】を失う

    (大金がその人を性格を変えてしまう。地獄に墜ちる。)

     

    要は、その人の【良心】がどの様な意図を持っているかです

     

    自分は金持ちだ!。で、威張り散らしていれば間違いなく地獄に墜ちます。いくら牧師や僧侶に大金を差し出してもムダです。牧師や僧侶は【閻魔大王】では無いからです。

     

    そこに来るのが、地獄の沙汰も金次第

     

    どんな悪党も、それで得た大金を多くの貧しい者達に与えたり分配していれば、地獄の沙汰も少しは変えられます。世に義賊と言われたネズミ小僧次郎吉的なことです。人の物を盗むは神からすれば犯罪です。しかし、殺さず犯さず。金持ちから盗み貧しい人に配るであれば、罪人でも【義】によってその罪は軽くなるのです。良心神の働きとして【義】が大きな要素を持つのです。

     

    神の採点は常に【善行−悪行】です。その意味での【地獄の沙汰も金次第】なのです。

     

    宗教の世界では常に【贖罪】が説かれます

     

    贖罪とは、罪を財(貝)で売り買いする

     

     

    スピリチアル標榜者の言うことよりも、【漢字】の意味を読みとった方が遙かに【賢明】なのです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師が、【地獄を覗けば牧師や僧侶で一杯だ!】の論理は、その宗教団体が豪華な神殿を建てる。教祖の豪華な暮らし。信者の大切な寄金を見かけだけの社会福祉に少し出し。高価な絵画や骨董品に個人的趣味の為に使う。信者の【カルマ(罪)】を金と一緒に受け取っていている為に、結果的に死後は【地獄界】に墜ちて行くのです。

     

    私は宗教団体ではなく

    社会福祉団体に寄進する方が、よりカルマが減ると言う

     

    貴方が社会福祉に寄進することで、貧しい者達に対して【布施】を施したことになるのです。自分の先祖の法事で親戚を招いて食事を提供した等が【布施】ではないのです。地獄に墜ちたかも知れない先祖の名で、世の貧しい人達に対する【布施】をした時、地獄に墜ちている先祖霊に対する【地獄の沙汰】も変わるなのです。地獄の刑期を短縮出来るなのです。

     

    どうしてあんた如きにそんな事が言えるのかと尋ねられたならば、

    私の背後に居る存在を見る力があれば解るでしょう

     

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    霊学32 【罪を憎んでも人を憎まず】の教えの背景には、他人を攻撃したり呪ったり嫉妬していると自分自身の魂が地獄に墜ちる

    0

      諺に、罪を憎んでも人を憎まずがあります。

       

      その人が犯した罪は憎んでもよい。犯しては成らない罪は憎むべき存在なのです。しかし、その罪を犯した罪人を憎んではいけないなのです。すると、何故?。となります。ある意味、少し解りづらい面があります。なんでそんな罪人を赦さないといけないのだ?。それは別にその人の罪を【赦しなさい】では無いのです。

       

      罪人を憎まないことと、罪人を赦すとは意味が違うのです。

      地獄閻魔庁は、罪人を愛で赦す等はしていない

       

      世紀の大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は、【天国に案内すると言いながら、地獄に案内する取次ばかり。】と残しておられますが、スピリチュアル標榜者の言葉をまともに聞いていれば、その行き先は【地獄界】と言えます。自分が犯した罪は自分で刈り取る。原理原則を忘れたことを標榜しているからです。

       

      人は何故に、罪人を憎んではいけないのか?

      (人の感情論から言えば、納得が出来ないでしょう。)

       

      そうした時、スピリチュアルでは必ず【愛】の論理を持ってこようとします。愛で人を赦すのだ!。こうしたことは非常に浅い【蛇の知恵】から起きると言えます。

       

      この世は【天国】ではなくて、魂の【修業場】

       

      この世に住む人達は天国界の住人ではありません

       

      スピリチュアル等では【魂は本来自由で、何をしてもいい存在】と言います。基本的に魂は【束縛】される存在ではありません。自由なのです。

       

      しかし、この地球では魂は人形という【型】にはめられる

       

      何をしても良い等の自由はなく、【法】によって縛られる

       

      魂は本来自由なのに、何故にこの地球では魂は縛られるのかと言いますと、この【地球】は宇宙でもっとも美しい星として知られますが、優秀な霊能力者達が【魂の修学場】とか【宇宙の出来損ないの魂の流刑地】とも言う様に、魂の自由な行動を束縛する為に【三次元界物質】の肉体を身をまっとて置かれているなのです。しかし、肉体には魂の汚れを浄化する器官の働きがあります。

       

      肉体と言う浄化器官を持たない魂は、汚れが取れない

       

      そこに、肉体を持たない霊達は肉体の人に憑依する

       

      その肉体は三次元物質界で生きる為に【空気】を必要としています。私は修業時代。某瀧場でそこに建っている観音堂から【御経】が聞こえて来ました。何の御経かと同行していた最初の師匠に聞くと、【あの御経は観音経です。ここのお堂は観音堂で、観音様が私達に観音経を聞かして下さっているのです。】と言います。私はそれを聞いて、これが観音経かと聞いていました。

      その時、私はあることに気づいたのです。その観音様が上げている観音経に【息づかい(ブレス)】が無いことでした。私達人間は【呼吸】が無いと死にます。空気を取り入れないと生きていけないのです。しかし私の耳に聞こえて来る観音経には、どこにもその【息継】ぎがないのです。霊は空気の無い世界でも生きられるです。

      人は呼吸を止めると【死】と判定されますが、人の霊魂は呼吸をしないので【死】にはしていない。

       

      私はその時、【息】の漢字は【自分の心】だと気づいた

       

      息は自分の心。息子とは息の子。誰の【息の子】なのか?

       

      私達が待っている【魂】に関して、日本神道では【一霊四魂】を説きます。その【直霊】のことを【天帝の分魂】とします。私達人類は自己の魂に【天帝の分魂(直霊)】を持ちます。

       

      魂の核の働きは【主の息(いき)子】で良心を司る

       

      私にどなたかは解りませんでしたが、【イエスのパンの教えは美味なれども、真ん中が無いパン(ドナーツ)と告げられました。で、真ん中が無いパンの教えではなく、真ん中が誰でも解る【一厘がある米】の教えを出したなのです。 トドメの文と呼ばれている予言書的な文に、【一厘がある米と一厘が無い米は大違い】とありますが、単なる世根(米)と、天帝の存在を秘めた一厘がある【米】とでは大きく違います。

       

      悪魔とは魂の真ん中が無い【空く真の魂】

       

      最近、人類を二線に別ける働きが起きている為なのか、魂が見える方から【真ん中が無い汚れた黒色】の玉の存在が複数報告されています。悪魔の定義は以前から私のブログ上で説いていることですが、魂の汚れが解る様に過去に出した図の右側に汚れを意味する黒色をつけて見ました。

       

      霊的な汚れは魂の色を黒くさせる

       

       

       

       

      最後の審判は、魂の真ん中にある円真の点数を見る

       

      魂に核(天帝の分魂)が無い魂には【黒龍神】等が多い

       

       

      下記の図も以前からの図ですが、元々日本の神道界にある教えで、大本教の出口王仁三郎聖師が世に出されたことから理解する人が増えた【一霊四魂】と五情の図を重ねますと、より解りやすくなります。

       

       

       

      地獄に墜ちる魂とは【四魂】だけの存在で、この四魂だけの状態を【四つ足】と言います。また魂が汚れていることから表面に【毛】が生えるので【毛物(獣)】とも言います。

       

      私は神霊世界に修業に入り、?と首を捻ったのは

       

      神々には愛はあるが、どこにも良心が見られない

       

      私は大本教神諭にある【世に出ている神々は四つ足であることを暴くぞ】で、【四つ足(毛物)】の意味に気づいたと言えます。 自分には霊が見える。霊と会話すると言っていても

       

      悪魔(空く真)に【愛】はあるが、【良心】は無い

       

      単に霊が見えるだけでは、そこに何の気づきも無いと言えます。本来の愛の働きである【幸魂】は、神を【畏れる】の働きを持ちます。ところがスピリチュアルに流れますと、創造神!。それは何ですか?。となります。また、スピリチュアル標榜者は、何をしても神の愛で赦されますがお題目で、創造神と呼ばれる存在に対して何等の【畏怖感】を持っていないとなります。

       

      スピリチュアルでなく、本当の霊能者と呼ばれる人達は今の神霊世界を【蛇や狐や狸や猫】の世界と言います。為に私の様に【蛇や狐】等の低次元霊界と交流できない者は、霊能者としては【失格】者と言われて来ました。霊能者は【蛇や狐】の世界に入らないと霊的活動が出来ないからです。

      その中で、人の魂が【蛇霊】化する確率が特に高いことは知られています。

       

      人の魂が蛇霊化する原因としては、金銭欲や権力の地位などに執着する。未練を持つ。色情の因縁。人を恨む怨念。他人を妬む嫉妬心。そうしたことは【何をしても神の愛で赦される】と説くスピリチュアルではなく、本当の霊能者は口酸っぱく言って来たはずです。

       

      そこに日本の仏教の教えは、

      この世に執着や未練を残すなと説いて来ました

       

      だが、スピリチュアルに走ってしまいますと、【悔い改める】ではなく、【何をしても神の愛で赦されるのだ!】となります。

      人は邪神や悪魔とは【凶暴】な存在と誤認しています。そうではありません。非常に芸術性に優れていて天才的なところがあり、教団を創って教祖に座られる方もあります。ある意味【一国一城の主】です。だがその教えは【愛】一辺倒であって、【悔い改める】を言わないなのです。まして、【人に内在する良心神】など、絶対に言わないなのです。

       

      では、何故に罪を憎んで人を憎むなかと言いますと

      人を呪う恨むことは、自分の魂を【蛇霊化】させます

       

      私は神霊界修業の中で、人を憎み恨んで蛇霊と化した存在を見て来ました。そして、その憎しみや恨みを捨てた時、その姿は蛇霊から天人へと変わって行ったなのです。人を憎むことも恨むことも本人にとってはとても辛い日々だったはずなのです。その魂がどうして蛇霊化したのか?。その道を聞いてあげて、貴方の恨みや憎しみが正当な事項であれば、貴方に代わって天(閻魔庁)が相手を霊界で罰しますです。

      創造神は【法】として、自分が犯した罪は目には目を、歯には歯の【カルマの原則】とされたのです。

       

      この世は【天国】ではなく、魂の【修行場】であり、前世で【犯罪】を積んで【地獄】に墜ちていた魂も人と言う肉体を貰って、この世に再度、人として出して貰えるがあります。魂は永遠に地獄界に居るではありません。魂を何時までも【地獄】界に留め置いていても、魂が成長しないからです。ただ、その魂が粉砕されれば昆虫の様な魂の命から始めなければならないなのです。それが輪廻転生の【転生】の内です。

       

      死者の維新は【羅】で、羅(ラ)城の門を【来世門】と言う

       

      来世門【羅城門】の番卒の鬼は、鬼は外と炒り豆で打たれた

       

      大本教から出た【節分の炒り豆にも花が咲く】は【羅】を知る

       

      人はこの世で【改心】することで、天国天人とも成れるのです

       

      この世では何が善かと知る為に、反面教師の役で【悪】の活動も許されています。

       

      善は悪を知らないと、善とは何かが解らない

       

      この世は悪なる魂と同居させて学ぶことで善を知る

       

      この世に生まれ出て来て、世に悪党が居ることをおかしいと言う方は、貴方自身がさほど磨かれた魂ではないから、この世に降りて来ている意味の自覚が足りていないと言えます。

       

      この世では、悪が犯した【罪】は憎むべきなのです

       

      だが、その罪を犯した人まで憎んではならないのです

      (何故にその人はそんな罪を犯したのであろうか?。その背景を学ぶことが、その人の魂の成長の要素だからです。)

       

      単に、悪に怒って正義面するなど、神から言わせれば最低の者なのです。神は悪を赦しているのではないのです。悪なる者を使って、人々に善を教えているのです。人は善人から学ぶことよりも、悪人を【反面教師】とした方が遙かに学びが早いのです。

       

      人を呪わば穴二つと言いますが

      人を呪ったり恨むと自分が【蛇霊化】します

       

      自分は例え地獄界に墜ちてもいいと思うほど人を呪って、その人が呪われても当然の様な時は、呪われた人も一緒に地獄界に墜ちて行きます。それが地獄の穴が二つです。しかし、その人が魂が磨かれていて、自分が呪っていることが自分の妬みや嫉妬から来る物であれば、墜ちるのは呪った自分だけなのです。

       

      そうした時、スピリチュアル等では奇魂の智慧たる思慮が働かない無い為に【神は愛であるから、何をしても赦されるのだ!】と短絡的に走ります。何をしても自由だ!。罪を犯しても赦されるのだ!。それならば【閻魔大王】と呼ばれる存在は居ないことになります。 キリスト教神学等は冥府の長官(閻魔大王)を【悪魔(サタン)】呼ばわりしていますが、イエスの教えは【真ん中が無いパンの教え】だったからです。

      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いておりましたが、その姿は見たことがありません。また大本教の出口王仁三郎聖師が描かれた【国常立尊】とする絵姿に近い方も見たことはありません。しかし、閻魔大王と呼ばれている存在だけは霊的に見ています。 私を見た霊能者の中で7〜8名の方から、貴方の本守護神は【国常立尊】様だと告げられましたが、中には【閻魔大王】様だと言う方もありました。

       

      艮(牛虎)金神は表から退いて、閻魔大王として在る

       

      大本教神諭、牛虎金神・国常立尊はこの世の閻魔大王として現れる。実に明確で解りやすい説明です。閻魔大王とは霊界の【裁判長】。

       

      誰が【最後の審判】の裁判長なのか?

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      霊学31 出口王仁三郎予言で知る【みのか尾張の国から出る誠の女子】の意味は言霊の論

      0

        世紀の大予言者であった大本教出口王仁三郎聖師は、自分は素戔嗚の魂で救世主ですと名乗っておられました。それのみならず、大本教開祖であった出口なおさんに、出口王仁三郎師が【みろく大神】との神示が降りて、自分が【みろく大神】であると称されたこともあります。

        だが、自分は本物では無かったと、それらの看板を降ろされて【聖師】と称されるようになったの経緯があります。

         

        神示と呼ばれるものが、100%当るなどは無い

         

        虚空蔵から出る霊映像には【嘘】が含まれるから

         

        最近も8月21日に東京に大地震が起きるとユーチューブで発信されていた方が見事に外されましたが、自分の予言は100%当たるなど言わない方がいいのです。そんな100%当たるの予言者など地球上に一人も存在しません。大本教の出口王仁三郎聖師を超えたような予言者など、以後、世には出ていないのです。100%当たるなどは、論理的には【創造神】以外の神では不可能だからです。

        正体も解らない様な霊の声を【天】からのお告げなどとは言わない方がいいのです。どうやってそれを【証明】出来ると言えるのですかなのです。

         

        そうした出口王仁三郎予言の中でも有名な予言とされる遺文に、【いま大本からあらはれた変性女子はニセ者だ まことの女子が現れて 待っていたならば・・・・ みのか尾張の国の中 変性女子が分かりたら・・・・・】があり、その遺文の冒頭部分だけが【一人歩き】をするが起きました。

        何分にも出口王仁三郎聖師が出された予言とは、個人の幸せを告げるような神示ではなく、当時の世界大戦や広島や長崎に新型爆弾が落ちるとか、関東大震災や現代のテレビや空飛ぶ郵便物(メール)や田舎で華のお江戸の芝居が見れる時計(現代のスマホ)等を大正時代に既に予言されているのです。この予言された事物とは現代の予言者などその足元に遙かに及ばないなのです。

         

        巷のスピリチュアル標榜者は【人類の未来は白紙です。】などと、寝惚けたことを言っていますが、大本教神諭に【未来を告げられる神ほど高い位の神】とある様に、高次元世界の神霊から見ると人類の総意で未来を変えるなど絶対に出来ないことは解っています。仮に地球上に100億人の人類が居て、その意志がまとまっても地球と言う星すら創れないからです。 そもそも自分勝手、自己本位の生き方しかしない地球人に、破滅の未来など変えれるはずがないのです。破滅を延ばすことだけです。

         

        宇宙を創造して来た神とは、そう簡単に人間の上には臨まないのです。

         

        この世はユダヤの悪鬼が敷いた線路で泥海に入る

         

        そのユダヤの悪鬼の手下となって来たのが黒龍神

        (黒龍神達は反国常立尊派であり、仮に黒龍神が国常立尊を出してくればそれはニセ神)

         

        世間的に見れば私が説いている【人類は新地球に向かう】を説いている者は少数も少数の異端ですが、全て【国常立尊】を創造神と仰いでいる人達だけと言えます。それは【国常立尊】様は、この地球がモウ持たないことを見通している神だからです。ですから、人類を助ける為に新地球を用意されている。新地球を言う方達はそういうことを高次元界の神霊から伺っているなのです。

         

        お釈迦様は三千年ほど前の方だと言われていますが、その時から既に仕組は始まっているのです。そこに来るのが祇園精舎の守護神【牛頭天王】です。牛頭天王とは素戔嗚尊ではなく【牛虎金神】です。お釈迦様を守護して【仏教】を創られた。そしてお釈迦様の本当の悟りは【みろく神】によって再度、世に出されるです。その先導(船頭)役を大本教が勤めたなのです。

         

        国常立尊とは、未来を見通している創造神

         

        私の元には自分は【素戔嗚尊の魂で救世主】です。私が【みのか尾張の女子】ですと名乗って来られる方が目白押しとなりましたが、その数は一人や二人などではありません。

         

        この【みのか尾張の国から】は、その全文を読めば意味が違うことが解ります。以前にも全文を出して説明してはいるのですが、何も読まない人は今でも自分は神や霊能者や占い師から【みのか尾張】の女子だと言われたと言って来られます。低次元界の神霊はその内容の意味すら理解出来ないお粗末ばかりの神霊と言えます。 この【みのか尾張の国から】は、元々は出口王仁三郎聖師がある方に出された【遺文】なのですが、昭和10年に霊界物語に追記されたと考えられます。為に霊界物語の第十三巻の本文では無く、別篇となっています。

         

        【大本教霊界物語第十三巻・信天翁】より

         

        いま大本にあらはれた 変性女子はニセものだ

         

        まことの女子が現はれて やがて尻尾が見えるだろ

         

        女子の身魂を立直し 根本改造せなくては

         

        誠の道はいつまでも 開く由しなしさればとて

         

        それに優りし候補者を 物色しても見あたらぬ

         

        時節を待ってゐたならば いづれ現はれ来たるだろ

         

        みのか尾張の国の中 変性女子が分かりたら

         

        モウ大本は駄目だらう 前途を見こして尻からげ

         

        一足お先に参りませう 皆さまあとからゆっくりと

         

        目がさめたなら出て来なよ 盲目千人のその中の

         

        一人の目明きが気をつける なぞと慢神してござる

         

        王仁はこの言聴くにつけ お気の毒にてたまらない

         

        こんな判らぬ奴ばかり 盲目ばかりがささやけり

         

        この歌を各自のことに誤解して 罪をかさぬる曲人もあり

         

        昭和10年3月30日更正

         

         

        重要なことは、下文にあります【この歌を各自のことに誤解して 罪をかさぬる曲人もあり】なのです。自分がその女子ですと名乗った途端、それは曲人なのです。これは【肉体を持った女性】のことを語っているのではないのです。魂の根本改造(魂の心棒)論です。

         

        では、【みのか尾張の国から出る】に隠された意味は何かです。

         

        信天翁とは、【阿呆(あほう)鳥】のこと

         

        この文脈で、自分がみのか尾張の女子と名乗るのは【阿呆】鳥の様な者

        信天翁の漢字を「あほうどり」と読むことさえ解っていない者。

         

         

        美濃か尾張から富(十三)山に向かう国道【41】号線

         

        大本教から出された【ス】の神とは、富(十三)山で知る【十三】の意味なのです。で、第十三巻で【ニセ者】発表。

         

        だが、それだけでは大きな意味は解らないのです。

         

        41号線と解ったのか?。飛騨高山に【神殿】を建てた教団があるわけです。そしてその信徒達に【みろく世】に渡すと歌っているのですが、別に飛騨高山に教団も神殿なども創る必要はないのです。みろく世に渡る【高山】の意味がそもそも違うからです。人の魂には【良心神(天帝の分魂)】の点数が出ます。神界ピラミッドの【高山】を登るなのです。

         

        それを解読する鍵として、大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経緯(火水)】があります。

         

        大本教神諭予告【九つ花】とは

         

         

        何故大本教から【みろく大神】が出されたのか?

         

        そして、どうして【龍宮の乙姫】が説かれたのか?

         

        乙姫とは、【音(言霊)に秘めましたの音秘め】で

         

        その【御名(女)】は、言成る(誠)で何でしょうか?

         

        で、大本教は【ス】の御名(女)を出したので変性

         

         

         

         

         

        私がブログで10年近く説いているにも関わらず、ろくろく読まないで自分は【救世主】ですとか【みのか尾張の女子】ですと私に名乗って来る人は、

         

        付ける薬もない。一霊四魂の【奇魂】が働いていない

         

        幽界とか低次元界霊の言葉に踊らされているなのです

         

         

        この【41】位は

         

        日本語の【いろは】であれば【ミ】

         

        日本語の【ひふみ】であれば【ス】

         

        日本語の【アイウエオ】なら【ラ】

         

        これで【ミスラ】神と言うのです

         

        ただ【いろは】と【ひふみ】は「四八音(ヨハネ)】で止まってしまう

         

        イエスは【40】日間荒野をさ迷って悪魔を退け、【41】日目の神の御子となる。モーゼは【紅海(後悔)】を渡って【40】年間荒野を彷徨い【41】年目に【カナンの地】を目指す。【41】を目指すのです。

         

        イエス一人だけが神の御子ではなくて

         

        全ての人は【41】位を得れば神の御子となる

         

        私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国である。そなたはその仕組を知って、その仕組を人々に告げなさい。そなた一人にはその仕組を見せよう。】と告げられたのです。ただ、それは【言葉】の仕組だったのです。

         

        日本語でここまで仕組んでいる神のことを日本の【国に常に立つ御言】で、【国常立尊】と申し上げているのです。

         

        魂(鬼と云う)の総親神でもあるので、牛頭虎パンツの【牛虎の鬼】と言い。魂の【円真で閻魔大王】とも言い、節分の炒り豆にも花が咲くと言い。そして、【ラ(羅・良)王】とも申し上げるなのです。

         

        スピリチュアルで解る様な神の存在では無い

         

        だが、これから先に出て来る神は大本教から明らかにされた

         

        天之峯火夫皇大神と呼ばれる人類が未だ見知らぬ神

         

        この【峯】に秘められた意味が【蜂】で、次は【八(∞)の世】となるのです。

         

        これから先、人類は一時的に【邪(蛇)神】達の支配下になりますが、人類を救う創造神は存在しておられるのです。

         

        これだけ言葉で仕組が出来る神は、創造神だけ!

         

         

        何故大本教から【みろく大神】が出されたのか? そしてどうして【龍宮の乙姫】が出されたのか?

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        霊学30 霊界の太陽。天の岩戸の光。現実界の太陽。それぞれの【光】の質は違っている

        0

          十数年前になりますが、私はヤフーの掲示板のスレッド【輪廻転生】で【天典(てんてん)】と言う名で【人に内在する良心神】を説いていました。当時人気があった【2チャンネル】の霊界や精神世界を語るスレッドでもヤフーの【輪廻転生の天典】を知る方達もありました。そして多くの霊能力者が私のスレッドを見ていると聞き及び、【人に内在する良心神】が広がるかと期待したのですが、それは【魂の心棒】のことだと理解がなされなかったようです。

           

          スピリチュアル世界では、魂の論理が説かれない

           

          人に内在する良心神は、お釈迦様の本当の悟りであっただけを持っていかれた方があります。それだけでは【56億7千万】の仕組も【みろく神】も出せません。その上に国常立尊様や大本教の出口王仁三郎聖師を【天狗】扱いにしているです。さすがに私も【国常立尊】様や【出口王仁三郎聖師】の名誉の為に、正しく伝えたいとブログの世界に入ったなのです。

          大本教から出された仕組とは、知れば知るほど深い仕組であり。大本教から出された【みろく大神】とは、単にお釈迦様の本当の悟りが【人に内在する良心神であった。】程度を知る仕組ではないのです。みろく大神等の言葉は誰にも簡単に言えますが、これほど【深い仕組】であったのか!。世に出ておられる神々では絶対に出来ない仕組だと解るからです。

           

           

          ある方が9歳の時に死(意識不明)の状態に入り蘇生されそうですが、その魂そのものは地上界に居た自分の魂と天上界に居た自分の魂が入れ替わって着任した。俗に【黄泉帰り】と呼ばれる者ですと言われます。その時に天上界に居た自分は地上界の自分と入れ替わるにあたって、やがて地上界にはPc(パーソナルコンピューター)と呼ばれるものが広がり、ヤフーという名の会社が起きる。そこに掲示場が出来て【輪廻転生】という板が起きる。その時にその板に【天典】と名乗る者が出て来るので、その者が出て来たならばその者に伝達せよと命じられた事柄があると言われます。長い間、貴方の登場をお待ちしていましたと言われます。

          それが【真実】であるならば、私は知らず知らずに霊的世界が描いたシナリオにそって動かされている一人と言えます。

           

          この方はスピリチュアルの方と違ってズバ抜けた霊能力を持っておられましたので、【黄泉帰り】の方だと解りました。【黄泉帰り】の方は特段に優れた霊能力があるのが特徴と言えます。天上界から地上界に居る者に伝達として、そうした伝達方法もあります。神界として秘密にする事柄の内容がある場合です。

          そこで私に伝えられた内容は私の身分がより明確になったなのです。私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から【そなたの本当の身分は神々にも解らない様にしておく】でした。だが、何の証明も出来ない様な身分を告げられても、それを世に名乗るようなことはしません。それだけの実力があってこそ初めて名乗れるのであって、何の実力も有さない状態で名乗るほど滑稽なことはないからです。

           

          そうした経緯は別として、当時のヤフーの掲示板に【霊界の太陽を見よう】というスレッドが立ち上がりました。私自身は【霊界の太陽】を見て来ていますので、そのスレッドでどういう論議がなされるのかを注目していました。スレッド主は間違いなく【霊界の太陽】を見ておられます。ところが、まったく後が続かないで、結局そのスレッドは消えました。

          そのスレッド主は、誰でも【霊界の太陽】は見えるものだと思っておられたのです。自分に霊界の太陽が見えたのだから、他の人達も見ているだろうです。一度、霊界の太陽を見ますと、霊界の太陽を出して見る事が出来る様にはなるからです。

           

          霊界の太陽は、霊世界をイメージすることで見られる

           

          霊界の太陽という言葉はスピリチュアルに走った時、最初の教本として読む方が多い【スウェーデンボルグ】の霊界探訪記に出て来ます。だいたいその本を読んで、霊界には【霊界の太陽】がある程度の知識を得ます。だが、その「スウェーデンボルグ」の霊界探訪記の記述の間違いはほとんど語られていません。指摘されていません。その著の【霊界の太陽】はまったくおかしな内容と言えます。私はそれでは【アンコウ提灯】だと言っています。そんなものは【霊界の太陽】等ではないからです。

           

          私は子供の頃は旧約聖書の神と称する声を聞いていた関係から、昭和五十五年に実に摩訶不思議な体験から神霊界修業に入りました。それらの体験の意味を知る為に多くの書物を当たりましたが、霊的世界を書いた著本にもそうした記述がありませんでした。ただ、有能な霊能者の方達の中には私と同じ体験をされている方達が幾人かありましたので、私一人だけが体験しているのではなく、他にも体験している人達が居られるなのです。

          豊受姫のお代であった最初の師匠は晩年、私に対して【貴方ほど不思議な体験をして来た人は、他には居られないであろう。】と言いましたが、霊的世界を知る書に書かれていないことを体験し続けたなのです。私は幾人かの霊能力者から【貴方に教えが出来る神など日本には居ない】とも言われましたが、私は世に出ておられる神々や霊から教えを受けた者ではないのです。その為に私が積んだ努力とは、誰にも解らないでしょう。

          私が書いている内容は私個人の【妄想】からでなく、私と同じ体験をした霊能力者がいないかと探し、他にも体験経験者がいると解った内容を書いています。

           

          私が伏見稲荷山で霊界修業を始めた頃、夜になって就寝しょうと床に就いて瞼(まぶた)を閉じると、閉じた瞼の中で青空が見えて来て【輝いた太陽】が出て来ます。これは何だ!。と目を開けるとそこは暗闇の寝床。変な光景が見えたとまた就寝すると、またもや【輝いた太陽】が見えて来ます。

          しかもその太陽はギラギラと輝いていて高熱を発しています。その霊的太陽の高熱で体から汗が噴き出して来ます。為に下着が汗だくです。そこで下着を取り替えて眠りに就こうとすると、またもや【ギラギラの太陽】が出て来て、また下着が汗だくです。だが、目を開けると暗闇の中。その霊的に出て来る太陽に閉口して長い時間起きていたがあります。

          そうした出来事が数日間続くと、暗闇の中で瞼を閉じた状態で青空が見えて来ると、その光景の中から雲を見つけ出して、その雲で太陽の高熱を遮断することを覚えました。そうすると暗闇の中で青空が見えて来ても霊界の太陽の高熱を防げるです。

           

          あまりにも不思議なので当時の豊受姫のお代であった師匠に話すと

          それは霊界の太陽で、貴方は神界の【入口】に到達された

           

          そこから先は、誰かの案内でなく自力で神の位を上がる道

           

          と言います。この意味は【霊界の太陽】が見えた時は、自己の肉体に在る魂の存在の元親魂と成る【本守護神・正守護神】が誰であろうとも、自分の肉体内にある魂が元親神たる存在に関係なく【神位】を得るです。よく自分は【天照大御神の魂】だとか、【素戔嗚尊の魂】だと言っている人達が多々ありますが、そんな名乗りはほとんど【証明】が出来ません。そうではなく、自己の肉体にある魂そのものが【神上がり】をするなのです。

          私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【仮にそなたの前世が世に神として祭られていようとも、その名前を持ち出してはいけない。今生で自分が貰った名前で神上がりをしなければならない。】と告げられましたが、そうしたことです。

          何故にこうしたことがあるのかと言いますと、自分の魂は何神かの分魂であったとしても、その元神自体が地獄界に墜ちているがあります。為に元神に帰結することが出来ないような時には、肉体にある魂が自己の努力で神上がりをするなのです。それは如何なる神の魂から出た魂であっても、この世の修業次第で自力で神上がりが出来ると言うことなのです。

           

          この世に出た魂は、出身魂に関係なく自力で神と成れる

           

          それ以後は【霊界の太陽】を見たいと思う時には暗闇の中で閉じた瞼の中に青空をイメージとして出し、熱源がある方向に目を向けると霊界の太陽が見えて来ます。しかし、霊的太陽であっても直視すると霊的な目の網膜が焼かれる可能性があるようなので、雲を出して見るとなりました。

          ヤフーの掲示板で【霊界の太陽を見よう】のスレッドを立ち上げた方は、私と同様に見えていたようですが、それが自分が神界の入口に来た時には見えるであって、誰でも霊界の太陽が見えるのではないことを御存知ではなかったようです。

          後に、私と同様に【霊界の太陽】に遭遇した方達には、貴方が【神界の入口】に到達されたからですよとご説明をしています。そうした方達はどの方も【本守護神】が誰か解っておられる状態の方で、死後に渡る世界は中有界ではなくて、【神界】に行かれる方達ばかりと解って来ました。

           

          霊界の太陽が見えるは、自分自身が神の位に達した

           

          霊界の太陽は瞼を閉じた状態で無いと見えません。それは現実の目で見る存在ではないからです。生き霊とか死霊は現実界の目でも見られます。この世に出ておられる神々の姿もそうです。ただ見ている時の世界がこの世であったり霊界であったりするだけです。

           

          霊界を見る目は心眼と呼ばれて、第三の目で見る

           

          超古代の神々には【三つ目】の時代があった

           

          私は【三つ目、青黒憤怒相】の大黒天様を見た時、今から30万年前位のお姿かと感じましたが、大本教霊界物語で出された【国常立尊】様は【三十五万年前に御引退】等、超古代に何があったのか?。それは今の人類が知る事は無い超古代の話と言えます。ただ、その当時の三つ目の真ん中の目は今の人類の肉体からは消えても、額の場所に【心眼】として霊的世界を見る第三の目が残っているなのです。それ自体は霊的には存在しており、人の肉体は頭蓋骨でその目の位置は塞がれていても霊的に存在はするのです。

          霊的世界を見る時、目を瞑っている方が見やすいのは、現実界の光景を霊的スクリーンに映し出さないようにする為です。そうでないと現実の光景と霊的光景が重なってしまうがあるからです。

           

          その霊界の太陽とは別に【天の岩戸の中の光】と呼ばれる物が存在しています。これは岡本天明氏の日月神示に【一(イ)八(ワ)十(ト)】開けとありますが、大本教霊界物語に正神界は【一八十】段、邪神界も【一八十】段あると記されるように、全ての魂を各正邪神【一八十】段のどこかに【位置づける】捌きの光と言えます。その位置づけは【永遠】になるので、それを【最後の火(光)審判】と言います。

          その光を一部の超能力者や霊能者は、みろく世に入る時の【良心神】の点数とも言っておられます。すなわち【神位】を得る段階として【霊界の太陽】の現出があり、天の岩戸の中の【光】は、霊的世界における各自の魂の【地位】を一八十段のどこかに【永遠に定める光】ということになります。

           

          スピリチュアル標榜の方から、私の元に【光の写真】が撮れましたと、そうした写真が送られて来ます。そうした写真が撮れたからと言って、自分は【選ばれた者】などではありません。それらの写真とは全て現実界の太陽が関わっている写真だからです。そうした光のシャワー的写真は霊媒質であれば撮れます。また神社等が光で神々しく輝いている等は【龍神】のなせる術です。 そんな写真を喜んで恭(うやうや)しく飾っても、龍神と呼ばれる存在を拝しているだけなのです。創造神とつながりません。それで自分の魂の点数が上がるなどはありません。

          最後の審判とは、自分の魂の地位が永久に在る段階で固定されるであり、【輪廻転生】の終わりで上界に上がることが出来ないなのです。そしてその点数は【各自の魂が持つ良心神】の点数です。

           

          霊能者【江原啓之】氏は自分が【スピリチュアル】の言葉を広めたと「自画自賛」をしておられますが、スピリチュアルの大体は【四次世界】との交流であり、少し高い段階の方でも【五次元界】程度と言われており、そうした四次元界との交流で【現実界の太陽】を撮して撮られる【光のシャワー】とは、別に神の光だとか言うほどのものではないのです。

          スピリチュアルで言う宇宙連合とか宇宙連盟とか呼ばれている【爬虫類宇宙人】とは、次元的に言えば高い存在ではありません。確かに三次元人類よりも四次元爬虫類宇宙人の方が高い次元界にはありますが、この地球は【宇宙の魂の修業場】と言われて来た様に、この世の生き方次第ではその魂が【七次元界】に進むことが出来る【チャンス】の場でもあるのです。

          一部の霊能力者の方は、この地球は【宇宙の出来損ないの魂】の【流刑地】とも言われますが、宇宙人だ宇宙人だと言う前に、自分が【宇宙の出来損ないの魂】で刑罰的な意味で人間界に降りて来ている。そうした感覚も必要なのです。

           

          いくら宇宙人と言っても、

          宇宙人に【創造神】の存在が理解出来ているではない

           

          宇宙人と呼ばれる存在も【死と輪廻転生】下にある

          宇宙連合とか宇宙連盟とか名乗る者達の予言など、過去に当たったことなどないのです。 西暦1999年の少し前、そうした宇宙人と称する者達の予言が多数出ましたが、一つとして当たっていないのです。そのことを思い出せば、自分は宇宙人と称する者達に騙されてしまうと解ることなのです。

           

          私はこの【霊界の太陽】とは別に不思議な体験をしています。それが神霊世界の修行に入る切っ掛けとなった出来事です。

          その時、私はあるビルの地下に居ました。そこで霊声から告げられた一人の女性と一緒に居たのです。ふと天井を見ると、あるべき天井が無いのです。ここはビルの地下だぞ!。です。なのに頭上には星々が輝いて見えています。地下室に居るのに夜空の宇宙が見えている不思議です。

          私が霊声で告げられて出会っている女性の方を見ると、その女性の頭の頂点から一本の線がその宇宙に向かっているのです。それはスピリチュアルで【シルバーコード】と呼ばれている線だと一瞬で解りました。しかしその線は【シルバー】色ではなく、【ゴールド】に近い色でした。色が違う?。

          スピリチュアルの人達が言う【シルバーコード】とは一般的な霊線で、希には【ゴールドコード】線の方もあるなのでしょう。大本教霊界物語や岡本天明師の日月神示では、頭上から出ている【霊子線(たまのこせん)】を説明していますが、【何色】かは記述されていません。最初から【シルバー】色と決めつけは早いなのです。

           

          その時、私には私の臍の場所からも【霊線】が出ていることが解りました。しかし、臍から出ている霊線に関しては霊界物語や日月神示にもこれという記述がなされていません。霊能者と呼ばれている方達も知らない線です。そこで調べていると、自分がお釈迦様とイエスとモーゼの三体の産魂で【永遠の仏陀】と称しておられる方の著本に、臍から出る線は肉体の頭上から出る線と結ばれていて、人の魂は人の肉体の【脳】の中にあると記述されています。実に【珍説】です。しかし、【臍から霊線が出ている】ことだけは解っておられるなのです。

          この臍からの霊線が何線か知るには長い年月を必要としました。これは【分かちの国とをつなぐ線】と呼ばれる線でした。

           

          分かちの国(創造神の子宮)につながる霊線

           

          大本教で大本教の出口なお開祖の魂を表面上は【国常立尊】としながらも、その肉体の魂は【若稚姫】としたことは、大きな謎とされて来ました。言葉を見れば同じ【ワカチ】なのです。本当の天国界とは、皆で一つの物も分け合うことから【分かちの国】とも言います。すなわち創造神が座す真の天国界です。

          では、私がどの著本にも書かれてもいない臍からの霊線を【ワカチの線】と呼ぶことをどうして知ったかと言いますと、これは大本教の出口王仁三聖師の予言に残されている【みのか尾張の国から現れる誠の女子】を霊界に入ってからも探していた出口日出麿さんの霊が、その該当者と思われる女子を探している過程で、その女性の臍から出ている霊線に関して説明された内容なのです。

           

          西洋スピリチュアルで説かれる【シルバーコード】とは日本では【霊子線(たまのこせん)】と呼ばれていますが、スピリチュアルではなく、きちんとした日本の霊能者の方であれば、この霊線に関しては説明をされるでしょう。

           

           

           

          霊子線を切断すると、その魂は元の肉体には戻れない

           

          自殺すると霊子線が切断されず、その地に地縛化する

           

           

           

           

          この霊子線(たまのこせん)のことを知る霊能者は、創造神がこの世(三次元世界)を終わらせるのは簡単だと言われます。

           

          霊子線を切断すれば、魂は肉体には宿れずに離れて行く

           

          創造神が、この世を終わらせるのに天変地異は要らない

           

           

          では、何故にこの世の終わりには【天変地異】が起こるとされるのか?。

           

          それは新しい世(みろくの世)に入る為には、

          これまでの魂が持つ過去世の罪。【カルマの解消】がある

           

          人は誰しも天変地異に遭遇すると、その魂の本質が出ます

          自分だけは助かりたいと思う狭い心の者と、自分の命はさて置いて他の人を何とか助けようとする【義】の者とに別れる

           

          巷で自分はお釈迦様とイエスとモーゼの三魂の本体で【永遠の仏陀】と称しておられる方は、肉体の頭上からの霊子線(たまのこせん)と臍からの霊子線のつなぎの説明はおかしいと言えますが、そうした【霊子線】のことを御存知なのは霊界での次元の地位はそこそこ高いところにあるとは言えますが、スビリチュアル標榜で【愛は絶対だ!】とか【愛は最強だ!】とか絶叫しておられる方は次元的にはかなり低い方と解ります。五次元界に到達は難しいと言えます。

          そもそもそうしたスピリチュアル標榜者の方に出て来る天使長ミカエルとか大天使ガブリエルと称している霊はそうした事の説明すら出来ない存在だからです。宇宙連盟とか銀河評議会とか○○司令官等と名乗っている霊も同様と言えます。爬虫類宇宙人と呼ばれている存在は【蛇霊】でもあるからです。【愛という言葉だけをお題目として出している】存在なのです。

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          霊的世界の異変。説く者が居なくなった?か【地底王国】論。霊場に居た霊を他所に動かすが起きている?

          0

            一部の霊能者の方からは数年前から既に言われていたことですが、神社等に鎮まっている正神界の神々が神社から次々と居なくなり空の神社が増えた。そうした空の神社には蛇霊や狐霊が本来の神に成りすまして鎮座している。そうした動きは数年前から起きてはいました。

             

            私もそうした実情を聞いて知っているので、今はほとんど神社参りはしていません。その前に何年かに分けて佐渡島を除いて全国の【一の宮】を参拝させていただきました。その理由は私にもよく解りません。私自身は何かに動かされて行動するが多いからです。自分で解って行動しているではないのです。後で、そういうことだったのかと知るだけです。

            私は霊能者とは言い難いので定かには言えませんが、本当にこの神社には御神霊が鎮座されているのかと首を捻る【一の宮】もありました。本来の御神霊がそこに存在しているとはどうしても感じられないです。大きな神社はそうでもないのでしょうが、神社に参拝するだけの意味が失われて来ているです。

             

            そうした【空】の動きは神社等には見られていたのですが、まだ仏閣は機能しているだろうと思っておりました。ところが、最近某仏教宗派の根本霊場に参拝したところ、これまでは多くの霊が見られた大霊場の雰囲気が以前とまったく違っていました。以前は良い意味でも悪い意味でも霊がそこに多数見られました。霊感がある方がその霊場で写真を撮ると、オーブ玉など簡単に写せるほどだったのです。ところが、今回そうした霊的雰囲気がその霊場に存在していないなのです。単に多くの墓が並んでいるだけです。霊的には【空】の墓になっているとしか感じられないなのです。

            小さな神社の多くは空神社になっていると言われるように、根本霊場に存在した墓もその多くが【空墓】になっていると見受けられます。それは何故なのか?。霊界で何かが起きているのではないかです。

             

            無論、私は霊能者と呼ぶには失格者で、低次元界の霊が見えないがあります。霊能者として活動するには霊障などの事案が多く。低次元界の霊。蛇霊や狐霊や地獄霊が見えるでないと活動の場が無いとなります。そうした祟り霊の霊障を取り除いて、何十万円。時には何百万円もの礼金を受け取るです。但し、全ての霊能者の方が金儲け主義ではなく、低額の御礼しか受け取られない方も居るには居られます。

            霊障等の相談料の相場としては蛇霊系の方は金額が高く。狐霊系の方は金額が安いがあります。ある霊能者の方は、自分のところの相談料は特別に高い。何百万円と貰うが、金額の安い霊能者はほとんど何も出来ないとうそぶいておられました。確かに、相談料は何百万円を取っても仕事をきちんとしてくれる霊能者と、いくら相談料は安くても結果としては何も出来ていない霊能者とでは、まるで違うはあるでしょう。が、安くても確かな霊能者の方も世には探せばあるでしょう。ただ、その数が少ないだけです。

             

            何故に高い料金を言われるかと言いますと、霊障を起こしている霊の攻撃で霊能者本人が倒される。その命を取られるほどのことがあるからです。自分の命と引き換えになるがあるのです。私がスピリチュアル標榜者を批判するのは、その霊界の【切った張った】を知らないからです。それだけでなく、【神霊の浄霊】ともなれば、悶絶の苦しみを味わうとなります。そうした苦しみは味わないと神霊ですら汚れていることが理解出来ません。悪霊を浄化浄霊をするなどは、何百万円積まれても手を出さない方が賢明なのです。

            そうした霊障の多くは土地の汚れとか、その家筋を恨む霊の祟りとか、その家系の家人の前世から積んで来た【カルマ】からでもあったりします。ある難病があります。何十万人に1人程度の発症ですが、その家系を恨む蛇神の霊障から来ています。そうした霊障を除くとすれば命がけの闘いになります。ともかくスピリチュアル標榜者は【カルマ】の理解が足りないのです。

            私はその方の過去世からの罪(業)から発する【カルマ】を取って下さいと言われたら、お断りいたします。そもそも私はそんな力を持っていません。神の世界に頼めば何でも叶えてくれる。そんな甘い世界ではないからです。

             

            可哀想だ。気の毒では【カルマ(業)】は解消できない

             

            私は二人の師匠の元を離れた後、多くの霊能者の元を訪ねました。その結果、いくら相談料は安くても相談に行ったことそのものが時間の浪費になったがあります。いったいこの人は何を見ているのだ!。この人が言う神とは何だ!。です。祭神と祭られている神霊が発する言葉の内容が、何一つ当たっていないからです。

            いくら相談料の金額が安いからと言って、その霊能者の方は正神界系の方とは限りません。それはもっと大きな悪巧みをしている霊に欺かれて使われているがあるからです。霊にも金儲けが主体の霊もあれば、霊界の覇権たる権力志向が強い霊もあります。そうした霊界の覇権を狙う霊の傘下の方は、相談料は安くても言われることがとても大きくてホラ話に近いがあり。霊界の実態とかけ離れているがあるのです。

            スピリチュアル界の大御所。美輪明宏氏が霊能者の看板を上げている人の中で本物は20人に1人程度と言われていますが、本当に霊能者と言える方はそんな割合でしょう。いくら相談料が安くても、そこに行く旅費や宿泊料を考えれば、バカにはならないのです。あげくの果ては洗脳されて、とんでもない話を信じるとなります。

            私が語っている【新地球論】なども、ある意味【とんでも論】ですが、霊的世界の見聞を深めて行くと、確かに正神であろうと邪神であろうと神仏は存在していますし、天国も地獄も存在しています。解らないのは【万物の創造神】たる存在だけなのです。

             

             

            よく霊能者が【霊の転送(転封)】を言います

             

            個々の霊を転送したり転封することは有能な霊能者では実際に行われています。しかし、霊の【集団転送(転封)】に関しては語られていません。私自身が伏見稲荷山で体験したのは複数の水子霊に懸かられた霊能力者(後に弁財天さんのお代)の方から複数の水子霊が私に転送されたがあります。簡単に人に不浄霊を送って来る。水子霊等存在していないと言う霊能者は、私から言うと3流どころか4流5流の霊能者だと言います。

            私はそれまで霊卸しとは簡単ではなくて、仰々しいものだと思っていました。よくテレビ等見られるのは祈りや呪文の中で霊媒がトランス状態になって霊の言葉を出すです。実は霊卸しとか霊の転送とかはそんなに難しいものではありませんでした。

            最初の師匠は【完全型霊媒者】ではありましたが、ふと見るとその師匠の肉体に神々や龍神等が勝手に降りている。為に、時には完全型霊媒者の肉体に降りた神霊とその霊媒者の肉体を通して、神酒を酌み交わしたなどがあります。その肉体で酒を飲んでいた神霊が他の完全型霊媒者に入神すると、酒を飲んでいなかった完全型霊媒者が酔っ払うです。完全型霊媒者には簡単に神霊が降りるのです。それは自分には霊が見える霊と会話するというスピリチュアルの段階とは違っているのです。

             

            私が見て来た霊世界とは宗教書にはどこにも書かれていません。また霊界を語る本にも書かれていません。大本教の霊界物語にも詳しいことは書かれていません。実践派の霊能者や優れた行者を通してのみ知る世界であり、スピリチュアルと言う子供騙しの世界ではありませんでした。

            私は優秀な霊能者である二人の師匠に師事するまでは、霊界の様相は【スウェーデンボルグ】の【霊界探訪記】が正しいのかと思っていましたが、実際に体験すると【霊界の太陽】の記述そのものが正しくはないし、霊界探訪にホテルに鍵を掛けて肉体が眠っている間に霊界を探訪する等は必要が無いなのです。私はスウェーデンボルグの【天界の秘儀】という高価な大巻を買ったのですが、中味の天使の教えがまったくなっていない。結局は書庫の肥やしとなってしまいました。

            私は霊能者とは言い難い者ですが、私の横に完全型霊媒者が居れば、私でも霊を卸すことは出来ます。しかし、それは私の霊力では無く【完全型霊媒型】者が持つ霊を引き寄せる能力です。私単独では出来ません。しかも、そんな能力を持った方はスピリチュアルと違って世に僅かしか居られないなのです。金儲け主体のスピリチュアル標榜者は掃いて捨てるほどいても、神の世界を知る為の【完全型霊媒者】は希有です。

             

            私は最初は豊受姫のお代をされていた方を師匠として、伏見稲荷山を拠点に4年間ほど霊界の事物を見させていただきました。その後、言霊師の方の元に転じて【言霊】の世界を知ったのですが、ほとんどの霊能者に【言霊】の存在を告げても無意味であることを知りました。本人が霊的に見ている世界が蛇や狐と呼ばれる低い次元段階の世界だと、【言霊】という存在そのものが理解出来ないのです。

            大本教の出口王仁三郎聖師は素戔嗚尊の魂と称して、【言霊】の存在を説かれました。俗に【ス】神と言う【言霊】神です。しかし、巷には自分は【素戔嗚尊】の魂の持ち主ですと言われる方は多数居られますが、誰一人として【ス】の神と言う言霊の意味すら知らないし、理解していないがあります。

            私が最初の師匠の元に行ったのが西暦1980年で、4年間ほど伏見稲荷山で修業して【言霊】の世界へ転じました。その言霊師の師匠の元を離れてから自力で多くの霊的な事柄を体験。そして西暦1991年(平成3年)から3年間以上に渡って自宅で起きた大ラップ現象に耐えたなのです。どの霊能者も手が付けられない凄まじいラップ現象でした。それで死んでいてもおかくない状態だったのです。

            そして、その現象が終わった後に私の前に【源義経】らしき霊が出て来られてから言葉の【発想】が飛び出し、言葉の仕組の解読に携わったのです。そして、私は大本教神諭予告、【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(火水)】が何を意味しているのかに行き着き、お釈迦様の本当の悟りが【悪魔は実体を持たない表れであり、人には良心と呼ばれる神が内在する】であったことを知ったのです。

             

            多くの人が【言葉の仕組】を知る為には、宣伝マンとしてどうしても白狐(稲荷)と呼ばれる世界を動かさないと無理だと判断して、伏見稲荷大社から豊受姫の【御霊勧請】をする為に元の師匠の元に行ったのです。しかし私は一度、伏見稲荷大社講を離れていますので講社の規約の関係上、再度講員として元には戻れないでしたが、解らないことがあるとその師匠の元に相談に伺っていました。

             

            ある日、その最初の師匠の元に伺ったところ、私にあることを言われます。それは西暦2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロに関してです。その数日前、豊受姫から【代には少しの間、眠りに就いてもらう。為に誰が来ても起きない為に戸締まりをして留守の札を上げておくように。】と言うものだったと言います。

            そこで眠ったのですが、目が覚めて今日は何日かとテレビをつけると、そこに写し出される画面は世界貿易センタービルに旅客機が突っ込むテロの画面。慌てて身支度を整えて神前で何事かと豊受姫に伺ったところ、このテロ事件が起きることは事前に解っていた。あの貿易センタービルは霊界における「霊場」の上に建設されており、多くの霊があの地に鎮まっていた。その霊地に新たに多くの犠牲者の霊を入れる為に、それまでそこに居た霊を他の霊場に転送しなければならない。その霊達を他に転送するに当たって、そこに居る霊達の浄化浄霊が必要なので、代の肉体を使ってそれらの霊の浄化をして貰った。その為に代には眠って貰った。】と告げられたと言われるのです。

            この豊受姫は【阪神淡路大震災】や【普賢岳爆発】や数々の予言を的中されていますので、あながちデタラメとは言えません。ただ解らないことは、それをどうして豊受姫がされたのかです。それも日本ではなく、アメリカでの出来事だからです。その豊受姫は私に悪態をついた不動明王すら金縛りにするほどでしたので、不動明王とか何々明王の段階ではないことは知っていましたが、衣食住の物質界を担当されていることからして、そんな霊場の浄化浄霊の役割が豊受姫にあるのか?。です。

            豊受姫のお代をしていた最初の師匠は、豊受姫は宇宙から降りられた天津神と言っていましたので、そうした宇宙の星と関係しているのかも知れません。

             

            そうした時、必ず出て来るのは神はそうした出来事が起きると解っているならば阻止すべきだです。私はそうしたことを言う方は、まったく神の世界を理解していない人だと言います。神霊が助けるのは全体の人々ではなく、助けるだけの価値がある個々の人なのです。そうした時、神から見て助けるべき人は、その人に交通事故が想定される様な場合、その時刻にその土地に行かない様に【足止め】等をしているのです。

            私は神霊世界に関わって、そうした【足止め】の事例を多数見て来ています。そこで何が起きようが全体の人を助けるのではなく、信仰心が篤いような人だけを事故に遭遇する場所に向かわないようにして助けているなのです。また、その時間の前にその土地を離れさせるです。大きな大災害が発生した時、そこに居なかったがあります。事前にその土地から逃がさせるです。それをしてくれる神霊とはスピリチュアルセミナーで金を出して付けて貰う霊ではありません。

             

             

            金で買う神と、金では動かない神

            どちらが本当の神かです。大金を出して、セミナーで霊を付けて貰ってください。それらの霊は天国には案内などしてくれません。私はインターネット上で無料で私がこれまで学んで来たことを無料で開放しています。私は神社の神ではなく、一人一人の魂に【天帝】の分魂があると説いているのです。その働きは【良心】神であり。主の元に帰ることです。

             

             

            私自身、霊の浄霊浄化で肉体が眠るは日常茶飯事

             

            突然に自分が眠くなる背景には霊の浄化がある

             

            それをするのは肉体の自分の意志ではなくて、自分の守護神や守護霊団がするのです。肉体の自分にすればそんなことで肉体たる自分が苦しむのは勘弁して欲しいなのですが、自己の魂が霊的世界での階段を上がる手段として、他の霊を浄化浄霊して上げるがあるのです。その為の肉体でもあるからです。それで肉体がボロボロになっても、その魂は神界の階段を上がるなのです。

             

            この世での幸せを求めて、地獄界に墜ちる人が多い

             

            私は某仏教の根本大霊場の雰囲気を見ていて、かってはこの地に居た多くの諸霊が居なくなっている。どこか他の霊場に転送なり転封されたとすれば、新しい霊達がこの霊場にやって来る。その為に【空】にしたのか?。です。それは霊世界ではそうした出来事の下準備が行われているのではないだろうか?。そうしたことを感じたしだいです。

            数年前から正神界の神霊は霊界に帰還しているとは言われていましたが、そうしたことも関連しているのではないだろうかです。ただ、霊能者と言っても低次元界とのアクセスであれば、既存の神社に行っても霊達が挨拶に出て来て、それらしく振る舞うがありますので、霊界で何が起きているのかが掴めないがあります。そうした霊は当たり障りのないことしか言わないからです。よくぞお参りくださいましてと言われて、喜んでいたのではダメなのです。

             

            これは私個人の推察ですが、霊場等に居た霊達は別の世界に転送された理由に

            既にみろく世に入る門が開いているのではないか?

             

            今、一部の霊能者の間で言われていることに、一時は大変な勢力を持っていた地球内部に【地底王国】建設派の霊能者達が完全に活動を停止していることです。この地球内部に【地底王国】建設派は、この地球の表面はやがて人類が住めない状態になる。三次元界の肉体は全て消滅する。その時には霊体になったが五次元界たる【みろく世】には渡れない霊達を、四次元世界たる地球内部に移行させて、そこに自分達が覇権を握る【地底王国】を創ることを主眼とした一派です。

            多くの霊能者がその【地底王国】建設に加担していました。そのグループはある【マーク】を使用していましたので、それに参画している霊能者だと簡単に解りました。ところが、その【マーク】を使う者達の活動が何時の間にか消滅しているのです。地に潜ったと言うよりも、活動そのものが消滅しているのです。

             

            地球内部に【地底王国】建設派の目論見は消えた?

             

            スピリチュアル等では地底王国など存在しないと言うかも知れませんが、日本の各地の霊場には地下に入る霊的な階段(霊道)が存在しています。その霊的階段を通じて地中から神霊が出て来られます。そうした世界に入れる霊能者の方はおられるようですが、私は霊的階段は見えていても肉体から自己の魂を外すことが出来ずに、その階段を降りられない。そうした時に肉体から魂を飛ばせない自分を悔しく思ったことが多々あります。

            熊野本宮の元の斎場の跡地に二つの不思議な石塔が立っています。その石碑には何も記されていないので何の石塔かは解らないのですが、その石碑の【写真撮影は禁止】の看板が出されていますので重要な場所です。私自身はその石碑を写真に写すこと禁止なのでしませんが、スピリチュアル女子だと撮影禁止場所でも平気でスマホで写真を撮っています。霊能者江原啓之さんが心霊パワースポット等と紹介するから、そうしたことも起きます。

            その石碑のことは何も記されていないのに写真撮影を禁止するほど重要な場所だからです。それを神霊世界の本当の怖さを知らないスピリチュアル女子達が汚しに汚しているなのです。そんなスピリチュアル女子が【みろくの世】等と言っても、その行き先は【みろくの世】ではないのです。

             

            仏典に大地が割れて多宝塔や地湧(ちわき)菩薩達が出て来るがありますが、仏典でも【地底王国】の存在は説かれているのです。それは通常【シャンバラ帝国】と呼ばれている世界ではないかと見られています。ただ、【地底王国】が存在していても【霊的世界】で、肉体を持ってそこを訪れることなどは出来ません。地下を掘っても無駄です。

            私は出来うれば肉体を脱いで霊魂で神霊達が出入りする地下階段降りて、そうした世界を見聞したかったなのです。私は【地底王国】建設派の霊能者の方達が嘘を言っているとは思いません。地底王国建設派とは【反国常立尊派】であり、国常立尊には絶対に従えないで【地底王国】建設で向かっていたわけです。国常立尊の最後の審判の裁きから逃げる為です。

            UFOと呼ばれる存在にしても、必ずしも宇宙の彼方から飛んで来ているではないのです。UFOが火山の火口の中に入っていく映像は幾つか撮られています。また、山の中に消えて行くです。そうした存在が地球の内部に入っていることは本当に霊能者と言える方達には解っています。ただ、多くの人は次元が違うことの理解が足りていない為に、大地に入り口たる穴が無いとおかしいなどの論議になるのです。

             

            霊は【地球内部】で暮らせます。【地底王国】も創れます

             

            問題は、どうして【地底王国】建設派の動きが止まったか?

             

            そこに霊界で何かが起きているのではないかと推察出来ます。ただ、この動きは【地底王国】建設派のみならず、私と同様の【新地球移行】派も活動停止の様な状況ではあるのです。もう誰も啓蒙活動をしていない状態です。

             

            新地球派も【みろく世】への啓蒙活動を止めています

             

            大本教神諭予告、一度この世は邪神の支配下に任せる

            これから起きて来ることは、邪神蛇霊に懸かられた人が起こす犯罪に自分が巻き込まれないことです。だんだんおかしな犯罪が増えて来ています。常識の犯罪論では通用しないなのです。突然に通り魔に襲われかねません。

             

            ただ、これまで根本霊場にいた霊達に【集団の霊転送】が起きているとしたならば、それはそこに居た霊達が【地底王国】に渡ったのではなくて、【みろく世】に渡る為の世界に【転送】されたとも考えられるわけです。

            みろくの世とは、スピリチュアル派は今の地球上で、新地球派は新しい地球だと言います。別地球だと全員が全員【新地球】に移行するではありません。どちらかにしても、そのみろくの世とは四次元界ではなくて【五次元界】を指しますので、

             

            四次元界の霊を、五次元界に転送する必要はある

             

            だが、何なる御神霊がそれを行われたのかは不明

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            霊学29 霊界のオレオレ詐欺霊団で自分は素戔嗚尊の魂で【救世主】の証とする【天之叢雲之剣】とは?

            0

              巷には自分は【素戔嗚尊】の魂で【救世主】ですと称される方達が多数おられます。それは一人や二人などの話でありません。これは何事かと言いますと、世紀の大予言者と言うべき大本教の出口王仁三郎聖師は自分は【素戔嗚尊】の魂で【救世主】だと称されたのですが、後で自分は本物ではなくて【ニセ者】であったと発表されたことから、多くの神霊とその配下霊団が大予言者であった「出口王仁三郎聖師」ではなく、別に【本物】が存在するはずと考えたからでしょう。出口王仁三郎聖師の演技そのものが【予言の型】と見たわけです。

               

              スピリチュアル等では自分が持つ光の剣で魔界を消した等と吹聴される方達は多数ありますが、実際にはそうした光の剣で魔界そのものが消えた等、何をもって証明が出来るのかがあります。仮に口から出任せを言ってもまず証明は出来ません。本人の言いたい放題で終わってしまいます。

              それよりも未だ起きても居ない事柄を事前に言い当てる【予言者】の方が、遙かに【神】霊の存在に対する信頼度が置けるなのです。未だ来てもいない先のことを言い当てるメカニズムに関しては、未だ解明に至っていないのです。

              最近、何人かの霊能者が連名で何月何日に大地震が起きる予言されました。何人もが連名で告げる日時ですから当たると思うのが一般ですが、何も起きませんでした。私はその霊能者の方達が並んだ写真を見ていまして、霊界でも低い段階にアクセスしている人が居られると見ました。一人の方は多数の著書を出しておられるようですが、某霊場で撮した単なるオーブ写真を神霊の魂だと言われており、傍目からでも明らかに蛇霊憑きと解る人と組んでおられるようでは外れる予言で、後で大恥をかくぞと見ていました。

               

              神々も、出口王仁三郎予言の的中精度は知ります 

               

              しかし、大本教から出された【艮金神・国常立尊】の姿がどこにも見当たらないがあります。出口王仁三郎聖師霊や出口なお開祖霊の存在は確認出来ても、肝心要の【艮金神・国常立尊】たる神が見当たらない。玉置神社や木曽御嶽山にも本家本元たる国常立尊の存在は見られないです。

              そこに自分達が霊界の【覇権】を狙って、これは使えると思われる人物に自分が【素戔嗚尊】の魂で【救世主】ですと思わせて自称させるです。そして、その人物を担ぎ上げて霊界での覇権を狙いに行くがあります。

              その自称者の方が「本物」なのか「ニセ者」なのか等は本物が出て来ない限り、誰にも解ることではないのです。私はその判断を【大本教の出口王仁三郎聖師】以上の魂の保有者か、どうかで判断基準としています。その私の判断基準からすると、これまでそうした自称【救世主】で出口王仁三郎聖師の魂を超えている魂の持ち主など一人も見当たりませんでした。

               

              私の神霊世界の修業の中では、どの御神霊にも世に出たいという願望があり、自分が使えそうな人を物色していました。これは使えるだろうと思う者が見つかると、その霊団で神霊とされる者達が大がかりな神芝居を実施します。それも念入りにその霊団に関わることが出来る霊能者達を使ったりです。ともかくもその本人が自分は素戔嗚尊の魂で救世主の魂だと思い込まないと、自分達の思惑そのものが成り立たないからです。俗に言う神的【俺々詐欺】の舞台が行われるのです。

              そのメカニズムと言うのは、その霊団には必ず【頭目】的な頭神があり、その配下に蛇霊や狐霊等が多数従っています。それらの蛇霊や狐霊に自分が天照大御神とか素戔嗚尊とか大国主命とか豊受姫等の神名を名乗らせて、自分達が【ターゲット】とした者に自分が【救世主とか、みの尾張の女子】だと思い込ませるがあります。その為には【ターゲット】とする者が絶対に【疑い】を持たないように綿密な計画が実施されます。

               

              そうした俺々詐欺団の頭目神はそれなりに霊力を持っており、【奇跡力】を保持しています。その奇跡力で多くの信徒を集め、時には何十万人もの信徒を持つ教団ともなるのです。霊能者や有能な行者筋の間では、某教団は【黒龍神群団】であることは知られています。その教団を大元にして分派的に出来た教団も全てその背後は【黒龍神群団】であることが解っています。

               

              今の神霊世界はどこにも【創造神】は見当たらず

               

              各頭目神の狙いは、神霊世界の覇権で勝てば官軍

               

               

              霊的世界に関わっていますと、霊能者Aさんが祀る【天照大御神】と霊能者Bさんが祀る【天照大御神】は何の関連性も無いがあります。同じ【天照大御神】ならば霊能者Aさんと霊能者Bさんは互いが互いを知るがないとおかしいとなります。ところがどこにもそうしたことが無いのです。全て自分は本物。他者はニセ者だ!。なのです。こうしたことはきちんとした霊能者や行者筋では周知の事実です。

               

              私の神霊界修行の最初は伏見稲荷大社の豊受姫に仕える方を師匠としましたが、その師匠の御祭神である豊受姫に関しては、有能な伏見稲荷大社系の諸先生たる方達は皆さん解っておられました。あの先生のところの豊受姫は高い御神霊だです。有能な諸先生達が認めている御神霊を【黒狐】だと言う他の豊受姫と名乗る御神霊は【おかしいぞ】と解って来ます。

              そうした豊受姫を調べた霊能者は、その人は【野狐】霊等に欺されているです。そうした野狐霊が一匹程度ならばまだしも、一つの霊団に所属して、その中で俺は天照大御神役。俺は大国主命役。私は豊受姫役で集団のオレオレ詐欺】の舞台に引き込まれてしまっておられましたが、自分に懸かってきている霊に対して何の疑いをも持っていなかったとなります。

              そうした俺々詐欺霊集団に欺される方は、自信過剰。謙虚さがどこにも無いがあります。

               

              私の元に自分は豊受姫の魂で出口王仁三郎聖師が予言された【みのか尾張の国から出る誠の女子】ですと言って来られた方は一人や二人ではありません。そうした中のお一人に、【貴女は欺されていますよ】とお伝えしたところ、【自分はみの尾張の女子ではありませんでした。全て自分の未熟で間違えたことで、私の責任です】と言って来られました。

              ところが少し経つと、その方は今度は自分は【白山菊理姫】で、最高の女神ですと発信を続けるなのです。それはその方の前に出て来る霊達が、その人にそうした【存在】と思わせる為です。自分達が嘘を言っていたことを、おまえが未熟だからと責任転嫁するなのです。その神霊達が出す神示は何一つ当たったことが無い。当たらない神示を受け続けているにも関わらず、何時まで経っても本人の目が覚めないなのです。

               

              私はこうした状態を【俺々詐欺】と言っています

              スピリチュアル等はほとんどがこの俺々詐欺に欺されているなのです。

               

              少し前に面白いブログがありました。そうした自称救世主達を霊界の【俺々詐欺】に引っ掛かっている者と批判しながらも、自らが霊界の【俺々詐欺】に引っ掛かってしまっている様でした。そのブログの内容は少し霊世界を学んで来た者からする、【抱腹絶倒】の内容でそこまでやるかです。が、そうした方は自分は俺々詐欺に騙されている者ではない。その証拠に自分は【天之叢雲之剣】を所有していると言われるがあります。

              私の元には自分が救世主ですとか、他薦で自分達が信じる方が救世主ですのメールが送られて来ます。そうした時、その【証(あかし)】は何ですかと尋ねると、自分や自分達が救世主だと信じる方は【素戔嗚尊】の魂で【天之叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)】を持っておられるからと言われます。

              私から言うと、どの方も自分は【素戔嗚尊】の魂で【天之叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)】を持っていると言われることに、そんなにあちらこちらに【天之叢雲剣】が転がっているのかとなります。

               

              【天之叢雲剣】は、その剣を持つ者は本当の【天皇(スメラミコト)】だとも言われています。その人が天皇たる象徴としての【三種の神器】と呼ばれるものがあります。その中の神剣を【天之叢雲之剣(あめのむらくものつるぎ)】とするわけです。通常は天皇家が天皇たる証として所有している剣のことですが、源平の下関の戦いにおいて、【安徳天皇】と共に壇ノ浦の海底に沈んだことは歴史事実として知ります。今、天皇家にある【草薙の剣】とは、後に伊勢神宮から献上されたレプリカの剣になります。

              日本神話の【天之叢雲剣】とは日本神話で素戔嗚尊の八岐大蛇退治でその胎内から出た剣で、その剣を素戔嗚尊が高天ヶ原の天照大御神に献上した。そして、ニニギノミコトの天孫降臨の時に天から地上に降ろされたとするものです。それを祟神天皇の時に形代(レプリカ)を創り、形代(レプリカ)は天皇家に残し、本物は【熱田神宮】の御神体として奉納されているとするわけです。

              祟神天皇の時代に創らせた形代(レプリカ)の剣は、景行天皇が息子の【日本武尊(ヤマトタケル)】の東征の時に持たせた。その東征の中で敵が草むらに放った火で危ない時にその剣で【草を薙ぎ倒した】ことから【草薙の剣】とも呼ばれているわけです。こちらの剣が下関の壇ノ浦で海の底に沈んだ天皇の証の剣とされるわけです。

               

              すると、【天之叢雲剣】と【草薙の剣】の間には、本物とレプリカの違いが出ます。

              天之叢雲剣とは、熱田神宮の御神体たる剣

               

              しかし、どうして巷で自分は素戔嗚尊の魂で、救世主の証として【天之叢雲剣】を持っていると言う方が続出するのか?。元々の【天之叢雲剣】とは素戔嗚尊が【八岐大蛇】から取り出した物とするからです。

               

              私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【この日本の神話の部分は、そうした事実があったのではない。全て、この私が最後の審判の時に備えて人を使い創作させたものである。そなたは、私が何故にそうした日本神話の仕組を創作させたのか?。その意味を解読しなさい。】と告げられました。

              その旧約聖書の神と称する声は、【旧約聖書は我が書ではあるなれども、本当の意味は「暗号」化されており、そのままに読むと意味を間違える様に創らせてある。】と告げられました。旧約聖書は暗号書であり、そのままに読んでも意味が解らない書であると言われている方達は西洋にもあります。だが、西洋の言葉では解読そのものが出来ないのです。日本語で意味を解き明かすようになっているからです。

              私の神霊界修行のお世話をして下さった豊受姫も、日本神話の内容はそうした事実が本当にあったのではありませんと告げられました。

               

              私は豊受姫が稲荷講支部の月次際の時に持って出て来られる【神鏡】を見ていまして、当然にその神鏡はこの世の鏡ではなくて【霊的事物】ではあるのですが、その神鏡の働きは信仰する講員さん達に邪神蛇霊が憑いていないかどうかを見る霊光を発する放射物でした。私はこの神鏡を構成する霊物は現実世界には存在しない物と見ました。人々が神社で見る神鏡とはレプリカ(形代)です。

              すると、どの御神霊も持たれる霊的【神剣】も、この世の鉱物で創られた物ではないとなります。この世でそうした剣を創ろうとすれば、絶対に錆びない鉱物で霊光を発する必要があります。そうした金属として太古の時代には【ヒヒイロカネ】と呼ばれる金属があったとされていますが、それがどのような金属であったかは未だ判明はしていません。

              そうした時、何かと竹内文書を言われる方達がありますが、大本教の出口王仁三郎聖師は竹内文書の半分は自分が神霊界から聞いた事柄と一致するが、半分はまったく違うと残しておられます。

               

              私は現在住む土地に移るように豊受姫から告げられました。が、家の新築工事で隣地に住む人の嫌がらせに悩まされていました。すると、そこに【大国主命】様が出て来られて、その人の汚れてどす黒くなっている魂を斬られたのです。私はその光景を見て、これは何だ!。そこで豊受姫のお代であった最初の師匠に聞くと、その師匠は【その人は間もなく死ぬでしょう。】と言われます。大国主命様の神剣で切られたので、誰でもそう思います。ところがその人は死ぬのではなくて、その性格が【一転】したのです。

              つまり大国主命様は、その人の魂の汚れた部分を神剣で削ってしまわれたのです。それで、一転してその人の厭な性格が普通の性格の持ち主に変わったのです。その人が持っている悪しき性格とは、その方が長年に積んで来た【魂の汚れ】から来ていたなのです。

              私が2番目の師匠の元に居た時、伏見稲荷山で4年間も修業を積んでいたのに何の【霊剣】も持っていないと知ると、その師匠の御祭神は私に霊剣を授けてくれました。すると、私が霊剣を持った途端、その霊剣を目がけて多くの霊が懸かって来て、私に【自分の魂を削ってくれ。削ってくれ。】と言って来ます。その魂を殺すのではなくて【身削ぐ】なのです。あまりにもその数が多く、霊の憑依に疲れた私はその【霊剣】を捨てました。すると何の憑依も受けない。霊達が寄って来なくなったのです。

               

              神霊が持つ刀は、人の魂の汚れ(業)を削れる

               

              天之叢雲之剣の漢字を見ますと、

              天が業(カルマ)を取る雲上の剣となつています

               

              人類は今日迄大蛇霊によって飲み込まれて来たのです。そこに素戔嗚尊により大蛇霊から【剣】を取り出す神話が組み立てられたと見るのが一番かと言えます。

              この地球上の人類は全てにおいて過去世からの業(カルマ)を背負っています。その業(カルマ)を取らないと、神の園(みろく世)には入れません。その業(カルマ)を取る雲上剣のことを【天之叢雲之剣】と言っているのです。

              ですから、天の【天之叢雲剣】を持つ者は【皇】となる

               

              しかしながら、巷で自分は素戔嗚尊の魂で【天之叢雲剣】を持っていると言うだけでは、それが本物かどうかは別の話です。

              別に【天之叢雲之剣】云々を持ち出さなくても、神々が保有されている神剣でもそれなりに魂の汚れた部分を削ることは出来るとなります。されど、魂の汚れた部分を神刀で削るのは【弊害】もあります。何故ならば人の魂はこの世での体験経験を経て、魂を大きくしているからです。その魂が汚れているから汚れを【削ぎ】落とすは、その魂そのものを小さなものにしてしまいます。それだと、この世に生まれ出て苦労した意味が無くなります。

               

               

              魂の表面の汚れ(業)を神刀で削り落とすより

              魂内部にある【業(カルマ)】を取る剣は良心神の剣

               

              天之叢雲剣は、人の魂に心棒としてあるミカエルの剣

               

               

              自分は【素戔嗚尊】の魂で【天之叢雲剣】を持っていると自称しても、大本教から出された【魂(鬼と云う牛虎)】の存在が解っていないと、結局は【蛇霊】の知恵に踊らされて、悟りの【智慧】には到らないのです。

               

              国常立尊の日本の言葉で紐解ける大仕掛け

               

              イエスは自分の弟子達に【蛇の様に賢くあれ】と説きましたが、蛇霊の【知恵】を振りかざしても、蛇霊の知恵ではここまで仕組めないのです。

              私はヒンズー教の奥義書とされる【ヴェーダ】典に記載される。【人の中に眠るコブラ蛇(眼鏡蛇)が目覚めて走り上がる時、その人は「真理」に目覚める。】の体験をして、【真理】を追求する中で【人の魂の心棒として存在する神の剣】に気づいたと言えます。 それがお釈迦様の本当の悟りであった【人には良心と呼ばれる神が内在している。】であり、大本教から出された【みろく大神】と【五六億七千万】の意味を知る事になるのです。

               

              自己の魂のカルマ(業)を取る天帝の叢剣

               

              良心神が理解出来ない者は永遠に解らない

               

              私の元には、自分を創造神の現身(うつそみ)とか救世主だと【認定】して貰えませんかと言って来られる方達が多々あるのですが、神霊界修業の中でこうした事実を知りますと、どなたもそうした方だとは【認定】が出来ないのです。

               

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              霊学28 新興宗教の教祖やスピリチュアル標榜者の背後に存在する霊団。その正体が解らないと騙される

              0

                多くの人には霊は見えません。だが、一部の人には霊が見えます。為に、昔は霊が見える人は【野狐憑き】等と言われて辛い人生を送られたがあります。

                 

                人は【霊長類】と言われる様に、霊の長たる立場です

                 

                人は霊長類の長たる存在ですから、霊と呼ばれる物が見えるのが当たり前ではあるのです。そうした証拠に動物は意外と霊的なことを見ています。霊的な意味が退化したのが今の人間なのです。

                大本教の出口王仁三郎聖師は【霊主体従】と【体主霊従】という言葉を発表されて、霊主体従は【正】で体主霊従は【邪】とされました。そのことに関しては現在はスピリチュアルでもそうした言葉を使うようにはなっては来ました。しかし、そこに霊が見える者は【正】で霊が見えない者は【邪】だという誤った認識を持つ人達も増えました。

                 

                どうして霊が見える人と霊が見えない人があるのか?

                 

                人は【霊(ひ)止(と)】なので、

                自分の肉体にある魂や憑依霊が肉体に霊世界を見せる

                 

                その人に霊の憑依が無いと、霊の世界など見えない

                為には、正しい知識を得て、霊的世界を知る必要があります。

                 

                こうしたことを知るのには、霊能者と呼ばれる人には【完全霊媒型】と【半霊媒型】。それと【単に霊が見える】タイプの三通りがあると言えます。スピリチュアル呼称の多くは【単に霊が見える】段階で、霊界のメカニズムに疎いがあります。

                私は優秀な【完全霊媒型】の方を通して、霊的世界を学んで来ました。単に霊が見える程度の方はゴロゴロおられるのですが、完全霊媒型は非常に数が少ないとなります。

                完全霊媒型は、自分の肉体に懸かった霊の意識で動きます。為にその肉体の【意志や感情】ではなく、霊媒者の肉体に【入神(身)】した霊の【言葉】をその肉体を通じて知る事が出来ます。霊媒者の方が最初に霊の意志に自分の身を委ねて【言葉】を発することを【口切り】と言いますが、その【口切り】段階に到達するのはなかなか大変なのです。それが出来て霊媒者の道にと入って行きます。

                 

                通常【サニワ(審神)】と呼ばれる物は、【完全霊媒型】の霊媒に霊を降ろして、その霊が発する言葉の内容を吟味して、それが呼んでいる霊が本物か贋物かを判断するのです。為に神霊のサニワ(審神)に携わる者は【神霊の言葉に騙されない】技量が必要なので、霊界の知識に長けている必要があります。霊が発する言葉をまともに聞いているようでは【サニワ(審神)】は出来ません。嘘の内容を告げられて、それを信じるでは【サニワ(審神)】者失格となります。

                時たま、自分を【サニワ(審神)】してくださいと言ってこられる方がありますが、貴方には○○が憑いていますよと調べる意味ではないのです。また、人の前世を見るではありません。

                 

                 

                優秀な完全霊媒型だと本物の【神霊】を降ろせる

                 

                通常、霊能者と呼ばれている方でも【完全霊媒型】でないと、【神霊を降下させる】は難しく、そうした完全霊媒型の素質を持った方がいると取り合いになります。そうした【完全霊媒型】で神仏に仕える方を【代(台)】と呼んだりしています。こうした【代(台)】の方は、スピリチュアル標榜者とは一線を画します。神のお代が出来るので【お代さん】なのです。

                本物と呼ばれている方は、その御本人の魂の次元格が非常に高いなのです。それは本人の魂の次元格が高くないと、降りる神霊の【光】に耐えられないが起きるからです。なまじ高次元の魂をそうした霊媒型の肉体に降ろすと、その肉体が発狂も起こします。

                 

                なまじ高次元の存在を降ろすと、

                肉体の魂が高次元格でないと【精神異常】が起きる

                 

                私の場合は私の祖父が養子なので血のつながりはありませんが、家系の五代前の御先祖霊が日蓮聖人の分魂であった方で、家系先祖筋霊から出す【副守護神格】としてその任務に就いて下さっていましたので、その方が必要と思えば霊を見させて来るがありました。その副守護神が見る必要が無いと思えば、私に懸かって何かを見させようとする霊からの映像を遮断するをされていました。遮断の時などは【バチン】という電気ショートの様な大きな音がします。それは【霊世界からの通信に電気】が関係するからです。

                霊界が見せる霊的映像は、その肉体が【テレビの受信機】の様な役割を果たす必要があるのです。そこに霊が存在すると、電化製品が壊れる等が起きるのも【霊と電気】は関係しているからです。

                 

                霊的世界ではいろんな霊が各種情報を流して来ます

                 

                そうした霊界情報の中には【嘘の情報】や自分達の思惑を遂行する為に創られた【騙しの為の情報】があります。霊界の情報は何でもかんでも真実だと受け取ってはいけないのです。

                 

                霊界には嘘情報で思惑を遂げようとする邪神も多い

                 

                私は自分が宗教家となって教団を創る役目はありませんので、客観的に霊的世界の見聞が出来たのですが、岡本天明氏の【日月神示(ひふみ神示)】に【九分九厘】は邪神とありますが、神霊世界を見聞して来ますと【唖然】とせざるにはおられません。

                天国界か地獄界。中有界等にキチンと渡った霊はこの世にあまり関わって来ませんが、この世の人間に関わって自分の思惑を遂げようとする霊はかなり多いのです。

                スピリチュアルでは【何をしても神の愛で赦されます。】が常套句(じょうとうく)ですが、そうした言葉を真に受けて自分が死後に霊界に渡ったら、そこが【地獄界】だと解ってからは遅すぎます。

                 

                巷には自分が創造神だとか救世主だと称している方達がかなりあります。その方に何の霊力も無いのであればそうした名乗りもされないでしょう。なまじ人には無い【霊能力】を保持しますと、自分は神から選ばれた特別の者などと大錯覚状態に入ります。

                それはその人の【霊力】ではなく、その人に懸かった霊の【霊力】なのです。為にその霊がその人から去ると【元の木阿弥】と呼ばれる状態になります。霊能者商売をしていて、その力は自分の物だと錯覚している。その霊が去ると、まったく霊的世界が見えない。が、霊商売をしているので霊が見えている振りや霊が降りている振りをして、霊商売を続けるとなります。

                評判がよかった霊能者がまったく当たらない霊能者になったなどは、その背後に居た霊がその人から去ったことなどにより起きます。つまり、自己の能力ではなくて、自分に憑依している霊によるのです。

                 

                かってテレビで大評判となった霊能者【宜保愛子】さんは、その絶頂期に突然とその姿を隠してしまわれました。そして数年後、またテレビ界に復帰されたのですが、そのテレビの画面から消えていた数年間は何があったのかとなりますと、御本人の著書によれば、その間は霊的な物がまったく見えなくなったなのです。為に嘘を告げることは出来ないので、テレビに出ることを控えておられたなのです。

                 

                霊能力は突然に出て来たり、突然に消えるがある

                 

                それは、霊能力とは本人が持っている力ではなく、自分の肉体に懸かっている霊によるからです。過去にテレビに出ていた霊能者の方で、本当に霊が見えているのか首を傾げる方がおられました。それから二十年程経って、御本人が全て見えていたではない。テレビ局の指示で霊が見えている振りの演技をしていたと告白されました。当時は超常現象ブームで凄い収入があったので嘘を止めれなかったです。そこに本物の霊能者は僅かしかいないとも言われるわけです。

                あるラーメン屋の親父が、スピリチュアルは儲かるでラーメン屋を辞めて、スピリチュアル養成講座を開かれたのですが、その養成金額には驚きました。

                 

                よく貴方にも【霊が見えます】の講座がありますが、何をするかと言いますと【蛇霊や狐霊】をその人に憑けるのです。そうしますと、その蛇霊を通じて霊的世界を見る事は出来ます。しかし、その霊的世界とは【低次元霊界】だけなのです。それは蛇霊や狐霊は低次元霊界に在るからです。本当の神の世界ではないのです。霊の世界を見たいで走ると、蛇霊や狐霊の世界にと入って行きます。

                 

                正神界に奇跡無し、邪神界は奇跡や霊力で神霊だと示す

                 

                神霊世界は勝てば官軍。負ければ賊軍。勝たねばならぬ

                 

                そうした関係で、巷の自称創造神や救世主100人集めれば100人が100人とも、自分一人だけは本物だが他の自称者は皆、【蛇霊や狐霊】に騙されていると言うでしょう。

                 

                優れた霊能者は、神霊は蛇霊や狐霊だとまで言う

                 

                霊が見える人は、何故に霊界が見えるのか?

                 

                 

                 

                霊能者と呼ばれている方に憑依している霊とは、少なくて数百体。多ければ数千体。希には数万体という霊が憑依していることで、憑依霊が多いほど霊的世界に対する力は強いと言えます。

                特に【龍神】とか【天狗】が憑いていると、憑いている霊の数ではなくて【霊パワー】が非常に強いとなります。更に【神仙界】と呼ばれる世界に関わっている霊能者は憑依する霊が少なくても、桁外れの【霊パワー】があります。通常【仙人】等と呼ばれる世界で、空中に浮揚したりしますが、高天ヶ原とされる【天国天人界】の存在ではないのです。

                 

                スピリチュアルではなく、本当の霊能者の間では【蛇霊・狐霊・狸霊・猫霊】等の存在が言われるのですが、それらの【蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊】とは動物の霊の意味では無いのです。希にはそうした動物霊の場合もありますが、基本的には輪廻転生の【転生】に関わることなのです。

                ですから、そうした【蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊】も【悔い改める】と、元の【天人とか神霊】の姿に戻って行くなのです。

                 

                私は稲荷神界で霊界修行のお世話になりましたが、稲荷神界は邪神だと言う方もあれば、正神界だと言う方もあります。これまでは白狐はどちらかと言うと正神界だとされていましたが、悪狐とされる【九尾の金毛】【八尾の銀毛】【七尾の野狐】と呼ばれる非常に霊力が強い存在もあり、他に邪神の配下になっている白狐達も多数居て、私がお世話になった豊受姫は今では白狐も半数は邪神界に所属していると言われました。稲荷神も正神界もあれば邪神界もあるというのが現状だと言えるでしょう。

                その私がお世話になった豊受姫も、他に豊受姫と名乗っている霊からは邪神の【黒狐】扱いにされたりで、神霊世界は誰の言葉を信じてよいのかわからないほどの惨状にはなっているのです。私がお世話になった豊受姫は阪神淡路大震災や普賢岳爆発など数々の天災を予言されて来たので、私は本物の【豊受姫】と思っているわけです。

                私がお世話になった豊受姫を【黒狐】だと言っていた方の豊受姫にそうした【予言】が出来たかとなると、そんな能力がどこにも無いのに自分が本物の豊受姫だと名乗っている。ともかく、自分が憑依している【肉体】に、自分を本物だと思わせないといけないからです。その方に憑依して豊受姫と名乗っている存在は、霊能者の方の調べでは【七尾の野狐霊】が一致した見立てでした。だが本人にはそれが見えないなのです。

                 

                 

                何故に、これほど巷に自分が創造神とか救世主と名乗る者が多いのかとなりますと、

                 

                神界のどこにも本当に創造神と解る神霊の姿は見えず

                 

                そうした名乗りをする人の背後に居る霊達が、自分達が霊界での【覇権】を握ろうとしているからです。 その背後に居る霊(憑依霊)達の中で、自分は天照大神役。おまえは素戔嗚尊役。おまえは天使長ミカエル役などと分担を決めて、自分達が憑依している人に創造神とか救世主の役を演じさせようとするのです。

                 

                オーム真理教の開祖【麻原彰晃】は自分は釈尊の生まれ変わりと称し。その弟子の【上祐史浩】を弥勒菩薩にさせて多くの人を騙して大事件を起こしてしまいました。きちんと歴史を調べていれば、お釈迦様の弟子に弥勒菩薩たる存在は居なかった。そんなことは本当の高次元の霊ならば、解っていた事実なのです。

                1999年の少し前、宇宙連合とか銀河連盟の司令官などと名乗る霊からの言葉だと出すスピリチュアル系の方達が多く続出しました。そこで日本神道系でそうした霊の【サニワ(審神)】が実施されました。その結果、スピリチュアル系の人の背後の存在は【蛇霊】で、中にはそれらの存在を【爬虫類宇宙人】と定義された方もあります。

                スピリチュアルで自分に臨んでくる霊が宇宙人的姿をしていても、その本当の姿は【蛇霊】であったりするわけです。それは日本における【蛇・狐・狸・猫】霊と呼称される存在も同じ意味合いなのです。

                 

                すなわち、人はそうした存在に憑依されないと、霊的世界を知ることは難しい。

                それは低次元界は、そうした霊達に支配されており

                 

                その段階を超えないと、本当の神の存在が解らない

                 

                私は日本で言われる【蛇や狐や狸や猫霊】の存在で、日本語にはなりますが【言葉を創った神】が存在する証を得たと言います。

                これが世界の公用語的な英語だと【スネイク(蛇)】【フォックス(狐)】【ラクーン・ドッグ(狸)】【キャット(猫)】では、まったく言葉が何を語っているのか意味が解らないのです。西洋人には【蛇・狐・狸・猫】霊等の言葉が持つ意味が解らないのです。

                ノストラダムスの予言に、【西洋の人がいくら待ち望んでも西洋からは現れない。東洋の叡智の飼い葉桶】があったかと思いますが、

                 

                東洋の叡智。【日本語】という言葉に秘められていた

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                霊学27 肉体に在る自分の霊姿と霊界に渡る自分の霊姿。【神人合一】が出来た人の魂は神たる姿で渡る

                0

                  人は誰であつてもこの世で肉体を持って永遠に生き続けることは出来ません。この世に肉体がある身は必ず【死(四)】の時を迎えなければなりません。だが、多くの人は死後の世界の認識がありません。単に【あの世】とやらに旅立つです。仏教で【輪廻転生】は説かれていますが、具体的説明がほとんどなされていません。せいぜい【六道輪廻】と呼ばれる教えがある程度です。

                   

                  六道輪廻は【天.人間.修羅.畜生.餓鬼.地獄】の六道を廻る 

                   

                  人の死後にある【輪廻転生】の分野の説明は古来の宗教書に頼るではなく、実際に霊的世界に関わり霊界を見る事が出来る霊能力者で無いと難しいと言えます。単に霊が見える霊感者ではなくて、実際に【神仏】の世界と関わっている神仏のお代とか行者筋です。

                  スピリチュアルでは宇宙連盟とか宇宙連合とか宇宙司令官等を盛んに言いますが、それらは1999年の少し前に大暴れしていましたが、それらのスピリチュアル標榜者が発した内容など何一つ起きませんでした。彼ら(宇宙人と称する者達)の言葉はまったく当たらないで下火になりましたが、またもや復活して来ています。1999年当時のことを知らない人は、それらの言葉は信じるに足りないことを知らずに、またもや騙されてしまうなのです。

                   

                  そうした名乗りの連中は地獄界の存在を見たことが無いで、地獄の内容を伝えられないことから、神の愛で何をしても赦されます等と発信して来るのです。お釈迦様も、さすがに宇宙人と称する者達がこの世に出て来るなどとは予想外のことだったのでしょう。

                   

                  宇宙連合とか宇宙連盟等を口にする霊とは

                   

                  既にサニワ(審神)で邪(蛇)神と判定されている

                  そうした宇宙人と称する者は【爬虫類宇宙人】とも呼ばれていて、神では無い。高次元界の住人ではないのです。

                   

                  世紀の大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は【宇宙開闢以来の大立替】を予言されていますが、自分は何々星出身など関係なく、全て(全宇宙)の魂に対して最後の【神の審査(審判)】が行われるなのです。宇宙規模になるのです。

                   

                  私は霊能者と呼ばれる様な日常的に霊を見るタイプの者ではありませんが、それでも幾多の神仏と呼ばれる霊と関わって来ました。実際に神霊世界を見聞して来ますと、【六道輪廻】を持ち出してもほとんど意味がないです。六道輪廻などを持ち出しても【悟り】にはほど遠いと言えます。それにどれほどの意味があるのですか?。なのです。

                  私は霊界修業過程の中で【如来像】とか【観音菩薩像】とかに宿っている霊の正体を見て来ました。六道輪廻論で言えば【天】の括りです。そうした神仏の偶像に宿っている霊。そうした霊達とやり合いをして来たなのです。それはある意味、切った張ったの世界でもあったのです。その攻撃にこちらが負ければ殺されます。世に出ている神霊を六道輪廻の論を当てはめると、天部の神では説明が出来ないのです。

                   

                  霊界は単純な世界ではなくて、一筋縄では説明が出来ません。一つに【次元】と呼ばれる科学では解明不可能な霊的階層によって遮断されているからです。一般的にスピリチュアルとは【四次元界スピリチュアル】と呼ばれるように【四次元霊界】にアクセスであって、人は誰しも死後は【四次元霊界】には入るのでそれ自体は特に間違っているではないのです。

                  しかし、大本教神諭に【人には神とも成れる魂が授けてあるにも関わらず。】とありますが、人の魂は神霊とも成れる。この分野の理解が【四次元界指向のスピリチュアル】では見事に抜けてしまうのです。四次元霊界では【神霊】と呼ばれる霊層世界に入れないからです。大本教神諭に記載される【人には神とも成れる魂が授けてあるにも関わらず】が何も理解されていないのです。

                   

                  本来は死後の世界を正しく教えなければならない宗教が、我が宗派の教えを信じれば天国界で異教徒は地獄界に墜ちる。そうした教えばかりをする為に、真実が語られることもなく、各宗派の覇権争いばかりをしているのが宗教界の現状と言えます。

                  そうした中で新日本神道系からは【神人合一】が出されました。これは西洋のキリスト教、イスラム教やユダヤ教には存在しない教えです。神人合一とは、この世に肉体を持つ身でありながら、この世に生きている間に霊界における神霊の位を取得して、死後は【天国天人界】とか【神霊】とかに成り、誰でも渡る【四次元霊界】ではなくて【五次元霊界】以上に渡るなのです。

                  通常、みろく(五六七)の世と宣伝されている世界は【五次元、六次元、七次元】と呼ばれる高度の霊界に入ってしまうことです。スピリチュアルでは地球が自然に五次元界に次元上昇するので、何の心配をしなくても皆さん五次元界に行けるのですが大多数の主張のようですが、そんなに甘い話ではありません。

                   

                  よく亡くなられた方が自分の前に立たれたなどの話がありますが、この世に生きている時の姿をして出て来る霊と言うのは幽霊と同様に四次元霊界。【中有界】に留まっている時の姿の霊なのです。その魂達は四次元霊界に存在しているなのです。

                  これ自体は【生き霊】として出て来られる方の姿が今の世の本人と同じ姿なので、死後に渡る世界の姿と同じ事でもあるのです。その方が若い時は若い姿の【生き霊】で、老いた時は老いた姿の【生き霊】なのです。この世で亡くなった時点の姿を霊界でも留めていくなのです。ただ、幼くして亡くなった人の霊に関しては大人に成長しているという報告もなされてはいるのです。そうでなかった場合は水子霊等と化して、その親や兄弟筋に祟るがあります。

                  この世で年老いて年老いた姿で中有界に渡っても、中有界はこの世に【生まれ変わる】が主体の霊世界なので、多くの霊はそこに永遠に留まっているではないのです。

                  しかしながら霊の中には【中有界】そのものに渡らず、この世の霊界で恨みや怨念や執着を持ち続けている霊がいます。そうした霊は何百年何千年とこの世に関わる霊界に留まっています。つまり輪廻転生を起こす【中有界】には渡らないので、【生まれ変わる】そのものが無いなのです。この世を去った時の姿を今も留めるです。

                  キリスト教の神学では、イエスが復活して来るまでは死者は死後の世界に留まっているが主張になりますので、当然に【輪廻転生】等の論理は出て来ないのです。しかし、過去世でキリスト教徒であった方も現実には輪廻転生して、神国の意味を持つ日本国に生まれ変わって来ているもあるのです。されど、過去に西洋に生まれてキリスト教を学んだことが自己の意識の中に弊害をもたらすのです。純粋に日本の神の世界のことがよく解らないです。キリスト教の教えが【真理】を知る上で邪魔をするのです。

                   

                   

                   

                  仮に自分がこの世を去って、霊界層として五次元霊界以上に進んでいるとしたならば、その姿は神霊とされている霊の姿や天人等の姿になっており、この世に生きていた時の自分の姿ではないのです。まつたく別の自分たる姿が出て来ます。

                   

                  そこに来る論理が日本の新神道系で言われる【神人合一】であり、スピリチュアル界の大御所と言われている美輪明宏氏やその弟子とされる霊能者江原啓之さんも言われる【コップ本体の水とスポイトの一滴】のコップ本体の論理になるのです。

                  スピリチュアル標榜者で、このコップ一杯の水とスポイトの一滴の論理を理解していないとなると、それはスピリチュアルと言う言葉を翫(もてあそ)んでいるだけの状態と言えます。

                   

                   

                  このコップの水本体が【正守護神】なのです

                   

                  肉体の魂と正守護神の魂では大きさが違い姿も違う

                   

                  下記の写真は霊能力者であった故【田響隆仁】氏撮影のものを引用

                   

                   

                  この写真に写る【玉】は下の釈迦仏涅槃像を照らし合わせると、遠近の問題はありますが、かなり大きな【玉(魂)】であったとは推察出来ます。こうした涅槃像そのものが巨大だからです。【正守護神】や主立った【御神霊】の玉だと、私の視認では直径2メートルから4メートル位を見て来ました。しかし上には上が有り、本守護神と呼ばれる段階の玉だと数百メートルも数キロもあるとなります。それに比べると人の肉体に入っている魂とは実に小さなものなのです。

                  スピリチュアルで言う神霊の玉とは、下記の写真に写る程度の大きさの玉を見て言っているのですが、十センチ程度の玉を言っているのです。テレビ等では画面に【オーブ玉】が飛び交っているがありますが、そうしたオーブ玉は魂ではなくて【思念】とされています。魂は半永久性を持ちますが、思念は時間の経過で消えて行きます。

                   

                  下記の写真は京都の鞍馬山寺で撮影されたもの。

                  人の魂とはこの程度の大きさ(直径で十センチ程度)。

                   

                   

                   

                  魂を汚すと、魂の表面の汚れから【毛物】が発生します 

                  そうした状態を人の顔をしていても魂は【獣(ケモノ)】と言います。獣神や蛇神と化す。

                   

                  磨かれた魂は、表面が【水晶】の様にクリアー(透明)で

                  その魂の【性格】から来る【各色の光】がある。全ての魂は【光の玉】ではある。

                   

                  魂を汚すとその汚れから魂が黒色に見えるがあります 

                  通常の黒龍神は強い霊力はありますが、汚れの黒色を浄霊すれば他色に変わる。

                   

                  【神人合一】と呼ばれる段階に入りますと、五次元界以上の世界に存在して来る【自分の霊姿】が見えて来ます。その正守護神の霊姿とは、【肉体の自分とまったく違う姿】なのです。よく、【光輝いている】などと言われますが、光的な存在ですが姿形はありますし見えます。この世の肉体の姿のままで行く世界とは【四次元霊界】止まりと言えます。主に【中有界】と呼ばれる世界です。

                  この世に出た私達の霊界での姿とは【五次元霊界】以上に渡っていないと、この世に在った時のままの姿です。ただ、生まれ変わると次の肉体の姿となるので、生まれ変わる時に過去にこの世にあった時の霊の姿は亡く(無く)なることになります。

                   

                  どうしてそうしたことが言えるかと言いますと、この世で恨みや辛みや執着などを持っていた霊は、この世に生きていた当時の姿のままで今も出て来るからです。その霊が霊界に居た時間が数百年間であろうと数千年間であろうと、この世に生きていた当時の姿をしています。これはその霊は未だ【生まれ変わって】いないと言うことなのです。

                   

                  霊能者の貴方の前世判断は、必ずしも当たっていません

                   

                  それは見える霊の姿は憑依霊であったりもするからです

                   

                  人は【霊(ひ)止(と)】であり、その肉体には少なくて数体。多いと何百体、何千体、何万体の霊を肉体に止めています。それらの肉体に止まっている霊には各々の【前世】があります。それらの霊の【前世】は全て自分の前世としても出て来るとなります。

                  そうした霊の憑依とは【退行催眠】まで及びますので、退行催眠で出て来た霊の言葉の内容でそれがその人の前世だと判断することは、霊の憑依を忘れての判断で必ずしも正しくないのです。何故ならば、この世に生まれ出て来る時は、過去の心は今世の自分の魂に集約されており、それ以前の記憶が消されるからです。自分の意識の中に【トラウマ(心的外傷)】が無ければ当時の記憶は忘却の彼方にあり、その記憶が出て来るなどはないのです。

                  自分は人の前世が見える等と言っている霊能者達。では相談者の過去世の全ての前世が言えるかと言った時、言えないのです。前世など【嘘八百】言ってもバレません。霊が多数憑依して方の前世など、憑依霊の前世を一つ一つ調べないと解らないとなるからです。

                   

                  魂に【トラウマ】があると、その前世が浮かび上がる

                   

                  魂にやり残した宿題(借銭払いの精算)の関係から

                   

                  私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から告げられたのは、【人は生まれて死んで。生まれて死んでの繰り返しである。なのに人は自分の前世を思い出さないのか?。人はこの世に生まれて来るのは過去世の過ちを正す為であり、失敗であった前世を思い出す必要がどこにもないからであり、人が自分の前世を思い出さないのはこの神の恩寵からである。】と告げられたなのです。

                  なのに、世に霊能者の看板を上げている人達の中には、貴方の前世は○○であったと言う方があまりにも多い。それは私が旧約聖書の神と称する声から聞かされた内容とあまりにもかけ離れており。霊能者に本当に人の前世が解るのかです。それは私の疑問でした。

                  私自身は霊能者から貴方の前世は○○であった等と言われたことなどなかったのです。私の霊界修行を指導してくださった豊受姫からも、私の前世に関しては一言の言及もありませんでした。人の前世が見えると言う霊能者に私の前世が見えていない!。を知ったのです。

                   

                  私は旧約聖書の神と称する声から、【そなたの前世は、他人の魂胆が解らずに利用されて、為に悲劇で最期を遂げた武将であった。】と聞かされていましたが、それが誰かと言い当てた霊能者の方は一人も存在しませんでした。

                  自分は国常立尊と豊雲野尊の取次者で、国常立尊と豊雲野尊様によれば、貴方の前世は【明智光秀】だとメールで言って来られた方がありましたが、私の前世に【明智光秀】であった時などはありません。それは自分自身で自分の前世たる悲劇の武将が誰であったかを知ったからです。自分は前世で【カルマ】を積んでいたことで、私の前に出て来たなのです。

                  私は旧約聖書の神と称する声から、そなたの前世は【神として祀られている】とは聞かされていました。その悲劇から気の毒と思った人達から神霊として祀られていましたが、この世にある時、他人の魂胆の為に自分が利用されて悲劇の武将になったことを【恨んで地獄に墜ちて】いたのです。人々から神霊として祀られていても神霊として活動していたではないのです。

                  無論、世にはその武将が自分の前世であったと公言しておられる霊能力者の方はあります。では、その方の魂と私の魂は同じかと言いますと、まったく違っています。それは魂の分派ではないからです。そうなると、私が【ニセ者】なのか。その自称者が【ニセ者】なのかです。で、そうした前世の名乗りをすると、どうしても自分は本物とかニセ者とかの争いが生じて来ます。で、旧約聖書の神と称する声は、【自分の過去の名前を持って人を集めてはならない。今生の名を持って為べし。】と告げられたのです。

                   

                  魂には【分派】があり、一霊四魂の原則に基づいて、【奇魂】【幸魂】【和魂】【荒魂】に別れて行きますので、分派の魂の元たる魂が誰かとなった時、元を同じくする自分の魂と他の魂があってもおかしくはないのです。だが、それはその魂の【本体】では無いなのです。

                  私の元には自分の魂は【素戔嗚尊】であり【救世主】ですと、言って来られる方が多々あります。それ自体は大本教の出口王仁三郎聖師が自分は【素戔嗚尊】の魂であり、【救世主】だと名乗られたことに起因はします。自分は【素戔嗚尊】だ!。と言う名乗りそのものは一概に否定は出来ません。それをニセ者だと決めつける証拠が無いと難しいからです。

                  しかし、魂には【次元格】という問題があり、優秀な霊能者の追認では大本教の出口王仁三郎聖師の魂は素戔嗚尊でも【八次元格】とする説が有力のようです。八次元格であれば【ナザレのイエス】と同格で、自分は【イエス】に何一つ劣っていないという出口王仁三郎師の説明は正しいとする説です。

                   

                  私の元に自分の魂は【素戔嗚尊】で、複数の霊能者の調べでは【七次元格】で救世主だと言われていると言って来られた方がありますが、大本教の出口王仁三郎聖師が【八次元格】でも救世主の名乗りに失敗されているのに、七次元格では【救世主】等にはなり得ないなのです。

                  私にはその自称救世主と名乗る方を【七次元格の素戔嗚尊の魂】だと言った複数の霊能者の霊能力がまったく信じられません。この方の背後には【三輪山の黒龍神団】があるので、そうした見立てをしたようですが、三輪山系神界から【救世主】を出すなどは不可能と言わざる得ないのです。【球】を救うのは本人の【魂】磨きなのです。

                   

                  自分が【救世主】ですと名乗ることは【偽りの道 】

                  宇宙の星の一つでも創るだけの力が自分にあるならば、ある程度そうした名乗りも認めることも出来ますが、霊界にはオレオレ詐欺霊団たる存在があり、そうした詐欺霊団に所属する霊能力者の言葉を信じて、神業だ!。神業だ!。と走り回っている方達があります。そうした方達は魂の【一輪(厘)の良心神】が見えないのです。いくら教えても、自分の魂に内在する良心神が解らないとそうした霊団の言葉に踊らされるなのです。

                   

                  各自には【正守護神(コップ本体たる水)】が存在する以上、この世で積んだ魂の汚れを洗い流して元の本体に戻るなのです。 聖書は【第一の死】があり。次に第二の死があると説きます。第一の死とは肉体の死であり。第二の死とは霊が選別されて、新しい世界に入る魂と、そうでは無く消されて行く魂があると語っているのです。それは自分が【救世主】でとす名乗って助けることが出来るではないのです。

                   

                  個々の魂の汚れを【洗濯】することで【選択】する道

                   

                  全ての魂の【核】には創造神の分魂(良心神の働き)があり、最後の審判は【愛】では無く、【良心神】の点数になって来るのです。

                   

                  魂の【核】たる部分が【空く間(悪魔)】に成っていると

                   

                  悪魔には【良心神】は無いとなります。が、愛はある

                   

                  スピリチュアルの神は愛だから、何をしても赦されるは【悪魔(空く間)】信仰に入って行く

                   

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  霊学26 新型爆弾で広島や長崎は火の海で黒い雨が降るの出口王仁三郎予言に関して、何故に神は止めなかったの批判論

                  0

                    先日、最高裁で広島の原爆投下の後に黒い雨が降り。その黒い雨が掛かったことで原爆症を罹った人達の中で、政府が黒い雨が降った地域と認定していなかった地域の人達に対して原爆症の認定が認められました。当時の政府の認定が、当時の気象データーでは雨が降らなかった地域としていたからです。だが、実際には黒い雨が降った。その事実があったかどうかの裁判による認定です。

                    この黒い雨とは気象予報とは関係ないのです。巨大な【原爆雲】が発生したことにより起きた雨で、天気予報で判断出来るデーターではないのです。火山の爆発でも爆発雲の中に雷鳴が走ることは知られています。そこでは雨があるのです。何とその認定に75年もの年月が費やされたのです。私は国の怠慢に驚きを禁じ得ませんが、今の多くの人達は広島に原爆投下の後に放射能を帯びた【黒い雨】が降ったという事実すら知らないでしょう。

                    このことは、早くに亡くなられてしまいましたが一世を風靡したキャンディーズのスーちゃん【田中好子】さんが出演された映画【黒い雨】でも知られたことです。1989年に映画化です。過去の歴史を学ぼうとしないと魂の向上は進みません。今が良ければそれで良いではないのです。

                     

                    この広島や長崎に新型爆弾の投下は、広島や長崎は新型爆弾の投下で【火の海】と化し、その新型爆弾の投下の後に【黒い雨】が降ることは世紀の大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は事前に予言されており、それが当たってしまいました。不幸な予言は当たらない方がいいのですが、当たったなのです。

                     

                    だが、人々は黒い雨が降ると予言された事実すら知らない

                     

                    その原爆投下に関して、霊的世界に関わっている人達からある意見が出されていました。大本教の出口王仁三郎聖師は世紀の大予言者であり、数々の予言を的中されて来られた。そうした事実そのものは認めざる得ないが、神はそうしたことが起きると解っていながら、どうして新型爆弾(原子爆弾)が広島や長崎に投下されれば【火の海】と化すのに、その爆弾投下を解っていながら阻止しょうとしなかったのかと大本教の神【艮金神国常立尊】に対する批判の論です。

                    それも本当はアメリカ軍は広島に原爆投下後の予定地は長崎ではなくて【小倉市(現在は北九州市)】を予定していた。ところが当時の小倉は雲が厚くて、下がよく見えなかったのでアメリカ軍の爆撃機は投下場所を小倉から【長崎】に変更したという事実がアメリカの公文書で解っています。それに関しても、小倉には大本教の別院があったので、艮金神国常立尊は大本教の別院がある小倉を守って長崎に投下させた。そうした批判の意見をされる方もあります。

                     

                    問題は、艮金神・国常立尊と呼ばれる神はアメリカ軍が日本に新型(原子)爆弾を落とすことを事前に解っていながら、原爆投下を阻止する意志があったのか!。なかったのか!。

                    この地球には地球人による【自治権】が存在しています。魂の修業場であるこの地球は【悪】を行使することも赦されています。アメリカにはアメリカを守護する立場の神霊があります。日本国を守護しているのは艮金神ではなくて、伊勢神宮の天照皇大御神と呼ばれる神霊が総氏神として存在しています。日本はその子孫と言われる天皇を現人神(あらひとがみ)として仰いでいたのです。だとすれば、それは伊勢神宮の神や天皇家に対して言うべきことです。

                     

                    それらは総て【輪廻転生】を通じて魂の向上を図る為です。創造神が地球人類に一々かまっていれば魂の修業場たる【価値】そのものは失われます。神が人類に関わる時とは、【魂の修行場を終える】時です。その時までは、創造神と言えども人類に介入が出来ないがあるのです。

                     

                    そしてこれは私の推察ですが、当時の日本の大本営には【日本国民一億総玉砕】派が強かったのです。伊勢神宮の天照皇大御神の子孫たる天皇家を神と仰ぐ日本は、米英の鬼畜に絶対に負けてはならない。天皇家に天照皇大御神がおわします以上、最後の一人まで米英の鬼畜と戦うべきである。その為には全国民は総玉砕を厭わないです。

                    大本営にはそうした玉砕派の陸軍参謀達が多く。戦いで降伏してはいけない。降伏してはいけないから玉砕(捕虜となっては天皇に対する恥だから死ね)せよで、各地の戦場で無謀な玉砕作戦を実行したなのです。特に陸軍は日本国民の兵士はたった一銭五厘(召集令状の赤紙の切手代)の者として、牛馬以下の存在としたのです。今のパワハラなどは比ではないのです。日本国民の命など軽んじていたのです。常に天皇陛下の為に死ねです。

                    アメリカには日本は国民総玉砕の覚悟で来るので、アメリカ軍の日本本土上陸作戦は膨大な犠牲を伴う。そうしたことをアメリカの上層部は理解していたのです。そこで日本の戦意を一気挫(くじ)く新型(原子)爆弾を投下したの資料があります。特に日本の航空機による【特攻作戦】は、自分の命を捨てて機銃の嵐の中に突っ込んで来る自殺行為です。それはアメリカ軍の兵士には狂気(クレイジー)としての恐怖を与えて、精神を患った軍艦の乗組員達も出たのです。

                     

                    神がアメリカ軍の日本に原爆投下を阻止すべしを言うのであれば

                    伊勢神宮の天照皇大御神が阻止する立場であった

                     

                    広島や長崎の尊い犠牲で、日本は狂気の時代を終えた

                    もし、広島や長崎に対する原子爆弾投下で日本が戦いを終えなければ、日本各地にアメリカ軍の原爆投下は続いたのです。その為に、アメリカ軍の日本各地に対して原子爆弾の模擬弾の投下が行われていたのです。何時でも原爆を落とすぞです。

                     

                    大本教の出口王仁三郎聖師はソビエトが日本との中立不可侵条約を破って参戦して来ると、元関東軍参謀副長であった石原莞爾氏にも伝えています。だが、当時の日本陸軍首脳は誰もその言葉を信じなかった。あり得ないで終わりです。そしてソビエトが参戦して来て北方四島も取られてしまったなのです。多く兵士がシベリアに強制労働で送られ、極寒の捕虜収容所でその命を終えたのです。

                    私の元には死後も軍服を着た多くの兵士霊達が並び、生まれ変わることを選ぶよりも、皇国の守りの為に霊となって自分達は日本の為に尽くしますと言って来る時、涙が出て涙が出て止まりません。この日本を思い。死してもなおこの日本を守ってくれるのかです。彼らは天皇陛下の為では無く。この日本国そのものを守りたいと私に言うのです。私は英霊達から頭右の【捧げ銃】を受け、敬礼を持って返して来ました。

                     

                    大本教の出口王仁三郎聖師は【関東大震災】を予告されたことでも知られていますが、側近の信徒からそれを世に事前に発しないのですかと尋ねられたところ、世に発したところで世間は信じない。逆に世を惑わす邪教として叩かれる。そこで東京周辺に居た大本教の信徒達だけに東京から逃げるように指示して、少しばかりの家財を大八車に載せて東京から逃げたがあります。関東大震災で家や残した家財はことごとく焼けたが、その命と少しの金銭は残せたなのです。

                    その広島と長崎に新型爆弾が落ちて【火の海】となった後、側近の信徒が出口王仁三郎聖師にその【火の海】は【最後の火の審判】の事ですかと尋ねたところ、最後の火の審判とはそんな【生易しい火】のことではないと答えておられます。 一部の方達は最後の審判は、第三次世界大戦が起きて核戦争による【火の雨】だと説いておられますが、そんな生易しいものではないのです。

                     

                    それから人類を助けるのが創造神たる存在

                     

                    誰もその創造神を見てはいないが存在する

                     

                    私の神霊界修業の最初の師匠は豊受姫のお代でしたが、豊受姫は阪神淡路大震災や普賢岳爆発などを事前に告げられています。島原方面には信徒が一人もいなかったので関係なかったのですが、阪神や京都市には信徒さんの子供さんが居るとのことで、そうした信徒さんに自分の子供を事前に逃がすように指示はされました。しかし、世間には告げられませんでした。

                    通常神霊と呼ばれる存在の言葉に【絶対】はありません。外れる場合もあります。ある意味【確率】の問題ではあるのです。仮に自分が信じている神が出した神示が外れたとしても、一度【信仰の契り】に入った者は一度や二度の神示の外れでその信仰心は揺るがないものなのです。

                    だが、そうした信仰者で無い者は神からの神示とは絶対なものであって、決して外れてはならないとガチガチであり、そうした天災などの神示が外れたら【鬼の首】を取ったように罵詈雑言の嵐になります。それならば最初から世間には言わないでおこうとなります。

                     

                    私は大本教の出口王仁三郎聖師の予言の数々が的中した事実を鑑みるならば、それは日本の神社に鎮座されている伊勢神宮の天照皇大御神や出雲の大国主命でも事前に言い当てることなど出来ない事柄を事前に解る神の存在があったと言います。

                    スピリチュアルでは宇宙連合とか銀河連盟とかそうした宇宙人のことを言いますが、そうした宇宙人と称する者達がそうした予言をして言い当てたなどはないのです。一般的に言われる宇宙人とは【霊界人】のことで、神たる存在ではないのです。地球人より少しは高度の文化を持った霊界人に過ぎません。

                     

                    本当の神ならば、未だ来ない未来を言い当てられる

                     

                    多くの人の大勘違いは、神には人を助ける義務があると思っていることです。

                    創造神にも各神霊にも、人類を助ける義務等は無い

                     

                    その存在を神と信じる者が、その神から助けられる

                     

                    私は最初は稲荷講から信仰に入りました。すると、私ではなくて私の母親に驚くような現世御利益が降りて来ました。ところが、私が伏見稲荷大社講を離れると【元の木阿弥】というやつで、何の御利益も降りて来なくなりました。確かに私は自分が稲荷講に居る時は稲荷神に助けられていました。しかし、【言霊】と呼ばれる世界に身を転じると、そうした現世御利益的なことは何も無くなりました。

                    国常立尊様と呼ばれる神の存在をいくら拝んでも、現世御利益的なことは何もありません。自分は困っているから助けて欲しい等は、その願いを聞き届けてくれる神ではないのです。創造神ならば自分を助けてくれるではありません。為に、一人一人には守護神と呼ばれる存在があるのです。その守護神が各自を守ってくれるなのです。

                     

                    あるのは、自分は創造神の僕としてお仕えしますだけ

                     

                    ただ、その褒美として天国界行きがあるだけなのです

                     

                    何故ならば、艮金神国常立尊には【閻魔大王】としての別の顔があるからです。

                    当然、そこにはそんな神は【狭い了見の神】だと批判する人達も多くあるでしょう。それは狭い了見なのか?。スピリチュアル標榜者の間では、【神は愛だから、何をしても赦されるのだ!】がお題目ですが、霊的な汚れがどれほと重大な問題であったかを何も理解していないがあります。何をしてもよいは霊的世界を汚すに汚すだけなのです。

                    それは自分が霊媒質者であれば、世間の人達が自分勝手で出す霊的汚れを受けて、その浄化にどれほど苦しむかを知らないなのです。自分が過去世で積んだ魂の汚れでも同様の浄化の為に肉体の苦しみがあるのです。

                     

                    創造神の存在は説かれるが、本当に実在するのか?

                     

                    私は二人の師匠の元を離れた後、著名な霊能者の方に霊査を受けました。その霊能者の方は日本の神霊学の父とされる浅野和三郎師の一番弟子であった方で、私に、【霊界のシステムからすると、創造神が存在していないはあり得ない。だが、どこを探しても創造神の痕跡が見当たらない。】と言われます。

                    私はいくつかの霊に出会いましたが、そうした諸霊からも【どこを探しても創造神が見当たらない。大本教を訪ねて存在していない。】等の報告を受けて来ました。綾部の大本教を訪ねた霊能者の方達からも、大本教に国常立尊様たる神が存在しておられないとの声を聞きます。

                     

                    そこに創造神が存在するならば、全神々にも解るはず

                     

                    多くの御神霊が、【創造神?。そりゃ何じゃ?。】等と言っているのですから、私達が居る地球神霊界にはその姿は見当たらないなのです。

                     

                    それは何故かと言った時、大本教の出口王仁三郎聖師は霊界は天国界三層。中有界一層。地獄界三層と述べておられますが、この霊界七層説は西洋の神智学でも言われていることですが、出口王仁三郎聖師はそれとは別に第一天国界の上に更なる天国界が存在していると述べておられます。創造神がおわす場所です。

                    そうした霊界七層説とは別に、出口王仁三郎聖師は【顕の顕】【顕の幽】【幽の顕】【幽の幽】と呼ばれる区分けがあり、世に言われている主立った神は【幽の顕】たる神々で有り、【幽の幽】界にある神とはこの世に出ている神達には見えない神界と残しておられます。私は豊受姫から貴方は神たる私達には見えない解らない世界から霊的にコントロールされていると告げられましたが、【幽の幽】とされる神界に在る神によって動かされているがあるのです。その界に在るのが【創造神】で、人類が知る霊界ではないのです。

                     

                    大本教から【艮金神・国常立尊】と称される神霊は出ましたが、優秀な霊能者達の調べでは大本教の出口なお開祖に懸かった【艮金神・国常立尊】とは、本家本元(十合目神)たる神ではなくて、神の高山ピラミッドで言うところの七合目神であったとするなどの説があります。大本教は本家本元たる国常立尊が、やがて綾部と言う土地から出て来るという予告をしただけという説です。

                    この日本には【国常立尊】と呼ばれる神の存在は【記紀神話】にはありますが、よく解りません。十津川の玉置神社や木曽御嶽山に【国常立尊】と称される神霊は祀られてはいますが、どちらも本家本元と言うべき国常立尊が存在されているではないのです。そうした名乗りをされてもよい高い次元格の御神霊達です。それは霊界の次元格の問題であって、本家本物たる神を意味しません。

                     

                    優秀な霊能者は、神の高山説ならば【合目】とか、次元や波動とか識界レベル等でその神霊の高さを見るがあります。神名の名乗りだけならば蛇霊や狐霊でも化けて来るからです。

                    大本教神諭に他国からやって来て、【この神を鰹節にしゃがって】と言うものがあります。私は何の意味かと思っていましたが、その意味が解った時、皆さんが持っている神観とは、【神は言葉なり】が何も理解されていなかったなのです。あまりにも【現世御利益】で神の存在を知ろうとしたからです。ただ、こうしたことを知るには【霊視能力】が必要で、それが無いとなると意味不明の内容になってしまいます。

                    私は幾多の創造神とか救世主と名乗る人達を知って、その背後の神霊によってその言葉の意味が解ったなのです。

                     

                    先日、私の親戚の法事の会食でその親戚の菩提寺の僧侶と話していたところ、その僧侶は言います。【綾部はこれという大きな災害が起きない。実に良い処です。これは大本教の神が綾部を守護されているからに違いはありません。】と言います。僧侶ですら大本教を認めるです。

                    どなたかは解りませんでしたがある霊が私に言いました。【綾部は神の聖都であるので、この地に大きな災いが起きることは無い。この地は最後の最後まで守られる。】と言います。

                    私が霊界修行のお世話になった豊受姫は、【綾部は宇宙から人類が見たこともない創造神が天下る場所。】と告げられましたが、未だ降り立ってはおられないなのです。

                     

                    創造神など、世に出ている神達ですら見たことが無い

                     

                    本当に創造神と呼ばれる様な神は存在するのか?

                     

                    為に、自分が【国常立尊】だと自称される御神霊達も多々あるなのです。そうした名乗りをされる御神霊とはそれなりに霊力はお持ちですが、創造神だと称するにはあまりにも規模が小さい。私は日本語になりますが【言葉の仕組】を知った時、これは想像を絶する神が在るとの確信に入ったのです。

                     

                    言葉の仕組など、世に出ている神々には出来ず

                     

                    出口王仁三郎聖師の様な未来の予言も出来ない

                     

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    霊学25  自分が蒔いた種の果実は自分が刈り取る【目には目を、歯には歯を】は【カルマ】の原則と理解しなかった者達

                    2

                    旧約聖書の世界を知るには【目には目を、歯には歯を】の言葉が知られています。通常【ハムラビ法典】とも言われているようですが、旧約聖書の出エジプト記にも記載されていていますので、どちらが先からあったのかは学者の方達が研究されたらいいでしょう。それはどちらが先などは、事の本質の論議にはならないからです。

                     

                    ただ、この【目には目を、歯には歯を】は、自分がそれを受けたらやり返して良いと言う意味ではないのです。その意味で誤ったのはイスラム教と言えます。

                     

                    【目には目を、歯には歯を】は、因果律の法則

                     

                    自分が犯した罪業は、後世の自分に跳ね返る

                     

                    ただこうしたことを知るには、【輪廻転生】の理解が先に無いと難しく、その教えを間違えてしまうことになります。特に顕著なのがイエスの教えです。ほとんど【輪廻転生】を理解していなかったと言えます。

                    イエスは人々が犯す【目には目を、歯には歯を】の教えの弊害を語る上で、新約聖書には【あなたがたも聞いているとおり、目には目で、歯には歯を命じられている。しかし、私は言っておこう。悪人に報復してはならない。誰かがあなたの右の頬を打つなら、左の頬も差し出しなさい】。イエスを代表する有名な教えです。

                    表面的に実に良い教えに聞こえますが、これはある意味【失態】の教えなのです。悪人に報復してはならないは正しくても、【因果律】を理解していなかったと解るからです。そのどの部分間違っているのかと言いますと、【あなたの右の頬を打つなら、左の頬も差し出しなさい】の部分と言えます。

                     

                    私の2番目の師匠等は自分は国常立尊の現身(うつそみ)と、その師匠の背後の霊から自称させられていましたが、【あなたの右の頬を打つなら、左の頬も差し出しなさい】の部分を取り上げて、イエスは悪神だとまで言ったほどなのです。それで自分の頬を打つ者が意味を理解するかです。逆に罪を増長させる教えになっているです。それよりも相手を叩き返した方が、相手にもその痛みが解るです。

                    私は霊的世界の見聞の中で、前世で自分を強姦殺害した魂の肉体を今生で交通事故で殺した事例にぶつかりましたが、それを閻魔庁は五分と五分で不問に付したことを知りました。言うなればその魂は【目には目を、歯には歯を】したに過ぎないです。前世で何かをしたから今生でやり返されたです。それは閻魔庁の役人からすると、【仇】討ちでも犯罪と見るか、正負の原則とされる善悪の【差引勘定】で【〇(ゼロ)】と見るかがあろうと思われます。

                     

                    霊界では常に【正負の原則】たる差引勘定がある

                     

                    人の足を踏む者に、踏まれた者の痛みが解るかです

                     

                    大切なことは、感情に溺れて人の頬を打つ者に、反対の頬を差し出すのではなくて、自分の頬を打った理由を聞く。それが正当で無いならば、その頬を打つ者にそれは行けないことだと諭すとか教えるべきことなのです。逆に自分が頬を打たれたならば、相手がどう思うかをその者に考えさせるです。それをせずに反対の頬を差し出せば、相手はより打って来ると言えるのです。それでは頬を叩いている者は何時まで経っても気づかないとなります。必ずしも【無抵抗主義】が正しいではないのです。

                    私は【無抵抗主義】のガンジー師を尊敬はしています。しかしながら、こちらが無抵抗主義に徹していても【悪が改心】するなどは永遠にないなのです。逆に【無抵抗】だからと相手は【殲滅】に来ます。そうしたことは歴史の数々が証明しているのです。それによって民族が消滅したもあるのです。そこに力の強い存在に対して【事なかれ主義】を蔓延させるとなります。また、人々の心に【変節】が起きるなのです。強い者には勝てないから従おうです。

                    日本の諺に【長いものに巻かれよ】があります。その長いものとは【蛇】のことで、権力等を意味します。権力と闘って勝つということは容易なことではないのです。だがどんな物語であっても、最後の場面では悪は滅びるなのです。間もなく【七の世(代)】は終わります。そして永遠(∞)の【八(∞)の世】が開かれるなのです。その時、悪は滅びるなのです。

                    私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【どんな物語でもその物語が終わる時には必ず悪は裁かれる。悪が終わって物語は終える。この世を終える時、総ての悪は終わる。それが物語というものである。】と告げられたのです。

                     

                    神は悪は最後は滅びると、物語を考えて来られた

                     

                    そこには、人の痛みを知る者になりなさいがある

                     

                    人の痛みを知る為に、魂はこの世で体験経験する

                     

                    この日本で本当の霊能者と言える方達の間ではイエスの評価は高くありません。本気でイエス一人が主の御子だと思っている方は無いでしょう。それはイエスには霊界に対する理解力が欠けていたからです。霊能者ならば解るのです。

                    中世のヨーロッパ社会では霊能力がある者達はキリスト教会から【魔女の烙印】を押されて【火炙りの刑】に処せられて来ました。イエスと同様に神が見える等と言う者は、キリスト教においてはあってはならない存在だったからです。

                    キリスト教という宗教がイエスの名の元に積んだ【カルマ】とは、キリスト教徒の想像を絶するものがあります。キリスト教の牧師は【カルマ】とは何かをまったく理解していなかったからです。

                    巷に現れるマリア霊が、我が子イエスを神と信じる者達が最後の審判時に大地の割れ目に飲み込まれていく様を涙で語って来ると言う方達があります。霊界にそうした映像があるからでしょう。キリスト教と呼ばれる宗教が過去に積んだ数々の【カルマ】は最後の審判時にはキリスト教を信じる者達が分担してその罪を負うとなりますので、そうした光景が現れているのかも知れません。絶対にそんなことは起こりえないとは言い切れない面があるのです。

                    イエスの教えには常に言葉足らずがあります。この【目には目を、歯には歯を】は、貴方が蒔いた悪の種の果実は自分で刈り取らなければならない【因果律】の教えと魂の【輪廻転生】だと理解していれば、その事の本質の理解はより進んでいたはずなのです。

                     

                    人の魂は輪廻転生しており、

                    この世で悪を犯した者を死後の霊界で罰するは閻魔大王

                     

                    故に、人は例え悪人と言えども個人が罰してはいけない

                     

                    ところがキリスト教の教学では、【輪廻転生】を統括する【閻魔庁の羅王(冥府の長官)】を【悪魔(サタン)】とまでしています。それはイエスの教えが単に天国と地獄の二元論に陥ったが為に、天国界の反対は地獄界だから、地獄界は悪魔(サタン)式の単純な思考になったからと言えます。

                    逆に、日本の曹洞宗の信徒向けの教えである修証義等には【三時】の教えが出されています。今の人生で自分が犯した罪分を今の世で支払えないのであれば、次の人生でその罪分を支払う。その次の人生でも支払えきれない時には、更にその次の人生で残った罪分を支払うです。三時に渡ってその罪を支払うです。

                    実際にはその【三時】だけで終わるではありません。自分が犯した罪が残り続ける限り、この世に生まれ続けなければならないのです。修証義そのものには【輪廻】の言葉は出て来ませんが、その経典を読んでいれば【輪廻】のことが書いてあると誰でも解るわけです。霊学では、そうした過去から現在に到るまでの罪分を魂の【汚れ】と言うわけです。

                     

                    人の魂は罪分を残している限り、輪廻は免れない

                     

                    それが魂は【更生】の為に【後世に甦(更生)る】

                     

                    魂の【輪廻転生】が解っていないと、今の世でその罪分を支払えと【目には目を、歯には歯を】をすると過激なことになります。そうした典型が【イスラム教】に見られるなのです。そうした理由として、キリスト教にしてもイスラム教にしても【冥府の長官(閻魔大王)】の役割がまったく理解されていないがあります。

                    そこにキリスト教徒は、【イエス】を主の一人御子と信じれば全ての罪が赦されるのだという、大過ちに入ってしまったと言えます。

                     

                    自分が蒔いた悪の種の果実は、自分が刈り取るのが因果

                     

                    スピリチュアルではカルマ(因果)の恐ろしさが解らない

                     

                    私がスピリチュアル標榜者を批判するのは、【神の愛で何をしても赦されます】などと、とんでもないことを発信しているからです。それだと【因果律(目には目を、歯には歯を)】が理解出来ないことになります。霊界が天国と地獄しかないのであれば、短絡的に地獄を主宰するのは【悪魔】だというバカげた論理の教えに入ってしまいます。

                    そうしたスピリチュアル標榜者の前に現れる大天使「カブリエル」等とか称する霊達が、そうした【輪廻転生】を説明したなど一度でもあったでしょうか?。

                     

                    私に【喰わせ者】は、がぶり得るの【大口彦】と出た

                    喰わせ者とは、【外観はよく見えても、その実はよくない物、いかさま者。】のことです。

                     

                     

                    そこに大本教から【鬼と云う(魂)】の総御祖神たる【牛虎(鬼)金神・国常立尊】の存在が世に明らかにされたのです。そして、【節分の炒り豆にも花が咲く】の宣伝歌も出たのです。当然にそれは【閻魔庁】のことです。もし、自分の前に【鬼】が出て来て貴方を苛(さいな)むとすれば、それは貴方自身が過去世に犯した罪の現れなのです。その人の過去世に過ちや罪の残しがないのであれば、その人の前に鬼が姿を見せるなどはあり得ないのです。

                     

                    キリスト教イスラム教は【天国と地獄】の二元論で

                     

                    魂が輪廻する主体の【中有界】が説かれていない

                     

                    私は昭和五十五年に私の身に起きた出来事から霊界修業に入りました。その時に私の修業の世話をして下さったのは伏見稲荷山の豊受姫でしたが、貴方に教えが出来る様な神はこの日本には居ないと言われ。誰も教えてくれないことから、ただただ霊界を見聞して、この意味は何だろうかと探って来たと言えます。

                    私は四年間程伏見稲荷山で修業をさせて貰いましたが、稲荷神界にこれ以上留まっていても進歩が無い。稲荷神では【真理】にはほど遠いことから【言霊】の世界に転じたと言えます。そして日本語による【言葉の仕組】で霊界のことが解って来たと言えます。

                     

                    私が言霊師の方を二番目の師匠としていた時、就寝しょうとすると、私に対して【自分が犯した罪の言い訳をして、自分の罪を減じて欲しい】と言って来る霊声が周囲から聞こえて来ます。あまりにもその数が多くて、騒音状態で眠れない日々が続きました。どうして私にそうしたことを言って来るのだ?。

                    そこで、それを二番目の師匠に尋ねると、【おまえは地獄閻魔庁の判官の一人たる者で、自分の罪を軽くして欲しいと願う霊達が押し寄せている。自分は夜は眠らなければならないので、言い訳は日中に来いと宣言すればその現象は治まる。】と言います。そこでそう宣言するとその現象は治まりました。

                    するとその言霊師の師匠は、【おまえは地獄界の天使だ!】と言います。私は自分が地獄界の天使だと言われてぶ然としていると、地獄界の天使とは地獄に墜ちている者達を天国に渡すだけの強力な権限を持つ。単なる天使とは霊界での格がまるで違うと言います。確かに、私自身には地獄界に墜ちている者を救うだけの権限があることは見て来ました。多くの霊を助け上げては来たのです。自分でどうして自分は霊界の【法】を超えたことをしているのか?。意味がよく解らなかったなのです。

                    ただ、それは私が子供の頃に旧約聖書の神と称する声から告げられた。【そなたが誰かを助けてやりたいと思うのであれば、その者が積んだ罪分を、今生のそなたが持つ徳(悳)分の中からの支払いとなり、その徳(悳)分を超えてまで他の魂を助けることは出来ない。】と告げられて来ました。通常、天国界行きの切符と呼ばれるものです。

                     

                    スピリチュアルでは、この【徳(悳)】分が理解出来ない

                     

                    魂の【心棒】として出る直心【悳(徳)】が見えていない

                     

                    私はこの世で肉体を持っている者は私は救えないと言います。それはその魂が肉体を貰っていれば、その肉体で魂の過去の罪(カルマ)を解消しなければならないからです。その為に肉体を貰ってこの世に出た来たからです。だが、その罪(カルマ)を解消させる肉体を持たない魂で、これは気の毒だという魂に関しては私の守護霊団が私の徳(悳)分をそれらの霊に分けて使っていったので、今の私にはそうした天国行きの切符はもう無くなってしまいました。

                    私はそうしたことを知っているので、イエス一人が持つ徳(悳)分で、全キリスト教徒の罪を払いきれるものではないと言っているのです。

                     

                    私の元には自分が【メシヤ】ですとか、【救世主】ですと名乗って来られる方は多々あります。その時、私はそうした名乗りをする人達の魂にどれだけ【徳(悳)分】があるのかを見ています。徳(悳)分がある方は必ず【人間性】が磨かれています。その性格は穏やかです。いくら霊能力があって強くても性格が悪い方は、その魂は磨かれているではないのです。逆に汚れています。

                     

                    人が持つ魂が磨かれているかは、その人の性格に出る

                     

                    魂が汚れていればいるほど魂が出す霊力は強いがある

                     

                    ある自称救世主の方は瞬間湯沸かし器のような性格で執念深い。その魂は丸いのではなくて、捻れて尖っていました。そうした方には【正神】等は絶対に降りて来ないで、邪神界の【龍蛇霊たる神】がその背後にあるなのです。奇跡のオンパレードだけでは、その人が本物の神の使徒かどうかは判定出来ないのです。

                     

                    豊受姫のお代であった最初の師匠は、私に対して【貴方が豊受様に対して地獄行きを命じられたならば、豊受様とて地獄に赴かなければなりません。その時は私も豊受様に従って地獄界に赴きます。】と言います。私は豊受姫にはお霊界修業の世話になって来た者であり、豊受姫が言われた言葉に嘘があったとしても、そんな程度のことで地獄行きなど命じることもありません。何故ならば如何なる神霊と言えども、全知全能と呼ばれる神ではないからです。全てが解る立場ではないからです。そうしたことは世に出ておられる総ての神霊にも言えるのです。

                    また、その師匠は【貴方を見て、こんな恐ろしい存在を見たことがないと言う霊能者は本物の霊能者ですが、そうでない霊能者は本物の霊能者ではありません。】と言います。私は自分では優しいと思っているのに、どこが自分は恐ろしい者かと思っていましたが、本当の霊能力者と言えるだけの方であれば、私の背後に【閻魔大王】様が見えるからです。

                     

                    私がこれは本物級だと思った霊能者の方がありました。この方の霊能力は神仏の霊姿を写真に撮すほどの能力です。通常、神仏はその姿を写真に撮させるなど許可しないからです。同じ霊と言っても幽霊を写真に撮す方はあっても、神霊の姿ともなると難しいのです。スピリチュアルの太陽の【光のシャワー】を撮って神だと言っているのとでは次元が違うのです。

                    神仏は光だから姿は無いと主張される方は多いのですが、そうした方達は御本人が主張されるほど霊界での地位は高くありません。私の元に自分は救世主です。是非、貴方には私の参謀になって欲しいと言って来られた方がありました。そこで私がその方が自分は救世主だという証拠は何ですかと聞くと、自分は巨大な光に打たれて死にそうになった。その光が自分は創造神だと言う。その光からおまえは救世主だと言われたと言います。

                    そこで私はその光に対しての質問内容を書いて、この内容をその光に対して聞きなさいと言ったところ、その光は自分の正体は【大白蛇霊】だと自白したがあります。神霊の魂は【光の玉】であることは正しいのですが、神は光だから姿は無いと主張される方は、それほど霊界次元としては高くはないのです。その光の玉たる神仏の現れである像を写真に撮るという方は非常に霊能力がある方なのです。

                     

                    私はその本物級の霊能者と思った方があまりにも誤ったことを言われるので注意したところ反発をされたので、それならば私の背後に【閻魔大王】様があることを見なさいと言ったところ、私が【閻魔大王】等と口に出すようでは終わりだと言われたのですが、その数日後に【光に殺される】。こんな恐ろしい光の存在は見たことが無い。どうかお許しくださいとメールで詫び状を送って来られました。日本の神仏の段階の霊では見たことが無い光の存在です。

                    私は【天の岩戸の中の光】を見た者で、日本に鎮座する御神霊達が放つ光を言っている者ではありません。あまりにも恐ろしい光なので、それから人々をどうすれば助けることが出来るのかと霊界修業を続けた者であり、その光の裁きから助かる道として【人に内在する良心神】を説いているだけであって、スピリチュアルが言う【光】等の段階を言っているのではないのです。為に私を拝めば助けて上げよう等の言う者ではありません。また自分が拝まれたからどうにか出来るではないのです。

                    私は大本教の出口王仁三郎聖師が描かれた【国常立尊】様の神姿を見たことはありませんが、【閻魔大王】と呼ばれる御神霊の姿だけは見ています。

                     

                    為に、ラ神たる【円真(ラ王)】と言う存在を説くのです 

                     

                    神は【光だ!】【愛だ!】だけでは、地獄が待っている 

                     

                    それは、【目には目を、歯には歯を】の【カルマ】の原則の前では、神は【光だ!】【愛だ!】だけの教えは虚しい教えになるからです。

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    calendar
                      12345
                    6789101112
                    13141516171819
                    20212223242526
                    27282930   
                    << September 2020 >>
                    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                    selected entries
                    archives
                    recommend
                    links
                    profile
                    search this site.
                    others
                    mobile
                    qrcode
                    powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                    にほんブログ村