<< 新地球は「瓜二つ」でも、みろく世に行く魂は双生児(ピーナツ) | main | ダビデの若枝とは松(みろく)の世の目出度目出度の若松様よ! >>

創造神との各自の契約の示し。アワで魂の禊ぎの阿波岐原

0
    少し前の記事で、魂に点数が出る不思議を書きました。魂とは「玉思惟」で丸い玉なのですが、日本の国に常に立つ御言(日本語・国常立尊)が何故に玉思惟に「魂」という漢字を使わせたのかと言いますと、「ウシトラ」の意味を教える為であって、思惟は【深く考える)】ことなのです。
    物事を深く考えないと奇魂(くしみたま)の働きが起きないことにより、玉思惟(魂)の点数
    が上がって来ないわけです。ですから、幾度も幾度も嫌がられるほど口酸っぱく言って来ましたが、「愛」だ!。ばかりを言っている方は、魂の磨きにはほとんど結びつかないのです。

    よく、霊感が強い女性に見られる傾向として、考えるのじゃなくて自分の直感に従うべきだと言われる方が圧倒的に多いのですが、それでは深く考える学びの奇魂が働いていない為に、その次元が何時まで経っても上がらないが起きて来ます。
    例えば釈迦様でもイエスでも、非常に奇魂の働きが強いことが解ります。そこには正しい思考が入っています。だが、自分の直感ばかりを言われる方は「光」に惑わされて、自分の前世が釈尊とかイエスと名乗るニセ者の五次元とか六次元程度の光の存在にコロリと騙されてしまうが往往に起きてしまいます。

    少し前、かなりの霊力が有る神通力者さんが私が知る光を持っている人のことを言われていまして、それは他の神通力者さんも同じことを言われてはいたのですが、私がそれは違いますよとメールを送ったところ、お前の程度の者に何が解るかとおっしゃいますので、そこまで言われるのならば私の背後の存在を目を見開いてしっかり見なさいと伝えておきましたら、その後、お赦しくださいと詫び状が届きました。
    私にはその詫び文以外は何も言われませんでしたが、他の方には私の背後の光に殺される。あんな恐ろしい光は見たこともないとブルブル震え上がられたとのことでした。この神通力者の方はスピで愛を言っている方とは段違いの実力があると見受けました。しかし、私の背後にある存在までは見通すお力はなかったようです。光を見せびらかしている存在は、さほど高くないのです。

    その方は何を見られたのか?。それは私が説いている「良心」神の光だったのでしょう。良心神の光は真性天照太御神として顕現する光だからです。スピを自称されている方で、「光に殺される」と言うような凄い光を見られた方はたぶんおられないでしょう。神社仏閣に祭られている御神仏が出される光の段階ではないのです。それが「天の岩戸の中の光」と呼ばれる光です。私もはその光を見たことで、この光が表に出たら大変なことになる。この光が出された時に対処するにはどうしたらいいのかと探って来て、人の魂の中にある「良心神」の存在を導き出したのです。

    天の岩戸の光は、火炙りの刑の如く

    私が未だ「人に内在する良心神」に気づかない30年ぐらい前、出口王仁三郎聖師の言霊顕彰会の講演で、私は当時の師匠の代理として東日本日本大震災を予言したと言われている松原照子さんと二人で講師として講演したことがあります。
    その講演が終わった途端、私はその会場に居た二人の女性霊能者に抱きつかれてしまいまして、何事と思っていましたら、貴方の胸の奥の中に岩窟のトンネルがあり、その奥に真性天照太御神様が居られると言って。オイオイと泣かれるのです。

    聞いた私はポカンとしていました。まして真性天照太御神の意味が解りませんでした。もし、皆さんが天の岩戸と呼ばれる中の光を見たとしたならば、光に殺される。お赦しくださいと震え上がることになります。否、その前に大本教神諭に、自分を殺せとのたうちまわるとあるほど、その光に苦しむことになるでしょう。それは魂の汚れを一切赦さない光だからです。 自己の魂に汚れがあれば、それを焼き尽くす神の光なのです。

    自己の良心神の点数を上げるということは、「米」で説かれる天の岩戸開けの時に出る光に、自分がどれだけ耐えられるということなのです。


    主の神と私達の魂の契約は「禊ぎ」にあります

    「禊ぎ」とは自分の魂の汚れを洗い落とすことです

    魔界を一瞬に消す光の剣を持っていると豪語されている方が、神との「契約書」を捨てなさいと言っておられましたが、私にはどう考えても意味が解らない教えでした。
    自分の魂の「汚れ」を取ることが私達の個々の魂と主神との契約であり、その契約に従って玉思惟(魂)の汚れを祓い清める。すなわち「御祓」です。また、字を替えると「禊」です。主神との契約を破棄するということは、もう私は魂の汚れを落とす磨きは一切しません。そう宣言することだからです。

    それで自己の魂の汚れを祓うことを止めれば、後で泣くのは自分なのです。

    何を証拠に?。言葉をよく見れば意味が解るはずです。

    禊(示・契)=神との契約の示し=身滌(みそぎ)

    だが、いくら言葉(漢字)に示してあっても、自分が「光」を言うものに騙されていることに気づかない人が多数おられます。
    どんな新築の家で、そこを閉めておいても「チリやホコリ」は溜まります。為に新築でも住まない家は掃除をしなければなりません。魂も同様にいくら聖人君子の生き方をしたとしても、魂にチリやホコリは必ず付着します。それは常に祓い(掃除)清めしなければならないのです。

    そのチリやホコリは「光」で消えるでしょうか?。

    その意味が日本神道の祝詞、【身滌(みそぎ)】の祓いなのです。

    身滌の【滌】は、洗う、すすぐ(濯)の意味で、身(魂)の洗濯

    その禊ぎとは瀧に打たれたり、川の中に入ることではないのです。それを禊ぎと言うのであれば、それは間違いです。
    私も瀧に打たれたりしますが魂の禊ぎではなくて、自分の「精神統一」の為です。雑念を祓って無の状態を起こさせる為です。

    さて、神道で使うところの御祓の祝詞には、不思議な内容が存在します。
    伊弉諾(伊邪那岐)大神が阿波岐原(あわぎはら)に御禊祓(みそぎはら)へしたまひし時に・・・・・・

    この阿波岐原(あわぎはら)とは何のことでしょうか?。

    祝詞文にあります「阿波岐原」とは、一般的には宮崎県宮崎市阿波岐原町にある池のことだと思う方達もあるでしょうが、伊弉諾伊弉冉の二尊が棒をかき混ぜて日本の島々が出来たとするならば、その神様の大きさはとてつもない大きな体となります。そんな小さな池に入れるはずもないでしょうが。
    阿波岐原とは、阿波(アワ)で岐(別ける意味)の原です。
    阿波という漢字が振られているから意味が解けないのです。これは「泡(アワ)」の意味です。

    皆さんは服が汚れた時、服を洗濯するのに洗剤の「泡(アワ)」をもって汚れを落とされるでしょう。それと同様に魂の汚れを洗うの意味の「阿波」なのです。もし泡立てなければ、魂の汚れはさほど落ちないでしょう。

    何故にお前ごときにそんなことが言えるのかと、お叱りを受けるかも知れませんが、これは私が最近見せられたからです。


    その泡で魂を洗ってくださるのが素戔嗚尊(瑞霊)

    その洗い終わった魂に光を当てるのが真性天照太御神(厳霊)

    通常、私達が知る日本語の言霊の並びとして「アイウエオ」「イロハ」「ヒフミ」の三つがあります。他に「アワのうた」があります。私も言霊学ではこの「アワのうた」の並びは幾度も目にはしてきました。
    その「アワの歌」を盛んに言われる方達がありますが、ある御神霊が「アワの歌」は過去の遺物と言われています。某霊能者の方もこの「アワの歌」を知らなかったので御祭神に問われたところ、やはり過去の遺物とのことだと言われたと言われています。過去にはそうした言霊の並びがあったのですが、時代と経て今は必要が無くなったです。
    ですから、古い言葉だから正しいではないのです。そこは変化があるのです。イロハなどは完全に言葉で歌を歌えるからです。その「アワの歌」の「アワ」の意味ではないのです。


    阿波の国(徳島)と淡路島の淡(アワ)。その間が「鳴門」です

    その間を渦が巻く。つまり魂の洗濯の要素の「アワ」です

    洗濯機は「渦」を巻いているでしょう。

    アワの島には「ス(州)」本が在るでしょう

    私は「富士鳴門」の仕組みを、ほとんどの神々や霊能者の方達は間違った解釈をしておられるとは気づいていました。私自身若い頃に数ヶ月間淡路島の「洲本」で暮らしていたことがあり、何か型を織らされたのではないかとは思っていましたが「泡」には気付きませんでした。

    その「泡」を出す洗剤とは何なのでしょう?

    それは「言霊」という洗剤(宣材)を持って、魂の汚れを洗うわけです。

    通常神社に参拝して神主さんに御祈祷をお願いしますと、まず最初に【身滌大祓(みそぎおおはらい)】をしてくださるでしょう。
    しかし、それで魂の過去の全ての汚れが落ちるというものではないのです。魂に付いたチリやホコリを祓うであって、別に魂の洗濯をされているのではないのです。では、毎日毎日神社に参拝して神主さん御祈祷してもらうなど現実的はありません。

    現実的には、自分の魂に付いたチリやホコリ(人の想念)は自分が日頃から身滌大祓(みそぎおおはらい)の祝詞を上げていけばいいのです。しかしそれは過去に付いた魂の汚れを洗うところまでは行きません。

    そこに【言霊】と呼ばれる宣材(洗剤)を入れればいいのです。

    宣材の言霊としては「アイウエオ」「いろは」「一二三(ひふみ)」があります。

    アカサタナ ハマヤラワ ガザダバパ
    イキシチニ ヒミイリヰ ギジヂビピ
    ウクスツヌ フムユルウ グズヅブプ
    エケセテネ ヘメエレヱ ゲゼデベペ
    オコソトノ ホモヨロヲ ゴゾドボポ



    いろは にほへと ちりぬるを (色はにほへと 散りぬるを)
    わかよ たれそ つねならむ  (我か世たれそ 常ならむ)
    うゐの おくやま けふこえて (有為の奥山  今日越えて)
    あさき ゆめみし ゑひもせす (浅き夢見し  酔ひもせす) 



    ひふみ よいむなや こともちろらね
    しきる ゆゐつわぬ そをたはきめか
    うおゑ にさりへて のますあせえほれけ

    こうした「言霊」を上げる事が、魂の汚れを洗ってくれるのです。

    どれが一番効果があるかは、どうも人によって違いが見られます。この三つとも唱えられたならばいいでしょう。その上げ方の見本は私のHP言霊(kotodama)にも載せています。

    大本教で「いろは」を教え、日月神示で「ひふみ」が出て

    トドメは【アイウエオ】


    カサタナハマヤラ

    いろはやひふみは、369の「米」が織れないヨハネ(四八音)



    自分の魂を洗う「宣材」を入れてください

    魂を磨くのには「研磨」で解る様に、日々の努力や行いが大切です。その為に長い年月の魂の「輪廻転生」も必要でした。
    仮にそうしたことを忘れていたとしても、自己の魂の汚れを洗うことをしておけば、トドメの時にはその魂の洗いが自分の魂を助けることになります。

    こうしたことをキチンと教えておられる御神霊ならばいいのですが、そうでない御神霊が多いように見受けられます。


    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村