<< 全国一の宮 大山祇神社、土佐神社、田村神社。国常立尊様は大山積様なのか?。 | main | トドメノフミは【改心は午の年の秋まで】。未の皮むきとは? >>

全国一の宮。上一宮大粟神社、八倉比売神社、伊弉諾神宮。八倉比売神社に天照大神は死んだ⁉

0
    阿波国の一の宮には大麻比古神社、一宮神社、上一宮大粟神社、八倉比売神社があります。その中で「大麻比古神社」は阿波国・淡路国の総鎮守社と言うことで、私に降りた阿波国の一の宮を起点として全国の一の宮を回る旅は「大麻比古神社」からスタートしました。
    一の宮巡りなので、阿波国にある他の一宮神社、上一宮大粟神社、八倉比売神社も回らなければなりません。その中で徳島市にある「一宮神社」は元々が「上一宮大粟神社」が参拝には不便だということで分祠としてつくられたもので、同一社となりますので元々の上一宮大粟神社に参拝して、分祠たる徳島市の一宮神社はそれで回ったことにしました。

    上一宮大粟神社はお参りに不便だということで徳島市に一の宮の分祠が創られただけあって、山の中にあります。今は川と山の間をぬうように二車線の立派な道路が走っていましたが、昔は川沿いの山裾の細い道を行ったのだろうということは走っていても解ります。
    今の住所地を「神山町神領」と言い、合併前は「神領村」と呼ばれただけあって、古代には何か神に関わるだけのものがあったのでしょう。

    山の中を走って行くと、少し開けた集落があり、鳥居の手前が郵便局で駐車している車は参拝者の車ではなく、郵便局関係のようでした。あまり参拝はないと思われます。

    上一宮大粟神社鳥居。
     

    この神門から参道がありました。右にある道は上にお寺があり、その参道のようです。帰りはこの道を下って来ました。
     

    上一宮大粟神社に向かう参道。
     

    上一宮大粟神社本殿。
     

    御祭神は日本神話の中の「大宜都比売命 (おおげつひめのみこと) 」となっています。この大宜都比売命は霊能者の間では「豊受」様だと言われる方が多く。俗説でもそう言われていますが、日本の記紀神話で行くと「大宜都比売命」は「豊受」様とはなりません。日本神話ではこの2神は完全に別の存在として書かれています。
    神殿で拝していますと、出て来られたのは「豊受」様でした。俗に言われていることが正しいようです。豊受様から一言いただいて帰りました。ただ、それは私が見たのは豊受様であり、学者さん達の大宜都比売命と豊受神は別神だという説を否定するのではありません。

    ただ、それで「アワ国」の「アワ」の意味には、阿波(泡)のみならず、五穀神「豊受神(大宜都比売命)」に関しての「粟(あわ)」もあるのだと思っただけのことです。
     


    次に阿波国一の宮である「八倉比売神社(やくらひめじんじゃ)」にと向かいました。さて、鳥居は見つかったのですが、石段を上がっても「祠」のような社があるだけで、一の宮らしき神社が見当たりません。

     

    そこで、付近を探していると宮司さんの家らしき建物がありました。建物の看板に「天石門別(あまのいわとわけ)」八倉比売(やくらひめ)神社社務所」と上がっていますので、間違いなく社務所です。だが、その付近にも神社が見当たらないのです。
    なお八倉比売とは「天照大神」の別名とされています。
     

    で、付近を探していると公園化された山の中にあることが解りました。遊歩道のようになっているので車で行っていいのか悪いのか判断が出来ず、距離もあるので車で上がって行きました。すると鳥居がありました。車が2台ほど駐められるスペースがあったので、そこに駐めて石の階段です。

    八倉比売神社鳥居。
     

    八倉比売神社本殿。
     

    八倉比売神社の略記です。ここにとんでもないことが書かれています。【当八倉比賣大神御本記の古文書は、天照大神の葬儀執行の詳細な記録で、道案内の先導伊魔離神(いまりのかみ)、葬儀委員長大地主神(おおくにぬしのかみ)、木股神(きまたがみ)、松熊(まつくま)二神、神衣を縫った広浜神(ひろはまのかみ)が記され、八百萬(やおよろずのかみ)のカグラは、「嘘楽」と表記、葬儀であることを示している。】とあります。

    天照大神がこの地で亡くなって、その葬儀委員長が大国主命(大地主神)であったなど、日本の皇室主観主義の偉い学者さんが聞いたら、ひっくり返ってしまうようなことが書かれています。
    ただ、この地は徳島市に合併するまで「国府町」と呼ばれており、古代には「国府」が存在していたことになります。また、近くに阿波国分寺もあります。さらにその先を流れる川は「吉野川」であることから、卑弥呼論争が起きても不思議な場所ではないのです。
     

    この八倉比売神社の鳥居から本殿まで行く道は公園のようになっていますが、その中に「矢野遺跡」が存在します。縄文時代からのものです。そうなりますと、「天石門別(あまのいわとわけ)」の意味もかなり持つとも考えられます。

    矢野遺跡1。同様の建物は出雲の「八雲立つ風土記の丘」にも存在します。
     

    矢野遺跡2。住居内部。
     

    矢野遺跡3。高床式建物で古代は穀物の貯蔵庫だったとされる形式です。
     


    阿波国一の宮を終えて、鳴門海峡を渡って淡路市多賀の「伊弉諾神宮」にと向かいました。私が40年ほど前に淡路島の洲本に住んでいた頃は、ここは津名町と呼ばれていました。当時は洲本に居ても、信仰心など無かったので訪れてもいません。

    数年前、多賀の伊弉諾と名乗る声から、あることを告げられて近江の多賀大社に参拝したことがあります。それはある人を近江の多賀大社に私と一緒に連れて来て欲しいでした。だが、本人に言っても聞く耳はないので、申し訳ありませんが直接に本人に言ってくださいと返したところ、直接本人に告げられて一緒に近江の多賀大社に参ったことがあります。
    すると、ある霊能者の方が私がお多賀の伊弉諾様からお呼び出しを受けてある方をお多賀に連れて行かれたが、本当はその方がメインではなくて、貴方がお多賀から呼び出しを受けられたのです。だが、貴方に関わる伊弉諾様は多賀よりも、淡路の伊弉諾宮のはずですがと告げられたことがあります。
    その時、私が一緒に連れて行った方はその多賀で伊弉冉様からある物を見せられたのですが、ご本人もその意味が解らなかったようです。が、今年白山神社で私に菊理媛様が出て来られたことで、その意味がようやく解りました。

    それに関することは、これから起きて来ることに関係しているのかも知れません。大本教の出口王仁三郎聖師が予告された「綾部は神の聖都」に関して白山菊理媛のお働きです。


    近江の多賀大社は伊弉諾尊・伊弉冉尊の2柱神ですが、こちらは昔は伊弉諾尊様単独となっていました。だが、ここも地名は「多賀」であり関連していると解ります。明治以後、御祭神が伊弉諾尊・伊弉冉尊となったことで、名前は伊弉諾宮でも2尊と言えます。そして、こちらも古代は多賀明神と呼ばれていたのです。

    淡路国一の宮・伊弉諾宮一の鳥居。
     


    伊弉諾宮表神門。
     

    淡路は日本神話における伊弉諾尊・伊弉冉尊の国産みの地であり、伊弉諾尊の終焉(幽宮)の地と言うことで、「淡路幽宮」となっています。ここにある「日之少宮」の意味は、その名で隠居しておられたの意味のようです。
    ここでは、伊弉諾尊・伊弉冉尊の2神の絵が描かれていますが、明治時代より以前は伊弉諾尊単独で祭られていたようです。
     

    伊弉諾神宮拝殿。拝殿正面が一般参拝用。その右手の方にテントが見えますが、拝殿でご祈祷を受ける時はそこで待って、それから拝殿と上がります。
    今回、御祈祷を受けましたところ、この拝殿に上がって神職の祝詞や巫女のお神楽が終わりましたら、玉串を持って拝殿の向こう側から降りて履き物を替えて、本殿に一人で進んで柏手を打って玉串を奉納します。神職はついて来ませんので、玉串の上げ方を知っておく必要があります。
     

    左が拝殿で右側が本殿。この間を神職の案内ではなく、自分で歩いて行くという他の神社では見られない様式になっていました。自分が拝して帰って来るまで、神職は拝殿で待っていてくれます。その後に拝殿内で御神酒です。
     

    拝殿脇から見る本殿。
     


    その日、この伊弉諾宮でテレビロケが行われていました。ロケの方に話を聞くと中村俊介さん主演の「浅見光彦」シリーズで今年の8月に放映されるそうです。


    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村