<< どちらが正神界で、どちらが邪神界等は無意味な論争。私が言う邪神界とは蛇心界 | main | 西暦2018年を表す漢字一字は「災」と決定したが、本当の「災」はこれから先 >>

人は誰でも霊界を見ている。自分の夢の中まで支配して来る霊。【意識】とは何ぞや!

0

    世の中には死後の世界たる霊界。神仏が存在する世界を信じる人達と、人は【死ねば終わり】だと、死後の世界を一切認めない人達があります。

     

    日本仏教の某宗派はひどいもので、その信徒さん達に【死後の世界(霊界)などは無い。人は死ねば土に還るだけ】だと教え込んでおられます。仏典にお釈迦様は幾度かこの世に出たことが記載されていても、まるで理解出来ておらずに霊界等は無いと言うのであれば、貴方達の仏教とはいったい何だとなります。また、人は死ねば土に還るとするならば、どうして信徒に先祖供養を要求するのだとなります。自分達で矛盾に気づいていないなのです。

    この宗派は、仏典の中味は人がこの世で生きて行く為の教えであり、何も死後の世界があると説いてはいないと、かなり逸脱したことを教えておられます。確かに、仏典にはお釈迦様が死後の世界の存在を問われた時、死後の世界のことなど知ろうと思い患うな。今の世を一生懸命に生きなさいと説かれたとは言われています。それは死後の世界が無いと言われたのではなく、死後の世界を知ろうと患うなです。死後の世界の説明はかなり難しいのです。それを無理に知ろうとする必要はどこにも無いで、意味を取り違えていると言えます。

     

    この宗派の信徒さん達の中には、霊界などを説いているとすぐに【オカルト】だと執拗に攻撃をされて来る方達があります。最近もとあるブログがその被害に遭っておられました。死後の世界の存在を説く者達は全て邪神だオカルトだという信念のようです。

    この仏教宗派は日本の仏教界のほとんどの宗派が所属している全日本仏教会にすら所属しておられません。ある意味異端宗教なのですが、自分達以外が異端宗教だと思っておられるようです。そうしたオカルトの連中を叩くことが正しいことだとの認識なのでしょう。では、そうしたオカルトの連中を叩いて自分達は死後は土に還る。消え去る。そこに何の意義があるのかとなります。 それではもはや宗教とは呼べません。

     

    宗教とは、人の【胸(宗)】の中に宿る存在を教える

     

    そこに【愛】の教えもあれば【良心】神の教えもある

     

     

    そもそも仏教の開祖たるお釈迦様の教えに、人は死ねば終わりで土に還るなどの教えそのものがないのです。法華経を読むのであれば、そうした教えがどれだけ逸脱しているのかが解ります。神仏と呼ばれる存在と、自分達の死後のことがまるで理解出来ていないのです。その宗派では法華経は【嘘も方便】の集で、この世を良くする為に【嘘】が書かれているのだと反論されます。この仏教宗派の教えを信じる人達は、話せば解るの段階の方達ではありません。中には狂犬病的な方達が見られます。

    確かに法華経は【方便品】とあり、【嘘も方便】の教えがあっても、そこには【化城】の論理があるのです。人は死ねば天国だ!。そんな簡単に天国などに到達など出来ません。だから指導者は【苦肉の策】で幻の【化城】を説くのです。

     

    で、この宗派の僧侶達は死後どうなっているかと言いますと、全ての僧ではないでしょうが死後は地獄界に墜ちてしまっています。大本教の出口王仁三郎聖師が説かれた、【地獄を覗けば、牧師や僧侶でいっぱいだ】の口です。それをその宗派の開祖ではありませんが、その開祖の師匠たる宗派の開祖様が地獄に赴いてまでその救済に走っておられるがあります。

    自分が開いた直系の宗派でなくても、自分の教えを元とした弟子が開いた分派の信徒でも、自分を御本尊として崇めてくれている者達。地獄に墜ちている分派の信徒達を救う為に地獄に赴いておられる姿が霊能者に視られて、その元の開祖は地獄界に墜ちておられるとの話も起きています。そうではなくて、自分の教えの真意が解らなかった直弟子が起こした宗派の信徒達を救う為です。

     

    死後の霊的世界の存在を知るには、自分に【霊能力】がないと、人の話だけでは霊界が存在していることはなかなか理解出来ません。しかも霊界は横の広がりと縦階層で成り立つ多様の世界が存在して来ますので、簡単に説明が出来ません。また、人の身で全霊界を知るなどは不可能と言えます。

    人はいくら霊能力があるとしても、その人に見える範囲の霊界しか見ることが適わず、霊能者を100人集めても、話の内容がまったくかみ合わないとなります。

     

    その霊能者が嘘を言うのではなくて、その人の霊能力では限られた限定の世界しか見えていないなのです。

     

    霊的世界が解る者からすると、【お釈迦】様や【イエス】や【弘法大師】や【日蓮聖人】などは、特別の存在であったことが解って来ます。そうした先達は狭い範囲の霊界を見たではないのです。神が人類の為に、この世に降ろした高級な魂達なのです。魂の格が低い人ほど、魂には格の違いがあることが解らないのです。そして、人は一人一人が創造神だ!。と歪んだ観念を持ってしまう霊能力保持者もいます。

     

     

    自分に【霊能力】が備わっていないと、死後の世界たる霊界の存在を認識するのは難しい話ではありますか、実は人は【夢】で霊的世界を部分的には見たり体験はしているのです。

     

    人は何故に眠るのか?

     

    人が眠るのはこの世で働く【肉体の休養】が第一義ですが、人の肉体は【魂の服】であり、この世の活動で疲れた魂のエネルギー補充として魂は眠っている間は【霊界】に帰っているとされます。 その霊界に帰っている間に体験したことが【夢】として現れるなのです。

    ですから、人は眠らないと霊界での魂のエネルギーの補充がうまくいかずに、肉体にまで支障を来して病になったりします。

     

    そうした証拠として、

     

    如実に出るのが【霊媒質者はよく眠る】なのです

    霊媒体質者は霊に憑依されると眠くなるです。眠ることで自分に憑依した霊を肉体で浄化させるです。 

     

    人は眠っている間に、誰しも【夢】を見ています。ところが目覚めると、見ていた夢をほとんど記憶していないのです。その中で、見ていた夢で鮮やかに記憶している夢があります。この記憶している夢が【霊夢】とされます。霊界で起きた事物を魂が記憶するからです。 自分が夢に見た内容が、そのままにこの世に起きる事を【正夢(まさゆめ)】といい、反対に逆の現象がこの世に現れることを【逆夢(さかさゆめ)】と言います。これらは、この世より霊界で先に起きることが原因とされます。

    そうした夢の中で【予知夢】があります。未だ起きててもいない未来の出来事が「正夢」で、その夢の中味の通りのことがこの世で起きてしまうことです。そうした「予知夢」を見る方は、ある意味「予言者」の素質の持ち主なのです。この世を【現世(うつしよ)】と言いますが、霊界で起きたことの【写し世】だからです。

     

    私の亡き伯母は霊感持ちで、未だ誰も死んでいない家を見て、この家で葬儀があると言うと、数日から一週間ほど経つと、その家では葬儀が行われていました。伯母には葬儀の光景が事前に見えるだったのです。予知夢ではありませんが「予知」能力があったなのです。私も子供の頃はそうした「予知」能力がありましたが、今は消えてしまいました。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師は類い希なる大預言者(予知能力者)で、その予言の的中率は誰をもってしてもそこまで出来ませんでした。そのことに関して、出口王仁三郎聖師は霊界で起きた事物を語っていると言われています。そして、霊界で起きたことは必ずこの世で起きる。だが、それが何時この世で起きるかが解らない。それが千年先になるのか?。二千年先になるのかは解らないが、必ずこの世で起きるです。

     

    しかし、いくら記憶に残った夢でも【意味が解らない】ものが多いのです。それらは一度、言葉に置き換えて、その言葉の意味を別の言葉に置き換えると解って来ると言われています。私が大本教が演じた意味を、別の言葉に置き換えて解読しているのと同じ手法です。

    だが、夢を見ただけで、その内容を全て霊界話に持って来るのはどうかとなります。私自身の体験で、夜に眠っていて夢を見て、そこで誰か見知らぬ人と出会った。で、その日の朝の神前で祝詞を宜っていると、その神前に夜に夢で見た人物たる霊が現れて来るなどがありました。それは単なる夢ではなくて、夢の中で霊界と関わっていたなのです。

    だが、霊界には邪霊達も多く、そうした邪霊達が仕組んだ内容を夢に見て、それが現実になると思うと「一杯喰わされた」となるのです。ゆめゆめ疑うことなかれでなく、夢も疑えとなるのです。

     

    この「ゆめゆめ」は【夢々】ではなくて、務めての【努々】とされますが、古事記などでは【由米】なのです。

    中国の詩に「天を視るに夢々たり」があり、夢は「神霊の啓示」として現れるもあります。精神学のフロイトは無神論者であり、ユングは神の存在の判断は避けました。これが有神論者であれば、精神医学は今とは違った方向に進んでいたでしょう。

     

    夢の中に登場人物が、目覚めると霊としても現れる

     

    夢の源は霊的世界で、霊界は【識界】であり、個々の意識と関わる

     

    私の元にある質問メールが来ました。ある方が自分がみろく神ですと名乗っておられます。その方は本当に「みろく」様なのですかとの質問です。

    その自称「みろく」ですと名乗っている方と直接の面識はありませんが、その方が自分が「みろく」だと名乗っておられることは知っています。その方の名乗りの経緯は、御本人の夢の中にお釈迦様が出て来られて、あなたが自分の跡を継ぐ「みろく」菩薩だと告げられたから、名乗っているです。

     

    私達は誰しも自分の夢の中に出て来た存在は本物だと認識してしまいます。しかし、それは霊的世界で自分が「釈迦」だと名乗っている霊の存在と出会ったという関係だけであって、その夢の中の釈迦が本物だとか偽物なのかの証拠とはならないなのです。

    霊能力がある人に、自分が天照大御神だとか大国主命だとか、天使長ミカエルとかガブリエルだとか名乗る霊が出て来ることは、霊的世界を知るならば日常茶飯事に起きる出来事だと認識出来ることです。

    これが自分が起きている日中にお釈迦様と名乗る霊が出て来て、貴方が【みろく】だと告げられたならば疑いを持つかも知れません。が、眠っている夢の中で言われると、ほとんど疑わないになってしまうのです。そこにあるのは、夢の世界と霊界は別の世界で、夢の中では自分は騙されてはいないと思う錯覚なのです。

     

    一番大切なことは、そうした事象に出会った時、果たして自分はそれに該当するだけの者かと省みることなのです。とてもじゃないが、自分はそんな【器】でないと思ったら、そんな名乗りは安易に出来ないはずなのです。

     

     

    巷で自分が創造神だとか、救世主です。みろく神ですと名乗っている人を100人集めれば、その100人が100人とも自分一人だけが本物で、残りの99人は蛇霊や狐霊に騙されている者だの批判合戦になります。皆、自分だけが本物なのです。

    確かに、そうした人達はそうした名乗りをするだけあって、それなりの【奇跡力】が備わっており、その奇跡力でその人が創造神だとか救世主と信じる人達が出て来ることは別に不思議ではありませんが、その奇跡力とは人を驚かすには充分でも、天変地異を押さえられる様なものではありません。そんな小さな奇跡力だけで、どうしてそうした名乗りが出来るのか不思議な話ではあるのです。

     

    大本教から「みろく」神が前面に打ち出されました。そして、大本教出口なお開祖に降りた神示に出口王仁三郎聖師が「みろく」様だと言う内容がありました。しかし出口王仁三郎聖師は、終戦の昭和20年に本当の「みろく下生」があったと残しておられます。で、自分は本当の「みろく」神ではなかったの発表です。

    その昭和20年に「みろく下生」の話は、西洋ではベンジャミンクレーム等が宣伝している世界教師(マイトレーヤー)と奇しくも同じですが、私は大本教神諭予告の【九つ花】の仕組みから五十六億七千万の「みろく」が導き出来ることから、【みろく】とは言葉の仕組みで、大本教の出口王仁三郎聖師ですら、一時は「偽りの神示」たる言葉に踊らされたと言えます。

     

    この昭和20年(西暦1945)にみろく下生は、極東の【ヒ】を意味する国に、世界の宗教を統一する一人の男子が誕生したとされる予言があり、その極東の国は【比国(フィリピン)】ではないかとされていたのですが、英国神智学のペンジャミンクレームは、比国でなくヒマラヤ神界で光で合成された人物として説いています。日本にもその支部は存在して活動しています。

    ただ、気になるのはこの世界教師(マイトレーヤー)とされる人物に関しては、以前は幾度か「雑誌ムー」などにも取り上げられていたのですが、その人物の写真を見た霊媒体質者が吐き気を感じるなのです。それが良い意味なのか悪い意味なのか、はっきりはしませんが日本国内だけでなく世界中に「みろく」下生の話はあるなのです。

     

    通常、弥勒(みろく)菩薩とは、お釈迦様の死後【五十六億七千万】後に現れて人類を「みろくの世」に渡す【未来仏】とされています。この地球が誕生してから四十六億年程度とされているのに、五十六億七千万後とは気が遠くなる数字です。当然に本当か?、となります。

    そもそも仏教においては、お釈迦様の入滅後二千年か千五百年で【末法】と呼ばれる時期に入り、今はその「末法」の時代と言われています。その末法は一万年間は続くとされていましたが、私に降りた霊声に末法の期間を八千年縮めるがありました。それが正しい霊声ならば、何時、この世の終了が起きても別に不思議もないのです。

    大本教は仏教で無く日本神道の立場でありながら、仏教の未来仏たる「みろく」大神を全面に打ち出しました。そして、大本教神諭は【九つ花】に咲く一輪の言霊の経綸を告げ、それは誠の者でないとそのお世話が出来ないと予告しました。

     

    その【九つ花】を紐解くと、何故に大本教が「みろく神」を全面的に打ち出したのかが解ります。また、大本教では「みろく」として「五六七」と表しましたが、九つ花から【五十六億七千万】の数字そのものの仕組みを打ち出せるのです。

     

    私はその【言霊で成る】仕組みを知った時、とんでもないことを仕組んだ神が存在するの認識に立ちました。

     

    私は、何故に「みろく」神が【言葉の仕組み】になっていたのかと推察すると、言葉を創った神は、世界中の邪神達を炙り出す仕組みをなされたのではないかと推察しています。

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村