<< コロナウイルス騒動で見えて来る人の本性。他利行で未来の行先に希望 | main | 霊学12 霊界には時間と空間の概念が無いとされるが、時間も空間もある。10万倍理論 >>

霊学11 世の立替論と【ユダヤの悪鬼がこの世を泥海にする仕組】とに関係があるのか?

0

    明治25年に丹波の片田舎から発祥した大本教は【世の大立替】と【みろくの世】の到来を告げました。その大本教神諭には【ユダヤの悪鬼がこの世を泥海にする仕組】があります。

     

    ユダヤの【悪鬼】とは何!

     

    ユダヤと言いますと、国としては現在の【イスラエル国】であり。私達はそのユダヤ人の中の悪鬼のことかと思います。この場合の【悪鬼】とは神的な存在のことで、人のことではありません。霊界で力を持った存在を【鬼】と形容しますが、その中の【悪の鬼】です。

    元々、ユダヤ人とは日本人とかアメリカ人とかフランス人とかの国(地域)に住む人達のことを指しているのではなく、【ユダヤ教の神(旧約聖書の神)】を信じる人達のことを【ユダヤ人】と言っていたのです。為に肌の色や言葉は何も関係しないのです。

     

    では、ユダヤの神(旧約聖書の神)を悪鬼と言ったのか?

     

    西洋においてキリスト教徒が旧約聖書の神を信じるユダヤ人達を【迫害】し続けたことは歴史が証明しています。特に独国の独裁者ヒトラーは【ユダヤ人】を皆殺しにしようとまでしました。だが、何故にヒトラーはそんな思考に入ったのか?。その理由を調べた学者が居ないようです。私はある霊的映像を見せられて、ヒトラーは何故にユダヤ人を【皆殺し】にしょうとしたのか、それが理由ではないかと推察しました。

    旧約聖書を読んでいると、そうした観念に陥ります。それだとユダヤ教徒でない者達は一人残らず旧約聖書の神に殺されることになってしまうからです。だが、その事柄を日本の言葉で紐解くと、まったく意味が違うのです。

    私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【旧約聖書は我が書なれども、そのままに読むと意味を間違えてしまう。暗号書のようなもので、意味を解読しないと解らないようにしてある。】と告げられましたが、日本語で無いと意味が紐解けないのです。その紐解きの為に出口王仁三郎聖師はとんでもない行為をされています。そこまで神の舞台の役者はするのかです。私には出口王仁三郎聖師がされた演技が出来るとかと言ったならば、とても出来ませんとしか言えません。そこが出口王仁三郎聖師が【巨人】と呼ばれる由縁なのです。

     

    イスラム教の開祖マホメットは、イエス個人を神と信じるキリスト教徒とは違い、同じ旧約聖書の神を信じるユダヤ人に対しては、ユダヤ人達がイスラエル国を建国するまでは同じ神を信じる者達としてエルサレムの地域でも仲良くしていたことが知られています。共通の敵はイエス個人を神と信じるキリスト教徒達と言えました。

    そのユダヤ人が西洋の列強の支援を受けて「イスラエル国」を建国して、その地域に住むイスラム教徒に対して迫害を起こしたことからイスラエル国はイスラム教徒の共通の敵となったなのです。エルサレム市内にはキリスト教とイスラム教とユダヤ教の聖地が隣接することで解る様に、本来は【一つの神】であるべきだったのです。

    私達が通常に持つ知識では、大本教神諭はユダヤ人の神を【悪鬼】と言ったのであれば、旧約聖書の神のことを【悪鬼】と言ったのかとなります。確かに、イエスは旧約聖書の神を【悪魔】呼ばわりすらしています。だが、聖書を手にすると、イエスの言葉を記した新約聖書とユダヤ人の旧約聖書も一緒に入っています。すると、何故?。と不可解となります。

     

    現在の地球上に住む人類の遺伝子は20万年前からのものであり、それ以前に存在した人類の遺伝子とは異にすることが、最近の遺伝子研究で解って来ました。大本教霊界物語は、それよりも遙かに昔のことを書いています。翼を持って空を飛んでいた人達や異様な姿の人達です。そのユダヤに振られた漢字は【猶太】です。

     

    この【猶】は【尊(御言)を獣にした】意味であり

     

    ヘブライ語では日本語の様に【神の御言】が出ない

     

    この経緯は現在の私達が持つ歴史では理解不能となります。人類は過去に【六度滅んで】いて、現在の人類は【七度目】の人類とされます。そこから、日本神話では今の世は【神代の七代目】であり、聖書では神は【七日間】でこの世を創られたとなっています。そして、七度目の世を終えて末広がりの永遠の【八代目】の世に向かう。この八度目の世が俗に【みろくの世】と呼称されるわけです。

     

    ダルマ(真理)の【七転び八起】

     

    ここが解っていないと【五十六億七千万】の数字の意味が解らないのです。だが、大本教からはそこが出せなかったなのです。大本教神諭では単に【ダルマ大師】として現れたなのです。そのヒントは【高崎のダルマ】ではあるまいにです。ダルマと高崎のダルマのことではなくて、仏教用語では【真理】のことなのです。今の人類も世に出ておられる神達も【真理】を転がしてしまったのです。

    大本教神諭には、【一を聞いて、十を知る者で無いと神の御用に使えない。】とありますが、一つの神諭から多くの事柄が解る様になっているのが神の【言葉の仕組】と言えます。大本教神諭にある【十を聞いて、一も解らない様な者】では神の御用は務まらないのです。

     

    私が2番目の言霊師の師匠の元で学んでいる頃、私の寝室に一体の男性霊が訪ねて来ました。その男の背景には無数のUFOが飛び回っています。その服装を見るとフードで顔を隠していますが明らかに【猿】の顔をしています。一瞬、猿人?。私は映画の【猿の惑星】を思い出したほどです。

    私は霊能者の様に日常的に霊が見えるではなく、霊との会話もよほどのことでないと話すことが出来ません。ただ、そこに出て来る霊的映像で判断をするです。しかし、それだけでは意味がよく解らないので、当時の2番目の師匠は即座に霊卸しが出来て、その側に霊媒者が居ましたので霊媒通しをして貰ったところ意味が解りました。それは大本教の霊界物語に書かれている様な出来事の内容です。ただ、その猿顔の霊が言うのには【今から5万年前】だとの話です。

    その当時、【エルサレム】には【大日本帝国】と言うべき国の【神の都】があったなのです。そうしたことは大本教霊界物語の中にも記載されています。神の都であった【エルサレム】を巡る「国常立尊」派の神々と、「反国常立尊派」の神々の激しい攻防戦です。

     

    ユダヤの悪鬼とされるのは、その当時の【反国常立尊派】の神々の頭神達や幹部達のことです。その猿顔の霊は、当時は【ユダヤの悪鬼】の副官だったと言います。その当時の名を名乗りましたが西洋的な名前ではなくて、現在の日本人が使うような名でした。それは大本教霊界物語に出て来る神々の名と同じような名前です。

    私にはその内容がまったくデタラメ話とは思えませんでした。それはその話の中身は私自身の記憶の中にあることを語って来たからです。ただ、国常立尊が地上神界の主神たる表舞台から退かれたのは今から約【35万年前】とされています。

     

    その猿顔の霊が私に言うのは、それは今から5万年前に起きた出来事だと言うのです。そのエルサレムを神の都とする大日本帝国とは、その霊だけの話ではなく、霊能者と呼ばれる人達の中にも約10万年前のエルサレムには【素戔嗚尊】が支配する大日本帝国の都が存在していたと言う方もあります。

    その猿顔の霊は、【エルサレムでの戦いに負けた貴方はアラビア半島の先端から船で日本に逃げ帰る途中、乗った船が大嵐で難破して海の底に沈まれた。で、その魂を海底に鎮めて眠りに就かれた。私は敵方の将軍でしたが、それ以来貴方の魂を見守って来ました。そのことを決して忘れないでください。】と言います。

     

    日ユ同祖論があります。それは一つにヘブライ語と日本語に【共通】の言葉があることから、今の日本人は消えた十二支族の一つではないかの疑いからです。そうではなくて、今の人類が知ることがない超古代のユダヤ人とは日本人であったなのです。 この当時の大日本帝国とは蒙古人による【モンゴル大帝国(中国王朝名・元)】の時代に匹敵していた広さを持っていたとする説もあります。 モンゴル帝国は時代によってその勢力圏は変わっていますが、世界の四分の一の領土勢力があったとされます。そのモンゴル帝国の最大勢力図をインタネットー上の地図(世界の歴史まっぷからの無料ダウンロード画像)をお借りします。

     

    どこまでも一部の霊能者の意見にはなりますが、今から10万年前の【大日本帝国】の勢力図は【モンゴル大帝国】のようなものでなかったのかと推察されているなのです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師は【素戔嗚尊】と称したり、どうして救世主は【源の日出雄】だと称して【蒙古】に渡られたのか?。それらの【謎】は超古代の【大日本帝国】にあったとも言えます。だが、それらは現代の歴史では証明のしようがないのです。戯言だと片付ければそれで終わりの話なのです。

     

    ただ、こうした話はどこまで信じたらいいのか?。それは誰しも感じるところです。ただ、その男の背景には無数のUFOが飛んでいる映像があり、神代における神々の戦闘には【UFO】が飛び交っていたのではないかと推察は出来ました。

    この世の終末とされる時、やがて空一面にUFO群団が現れる事態は起きると思っていた方が賢明なのです。ただ、それらの宇宙人勢力には人類を助ける派もあれば、人類を攻撃して来る派もあるなのです。UFOとUFOが戦闘する激しい事態も起きないとは限らないなのです。

    一部のスピリチュアルの人達が【UFO】に言及されますが、それらはまったくデタラメではなくて、そうしたことも起きえるなのです。

    大予言者であった大本教の出口王仁三聖師は、世の立替とはこの地球規模の話ではなく、【宇宙開闢以来】の宇宙の立替で、宇宙を巻き込むと語っておられます。そこに大本教から出されたのは【三千世界の大立替】の話であって、この地球だけが【立替】という話ではないのです。

     

    今、私達が見ている宇宙そのものが立替られる

    そのことに関して、先見の明がある神霊達もそうしたことを語り。自分が【天帝】の振りをして来ますが、それをもってその霊が天帝である等の証明にも証拠にもなりません。どこにも本当の【天帝】が見当たらないことから、そうしたニセ者達が暗躍しているなのです。

     

    その霊媒通しが終わった後、それを依頼した2番目の師匠が、【この男は何だ!。猿の顔をしているではないか?。】と言っていましたが、私が住む土地の下を見た霊能者達は、【おぞましい姿をした霊達が無数に封じられている。】と言われます。今の時代の神々とは若い方が多く、超古代の神々とは現代人の様な顔立ちではないということなのです。

     

    大本教神諭が告げた【ユダヤの悪鬼】とは、時代が下がって現代では【フリーメイソン】等で語られる存在だと言われています。表向きは【自由・平等・博愛】精神ですが、世界の【資本主義】の大元のことです。ロスチャロイドルとかロックフェラーがそうだと言われてます。

    だがそれらは、超古代にユダヤ地方に生じた悪鬼(鬼とは力がある者達の意味)の話であり、悪とは【国常立尊】を神界の表舞台から【退かした】者達の意味なのです。そこにあるのは、

     

    勝てば官軍。負ければ賊軍の習い

     

    そのユダヤ地方から発生した【悪鬼】達は、現代において世界の【金融資本主義】を打ち立てたなのです。本当の天国とは【金銀財宝】で輝いていません。のどかな【田園風景】の様な世界なのです。ビルなどが建ち並んで近代化もされていません。天国天人は自在にどこにも行けますので、飛行機も新幹線も自動車すら要らないのです。ですから近代化は無縁なのです。逆に地獄界に入れば、非常に近代化された風景の場所も見られるのです。

    それは同じ【霊人】でも、その【霊人】を構成している【物質】が違うなのです。異星人と呼ばれる宇宙人の世界はこの地球では考えられないほど近代化されており、彼らが乗る乗り物が【UFO】などと呼ばれています。しかしそうした宇宙人達とは本来の【神】ではありません。この三次元界地球よりも少しは高い【次元界】の霊人達と言うだけの話に過ぎません。

     

    日本における【サニワ(審神)】において、一部のスビリチュアルが言う宇宙大神と称している存在の多くは黒龍神達であり、その配下の黒蛇霊に犯されていた人達が【宇宙語】と称している言葉を語るのですが、それらは今では消え去っている【古語】である等も言語学者の調べで判明しています。そうした黒龍神とか黒蛇霊は、古代の人達の中で霊的に落ちてしまった存在と言えるのです。

    世に言われる【龍神】の多くは、古代に人から【蛇霊】に落ちた身が、霊界で【三千年】の月日の修業を積んで【龍】と呼ばれる存在になったであり、これが聖書において【龍神】とは、【霊界で年老いた大蛇霊】となっているのです。本来の【龍】とはそれらとは別物なのです。

     

    そうした【黒龍神】達が【ユダヤの悪鬼】の手足となって、今の世を発展させたなのです。そこに【資本主義】が成り立ったなのです。

    イスラム教においては、【人に金を貸しても、利子を取ってはいけない。】とありますが、それでは銀行業そのものが成り立ちません。株式会社も成り立たないとなりますが、天国世界とはそもそもそうした仕組そのものがないのです。そうしたシステムを創り上げたのが【ユダヤの悪鬼】と【黒龍神】達なのです。

     

    天国世界には銀行業も株式会社もない

     

    この地球の環境を破壊したのは誰か?。となった時、そこにあったのは【金融資本主義】であったことは歪めない事実です。その【金融資本主義】はキリスト教宣教師が先兵となって、黒人奴隷制度や植民地を生み出しました。中近東における国境線が長い一本線であるなどは、キリスト教である西洋の列強諸国が地図上に勝手に線引きする過ちを犯した結果に過ぎません。そこにはクルド人と言う何千万の民がありながら、国を持たない民族まで起きてしまったなのです。

    もし【本当の神】が地球を主宰していたのであれば、この地球に【戦争】などもなく、世界各地に【植民地】も起こらず。【国を持たない民族】などの世界を創られはしなかったでしょう。当然に【奴隷】制度なども認めないでしょう。だが、旧約聖書は旧約聖書の神を信じない者達を奴隷にするとあります。

    私は旧約聖書を読んだ時、【本当の神にあるまじき】内容が書かれていたので、これは【おかしい】と気づきました。旧約聖書には本当の預言者ではない、悪神の手先の預言者の言葉まで一緒に入っているなのです。独国の独裁者【ヒトラー】が間違えたのも、そこにもあるでしょう。

     

    大本教出口王仁三郎聖師予言。

    独国の如意宝珠は殻玉で、その精は日本から発動する

     

    だじゃれ式に言えば、人ラーではなくて、神ラーです

     

    ユダヤの悪鬼が敷いた【この世の線路】

     

    その【金融資本主義】の線路をひた走りに走った黒龍神等の龍神。それにまったく意味が無かった等とまでは言えませんが。問題は、その線路の行き先。すなちわ【終着駅】を見定めていない線路の敷設にあったと言えます。

     

    その線路の行き先が、この世を泥海にする

     

    世界経済の破綻は、モウ見えているのです

     

    さりとて、創造神と呼ばれる神があるならば、その線路を何とか出来ると考えるのが私達が持つ神の感覚です。そこに巷には自分が創造神だ!。救世主だ!。等を呼称する人達が続出して来るのですが、そうした名乗りをする人達の背後に居る【神霊】にそれが出来るかと言ったならば、私は不可能と言う答えを出します。例えその霊が宇宙大帝とかどんな神名を詐称しょうとも、そうした神霊の【お里】はばれています。

    この地球は人類が住んだままでは復旧が不可能なところまで行っているのです。そこに、私も含めた僅かな少数派にしか過ぎませんが、人類は【新地球】に移行すると言うとんでもない話をしているのです。だが、その【新地球】の話は最初にヨハネの黙示録にあるのですが、この黙示録の【ヨハネ】とはイエスの弟子のヨハネとは別人で、イエスの死後に出た人でイエスの直弟子ではないのです。この黙示録の成立は【紀元96年】との説があります。 だとすれば、今からおよそ2000年近い昔から、今の地球の現状を見通していた神が居るということにもなるのです。

    ただ、超能力者と称する人達の意見としては、その【新地球】は太陽系が創られる時に、この地球にもしもの異常が起きた時の為にバックアップ地球として【高次元世界】に隠し置かれた地球で、三次元世界の人類が知ることも見る事も出来ない惑星との説があるのです。

     

    必要なのは【救世主】役でなく、現代の【モーゼ】役

     

    人類を一人でも多く、新地球に案内する者

     

    大本教の出口王仁三郎聖師は救世主と名乗られましたが、ニセ者発表と本番は【自分とは似ても似つかない人】と予言しておられますが、自分が【救世主】や【創造神】等は必要がない存在なのです。大本教霊界物語における【モーゼ】は【天道別命(あまじわけのみこと)】ですが、意味は【天に行く道を別ける御言】であり、そこに来る鍵の言葉が【カナン】なのです。それは中近東にある地名ではないのです。

    幸福の科学の大川総裁が自分は【お釈迦様とイエスとモーゼ】の3体を出した本体で、十三次元の者と呼称されておりますが、その内容は甘いなのです。【モーゼ】の役割の意味が解っておられない。

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村