<< 霊学22 大本教から出された【666(みろく)】大神とは、反イエス(反キリスト)か? | main | 霊学24 子は神からの預かり者故に輪廻があり。魂の【螺旋道】で悠久の時代から時の加速が進むと終着に向かう >>

霊学23 日本から出た旧約聖書予言の男女の預言者。大祓祝詞旧版の母と子との罪?

0

    私は子供の頃は旧約聖書の神と称する霊声を聞いていたのですが、昭和五十五年に私の身に降りかかった摩訶不思議な霊的体験から覚悟を決めて霊的世界の修学に入ったのです。私の霊的修学は【日本神道】界でも【稲荷神界】から始まりました。狐の神と呼ばれる世界から入った者であって、最初から【聖書】しか知らない人達とは異にします。私は日本神道の世界に入ったのですが、そこでとんでもないことに気づいたのです。

     

    日本神道とは旧約聖書の世界か?

     

    単に日本の神社に参拝しているだけでは気づかないのですが、霊的に日本神道の世界に足を踏み入れると、そこに出て来る数々の出来事は【旧約聖書】の世界かと思わせるものがたくさんあるのです。私は多くの霊能者の霊査を受けて、その全ての霊能者ではなくて一部の霊能者にはなりますが、7〜8名の霊能者から貴方の本守護神は【国常立尊(天では天之御中主)】様ですと指摘を受けて来ました。私が子供の頃に受けていた旧約聖書の神と称する霊声は、日本では表舞台から消されている【国常立尊】様か、その系列下であったかです。表舞台から消されていることから、大本教からは今は退いていますの【艮の道】の金神の名で出されたとも言えます。

     

    今は表舞台からは退いているが【艮の道】

     

    【祟り】の神とされるのは、何れ出て示す

     

    キリスト教徒はナザレのイエスが旧約聖書で予言された【メシヤ】だと思っています。たが、旧約聖書における【メシヤ】登場の前には男と女の預言者を出して【1260日の間】、旧約聖書の神を説くとあります。ナザレのイエスの場合、男性の預言者は【パブステマのヨハネ】だと言われて来ました。では、イエスの前に女性の預言者は出たのかとなりますと、その存在がまったく出ていません。だとすれば、イエス【メシヤ】説には?マークが付きます。

    また、イエスは旧約聖書の神を【悪魔】呼ばわりしており、イエスが説いた【父なる神】とは旧約聖書の神のことではないとなります。さらに、ユダヤ教徒がイエスを頑なに【メシヤ】と認めないのも、そこにはそれなりの理由があるなのです。

     

    私は子供の頃は旧約聖書の神と称する声を聞いていたのですが、ある日、私はその声に対して問うたのです。【貴方様は、イエスの上に臨まれたのでしょうか?】。すると、旧約聖書の神と称する声は、【私はナザレのイエスの前に一度も臨んだことがない。ナザレのイエスは我が子ではない。他の高い神の御子である。】と告げられたのです。

    私が子供の頃に臨んできた旧約聖書の神と称する霊声は、イエスのことをナザレのイエスと、必ず最初に【ナザレ】の言葉を付けられました。そのナザレのイエスは【キリスト】でも【メシヤ】でも【我が子でも無い】と言われたのです。しかし、子供の私には深いことが解らず、

     

    私に臨んでいるのは本当に旧約聖書の神だろうか?

     

    そうした疑いを持っていました。しかし、その霊声が私に告げた【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国である。】は、言霊とは何かと知った時、私がそれまで持っていた神観など百八十度吹っ飛んだと言えます。それは、お釈迦様もイエスもマホメットも弘法大師も歩まれなかった道を行かないと解らないことだったのです。

    私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【そなたが歩む道は、これまで誰も歩んだことが無い道で、そなたが最初の者であり最後の者となる。そなたがこの世を去れば、そなたと同じ道を歩く者は二度とは出ない。】と告げられたのです。

    私は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経緯(秘密)】を解き明かしました。それはお釈迦様の本当の悟り。【人には良心と呼ばれる神が内在する。】を具体的に説明させるものでした。お釈迦様の死後は消されていた教え。その教えを復活させて、人類を未来の世に渡すとされる弥勒菩薩の意味でした。

    ただそれは、旧約聖書に残される男女の大予言者たる大本教の出口なお開祖に出口王仁三郎聖師が下準備をしてくれていなかったならば、とても紐解けるものではありませんでした。

     

    私は【米】型の仕組で【メシヤ】の意味が解った

     

    私は子供心に旧約聖書の神と称する声から聞かされた、

    イエスが言う父なる神とはいったい誰のことか?

     

    そのことに長い間疑問を持っていました。が、霊界修業に入って【鍾馗神】の御案内で数千の将軍霊を従えた【神】に拝謁しました。無論、それが如何なる神なのかは解りませんでした。すると、閃きで【盤古大神】と出たのです。私はその日まで【盤古大神】など聞いたこともない神でした。また、当時はインターネットが普及する前で調べても【盤古】大神が誰なのか解りませんでした。

    そこで、全81巻83冊という膨大で高価な大本教霊界物語を買って読み出したのです。霊界物語では【艮金神・国常立尊】は、反国常立尊派の神々に逐われて【35万年前】に地上神界の主宰神の座を逐われた。その後を襲ったのが中国の【盤古大神】で【木星神(ジュピター)】たる精霊神であると書かれています。木星神(ジュピター)ということは、ギリシャ神話だと【ゼウス】になります。

    無論、そんな35万年前の話などは出口王仁三郎聖師のホラ話だと言う方もあるでしょう。しかし、私はその【35万年前】からで、地球時間が神によってコントロールされている事実に突き当たったのです。科学者達もこの地球が一年365.22日で動いている意味を誰一人として知ろうとはしなかったのです。

    そこには驚くべき神の存在があるなのです。それは今日迄の神の感覚ではとうてい理解不能の領域と言えるでしょう。

     

    大本教霊界物語では【盤古大神(ゼウス)】は悪神ではないとしています。だが、反国常立尊派の神々を抑えるだけの力量も無い。ただ、反国常立尊派の神々の名目上の頭領神です。その為に、地上神界に有力な神々の【群雄割拠】を招いてしまった。言うなれば日本の室町幕府の末期の将軍の様なもので、戦国時代の大名勃発を引き起こしたようなものなのです。

    私の元には自分は盤古大神(ゼウス)と光の剣を持って一対一で戦って倒した。自分が創造神だと言って来られる様な方もありますが、光の剣で戦う【アニメ】の見過ぎです。何千という将軍霊。それに付随した何万何十万の兵士霊が従っている霊団に一人で【光の剣】を振りかざしても何の役にも立ちません。そんなことも理解しないのがスピリチュアルなのです。また、自分に懸かって来ている俺々詐欺霊団に引っ掛かっているなのです。

    光の剣だ!。光の柱だ!。そんなことで霊界の浄化浄霊が出来るのであれば、世の中はこんなに汚れていません。悪くもなっていなかったはずなのです。

    だが、自分が【盤古大神(ゼウス)】を倒したと言って居る人は一人や二人ではありません。そうしたスピリチュアル的な人が言う自分が盤古大神(ゼウス)倒したではなく、既に先を見越して【とんずら】されたと見てもいいでしょう。私はその盤古大神(ゼウス)が慌てて逃げて行く様の霊的映像を見ていて、当時はその意味が解らなかったなのです。あの時の光景は「とんずら」かです。為に神界の力がある神達が自分の覇権を狙って自称創造神や自称救世主を活動させているです。

     

    イエスが説いた父なる神とは【ゼウス】か?

     

    確かに、ギリシャ神話の【ゼウス】は神々や人類の【父】と呼ばれています。イエスは別に間違って【父なる神】を説いてはいないようです。

    すると、イエスが悪魔呼ばわりした【旧約聖書の神】とはいったい誰なのか?。となります。私はイエスが旧約聖書の神を悪魔呼ばわりしたのは、当時のユダヤ教の司祭達が神に仕える者として、まったくなっていなかった。そうした事から旧約聖書の神を悪魔呼ばわりしたのだとばかり思っていました。

    私の前にイエスらしき霊が何度か出て来ましたが、はっきり言って天国界とは言えませんでした。非常に重い罪を背負っている証の【足枷】が付けられていたのです。霊が「足枷」を受けているは高次元の高級霊に見られます。地獄界とは別で、高次元界にありながら神的存在の霊に課せられる天罰的なことです。無論、私の前に出て来たイエス霊らしき存在が本物のイエスかニセ者かの問題はあります。それは本物だと断定するだけの証拠がどこにもないからです。

    イエスと思しき霊が霊界で足枷を付けられた十字架を引きずっている光景を見た霊能力者は私以外にもいます。私はそれまでイエスが足枷が付いた罪の十字架を背負っているのは、キリスト教徒の罪をイエスが背負っているものだとばかり思っていました。

    霊能者の間でキリスト教徒は第一天国界に入れていない謎が言われていましたが、大本教の出口王仁三郎聖師は【地獄を覗けば牧師で一杯だ!】と残されています。多くの牧師が地獄界に墜ちているのは間違いないようです。それは、イエスには地獄界に墜ちているキリスト教の牧師霊達を救えていないとなります。

     

    盤古大神(ゼウス)は反国常立尊派の神々に担がれて、地上神界の主宰神となられた。それらの神達からすれば、国常立尊とは【悪魔神的】存在ではあるなのです。イエスが旧約聖書の神を【悪魔】だと罵ったとしても別に不思議ではないのです。

    だが、時節が巡り、大本教霊界物語にある中国の盤古大神(ゼウス)から日本の国祖神・国常立尊に神界の大政奉還。そこに神霊界世界に起きつつある謎があるとも言えます。ただ中国の盤古大神が退いたとされても、地上神界は未だ国常立尊を【唯一神】とするまでには到ってはいないのです。

     

    神霊世界は勝てば官軍。負ければ賊軍の汚名を着る

     

    多くの人達は【国常立尊】の御引退の経緯は知らないでしょうが、光の天使長【ルシファー】が堕天使の汚名を着せられて、落とされている話は知るでしょう。そうした事柄とも関連はしているようです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師は、旧約聖書の預言者の男性が【出口王仁三郎聖師】であり。女性の方は【出口なお開祖】だと言われました。確かに大本教からは出口なお開祖と出口王仁三郎聖師の二人の男女の預言者が出ました。その意味では旧約聖書の予言の成立です。では、その【1260日】間はどこにあるのかとなります。出口王仁三郎聖師はその【1260日】間は自分が【囚獄】の中に入れられていた期間だと言われました。では、出口なお開祖は?。となります。出口なお開祖は金光教が看板の時代には【牢屋】入りはありますが、【1260日間】もではありません。

     

    大本教では最初に神旗として【九曜紋】を出しました。次に神界の都合によりとして神旗を【十曜紋】に改めました。だが、その神界の都合とやらがまったく解っていません。その【十曜紋】に【1260】の数字の意味そのものは秘められています。大本教そのものに【1260】の数字は出ているのです。

    大本教の出口王仁三郎聖師は自分は【イエスと同格】だと述べておられますが、そのことは優秀な霊能者達は追認しています。ほぼ同格の魂だったのです。だからこそ、旧約聖書の預言者の役も出来たなのです。本当に救世主と呼ばれる存在の人が出るとしたならば、大本教の出口王仁三郎聖師やイエスよりも遙かに高い次元界の存在になるのです。イエスで人類が救われることはあり得ないなのです。

    ノストラダムスの予言に、【西洋の人がいくら待ち望んでも西洋からは現れない東洋の叡智の飼い葉桶】があったかと思います。それは西洋人(キリスト教徒)がいくら【メシヤ】の出現を望んでいても西洋からは出ない。【東洋の叡智】だと言ったなのです。

     

    では、東洋の【叡智】とは何かです。人ではない

     

    下記の図は大本教から出された【十曜紋】の神旗を作図する時に気づくことです。

     

     

    大本教の男女の二人の預言者は、旧約聖書の神の僕

     

    艮金神・国常立尊と旧約聖書の神が同一神なら成立

     

    私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいたのですが、【旧約聖書は我が書であるなれども「暗号化」されており。そのまま読んでも意味が解らない。新約聖書は人の子達が為した書で、私の書では無い。】と告げられました。人の子達が為した書とは【偽書(ぎしょ)】の意味です。で、私は霊界修業に入る前には聖書は読みませんでした。霊界修業に入って【旧約聖書】を読むと、気になるところがあります。

     

    それは、【私は母と子を赦さない】

     

    いったい何を意味しているのだろうか?。です。それに関しては、その当時のユダヤ民族の間では【母子相姦】がかなりあったとされていまして、そのことではないかとされています。しかし、日本神道の大祓祝詞の旧版には【己が母犯せる罪。己が子犯せる罪。母と子犯せる罪。子と母を犯せる罪。】がありまして、母と子とが犯せる罪が出て来るのですが、とても「母子相姦」のことを書いているとするにはあまりにもおかし過ぎるのです。

     

    多くの人が多用している【大祓祝詞】の新版ではなく、旧版にあっても新版から消されている文脈は、

    【畦(あぜ)放ち溝埋(みぞうめ)。樋(ひ)放ち。頻蒔(しきまき)。串刺。生剥(いきはぎ)。逆剥(さかはぎ)。屎戸(くそへ)。許々太久(ここたく)の罪を。天つ津と法別(のりわけ)て、国つ罪とは生膚断(いきはだち)死膚断(しにはだち)。白人胡久美(しらひとこくみ)。己が母犯せる罪。己が子犯せる罪。母と子と犯せる罪。子と母と犯せる罪。畜(けもの)犯せる罪。昆虫(はうむし)の災ひ。高つ神の災ひ。高つ鳥の災ひ。畜仆(けものたう)し。蠱物為(まじものせ)る罪。許々太久(ここたく)の罪出(いで)む。】とあります。しかし、この文脈を見ても意味が解らないとなります。そうしたことから今は使われていないと言えるでしょう。

     

    いったいこの母と子は誰のことを指しているのか?

     

    と、首を捻っていました。ただ、大祓祝詞旧版の【母と子と犯せる罪】に関しては、旧約聖書にも存在しているのでその関連性はとなります。

     

    私は自分が国常立尊の現身(うつそみ)と称している言霊師の方を2番目の師匠としている時、そこに伊勢神宮に参拝した時に摂社の神霊から貴方が出口王仁三郎聖師の遺言とされる予言文の【みのか尾張の女子】だと告げられて、綾部に来ている男性霊能者との間でイエスとマリアに関して議論がなされました。

    私が当時師匠と仰いでいた言霊師は、【イエスは悪神。マリアは善神】。自称みのか尾張の女子の霊能者の方は【イエスは善神。マリアは悪神】で正反対で論じていました。2番目の師匠のイエス悪神説は、自分一人だけが主の御子などや自分を見て主を見よ等の行きすぎた言動の数々です。

    マリア悪神説を言われた霊能者の方は、よくマリア霊が出て来て、【我が子イエスが・・・・・・】そればっかり言っているようですが、それが本物のマリア霊ならば我が子を溺愛するだけのバカな母親で、明らかにそれでは悪神と言えるからです。愛に狂った母親の姿です。

    仏教で【目連尊者】の母親は、目連尊者にとっては愛情深い母親でしたが、我が子の溺愛から【餓鬼地獄】に墜ちています。その目連尊者の母親と、我が子イエスがばかりを言っているマリア霊とでどこに違いがあるのかとなるのです。

     

    スピリチュアルでミカエルがガブリエルがマリアがと言っている方は、この日本が如何なる国なのかをまったく理解してはおられません。日本の霊能者でイエスやマリアを高く評価している方はありません。イエスやマリアは霊界では以外と低い段階なのです。そして、この日本は【国常立尊】の直轄地だからです。ミカエルやカブリエル等と言っているスピリチュアルの方の前世はヨーロッパ等で、その当時はキリスト教の信仰者であった意識を今も魂に残しておられるからでしょう。

    おそらく、イエスかマリアのどちらかが正神で、どちらかが悪神なのでしょう。私もイエス悪神説だけは取りたくはないなのです。それはイエス霊が例え地獄界に墜ちていても、私にはイエスだけは救いたいの想いがあるからです。

     

    西洋からは、母なる神として【豊雲野尊】。父なる神として【大国常立尊】たる存在が出されていません。人々は父なる神だけでなく、母なる神も求めます。【両親神】があって本物です。父なる神だけでは片手落ちなのです。お釈迦様でもイエスでも、肉体の母親無しでは生まれても来られないのです。

    もしもイエスが父なる神。母なる神の存在を理解していたならば、まったく事態は違っていたかも知れません。聖母マリアなどを出す必要等も担ぐ必要もどこにもなかったとなります。そうした証拠として、お釈迦様の生母はそれほど持ち上げられていません。弘法大師や日蓮聖人の両親にしても然りなのです。

     

    私が気になっていたのは【マリアの処女受胎】説です。これだけは絶対にあってはならない事だからです。もしそれが事実ならばマリアは悪神と言えるからです。処女受胎そのものはあり得るのですが、日本における【三輪山の神の縁起】で解る様に、それには蛇霊(龍神)が絡んで来るからです。もしもそれが事実ならば、イエスは龍蛇神(大国主命も龍蛇神とされている)の子に過ぎなくなります。それと、マリアに処女受胎を告げたとされる【ガブリエル】と言う大天使と称する者もかなり危うい存在と言えます。

    私は霊界修業をしている中で私の修業の様子を見に来た【ガブリエル】と呼ばれている霊を見た時、こいつは【悪の仕組屋】かと感じました。私には何か大きな悪しき魂胆を持って大天使と称する者としか感じられなかったからです。

     

    世の表に立たずの陰守護ながら【艮金神・国常立尊】は

    日本にキリスト教が入ることだけは絶対に阻止された

     

    日本をキリスト教国家にすると、みろく世は創れない

     

    この日本にキリシタンを入れない【鎖国】制度を取り入れたのは【徳川家康】です。徳川家康は日本にキリスト教を入れたならばどうなるかを知ったのです。それは世界の各国でキリスト教を入れた国は国民がキリスト教徒となり、宣教師達の唆しで内部からその国の制度を壊してスペインやポルトガル等のキリスト教国家の属国や植民地となり、その国の富は奪われて国民も奴隷として売られて行く等です。

    キリスト教。特にイエスズ会は世界各国で奴隷売買の先兵となったことは知られていますが、キリシタンとなった日本人も宣教師から奴隷として外国に売られていた記録の数々もあるのです。その数は数千から数万人と言われており、豊臣秀吉の政権下において長崎の大村氏の領土である長崎が【イエスズ会】の領土となったことから、豊臣秀吉は【伴天連(バテレン)追放令】を発したのですが、止められなかったがあります。為に多くの大名もキリシタン大名になったなのです。

    長崎のキリシタン大名大村純忠は、キリスト教に改宗しない領民は殺害や追放。寺社は壊されたのです。恐怖に怯えた領民は皆キリシタン信徒となったなのです。その数は6万人と言われています。

     

    何故に国常立尊はキリスト教が日本に入るのを阻止されたのか?。イエス個人を天主と仰ぐに走った者達は、創造神に対してですら敵対を厭わないからです。イエスを通さないと創造神に繋がらないなどは根本的な誤りで、【一人一人が神の子】である事実そのものが潰されるからです。

    私は子供心に自分は日本に生まれ出たのに、どうして【旧約聖書の神】と称する声が自分に臨むのか意味が解りませんでした。だが、神の仕組が解って来た時、そうか!。この日本でないと言葉の仕組が【花開かない。】と解りました。それには絶対にこの日本だけは【キリスト教国家】に成ってはいけなかったのです。してはいけないだったのです。

     

    日本がキリスト教国家に成れば、【みろく】は出せない

     

    私は大本教が予言した【綾部が神の聖都】の光景を幻視した時、北と南が入れ替わっているので今の地球上では無いと見ました。その綾部に世界各国からの巡礼団の光景も幻視したのですが、日本の神道や仏教は当然に存在していました。その聖都巡礼団の中にイスラム教徒はいても、キリスト教徒だけは一人も居ない光景に愕然としたのです。

     

    何故?。キリスト教徒は【みろく世】には渡れない

     

    イスラム教徒は開祖マホメット(ムハンマド)は神の僕に徹しており、そこにはイエスと百八十度の違いが出て来ています。自分を通して創造神ではなく、一人一人の信徒が創造神と直接に結びつくにしているからです。イスラム教の聖典はコーランと【旧約聖書】で、人の子達が為した【新約聖書】は聖典としていないのです。

     

    旧約聖書が告げる【悪魔】とは、【女の赤龍】とされます

     

    私はその姿を見ていませんが、毒々しい赤龍で紅龍とも言われています。その赤龍を肉体の母とした子は誰なのか?。それはよく解りません。某著名な宗教開祖は、悪魔として女の赤龍の存在を説かれ、その過去世は【龍宮の乙姫】であったと言われています。しかし、日本で【龍宮の乙姫】でもあると考えられる豊受姫の龍体とは【赤色】ではないのです。別の色です。これは別の存在と考えられます。

     

    私達は【赤い悪魔】に支配された人間として、ソビエト時代の【スターリン】。中国の【毛沢東】。カンボジアの【ポルポト】等を思い出します。共産主義者は表面は無神論者であったとしても、【赤い龍】に支配されているなのです。国民を惨殺する凶器(狂気)の連中と言わざる得ません。

    大本教からは盛んに【露国の悪神】が説かれましたが、出口王仁三郎聖師ですら予言出来なかったものに中国が【共産党国家】に成るです。出口王仁三郎聖師の晩年時代は、未だ中国は【蒋介石】の国民党だったのです。出口王仁三郎聖師もモウ晩年に達しておられたので、共産化する中国のこと迄は予言されなかったのかも知れません。

    中国共産党とは悪魔たる【赤い龍】に支配された国家であり、日本の尖閣列島のみならず、沖縄も狙ってきます。中国共産党は世界中で自分達の覇権を狙って来ます。この日本が中国に攻められた時、今の日本人は平和惚けしており、とても戦えないでしょう。すぐに降参して日本が中国の属国になるのであれば、日本もそれなりに安泰かも知れませんが人々の自由は奪われます。それは今、香港の人達が50年間の約束を反故にされて自由を奪われようとしていることからも明らかなのです。

     

    何れにしても私が聞かされていることは、旧約聖書の神(艮金神国常立尊)を【唯一神】として仰ぐ者達は私は救うが、この私(旧約聖書の神・艮金神国常立尊)を【唯一神】を仰がない者達とは永遠に別れると告げられたなのです。

    別に旧約聖書の神(艮金神国常立尊)を創造神と仰ぐか、そうでない存在に自分の命を賭けるかは、その人の自由なのです。選ぶ権利は個々の魂にあります。

     

    国常立尊の名を聞いても何とも思わないで、自分は創造神が用意される【みろく世】に行きたいなどは通じないなのです。はっきりと、私にこの神(旧約聖書の神・国常立尊)だけを【唯一】神とせよと明言されたからです。

     

    国常立尊は、この私を唯一神と信じよと強制はされない

     

    国常立尊を唯一神と信じるか信じないかは、各自の自由

     

    ただ、みろく世とは国常立尊が主宰される嬉し嬉しの世

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村