<< 霊学27 肉体に在る自分の霊姿と霊界に渡る自分の霊姿。【神人合一】が出来た人の魂は神たる姿で渡る | main | 霊学29 霊界のオレオレ詐欺霊団で自分は素戔嗚尊の魂で【救世主】の証とする【天之叢雲之剣】とは? >>

霊学28 新興宗教の教祖やスピリチュアル標榜者の背後に存在する霊団。その正体が解らないと騙される

0

    多くの人には霊は見えません。だが、一部の人には霊が見えます。為に、昔は霊が見える人は【野狐憑き】等と言われて辛い人生を送られたがあります。

     

    人は【霊長類】と言われる様に、霊の長たる立場です

     

    人は霊長類の長たる存在ですから、霊と呼ばれる物が見えるのが当たり前ではあるのです。そうした証拠に動物は意外と霊的なことを見ています。霊的な意味が退化したのが今の人間なのです。

    大本教の出口王仁三郎聖師は【霊主体従】と【体主霊従】という言葉を発表されて、霊主体従は【正】で体主霊従は【邪】とされました。そのことに関しては現在はスピリチュアルでもそうした言葉を使うようにはなっては来ました。しかし、そこに霊が見える者は【正】で霊が見えない者は【邪】だという誤った認識を持つ人達も増えました。

     

    どうして霊が見える人と霊が見えない人があるのか?

     

    人は【霊(ひ)止(と)】なので、

    自分の肉体にある魂や憑依霊が肉体に霊世界を見せる

     

    その人に霊の憑依が無いと、霊の世界など見えない

    為には、正しい知識を得て、霊的世界を知る必要があります。

     

    こうしたことを知るのには、霊能者と呼ばれる人には【完全霊媒型】と【半霊媒型】。それと【単に霊が見える】タイプの三通りがあると言えます。スピリチュアル呼称の多くは【単に霊が見える】段階で、霊界のメカニズムに疎いがあります。

    私は優秀な【完全霊媒型】の方を通して、霊的世界を学んで来ました。単に霊が見える程度の方はゴロゴロおられるのですが、完全霊媒型は非常に数が少ないとなります。

    完全霊媒型は、自分の肉体に懸かった霊の意識で動きます。為にその肉体の【意志や感情】ではなく、霊媒者の肉体に【入神(身)】した霊の【言葉】をその肉体を通じて知る事が出来ます。霊媒者の方が最初に霊の意志に自分の身を委ねて【言葉】を発することを【口切り】と言いますが、その【口切り】段階に到達するのはなかなか大変なのです。それが出来て霊媒者の道にと入って行きます。

     

    通常【サニワ(審神)】と呼ばれる物は、【完全霊媒型】の霊媒に霊を降ろして、その霊が発する言葉の内容を吟味して、それが呼んでいる霊が本物か贋物かを判断するのです。為に神霊のサニワ(審神)に携わる者は【神霊の言葉に騙されない】技量が必要なので、霊界の知識に長けている必要があります。霊が発する言葉をまともに聞いているようでは【サニワ(審神)】は出来ません。嘘の内容を告げられて、それを信じるでは【サニワ(審神)】者失格となります。

    時たま、自分を【サニワ(審神)】してくださいと言ってこられる方がありますが、貴方には○○が憑いていますよと調べる意味ではないのです。また、人の前世を見るではありません。

     

     

    優秀な完全霊媒型だと本物の【神霊】を降ろせる

     

    通常、霊能者と呼ばれている方でも【完全霊媒型】でないと、【神霊を降下させる】は難しく、そうした完全霊媒型の素質を持った方がいると取り合いになります。そうした【完全霊媒型】で神仏に仕える方を【代(台)】と呼んだりしています。こうした【代(台)】の方は、スピリチュアル標榜者とは一線を画します。神のお代が出来るので【お代さん】なのです。

    本物と呼ばれている方は、その御本人の魂の次元格が非常に高いなのです。それは本人の魂の次元格が高くないと、降りる神霊の【光】に耐えられないが起きるからです。なまじ高次元の魂をそうした霊媒型の肉体に降ろすと、その肉体が発狂も起こします。

     

    なまじ高次元の存在を降ろすと、

    肉体の魂が高次元格でないと【精神異常】が起きる

     

    私の場合は私の祖父が養子なので血のつながりはありませんが、家系の五代前の御先祖霊が日蓮聖人の分魂であった方で、家系先祖筋霊から出す【副守護神格】としてその任務に就いて下さっていましたので、その方が必要と思えば霊を見させて来るがありました。その副守護神が見る必要が無いと思えば、私に懸かって何かを見させようとする霊からの映像を遮断するをされていました。遮断の時などは【バチン】という電気ショートの様な大きな音がします。それは【霊世界からの通信に電気】が関係するからです。

    霊界が見せる霊的映像は、その肉体が【テレビの受信機】の様な役割を果たす必要があるのです。そこに霊が存在すると、電化製品が壊れる等が起きるのも【霊と電気】は関係しているからです。

     

    霊的世界ではいろんな霊が各種情報を流して来ます

     

    そうした霊界情報の中には【嘘の情報】や自分達の思惑を遂行する為に創られた【騙しの為の情報】があります。霊界の情報は何でもかんでも真実だと受け取ってはいけないのです。

     

    霊界には嘘情報で思惑を遂げようとする邪神も多い

     

    私は自分が宗教家となって教団を創る役目はありませんので、客観的に霊的世界の見聞が出来たのですが、岡本天明氏の【日月神示(ひふみ神示)】に【九分九厘】は邪神とありますが、神霊世界を見聞して来ますと【唖然】とせざるにはおられません。

    天国界か地獄界。中有界等にキチンと渡った霊はこの世にあまり関わって来ませんが、この世の人間に関わって自分の思惑を遂げようとする霊はかなり多いのです。

    スピリチュアルでは【何をしても神の愛で赦されます。】が常套句(じょうとうく)ですが、そうした言葉を真に受けて自分が死後に霊界に渡ったら、そこが【地獄界】だと解ってからは遅すぎます。

     

    巷には自分が創造神だとか救世主だと称している方達がかなりあります。その方に何の霊力も無いのであればそうした名乗りもされないでしょう。なまじ人には無い【霊能力】を保持しますと、自分は神から選ばれた特別の者などと大錯覚状態に入ります。

    それはその人の【霊力】ではなく、その人に懸かった霊の【霊力】なのです。為にその霊がその人から去ると【元の木阿弥】と呼ばれる状態になります。霊能者商売をしていて、その力は自分の物だと錯覚している。その霊が去ると、まったく霊的世界が見えない。が、霊商売をしているので霊が見えている振りや霊が降りている振りをして、霊商売を続けるとなります。

    評判がよかった霊能者がまったく当たらない霊能者になったなどは、その背後に居た霊がその人から去ったことなどにより起きます。つまり、自己の能力ではなくて、自分に憑依している霊によるのです。

     

    かってテレビで大評判となった霊能者【宜保愛子】さんは、その絶頂期に突然とその姿を隠してしまわれました。そして数年後、またテレビ界に復帰されたのですが、そのテレビの画面から消えていた数年間は何があったのかとなりますと、御本人の著書によれば、その間は霊的な物がまったく見えなくなったなのです。為に嘘を告げることは出来ないので、テレビに出ることを控えておられたなのです。

     

    霊能力は突然に出て来たり、突然に消えるがある

     

    それは、霊能力とは本人が持っている力ではなく、自分の肉体に懸かっている霊によるからです。過去にテレビに出ていた霊能者の方で、本当に霊が見えているのか首を傾げる方がおられました。それから二十年程経って、御本人が全て見えていたではない。テレビ局の指示で霊が見えている振りの演技をしていたと告白されました。当時は超常現象ブームで凄い収入があったので嘘を止めれなかったです。そこに本物の霊能者は僅かしかいないとも言われるわけです。

    あるラーメン屋の親父が、スピリチュアルは儲かるでラーメン屋を辞めて、スピリチュアル養成講座を開かれたのですが、その養成金額には驚きました。

     

    よく貴方にも【霊が見えます】の講座がありますが、何をするかと言いますと【蛇霊や狐霊】をその人に憑けるのです。そうしますと、その蛇霊を通じて霊的世界を見る事は出来ます。しかし、その霊的世界とは【低次元霊界】だけなのです。それは蛇霊や狐霊は低次元霊界に在るからです。本当の神の世界ではないのです。霊の世界を見たいで走ると、蛇霊や狐霊の世界にと入って行きます。

     

    正神界に奇跡無し、邪神界は奇跡や霊力で神霊だと示す

     

    神霊世界は勝てば官軍。負ければ賊軍。勝たねばならぬ

     

    そうした関係で、巷の自称創造神や救世主100人集めれば100人が100人とも、自分一人だけは本物だが他の自称者は皆、【蛇霊や狐霊】に騙されていると言うでしょう。

     

    優れた霊能者は、神霊は蛇霊や狐霊だとまで言う

     

    霊が見える人は、何故に霊界が見えるのか?

     

     

     

    霊能者と呼ばれている方に憑依している霊とは、少なくて数百体。多ければ数千体。希には数万体という霊が憑依していることで、憑依霊が多いほど霊的世界に対する力は強いと言えます。

    特に【龍神】とか【天狗】が憑いていると、憑いている霊の数ではなくて【霊パワー】が非常に強いとなります。更に【神仙界】と呼ばれる世界に関わっている霊能者は憑依する霊が少なくても、桁外れの【霊パワー】があります。通常【仙人】等と呼ばれる世界で、空中に浮揚したりしますが、高天ヶ原とされる【天国天人界】の存在ではないのです。

     

    スピリチュアルではなく、本当の霊能者の間では【蛇霊・狐霊・狸霊・猫霊】等の存在が言われるのですが、それらの【蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊】とは動物の霊の意味では無いのです。希にはそうした動物霊の場合もありますが、基本的には輪廻転生の【転生】に関わることなのです。

    ですから、そうした【蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊】も【悔い改める】と、元の【天人とか神霊】の姿に戻って行くなのです。

     

    私は稲荷神界で霊界修行のお世話になりましたが、稲荷神界は邪神だと言う方もあれば、正神界だと言う方もあります。これまでは白狐はどちらかと言うと正神界だとされていましたが、悪狐とされる【九尾の金毛】【八尾の銀毛】【七尾の野狐】と呼ばれる非常に霊力が強い存在もあり、他に邪神の配下になっている白狐達も多数居て、私がお世話になった豊受姫は今では白狐も半数は邪神界に所属していると言われました。稲荷神も正神界もあれば邪神界もあるというのが現状だと言えるでしょう。

    その私がお世話になった豊受姫も、他に豊受姫と名乗っている霊からは邪神の【黒狐】扱いにされたりで、神霊世界は誰の言葉を信じてよいのかわからないほどの惨状にはなっているのです。私がお世話になった豊受姫は阪神淡路大震災や普賢岳爆発など数々の天災を予言されて来たので、私は本物の【豊受姫】と思っているわけです。

    私がお世話になった豊受姫を【黒狐】だと言っていた方の豊受姫にそうした【予言】が出来たかとなると、そんな能力がどこにも無いのに自分が本物の豊受姫だと名乗っている。ともかく、自分が憑依している【肉体】に、自分を本物だと思わせないといけないからです。その方に憑依して豊受姫と名乗っている存在は、霊能者の方の調べでは【七尾の野狐霊】が一致した見立てでした。だが本人にはそれが見えないなのです。

     

     

    何故に、これほど巷に自分が創造神とか救世主と名乗る者が多いのかとなりますと、

     

    神界のどこにも本当に創造神と解る神霊の姿は見えず

     

    そうした名乗りをする人の背後に居る霊達が、自分達が霊界での【覇権】を握ろうとしているからです。 その背後に居る霊(憑依霊)達の中で、自分は天照大神役。おまえは素戔嗚尊役。おまえは天使長ミカエル役などと分担を決めて、自分達が憑依している人に創造神とか救世主の役を演じさせようとするのです。

     

    オーム真理教の開祖【麻原彰晃】は自分は釈尊の生まれ変わりと称し。その弟子の【上祐史浩】を弥勒菩薩にさせて多くの人を騙して大事件を起こしてしまいました。きちんと歴史を調べていれば、お釈迦様の弟子に弥勒菩薩たる存在は居なかった。そんなことは本当の高次元の霊ならば、解っていた事実なのです。

    1999年の少し前、宇宙連合とか銀河連盟の司令官などと名乗る霊からの言葉だと出すスピリチュアル系の方達が多く続出しました。そこで日本神道系でそうした霊の【サニワ(審神)】が実施されました。その結果、スピリチュアル系の人の背後の存在は【蛇霊】で、中にはそれらの存在を【爬虫類宇宙人】と定義された方もあります。

    スピリチュアルで自分に臨んでくる霊が宇宙人的姿をしていても、その本当の姿は【蛇霊】であったりするわけです。それは日本における【蛇・狐・狸・猫】霊と呼称される存在も同じ意味合いなのです。

     

    すなわち、人はそうした存在に憑依されないと、霊的世界を知ることは難しい。

    それは低次元界は、そうした霊達に支配されており

     

    その段階を超えないと、本当の神の存在が解らない

     

    私は日本で言われる【蛇や狐や狸や猫霊】の存在で、日本語にはなりますが【言葉を創った神】が存在する証を得たと言います。

    これが世界の公用語的な英語だと【スネイク(蛇)】【フォックス(狐)】【ラクーン・ドッグ(狸)】【キャット(猫)】では、まったく言葉が何を語っているのか意味が解らないのです。西洋人には【蛇・狐・狸・猫】霊等の言葉が持つ意味が解らないのです。

    ノストラダムスの予言に、【西洋の人がいくら待ち望んでも西洋からは現れない。東洋の叡智の飼い葉桶】があったかと思いますが、

     

    東洋の叡智。【日本語】という言葉に秘められていた

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
    selected entries
    archives
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
    にほんブログ村