霊学13 霊的世界の関わりは奉仕の精神で、金儲けの対象にしてはいけない 

0

    霊的界に関わっていますと、ある【謎】が出て来ます。本来、人は全て霊的素質を持ちますが、その霊能力が発揮出来ている方とそうでない人があります。為に、自分は霊的世界が見えるから【選ばれた人間】だと錯覚されている方達がありますが、必ずしもそうだとは言い切れないのです。

    そうした間違いが何故に起きたのか?。があります。大本教から大予言者であった出口王仁三郎聖師が出て来られて、【霊主体従】と【体主霊従】が説かれました。それまでは霊が見える等は【山師(他人を欺いて利益を計る)】とか【妖術】者的な扱いを受けて来ました。明治時代に出た優秀な霊媒者であった【御船千鶴子】さんと【長尾郁子】さんは結果的には悲劇の方となりました。

     

    出口王仁三郎聖師は【霊主体従】が善で【体主霊従】は悪だと説かれたのですが、どうもその意味が霊が見える者が善で、霊が見えない者は悪だという間違った風潮を引き起こしたのではないかです。それはなまじ霊的な世界が見えることから、邪神の容器に墜ちた人が多いからです。

    御船千鶴子さんの場合は【千里眼】で知られるのですが、私はそうした千里眼の持ち主と知り合って、その霊能力がどこから来たのかと調べると【神代と呼ばれた時代の大罪者】でした。その本体たる魂は高級神霊でしたが地獄の鎖で縛られていました。私はそうした霊能力を持った数名の方を調べたところ、神代と呼ばれる時代に【大罪】を犯している人達ばかりなのです。それは大本教の神典にも出口なお開祖も出口王仁三郎聖師も神代の時代の【大罪者】であったと記されていますから間違いないでしょう。

    そうした神代の時代の大罪ではありませんが、今の世において過去世が【シャーマン】や西洋で【魔女】と呼ばれて火炙りの刑に処せられた方達も強い霊能力を持っておられます。今の世ではシャーマンこそしておられませんが、そうした方達はある【病】を抱えておられます。それは不思議なぐらい一致しているのです。その病の原因は過去世で【シャーマン】の時代に犯した罪が起因しています。霊が見えるから自分は特別な者ではなくて、神霊世界に関わって犯した【罪】によって霊的な物がよく見える。解るのではないかです。

    私の最初の師匠は豊受姫のお代さんでしたが、常日頃言っていたのは【先生。先生と呼ばれて崇められても何一つ嬉しくない。霊の世界などに関わらずに普通の人で居たかった。霊の世界に関わる等、辛いだけです。】と語っていました。何故、自分が望んでもいない霊世界に関わらなければならなかったのか?。です。

     

    何故、神代の時代の大罪者は特殊な霊能力を保持しているのか?

     

    罪の贖いとして、霊的世界の宣伝と人助けの奉仕が課せられる

     

    私が子供の頃には旧約聖書の神と称する声が臨んでいました。その声は【そなたの前世は悲劇の武将であった。】と告げられましたが、私の母親がこの世を去る前にどなたかが憑依して、私に対して【おまえは人殺しだ!】と言います。その母親を見ると何者かが母親の肉体に入っていて私に言っているのです。私はそれでハット気がついたのです。

    旧約聖書の神と称する声は私の前世が悲劇の武将でも誰であったかは教えてくれませんでしたが、霊界に関わっている中で私の前世は解りました。確かに、世には悲劇の武将として通っています。しかし戦いに戦いで多くの敵を殺した殺人者でもあるのです。

    それだけでなく、私は天使と呼ばれる時代に多くの敵を殺したのです。ただ私の場合は個人の欲得からではなく、天使時代は背景として国常立尊様を守る為に敵と戦わざる得なかったのですが、敵を殺してはならぬの命令に味方の天使達は次々と殺されて行く。我慢が出来ずにその命令背いて敵方を殺したのです。いくら自衛の為と言えども殺人者と言われたならばその罪を背負っているとはなります。

    その罪滅ぼしとして、今生の私に課せられたのは【神の世界の宣伝マン】とも言えるわけです。私は元々宗教家には適さない魂の者です。天使としても剣を振るって戦った武人の魂だからです。最終場面では剣を持って邪神達との最後の戦いに臨むでしょう。 

     

     

    霊的世界に関わっていますと、霊能者やスビリチュアルで正神界の指導神から邪神界の指導神に変わって行く謎があります。

     

    下記の事例は現実に新潟地方で活動していたあるスピリチュアル系の霊能者の方に起きた出来事です。

     

    そのスピリチュアル系霊能者の方の霊による相談は的確であり、相談料も安くて評判になっていました。だが評判が上がって行くに従い予約が取れない。押すな押すなとなって来た時、そのスピリチュアル系霊能者の方の相談料は極端に跳ね上がってしまったのです。それまでは数千円の低額の相談料が一気に5万円とか6万円の高額の相談料に跳ね上がったのです。

    そのスピリチュアル系の霊能者の方は豪華な家に建て替える。高級自動車に乗る。実に派手な生活をされるようになったのです。ところがその方から出る霊からの神示がさっぱり当たらないと言われるようになって来たのです。

    しかし、その方に言わせると自分を指導している御神霊は昔から同じ方であり、何も変わっていなと言われます。やがてその霊の神示が人の命に関わるほどの大失態を犯したのです。そのスピリチュアル系の霊能者の方は当然顔面蒼白だったと思います。それ以後、その方の霊示はまったく当たらないと一気に評価を落とされたなのです。派手な生活が災いして、最終的にはその方は家も高級車も売ることになったなのです。

     

    霊能者をしていて、急にハシゴを外されると破滅します

    霊能者商売をしていると、自分に神示を与えていた霊が去ってしまうと、生活の基板が破綻する。

     

    この事案を【霊査】をしている人達が霊査をしたのです。その結果、その人を最初に指導していた御神霊と今の御神霊とではまったく別の御神霊であることが解ったのです。最初の御神霊は正神界の御神霊でしたが、その方が評判が高くなると相談料を高い金額にしたことから、その御神霊が嫌気を覚えてその方の元を去って行かれた。その後を最初の御神霊の姿に化けた低級霊が治まった。当然に同じ神名の名乗りでも、その方には背後の神霊が代わったことの認識が起きなかったなのです。だが、低級霊だと解らないことを解らないと言わずにデタラメな神示を出します。知らないとか解らないとかの言葉が神霊の名乗りの面子上から言えないのです。それが相談者の命に関わる問題を引き起こしてしまったなのです。

     

    私が木曽御嶽行者系の霊能者の方の元に相談に行ったところ、評判が高かった先代の行者さんは亡くなられており。息子さんの代になっていました。その息子さんは私の質問に対して、当方でお祭りしている御神霊は何分にも霊界での地位が低く、貴方のご質問に答えるだけの能力がありませんと言われます。そして、自分も祭神も未熟なので教えていただけませんか?。と、逆に私に霊的世界のことであれやこれやと質問されたのです。相談料を払っている私が相談を受けるとは真逆ですが、私はその方の熱意にほだされて質問に対して私が知る限りの霊的世界のことを教えました。

    私はその方の【正直】さに感銘して、このまま修業をしなさい。そして、絶対にその謙虚さを失わないようにしてください。そうすれば貴方は近い将来、皆さんに信頼される行者さんに成られますよ。と告げたのです。その数年後、その方はその地域で評判を取る行者に成られたなのです。また、その方の御祭神も上位の神霊に代わったです。その行者や霊能者の態度しだいで、後ろの神霊が代わるなのです。 

    こうした事例はあちらこちらにあるのです。最初は相談料が低料金で評判を取っていても、相談料を高額料金にしたところ、その方を指導している正しい霊から蛇霊などに代わったなどです。

     

    私がお世話になった最初の師匠の御祭神である豊受姫は、相談料はお気持ちでした。神社でしたので御祈祷のみで帰られる方もあり。相談料に関しては何も言われなかったのです。一応、地元の藩主が創建された由緒ある稲荷神社でしたので初穂料金(ご祈祷料)は掲げられていましたので、初穂料金(御祈祷料)として2千円か3千円を社務所に置いてあるのし袋に入れて奉納するだけでした。伏見稲荷大社講の講員をしている方だと、賽銭箱に100円一枚を入れて豊受姫から相談に乗って貰っている信徒の方もありました。その師匠は豊受姫は金では一切動かれないと言っていました。いくら大金を積んでもムダなのです。

    当然にそんな相談料だけでは食べていけませんが、稲荷講社であったので、講員さんが自宅の稲荷神をお祭りされる時にはそれなりの金額が包まれますので、それで生活をされていたのです。だが、それでもお金が余るとその余ったお金を伏見稲荷大社に寄進されていました。それは、そのお金は元々は神様のお金だから食べる為に生活費を使わして貰いますが、余れば神様のお金だから神様の元にお返ししますです。

    その師匠は神様に相談をするであっても、その相談料は【街の易者と同程度であるべき】が持論でした。それは神様の神示と言えども【当たるも八卦。当たらぬも八卦。】であり。神様の神示とて外れることもある以上、易者と同額程度が相場と言います。もしも自分が相談料として何万円もの大金を取ったならば、豊受姫は自分の元から去られてしまいますとまで言います。

     

    私が伏見稲荷大社講の教師養成講座で5日間ほど参集殿に宿泊していた時、講習で同室に就寝の方達の中に東北方面の支部長で霊能者としても評価が高かった先生や他の諸先生と同室で、相談料に関して議論となりました。その諸先生達の判断も神霊の相談料は【易者料金】程度であらねばならない。もしも相談料だけで5万円も6万円も取るようであれば、その人に憑いている霊は間違いなく正神界の霊ではないと断言してもよいと言われます。最初は正神界の霊が指導していても、相談料を跳ね上げたならば正神界の神霊はそこから去るです。だが、本人はそのことにまったく気づけないなのです。

     

    最初のスタート時は正神による指導も

    相談料を高額にすると、正神は去り邪神に代わる

     

    だが、本人は気付かずに肉体は邪神の容器と化す

     

    スピリチュアル界の大御所と自分でも自画自賛されている霊能者【江原啓之】さんも無名当時はメールによる相談で、料金は2千円か3千円でした。だが、人は神様ならば無料で相談に乗るのが当たり前の誤った考え方を持つ方が多く。メール程度の相談で料金を取るのかの非難が出て、そのメールでの相談を中止されたがあります。

    その当時はインターネットの始まりの頃で、無料でメール相談をされている方も幾人かありました。皆さん、自営業であったりして生活費は他で稼いでおられたからです。自分の生活の基盤を霊能者にしていないなのです。だがそうした方達は、無料だと言うと人が殺到して、相談メールの返事に対して御礼の言葉も言わない人ばかりなのです。もうタダが当たり前式の方ばかりに接していると、自分の労力が虚しくなってしまうのです。いくら無料の奉仕活動でも、せめてありがとうございました程度の返事を寄越すのが礼儀です。だが、それすらしない人が多いなのです。

     

    そうしたメールでの相談であっても、そうした方の中には除霊や浄霊が必要な人もあり、その人の魂の汚れを被るがあるのです。そうした霊の汚れは電話相談でもメール相談でも、相談を受ける霊能者の方が【霊媒体質者】だとその汚れをモロに被ってしまいます。そうしたことから、今ではそうした無料相談をされる霊能者の方は消えてしまいました。今、あるとすれば自分を売り出したい人達と言えます。まず、無料で人を集めるです。そして自分の人気が上がれば有料化です。

    霊能者と呼ばれる方のタイプでも、【霊媒型】と【非霊媒型】とでは違うのです。スピリチュアル界の大御所と自画自賛されている江原啓之さんは霊媒型ではないので、除霊とか浄霊ができないタイプです。単に霊がよく見えるだけのタイプと言えます。それならば、易者料金が正しいとなります。

     

    その後、江原氏はどうなされたのかと思っていたらテレビで大ブレークされたのですが、その後の相談料は6万円で江原氏いわく自分の相談料高くない。世間相場より安いと言われた時、私の感想は【正しい霊能者としては終わったな!。】でした。その後、スピリチュアルの相談料の6万円は世間相場より安いなどと間違った風潮を持つ方が増えたようです。

    それよりも個々の相談に乗るのではなく、セミナーの方が料金は安くても大勢の人を集めることで大金が転がり込むでセミナー商法に変化して来たと言えます。

    某ラーメン店の御主人がスピリチュアルは儲かるで、ラーメン店を閉めてスピリチュアル教室を開講されました。ラーメン店主なのでスピリチュアルに詳しくないのでスピリチュアルに詳しい方を教師として採用されたのですが、その講座の初期費用は30万円以上でした。貴方もスピリチュアルで儲けましょうがその講座の宣伝でした。

     

    私が伏見稲荷大社の参集殿のロビーで人を待っていると、そこに明らかにスピリチュアル教祖の女性が信徒数名を連れてロビーの席に座ると、自分の指先の宝石を、この指輪は何百万円。こちらの指輪は何百万円と誇らしげに見せて、【スビリチュアルは儲かるよ。貴女達も早く私の様になりなさい。】とその弟子達に言っていました。

     

    私はその光景を見ていて、【さっさと地獄に墜ちていけ。】と心でつぶやいていました。

     

    霊的世界を利用して金儲けをすると地獄に向かう

     

    自分には何故霊能力があるのか?、理由を知らない

     

    霊能者の看板を上げている方の中には、数十万とか数百万円要求される方達があります。但し、それは占い等の分野ではなくて、霊障における除霊とか浄霊等でその人の命に関わる分野です。それらの霊障を起こしている霊との対峙(退治)があるからです。そうした霊障を起こしている霊との対峙(退治)で命を失われた霊能者や行者さんは数多くあります。単なる霊感を駆使した占いではないのです。自分の命を代償としているので高額料金を言われるのです。

    しかし、本当の霊能者は自分の手には負えないような案件は最初に断られます。自分の力で片付く案件であれば、別に高額料金を言う必要すらないわけです。自分の命を失ったなどは、自己の霊能力を過信した結果とも言えます。

    霊的世界に関わっていくら奉仕の精神でも、無料で他人の魂の汚れを被るのはある意味耐えられないことです。どうして自分がその人の罪のカルマたる業(霊障)を肩代わりしなければいけないのかとなります。自分が過去世で積んだ罪は自分が償い(払い)すべきではないかです。そうしたことは、今日迄の宗教がキチンと教えて来なかったことにも原因はあります。イエスを主の一人御子だと信じていれば天国など絶対にありえないと断言してもいいのです。

     

    私の最初の師匠も霊障の相談から、その霊障を起こしている霊との対峙(退治)で霊障を起こしている霊から攻撃されて倒れてしまうが起きました。私は何故に豊受姫は自分のお代たる師匠を助けないのか?。そんな霊に倒されるのを黙ってみているのか?。豊受姫ならばそんな霊など簡単に倒せるからです。時には不動明王ですら金縛りにかけていたからです。そこで疑問を持っていましたが、後日その理由が解りました。

    その当時、その師匠の周囲に居た霊能力がある方達から師匠が倒れてから師匠の雰囲気がおかしい。別人としか思えない。師匠を見に来てくださいと頼まれたのですが、見に行く前にその師匠の魂が私の元に来て、その師匠の魂が入れ替わったことを知りました。私がお世話になっていた魂は肉体としては一度死なせたのです。そして同じ師匠の魂でも霊界にいた別の師匠の魂と入れ替わったなのです。

    この世に居る自分と霊界に居る自分のことを語る霊能者はほとんどいないと思ってください。これは高次元の霊界に関わっていないと解らないことなのです。

     

    こうした現象を【黄泉帰り】と言います

     

    自己の魂でも霊界に居る自分の魂と入れ替わるがあるのです。肉体的にはその時に一度は死んでいるのです。この【黄泉帰り】をされた魂ほど霊力がアップして来ます。霊界での地位も上がります。ただ、その肉体は自分は死んだりしていませんとは言います。

    世にそうした【黄泉帰り】として知られていたのがGLAの開祖であった【高橋信次】師です。この【黄泉帰り】をされた方は、どなたも非常に霊力が高いのです。

     

    人の肉体の魂はこの世の生き方で、高い【正守護神】にアップしていくことが知られています。その都度その都度の交代が【黄泉帰り】となるのです。人が変わったと言われるほど性格が変わってしまいます。そうやって、霊界での魂の地位がアップして行きます。

     

    ただ、

    黄泉帰り者は、神霊世界に対する奉仕が課せられる

     

    私の2番目の師匠は言霊師で【国常立尊】の現身(うつそみ)と称しておられましたが、違いました。その前の人生は江戸時代の魚屋で、その前の人生は室町時代の若侍で許されぬ恋で駆け落ちをして、追っ手に追い詰められて二人で自殺を計ったが自分は自害することが出来ずにその場を立ち去っていました。結果的には殺人者で終わったなのです。しかし霊能者として人助けをしたことで、その二人は現世で出会って歳の差を超えて一緒に暮らせたのです。二人の因果の解消が出来たなのです。その師匠は死に神を私に送って殺そうとまでされましたが、金銭的には非常に綺麗な方だったからです。

    私は霊能者はしていませんが、そうした人の因縁を見させられるがあります。自己の因果において課せられた霊界の宣伝マン。奉仕者。他人の因果は見えても、自分の因果は見えないがあるのです。

     

    霊能者をされている方達の中ではスピリチュアル界の大御所である【江原啓之】氏の評判はあまりよろしくありません。それは一つに、世間に知られてはいけないパワースポットを著本に出して、その土地をスピリチュアル女子が押しかけたが為に、本来は清くなければならない霊場を汚染させたがあります。

    某神社などは江原氏が著本に書かない前は汚れた神社ではなく、私も推薦する神社の一つでした。が、江原氏の著本による紹介後にその神社に参拝すると、スピリチュアル女子が押すな押すなで、何だ!。この賑わいはです。しかし、神社そのものが【蛇霊】の巣窟かと思うほど汚れに汚れていました。私はその神社の汚れで吐きそうになったぐらいで、即座にその神社を退散しました。江原啓之氏はあちらこちらの神社を汚す種を播いてしまわれたなのです。本人に悪気は無かったのでしょうが、結果論として神社等を汚したなのです。

    霊能者をされている方達からは、日本の神社の多くがスピリチュアル女子達によってダメになったと言われていますが、某神社は江原氏の紹介に関わらずスピリチュアル女子が押しかけていないことから、未だ汚れてはいません。これはその神社の御祭神がスピリチュアル女子の参拝をブロックをされているからでしょう。その神社に参拝すれば解りますが、非常に高い霊波動を放っています。

     

    そうした違いは何故に起きるのか?。そこにはその神社を守る宮司の姿勢が見られます。宮司が金儲け主義だと、その神社に本来の祭神が鎮座されておらず、蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊が化けて鎮座しているともなるのです。私が江原氏が紹介される前に訪れた神社で、江原氏がパワースポットと紹介された後の神社に参拝して、昔の雰囲気の神社は僅かしか存在しませんでした。特にひどい汚れの神社の名は差し障りがあるので明かせませんが、某神社は特にひどいことになっていました。それはその神社が今ではスピリチュアル女子の【メッカ】になってしまったからです。

    ただ、良いこともあります。本人が自分が霊媒質者だと解っていない場合、その神社に行くと気分が悪くなる。吐き気を覚える。この人は霊媒質者だったと解ることです。本人の魂が汚れていて、その神社の祭神が汚れを取ろうとして吐き気を覚えるのとは違うのです。スピリチュアル女子達がその神社に自分達の霊的汚れを置いて行くからです。

     

    霊世界を金儲けの道具にしたならば天国には行けません

     

    悪霊でも金儲けをしない奉仕であれば地獄には行かない

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    私の2019年1月3日のブログ記事に書い内容が、現実に起きて来ているようですが

    0

      私は大本教の出口王仁三郎聖師の様な大予言者ではありません。また日常的に霊が見える者ではありません。単に日本語による【言葉の仕組】の解読に携わって来た者にしか過ぎません。そうした立場もあり、大本教神諭に予告されて来た内容を今日まで解説して来ました。

       

      私自身は出口王仁三郎聖師が大正九年に一部の信徒さん達に、【教団には内密でその土地を死守して欲しい】と頼まれた土地の一角に居を構えています。何故に出口王仁三郎聖師はそんなことを言われたのかは解っていませんが、それらの土地の一部を直弟子に【みろく神業に使われるお宝が埋められている】場所とは予言されたのです。が、私がそこを見ても本当だろうかと?。半信半疑ではあるのです。みろくの世で使われる【お宝】ですから、未だ誰も見た者がいなくても別に不思議ではありません。

      ただ、私が住む土地に関しては豊受姫からは、やがて人類が未だ知らない【天帝】と呼ばれる神が天下る場所と告げられました。他に幾人かの霊能者の方から地球が【みろく世】に入る五次元上昇に関わる場所。そうした指摘も受けて来ましたが、本当のところは私にも未だ掴みきれておりません。

      霊能者の方の私に対する指摘の中で一番当たっていると思われるのは、【貴方は神界の機密ゲートの門番】。それかも知れません。日本の神々が鎮められない3年間に渡る大ラップ現象に耐えたからです。そうした神界の機密ゲートの門番との指摘はありますが、門番であってもその土地の内情はよく解っていません。そうした謎が私にも解って来るのはこれから先だとも言えます。しかし、それほど長い先では無いとは思えます。それはモウ【立替】と呼ばれる事象が始まったからと言えます。

       

      私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【そなたは何故にこの世が終わらなければならなかったのか、その理由をつぶさに学び、その失敗を新しいみろく世の教科書に乗せなければならない。幾度も幾度も世の立替をするわけにはいかない。これが最後の立替である。】と告げられたのです。

      大本教神諭に次の様な内容があったかと思います。うろ覚えの内容なので正確ではありませんが、【世を立替て原始時代に戻すのであれば簡単なことなれども、またもや木の葉一枚に秘処を隠す世であってはならない。今の世以上の世界にする為の最後の立替であらねばならない。】です。

       

      私達が現在住む地球を動かしている原動力を管理する部門の神々は、もうこの地球は持たないと言われます。今の世に出て神社等に鎮座されている神々とは、この地球の原動力を管理しているところの神々ではありません。今の世に出ておられる神々からは、この地球の【核エネルギー】に対しての警告的な発言がどなたからもなされていないのです。せいぜいこの地球の異常気象を言われる程度に過ぎません。

      そうした神々は、この地球は宇宙に浮く【船】の認識がまるで無いなのです。この地球が宇宙船であるならば、当然にその船を動かす原動力たる【機関部】の存在を認識していないのはおかしいと言えるのです。

      私は旧約聖書の神と称する声から、【戦艦陸奥と戦艦長門は同型艦。どちらに乗船しても同じこと。】と告げられました。戦艦陸奥と戦艦長門は姉妹艦と呼ばれていて、戦艦大和と戦艦武蔵では少し違っていましたが、そうした差異がない同型艦です。私を含めて【新地球論者】は、この地球とまったく【瓜二つ】の新地球があると言います。その新地球に行ってもこの地球と同じなので、乗る船を替えたことすら解らないなのです。ただ、存在する【次元界】が違っているなのです。その新地球に乗り移る為には【五次元界】に進む必要があるのです。

       

      今迄の世の失敗は、みろくの世では起こしてならない 

       

      単にこの地球が持たないから全人類を新地球に移すのであれば、またもや同じ轍を踏むで元の木阿弥なのです。一部の霊能者の方達はこの地球から魂を脱出させるのであれば【霊子(たまのこ)線】を切断すれば、一瞬にして全人類の魂はこの地球と言う星から離脱すると説かれています。正しい認識です。創造神であれば簡単に出来るのです。そこに何故に創造神はそれに踏み切られないのか?。そこに疑問を呈しています。

       

      それは【元の木阿弥】にしてはいけないからです

      そこに来る絶対条件が【悔い改める】なのです

       

      スピリチュアルの神の愛で何をしても赦されますでは、絶対に【魂の改心】にはつながらないのです。そこに新地球に移る前には各魂を【悔い改め】させる為に魂の禊ぎにつながる【大祓】と呼ばれる【大嵐】が生じて来るのです。人類の救済は救世主と呼ばれる存在ではなく、【白十(八九十)字】の出現に関わります。それまでには後数年はかかります。

       

      今、コロナ菌騒動で世間は大変ですが、私が西暦2019年1月3日に出したブログに【人の顔をしていても魂は獣(毛物)と魂の核(亥)を光らせる2019年の幕開け】には下記の様な図を出しています。

       


       

       

      その記事は今から1年以上前の記事です。その時に西暦2020から人類二つの道に別れて行くと示しています。この祓いが出来た人達は【コロナ菌】に罹患することはまず考えられません。

      それは何故かと言った時、やはり私のブログの西暦2019年7月17日の記事【個々の人を守る霊バリアー(結界)とみろく世に渡る支度の始め時?】に出した記事に下記の図があります。

       

       

      この【霊的バリアー】たる存在に関しては、本当の霊能者や優れた行者筋は解っておられることですが、単にスピリチュアル標榜者は見たことも聞いたこともない代物と言えるでしょう。

       

      これを知るのは【龍神】との戦を積んだ者だけ

       

      それは元々は龍神からの攻撃にも耐える程の霊的防御幕と言えるかと思います。古来の聖者・聖人達にはそうした物が出ていたのではないかと考えられます。為に【龍神】の存在と深く関わって龍神からの攻撃に遭遇した者で無いと、こうした霊的防御幕の存在は知らないとも言えます。

      そうした霊的防御幕に守られていたとしても、人と接する時にその幕が邪魔することはないのです。他人と握手をしたりハグしたりする時、その幕の存在すら解らないです。だが、この霊的幕にも欠点があるとされています。それは男女間の性器の結合時には有効でないとも言われています。

      ただ、霊的には守られていても物理的に守られているかは、未だその霊的防御幕が出て来ている人の数があまりにも少ないので証拠が固まりません。物理的と言うのは交通事故などの時、霊的防御幕に守られていて怪我するとかしないかの話です。もしも物理的にも守られているのであれば、これから来るであろう大地震等で大きな物体が自分の上に落ちて来ても怪我をしないとなります。無傷で済んだで終わると考えられるわけです。

       

      私達肉体人は物質界たる【三次元世界】に生きていますので、どうしても物質界の【幸福】に目が行きます。誰も自分が死んだ後の【霊界での幸福】まで頭が回らないがあります。宗教界の我が宗派の教えを信じていれば【天国】だと言う安易な論を疑わずに、単に【神仏】を拝んでいれば天国に行けるのだ!。では危険極まりません。何故ならば、その拝んでいる相手が蛇霊や狐霊では【天国界】に案内などしてくれないからです。そもそも世に出ている神々に天国や地獄だと決める権限そのものがないのです。

       

      貴方は天国、貴方は地獄の判定は【閻魔(円真)庁】

      つまり、牛頭虎パンツの【牛虎】たる【鬼と云う】字の【魂】が、貴方をどうかを見ているかです。

       

      大本教から出された一連の神の舞台の仕組。それはどういう意味であったのかです。これらは【辰蓮文斥奸砲膿修啓┐垢任△蝓言葉は「紙」に示さないと解らない】なのです。日本で使う漢字は【感じ】を示すのです。

       

      三次元世界に住む肉体人からすれば、死後は誰でも行ける四次元界の霊から言われる内容が当たったりしますので、それが神的な存在だと言う錯覚に入りますが、スピリチュアル等はよくても【五次元界】。その多くは【四次元界】程度の霊との交流になります。

      世の立替と呼ばれていることはスピリチュアルで交流する四次元とか五次元の段階の霊ではなくて、人類が未だその存在が解らない【創造に関わる次元界】から発せられたものであり、最低でも【七次元】霊界以上との関わりが起きないと、意味がよく解らないとなります。

       

      低次元界と関わるスピリチュアルの【神は愛だから何をしても赦されます。】などを信じて付いて行った人達は、当然に神の愛で何をしても赦されるで魂の【祓い】清めが何も出来ていなかったので、世の立替時に生じる【祓い】の災いが強く出て来ます。

       

      今回のコロナ菌騒動。

      スピリチュアルの【祈り】では効果がありません

       

      何故ならば、天からの【祓い】の仕組だからです

       

      スピリチュアルでは何かと【自分には天使が降りて来る。】と言われるのですが、その天使と称する霊はラッパを吹かなかったのですか?。です。

       

      私は昭和五十五年から神霊界修業に入りましたが、その時に最初の師匠の御祭神であった【豊受姫】から、【貴方は人類の大峠の中を突破する方です。】と告げられましたが、その大峠とは神様、神様と祈ってもどうしょうもない【大嵐】なのです。水攻め。火攻め。風攻めなどが来ます。何故ならば、その大峠の時に嵐を起こすのは【天帝】であり、世に出ている神々ではないからです。

      私はその大峠の後に何が来るか?。子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声が告げた内容が来るのではないかと見ています。その旧約聖書の神と称する声は、【私は人類を永遠の嬉し嬉しの世に渡す。】と言われたからです。

      世に肉体を貰って出ている魂を見ますと、外形は善人を装っていても魂はどす黒く汚れている。反対に悪人の様に見えていてもその魂は汚れていない人達があります。私はそれは何故か?。ということを見届けて来た者であり。魂が汚れたままでは【みろくの世】には渡れません。それではまたもや同じ過ちを起こしてしまうからです。そこに汚れた魂の汚れを落とす【大祓】が起きると読んで来た者です。

       

      私が見て来た霊的映像からすると、これは未だ未だ序の口です。序章に過ぎないなのです。スピリチュアルでも、せめて【七次元界や八次元界】にアクセス出来る人が居ればいいのですが、どこを見渡してもよくて五次元界止まりでは、これから起きて来る事象が掴めません。

      私は昭和五十五年に私の身に起きた摩訶不思議な霊現象から神霊界修業に入ったのです。その時に伏見稲荷山の豊受姫が私に対して言われたのは、【貴方の言葉の教えは天帝の「詔」と同じであり、貴方の言葉の教えに従わなかった神は如何なる神であっても、天帝により罰せられる。】と告げられたのですが、私が説いた【人に内在する良心神】が解る神々やスピリュアルの人など一人も居なかったと言えます。そうした方は低次元界の霊だけを見ているなのです。

       

      永遠の嬉し嬉しのみろくの世を目指す人

       

      この世に執着させる教えだけに従う人

       

      今の世の幸せだけを求めて、永遠の世の喜びを捨てる。モウ今日や明日の幸せを求める為の占いなどにさほど意味が無いのです。いくら占って貰っても、これから来るであろうと予想される【大祓】の【嵐】の前には役立たないなのです。コロナ騒動もその一つに過ぎないのです。

      この地球上に住む人達は全て【一蓮托生】の中に置かれます。誰が良いとか悪いの問題ではありません。私もまたその【艱難辛苦】を受けます。それらは全ての魂を洗い清めて新しい世に送る為の手段と言えます。為に今日や明日の幸せではなくて、今は苦しくても【永遠の世の幸せ】を求めた方が遙かに賢いと言えるのです。

       

      しかしながら、

      どこに、そんな神が居るのだ!。の指摘は出るでしょう

       

      確かに、今の世にそんな神は見当たりません。そもそも【創造神】と呼ばれる様な段階の神は神社等には鎮座していません。国常立尊が祭られているとされる玉置神社とか木曽御嶽神社にしてもそうなのです。優秀な霊能者が大本教を訪れても、そこに創造神は居ないと言われます。そこに鎮座されている御神霊は神の高山と言われる神界の合目で判断すれば解ることです。しかし大本教から出された仕組を解読して行くと、そこに完璧に近い仕組をしていた神の存在が浮かび上がります。

       

      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いていましたが、【そなたには何の神力も与えない】で何の神力も無い者です。しかし霊界修業を積んでいて、世に出ておられる神々には【愛はあっても良心が無い】ことに気づいたのです。これでは三千世界に自分の身を置く場所はあるのだろうかと悲嘆に暮れた時もありましたが、大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を解読して、私は間違いなく【創造神は存在する】の確信を得たのです。問題は、その神は何時人類の上に臨んで来られるかだけでした。

       

      それは幾多の御神霊に出会って来て、どなたも【言葉の仕組】が出来るほどの力は無いと見定めたからなのです。

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      霊学12 霊界には時間と空間の概念が無いとされるが、時間も空間もある。10万倍理論

      0

        一般的に霊界には時間と空間の概念が無いと言われていますが、時間と空間が無いわけではないのです。ただ、この世の時間と空間の概念では、霊界そのものが理解出来ないのです。たぶん多くの人達は死後の世界も、この世と同じ時間の流れだと思ってるからです。

         

        神社に鎮まっている神霊でも高級霊は一瞬にして遠いところに飛ばれます。だが、そんな事は私達の肉体では不可能と言えます。しかし、私達が持っている魂(意識)も、肉体はそこに居ても瞬時に離れた場所に訪れて見るがあります。それらは【霊能力】が無いと見えませんので解らないとなりますが。俗に【千里眼】と呼ばれる魂の持ち主は肉体はそこに居ても、遠くに飛んでそこの光景を間違えなく伝えて来ます。

         

        それらを【魂(意識)】を飛ばすと言います

         

        肉体たる私自身は家に居ても、自分の魂を私の元に飛ばされて来られた人達を幾人も知っています。一般的にはそうした魂や霊を【生き霊】と言います。肉体の身であれば私の元に来るのに飛行機とか新幹線とか自動車を使わないと来られないのに、一瞬にその魂は私の元に飛んで来たなのです。そして、そうした方の中には私の元に自分が行ったでしょうと言われる方達もあるなのです。だが、その一方で私の元に自分の魂が行ったことを知らない肉体の方もあるのです。そこに肉体と魂(意識)のギャップはあります。

        私自身も肉体は自分の家の神棚の前に座っていながら、自己の魂は霊界の伊勢神宮に飛んだり。案内役の鍾馗神に連れられて、中国で創造神とも天子ともされる【盤古大神】の元に拝謁したり、【西王母】に拝謁するもありました。その時、自分の意識は肉体にはあらず。霊界にと飛んでいたなのです。だが、一瞬にして肉体に帰って来るなのです。

         

        肉体から出た魂(意識)は、瞬時に戻って来られる

         

        そこに来る説明が西洋では【シルバーコード】ですが必ずしも銀色ではありませんので、大本教や日月神示では【霊子(たまのこ)線】と解説されました。この霊子線のことを知らないと霊界の説明に不備が出ます。スピリチュアル系でもこの【霊子線】を言われる方ならば解っておられるなとなりますが、何も御存知無い方が圧倒的に多いようです。

         

        霊界ではまったく時間と空間の概念が無いのかとなると、そうではないと解ります。神霊とか私達の魂は如何ほどのスピードで飛んでいるのかとなりますと、魂は【光の玉】なので神霊の飛ばれるスピードは【光速】ではないかと推察されます。そこにスピリチュアルでは【神は光】だと言う論理は出て来ます。

        光速は秒速で約【30万キロメートル】とされています。一般的に一秒間で地球を【七回半】回るとされています。月まで2秒。太陽まで8分20秒です。確かに太陽系だけで見ているならば、魂は光で飛んでいると見てもいいのかも知れません。

        しかし、宇宙は別にこの【太陽系】だけではないのです。現在の天文学では通常は宇宙の果ては【138億光年】とされています。そこまで行くのに光の速さで【138億年】もかかるなのです。もし、この宇宙に創造神と呼ばれる神が存在されているとして、宇宙の先端(果て)に創造神が存在されていると仮定したならば、そこに辿り着くには【138億光年】となります。ある意味、不可能域となります。

        では、妙見信仰で知られる北斗七星の先にある【北極星】までの距離はとなりますと、以前は【430光年】とされていましたが間違っていたようで、現在は【323光年】となっています。自分が神様。神様と北極星(妙見様)に祈っても、言葉が光の速さで飛んだとしても、その元にその声が届くのは【323年】も先のことになります。願いが届かないとなります。

         

        神は【光】だ! だけでは無理が出て来ます

         

        大本教の出口王仁三郎聖師があることを語られました。それはこの世で10センチ四方の神屋代を造るとすれば、それは霊界では10キロ四方の「神苑」に成ると言うことです。この世の10センチが 霊界では100万センチ。すなわち【10万倍】にもなるなのです。

        これは必ずしも間違った論理でないことは、私自身【龍神】と呼ばれる存在に関わって来て、この【10万倍】が解って来たと言えます。私は伏見稲荷山で4年間ばかり修業させていただき、【言霊】の学びに転じたのですが、その頃のある大雨の夜。私の枕元に私の視覚では40センチ程度に見える黒龍神が訪ねて来ました。

        その黒龍神は自分が聖書のノアの洪水にある40日間もの大雨を降らした源の龍神だと言います。ノアの箱船伝説はトルコにあったと考えるならば、黒海はそれなりの意味を持ちますが、ノアの箱船伝説の大洪水は調べると中国等にもあるのです。ですからそんな言葉は鵜呑みには出来ません。それを聞いていた私がまともに相手にしないことから怒って帰ろうとした時、私の腹から霊的な手が出て来て、その黒龍神を私の腹の中に引き込んだのです。

         

        その手が西洋で【エクトプラズム(半霊半物質)】と呼ばれるものであることを初めて知ったのです。まったく何も無いところに突然にモヤモヤとした煙の様な物が出て来ると、それが凝縮して一体の【観音像】に変化したりするがありますが、私達の肉体は【幽】として、そうした物質体で構成されているなのです。だが医学では解らないなのです。西洋でエクトプラズムと呼ばれる物は日本では【幽】として一括されています。そこに出て来るのが肉体を脱いだ【幽霊】です。

         

        以前はそのエクトプラズムが語られていましたが、今ではスピリチュアルですら、その【エクトプラズム】を知っていないのではないかと思われます。それに関しては今の写真機は性能が良いので写らないのだと言うまことしやかに言われる方がありますが、写真機の性能が良くなったのであれば、逆によく写ってもいいのです。

        この【エクトプラズム】は、辞書に霊媒者の体孔から出る流動性の物質とあるように【霊媒】能力があるかないかなのです。霊能力ではありません。霊媒能力です。私は修業時代には優れた霊媒能力者と関わって来ましたが、今ではそうした霊媒能力者が激減したのです。単に霊が見える程度のスピリチュアル標榜者は増えたのですが、それらは本質的に低級霊界の花盛りなのです。本物の霊能者は僅かしかいないと言われていますが、超優秀な霊媒者はそれ以上に見当たらなくなって来たのです。

         

        日月神示に【半霊半物質】の言葉がありますが、この【エクトプラズム】と呼ばれる【幽物質】が解っていないと意味が解りません。その状態は肉体を脱いだ状態なのです。今の私達の肉体を持ったままで高次元界に進むのは不可能なのです。肉体を脱がなければ、高次元世界の住人にはなれないのです。

        そうした証拠として、神社に鎮座している御神霊の誰一人として私達の様な肉体人ではありません。だが、スピリチュアル標榜者は人類が高次元世界。言うなれば神上がりをするとはどう言う意味なのか何も理解しょうとしないで、肉体と言う死を免れない状態にしがみ付こうとすることを言っています。

         

        人(霊止)の目的は、【肉体】にしがみ付くではない

         

        私は霊媒体質者で人の魂の汚れや霊の汚れを受けて下痢を起こすは日常的にあるのですが、黒龍神を飲み込んだ後はこれまでにない激しい下痢に襲われたのです。私は男で有りながら【妊婦の様な腹】になるです。そして、天津祝詞を称えるとトイレに行って便として汚れを流す。すると、またもや妊婦腹で下痢。幾度も幾度もトイレ通いです。どこにこれだけの便があるのかと言うほどの大量の便ですが、霊界の汚れを【物質化】させて便として流すなのです。

        後に、最初の師匠から【龍神の浄霊】は絶対にしてはいけません。その浄霊で命を失うか、よくても病院送りですと告げられましたが、その時は、ほとんどの黒龍神の黒色は汚れの黒であり、龍神の浄霊は自分の命に関わるなど知らなかったなのです。

         

        汚れは腹膨るる業と言いますが、そのことです

         

        大本教霊学で人(ひと)は【霊(ひ)止(と)】の意味だと明らかにされましたが、人には自分の命の本体で有る【魂】の他に自分の肉体に憑依している幾体とか無数の【霊】があり、人がこの世に肉体を持つ意味にはそうした魂や霊を浄化するがあります。肉体を持たない魂や霊は自己浄化が出来ないからです。

        力が強い霊能者の元に相談に行くと【下痢】を起こして、その場所のトイレに大量の便を出すことが知られていますが、その霊能者の霊力によって自分に存在する魂や憑依霊が浄化されるなのです。

        私の場合はそうした力がある霊能者ではなくて霊媒質者であり、2番目の言霊師の師匠から【霊界の歩く浄霊マシン】と揶揄されたように、霊を自分の体に入れて浄化して来たなのです。だが、それは自分が救ってあげましたと言う話ではありません。私を守護している存在が、肉体の私には無断で私の肉体を使用して他の霊の浄霊をしているなのです。

        それは別に私一人だけの話ではなくて、霊能者ではなくて霊媒体質者は肉体の意志に関わらず、自分を守護している霊にそうした役目を押しつけられているなのです。

         

        単に低級霊界の化け霊を見る者は数多いても、優秀霊媒者は数少ない

        肉体に降りた霊が汚れた霊であれば命に関わる

         

         

        日本神道では人の【腹】は【高天ヶ原】とします。

        人の霊魂の汚れは、腹たる【高天ヶ原】にて浄化される

         

        汚れた神霊や龍神等は【腸】にて浄化で下痢につながる

        そこに、人の魂の更生を【便】と言う。トイレの夢は、そうした霊浄化を意味しているのです。

         

        私の場合はそうした認識は汚れの黒龍神の霊的浄化が始まりだったのです。だが、あまりの苦しさに当時の言霊師の師匠は自在に龍神も操るで、その師匠に頼んでその黒龍神を外して貰ったのですが、その師匠によればその黒龍神は黒龍神界の癸欧燭觜海の黒龍神で、その長さは40キロもあると言います。私は40キロの長さを持つ黒龍神を10万分の1に縮小させて見ていたなのです。それは出口王仁三郎聖師が説かれた「10万倍」論です。

         

        少し前、私に自分が救世主ですと称される方は、その証拠として自分には六次元界の長さが40メートルから20メートルの三輪山の400万体の黒龍神が付随していると言われます。三輪山と言えば「黒蛇霊」が住むで知られていますが、その時の私の目にはそうした黒龍神達の存在の視認が出来ませんでした。

        別に三輪山だけが黒龍神のたまり場ではなく、日本の各地に黒龍神が巣くっている場所はあります。また、多くの新興宗教にも存在しています。某宗教団体は大量の黒龍神がバックボーンであることは優秀な行者や霊能者には知られています。病気治しは黒龍神の得意分野だからです。

        だが後日、その方には4センチから2センチ程度の糸ミミズの様な大きさで見えて来る黒龍神が無数に付随していることが見えて来ました。私の本来の視認能力では40メートルの龍神ですと「0.4」ミリとなります。それではいくら数が多くても塵の類いとしか見えていなかったと言えます。そこで、視認率を千分の一位にして私の守護神から見させられたと言えます。ならば、その方の霊眼には40メートルから20メートル位の黒龍神が400万体付随していると言われても「嘘」とは言い切れません。

        しかし、そこには気をつけなければならないことがあります。それは霊媒体質者の場合、その「0.4」とか「0.2」ミリ程度の塵にしか見えない無数の龍神達に【憑依】されるが起きるのです。それが40メートルとか20メートルで見えていれば、ある意味恐怖になります。

         

        ある時、突然に私の左の耳が聞こえなくなりました。その時は5月のゴールデンウィークの期間で耳鼻科は休みです。左耳がまるで聞こえないので補聴器を買おうかと思いましたが、当時は数十万円と高価であり、休み明けを待って耳鼻科に行き検査を受けると左耳が聴力を失っていました。診療椅子に座ったところ、私の左耳の上に4センチ程度の黒龍神が見えます。この黒龍神のせいかです。私がその姿を見破るとその龍神は逃げ去りました。そして医師が鼻から耳に風を通したところ、少し回復をしたのです。

        その後、大江山の天の岩戸神社に行くと良いと閃いて、岩場の社に上って龍神祝詞を上げると耳に風が入り、聴力の半分程度は回復しました。さらに、伏見稲荷山の白菊様の御塚に参拝するとよいと出て参拝したところ、やはり左耳に風が吹いて左の耳は完全に回復しました。後から考えれば神の仕掛けです。たぶん、この時の私の視認率は千分の一程度になっていたのでしょう。そうでないと龍神が私の耳の上に乗っていて【聾唖】状態になっていると解らなかったからです。

         

        それによって【聾】の字に龍があるを理解した

         

        私は言葉の意味を知る為に、いろいろ体験する

         

        霊界には時間と空間が無いと言われる霊能者の方が多いのですが、この【10万倍】の論を知ると、光の光速の論理すら、考え直す必要が出て来るのです。スピリチュアルでは【神は光だ!】とする方達が圧倒的に多いのですが、宇宙空間を【10万分の1】として計測すると、【323光年】の星ですら一日程度で来るという勘定になります。

        私や出口王仁三郎聖師は【10万倍】論に立ちますが、それは次元界によって違うのではないかと推察出来ます。もっと上の次元の段階だと、100万倍。1000万倍。1億万倍ともなるかも知れないからです。ならば、創造神だと宇宙の彼方から【一瞬】にしてこの地球上に来るとなります。高い神霊ほど、宇宙ですら【縮小化】させて見ているとなります。

         

        そこに大本教で説かれた【型】の論理が出る

         

        大本教で説かれた【型】とは、私達が住む日本(出口王仁三郎聖師の当時は台湾も日本領)は世界の五大陸の雛形であり。その日本の雛形は大本教に型として出て来るという【縮小】論です。そんな宇宙創造神から人類を見たら、実に【ちっぽけ】な存在と言えるでしょう。私達人類は自分の目で見ている世界の広がりと時間だけで、それが全てと思い込んでいるのです。

         

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        霊学11 世の立替論と【ユダヤの悪鬼がこの世を泥海にする仕組】とに関係があるのか?

        0

          明治25年に丹波の片田舎から発祥した大本教は【世の大立替】と【みろくの世】の到来を告げました。その大本教神諭には【ユダヤの悪鬼がこの世を泥海にする仕組】があります。

           

          ユダヤの【悪鬼】とは何!

           

          ユダヤと言いますと、国としては現在の【イスラエル国】であり。私達はそのユダヤ人の中の悪鬼のことかと思います。この場合の【悪鬼】とは神的な存在のことで、人のことではありません。霊界で力を持った存在を【鬼】と形容しますが、その中の【悪の鬼】です。

          元々、ユダヤ人とは日本人とかアメリカ人とかフランス人とかの国(地域)に住む人達のことを指しているのではなく、【ユダヤ教の神(旧約聖書の神)】を信じる人達のことを【ユダヤ人】と言っていたのです。為に肌の色や言葉は何も関係しないのです。

           

          では、ユダヤの神(旧約聖書の神)を悪鬼と言ったのか?

           

          西洋においてキリスト教徒が旧約聖書の神を信じるユダヤ人達を【迫害】し続けたことは歴史が証明しています。特に独国の独裁者ヒトラーは【ユダヤ人】を皆殺しにしようとまでしました。だが、何故にヒトラーはそんな思考に入ったのか?。その理由を調べた学者が居ないようです。私はある霊的映像を見せられて、ヒトラーは何故にユダヤ人を【皆殺し】にしょうとしたのか、それが理由ではないかと推察しました。

          旧約聖書を読んでいると、そうした観念に陥ります。それだとユダヤ教徒でない者達は一人残らず旧約聖書の神に殺されることになってしまうからです。だが、その事柄を日本の言葉で紐解くと、まったく意味が違うのです。

          私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【旧約聖書は我が書なれども、そのままに読むと意味を間違えてしまう。暗号書のようなもので、意味を解読しないと解らないようにしてある。】と告げられましたが、日本語で無いと意味が紐解けないのです。その紐解きの為に出口王仁三郎聖師はとんでもない行為をされています。そこまで神の舞台の役者はするのかです。私には出口王仁三郎聖師がされた演技が出来るとかと言ったならば、とても出来ませんとしか言えません。そこが出口王仁三郎聖師が【巨人】と呼ばれる由縁なのです。

           

          イスラム教の開祖マホメットは、イエス個人を神と信じるキリスト教徒とは違い、同じ旧約聖書の神を信じるユダヤ人に対しては、ユダヤ人達がイスラエル国を建国するまでは同じ神を信じる者達としてエルサレムの地域でも仲良くしていたことが知られています。共通の敵はイエス個人を神と信じるキリスト教徒達と言えました。

          そのユダヤ人が西洋の列強の支援を受けて「イスラエル国」を建国して、その地域に住むイスラム教徒に対して迫害を起こしたことからイスラエル国はイスラム教徒の共通の敵となったなのです。エルサレム市内にはキリスト教とイスラム教とユダヤ教の聖地が隣接することで解る様に、本来は【一つの神】であるべきだったのです。

          私達が通常に持つ知識では、大本教神諭はユダヤ人の神を【悪鬼】と言ったのであれば、旧約聖書の神のことを【悪鬼】と言ったのかとなります。確かに、イエスは旧約聖書の神を【悪魔】呼ばわりすらしています。だが、聖書を手にすると、イエスの言葉を記した新約聖書とユダヤ人の旧約聖書も一緒に入っています。すると、何故?。と不可解となります。

           

          現在の地球上に住む人類の遺伝子は20万年前からのものであり、それ以前に存在した人類の遺伝子とは異にすることが、最近の遺伝子研究で解って来ました。大本教霊界物語は、それよりも遙かに昔のことを書いています。翼を持って空を飛んでいた人達や異様な姿の人達です。そのユダヤに振られた漢字は【猶太】です。

           

          この【猶】は【尊(御言)を獣にした】意味であり

           

          ヘブライ語では日本語の様に【神の御言】が出ない

           

          この経緯は現在の私達が持つ歴史では理解不能となります。人類は過去に【六度滅んで】いて、現在の人類は【七度目】の人類とされます。そこから、日本神話では今の世は【神代の七代目】であり、聖書では神は【七日間】でこの世を創られたとなっています。そして、七度目の世を終えて末広がりの永遠の【八代目】の世に向かう。この八度目の世が俗に【みろくの世】と呼称されるわけです。

           

          ダルマ(真理)の【七転び八起】

           

          ここが解っていないと【五十六億七千万】の数字の意味が解らないのです。だが、大本教からはそこが出せなかったなのです。大本教神諭では単に【ダルマ大師】として現れたなのです。そのヒントは【高崎のダルマ】ではあるまいにです。ダルマと高崎のダルマのことではなくて、仏教用語では【真理】のことなのです。今の人類も世に出ておられる神達も【真理】を転がしてしまったのです。

          大本教神諭には、【一を聞いて、十を知る者で無いと神の御用に使えない。】とありますが、一つの神諭から多くの事柄が解る様になっているのが神の【言葉の仕組】と言えます。大本教神諭にある【十を聞いて、一も解らない様な者】では神の御用は務まらないのです。

           

          私が2番目の言霊師の師匠の元で学んでいる頃、私の寝室に一体の男性霊が訪ねて来ました。その男の背景には無数のUFOが飛び回っています。その服装を見るとフードで顔を隠していますが明らかに【猿】の顔をしています。一瞬、猿人?。私は映画の【猿の惑星】を思い出したほどです。

          私は霊能者の様に日常的に霊が見えるではなく、霊との会話もよほどのことでないと話すことが出来ません。ただ、そこに出て来る霊的映像で判断をするです。しかし、それだけでは意味がよく解らないので、当時の2番目の師匠は即座に霊卸しが出来て、その側に霊媒者が居ましたので霊媒通しをして貰ったところ意味が解りました。それは大本教の霊界物語に書かれている様な出来事の内容です。ただ、その猿顔の霊が言うのには【今から5万年前】だとの話です。

          その当時、【エルサレム】には【大日本帝国】と言うべき国の【神の都】があったなのです。そうしたことは大本教霊界物語の中にも記載されています。神の都であった【エルサレム】を巡る「国常立尊」派の神々と、「反国常立尊派」の神々の激しい攻防戦です。

           

          ユダヤの悪鬼とされるのは、その当時の【反国常立尊派】の神々の頭神達や幹部達のことです。その猿顔の霊は、当時は【ユダヤの悪鬼】の副官だったと言います。その当時の名を名乗りましたが西洋的な名前ではなくて、現在の日本人が使うような名でした。それは大本教霊界物語に出て来る神々の名と同じような名前です。

          私にはその内容がまったくデタラメ話とは思えませんでした。それはその話の中身は私自身の記憶の中にあることを語って来たからです。ただ、国常立尊が地上神界の主神たる表舞台から退かれたのは今から約【35万年前】とされています。

           

          その猿顔の霊が私に言うのは、それは今から5万年前に起きた出来事だと言うのです。そのエルサレムを神の都とする大日本帝国とは、その霊だけの話ではなく、霊能者と呼ばれる人達の中にも約10万年前のエルサレムには【素戔嗚尊】が支配する大日本帝国の都が存在していたと言う方もあります。

          その猿顔の霊は、【エルサレムでの戦いに負けた貴方はアラビア半島の先端から船で日本に逃げ帰る途中、乗った船が大嵐で難破して海の底に沈まれた。で、その魂を海底に鎮めて眠りに就かれた。私は敵方の将軍でしたが、それ以来貴方の魂を見守って来ました。そのことを決して忘れないでください。】と言います。

           

          日ユ同祖論があります。それは一つにヘブライ語と日本語に【共通】の言葉があることから、今の日本人は消えた十二支族の一つではないかの疑いからです。そうではなくて、今の人類が知ることがない超古代のユダヤ人とは日本人であったなのです。 この当時の大日本帝国とは蒙古人による【モンゴル大帝国(中国王朝名・元)】の時代に匹敵していた広さを持っていたとする説もあります。 モンゴル帝国は時代によってその勢力圏は変わっていますが、世界の四分の一の領土勢力があったとされます。そのモンゴル帝国の最大勢力図をインタネットー上の地図(世界の歴史まっぷからの無料ダウンロード画像)をお借りします。

           

          どこまでも一部の霊能者の意見にはなりますが、今から10万年前の【大日本帝国】の勢力図は【モンゴル大帝国】のようなものでなかったのかと推察されているなのです。

           

          大本教の出口王仁三郎聖師は【素戔嗚尊】と称したり、どうして救世主は【源の日出雄】だと称して【蒙古】に渡られたのか?。それらの【謎】は超古代の【大日本帝国】にあったとも言えます。だが、それらは現代の歴史では証明のしようがないのです。戯言だと片付ければそれで終わりの話なのです。

           

          ただ、こうした話はどこまで信じたらいいのか?。それは誰しも感じるところです。ただ、その男の背景には無数のUFOが飛んでいる映像があり、神代における神々の戦闘には【UFO】が飛び交っていたのではないかと推察は出来ました。

          この世の終末とされる時、やがて空一面にUFO群団が現れる事態は起きると思っていた方が賢明なのです。ただ、それらの宇宙人勢力には人類を助ける派もあれば、人類を攻撃して来る派もあるなのです。UFOとUFOが戦闘する激しい事態も起きないとは限らないなのです。

          一部のスピリチュアルの人達が【UFO】に言及されますが、それらはまったくデタラメではなくて、そうしたことも起きえるなのです。

          大予言者であった大本教の出口王仁三聖師は、世の立替とはこの地球規模の話ではなく、【宇宙開闢以来】の宇宙の立替で、宇宙を巻き込むと語っておられます。そこに大本教から出されたのは【三千世界の大立替】の話であって、この地球だけが【立替】という話ではないのです。

           

          今、私達が見ている宇宙そのものが立替られる

          そのことに関して、先見の明がある神霊達もそうしたことを語り。自分が【天帝】の振りをして来ますが、それをもってその霊が天帝である等の証明にも証拠にもなりません。どこにも本当の【天帝】が見当たらないことから、そうしたニセ者達が暗躍しているなのです。

           

          その霊媒通しが終わった後、それを依頼した2番目の師匠が、【この男は何だ!。猿の顔をしているではないか?。】と言っていましたが、私が住む土地の下を見た霊能者達は、【おぞましい姿をした霊達が無数に封じられている。】と言われます。今の時代の神々とは若い方が多く、超古代の神々とは現代人の様な顔立ちではないということなのです。

           

          大本教神諭が告げた【ユダヤの悪鬼】とは、時代が下がって現代では【フリーメイソン】等で語られる存在だと言われています。表向きは【自由・平等・博愛】精神ですが、世界の【資本主義】の大元のことです。ロスチャロイドルとかロックフェラーがそうだと言われてます。

          だがそれらは、超古代にユダヤ地方に生じた悪鬼(鬼とは力がある者達の意味)の話であり、悪とは【国常立尊】を神界の表舞台から【退かした】者達の意味なのです。そこにあるのは、

           

          勝てば官軍。負ければ賊軍の習い

           

          そのユダヤ地方から発生した【悪鬼】達は、現代において世界の【金融資本主義】を打ち立てたなのです。本当の天国とは【金銀財宝】で輝いていません。のどかな【田園風景】の様な世界なのです。ビルなどが建ち並んで近代化もされていません。天国天人は自在にどこにも行けますので、飛行機も新幹線も自動車すら要らないのです。ですから近代化は無縁なのです。逆に地獄界に入れば、非常に近代化された風景の場所も見られるのです。

          それは同じ【霊人】でも、その【霊人】を構成している【物質】が違うなのです。異星人と呼ばれる宇宙人の世界はこの地球では考えられないほど近代化されており、彼らが乗る乗り物が【UFO】などと呼ばれています。しかしそうした宇宙人達とは本来の【神】ではありません。この三次元界地球よりも少しは高い【次元界】の霊人達と言うだけの話に過ぎません。

           

          日本における【サニワ(審神)】において、一部のスビリチュアルが言う宇宙大神と称している存在の多くは黒龍神達であり、その配下の黒蛇霊に犯されていた人達が【宇宙語】と称している言葉を語るのですが、それらは今では消え去っている【古語】である等も言語学者の調べで判明しています。そうした黒龍神とか黒蛇霊は、古代の人達の中で霊的に落ちてしまった存在と言えるのです。

          世に言われる【龍神】の多くは、古代に人から【蛇霊】に落ちた身が、霊界で【三千年】の月日の修業を積んで【龍】と呼ばれる存在になったであり、これが聖書において【龍神】とは、【霊界で年老いた大蛇霊】となっているのです。本来の【龍】とはそれらとは別物なのです。

           

          そうした【黒龍神】達が【ユダヤの悪鬼】の手足となって、今の世を発展させたなのです。そこに【資本主義】が成り立ったなのです。

          イスラム教においては、【人に金を貸しても、利子を取ってはいけない。】とありますが、それでは銀行業そのものが成り立ちません。株式会社も成り立たないとなりますが、天国世界とはそもそもそうした仕組そのものがないのです。そうしたシステムを創り上げたのが【ユダヤの悪鬼】と【黒龍神】達なのです。

           

          天国世界には銀行業も株式会社もない

           

          この地球の環境を破壊したのは誰か?。となった時、そこにあったのは【金融資本主義】であったことは歪めない事実です。その【金融資本主義】はキリスト教宣教師が先兵となって、黒人奴隷制度や植民地を生み出しました。中近東における国境線が長い一本線であるなどは、キリスト教である西洋の列強諸国が地図上に勝手に線引きする過ちを犯した結果に過ぎません。そこにはクルド人と言う何千万の民がありながら、国を持たない民族まで起きてしまったなのです。

          もし【本当の神】が地球を主宰していたのであれば、この地球に【戦争】などもなく、世界各地に【植民地】も起こらず。【国を持たない民族】などの世界を創られはしなかったでしょう。当然に【奴隷】制度なども認めないでしょう。だが、旧約聖書は旧約聖書の神を信じない者達を奴隷にするとあります。

          私は旧約聖書を読んだ時、【本当の神にあるまじき】内容が書かれていたので、これは【おかしい】と気づきました。旧約聖書には本当の預言者ではない、悪神の手先の預言者の言葉まで一緒に入っているなのです。独国の独裁者【ヒトラー】が間違えたのも、そこにもあるでしょう。

           

          大本教出口王仁三郎聖師予言。

          独国の如意宝珠は殻玉で、その精は日本から発動する

           

          だじゃれ式に言えば、人ラーではなくて、神ラーです

           

          ユダヤの悪鬼が敷いた【この世の線路】

           

          その【金融資本主義】の線路をひた走りに走った黒龍神等の龍神。それにまったく意味が無かった等とまでは言えませんが。問題は、その線路の行き先。すなちわ【終着駅】を見定めていない線路の敷設にあったと言えます。

           

          その線路の行き先が、この世を泥海にする

           

          世界経済の破綻は、モウ見えているのです

           

          さりとて、創造神と呼ばれる神があるならば、その線路を何とか出来ると考えるのが私達が持つ神の感覚です。そこに巷には自分が創造神だ!。救世主だ!。等を呼称する人達が続出して来るのですが、そうした名乗りをする人達の背後に居る【神霊】にそれが出来るかと言ったならば、私は不可能と言う答えを出します。例えその霊が宇宙大帝とかどんな神名を詐称しょうとも、そうした神霊の【お里】はばれています。

          この地球は人類が住んだままでは復旧が不可能なところまで行っているのです。そこに、私も含めた僅かな少数派にしか過ぎませんが、人類は【新地球】に移行すると言うとんでもない話をしているのです。だが、その【新地球】の話は最初にヨハネの黙示録にあるのですが、この黙示録の【ヨハネ】とはイエスの弟子のヨハネとは別人で、イエスの死後に出た人でイエスの直弟子ではないのです。この黙示録の成立は【紀元96年】との説があります。 だとすれば、今からおよそ2000年近い昔から、今の地球の現状を見通していた神が居るということにもなるのです。

          ただ、超能力者と称する人達の意見としては、その【新地球】は太陽系が創られる時に、この地球にもしもの異常が起きた時の為にバックアップ地球として【高次元世界】に隠し置かれた地球で、三次元世界の人類が知ることも見る事も出来ない惑星との説があるのです。

           

          必要なのは【救世主】役でなく、現代の【モーゼ】役

           

          人類を一人でも多く、新地球に案内する者

           

          大本教の出口王仁三郎聖師は救世主と名乗られましたが、ニセ者発表と本番は【自分とは似ても似つかない人】と予言しておられますが、自分が【救世主】や【創造神】等は必要がない存在なのです。大本教霊界物語における【モーゼ】は【天道別命(あまじわけのみこと)】ですが、意味は【天に行く道を別ける御言】であり、そこに来る鍵の言葉が【カナン】なのです。それは中近東にある地名ではないのです。

          幸福の科学の大川総裁が自分は【お釈迦様とイエスとモーゼ】の3体を出した本体で、十三次元の者と呼称されておりますが、その内容は甘いなのです。【モーゼ】の役割の意味が解っておられない。

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          コロナウイルス騒動で見えて来る人の本性。他利行で未来の行先に希望

          0

            私は西暦2018年9月9日のブログで、2020年の東京オリンピックは最後のオリンピックになるか、それともオリンピックそのものが永遠に出来ないかも知れなことを見越して記事を書きました。それは、一つに西暦2020年から人類は【霊的に二手に】分かれて行くからです。その時点では西暦2020年から世の中に何が起きるかが掴めなかったからとも言えます。

            私は霊界見聞者で【言葉の仕組】の解読者であり、自分は予言者と名乗るほどの者ではありません。霊能者と言えるほどの霊能者でもありません。為にモウ東京オリンピックは出来ないだろうとまでは書ける者ではありません。ただ、西暦2020年から人類は霊的に二線に分かれて行くと云うことは、それ以前よりブログの記事として幾度も書かせていただいています。今日や昨日から急にそうしたことを述べている者ではありません。

            このブログの最初から、それ以前のヤフーの輪廻転生の板を含めると十数年前からHp等でも【世の大立替】に備えた準備をしなさいと啓蒙宣伝をして来ました。

             

            西暦2020年1月16日の私のブログに【地獄の釜の蓋開けか?】のブログ記事を出しました。その内容は1月8日に私が霊的に見えた内容から、【パンドラの箱】が開いたと推察出来たからです。パンドラの箱と呼ばれる神話にはいろいろ諸説がありますが、一般的には【災いを封じた箱(壺)】を意味した言葉とされます。

             

            壺の漢字の【亞】は【惡(悪)】に使われるもの

             

            壺の本来の意味は、【悪】を閉じ込めていた容器

             

            今回、武漢から起きたコロナウイルスの原因はいろいろ言われていますが、私は【地獄の釜の蓋(パンドラの箱)】が開いたからに過ぎないという立場に立っています。どこからウイルス菌が流出したかなどは二次的なことにしか過ぎません。問題は何故に【パンドラの箱(壺)】が開いたかなのです。

            私が読んだ朝鮮に残されていた予言文には、【最後の審判前、救世の為に米一字の教えが起きる。その米一字の教えが終わった後に人類の上に天より罰が降りて来る。米一字の教えに従った者達の上には天罰は降りないが、従わなかった者達の上には天罰が下る。が、その天罰の最中に現れる「白十字」によって人類は救われる。】とあったのですが、その【白十字】の意味がどうにも解けませんでした。一時は「白十字観音」様の助けの意味かと考えた時期もありました。だか、そんな「観音」様が人類を助けてくれるという様な安易な意味ではなかったのです。

            それが私の西暦2020年1月4日のブログ記事に書いた内容にあります。それが朝鮮に残されていた人類に天罰が降りている最中に【人類を助ける白十字】の意味なのです。巷で自分が創造神ですとか救世主ですとか名乗っている人達のことではないのです。

            もしも自分が創造神だと名乗るほどの人であれば、今回のコロナ騒動もあっという間に沈静化出来るはずなのです。その人が本当に創造神の現身(うつそみ)であれば、そうしたことが一番の証明になります。すれば、誰もがあの方が創造神の現身だと認めてくれるでしょう。

             

            パンドラの箱の中味は災いでも、残るは希望

             

            私は日本神道の【禊ぎ】の意味は、創造神と個々の魂の【契約の示し】と幾度も書きました。それは神社に参拝して神主から大麻を使った【串】で振って貰うことではないのです。禊ぎとは自己の肉体を殺ぐとか削ぐ様な苦しみから自分の魂が磨かれていく激烈なことなのです。痛い痛いと泣かなければならないほどのものなのです。 

            今回の武漢からのコロナ騒動は、やがては収まるでしょう。このコロナウイルスで人類の歴史が終わるなどはあり得ません。しかし、この騒動は【白十字】に向かっての【序章】であり【序の口】なのです。

             

            今は人類にとっては大峠(大嵐)の序章

            これから起きて来るであろう出来事は、人類にとっては想像外のことが起きて来ると予測されます。

             

            霊的映像を見せられている人達が見る霊的映像には、東京が大地震で壊滅して陸の孤島になる映像もあれば、富士山や火山が爆発する映像も、大地が踊り狂う映像もあります。日本列島や大陸が沈むかも知れない映像もあります。宇宙の星が人の目に見える大きさで並ぶ映像もあります。隕石の火の雨が降って来る映像もあります。太陽と思しき物が幾つも出て来るのもあります。最大の物はこの地球が動きを停止して時間が消えるものすらあります。特に地球の動力が停止すれば、人類は一人も生きてはいないでしょう。

            しかし、そうした霊界に現れる映像は絶対に起きるとは言えません。仮に起きるとしても、それがいつ頃なのか解らないがあります。例えば新地球の存在はヨハネの黙示録にはありますが、それが出されたのはかなり古い話と言えます。その時にそうした霊的映像を見た者は、それが少し先に起きる出来事と思い込みますが現実には起きてこないがほとんどで、世紀の大予言者とされた大本教の出口王仁三郎師が発した予言のほとんどはさほど時間を置かずに起きていますが、そうしたことはある意味希有なのです。

             

            人類は高次元世界の【みろくの世】に渡ると言う霊能者やスピリチュアルの方は非常に多いのですが、私の様に人類は【新地球】に移行すると言う方は僅かな少数派にしか過ぎませんので、別に与太話と思っていただいても結構です。ただ、言葉の仕組を紐解くと私が述べている様な内容にはなるのです。

             

            人類がみろくの世に渡るとしても、罪の借銭払いはある

             

            個々の人や集団的に人類が犯した罪の借銭払いは、人類の立場では【災い】の形であらわれます。それによって魂の【カルマ】が消える人達も出ます。それは災いに見えても、魂的には【救済】ともなるのです。そこに【パンドラの箱】が開いて世に災いが起きても【希望】が残るなのです。

            何故ならば、人の死とは単に魂の服たる肉体を脱ぐだけで、魂そのもが消滅するではないからです。だからこそ【輪廻転生】の教えもあったのです。私は自分の過去世の一つ程度は誰であったかを知っています。記憶こそしていませんが幾度か生まれ変わっています。今回の人生は最低部類の人生だったこともあり、この世には何の未練も持っていません。早く元の世界に帰りたいなのです。

             

            スピリチュアルの世界では、【神の愛で何をしても赦されます】がお題目で、私の様にお釈迦様の本当の悟りは【人に内在する良心神】だったなどは、一部の方以外には受けいれられるではありません。誰も自分の良心神に従うとか受け入れるのは辛いからです。誰も魂の中の【真柱】が良心神で魂の点数に繋がっていたと知ることもなかったからです。その良心神の点数による魂の選別は西暦2019年で終了しましたが、まだまだ残された手があります。

             

            それは仏教で説かれた【(他)利行】です

             

            お釈迦様が説かれた仏教とは上座部(小乗)仏教で、お釈迦様の死後五百年か千年位して大乗仏教が起きて来ました。この小乗の時代が【正法(お釈迦様の悟りが正しく伝わる期間)】で、次の【像法(仏法と修業する人は居ても、悟りを得られない期間)】からしても、その時期が大乗仏教と言えます。現代は大乗でも【末法(教えが説かれるだけで、修業する者も居なく、悟りも開けない期間)】とされます。この大乗の教えが結果として、お釈迦様の悟りを見失う原因となったなのです。

            私に臨んだ【霊声】は、仏教の末法の時期は1万年間続く予定であったなれども、八千年間縮めると出て来ましたので、既に仏教は【法烕】に入っているとなります。大本教神諭に【仏の世は終わった】とありますが、それを意味していると言えます。

             

            利行と言う言葉は存在しますが、あまり言葉の意味の解釈が良いとは言えません。通常の利行は【菩薩が悟りを導く手立てとして、衆生に利益を与える】意味と解釈されています。それだと神仏からの【現世御利益】主義から一歩も抜けられずに、悟りなどにはほど遠いとなります。現世御利益とは、神仏の存在を認識させんが為のものであって、現世御利益で人々を引きつけるというのは邪道に入るのです。

            しかし、曹洞宗における【利行】の教えは【人の為に何かをする。】で、道元禅師は【見返りを求めず、ただひとえに利行を催す。】と説かれたなのです。仏教で説かれた【利行】で悟りを得ることは出来ませんが、米教における【他(田)を救(鋤く)いて世根(米)】となれの教えとは同一にはなります。ですから、お釈迦様の悟りであった【人に内在する良心神】の教えは知らずとも、魂の【良心神の点数】を上げることには繋がっています。

             

            それとは別にある作家から【自他利行】という言葉が出されました。これは他人を利することによって自分も利するという意味合いからです。他人を助ける(利する)ことによって、自分も助かる(利する)とはどう意味かとなります。

            このことは【老子】の教えに【自分が欲するなら、まず(他人に)与えよ。】があります。イエスの教えにも【(他人に)与えよ。さらば与えられん。】があります、老子とイエスはまったく同じ事を語っています。この意味を理解すればよいのです。

            日本における神智学では、この意味を【水を満たした「たらい」の中に小舟を浮かべて、その小舟を手元に寄せるにはどうしたらいいのか?。】を答えさせるがあります。これ、小舟をこちらに来いと手元に水を寄せると、小舟は反対側に行きます。そこで逆に向こうに行けと反対方向に押し出すと小舟はたらいの周囲を巡って自分の手元に来ます。

            老子やイエスが説いたことを、たらいの中の水に浮いた小舟で【実証】するなのです。

             

            他人の為にした良い行いは、回り回って自分に帰る

             

            私はこの教えを2番目の師匠から教えて貰いました。その師匠は大本教の出口王仁三郎聖師の直弟子だった方を師匠としていましたので、たらいの中の舟の話は古来からありますが、霊学と結びつけたのは大本教にあるかも知れません。

             

             

            今回のコロナウイルス騒動で、個々の人の【本性】が露わになって来ました。東日本大震災でもそうですが、人は大きな災いに遭遇するとその人の本性が出て来ます。日頃は良い人だと見えていた人が、鬼となる。この人は悪い人だと思っていた人が、本当は他の人を助ける善人だったなどです。 人は自分が死ぬかも知れない時にこそ、その本性が出ます。

             

            これから先、人類の上に来ることは【大嵐(大峠)】と呼ばれる物が来ます。それらは私達人類にとっては【災い】と呼ぶべき事柄ですが、個々の魂の汚れを取り除く磨きの禊ぎ(大祓)でもあるのです。魂の長き年月に渡る【輪廻転生】の過程の中で魂の汚れが取れずに、その魂の汚れから【蛇や狐や狸や猫】と呼ばれる状態に陥った神霊達もその禊ぎ如何で元の天人たる姿にも戻るなのです。

             

            人の命の根源は【魂】にあり、

            【義】の為に命を捨てた者は神の座に上がっています

             

            大本教から、【牛虎】金神とか【羊猿】金神などが世に出された時、それを動物の【牛や虎や羊や猿】だと思った神霊は、よほどの【阿呆】神と言えます。全ては【言葉の仕組】なのです。神霊と呼ばれる存在を見た時、どうしてそれが【蛇や狐や狸や猫】などで見えて来るのか?。その意味をまったく理解していないなのです。それを単に蛇や狐や狸や猫だと言っているのは、非常におつむが悪いとしか言えないのです。どうして、【何故?】という疑問を挟まないのかです。

             

            神の祭壇に【牛と羊の血の捧げ】で【犠牲】と言う

             

            世の為に人の為に、自分を犠牲にした者は【義人】

             

            良心神の悟りは得ずとも、世の為に人の為に自分を【犠牲】にした人達は、創造神に取っては【宝】そのもの。みろくの世にとって絶対に必要な人達なのです。そうした人達が世の中心に居なければ、本当の【神の御国】など成り立たないからです。

             

            そこに天は、悔い改めなさい。改心(替芯)しなさいと説く

             

            大本教基本宣伝歌

            例え大地は沈むとも、【誠の力】が世を救う

            それがどう意味か?。それはこれから先に解って来ます。それまでは【耐え凌ぐ】なのです。大嵐(人類の大峠)を甘く見てはいけないのです。

             

            何故ならば、

            創造神の最終目的は人類を嬉し嬉しの世に渡す

             

            日本語にはなりますが、この仕組には【三千年】以上の月日が掛かっていることは間違いありません。それは三千年以上前から【今日】の事態を見越していた神が存在しているとなります。将来を見通していた神です。その神から見れば、この世の土壇場になって出て来る神達を笑っておられるでしょう。

             

            今から三十数年前。私が蛇霊神に言向けをしていると、蛇霊神は【悔い改めるぐらいならば死んでやる。創造神が自分達を裁くと言うのであれば、その時は暴れに暴れてやる。】と返答して来ましたが、悔い改めをしない蛇霊神達はいろいろな手段を使って、人類を惑わして来るでしょう。ニセ救世主。ニセ創造神に惑わされないことが大事となります。

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


            霊学10 巷に現れる自称救世主の数の多さは、未だ神界が【統一】なされていない証か?

            0

              マタイの福音書にはイエスの言葉として、【人に惑わされないように気をつけなさい。多くの者がわたしの名を名乗って現れ、自分がキリストだといって、多くの人を惑わすであろう。】があります。

              その続きには、【そのとき、だれかがあなたがたに「見よ、ここにキリストがいる」、また、「あそこにいる」と言っても、それを信じるな。にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。見よ、あなたがたに前もって言っておく。だから、人々が「見よ、彼は荒野にいる」と言っても、出て行くな。また「見よ、へやの中にいる」と言っても、信じるな。】です。

               

              この世の終わりの時には自分が【救世主】と称する者達が続出すると言われて来たのですが、世界中のキリスト教系の中には自分の前世は【イエス】であったと称して居られる方はゴロゴロあります。この日本には自分の前世が【仏陀】であったと称する方達が幾人も居るようなことです。

              私の元には自称創造神や自称救世主と称する方からの自薦や、その方を救世主と仰ぐ信仰者の方達から推薦依頼のメールが来ます。また、大本教の出口王仁三郎聖師が遺文として残された有名な予言。【みのか尾張の国から現れる誠の女子】は自分ですと言って来られた女性も多かったと言えます。実に数多くの人がそうしたことを自称されたなのです。

              私はこの【みのか尾張の国の中】は【言葉の仕組】と気づきました。それは【誠の女子】の誠は【言で成る】を指すからです。その美濃か尾張の国から【富(十三)山】に向かう国道【41号線】。それが大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密)】を紐解かせたなのです。大本教は【神の高山】に上る道ではなくて、その終着の富山の【十三のス神】論の意味を出したなのです。

              だが、こうしたことは【言霊】とは何かを知らない人は気づかないことであり、自分の前に出て来た霊の言葉に操られるなのです。そうした霊達は大本教の仕組が【言霊】による【言葉の仕組】から為されていることに気がつけなかったのです。

               

              自称救世主と称する方の中には、【自分は光の剣でゼウスと一騎打ちをして、ゼウスを倒した。自分がゼウスに代わって最高神になった。】などと言って来られる方もありました。【光の剣】でゼウスと一騎打ちして倒したなどは漫画やアニメの見過ぎで、自分が最高神などと言っている方の話の内容などは、そのほとんどが【与太話】に近い物と言えます。一本の光の剣で無数の魔軍を消すなど出来ません。それは霊界で龍群と戦ってくれば解ります。しかし、この手の方が非常に多いのです。

               

              もし、【一輪の秘密】が解っていれば、そんな名乗りなど絶対に出来ないと言えます。

               

              私は人の肉体を持つたままでの【救世主】等は信じない

               

              何故ならばイエスの様な人材が仮に10万人出たとしても、今の世界を救うなど出来ないからです。

               

              人たる肉体を持った状態でいくら【奇跡】の現出をしたところで、それで【救世主】等ではあり得ないのです。私は伏見稲荷山でイエスが見せたとされるほどの大規模な物ではありませんが、小規模の奇跡の数々を見て来ました。それは奇跡の規模の大小の違いだけであり、霊的【メカニズム】としては同様のものと言えました。それは【奇跡】の現出だけでは【救世主】ではないなのです。

              そうした証拠の一つとして、奇跡の数々を見せたインドの【サイババ】が霊界からの贈り物として出した霊界製と言う時計には、メイドインジャパンとセイコー社の刻印が印されていたがあります。それは単に霊力でこの世に存在する物質をテレポート(瞬間移動)させただけの話だからです。聖書に残されるイエスの奇蹟にしても、そうした霊力の使用なのです。

               

              私が見た【九制主】とは言葉(ロゴス)の仕組

               

              それが大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】です。人々を惑わす【奇跡の数々】は黒龍神等はお手の物と言えますが、言葉の仕組は日本語であれその仕組に【三千年】ほどの月日が費やされています。これは【人智】ではとても無理と言えます。不可能と断言してもかまわないと言えます。何故ならば、人は死ぬからです。

              しかもそれらは日本の【古語】では出来ません。明治時代までは日本の言葉は津軽弁と薩摩弁ではまるで異国の言葉に近く、何も通じなかったなのです。この仕組は現代の私達が使っている日本の言葉で解読出来るようになっているからです。現代と呼ばれる時期に解読が可能な様に仕組まれており、数千年前からそうした先のことを見通して言葉を組み立てていた神が存在するなのです自分は高い神だと名乗る等は子供にでも出来ることなのです。

               

              私は子供の頃に自分に臨んで来た旧約聖書の神と称する声から、【そなたには何の神力も与えない。この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国である。そなただけにはその仕組を見せるので、それを見て人々に告げなさい。】と言われたことをしているだけです。ですから何の神力も持たないことから「バカ」にされますが、それ以上のことをしているわけです。

              また、【そなたが歩く道は人類の誰一人とし今日まで歩かなかった道で、そなたの前にそなたが歩む道を歩んだ者はなく。そなたの後にもモウ二度と出ない。そなたを最後の者として、その道は終わる。】とも告げられたなのです。が、その人類の誰一人として歩かなかった道とは何だ!。です。まさかそれは日本語による【言葉の仕組】の解読とは自分でも予想外のことだったと言えます。

               

              私は旧約聖書の神と称する声から、この【日本に満ちあふれている】ものが日本語の【言葉の仕組】であるとは何も告げられませんでしたが、私が初めて伏見稲荷山に参拝した時、豊受姫のお代であった師匠を通じて、豊受姫から【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き御方。貴方の言葉による教えは天帝の「詔」と同じであり、貴方の言葉による教えを聞けないと言う神は如何なる神であっても、天帝に対する反逆の罪として天帝により罰せられる。】と告げられたしだいです。

              それで、私自身【言葉の神】とは何じゃ!となりましたが、西洋に残されている予言的なものに、【ユダヤ人では無い異国の人が異国の言葉で主を語る。その人はその異国では「言葉の君」と呼ばれている。その言葉の君は自分は主を知らないと言うが、万軍の主は言葉の君のことを知っていて、全ての裁きを終えた後。万軍の主は言葉の君をその側に呼び寄せる。その日をもって「ユダヤ人」は救われる。】という不思議な内容を思い出して、その異国の言葉とは【日本語】で出来るのだろうかと取り組んだだけなのです。

               

              そして朝鮮に残されていた予言に、最後の審判前に救世の為に【米】一字の教えが起きる。その教えが終わった後、天からの罰が始まる。米一字の教えに従った者達の上には天罰は降りないが、そうでなかった者達の上には天罰が降りる。

              これも何じゃ!。です。米一字で教えなど出来るはずがない位、誰でも理解することです。それが大本教神諭予告、【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密)】を【米】型で紐解かせたのです。大本教の出口王仁三郎聖師が出された【ス】神論など、どうやってそれを導き出したのか?。単に【スの言霊はイロハの終わり】だけでは、根拠薄弱の内容にしか過ぎないのです。

              もし豊受姫から【貴方は言葉の神と呼ばれる御方】などと告げられていなかったならば、私は世間から単なる【言葉遊び】をしているとしか言われないようなことをしていなかったと言えます。私自身、これは【言葉遊び】かと思ったほどだからです。だが、言霊と漢字と数霊を駆使した【言葉の仕組】に、いったい誰がこんなことをしたのか!。それは驚きしかなかったのです。

               

              私は伏見稲荷山での修業を離れて【言霊師】をされている方の元で言霊を習っていて、【言霊】とは何かと解った時、愕然としたのです。聖書に【初めに言葉は神と共に在った。】とありますが、それは創造神が何々あれと言われたからこの世が出来たではないのです。言葉の意味が違っているのです。残念ながらこの日本は古来より【言霊の幸はふ国】と言われていても、その【言霊】とは何かを知っておられる方は若干名と言えました。

              大本教から【十三位のスの神】が出されて、巷の新興宗教の開祖や霊能者はそれは何故なのか疑問とも思わず、そこに単に【主】の漢字を当てて【スの神】論を言っておられます。アイウエオの【ス】は第【十三】の位置にありますので、【十三次元が最高神次元】だと思い込んでしまった霊連中もあるなのです。出口王仁三郎聖師はこれを【阿呆】と予言したわけですが、その【ス】の神論に疑問も挟まず。何故なのか?。と考えもせずに乗った神達が悪いと言えます。

              ただ、大本教の出口王仁三郎聖師には素晴らしい予知能力があったので、誰も【スの神】論を何一つ疑わなかったなのでしょう。世に出ておられる神々には、あれほどの未来の予知が出来なかったからです。これは私が推察するに、十三のスの神で諸神を惑わす【創造神の遠大な計画】の一環と言えます。大本教はその言葉の仕組の中の一翼を演じたと言えます。そうでないと、出口王仁三郎聖師の行動に合点がいかないのです。大本教神諭にある出口王仁三郎聖師は【悪】神役の演技の見本ではないのです。それは【悪】の捉え方なのです。

               

              私の元には自分が創造神だとか。救世主ですと言って来る方は多々あったのですが、そうした中で【自分が救世主です。そこで貴方は私の参謀になってください。】と言って来られた方がありました。さすがにこれには私も驚きを禁じ得ませんでした。この人は何も解っていない。その方の背後の何も理解していない霊達に、この人はいいように操られているです。

              この人は何をもって自分が【救世主】等と言うのだろうか?。です。その方をサニワした複数の霊能者の判断では、この方の魂は七次元界の素戔嗚尊ということでしたが、それが仮に正しいサニワであったとしても、それでは出口王仁三郎聖師より下の次元界の方となります。

              大本教の出口王仁三郎聖師は最初の頃は自分は救世主と称されましたが、その看板を下ろされて【聖師】とされたなのです。優秀な霊能者達は神界の高山の合目では、出口王仁三郎聖師は八合目神とされています。その合目を次元とすれば八次元界とする説が有力なのですが、それよりも下の七合目七次元界の段階で自分が救世主ですは論理的にも破綻しているのです。その方をサニワしたという霊能者達もまたいい加減な人達と言えます。そうしたことを何も学んでいないなのです。

               

              霊界には出口王仁三郎聖師に化けた霊もかなり跋扈しています。自分の前に出口王仁三郎聖師の姿をした存在が出て来たとしても、それを本物と鵜呑みしてもいけないのです。そうした姿をした霊が出て来たからそれが本物だという霊能者のサニワはほとんどダメなのです。その霊にしゃべらせて、その言葉の内容がどれほど正しいか質問で見極めるなのです。その答えの内容に少しでもおかしいと感じたら、そこを追求するのがサニワ(審神)です。

              ある著名な宗教開祖の【出口王仁三郎霊示集】を読んだ時、あまりにもその内容のお粗末に吹き出してしまいました。とても本当の出口王仁三郎聖師霊が出て来てしゃべったとは思えない内容です。が、人は自分の前世は釈尊とかイエスとか名乗ったり、救世主だと自称していると、その真偽を確かめもせずにコロリと騙されるなのです。

              そうしたことを知っている邪神達は自分達が使おうとする人間に対して、おまえは【九次元界】の者だとかを吹聴するがあるのですが、熱心な崇敬者から救世主と崇められていた【五井野正】博士は自らが【七次元界からの使者】として称しておられ、その著本は今でも高価です。ヨガで知られる【本山博】博士も七次界と自ら言っておられました。それらの方の自分は【七次元界の者説】は正しいようです。

              それより上位の出口王仁三郎聖師の八次元段階を超えていないで、七次元界で自分が【救世主】ですは無いでしょうとなるのです。巷で自分か救世主だと称している方の背後にある霊のほとんどは、六次元界の黒龍神達の騙しと思われます。

               

              前にも書いていますが、そうした騙しをする霊はたくさんの霊の集団でその役割分担を決めて、劇場型オレオレ詐欺みたいなことをするのです。その背後の霊団に所属する霊の数が多ければ多いほど、その舞台は大がかりなものになります。為に何も疑わないで、オレオレ詐欺に引っかかるなのです。

              だが、いくら大がかりな霊集団が詐欺舞台を演じても、出口王仁三郎聖師の舞台を超えることは出来ません。それは出口王仁三郎聖師が出された【予言の数々はほぼ的中】しているからです。ところが、そうした自称者の背後の霊は当たる予言がほとんど出せないなのです。それはいくら高い神名を名乗っている霊でも、未来を語る予言が出来ないとなると【ニセ者】神霊と言えるのです。

               

              私の元に、その方に出て来る豊受姫と称する神霊から【みの尾張の女子】だと告げられた女性から、神霊の【予言】というものがいくつも送られて来ましたが、一つとして当たったものがありませんでした。当たらない神示の連発を受けても、その方は神霊の神示が当たらないのは自分が未熟で到らなかったからと目が覚めるはありませんでした。そうなると、貴方は永遠に騙されていなさいとなります。神霊の神示が当たらない嘘だらけと自分が未熟者とは別の話です。

              私は4年間ほどでしたが伏見稲荷山で豊受姫の庇護の元で修業を積みました。私の家の神棚には一応伏見稲荷大社から勧請した豊受姫の御魂をお祭りしています。もし私がお世話になった豊受姫であれば、私の本名とか住所は御存知と言えます。ところが、その方に出て来る豊受姫は私の本名も住所も解らないという有様だったのです。単に豊受姫と名乗っている代物の霊です。

              私は最初の師匠の豊受姫はその師匠が在命中は、阪神淡路大震災や普賢岳爆発や飛行機事故などを事前に言われていましたが当たりました。その師匠が在命中であれば【東日本大震災】も事前にお知らせはあっただろうと思います。そして今回の【コロナ】も言われたでしょう。だが、その豊受姫ですら言われた内容は全て当たったかと言うと、当たらないことも多々あったと言えます。

              それに関してその豊受姫は、この豊受をもってしても解らない。霊界の壁で隠された【神界】があると言っておられました。その神界とは【幽の幽】と呼ばれる神界で、世に出ておられる神々でも子細が解らない神界と言えます。

               

              大本教神諭、【この神は未来を見通す神】

               

              その【証拠】が大本教からは次々に出されたなのです。神は【予言者】ではありませんが、未来を見通す力がある神ほど高い次元界の神とは言えるのです。昨日貴方は誰と会いましたとか、何を食べたとか言い当てられても、それは動物霊達でも出来ることです。それらは未来形では無くて過去形だからです。霊界のメカニズムとして【過去のことは】言い当てられるのです。優秀な霊能者は過去に現れた霊的映像に関しては【巻き戻し】が出来るのです。

              多くの人が疑問に思われることに、この世で【犯罪】を犯した者が捕まらない迷宮入り事件があります。だが、それらの犯人は誰かと言うことは霊界では解っています。誰が冤罪で罪を被っているかも解ってはいるのです。だが、そうしたことをこの世の者に告げる義務は神霊界にはありません。この世の裁判官は間違った判決を出しますが、【閻魔庁】では全ての人の犯歴は解っています。個々の魂のこの世の行為行動は全て【記録】されているからです。

               

              私が魂の【円真】は、閻魔でもあると言うのもその為です

               

              私は二人の師匠の元を離れた後。東京の著名な霊能者の元に行き、自分が誰かの霊査を受けました。その霊能者の方が私に、【霊界のシステムを見ると創造神が存在していないとおかしい。ところが霊界のどこを探しても創造神の痕跡が見当たらない。】と言われるのです。その方は大本教の世の大立替宣伝の時、その旗振り役であった【浅野和三郎】師の一番弟子だったと言われます。

              私も霊界修業の中で、幾つかの霊から【どこを探しても創造神の姿が見当たらない。】という訴えを受けていました。世に自分が【国常立尊】と称して出て来る霊は種々ありますが、どれも本物ではありません。私自身2番目の言霊師の師匠の元でそうした【ニセの国常立尊】を拝んでいて、その霊の正体がある動物の姿で見えた時、その意味が解りませんでした。それも【言葉の仕組】だったのです。

              大本教からは【ウシトラ金神・国常立尊】と名乗る神霊は出たのですが、優秀な霊能者筋のサニワではそれは七合目の神で【本体神】では無かったとも言われています。未だ本家本物の【国常立尊】は世に出ていないと言われています。で、大本教は【宣伝の為の予告】教団であったかという説もあるのです。いくら高い神名を名乗っても、次元と呼ばれる段階で判断しないと危ないのです。しかし次元に関してはニセ神達は平気で嘘を言うのです。

               

              霊界のどこを探しても、本元の【国常立尊】は出ていない

               

              そうしたことから世に贋物の【国常立尊】が多数排出する

               

              私は2番目の師匠の元で、国常立尊と名乗る贋者の【国常立尊】に引っかかってしまったのですが、私は言葉の仕組から国常立尊の意味は【日本の国に常に立つ御言】であり、魂を【鬼と云う】ことからの【牛虎金神】であり、【艮】は「ただ今は退いていますの艮の道。」です。大本教神諭にあります【三千年の仕組】とは、そうしたことは全て【言葉の仕組】であると解ったなのです。

              それが解らない邪神の神霊は、どこにも【国常立尊】の姿が見当たらないことから、自分が【国常立尊】だと名乗る霊も続出するなのです。イエスが残したように、贋【国常立尊】。贋【救世主】が続出しているのは【終わりの時】が近づいている証拠と言えるわけです。

               

              そこにあるのは、未だ地上神界は唯一神に統一されておらず

               

              霊力がある霊が群雄割拠する戦国時代の様なもの

               

              もし、本当の創造神が世に出ているのであれば、あちらこちらに自分が創造神ですとか、救世主ですと名乗る者が続出することなど論理的にあり得ないからです。

              そうした中では、自分は【高次元界の者】と言う「バナナの叩き売り」が勃発するのです。貴方は【何次元界】がお望みですか?。

               

              私が接した中では自分は「3000億次元」と称する方が最高の名乗り。他には500万次元とか100万次元と称する方も居られました。幸福の科学の大川さんは、ただ今は【十三次元界の者】と称しておられます。たぶん【十三次元界】が最高の地位だと思っておられるからでしょう。中にはお釈迦様とイエスと弘法大師と出口王仁三郎聖師は九次元界の方で、自分はその4人の魂を併せ持つ者で【三十六次元界】と称しておられる方もあります。

              それはそうした言葉を信じたければ、信じなさい。信じることは自由なのです。が、その結果は知りませんよ!。と言うことなのです。

               

               

              本当に、【創造神】と呼ばれる神など居るのか?

               

              霊界に姿は見当たらないが、【言葉の仕組】はある

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              霊学癸后/佑寮い量燭話擦て魂の世の命は永遠。全ての魂は修学の場から、元の霊界にと戻る

              0

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、【人の世の命は僅かである。魂の世界からすると修学旅行に出たよう僅かな期間にしか過ぎない。この世に出て、その永遠の命である魂を「刹那心」に溺れさせて腐らせたり捻らせてしまってはいけない。魂はその修学旅行の場(この世)で何を学んで魂の世界に帰って来るかが大事である。その修学旅行先で何も学ばずに遊んで来ましたと言うのであれば、何の為にこの世に出たのか!。そのことが問われる。】と告げられたなのです。

                優れた行者や霊能者の方が、この世は【魂の修業場】と言われるのは正しいことなのです。各自の魂がその修学場に行くことが、一つ一つの魂の【輪廻転生】となるのです。人は死ねば天国ではないのです。この世で何を学んだかで、霊界での天国界や中有界や地獄界が決まって行くなのです。そうであっても、この世の生き方で魂を腐らせたり捻らせてしまうと、永遠性の魂そのものを失うなのです。

                 

                本物の霊能者は、この世は【魂の修学場】と告げる

                 

                この世の【苦】を超えた後、天人界での【楽】あり

                 

                精神世界とかスピリチュアルの論調を見ますと、そうしたことを言う方はさほどありません。まったく方向違いのことを言っている方が大多数なのです。

                 

                僅かなこの世の時間だけの幸せを言っている

                 

                私の最初の師匠は豊受姫のお代さんで、当時伏見稲荷系の行者としては癸韻慮討喟爾發△襪曚匹如∨受姫の言葉によればその当時の日本のベスト10位の中に入る霊能者と言われていました。が、さすがにベスト4位の中には入れず、そのベスト4位の霊能者は全て男性で自分は知らない方と言っていました。稲荷系ではない行者の方のようでした。それは世には無名でも、凄い霊能者の方達がこの世には居られるということです。が、最初の師匠は女性としては当時の女性霊能者の癸韻任△辰燭任后

                テレビで世に知られる女性霊能者としては【下ヨシ子】師。【木村藤子】師。【前田和慧】師が有名でしたが、それよりも霊能力はありました。

                私が伏見稲荷山で知り合ったある行者は、その師匠を見てあれはあんたの先生か。どえらい先生が居るものじゃ。男でもこれほどの先生は滅多にはおらんと見抜いていましたが、私も伏見稲荷山に上がって、それなりの行者さん達を見て来ましたが、本物と呼ばれる行者さんは持っておられる波動そのものが違うのです。その波動がビービットこちらに来るのです。そうした霊波動は【ブログ】の記事や著本を読んでいても解るのです。

                 

                ブログ記事などは、いくら御本人が自分には創造神が降りて来る等と言われても、その方から何の霊波動も感じないとなると、低級霊のオレオレ詐欺の騙しに引っかかっているなと読めるわけです。私は伏見稲荷山で4年間ほど修業をさせていただき、瀧にも打たれたりで、そうした霊感覚が少しは研ぎ澄ませれたと感じています。ただ、いくら瀧に打たれて霊感覚を研ぎ澄ましても、人間として卑しいでは本末転倒になるわけです。

                 

                その最初の師匠は、私に【人としての期間がどれほど辛いものであったとしても、それはたかだか50年間程度。それに耐えて、神様にして貰ったら最低500年間は神様として過ごせます。どちらが得かと考えたならば、この世では辛くても霊界で神様に成った方が得でしょう。】と語っていました。その師匠の霊は私の元に来て、自分は東京の九段坂付近のどこかの神社に白龍神を伴って祭神として赴任しましたと挨拶に来られました。白龍神等を従えていないと神霊としての力が弱いからでしょう。

                こうした人としての死後に天人界に入って、抜擢されて神社の祭神として赴任したなどは数々の事例が存在します。大本教神諭に【人には神とも成れる魂を授けてあるにも関わらず】とありますが、神と成ると言うことは【天国天人】とも成るなのです。誰かを拝んだからでは、【天国天人】にはなれません。

                一部の説にはなりますが、今や天国界に渡る人は僅かと言われています。【スマホ】や【ゲーム】ばかりにしがみついていれば、それでは天国界は無理なのです。魂の堕落を引き起こすからです。いくら魂は永遠性の時間を持つとしても、人としては僅かな時間しかないのに、【おまえは何をしに、この世に降りたのじゃ!。】のお叱りを受けてしまいます。そうしたことが問われます。

                 

                今、多くの霊能者の方が、今の神社には本来の祭神がそこに居なくなっている。祭神が存在しない空の神社だけでなく、本来の祭神の代わりにニセ神の霊が鎮座していると言う報告がなされています。だが、ニセ神の霊が鎮座している神社を一掃するにしても、その数が多すぎて手がつけられないがあります。また、誰がそれをするの?。があります。霊能者だからと言ってうかつに手を出せば、相手は神霊なので自分が殺されるとなります。

                数年前に私が伏見稲荷山に上がったところ、本来の御塚の祭神が居なくなって行き場を失って御塚付近でウロウロしている千体近い白狐霊達が居て、そうした白狐霊を綾部に連れ帰って、綾部の四ッ尾山山麓には幾つかの稲荷神社があり、その一つの稲荷社にお預けしたがあります。いったい本来の御塚の御祭神達はどこに行ったのだ!。

                で、その四つ尾山にはかなりの白狐霊達が居ます。人の目には見えないのですが、飼い犬などはその四つ尾山への道で怯えて背後に隠れてしまうがあります。犬は動物だから感覚で霊を察知するのでしょう。自分が仕える主神が居なくなって眷属である白狐霊も困っているなのです。そこには神霊界で何かが起きているとはなりますが、その子細までは掴めていません。

                 

                人は誰しも肉体の【死】を免れません。

                その人の死とは、【ヒ(霊)に列する】です 

                 

                人の肉体に【命】を宿している【魂】そのものが亡くなったではありません。単にこの世で生きて行く為の【肉体の服】を脱いだだけのことです。

                 

                修学旅行先から元の世界に帰っただけの話です 

                 

                お釈迦様は【人は何故に死ぬだろう。生まれて来るのだろう。】と疑問を持たれた。その結果、【人には良心と呼ばれる神が内在する。】と悟られたなのです。そして【輪廻転生】です。

                 

                行者の世界で著名な方が居られました。行者系ではその方を崇める方が多い方です。この行者さんは、【自分を殺してくれる者がいれば、自分はその人を恨むどころか御礼を言おう。】とまて言われています。この行者さんは【神仙界】出身の方で、出来るならば【こんな世知辛い世の中の命はさっさっと終わらせて、元の世界に帰りたい。】でしょう。だが、この世で自殺すると罰せられてしまいます。この世はどんなに辛くても死ぬ時まで頑張らないと行けないなのです。

                だが、殺されて死ぬ分には罰せられれません。そこで自分を殺してくれた者を恨むのではなくて、御礼を言おうと言われたわけです。こうしたことは一流の行者筋の方ならば、皆解っておられることです。だが、自分を殺したと相手を恨んでいると、この世の霊界で地縛霊化しかねません。だから、【恨み】は捨てなさいなのです。人の死とは、魂の服たるものを単に脱ぐだけのことであり、肉体の死は元の霊界に帰ることなのです。

                ところが行者筋でも、この【基本中の基本】が解っていない方達がいます。私から言わせれば、そんな行者は【あんた。本当に行者か?。】です。この世の意味をまったく理解していないなのです。

                お釈迦様は【この世に未練を残すな!】と説かれたわけですが、この世に執着して何百年と墜ちている行者霊を見ると、【行者の末路哀れなり】と言われている意味がヒシヒシと解ります。生きている時は神仏に祈願して人助けだと霊力を振るっていても、死後の世界の意味を理解しておらず、何の為に【輪廻転生】と呼ばれる教えがあったかなのです。

                 

                一部の方達は

                魂の本籍地は霊界。この世は魂の現住所

                 

                とはっきり述べておられますが、皆、その基本を忘れているなのです。最近、スピリチュアル界の大御所である【美輪明宏】氏が、自分はモウこの世には何の未練も無い。人の死とは魂の服を脱ぐだけのことで、別に命を失うことではないと言われたようですが、遅きに失したと言わざる得ません。

                スピリチュアルと言う言葉を広めるのではなくて、どうしてそうしたことを早くから説かなかったのですか?。為に美輪明宏氏やその弟子とも言われる江原啓之さんを大御所と仰ぐスピリチュアル標榜者の大半は、違う方向に走ってしまったなのです。この世が【魂の修学場所】と解っていないなのです。

                 

                仏教においては【彼岸】という言葉が使われます。彼岸とは、別に季節の春分とか秋分の日の意味ではないのです。彼の岸に渡る。その彼の岸とは何の意味?。かです。

                 

                彼の岸とは、三途川と呼ばれる川の向こう岸

                 

                その【三途川】を渡れば、モウこの世とは【おさらば】なのです。各自の魂は元の霊世界に帰って行くなのです。だから、仏教は【この世に未練を残すな!。】説いていたのです。この世のことに【執着や未練】を残していれば、向こうの岸に渡れないのです。

                お釈迦様は、この世に【魂の修業】の為にモウ降りる必要が無い【卆業証書】を受け取られた方です。この世で自分の前世は釈尊であったと言われる方は全員【贋物】なのです。

                その代わりとして、創造神と思われる神はお釈迦様の悟りを紐解かせる【みろく(三六九)の五十六億七千万】という仕組を日本では解る様に創られて、その前段として大本教と呼ばれる宗教に「みろく神」を演じる役者達を使わされたなのです。ですから優秀な行者や霊能者は大本教は【予告編】と言って来たのです。

                ただ、この仕組は大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密・火水)】が鍵なので、その鍵を使って【誠】で紐解く者が世に出ないと、何人にも解らなかったなのです。

                その仕組として、魂は【鬼と云う】なので、鬼姿の【牛虎金神】が出口喜三郎師の【喜(キ)】の字を【鬼(キ)】にしなさいと言ったところ、鬼とはあんまりじゃ!。で、本人が出口【王仁】三郎としたなのです。ですから出口王仁三郎聖師は、これらは全て【神芝居】と言われたわけです。

                 

                巷で自分が最高神式のことを言っている方は、この【大本教の神芝居】を誰が演じさせていたのかを、まったく理解していない霊に使われている人と言うことなのです。一流の霊能者や行者筋から【出口王仁三郎聖師】が今日も評価されているのは、その予言能力のみならず、そうした【神芝居】を見事に演じきったからです。自分にその役が当たったとしても、とてもあの役は出来ない。演じられない。そうしたこと理解しているからです。

                そこに、出口王仁三郎聖師自身も【本番は自分とは似も似つかない人】と言っておられるのです。そうでないと、霊界物語にわざわざこの大本教に現れた変性女子は【ニセ者だ!】は、大本教自身も書籍に残してまで出版しないでしょう。全て悪神や邪神を世にあぶり出す為の神仕組なのです。

                 

                まあ、邪神や悪神も【99%】までは行けますので、どうぞご自由にと言うことです。残る【一厘】とは【良心神】たる魂の【心棒】のことなので、邪神や悪神では最後は霊界で自己の霊身や魂を光の火で焼かれて【のたうちまわる】となるのです。

                 

                 

                創造神は魂の修行場を終わらせて、人類を天人界にと導く大計画。で、次は【嬉し嬉しの世】。

                 

                この世でなく、天人界で【褒美】を受け取る

                 

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                霊学癸検[豹歓世箸録佑了僂任鰐気た世瞭きで、悪魔もまた実体を持たない現れ

                0

                  お釈迦様の本当の悟りとは、【悪魔は実体が無い現れで、人には良心と呼ばれる神が内在する。】だったのですが、それは今日迄の仏教では埋没していて、お釈迦様の悟りは【慈悲】だと書き換えられていました。これはお釈迦様の死後、小乗仏教から大乗仏教に切り替わる過程で起きたと推察出来ます。小乗仏教から大乗仏教に進む過程においては仏の【偶像】化が進んだからです。

                   

                  良心神は偶像化出来ず、大乗仏教の偶像信仰で消えた

                   

                  スピリチュアルでは神は【光】で人の様な姿は無いと主張される方達もありますが、それはその人の霊能力の問題で、光として現れて来る存在も【人の姿】として見ることが出来ます。また、諸仏も如来であろうと菩薩であろうと明王であろうと【人型の姿形】で霊視することは出来ます。ですから、そうした姿が見える者達によって【偶像】も出来たと言えます。

                   

                  一部の霊能者の方は人の魂を見る能力を持っておられます。そうした多くは魂の【色】の違いを見る能力です。十人十色と言いますが、全ての人の魂の色は違うのです。それらは魂の【色(性質)】の違いであり、一つの色合いでも多様な濃さの違いがあり、また斑(まだら)模様の魂もあるので単に人の魂は十色だというのは、かなりアバウト(大雑把)な見方と言えます。

                  私は修業過程の中で人の魂を見させられて、その魂に【点数】が出て来るに遭遇しました。人の魂に点数が出るなどは聞いたこともないので何事か意味が解らなかったのですが、私以外にも魂に点数が出るを見て来た方もあり、それ自体はあると解って来ました。更に修業をする過程において、天人界を訪れた超能力者の方から最後の審判は【各自の良心神の点数】だともたらされて、人の魂に出て来た点数は【人に内在する良心神】の点数だと解ったしだいです。すなわち【円真】の点数です。

                   

                  人は【偶像】信仰に入れば、誰しも【人に内在する良心神】を忘れてしまいます。その偶像に宿っている霊に救いを求めるからです。私自身修行の過程ではそうした偶像に宿る霊との対峙がありました。近畿36不動尊の御開帳の時にはその中の7〜8体の青不動明王像から得体が知れない物を飛ばされ、暴れ薬師如来像からも不動明王の時と同じ様な物を飛ばされて、その薬師如来像に宿っている霊を反対に御経で霊縛してグルグル巻きにしてしまったがあります。こうした一連の出来事は宗教書などを見ても、どこにもそうしたことが書かれていないものと言えます。

                  ただ霊能者と呼ばれる方達は知っていて、豊受姫のお代であった最初の師匠は【貴方の力量を調べる為にお不動様達は飛ばされたのですよ。貴方にとってはそんなものはどうということもなかったでしょう。】と笑っていましたが、偶像に宿る霊と【人に内在する良心神】とは別物と言えます。良心神とは人の姿をした神ではないのです。

                   

                  よく【龍神】の上に乗っている【観音菩薩】の絵画がありますが、観音菩薩像などには龍神の霊が宿っていたりします。その多くは黒龍神となりますが、千手観音菩薩像などの中には千匹の黒蛇霊が宿っていたりすることもあるのです。

                  私が黒蛇霊から言われた【人が助けてくれと来るので、それで救ってやっている。それのどこが悪い。】なのです。大本教神諭には【この神は病気治しの神ではない。心の立替立直しの神】とありますが、黒蛇霊とか黒龍神などは【病気治し】が主体の神霊と言えます。

                  キリスト教では【悪魔】とは【反イエス】の存在を指すようですが、日本における霊学では【黒龍神】を悪魔とするがあります。キリスト教等の悪魔とはかなり趣が違うのです。著名な某宗教開祖の方は、サタン(悪魔)とは【赤龍】神のことだと述べておられますが、ロシアとか中国はそうした【赤龍】神の力が強いと国となります。

                  共産主義とはそもそも【神の存在を否定】するなのですが、いくら神の存在を否定したところで否定している肉体人に霊は宿ります。神を否定しても肉体たる本人は霊にコントールされているなのです。

                   

                  偶像の神仏を否定しても、人たる物に霊は宿る

                   

                  そうしたことが大本教から【人は霊(ひ)止(と)】と出されたように、霊は人にも偶像にも動物にも宿るなのです。神社から出される【紙札】にしても、そこに霊は宿るなのです。

                  イスラム教過激派は創造神信仰は偶像を拝することではないと、世界遺産と言うべき像もことごとく破壊する暴挙を犯しますが、人は【偶像】でないと神を信じられないという面を持っています。何かの形ある物に【拠り所】を求めるなのです。

                  お釈迦様もイエスも偶像崇拝を禁じていても、自分が後世の人達に【偶像】物にされてしまったなのです。と言っても、お釈迦様の像を造ったからその像にお釈迦様の分霊が宿るでも無し。イエスの像を造ったからと言って、そこに【イエス】の霊が宿っているでもないのです。ただ、【偶像物】には何等かの霊が宿るなのです。

                   

                  良心神とは人の魂には内在するが、偶像物には宿らない

                   

                  もし、貴方が死後に【天人界】に戻れなかった時、この世の霊界に留まる限り、魂は原則論としては永遠性があるので何かに宿る必要があります。その対象が偶像であったり動物に宿ったりなのです。時には石ころにも霊が宿っていたりします。霊が石に宿るが墓信仰や稲荷山で見られる【御塚】信仰になります。そうした石の御塚そのものではなく、その石の地下に一種の霊世界が建設されるのです。巨大な【地底王国】と呼ばれる存在も霊的世界にはあるのです。

                   

                  お釈迦様の悟りは、悪魔は実体を持たない現れ?

                   

                  キリスト教ではイエス一人が創造神の御子で、それを信じる者は天国で異教徒は地獄に墜ちる等と説きます。そうなりますとキリスト教徒以外の異教徒は【悪魔】の手先と言っていることになります。すると日本人はほとんど仏教徒なので地獄界に墜ちる者達となりますが、心配しなくても現実には仏教徒だからと言って地獄界に墜ちている者などは一人もいないのです。キリスト教はイエス一人が神の御子だという誤った考えから、教義がかなりおかしなものになったなのです。

                  キリスト教神学では冥府の長官を【サタン(悪魔)】にしていますが、【冥府の長官】とは仏教で説かれる【閻魔大王】のことでして、【魔】の漢字は付きますが地獄に墜ちた者達を再度、人としてこの世に出している【輪廻転生】を司っているなのです。

                  神霊世界に関わっている人の中では、悟りを得たお釈迦様は二度とこの世には出て来られないが、悟りを得なかったイエスは輪廻転生から抜け切れていないがあります。別にイエスが人の世の終わり頃に出て来てもおかしくはありません。悟りを得なかったからです。

                  但し、イエスは次元的には救世主の立場ではないのです。もしも【救世主】と呼ばれる存在が出るとしたならば、その次元界はイエスよりも遙かに高い次元界の魂の持ち主でないと無理なのです。大本教の出口王仁三郎聖師はイエスと同格だと言われており、一時は自分が【救世主】と称されましたが、その救世主の看板を降ろして【聖師】と称するようになられました。日本の伊勢神宮に鎮座されている霊にしても、次元的にはイエスクラスと言われています。そうした次元段階では「救世主」にはなり得ないのです。

                   

                  一般的に宗教信仰者は常に自分の考えは正しいで、自分に反対する存在は【悪魔】呼ばわりします。宗教界ほどそれが酷いがあります。しかも霊的世界が見える人ほど自分は正しくて、自分が関わっている霊的存在以外は邪神だ!。悪魔だ!。そうなって行くなのです。

                  最近、かなり大きな新興の宗教団体の開祖が亡くなられて【地獄界】に墜ちたと言われています。その宗教団体で祭られている御祭神とは【黒龍神】であることは霊能者の間では有名な話ですが、いくら霊力が強い黒龍神でも死者の魂を天国に渡す権限そのものがありません。その教団の信徒達も【天国界】には進んでいません。ただ、人は自分が信仰する霊が【正神】か【邪神】なのかの見分けが出来ませんので、その人の信仰が【誠】の信仰であれば、例え邪神を拝んでいてもその【至誠(姿勢)は天に通じ】るなのです。

                   

                  現世御利益ください信仰では、至誠は天に通じず

                   

                  日月神示等には霊的世界においては99%が邪神だと書かれているようですが、俗に言われていることに仏の声が聞こえる者は千人に一人はあり、神の声が聞こえる者は万人に一人はある。そうした者が千人万人修業して本物言える霊能者に成るのは一人しか出ないという説があります。つまり、その人は間違いなく霊の声を聞いて霊を見ているのですが、本当の神では無い存在の霊に踊らされたり欺されるなのです。

                  そこにあるのは【霊界は高い次元界ほど高い神霊が存在し、低い次元界ほど動物霊等】と呼ばれる様な霊に占められているからです。

                   

                  高い次元の神ほど、人間に干渉して来ない

                   

                  そうした動物霊と呼ばれる様な存在が高い神名を名乗って出て来る。自分はろくろく修業もしていないのにどうして自分に高級神が降りて来るのだ?。そうした疑いを何一つ持たないことから、それにコロリとやられてしまうであって、別にそれが悪魔とか言う存在ではないのです。

                  私は何度かブログに書かせて貰いましたが、日本におけるサニワ(審神)において宇宙連盟や宇宙連合や銀河連盟等と称する霊の存在も全て蛇霊神であることが判明しています。そうした宇宙人として出て来る存在を【爬虫類宇宙人】と呼んでいる方達もありますが、日本では【蛇霊】として括るなのです。ただそれが【宇宙的】なことを語る存在だということなのです。自分は【騙されていない者】と思うと自ら【墓穴】を掘るのです。

                  神社等に参拝すると、その神社に鎮座している霊が出て来て、その霊から挨拶を受けるがあります。そうした時、その霊達が自分は邪神です等、絶対に言いません。皆、自分では【正神】だと思っているのです。ですから優秀な霊能者達は、それが蛇や狐や狸や猫霊だと見破るなのです。

                   

                  イエスを神の一人御子だと信じても天国門は開きません

                  後発のイスラム教開祖のマホメットが、イエスは【偉大な預言者】と言ったように、そうした段階なのです。

                   

                  世紀の大予言者であった大本教の出口王仁三郎聖師は【地獄を覗けば牧師や僧侶で一杯だ!。】と残されたのですが、キリスト教は天国に入るのは【良心神の点数】だと解っていなかったからと言えます。

                  イエスは【40】日間荒野を彷徨って悪魔を退け、【41】日目に神の御子に成られた。その【41】の数字が語る神の御子の意味をキリスト教は【イエス】という個人に置き換えてしまったからです。これは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸(秘密)】が解らないと、何人にも解らなかったことと言えます。

                   

                  悪魔を退けるのは、各自の【良心神】

                   

                  人の魂の真ん中の【心棒】が良心神で、その位置を【空く間】にしてしまったことを【悪魔】と言うだけのことです。 私は霊示で、【イエスのパンの教えは美味なれども、真ん中が無いドーナツ型のパンの教えである。】と出て来た時、この意味は何かと首を捻っておりましたが、確かにイエスの教えは【真ん中】が無いドーナツ型のパンの教えだと言えました。愛の教えとは魂の【真ん中】に創造神の分魂たる神柱(心棒)があることが解らないのです。仏教にしてもお釈迦様の悟りが【人に内在する良心神】であったことを忘れて【偶像】仏信仰に陥ったからと言えます。

                   

                  悪魔の【悪は亞の心】で、この【亞】の漢字の意味は司令官や王の命令を無視して亡き者扱いにした意味での墓に葬った意味なのです。すなわち、

                   

                  悪は創造神たる【神】を亡き者にした

                   

                  大本教から【霊界物語】が出されて、地上神界の創造神であった神を邪神達が無理に地上神界の表舞台から御引退させたことから【艮(ウシトラ)金神】の名で、その創造神の復帰が予告として出されたのですが、その御引退とは今から【35万年前】以前の神代の時代との話がなされています。当然、今の人類はそんな過去の出来事など知るよしもありません。また、この世の神霊界に神霊として出ている方達も若い霊がほとんどで、そんな昔の神代時代の経緯など知るよしもないとなります。

                  私は豊受姫の命令でその土地が大本教の出口王仁三郎聖師が大正九年以前に大本教信徒の一部に、【教団には内密でそれらの土地を死守せよ】と命じられた土地の一角とは知らずに住みました。

                  その土地に住んだ時、自分で【三十五万年間の苦しみを取り除いてくださいましてありがとうございました。】とおいおい泣くのです。自分で泣きながら、これは何だ!。です。私は自分は霊に懸かられて泣いているとは解るのですが、【三十五万年前】とは何だ!。何があったなのだ!。です。

                   

                  そしてその土地に住んで、【大ラップ現象】に見舞われました。その大ラップ現象を鎮める為に多くの霊能者の元に行ったのですが誰も手が付けられずでした。ある霊能者の方から、【これは伊勢神宮の神も大国主命も稲荷神も不動明王も鎮められない。貴方自身が鎮めないと鎮められる神は日本のどこにも居ない。】と告げられて、ほぼ3年間に渡り祝詞や御経で鎮めるだったのです。

                  特に最初の【四十日間】ほどは、自分の命を取られるかと思うほどの凄まじいもので、よくぞ命があったと思うほどのものだったのです。それらの現象が3年以上経って消えた後、最初の師匠から【豊受姫が言われたように、この神業は日本の神には誰も出来ず。人である貴方でない出来ない。と言われた通りでしたね】と言われて、ぶ然としてその言葉を聞いていました。

                  その【三十五万年】間と【四十】日間で、大本教神諭予告の【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】と【神の時計】と呼ばれことを知り得たのです。モーゼの紅海を渡って【四十】年間の彷徨い。イエスは【四十】日間荒野を彷徨い悪魔を退けた。 その3年間に渡る【大ラップ現象】で、私もお釈迦様の悟りである悪魔は実体を持たない現れであると知り得たのです。

                   

                  悪魔とは、魂の汚れから良心神を見失った霊の現れ

                   

                  そこに【創造神との人類の契約】である魂の【禊(契約の示し)ぎ】があり、【悔い改める】と魂の心棒たる【杭を新棒に改める】なのです。ですから、【悪魔】とはそもそも実体がないのです。単にその【魂を汚した】ことにより、良心神たる魂の心棒を腐らせたり。魂の心棒を失ったことにより魂を捻らせる歪(不正)みを起こしたなのです。

                   

                  人の【改心】ほど素晴らしきものはない

                   

                  スピリチュアルの何をしても神の【愛で赦されます】などを真に受けていると、死後の行き先は【地獄界】になります。大本教の出口王仁三郎聖師が残された。【天国に案内すると言いながら、地獄に案内する取次ばかり。】なのです。

                  私は大本教神諭予告の【九つ花に咲く一輪の言霊(秘密)】で、お釈迦様の悟りを知り得ましたが、それが【みろく(369)】の仕組になっていて、今の世が【七の代】の七霊界で【五十六億七千万】の数字を打ち出しいることに驚きを禁じ得ませんでした。いったい誰がこんな仕組をしたのか?。そこに【宇宙を支配する絶対的な神】が存在しているとしか思えないなのです。

                   

                  太陽も月も創った神。新地球もあるだろう!

                   

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  霊学癸掘,釈迦様の悟り【人に内在する良心神】は何故埋没?。良心神だけでは人は食べていけない

                  0

                    私は豊受姫のお代であった最初の師匠の元で伏見稲荷山をベースにして霊界修行をさせて貰いました。その時に見てきた霊的数々とは、多くの人が現世の幸せとか御利益を求めて神社に参拝しているのとは違う世界。多くの行者さんが【神を求めて】修業している世界と言えました。

                     

                    行者は今世の幸せではなく、死後に神上がりの修行

                     

                    スピリチュアル系だと人は死後に神上がりが出来るなどは知らないと言えます。人と神とは別物だと思っていたりするからです。人は一人一人が創造神だと言う方の論は行き過ぎですが、神社に鎮まっている御祭神などは過去に人であった霊等と解っているがあります。為に神と成ってから比較的若い霊が多く。超古代の神代の出来事はまるでご存知無いがあります。 そうした神霊にいくら質問しても何も答えられないが起きます。

                    私は昭和【五十五年】に私自身の身に起きた摩訶不思議な出来事から、子供の頃に旧約聖書の神と称する声を聞いていたので、覚悟を決めて神霊界修業に入ったなのです。最初の頃、三つ目青黒憤怒相の仏が出て来られ、それが超古代の大黒天(大国主命)たるお姿と解り、これは一体いつ頃の時代の話かとなりましたが、何万年前何十万年前の光景が出て来るなのです。そこには【霊界物語】があるなのです。

                    大本教霊界物語には主の神【三十五万年前に御引退】がありますが、これが一つの【鍵】なのです。今は遺伝子でいろんなことが判明して来て、今の人類は20万年前からでその前の人類とは別の遺伝子との学説が出て来ましたが、人類は幾度か滅びているのです。今は【七の世】とされ、次に【八の世】が来るなのです。

                     

                    私は最初に霊相談に行った出雲大社教関係の霊能者の方から、いきなり【貴方は救世主様ですか?】と尋ねられて面食らったしだいです。私は子供の頃に旧約聖書の神と称する声から、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれた世界で唯一つの国であり。そなたはこの日本に満ちあふれている私の教えを人々に告げなさい。】と告げられていました。

                    だが、神力に関しては、【そなたにはこの神の神力を何一つ与えない。】と告げられていました。【自分は救世主です。】と名乗る様な霊的な力は何一つ持っていないなのです。為に多くの人々が思う。その人を拝めば自分を助けてくれる【救世主】等ではないのです。私の言うことを信じれば貴方を助けて上げますなどの権限は、私には何一つもありません。

                    ただ、旧約聖書の神と称する声は、【そなたの背後にこの私が居ることが解り。そなたの教えに従う者達はこの私が助ける。】で、そうした神の存在が私の背後にあるのではないかなのです。

                     

                    私が豊受姫のお代であった最初の師匠に連れられて初めて伏見稲荷山に上がった時、伏見稲荷山における首座神の豊受姫から、【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き御方で、貴方の言葉による教えは天帝の詔(みことのり)と同じであり、貴方の教えが聞けないと言う神は如何なる神であっても天帝に対する反逆の神と見做されて天帝により罰せられる。】と告げられたなのです。それが私に【言葉の仕組】を紐解かせる要因になったとは言えます。

                    私が子供の頃に臨んでいた【旧約聖書】の神と称する霊声の真偽は解りませんが、最初の師匠と2番目の言霊の師匠の元を離れた後、多くの霊能者に【自分は誰だろうか?。】と霊査してもらったところ、7〜8名の霊能者の方から貴方の本守護神は【国常立尊】ですと指摘されて来たなのです。豊受姫からも貴方の本守護神は【国常立尊】様ですと告げられていたこともあり、私は【旧約聖書の神】と【国常立尊】は同一神かと調べたところ、同一神とすべきだとは言えました。

                     

                    私は伏見稲荷山で修行している時には、さほど【霊障】という問題には関わりませんでした。狸霊や狐霊の霊障程度です。蛇霊は伏見稲荷山でも神霊として祭られていることが多いことからも、蛇霊による霊障を知ることは少なかったと言えます。だが、2番目の師匠の元で霊査をしている中で数々の蛇霊による【霊障】に遭遇し。蛇霊による霊障を調べている時に不思議な光景が見えたなのです。

                    私自身は伏見稲荷山で修業時代、ヴェダー典に残されている【人の中に眠るコブラ(眼鏡)蛇が目覚めて走り上がる時、その人は「真理」に目覚める。】を体験したのですが、その【真理】とは何かがまるで雲を掴むような話だったのです。人は蛇霊によって【真理】に辿り着くが出来ないなのです。つまり真理が見えない【眼鏡】を蛇霊(眼鏡蛇)から掛けられているなのです。

                    その蛇霊による【霊査】で見えて来たのは、何かの棒(柱)に巻き付く蛇霊の光景でした。

                     

                    蛇霊が巻き付いている棒(柱)は何か?

                     

                    しかし、世界の宗教書をいくら調べても何かの棒(柱)に蛇霊が巻き付いているなど書かれた書は存在しないのです。しかもその棒が八方に光輝くと蛇霊がその棒(柱)から去る。すると、その人に起きていた蛇霊による霊障が消えると言う不思議な光景だったのです。蛇霊が去ることにより霊障が消える?。

                    私は霊界で修行をする中で、蛇霊が巻き付いている【棒(柱)】は【魂の心棒】であることが解って来ました。魂とは【玉形の思惟(心)】で永遠の命たる存在です。

                     

                     

                     

                     

                    魂は【球体】なので、丸い球ならば必ず【心棒】がある

                     

                    私達日本人は二つの輪の真ん中の中心を通す物を【心棒】と言いますが、何故【心棒は心】の漢字なのか?。まったく理解出来ていなかったなのです。

                     

                    現代ではオーブ等は写真やビデオに写ることから、その存在自体は解って来ていますが、魂の内部構造に関しては未だ何も解っていないと言えます。しかしながら魂は球体なので【心棒】があることは論理として解るなのです。そして魂の内部には【核】があることも論理として解るわけです。

                    この地球と私達の魂はその大きさは比較にならないほど違いますが同じ【球形】で同様の形なのです。その地球には【核】があり、心棒たる【地軸】が存在しています。人の魂も同じなのです。

                     

                     

                    聖書には人類の原罪として、【蛇霊の言葉に唆されて、エデンの園から蛇霊と共に追放された人類】とありますが、蛇霊と呼ばれる存在は単なる邪心の囁きだけでなく、人の魂の【心棒】まで巻き付いて来るなのです。

                     

                    人類が元の神の園に戻る為には、人と一緒にこの地球(魂の流刑地)に来た蛇霊を帰さない限り、人の魂は元の神の御国には戻れないなのです。

                    スピリチュアルでは何かと自分に【天使長ミカエル】が臨むと言われますが、大本教の出口王仁三郎聖師は【天使長ミカエルは存在していない。省みる言葉の意味だ。】と述べておられますが、本当の天使長はミカエルと呼ぶ存在ではないのです。 天使長ミカエルとは、最後の審判において蛇の尾を踏む【巳(蛇)帰る】を働かせる役の意味なのです。

                    日本語は【神の言葉】ともされますが、今の人類の歴史だけが人の歴史だと思っていると、ヘブライ語と日本語に共通点がある意味も理解出来ません。今の人類以前の人類にその歴史があるからです。ただ、最後の審判前であれば蛇霊を帰らせる為には【自己を省みる】が必要なのです。【悔い改め】です。

                    西洋のキリスト教ではイエス一人が神の御子で、イエスを信じれば人類の原罪は消えて神の御国に戻れる式の教えに懲り固まっています。為に蛇霊の存在がよく解りません。イエスは自分の弟子達に蛇の様に賢くあれと説いているだけです。蛇霊がもたらす【知恵】です。それでは【智慧】とならないなのです。お釈迦様とイエスとでは、根本的に【悟り】が有るか無いかの違いがあるのです。無論、マホメットにも【悟り】はありませんでした。それはスピリチュアルが言う【大天使】と称している霊達にもありません。

                    一方、この日本では【巳(蛇霊)さん】信仰が盛んなので、行者系の霊能者ならば日常茶飯事に【蛇霊】には接するなのです。

                     

                    行者系霊能者とスピはまるで違うのは蛇霊の見方

                     

                    私は言葉の仕組に気づく前、行者見習いの様な立場で蛇霊に言向けをして来ました。【蛇霊の姿など脱いで元の天人界(神の御国)に帰りませんか?。】です。蛇霊が改心すると、元の天人の様な姿に戻るからです。そうした時、現実界の蛇が【直立】した姿を見せてくれます。聖書のモーゼとエジプトの神官のがどちらの神が高い神か、コブラ蛇を棒の様にして投げ合うがありますが、現実界の蛇が【棒】のようになるのです。

                     

                    何故、蛇霊は改心すると【蛇が棒の様になる?】

                     

                    蛇の漢字は宇宙の【ヒ】を無視(虫)したなのですが、舵が真っ直ぐに取れなくて蛇行する。それではいくら【仏陀】を目指しても【它】の意味が解らないなのです。

                     

                    私が蛇霊に対して言向けしても返って来る言葉とは、【人が助けて欲しいと願って来るから、その命や病を救ってやっている。金銭的な物質面も願いも叶えてやっている。その御礼として幾ばくかの金や酒を要求するが、それのどこが悪い。】という返事がほとんどなのです。

                    それに対する私の返答は、【人の命を救ってやっている。病を治してやっている。それでお金や酒を要求することが悪いと言っているのではないのです。貴方自身、自分の身を見た時、蛇の姿でしょう。そうした蛇の姿では無く、どうして人間の様な元の天人の姿に戻ろうとしないのですか?。そこを問うているのです。貴方は永遠に蛇の姿でいたいのですか?。】と返すなのです。

                    だが、蛇霊の姿に墜ちた霊が【悔い改めて改心する。】などは数少ないと言えます。その多くは、【創造神が最後には自分達を罰すると言うのであれば、その時には暴れに暴れて死んでやる。】なのです。

                     

                    私は永遠に蛇の姿でいたければそうしろと突き放します

                     

                    日本の新興宗教で病気治しを主体にしている宗教団体の祭神の多くは【黒龍神】であることは行者系の霊能者達には知られています。大本教の出口王仁三郎聖師が主の神は【ス】神と出された関係上、そうした宗教の多くは【ス】神の意味を知らずに、主(ス)の神と呼称しているなのです。そうした宗教開祖の誰一人として、【大本教の仕組】を理解出来ていなかったと言えます。

                    大本教の出口王仁三郎聖師は霊界物語全八十一巻の第十三巻において、この大本教に現れた変性女子はニセ者だと発表されたのですが、その意味が理解出来なかったなのです。日本語のアイウエオの第十三番目に【ス】は置かれているなのです。それが「ニセ型」の意味なのです。【ス】神では【中心柱】神とは成らないなのです。

                     

                    お釈迦様の悟りの【良心】神とは、魂の【心棒】のこと

                     

                    これは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の秘密】で紐解けるのです。

                     

                    ◎何故、お釈迦様の悟りの【良心神】の教えは埋没したのか?

                     

                    一つに、仏教では魂の輪廻転生は説かれたが、魂が見える人が減った

                        そして、魂は球体だから【心棒】があると気づかなかった

                     

                    一つに、邪神の捨て台詞として、【良心】など言っていて食べていけるか!

                        確かに、人はこの世で食べて行くには【良心】を閉じる必要がある

                     

                    しかしながら、魂の【心棒】が【良心神】なので、悪の誘惑に【辛抱】しなければならないのです。

                     

                     

                    食の漢字は、【良心の良を閉じる】

                     

                    人はこの世で生きて行くには、他の命を殺して頂かないと生きて行けない宿命があります。為に、そこに自分の為に犠牲になった命に対して【感謝心】がいるのです。自己勝手な行動は天が赦さない。

                    昔の仏教の僧侶は他の命を殺して自分が生きながらえることを嫌って命ある物は食べないで、野菜などの【精進料理】が起きたなのです。 仏典には末法の時期には僧侶は妻帯し、酒を飲み、肉を喰らうとありますが、その行為が特にいけないなのではなく、人に内在する良心神の意味が理解出来なくなるなのです。

                     

                    日本語は神の言葉なので、

                    【今はラ(良)を閉じる】で、良心神の働きを封じてある

                     

                    地獄界に墜ちた先祖霊の【供養の養】は、良心を入れた羊の言葉たる【善(譱)】で、地獄に墜ちた霊に食事を出す膳ではなく、【良心】の働きたる【善】を故人に代わって世に差し出すことが、【地獄の沙汰】も変えてあげられるなのです。それは、自分が【世の為、人の為】に尽くすと、その良心による善の行いの【功績】は自己の肉体の親の魂まで波及して行くのです。

                     

                    その親には、よくぞそんな【心がけの良い子】を育てましたね。それは貴方が親として立派な子を育てる功績を積まれたので賞するなのです。

                     

                    お釈迦様の【悟り】は【悪魔は実体を持たない現れであり、人には良心と呼ぶ神が内在する】でしたが、重要なことはそこではないのです。

                    大本教の出口王仁三郎聖師は、最初は自分が【みろく神】だと称しておられましたが、これも晩年は自分は【みろく神】ではなかったと告げられました、大本教の出口王仁三郎聖師はみろくの【五十六億七千万】はこの地球が出来てからの年月だと書いておられますが、この地球は科学的に調べても誕生から【四十六億年】です。どこにも【五十六億七千万】が出ないのです。

                    ところが大本教神諭予告の【九つ花】を紐解くと、お釈迦様の悟りと【五十六億七千万】の数字を出せるのです。大本教神諭は【この仕組をするには三千年かかった。】とありますが、日本語と言う言葉であれ、そこまで言葉で仕組むには【三千年】の月日はかかります。そして伊勢神宮の神や大国主命様に出来るような代物でもないのです。

                     

                    私は大本教神諭予告の【九つ花】を知って

                    万物の創造神の存在を確信した

                     

                    巷には自分には創造神が降りて来る等と言う方は山ほどあります。そうした方の背後にいる霊とは、どこにも【創造神】の姿が見当たらないことから、これ幸いと自分が創造神だと名乗りを上げておられるのでしょうが、あまりにもスケールが小さいと言えます。言葉の仕組が解って来ると、とても恥ずかしくて自分が創造神だと名乗ることも出来ないでしょう。

                     

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    霊学癸供,澆蹐世は水晶魂の者ばかりなれども、今の世は人の顔をしていてもその魂は獣たち

                    0

                      スピリチュアル標榜者の方達の中には、良心は呵責が重たいから捨てましょう。魂磨きは辛いから止めましょう。神は愛だから何をしても赦されます。そうしたことを説く方達が多数居られます。それがスピリチュアルでは主流と言えます。

                      お釈迦様の本当の悟りは【悪魔は実体を持たない表れであり、人は良心と呼ばれる神が内在する。】だったのですが、仏教からもその悟りがすっかり忘れられていました。為にスピリチュアルでは【良心神】は理解出来ないものの一つと言えます。

                      お釈迦様の教えから【人に内在する良心神】が消えて行ったように、スピリチュアルだ!。スピリチュアルだ!。そうした連呼者たる人達にいくら【人に内在する良心神】を説いても、それは虚しい教えになります。

                       

                      私は大本教神諭予告。【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】で、そこから【五六億七千万】の数字の導きによるお釈迦様の本当の悟りを知る【みろく(三六九)】の言霊の仕組を理解したのですが、私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【私はそなたが本当は誰なのか?。神々にも解らないようにしておく。無論、そなたも自分が何者かを知らない。為に、そなたにはこの神の力を何も与えない。ただ、そなたの教えに従った者達だけはこの神が助ける。】で、言葉の仕組の解読だけでやって来ました。しかし何の力も持たないということは、言葉遊びをしているだけの者と思われるでした。

                       

                      これから数年後には来ると予想される【最後の審判】とは、各自の【良心神の点数】において永遠のみろくの世でのその魂の地位が決定することです。それは私だけの論理ではありません。天人界を訪問した霊能力者達も天人達から聞いて言っていることです。これまでは【輪廻転生】の道において、霊界での高い地位を目指すことが出来たのですが、輪廻転生が終わる関係上、その時点の魂の点数で永遠の世に移行して霊界での魂の地位が確定するです。

                      大本教神諭には、その時に上に行くもの(下の霊界から高い霊界に行く)。下に行くもの(高い霊界から下の霊界に行く)でごった返すので、その時は神も人民の面倒を見切れないがあります。世に出ておられる神霊達も、自分がどういう処遇になるか解らないので人民のことなどかまってもおられないなのです。自分の首が危ないなのです。それが上に下にの【峠】です。

                      その大本教神諭には、【そんなことならば、どうしてもっと早くから教えないのかの苦情を聞きたくないので早くから知らせる】があります。為に、立替の宣伝ばかりが先行して実施の時が解らないで霊界の宣伝マンをして来た人達も大変な苦労を積んだなのです。

                       

                      しかし、スピリチュアル標榜者の間にはそうした話が何一つありません。皆が【愛】の連発です。愛のお題目化です。愛の教えばかりで進むと【偏蛇】に陥ることが知られています。愛には【公】と【私】があって、公の愛ならばいいのですが私の愛だと蛇霊化することが本当の霊能者には知られているわけです。だが、スピリチュアルを連呼する人達はそこに目が行っていないと言えます。

                      大本教からは【良心神】の存在そのものは説かれませんでしたが、その代わりに【愛善】の教えが出されました。【愛善】とは自己や家族愛のことではなくて、世の為に人の為の善の行為を積む愛です。愛は【善とか義】に結びつかないと【良心】としての点数には結びつかないなのです。良心は【真】ともなりますが、愛だけでは必ずしも【真】にならないのです。

                       

                      良心神は魂の【心棒】なれども、愛は魂の心棒では無い

                       

                      優秀な霊能者や行者の方々は、今の霊世界は蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等の爬虫類とか動物霊で構成されていると言われます。それに龍神とか天狗類です。それらは動物の狐や狸や猫や爬虫類の蛇が神霊として君臨しているではありません。そうした爬虫類や動物霊の場合もありますが希と言えます。衣冠束帯の貴族姿とか十二単衣の姫姿や西洋で言う天使姿で現れる神霊を深く洞察すれば、その背後に蛇や狐や狸や猫の姿の霊が見えて来ることからです。神霊の姿が【身変える】を起こしているなのです。

                      優秀な霊能者の方達が書いた著本など読むと、衣冠束帯の貴族姿とか十二単衣姿の姫や天使姿で現れて来る霊を深い洞察力で見れば、蛇や狐や狸や猫等の姿で見えて来ると書いておられるでしょう。それも一人や二人の方の論ではありません。単に自分には霊が見えるで思い上がって、他の方の見聞を学んでいないとそうしたことが解らないなのです。

                      ある自称創造神は天照皇大神と称する狸霊に支配されておられましたし、私の2番目の師匠の御祭神で国常立尊と称していた霊は猫科の動物の姿でした。この【猫】とは、自分が創造神でもないのに創造神ですと【描】くと猫の姿になってしまうなのです。神霊の蛇や狐や狸や猫の姿は、日本の【言葉】でその意味が解るのです。

                       

                      蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等は、その霊の心根を語る

                       

                      大本教神諭に、【世に出ておられる神々が四つ足の姿であることを暴くぞ】があります。また、日本昔話には狼がくれた睫毛で見ると、人々があらゆる動物や鳥などの姿に見えるなのです。酷い場合だと、その人の姿がミミズや昆虫等で見えます。死後の世界でそうしたことになるです。そうした意味合いが【輪廻転生の転生】の意味と言えるのです。

                       

                      ある自称救世主と名乗っている方に、貴方が「救世主」だと告げた霊は蛇霊や邪神界に入った白狐霊達でした。だがその方は自分の前に現れる衣冠束帯の貴族姿や十二単衣の姫姿の霊達が、蛇霊や狐霊であることを見抜けずに、そうした霊の言葉に踊ってしまわれたなのです。

                      スピリチュアル標榜者が自分の前には高貴な神霊が現れると言うと、優秀な霊能者や行者筋はその霊が蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破ってしまいます。例えば白狐霊にしても、その白狐を使役する霊能者と白狐に使役されている霊能者に分かれます。

                      私が神霊世界の修行のお世話になった豊受姫は、今の霊世界の現状として、白狐霊と言えどもその半数は邪神界の手先と化していると言われました。白狐だから正神界の使いと思い込むと危ないなのです。

                       

                      日月(ひふみ)神示等には、現在の神霊界の【九十九%は邪神】だとありますが、いくら高貴な神名を名乗っている霊もその霊姿ではなく、深い洞察力で見られてしまうと蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破られてしまうなのです。私も修業時代はそこに出て来る衣冠束帯の神主姿の霊や巫女霊姿の存在が、そうした蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊だと見破ることが出来ませんでした。最近、ようやく解る様になって来た程度の霊能力と言えます。

                      そうした時、そうした蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊は神社の祭神に仕えているところの【眷属】霊だの論があります。確かに、それらの霊の多くは神社の祭神の下にある【眷属】霊とは言えます。しかし、その神社に鎮座している神霊がその名乗り通りの高級霊かというと、ほとんど違うなのです。皆、自分勝手に神名を名乗っているなのです。為に、今の神霊界は一つの神の元に統制が取れていないとなります。

                      そこに【創造神】は本当に存在しているのか?。の論議があります。自分が創造神だと自称している神霊は世にありますが、今の神界を統一出来る様な存在は見当たりません。だが、私は日本語ですが【言葉の仕組】を知って、こんなことは神社等に鎮座しておられる御神霊では無理なことであり、【創造神】は隠れているが存在するの結論に到ったなのです。

                       

                      これはどういうことかと考えて行くと、ある事象が見えて来ます 

                       

                      それは、人の顔をしていてもその魂は【毛物】と言われる【自己の魂を汚した状態】が、その霊を蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊等の獣霊の姿に【身変える】させているなのです。そうした証拠として、そうした霊が【悔い改めて】行くと、そうした姿から元の天人の姿に戻って天界に帰って行くです。つまり、元は天人界の資格があるような霊が、

                       

                      その魂を汚して毛物を発生させたことで、人間外の姿

                       

                      私自身が神霊界修行の過程で学んだことは、スピリチュアルの魂磨きは辛いから止めましょうと言っていると、その魂は魂の汚れの部分から【毛物】が発生して、その魂の【心根】が蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊の姿に変化してしまうなのです。

                      そこに優秀な霊能者や行者筋からは、この世は蛇霊や狐霊や狸霊や猫霊ばかりだとの声が上がるのです。その根本原因は、

                       

                      自己の魂磨きを忘れた結果の【身変えるの転生】

                       

                      それで私は人は人の姿の時にしか神に近づかないと行けないと言って来ました。大本教は、【人には神とも成れる魂が授けてあるにも関わらず。】と告げましたが、高級神名を名乗っている霊の中には、人は神には成れないと神示している霊もいます。私から言うと間違ったことを言うなです。大本教が告げた【人は神の子・神の宮】をまるで理解していないなのです。そうした神名を名乗る霊の正体は優秀な霊能者であれば、その正体を見破ってしまいます。霊の名乗りの神名に踊らされないです。

                      人は神にも天人にも成れるということは、数々の事例から解っています。例えば伏見稲荷山で一大勢力を誇っている○○大神は、この世で人であった時には【法華行者】であったことが知られています。また、稲荷神などは生前は人として何をされていたかがあります。私の最初の師匠も死後には神名をいただいて、どこか神社の祭神として赴任しているなのです。

                       

                      人は神や天人に成れるのに、この世に未練だらけは愚者

                       

                      大本教からみろくの世は【水晶魂】が出されました。何故にその様な教えが出て来たのかと言いますと、今の私達が持っている魂とは【捻れたり】【腐ったり】します。行者筋で名が知られたある方は、その著本に【腐った魂】のことを書かれていますが、そんな腐ったり捻れた魂は粉砕されるなどは、本当に優秀な霊能者や行者筋でないと言わないでしょう。

                       

                      そこに【輪廻】には、常に他の生命体に【転生】が生じる

                       

                      スピリチュアル標榜者の神は愛だから何をしても赦されるなどの甘言を信じていると、【来世】は昆虫とかボウフラの様な生命体となります。必ずしも次の世には人間の様な姿では出られないなのです。

                      これまで多くの方を通じて大宣伝されて来た【みろくの世】とは、永遠性の命を保つ為に腐らない捻れない魂でなければなりません。そこに【水晶魂】が世に説かれたなのです。これは大本教以前の宗教にはその存在が説かれていません。そこに、これまでは表舞台から【退いて】いた【艮の道】があります。大本教から初めて世に出されたなのです。また、創造神と呼ばれる神の復帰です。

                       

                      永遠のみろく世に渡る魂には【水晶魂】が授与される

                       

                      但し、水晶魂は【魂】の漢字で解る様に【鬼と云う】存在。つまり牛頭虎パンツの【牛虎(艮)金神・国常立尊】の名で語られる神から授与されるなのです。別名【閻魔(閻羅)大王】です。そこまで日本語であっても【言葉の仕組】が織られていることが解らない様では、みろくの世では使い者にならない神霊に自分が使われているということなのです。

                       

                      人の魂が【水晶魂】であれば魂に【捻れ】は発生しません。魂が【腐る】もありません。為にみろくの世は【永遠】とも言われるわけです。但し、水晶魂でも魂の表面に汚れが付くと【毛物】は発生します。しかし、それは今の魂では汚れから発生した【毛物】は魂の【身削ぎ(禊ぎ)】をしない限り、魂に付いた毛物(獣)を取り除くことが出来ませんでした。

                      しかし、水晶魂であれば仮に魂に汚れが付いて【毛物】が発生したとしても、毛物の【拭き取り】で魂の汚れを除去出来るのです。そこには魂磨きの為の【苦難】は生じないとなるのです。

                       

                      みろく世はカルマの【苦難】は生じず、嬉し嬉しの世となる

                       

                      この【みろく世】に生きる為の【水晶魂】に関しては、基本的には最後の審判後に付与されると考えられていましたが、現実には既に【水晶魂】を貰っていると言われる方達もあります。

                      だとすれば、大本教で大宣伝された【明治五十五年に世の大立替説】とは、その時から一部の方達には水晶魂の付与が始まっていたのかも知れません。だが、そうした【水晶魂】を既に頂いた方達があるということは、通常の人達には見えないものですがそうした魂が有ると思った方がいいともなります。

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村