救世主は女子型か?。みのか尾張の女子と【豚小屋の救世主】との意味

0

    数年前、私に救世主は【豚小屋の女子】と出ました。

     

    さすがに【豚小屋の女子】の救世主には首を傾げるだけでした。それが【馬小屋】ならば女性版「イエス」かとも思えましたが、豚小屋では何だ?。となります。

    大本教の出口王仁三郎聖師は、最初は自分のことを【救世主】と称しておられました。そして、自分はイエスと同格で何一つ劣っていないとも言われました。だが、その「救世主」の名乗りを降ろされて【聖師】と称する様になられました。それに関しては、どこかの段階で自分は本当の救世主ではなかったことを自覚されたのだろうと言われる霊能者の方達があります。

    この大本教の出口王仁三郎聖師がイエスとほぼ同格だったことは優秀な霊能者の方達は言いますが、そこには【識界】の話が存在して来ます。霊能者でもこの「識界」を言われる方は数少ないでしょう。その識界を知る者であれば、イエスは「救世主」ではなかったことが解って来ます。巷には自分は【高次元】界の者と吹聴される方は多数ありますが、おそらく【識界】で聞かれたらさっぱり解らないとなるでしょう。

     

    そこに来るのが、大本教霊界物語第十三巻「アホウドリ」で、この大本教に現れた変性女子(出口王仁三郎聖師自身)は【ニセ者】だ。待っていたならば【みのか尾張の国の中から誠の女子の尻尾が見えたならば】となります。

    そして、自分がみろく神と称していたことも、昭和20年に本当の【みろく下生】が起きたとの予言がなされました。自分はみろく神ですらなかったとの訂正になったのです。

    この昭和20年にみろく下生は世界でも言われていて、かって雑誌ムーなどにも外国のある人物がその「マイトレーヤ】などとも記載されたものです。本当に昭和20年(西暦1945年)に【みろく下生】が起きたのかどうかは解っていませんが、大本教が出した【五十五の立替】を考えるならば、それは西暦1999年か2000年を意味指していたとも言えます。しかし、実際には20年間のタイムラグが生じていたと思われます。

     

    優秀な霊能者達によれば、大本教の出口王仁三郎聖師の魂は素戔嗚尊神界の八合目で、霊界における地位としてはイエスとほぼ同格とも言われています。

    私は子供頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいて、その声は【ナザレのイエスは我が子には非ず。他の神の御子である。】と告げられました。イエスが救世主ではないことは、子供の頃に旧約聖書の神と称する声から聞かされています。だが、その霊声の主が本当に旧約聖書の神であったかどうかまでは解りません。私に臨んでいた霊声がそう言っただけのことです。

     

    ただ、その旧約聖書の神と称した霊声は、この日本にとんでもない言葉の仕組みをして来たということは確かなのです。私はその言葉の仕組みの説明をしているわけです。

    イスラム教開祖のマホメットも、イエスは救世主ではなくて尊敬されるべき偉大な預言者としているように、イエス救世主論はありえないのです。イエスが偉大なる預言者であったことは間違いないのですが、後世の牧師達がイエスを「救世主」にデッチ上げたとも言われています。

     

    ノストラダムスの予言に、【西洋の人がいくら待ち望んでも西洋からは現れない。東洋の叡智の飼い葉桶】があります。西洋の人がいくら待ち望んでも現れない飼い葉桶の主とは、馬小屋の救世主とされるナザレのイエスのことを指していると考えられますが、西洋のキリスト教徒では本当の救世主を知ることがない。だが、それを西洋の人々に解る様に書くと、当時のキリスト教社会からは悪魔の手先として死罪にされていたでしょう。一見するとその意味は解けません。その答えは【東洋の叡智】が救世主の役割を果たすなのです。人たる存在のことではなく【叡智】のことです。

     

    私の元に、自分が大本教の出口王仁三郎聖師が遺言された【みの尾張の女子】ですと言って来られた方達が多数ありました。中には女子だけではなく、男性で自分がみの尾張の女子たる【変性女子】ですと言って来られた方達もありました。

    何でそうしたことを言う人があまりにも多いのか?。当時は疑問を感じていましたが、その背景には新しいみろく世に向かっての神霊世界の覇権争いがありました。

     

    今の神霊世界は群雄割拠で、唯一神の元に集まっていません

     

    ユダヤ教であれキリスト教であれイスラム教であれ、そこに創造神が出ておられますか?。となった時、誰も出ておられるとは言えないでしょう。霊達はそのことをよく知っています。私が修業時代、霊界では綾部の大本教に創造神が出たとの話があり、世界から多くの霊が綾部の大本教に行けば創造神に出会えるで、大本教に来て見たが、どこにも創造神の姿が見えないと霊達から話を聞いたことがあります。また、霊能者達も綾部の大本教に創造神は居られないと言います。

    どこにも創造神の存在が見当たらないことから、神界の覇権を狙う強い神霊が、自分が使う人間にその役割をさせようとするのです。それは今日までも続いています。完全に人類の魂に別れが起きる日までは、そうした流れは続くでしょう。それに騙されるか、騙されないかも自分の【叡智】しだいなのです。

     

    どの御神霊も新しい弥勒の世。それが【アセンション(次元上昇)】を起こすことによって起きる程度のことは、末端の下級神霊は別として、ある程度の段階から上の神霊ならば、どの神も知るなのです。ただ、その詳細がよく解らないので、それを世に発信するか黙しているかの違いはあります。

     

    強力な神霊の目的は、新しいみろく世で自分達が覇権を握る

     

    【大本教霊界物語第十三巻・信天翁(アホウドリ)】

    いま大本にあらはれた 変性女子はニセものだ

    まことの女子が現はれて やがて尻尾が見えるだろ

    女子の身魂を立直し 根本改造せなくては

    誠の道はいつまでも 開く由しなしさればとて

    それに優りし候補者を 物色しても見あたらぬ

    時節を待ってゐたならば いづれ現はれ来たるだろ

    みのか尾張の国の中 変性女子が分かりたら

    モウ大本は駄目だらう 前途を見こして尻からげ

    一足お先に参りませう 皆さまあとからゆっくりと

    目がさめたなら出て来なよ 盲目千人のその中の

    一人の目明きが気をつける なぞと慢神してござる

    王仁はこの言聴くにつけ お気の毒にてたまらない

    こんな判らぬ奴ばかり 盲目ばかりがささやけり

     

    この歌を各自のことに誤解して 罪をかさぬる曲人もあり

     

     

    そうした名乗りの女子の背後の神々は、【この歌を各自のことに誤解して 罪をかさぬる曲人もあり】のところをよく見ずに、【いま大本にあらはれた 変性女子はニセものだ】で、該当女子を出すことが出来れば自分達が【天下を握れる】と曲解したわけです。

    みのか尾張と示されていたのは、大本教神諭諭告【九つ花を紐解く】と、美濃か尾張の国から出る国道【四十一】号線が導き出されます。で、飛騨の高山に大神殿を創った黒龍神達も出ました。それは「四十一」の意味違い。

    その「四十一」とは、モーゼは紅海を渡って四十年間さ迷う。イエスは「四十」日間荒野をさ迷い悪魔を退けて、四十一日目に神の一人御子となったの「四十一」の数字です。

     

    これは言霊上では【ヒフミの四十一番目のス】ではなくて、【アイウエオの四十一番目のラ】で紐解きます。為に、霊界物語第十三巻「信天翁」で、アイウエオの第十三位の「ス」に重ねて「ニセ者」と発表されたのです。

    私が神霊世界に入ったのは、昭和五十五年に神霊から告げられた「良子」と名乗る一人の女子が大阪の【十三】に消えた謎を追って、大本教で神旗とした「九曜紋」を合図として、言霊と数字の仕組みかと気づいたのです。だが、それを紐解くまでには十数年間もかかりました。簡単に紐解けるものではなかったのです。

    それらは聖書の【初めに言葉は神と共にあった】の言霊とは何かが解っていなければ、紐解くことは出来ません。その「ラ」には「⦿記号」を源とする【良】の漢字を振ります。

     

    女子の身魂の根本改造とは、各自の身魂を良心神で立て直す

     

    私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から一言もそうした「女子」の話は聞いておりませんでした。だが、神霊世界の修業に入って、2番目の言霊師の師匠の元で修業をしていた頃、自分に大本教出口なお開祖霊と出口王仁三郎聖師霊と思われる霊が私に懸かって出て来られるがありました。

    その時、霊媒者の口を通して大本教出口なお開祖霊と覚しき霊は、【大本教はまな板の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕次第】と告げられたのです。【五月五日の鯉登】へと鯉料理に入ったわけです。

    そうした中で、人類の歴史上これほど数々の予言をして的中させた存在は今日まで大本教の出口王仁三郎聖師以外には見当たりません。まして私は、その出口王仁三郎聖師が大正時代に一部の信徒に教団には内密でその土地を死守せよと命じられた土地の一角に居を構えた経緯があります。

     

    まこと(誠・真)の女子とは、主の【娘】の意味で「女の良」

     

    各自に内在する良心神は、天帝の分魂でも女神の型で表す 

     

    私に【豚小屋】の女子の救世主と出ましたが、その意味は西暦2019年の【亥】の漢字にありました。「亥」は豚小屋の【女子】たる救世主の意味だったのです。私は今年の年賀状の毛筆の漢字で、そのことに気づいたしだいです。

     

     

     

    人の魂に内在する良心神とは、大本教出口王仁三郎聖師の遺言である【みのか尾張の国からのまことの女子】と同意義で、魂の核に隠された神光なので、天の岩戸の中から出る女神話として天帝が創作されたのです。伊勢神宮に鎮座する天照大御神とか卑弥呼などの段階の話ではないのです。

    こうした言葉の仕組みとは、神から肉体の者に言葉として直接に卸すと、その内容は霊界では筒抜けになります。為に【豚小屋の救世主】として出すと、まず今の世に出ておられる神々では意味が紐解けません。別の形の映像で降ろされた者が、どれだけ言葉で正しく【翻訳】出来る能力があるかなのです。

     

    ただ、その言葉の意味を知るには、その【型を演じる】存在がなければなりませんでした。

    私が神から見せられた女子の型の意味は【アフロディーテ】でした。通常は「ミロのビーナス」として知られます。海面に浮かぶ主の一物【魔羅】から誕生した女神です。

    アフロディーテとはギリシャ神話では主の娘です。主の娘でありながら他の神と姦淫をした。他の神(良心神以外)との姦淫ではなく、良心神の元たる主の神の胸元に帰っておいで。その時には、その装いも新たに嫁ぐ神の【花嫁】なのです。

     

    神の花嫁とは、これまでの罪は全て赦しましょう

     

    そして、その装いも新たに神の聖都に嫁ぎなさい

     

    この花嫁の意味が何を意味しているかが解らなければ、聖書における【神の花嫁】の意味を取り間違えてしまいます。結果、その装いも新たに嫁ぐ神の花嫁の意味が解らずに、イエスに嫁ぐ神の花嫁などと間違った解釈も起こしたのです。

     

    この主の娘の型を演じる豊穣と植物神で食物神とは、日本での食物神は外宮の神であり稲荷神たる【豊受姫】のことだと解って来ます。しかも私が見て来たのは、龍宮の乙姫(音秘め)そのものが【豊受姫】だったのです。龍宮の乙姫とは、日本神話の豊玉姫のことではなかったのです。

    この豊受姫=龍宮の乙姫が理解出来ないと、大本教神諭予告【九つ花】そのものが紐解けないのです。単なる数字の羅列から抜けきれないのです。大本教ではこの龍宮の乙姫役を三代教主であった「出口直日」さんとし、その相方の日之出神役を「出口日出麿」さんにしたのですが、その役者たる魂が神界の魂とでは合致していませんでした。大本教では該当魂を出せなかったのです。

     

    私の神霊界修業の世話をしてくださった豊受姫は、豊受姫の本当の夫神は真性の天照大御神で伊勢神宮に鎮座されている天照大御神は自分より下位の御神霊であると告げられていましたが、弥勒の世。第八の世(∞に広がる)において、その真性天照大御神と豊受姫の御両神は正式に夫婦神に成られるとなります。

    その時から、神代八代の始まりなのです。これが大本教の三代教主夫婦が型として演じた本当の龍宮の乙姫(豊受神)と日之出神(真性天照大御神)の夫婦神の型となるのです。

    ただ、巷にはニセ国常立尊も排出しているように、ニセ豊受姫も輩出しています。自分には霊能力があり、自分に臨んでいる神霊が本物だと思えば、自分に臨んでいる神霊以外はニセ者の神霊だ。それが他の霊能力がある方達からは八尾の野狐だと指摘されていても、他の霊能者に憑いているのはニセ者だ。自分だけが本物だで行くとなります。言葉の仕組みが理解出来ないのです。

     

    一部の霊能者の間で、この真性の天照大御神とは【素戔嗚尊】のことではないかという説があります。だが、素戔嗚尊では豊受姫とでは夫婦魂の関係が出て来ません。そこに神界のもっと驚く【機密】が存在します。

    しかし、その答えは大本教神諭の中だけに秘められていますので、他からはその答えは出ていません。大本教神諭から一歩でも外れると仕組みが解らなくなるのです。で、私は大本教神諭の解説に特化しているのです。

     

    私は大本教をまな板の上の【鯉】として料理しているだけ 

     

    私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から【日本神話の天の岩戸明けの事実などはどこにも存在しない。日本神話の神代の話はこの私が神の仕組みとして創作させたものであり。私が何故にこのような仕組みをしたのか?。そなたはその意味を紐解きなさい。】と告げられておりましたが、これは出口王仁三郎聖師が出された【ス】神論では無理なのです。

     

    そうした中で一部の霊能者の方が言って来られたことに、【素戔嗚尊=月読尊】で別の神では無いがありました。同一神です。これは確認出来ました。また、大本教が世に明らかにしたのが素戔嗚尊とは伊弉諾尊の御子ではなくて、坤(未申)金神豊国姫の精霊から出た存在です。豊国姫は月の女神、地母神とされるです。

    日本神話の素戔嗚尊の母恋しは伊弉冉尊ではなくて、魂の生母たる豊国姫を追って宇宙の彼方からこの地球に渡ったなのです。これらのことは私の神霊界見聞の中では、まず間違いがないと思われます。

    大本教では、この地球に渡った素戔嗚尊が生母たる豊国姫の亡骸を葬った場所が大本教で禁足地とした本宮山とします。後に、その跡地たる本宮山に降り立ったのが豊受姫とします。丹後に降り立った豊受姫伝説は、綾部の話を丹後に移植したとの説です。

    為に、私はそのことを知るまで豊受姫が【綾部は神の聖都。綾部に帰りたい。綾部に帰りたい。】と泣かれる意味がまるで解りませんでした。どうして丹後に帰りたいと言われないのか、まったく意味が解らなかったのです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師の魂は、多くの優秀な霊能者達から【素戔嗚尊】の分魂であると追認されています。そして【瑞霊】です。しかし、出口王仁三郎聖師の周辺には生母たる坤(未申)金神豊国姫の分魂が出た形跡がありません。出口王仁三郎聖師自身が坤金神豊国姫に扮しての演技であり、それに該当する肉体の存在が大本教からは出ませんでした。ある意味、神の舞台を演じられる肉体の役者が揃っていなかったなのです。

    これは出口王仁三郎聖師は素戔嗚尊の分魂であっても、素戔嗚尊の本体神ではなかったからと見られます。こうした本体神を説明するにはかなり難しくなりますので省略します。興味本位で質問されても説明に時間がかかりますので、この手の質問はお断りしています。知りたければ自分で徹底的に調べると解って来ますので、自分で知る為の努力をしてくださいです。

     

    この【瑞霊】には【救世主的】な役割があるので、巷で多くの霊能者が自分は「素戔嗚尊」であり「瑞霊」で救世主ですと名乗っておられることにはそれなりの理由があるのです。なお、ナザレのイエスも「瑞霊」であったとされています。 しかし、大本教の出口王仁三郎聖師は素戔嗚尊の分魂でも【八合目】の段階であったと追認されているので、大本教そのものも潰れたとも言われているわけです。

     

    巷には、自分はお釈迦様とイエスとモーゼを出した本体たるそのものであると呼称されている宗教家の方もありますが、優秀な霊能者は神界の高山ピラミッドの合目や識界の段階で見ていますので、その方の自称の追認はないようです。

    その教祖様を少しばかり霊能力がある方が見ると、金色の光りに輝いておられるはあるでしょうが、神界の合目的には出口王仁三郎聖師をとても越えておられるとは思われないなのです。神界では六合目段階の神霊でも太陽の如く輝いているので、少々の霊が見える程度の霊能力では見分けが無理なのです。

     

    私は人の肉体をもった者が【自分が救世主】ですと名乗ることはナンセンスだと言っています。そんな言葉の誤魔化しで全人類を救えない。それらの人の魂が過去から今日まで積んで来たであろうと魂の汚れを一人の肉体の身で被ることなど出来ません。

     

    私は各自の救世主は【自己の魂の核たる良心神】と説いて来ました

     

    今の世に、人に内在する良心神をどれだけの人が説いているかです

     

    為に、問題は自己の良心神で救世される方の数が少ないことです

     

    いくら精神世界や霊界に興味があっても、ろくでもないスピリチュアルの登場で魂磨きが疎かになった人ばかりです。自己の魂磨きを説くことを忘れているのが現代スピリチュアルと言えます。

     

    それでは自己の魂は【毛物(獣)の者】となります 

     

    私は最後の審判において、スピリチュアル系の「何をしても神の愛で赦されます」と説く魂は、地獄の業火の中に叩き落とされるかも知れないと見ています。現にあるスピリチュアル系の信徒数千人の教祖様は、自分は地獄のマグマの火の中に自分の信者諸共落とされる。信者と地獄の業火の中に入って、自分の王国を創ると言っておられます。自分が悔い改めて反省することを忘れて、自分が救世主などと自己の信徒を欺して、そんなに地獄の業火の中が良ければ勝手に行けです。

     

    大本教の出口王仁三郎聖師が説かれた、【天国に案内すると言いながら、地獄に案内する取次ばかり。】なのです。

     

    今年中に自己の良心神を【亥(女神型)】にせずに、その魂は毛物(獣の者)たる【猪】で行くと、未来がひどくなるのです。魂は殺してくれと言っても死ねないのです。魂は「永遠だ!」と叫んでいても、永遠の怖さの意味を理解しているのかです。

     

     

     

    精神世界

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村

    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


    神が表に現れて善と悪とに立別ける。人類に示される二つに別れる道路標識

    0

      世の大立替を宣伝した大本教基本宣伝歌に、【神が表に現れて、善と悪とを立分ける】という有名な宣伝歌がありました。当時の宣伝使達は、これを歌っていたと聞き及びます。私も大本教の出口王仁三郎聖師の直弟子の方を師匠とした言霊師の2番目の師匠の元で、この基本宣伝歌を歌わされました。

       

      【大本教基本宣伝歌】

       

      朝日は照るとも曇るとも 月は盈(み)つと虧(か)くるとも

      たとへ大地は沈むとも 曲津(まがつ)の神は荒(すさ)ぶとも

      まことの力は世を救ふ

         ○           ○

      三千世界の梅の花 一度に開く神の教(のり)

      開いて散りて実(実)を結ぶ 月日(つきひ)と地(つち)の恩を知れ

      この世を救ふ生神(いきがみ)は 高天原に神集ふ

         ○           ○

      神が表に現れて 善と悪とを立別ける

      この世を造りし神直日(かむなほひ) 心も広き大直日(おほなおひ)

      ただ何事も人の世は 直日(なほひ)に見直せ聞直せ

      身の過ちは宜(り)直せ

       

       

      私は大本教神諭予告、【九つ花に咲く 一輪の言霊の経綸】を紐解く前、この神が表に現れては、本当に創造神が人類の上に降臨して来て、一人一人の人を神が善と悪とに立別るのかと思っていた時期もありました。

      しかし、いくら創造神でも一人一人の人間を並ばさせて善悪を吟味するでは変だと言えます。

       

      大本教神諭に、【この世の閻魔大王として現れる】があります。霊界には【閻魔大王】と呼ばれる様な存在が居られることは確認出来ました。これは【羅(ラ)城】の【閻羅(エンラ)大王とも閻魔(エンマ)大王】ともされます。しかし、それは神霊界であって、この世ではありません。死後の世界で捌きの存在です。

      閻魔大王とは仏教で語られる存在ですが、大本教以後の新日本神道系では【国常立尊】様のことでもあるとします。大本教が発祥した時、艮(牛虎)金神の名の元に、【節分の煎り豆にも花が咲く】と宣伝されたことでも解る様に、節分の煎り豆で追われているのは【牛頭虎パンツ】の牛虎の鬼達で、これらは閻魔庁の【邏卒】を指しているからです。これまでは国常立尊様を悪神として追う行為と言われて来ました。

      元々大本教で出した【艮(ウシトラ)金神】は、綾部の藩主であった熊野本宮の九鬼(クカミ)神道家筋で、宇宙根源神を【宇志採羅根真】としていたことと同じではあるのです。為に当時の知識人は、大本教の出口なお開祖は綾部藩の九鬼神道家の神をぱっくった等の話もありました。その九鬼氏の綾部藩では【鬼は内。福は外】だったのです。

      それらは大本教が綾部で発祥したのは、神の仕組みとしては必然的なことでもあったなのです。大本教が起きた場所は元は新宮村で、九鬼氏が綾部藩主に成る以前よりあったのです。綾部には本宮村や本宮山とか熊野と同様の地名を持っていたなのです。

       

      大本教神諭予告の【九つ花】を紐解くと、出口王仁三郎聖師が世に出した【ス】神論ではなくて、【ラ】神論になります。「ラ・ら」の文字は、【良】の漢字を元にして出来ています。【羅】も、言葉としては「ラ」なのです。聖書にある最後の審判で死者が復活する意味の【羅】なのです。そこに【来世門の羅城】として古来から説かれて来たなのです。

      大本教の【この世の閻魔大王】とは、日本神道で各自の魂の【核】として存在する天帝の分魂(直霊)のことであり、人の魂に内在して【良心】神の働きを司っています。お釈迦様の菩提樹の下の本当の悟りとは、【悪魔は実態を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在する】でしたが、お釈迦様の死後に後世の者達によってその教えは埋没していたです。

       

      大本教神諭が予告した【九つ花】は、朝鮮半島に残されていた最後の審判前、救世の為に【米】一字の教えが起きる。その教えに従った者達の上には天の罰は降りないがありましたが、その【米型】で大本教神諭予告【九つ花】を紐解くと、今の世は【七(物質の質)の世】であり、やはり大本教予告の【ダルマ(達磨)大師】として現れたで、ダルマの七転び八起きで【みろく(369)の五十六億七千万】が成り立って来ます。

      大本教が日本神道でありながら、仏教のお釈迦様の悟りを五十六億七千万後の人々に教えて、人類を未来の世に渡すとされる「みろく菩薩」を「みろく大神」として出したことも、そこには必然性があったとなります。

       

      私はこの仕組みが解った時、【愕然】としました。

      それが「日本語」であったとしても、誰がこんな仕組みをしたのかです。

       

      私が初めて伏見稲荷山に上がった時、豊受姫は【貴方は言葉の神と呼ばれる貴き御方。貴方の言葉による教えは【天帝の詔】と同じであり、貴方の言葉の教えが聞けない神は如何なる神であっても天帝に対する反逆罪として裁かれます】と告げられたのですが、私の言葉の教えが聞けぬ神とはどういう意味かとも考えていました。

       

      私が霊的世界から見せられたものとして、下記の【交通標識】があります。その時に出て来たのが「良子」と「量子」でした。良子は【ラ】神論を指す「良」の字を教えることでした。が、その当時は「量子」の意味が解りませんでした。量子は「光の光量子」のことでした。

       

      各自の魂の「光」の分量が【量子】で、良心神の点数となる

       

       

       

      この道路標識の意味は、人類がこの先に進む道には分岐点があり、どちらかの【左右】に別れるです。もう今の人類には「真っ直ぐに進む道は無い」であり、どちらかの路を選ばなくてはいけないなのです。

      すなわち【捌きの路】に来た時には、否応なくどちらかの路を行かなくてはいけなくなるのです。この分岐点は、ある地点(時)で一斉に現れるなのです。

       

      一つは、創造神のみを唯一神として共に行く路

       

      一つは、創造神とは離れて、自分達の路を行く

       

      どちらの路を行くかは、自分の魂の【良心】神点

       

      これは自分は右の道だとか左の道だとかではなく、光の【量子】によって定まるなのです。この量子は「良子」でもあると出たのです。当時の私は「量子」と「良子」で何が違っているのかあまり理解が出来ませんでした。

      だが、大本教から出された【○に黒丸の⦿記号】は、良の漢字の源字であり「米」の量を測る意味でもあるなのです。量は分量などの意味です。単に人に内在する良心神と言っても、人によってそれぞれ良心神の【量】には違いがあるのです。

       

      天人界を訪れたあるサイキッカーの方が、天人達から最後の審判は各自の「良心神」の点数で決まると教えられたそうですが、その【量】が測られるなのです。それは私が見て来た人の魂には良心神の点数が出るだったのです。その点数によって、新しいみろく世の「天人」たる位置が決まるです。これらの良心神の点数とは、肉体たる人間を指しているのではありません。どこまでもその人の【魂】の良心神の点数です。

       

      各自の魂に対する最後の審判は、人の魂の中の核たる良心神の「量」による。

      その為には、各自の魂に「天の岩戸内の光線」を通過させる必要があります。

       

      【Y】路標識は、【天の岩戸】を開ける意味で

      生まれながらの心の器たる【性器】を判断する

       

      日本神話の【天の岩戸】開けとは、天照大御神が天の岩戸内に隠れられた時、元祖ストリッパーとされる【天宇受売命】たる女神は、その陰処(ホト)たる性器を露わにして踊ったです。その夫君は猿田彦命であり、その鼻は男性の性器になぞらえていることは、言葉の理解力がある方ならば「性器」の意味かと思い浮かぶでしょう。だが、単に性器では「生まれながらの心の器」と読めなかったわけです。

       

      私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【日本神話の天の岩戸開けなどの事実はどこにも存在しない。全てこの私が最後の時の為に仕組んだことである。そなたは日本神話の天の岩戸開けの意味を解読しなさい】と告げられていました。既存の神々は、本当に天の岩戸と呼ばれる場所で光が出て来ると思っておられるがありました。

      大本教の出口王仁三郎聖師は大本教神苑内の金龍池ではなく、元の金龍海とされる場所の淵を、地元の古老によれば、着物の裾をまくり上げて男性のシンボルを出して歩き回っていたと聞き及びました。男性版「天宇受売命」の演技と言えます。それで私は男性の性器で【真ラ(魔羅)】の言葉かと意味に気づいたしだいです。

      霊界に現れる男性の性器たるシンボル【魔羅】の映像を見ていると、最初は「割礼?」。と首を傾げますが、ユダヤ教は【割礼】の意味を間違えたと解ります。これは【割霊】です。見えて来る霊的映像だけで解釈すると難しいのです。一度、ひらかなにして日本語と言う言葉の置き換えが必須となって来るのです。

       

      この標識の自体の意味は、私達の肉体に対する西暦「2000(二線)年」の意味ではないのです。西暦二千年の意味はどこまでも私達肉体に関してのみであり、こちらの標識は私達の【魂】に対する意味なのです。

       

      その時、自分は右に行くとか、左に行くというよりも、

       

      その時を【右左岐(卯)】の年と言い。卯は玉子(卵)を二っに割った意味でもあるのです

       

      これまでの地球の玉と、新しい地球の玉との二つに別れるです

       

      この兎(右左岐)年、亀が先にゴールイン。鶴と亀が統(すば)る【昴(スバル)】と言う

       

       

      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声を聞いていました。その声は私に【日本の童唄の「かごめ、かごめ」に意味を秘めた】といわれます。これはスピリチュアルでも多くの方が「かごめ唄」が【予言歌】であると言われているでしょう。しかし、その解釈は難しいのです。

      籠の中の鳥には、鳳凰もあれば火の鳥。不死鳥も考えられるからです。その中でも「鶴と亀」が解りづらいと言えます。よく論議されるのが「統べる」なのか「滑る」なのかです。これは「統べる」と「滑る」の両面があるのです。亀が出て来る童謡には「うさぎと亀」があります。

       

      が、これらは言葉の仕組みとしては魂が別々の世界に別れて行くことを意味しているだけです。西暦2023年がその【卯】の年となっているだけのことにしか過ぎません。その可能性を否定は出来ないとなるのです。それらは西暦2020年の【五輪終】から何が出て来るかで判断は出来るとなります。

       

      最近、大本教が世に大宣伝をした【大立替】を言われる方は、めっきり減りました。もう、そんな出来事があったのかと忘却の彼方の世です。人々がそうしたことすら忘れると、誰も【魂磨き】をしようともしません。自己の魂を汚し続ける論理ばかりが世にはびこります。

      何もしなくても、【神の愛で何をしても赦される】の論調です。それがスピリチュアルの基本とまでなってしまいました。

       

      肉体を持たない【魂】の浄化浄霊は簡単にはいきません。肉体があってこそ【魂】の浄化は進みます。

       

      私達が持っている【魂】とは、腐ったり捻れたりしなければ、基本的に魂に【死】は存在しません

       

      魂には死がないということが、魂に【輪廻転生】があるだったのです。その魂の輪廻転生が終わるとは、霊界で自分の魂の地位が最終決定するということなのです。その霊界での地位は永遠に変わらないと、大本教神諭は予告したのです。

       

      立替が終わって自分の霊界での位置が決定した後に、その位置が永遠であると解ると、そんなことならばどうして早くから教えてくれなかったのかと文句が出ます。為に、早くから宣伝がなされて来たのです。

       

       

       

      精神世界

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
      にほんブログ村

      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


      人の顔をしていても魂は獣(毛物)と魂の核(亥)を光らせる2019年の幕開け

      0
        このブログを読んでいただいている皆々様。旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。
         
        私が現在住む土地は、おそらくこれまで出た予言者の中で、世界最高の予言者であったと考えられる大本教の出口王仁三郎聖師が、大正時代に一部の信徒達に教団には内密でその土地を死守せよと命じられたと言われている土地の一角に居を構えています。霊能者の調べではこれらの土地は【陸の竜宮城(金龍海)】の入り口だと云います。確かに、この地では金龍神の姿を見るがあります。
        その土地の一角を私の母親が買ったことから、私は不思議な運命に流されることになりました。大本教に入信こそしませんでしたが、大本教の出口なお開祖霊や出口王仁三郎聖師霊が私の前に現れて、特に出口なお開祖霊は【大本教はまな板の鯉。その鯉をどう料理するかは料理人の腕次第】と伝えられて、大本教の意味を解説することになってしまいました。
        大本教の出口王仁三郎聖師と覚しき霊は、私に【漢字の変換】を暗示してくれました。また、他にその着衣の服装で大本教は「イスラム」の段階で、まだ「イスラエル」に至ってはいないです。最初は、この言葉の意味が中々解けませんでした。
         
        私は神霊世界修業のお世話になった豊受姫の命令で、その地に家を新築してから不思議な現象に見舞われることになりました。私が遭遇した摩訶不思議な出来事とは、豊受姫のお代であった最初の師匠が、【貴方ほど不思議な体験を積んできた人は世界に一人も居ないだろう】と言いましたが、全て言葉の仕組みを紐解かせる為のものでもあったとも言えます。
        その一つに【神の時計】があり、大本教霊界物語の主の神は約三十五万年前に御引退話で、大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】を紐解かせることになりました。【九つ花】そのものは大本教に在籍時には出口なお開祖派と言われ、反出口王仁三郎聖師派で後に神道天行居を開いた「友清歓真」師がある神から教えられたとして世に発表されていましたが、その内容の説明が出来ていませんでした。
         
        その神の時計で、西暦1998年に【ノストラダムス予言の西暦1999年には何事も起きない。私達が現在使っている西暦の意味では無い】。2000年とは人類を二線(2000)に別ける意味で、その一歩手前の【1999】は分岐する手前の意味であると出たのです。
        大本教霊界物語に「1000と999」の違いがあります。【一厘】の違いで勝利するです。大本教神諭予告は【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】と告げましたが、その一輪とは【ラ神論で人に内在する良心神】のことでした。その働きは大本教が掲げた【この世の閻魔大王】として現れるです。
         

         

        すなわち、一輪(一厘)が有るか無いかは自己の魂に「良心神」があるか!。無いか。
         
        その「一厘(良心神)」の違いで、未来への道が二線に分かれてしまうなのです
         
        大本教予告、善と悪とに立分ける。この世の閻魔大王(良心神)として現れる

         
        私はこれまでのブログで、1999年の意味を説いて来ました。下記の図は数年前に出したものです。
        しかし、この図では西暦2014年の午年と西暦2015年の羊年にしており間違っていました。それは私に「15度の間違い」と出て、その15度の意味がどうしても解らずに、15年間の間違いではないだろうかと考えたからです。干支で語る言葉から、乗り換えは「馬小屋の駅の午年」。翌年が未来の「未(羊)来る」からです。
         
        だが、今回西暦1999年の意味には「20」年間の余裕があったことを霊声で告げられましたので、西暦2019年が乗り換えるポイント年となると思われます。また私以外の方達の上に、「2020」の数字が出て来ていることで、昨年が祓いの犬年。今年が猪(獣の者)と亥(核)であり、2020年が「子(鼠)」となります。子は「一と了」の組み合わせであり、象形文字で由来を調べる必要はないのです。
        2020年には【人に内在する良心神(この世の閻魔)】によって二線に分かれて、子年に「一(初めの)の完了」。次に「牛」年「寅」年となって、【牛虎(艮)】の「魂の禊ぎ」年にと入って行くとなります。
         

         

        その後が西暦2023年で【右左岐(卯)】年となります
         

        私は予言者でなくて、言葉の仕組みの解説者に過ぎませんので、解釈を間違えることもあることをご承知ください。

         

        数年前に出した図。

         

         


         

        西暦2014年は西暦2019年の間違いで、西暦2015年は西暦2020年の間違いでした。

        モウ3次元世界の物質欲に縛られた意識ではなくて、五次元界ともされている高次元界の意識を切り替えて行く必要があるのです。

         

        今の世の幸せだけを神仏に願うでは、新しい世界に行かないとなります

         

        一人一人が神の宮で自分は神の子だ!。その意識を持つ必要があるのです
         

         

         

        旧来線を「蒸気機関車」で示してあるのは、これまでの神界は大本教神諭にある「ユダヤの悪鬼」の力の先兵として行動していた【黒龍神】達の意味です。蒸気機関車は「黒煙」を出します。

        一方、みろく世に渡るには【新幹線】で出しました。新幹線はこれまでとは線路が違うので、旧来線からは【乗り換える】必要があるわけです。 この【乗り換え】とは、「三次元世界の意識」を脱却して「高次元世界の意識」に代わらなければならないのです。その乗り換えには「駅」を通じますので、その駅がすなわち「馬小屋の救世主」の意味を持つのです。

        しかし、これらは自分の意識を高次元界の新しいみろく世に合う【意識】に変える意味であり、【世の大立替え】と予告された【立替の嵐】そのものは除外して説明してあります。その立替の嵐の時期が西暦2000年ではなく、その年自体がこれまで解らなかったからです。
         

         

        何人もの霊能者の方達が西暦2020年の東京オリンピックの年が危ない。果たして、東京オリンピックは開催出来るのか?。東京オリンピックが終わった後が危ないなどの説がちらほらと出ていました。

        今回、ある方に【五輪終】と出たので、東京オリンピックと直接に関係があるのかと考えていましたところ、私に東京オリンピックそのものでなくて、西暦2020年から仏教の五輪の教えで知られる【地・水・火・風・空】の宇宙の働きのバランスが崩れ出すの【五輪終・御臨終】の意味合いだと出ました。

         

        二線に別ける西暦2000年から20年間遅れたのではなくて、暦では最初から20年間違っていたなのです。それは今年が【猪(亥)】年の言葉から解るのです。
         

        立替には魂の【禊ぎ】が必須です。豊受姫はその時のことを「大嵐」と表現されましたが、【五輪の崩から天変地異が起きます】。その「禊ぎ」段階を経ないと、新しい「みろく世」に行く最終人数の確定が出来ないのです。その禊ぎの間に反省して悔い改める魂も多数出るからです。

        この西暦2019年が【猪(亥)】の年であることによって、そこに意味があることが解ります。人の顔をしていてもその魂は獣(毛物)の者の【猪】で行くのか、逆にその魂の核(良心神)を表に出している【亥】の者かです。
         

         

        大本教の基本宣伝歌として、
         

         

        【神が表に現れて、善と悪とに立て分ける】
         

        があります。西暦2019年(西暦1999)がそれに該当していると考えられます。

         

        それを図式しますと、

         

         

         


        私が霊界修業に入った頃、豊受姫から大本教が予言した【立替】は間違いなく起きます。それが何時なのかは解らないが、貴方はその立替の【嵐】の中を突き進んでいかれますと告げられたしだいです。大本教が予告した「立替」とは、私達にとっては嵐の中に置かれたような状態に入ると豊受姫は告げられたのです。

        その豊受姫は、私に【人類は一人も生き残らない。人類に生き残れる道があるならば、この私が教えて欲しいぐらいだ。】とまで言われたのですが、私は人類が生き残れる道はないのかと模索したのです。

         

        その結果が、私が見させられた内容は人類は滅びるのではなくて、【五六七】と予言された高次元世界に向かうだったのです。これが大本教神諭にある。
         

         

        【世の立替があると云うことは、どの神柱も判りていれど、モウ一厘の肝心の事は判りておらん】

         

        だったのです。
         

         

        スピリチュアルでも、人類が五次元世界に行くということは判っている方が多いのです。ただ、スピリチュアルでは実に安易に、【何も心配しなくてもいいのです、この地球が自動的に五次元世界にアセンションするだけです。】で、そこに起きる様々な諸問題。立替の大嵐を語ろうとはしていません。今の肉体が自動的に【半霊半物質】体になって五次元世界に適応すると考えているのです。これは岡本天明氏の【日月神示】の影響もあるでしょう。
        確かに白狐等は【半霊半物質体】で、その姿を簡単に消したり、また肉体を持って現れたり出来ます。人の姿にも簡単に化けます。特に知られているのは白狐は姫姿や衣冠束帯の平安貴族の様な衣装にもなります。しかし、白狐等は三次元世界が基本霊界ではなくて、それよりも高い次元霊界にあるのです。そこは人間の様に魂に三次元界物質を身に纏っているのではないのです。
         
        私が伏見稲荷山に初めて上がった時、豊川稲荷の大眷属である大白狐霊は優秀な霊媒者の口を通じて、師匠の講員さん達に向かって、 人間の分際で頭が高い と一喝して来て、私は思わず噴き出してしまいました。次元世界から言うと、そう言われても仕方が無いのです。皆、現世御利益を貰おう。現世御利益を貰おうで、大本教神諭で告げられた【人は死後に神にも成れる魂を授けて貰っているにも関わらず】ということが誰も解っていないからです。白狐に下郎呼ばわりされても致し方ないなのです。
         

        大本教神諭に、

         

        これ迄の世は、眷属が覇張(はば)りて、大将無しの世になりて居たから
         

         

        とある様に、三次元世界に住む私達が関わっている御神霊とは、宇宙サイドから云うと超高次元界の御神霊達ではありません。単に霊が見えるとか霊と会話が出来るだけのスピリチュアルでは、人の姿で光輝き立派な衣装を身に纏った蛇霊、野狐霊、狸霊、猫霊に簡単に騙されてしまいます。まして、サタンとも言われる赤龍(紅龍)や汚れを意味する黒龍には霊力で太刀打ちが出来ないがあります。

        しかも、人は三次元の意識界に縛られていますので、自分の魂が高次元界に行く意味そのものが理解出来ないとなります。そこに出て来る意見は間違いなく、三次元世界が終わるとするならば、【神は俺たちを殺すのか】という短絡的な意見になります。高次元界に存在する自分の魂の存在すら、まるで解っていないからです。

         

        私はスピリチュアルの弊害が大きかったと見ています。
         

         

        西暦2019年は馬小屋の救世主でなく、豚(亥)小屋の救世主

        人の顔をしていても魂は獣でなく、獣者(猪)から脱却をする年
         

         

        西暦2019年度中に魂が【獣(毛物)】状態から脱却していないと、これから先の禊ぎの時が辛いことになると思われます。

         

         

        精神世界

        にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
        にほんブログ村

        この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


        西暦2018年を表す漢字一字は「災」と決定したが、本当の「災」はこれから先

        0

          西暦2018年を表す漢字一字は「災」の漢字となりましたが、西暦2018年に世に起きた数々の事柄は【災い】というほどの出来事ではありませんでした。

          西暦2018年は犬年で、祓いの犬年の効力は西暦2019年の節分の頃迄ありますが、祓い年の効果で少しだけ諸悪が世の表に出て来た程度のことです。本番はこれから先と言えます。

           

          大本教の出口王仁三郎聖師は、【広島や長崎に新型(原子)爆弾が落ちて火の雨が降る。その後に黒い雨が降る。】と予言されて、広島には原爆投下後に黒い雨も降って見事に的中したのですが、その予言がなされたのはそれよりも3年〜4年前と言われていたかと思います。予言が的中して来るには時間が掛かるなのですが、そんな先まで見通している神があったなのです。

          広島や長崎に新型の爆弾が落ちて火の海になったとの情報が持たされた時、大本教の信徒が出口王仁三郎聖師が最後の時は【火の雨】が降ると予言されていることで、広島や長崎が火の雨になったことですかと質問したところ、あの程度の生やさしいものではないと答えられたことが知られています。

           

          人の火によるものが【火】で、天から来る火を【災】と言います

           

          天からの火の災いとは【裁の左下が衣でなく火】で、裁きの時 

           

          また「栽培の栽」の字の左下が木の字ではなく火です。サイという漢字なのですが第4水準漢字なので、その漢字が出る機種もあれば出ない機種もあるので、ここでは示しません。意味は、地を祓い清める意に戈の漢字がついたものです。神の裁きの火で清める意味があるのです。

           

          出口王仁三郎聖師の予言は、【月の表面が崩壊して、月からの隕石が火の雨のごとく降る】ことを予言されたのだと思われます。その時は月と地球が引き合う「引力」そのものがおかしくなっているからです。人は誰も地球の核たるエネルギーの異常で地球の自転力や引力がおかしくなるなどとは思ってもいません。そんな日が来る等とは科学者も予想だにしていないからです。

          一部の新地球論者の中には、その時の今の地球は幽霊地球で宇宙のゴミと化すなどの論があります。そうした意味を解説しているのが筆者の【上野公園】のホームページです。来年が平成31年になりますので、約10年前の節分明けに開いたHPです。 但し、Pc上ではダニエル(神は我が裁き主)の「バタフライ」の曲が流れますが、スマートフォンでは音楽は流れないようです。

          http://uenokouen.com/

           

           

          私が霊的に見せられた映像は、地球を動かす原動力のコントロールが出来なくなる光景と、地球が自転を止めることによる引力の壊失です。その時には、時間すら止まるなのです。

          しかし、創造神と呼ばれる神に従う人達にとっては何の心配も要りません。創造神が人類に約束されているのは、多くの神諭などでも既に宣伝されて来た【嬉し嬉しのみろくの世】に入るからです。巷で自分か救世主ですと名乗っている人を拝むことではありません。土下座をするならば、イスラム教徒のように創造神だけにせよです。

           

          一人一人の魂の【核】には、天帝の分魂である良心を司る神が存在するからです。

           

          それが、聖書にある

           

          神は汝と共にありなのです

          みのおわりの瑞霊の女子の意は、【汝】の字の中にあり。聖書の神の【花嫁】たる意ともなるのです。

           

           

          今年驚いたのは日産自動車の会長であった「カルロス・ゴーン氏」の不正の数々でした。権力の座に長く留まれば自分が腐敗するの典型と言えます。また2018年は自動車産業界における不正検査もこれでもかこれでもかと数々も出て来ました。

          日大フットボール事件は日本大学の恥部まで晒け出すになりました。トップに座っている理事長は如何なる者かです。大学の問題では東京医科大学が文部省の高官の子息の裏口入学のみならず、女子受験生に対する入試に対する不正操作事件まで暴くことになりました。そして各大学の医学部に波及しました。

          また、企業でも数々の不正が公になり、あちらこちらで謝罪会見の連続で、如何にこの世が不正義で溢れているかを世間に見せつけました。

          相撲の世界では横綱日馬富士の暴行事件から、相撲協会の隠蔽体質、古い感覚から抜けきれない親方衆の体質。貴乃花親方に行き過ぎはあったとしても、貴乃花親方を引退に追い込んだ親方衆の虐めの体質等が浮き彫りになりました。だが、それを改革しようとする親方も今の相撲界には居なくなっているとも言えます。感情論ばかりで動くからです。

          自己の感情云々ではなくて、何が正しいかで正しいことを遂行する意識が抜けているのです。人は感情動物だ!。それのどこが悪いかと息巻くことではないのです。 情に棹させば舟は流されるのです。

           

          隣国韓国においては理性より感情や情緒に支配された「ポピュリズム」によって、法の番人でさえ「法」の解釈をねじ曲げるが起きています。もしも法に従って判決を出せば、ポピュリズムで暴走した暴徒によって自分の命を狙われかねません。法の番人たる信念よりも、暴徒から自分の命や身の安全を図るとなります。

          現に韓国では労働者の暴徒と化したデモ隊に、警察が取り締まれない。警察がデモ隊に謝罪に追い込まれるなどの本末転倒の出来事も起きています。文政権になってから警察もデモ隊が暴れるがままにさせるより方法が無いです。もしもデモ隊を取り締まれば警察幹部の首が飛ぶことになりかねないからです。皆、何が正しいかではなくて自分の保身です。

          ポピュリズムとは、大衆の欲求不満や不安をあおってリーダーへの支持とする手法で、その手法でその国のリーダーになっても、民主政治は衆愚政治となり、大衆のエネルギーは自由を破壊し、集団的熱狂に向かうなのです。

          そうなると、その国のリーダーに何を求めて解決は出来ません。大衆の顔色ばかりを伺い。自分の地位を守ることに必死になって、何の策も無いとなります。私達はその現状を今の韓国から学んでいるとなります。

           

          これは以前からあることですが、今年は高金利の配当を歌った詐欺まがい企業の経営破綻が二つありました。一つはジャパンライフで負債総額が2400億円以上。一つはかぶちゃん農園で知られたケフィア事業振興会の1000億円。

          ほとんど金利がつかない銀行利子に対して、高金利が約束される。監査法人も何もない事業。それをおかしいと気づかないと言うのは騙した方だけが悪いのではなくて、騙された方もおかしいのです。そんな高金利で世間から集めなくても、今の銀行は貸出先に苦労しているのですから、もっともっと低い金利で銀行が貸してくれます。銀行が危なくて貸せない事業者と解ります。そうした業者の魂胆を見抜きなさいなのです。

          人は全て善人などと思っていると危ないのです。人は【霊止(ひと)】であり、邪神邪霊の容器と化している人達も多いのです。見かけでの判断は禁物なのです。 

           

          こうした企業や組織の暗部は内部告発がないと出て来ません。しかし、それを告発すると言うことは自分の命を賭けた戦いともなりかねません。

          雪印食品の牛肉偽装に関わる不正事件を内部告発した西宮冷蔵の水谷社長は、偽装工作に加担したと当局から営業停止を受けて会社は傾き、また同業者からも裏切り者として非難され、そのお嬢さんは自殺未遂まで追い込まれて命は助かったが後遺症を残すことになられました。

          自己の【良心】に従っていくら不正を告発しても、何も報われないのが今の日本の現状であり、そうした人達を助けようとしない企業べったりが今の政治家や役所の姿勢なのです。法や規則に不備があるならば、その法や規則を変えないと行けないのです。それを与党も野党も怠っているのが今の日本の政治家達です。

           

          創造神の目から見た時、今の政治家や企業家に【誠】の人は少なくなっています。

           

          もう根本的に政治や役所ではなくて、社会の仕組みそのものを変えないとどうにもならなくなって来ているのです。

           

          この世の不正義に、どこに神が在るのかとなります

           

          今の世は「不正義」の世であり。どこに本当の神が居るのか!。そうした声を上げたい人達の気持ちは私にも痛いほど分かります。

           

          私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、私に【私はこの世の不正義を糺す。】と告げられました。だが、その一方でその為には、【時節を待たねばならない。】とも告げられたのです。 大本教神諭に、【神も時節には適わない。おいでおいでをしなくても、その時節は向こうからやって来る。】とあったかと思いますが、私も同じ様なことを告げられているのです。

           

          そして、私が告げられたことに【新しい世(みろく世)では、上に立つ者達は住民の選挙で選ばれた者ではなくて、この私が直で任命する。】でした。神の目から見て、この者だと認定された者が新しき未来の世の指導者の役に就くなのです。

          そこに大本教の出口王仁三郎聖師の、【世の大立替とは、牛の糞が天下を取るようなものだ】があります。牛の糞の様に社会の底辺で「誠」を尽くしていた者達に天下を取らせる式のことです。正しい者達は、その時まで【我慢】をいたせなのです。

           

          大本教から、元の創造神たる【国常立尊】の復帰が予告されました。それに対して幾多の実践霊能者(スピリチュアルの段階にあらず)達の中には、反国常立尊色を鮮明にして断固として国常立尊には従わないがあります。 全ての人を新しいみろく世に移行させれば、またもや同じ過ちが繰り返されます。為に、新しいみろくの世は創造神に対して【悔い改めた者達】だけとなるのです。

           

          悔い改めない者達を可哀想だとか気の毒だと言っている間は、【悔い改めないままに何もかも赦せば、またもや同じ過ちの轍を踏む】が理解出来ていないとなります。ですから、悔い改めた者達と悔い改めない者達は近い将来に別の世界にと別れて行くことになるのです。

           

           

           

          精神世界

          にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
          にほんブログ村

          この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


          人は誰でも霊界を見ている。自分の夢の中まで支配して来る霊。【意識】とは何ぞや!

          0

            世の中には死後の世界たる霊界。神仏が存在する世界を信じる人達と、人は【死ねば終わり】だと、死後の世界を一切認めない人達があります。

             

            日本仏教の某宗派はひどいもので、その信徒さん達に【死後の世界(霊界)などは無い。人は死ねば土に還るだけ】だと教え込んでおられます。仏典にお釈迦様は幾度かこの世に出たことが記載されていても、まるで理解出来ておらずに霊界等は無いと言うのであれば、貴方達の仏教とはいったい何だとなります。また、人は死ねば土に還るとするならば、どうして信徒に先祖供養を要求するのだとなります。自分達で矛盾に気づいていないなのです。

            この宗派は、仏典の中味は人がこの世で生きて行く為の教えであり、何も死後の世界があると説いてはいないと、かなり逸脱したことを教えておられます。確かに、仏典にはお釈迦様が死後の世界の存在を問われた時、死後の世界のことなど知ろうと思い患うな。今の世を一生懸命に生きなさいと説かれたとは言われています。それは死後の世界が無いと言われたのではなく、死後の世界を知ろうと患うなです。死後の世界の説明はかなり難しいのです。それを無理に知ろうとする必要はどこにも無いで、意味を取り違えていると言えます。

             

            この宗派の信徒さん達の中には、霊界などを説いているとすぐに【オカルト】だと執拗に攻撃をされて来る方達があります。最近もとあるブログがその被害に遭っておられました。死後の世界の存在を説く者達は全て邪神だオカルトだという信念のようです。

            この仏教宗派は日本の仏教界のほとんどの宗派が所属している全日本仏教会にすら所属しておられません。ある意味異端宗教なのですが、自分達以外が異端宗教だと思っておられるようです。そうしたオカルトの連中を叩くことが正しいことだとの認識なのでしょう。では、そうしたオカルトの連中を叩いて自分達は死後は土に還る。消え去る。そこに何の意義があるのかとなります。 それではもはや宗教とは呼べません。

             

            宗教とは、人の【胸(宗)】の中に宿る存在を教える

             

            そこに【愛】の教えもあれば【良心】神の教えもある

             

             

            そもそも仏教の開祖たるお釈迦様の教えに、人は死ねば終わりで土に還るなどの教えそのものがないのです。法華経を読むのであれば、そうした教えがどれだけ逸脱しているのかが解ります。神仏と呼ばれる存在と、自分達の死後のことがまるで理解出来ていないのです。その宗派では法華経は【嘘も方便】の集で、この世を良くする為に【嘘】が書かれているのだと反論されます。この仏教宗派の教えを信じる人達は、話せば解るの段階の方達ではありません。中には狂犬病的な方達が見られます。

            確かに法華経は【方便品】とあり、【嘘も方便】の教えがあっても、そこには【化城】の論理があるのです。人は死ねば天国だ!。そんな簡単に天国などに到達など出来ません。だから指導者は【苦肉の策】で幻の【化城】を説くのです。

             

            で、この宗派の僧侶達は死後どうなっているかと言いますと、全ての僧ではないでしょうが死後は地獄界に墜ちてしまっています。大本教の出口王仁三郎聖師が説かれた、【地獄を覗けば、牧師や僧侶でいっぱいだ】の口です。それをその宗派の開祖ではありませんが、その開祖の師匠たる宗派の開祖様が地獄に赴いてまでその救済に走っておられるがあります。

            自分が開いた直系の宗派でなくても、自分の教えを元とした弟子が開いた分派の信徒でも、自分を御本尊として崇めてくれている者達。地獄に墜ちている分派の信徒達を救う為に地獄に赴いておられる姿が霊能者に視られて、その元の開祖は地獄界に墜ちておられるとの話も起きています。そうではなくて、自分の教えの真意が解らなかった直弟子が起こした宗派の信徒達を救う為です。

             

            死後の霊的世界の存在を知るには、自分に【霊能力】がないと、人の話だけでは霊界が存在していることはなかなか理解出来ません。しかも霊界は横の広がりと縦階層で成り立つ多様の世界が存在して来ますので、簡単に説明が出来ません。また、人の身で全霊界を知るなどは不可能と言えます。

            人はいくら霊能力があるとしても、その人に見える範囲の霊界しか見ることが適わず、霊能者を100人集めても、話の内容がまったくかみ合わないとなります。

             

            その霊能者が嘘を言うのではなくて、その人の霊能力では限られた限定の世界しか見えていないなのです。

             

            霊的世界が解る者からすると、【お釈迦】様や【イエス】や【弘法大師】や【日蓮聖人】などは、特別の存在であったことが解って来ます。そうした先達は狭い範囲の霊界を見たではないのです。神が人類の為に、この世に降ろした高級な魂達なのです。魂の格が低い人ほど、魂には格の違いがあることが解らないのです。そして、人は一人一人が創造神だ!。と歪んだ観念を持ってしまう霊能力保持者もいます。

             

             

            自分に【霊能力】が備わっていないと、死後の世界たる霊界の存在を認識するのは難しい話ではありますか、実は人は【夢】で霊的世界を部分的には見たり体験はしているのです。

             

            人は何故に眠るのか?

             

            人が眠るのはこの世で働く【肉体の休養】が第一義ですが、人の肉体は【魂の服】であり、この世の活動で疲れた魂のエネルギー補充として魂は眠っている間は【霊界】に帰っているとされます。 その霊界に帰っている間に体験したことが【夢】として現れるなのです。

            ですから、人は眠らないと霊界での魂のエネルギーの補充がうまくいかずに、肉体にまで支障を来して病になったりします。

             

            そうした証拠として、

             

            如実に出るのが【霊媒質者はよく眠る】なのです

            霊媒体質者は霊に憑依されると眠くなるです。眠ることで自分に憑依した霊を肉体で浄化させるです。 

             

            人は眠っている間に、誰しも【夢】を見ています。ところが目覚めると、見ていた夢をほとんど記憶していないのです。その中で、見ていた夢で鮮やかに記憶している夢があります。この記憶している夢が【霊夢】とされます。霊界で起きた事物を魂が記憶するからです。 自分が夢に見た内容が、そのままにこの世に起きる事を【正夢(まさゆめ)】といい、反対に逆の現象がこの世に現れることを【逆夢(さかさゆめ)】と言います。これらは、この世より霊界で先に起きることが原因とされます。

            そうした夢の中で【予知夢】があります。未だ起きててもいない未来の出来事が「正夢」で、その夢の中味の通りのことがこの世で起きてしまうことです。そうした「予知夢」を見る方は、ある意味「予言者」の素質の持ち主なのです。この世を【現世(うつしよ)】と言いますが、霊界で起きたことの【写し世】だからです。

             

            私の亡き伯母は霊感持ちで、未だ誰も死んでいない家を見て、この家で葬儀があると言うと、数日から一週間ほど経つと、その家では葬儀が行われていました。伯母には葬儀の光景が事前に見えるだったのです。予知夢ではありませんが「予知」能力があったなのです。私も子供の頃はそうした「予知」能力がありましたが、今は消えてしまいました。

             

            大本教の出口王仁三郎聖師は類い希なる大預言者(予知能力者)で、その予言の的中率は誰をもってしてもそこまで出来ませんでした。そのことに関して、出口王仁三郎聖師は霊界で起きた事物を語っていると言われています。そして、霊界で起きたことは必ずこの世で起きる。だが、それが何時この世で起きるかが解らない。それが千年先になるのか?。二千年先になるのかは解らないが、必ずこの世で起きるです。

             

            しかし、いくら記憶に残った夢でも【意味が解らない】ものが多いのです。それらは一度、言葉に置き換えて、その言葉の意味を別の言葉に置き換えると解って来ると言われています。私が大本教が演じた意味を、別の言葉に置き換えて解読しているのと同じ手法です。

            だが、夢を見ただけで、その内容を全て霊界話に持って来るのはどうかとなります。私自身の体験で、夜に眠っていて夢を見て、そこで誰か見知らぬ人と出会った。で、その日の朝の神前で祝詞を宜っていると、その神前に夜に夢で見た人物たる霊が現れて来るなどがありました。それは単なる夢ではなくて、夢の中で霊界と関わっていたなのです。

            だが、霊界には邪霊達も多く、そうした邪霊達が仕組んだ内容を夢に見て、それが現実になると思うと「一杯喰わされた」となるのです。ゆめゆめ疑うことなかれでなく、夢も疑えとなるのです。

             

            この「ゆめゆめ」は【夢々】ではなくて、務めての【努々】とされますが、古事記などでは【由米】なのです。

            中国の詩に「天を視るに夢々たり」があり、夢は「神霊の啓示」として現れるもあります。精神学のフロイトは無神論者であり、ユングは神の存在の判断は避けました。これが有神論者であれば、精神医学は今とは違った方向に進んでいたでしょう。

             

            夢の中に登場人物が、目覚めると霊としても現れる

             

            夢の源は霊的世界で、霊界は【識界】であり、個々の意識と関わる

             

            私の元にある質問メールが来ました。ある方が自分がみろく神ですと名乗っておられます。その方は本当に「みろく」様なのですかとの質問です。

            その自称「みろく」ですと名乗っている方と直接の面識はありませんが、その方が自分が「みろく」だと名乗っておられることは知っています。その方の名乗りの経緯は、御本人の夢の中にお釈迦様が出て来られて、あなたが自分の跡を継ぐ「みろく」菩薩だと告げられたから、名乗っているです。

             

            私達は誰しも自分の夢の中に出て来た存在は本物だと認識してしまいます。しかし、それは霊的世界で自分が「釈迦」だと名乗っている霊の存在と出会ったという関係だけであって、その夢の中の釈迦が本物だとか偽物なのかの証拠とはならないなのです。

            霊能力がある人に、自分が天照大御神だとか大国主命だとか、天使長ミカエルとかガブリエルだとか名乗る霊が出て来ることは、霊的世界を知るならば日常茶飯事に起きる出来事だと認識出来ることです。

            これが自分が起きている日中にお釈迦様と名乗る霊が出て来て、貴方が【みろく】だと告げられたならば疑いを持つかも知れません。が、眠っている夢の中で言われると、ほとんど疑わないになってしまうのです。そこにあるのは、夢の世界と霊界は別の世界で、夢の中では自分は騙されてはいないと思う錯覚なのです。

             

            一番大切なことは、そうした事象に出会った時、果たして自分はそれに該当するだけの者かと省みることなのです。とてもじゃないが、自分はそんな【器】でないと思ったら、そんな名乗りは安易に出来ないはずなのです。

             

             

            巷で自分が創造神だとか、救世主です。みろく神ですと名乗っている人を100人集めれば、その100人が100人とも自分一人だけが本物で、残りの99人は蛇霊や狐霊に騙されている者だの批判合戦になります。皆、自分だけが本物なのです。

            確かに、そうした人達はそうした名乗りをするだけあって、それなりの【奇跡力】が備わっており、その奇跡力でその人が創造神だとか救世主と信じる人達が出て来ることは別に不思議ではありませんが、その奇跡力とは人を驚かすには充分でも、天変地異を押さえられる様なものではありません。そんな小さな奇跡力だけで、どうしてそうした名乗りが出来るのか不思議な話ではあるのです。

             

            大本教から「みろく」神が前面に打ち出されました。そして、大本教出口なお開祖に降りた神示に出口王仁三郎聖師が「みろく」様だと言う内容がありました。しかし出口王仁三郎聖師は、終戦の昭和20年に本当の「みろく下生」があったと残しておられます。で、自分は本当の「みろく」神ではなかったの発表です。

            その昭和20年に「みろく下生」の話は、西洋ではベンジャミンクレーム等が宣伝している世界教師(マイトレーヤー)と奇しくも同じですが、私は大本教神諭予告の【九つ花】の仕組みから五十六億七千万の「みろく」が導き出来ることから、【みろく】とは言葉の仕組みで、大本教の出口王仁三郎聖師ですら、一時は「偽りの神示」たる言葉に踊らされたと言えます。

             

            この昭和20年(西暦1945)にみろく下生は、極東の【ヒ】を意味する国に、世界の宗教を統一する一人の男子が誕生したとされる予言があり、その極東の国は【比国(フィリピン)】ではないかとされていたのですが、英国神智学のペンジャミンクレームは、比国でなくヒマラヤ神界で光で合成された人物として説いています。日本にもその支部は存在して活動しています。

            ただ、気になるのはこの世界教師(マイトレーヤー)とされる人物に関しては、以前は幾度か「雑誌ムー」などにも取り上げられていたのですが、その人物の写真を見た霊媒体質者が吐き気を感じるなのです。それが良い意味なのか悪い意味なのか、はっきりはしませんが日本国内だけでなく世界中に「みろく」下生の話はあるなのです。

             

            通常、弥勒(みろく)菩薩とは、お釈迦様の死後【五十六億七千万】後に現れて人類を「みろくの世」に渡す【未来仏】とされています。この地球が誕生してから四十六億年程度とされているのに、五十六億七千万後とは気が遠くなる数字です。当然に本当か?、となります。

            そもそも仏教においては、お釈迦様の入滅後二千年か千五百年で【末法】と呼ばれる時期に入り、今はその「末法」の時代と言われています。その末法は一万年間は続くとされていましたが、私に降りた霊声に末法の期間を八千年縮めるがありました。それが正しい霊声ならば、何時、この世の終了が起きても別に不思議もないのです。

            大本教は仏教で無く日本神道の立場でありながら、仏教の未来仏たる「みろく」大神を全面に打ち出しました。そして、大本教神諭は【九つ花】に咲く一輪の言霊の経綸を告げ、それは誠の者でないとそのお世話が出来ないと予告しました。

             

            その【九つ花】を紐解くと、何故に大本教が「みろく神」を全面的に打ち出したのかが解ります。また、大本教では「みろく」として「五六七」と表しましたが、九つ花から【五十六億七千万】の数字そのものの仕組みを打ち出せるのです。

             

            私はその【言霊で成る】仕組みを知った時、とんでもないことを仕組んだ神が存在するの認識に立ちました。

             

            私は、何故に「みろく」神が【言葉の仕組み】になっていたのかと推察すると、言葉を創った神は、世界中の邪神達を炙り出す仕組みをなされたのではないかと推察しています。

             

             

             

            精神世界

            にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
            にほんブログ村

            この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


             

            どちらが正神界で、どちらが邪神界等は無意味な論争。私が言う邪神界とは蛇心界

            0

              私も含めて霊的世界に関わっている者は正神とか邪神の言葉を使います。しかしながら、日月神示などに書かれている【悪霊自身は自身を悪と思うてないぞ】とあるように、悪霊も自分達こそ正神であるとの認識下にあります。

               

               

              自分は正神界だと思っている霊は、反対派の霊を邪神と呼ぶ

               

              勝てば官軍。負ければ賊軍で、負ければ邪神にされてしまう

               

              今の神霊界は強い力を持った者が勝ち、どこにも正義は無い

               

              大本教霊界物語の中では、創造神であった【国常立尊】は天地開闢に当たり自身の魂を天と地に分割されて、天の主宰神は【天之御中主】とされ、地の神界の主宰神は【国常立尊】とに別けられて、国常立尊は地の神界を創る為に地球に降下されたとします。

              これが西洋の近代神智学では地球に降り立ったのは「サナト・クマーラ」たる存在とされています。西洋の神智学では「1850万年前、金星から地球のロゴス(地球の創造主、神)として降り立ったです。このサナト・クマーラたる存在は日本では650万年前に金星から鞍馬山に降り立った【尊天】と同一視されています。どちらも【金星】からとされているからでしょう。

              それが本当に1850万年前のことなのか、650万年前であったのかは定かには言えないことですが、いずれにしても、その頃には今の人類と呼ばれる様な存在はなかったなのです。宇宙の彼方から、創造神と呼称される様な霊魂がこの地球上に降り立ったの論は霊的世界を見ていると言える話ではあるのです。スピリチュアルで自分は宇宙のある星から降り立ったなども、あながち嘘とは言い切れないのです。

               

              この地球上に住む私達は【三次元世界】と呼ばれる「物質世界」に縛られている為に、死後の世界も神仏の世界も時間も空間も関係無いと言う世界を告げられても、そんな世界は存在しないと言う非常に狭い意識の中に置かれています。霊や神仏の姿が見えると言う人があると、それだけでキ印扱いにするがあります。

               

              人は何故にこの世を去れば、その魂は死後の世界と呼ばれる【霊的世界】に帰って行くのか?。

               

              それは私達の魂が元々そうした異なった次元が違う世界から、三次元界と呼ばれる物質世界に存在した動物的な生命体に入り込んだことが原因とされるからです。それらは、元々が違う次元世界に存在したからに過ぎません。だから、死後は元の霊的世界にと帰るなのです。

               

              一部の人達が言う説に、エホバ(旧約聖書)の神は自分達人間を奴隷にする目的で、人間を生み出した悪神などの穿ったというか、誤った論理も存在して来ます。もしもそうであるならば、何故に人の魂は死後に霊界に帰るのか?。それに対する説明がまるでつかなくなるでしょう。

              また、そうした説を唱える方達は、そうした宇宙からの存在がこの地球に存在した動物達の遺伝子を操作をして、今の改良型人間を造り出したと言われます。人間は猿から進化したのではなくて、一種の猿的存在を利用したです。そこに宇宙人=神の図式が言われます。しかし、宇宙人そのものは霊人であっても「輪廻転生」の中に存在しているのであって、創造神の概念に当てはまる存在ではないはずなのです。創造神が「輪廻転生」しているでは話そのものがおかしくなります。

               

              霊能力がある人達は、自分が産まれ出た星に帰りたい。そうしたことを言われます。特にシリウスとかプレアデスを言われる方が多いかとは思います。人によっては魂の中の記憶にそうしたものを持つのです。それが、【この地球は魂の刑務所】論になるのです。

              また、本来の神の世界に進める【天人となる苗床】です。 私自身、その過去に宇宙の初発とされる時代には【龍】と呼ばれる存在で生きた記憶があります。その時は「金色を放つ白龍」の姿でした。霊能力がある方の中には、私からその金色の光を放つ白龍の姿を見る方もあります。その龍とは恐竜などの龍ではなくて、蛇系の龍の形ではあったのです。

              聖書には龍とは「霊界で年老いた大蛇霊」とありますが、日本で使う【十二支】において、龍(辰)と蛇(巳)は別物で分類されるように、元々は龍と蛇は別物なのです。

              また、日本で【神代】と呼ばれる時代があったとしますが、そうした時代に私も生きていた記憶を少しは持っています。だが、そうした記憶はこの世に降りた時には封じられてしまうので、断片でしか出て来ないなのです。

               

              私は遙かなる超太古の時代には、神司(天使)の一員として国常立尊様に忠誠を誓っていた存在でしたが、国常立尊様が地の神界の表舞台から退かれたことにより、私も流浪の神司(天使)となった者と言えます。私はその当時の国常立尊様に忠誠を誓っていた神司(天使)達を元に世界に戻したいと思っている者の一人なのです。

               

              一部の人達は、人は一人一人が創造神だ!。そうした論理に固執されています。確かに全ての元の元を突き詰めれば、神は一柱であり、全てのものはその神に集約されることになります。しかし、この地球に生きる人間は約70億人とされていますが、宇宙に存在する魂たる存在は70億どころではなくて超天文学的な数であり、一人一人が創造神だ!。等と誤った論理感に陥るべきではないのです。

              創造神は万物の創造の神であるように、私達のような小さな魂にも小さな【創造力】があるなのです。しかし、太陽や月を創れないのです。創造神と同じ力の創造力を持っているではないのです。私は一人一人が創造神だ!。そうしたことを言う者は救いようがない者と言います。それでは、自分が【いと小さき者】と理解が出来なくなるのです。

              イスラム教の開祖マホメット(ムハンマド)が自分は神の【下僕】と称した様に、私も自分は創造神の【下僕】だと言います。

               

              大本教から元の創造神たる【国常立尊】様はあまりにも厳格な神であったが為に、堕落した神々から疎まれて、地の神界の神々の多数決の論理によってその座を追われたとしました。この国常立尊様を多数決で追った神達からすると、国常立尊を【悪神】としてその座を追ったのです。 またその【厳しさ】を【鬼】としたのです。

              そこに国常立尊は【悪神】説が出て来ます。自己の魂を堕落させた神々からすると、「国常立尊」などは神界の表舞台に永遠に復帰して欲しくない存在なのです。

               

              何故にそのような事態になったのかは、【国常立尊】様は非常に厳格な神であったが為に堕落した神々には煙たかったのと、多くの神々が蛇霊に懸かられて【蛇霊の囁き】に乗ってしまったからなのです。聖書では人類の祖とするアダムとイヴの話になっていますが、アダムとイヴではないのです。蛇霊に懸かられた神達は「国常立尊」は悪神であるの立場になったなのです。

              大本教は、その国常立尊が神界の表舞台から退かれたのはこの世の時間で今から約【三十五万】年前のことであったとします。別に今の人類の世の話ではないのです。

              そこに人類を堕落させた神達の為に、人類は過去に【六度】も滅びたとも言われているわけです。そして、今の世は【七度目の世】で、記紀神話の神代七代とか聖書における創造神は一週間の【七日】でこの世を創られた等の【七(質)】を意味する世ともされるわけです。そこに大本教から、【ダルマ(真理)の七転び八起】が予告されたのです。

               

               

              これらのことを如実に語る言葉が【邪の道は蛇】なのです

               

              勝てば官軍、負ければ賊軍で、勝てばいいではないのです

               

              スピリチュアルでは自分に天使長【ミカエル】が降りて来る式の方が非常に多いのですが、大本教の出口王仁三郎聖師は「ミカエル」などの天使長は存在していない。【省みるの意味】だと述べておられますが、モーゼ外伝ではミカエルは最後の審判で蛇(巳)を成敗する者を指します。日本語で読むと【巳(蛇)帰る】をさせる者なのです。

               

              私はヴェーダ典に残る【人の中に眠るコブラ蛇が目覚めて走り上がる時、その人は真理に目覚める】の体験で、これは日本語で【巳(蛇)帰る】であり、魂の姿が動物霊や爬虫類の姿に【身変える】の働きのことであると知りました。そこに来る働きは自分を【省みる】でもあるのです。

               

              これは幾度か書きましたが、

               

              人の良心神は、常に蛇霊と対峙しています 

               

              蛇霊の存在が霊的に見えなければ、反対に対峙している【良心神】は理解不能となります。

              スピリチュアルで「良心神」が理解出来ていないのは、自分が見ている光輝く霊の背後を見抜くだけの力が無いなのです。

               

              私が最初に師事した師匠は、霊界修行の最初の頃には女性であれば絶世の美男子の霊が出て来て、男性であれば絶世の美女が現れ来て、修業者はその霊のあまりの美しさに恋をする。霊に恋い焦がれる。霊との恋に落ちれば後は盲目。修業者はその時点で終わって邪界にと誘われる。後は美男美女に化けた邪神の言葉を鵜呑みで言うがままと教えてくれました。

              その師匠自身、修業の始め頃に絶世の美男子霊が現れてその霊に恋をしてしまった。邪神界に誘われる前に豊受姫によって救出されたがあったなのです。こうしたことに関しては、成長の家の開祖であった谷口雅春師の著書にも書かれていると聞いていますので、修業者には通常起きているのだと考えられます。

              各云う私もそれに遭遇したのです。ですから実地体験をしています。霊的世界の【罠】とは、何も知らない人の想像を絶するようなところがあるのです。

               

              古事記では初発の神を【天之御中主】として、日本書紀では初発の神を【国常立尊】としています。これは同一神であるの観念で言えば、どちらが先かと論じても意味が無いとなります。同一神を天と地の働きに別けたからと言えます。

              私は霊能者をしている者ではありませんので、自分の背後に存在すると言われる神のことに関してはよく解りません。私が最初に師事した豊受姫様からは、私の本守護神は【国常立尊】様だと告げられましたが、他に7〜8名の霊能者の方からも【国常立尊様】と言われ、一人だけ「国常立尊」様と「天之御中主」様の両柱が見えるとの指摘を受けました。国常立尊様と天之御中主は元が同一神なので、その両柱神が見えると指摘されても別に不思議ではありません。

               

              私自身が子供の頃、私に臨む声は【旧約聖書の神】と称する声でした。それが本当に旧約聖書の神であったかどうかは私には解りません。ただ、その声が私に告げられた。【この国(日本)は私の教えが満ちあふれている世界で唯一つの国で、そなたはその仕組みを人々に告げなさい】と言われたことを、何故か使命感を持って取り組んでいるだけと言えます。

              それを言葉遊びとか、あほだらに長い文章を書いていると批判したければ批判していただいて結構なのです。そうした人には自己の魂の【奇魂】が働いていないので、魂が【ハート型】で不完全となるだけです。

               

              勝てば官軍。負ければ賊軍の神の力の世界では、いくら元は創造神であった神でも蛇霊に懸かられた神々が大多数を占める中では敗軍の頭として追われたとなります。

               

              私は今の神霊世界の神々には【良心神】が無いと知った時、三千世界。いったい自分の身をどこに置いたらいいのかと迷いました。苦悩しました。霊界での行き場が解らないなのです。しかし、大本教に触れて言葉の仕組みが解けた時、今の世に出ておられる神々が束になってかかっても勝てない力を持った神が存在しているとの認識に立てたのです。

               

              日本の国に常に立つ御言(尊)は【日本語】

               

              私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、【私はそなたが何者か、神々に解らないようにしておく。無論、そなたも自分が何者かを知らない。そなたはこの世ではバカを演じていればよい。働くのは肉体のそなたではなく、そなたの魂の方である。肉体のそなたを見て、そなたをバカにする者は続出するであろう。されど、そなたの背後に、この私が居るということが解らない神であれば使いものには成らぬ。】と告げられたのです。

               

              ただ、豊受姫からは【貴方は言葉の神と呼ぶ方です。】と告げられて、言葉の神?。から言葉の解読に入ったと言えます。この日本では【言霊】の存在は説かれていますが、世界では【初めに言葉は神と共に在った】だけであり、【言霊】を知るではありません。言霊の存在が告げられている日本では、言霊とは何かを知っておられる霊能者の方は若干名に過ぎないという現状がありました。言霊と言う存在を世の表に出して来たのは大本教であり、その歴史が短いもあります。

               

              私はこれと言った霊力も持ちません。病気治しも出来ません。予知予言能力もありません。私がしていることは単なる【言葉遊び】だと揶揄する方達は多数あります。だが、そうした方達からは【魂】論が何も出て来ません。魂の説明がなされていません。

              大本教が出した【国常立尊・ウシトラ金神」の「ウシトラ」から、ここまで言葉の仕組みが展開出来るなど、誰も考えもしなかったし及びもつかなかったことです。神々にも解らなかったと言えます。

               

              その仕組みの中に見えて来たことは、人類を蛇霊の囁きから脱却させるなのです

               

               

               

              精神世界

              にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
              にほんブログ村

              この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


              この世の良い思い出だけをあの世への土産として、この世の悪しき思い出はこの世に捨てなさい

              0

                私が子供の頃に臨んでいた旧約聖書の神と称する声は、私に【人の一生とは魂の世界からすると、人が修学旅行に行ったような僅かな時間にしか過ぎない。その僅かな時間の修学の為のこの世で、刹那心に溺れて自分の魂を腐らせてはいけない。いくらこの世が苦しいからと言って、自らの命を絶ってはいけない。人は死んでは生まれ、死んで生まれるの繰り返しである】。

                【人はこの世での修学を終えて、あの世に帰って来る時、この世での良い思い出だけをあの世の仲間達への土産話として持ち帰り、この世での悪しき思い出は一切この世に置いて行かなければならない。】とも告げられました。

                それは、仏教の葬儀でも説かれているあの世に旅立つ時、「喝」で、この世の【未練・執着】を捨てなさいと言うことです。つまり、この世での悪しき思い出はあの世に持って行くなです。

                 

                この世は魂の【修学の場】であり、一時の住まいでしかない

                 

                つい先日、私の従姉がこの世を去りました。歳は80そこそこですが、突然だったのでびっくりしたのですが、胃がんが発見されて入院予定の前に別の病で急死してしまったのです。その通夜が終わった後に、その従姉の顔が私に大きく出て来ます。その想念です。何か私に言い残すことがあるのかと感じていました。

                私の家系は祖父が養子になりますが、五代前の御先祖霊が霊能者の調べで日蓮聖人の御分魂であったことが判明しています。私は父方の筋で、その従姉は母方の筋で同じ御先祖霊が居るとなって来ます。家系とは何も肉体の血がつながる必要はありません。養子養女に入ると、その家系の霊脈に変わるからです。魂は後から肉体に入るので肉体の「遺伝子」とは関係がないのです。その家筋に入ることで、その家系の霊脈を継ぐなのです。血がつながらなくても、どうしても先祖霊の影響は受けます。

                私の家の仏壇では、その日蓮聖人の御分魂が霊能者には出て来られるがあります。そうしたこともありますので、その従姉の行く末はその御先祖霊に任せるです。あの世のことはあの世の者に任せるです。

                 

                その葬儀の後に霊的な疲れを覚えて一眠りして目が覚めると、その従姉の御主人の姿が見えて来ました。今は80歳代ですが、私に見える姿は40歳〜50歳当時の姿です。今から30年〜40年前の出来事と思われます。その御主人が妻であったその従姉にひどい家庭内暴力を振るっている光景です。今で言うDV(配偶者に対する暴力)です。それが従姉の心のトラウマとなって出て来たのです。

                もう80代になった御主人は今は穏やかですが、若い頃はイケメンで女性にモテモテで浮気は数知れず。毎夜毎夜麻雀で遊んでいました。で、従姉が泣かされていた話は聞いていましたが、家庭内暴力を振るっていたことまでは知りませんでした。

                自分が生んだ子供達は父親側に付いて、自分を何一つ応援してくれないという愚痴は聞いていました。それが、従姉がこの世を去った葬儀の後に、その光景が私に出されたのです。

                 

                仏教で人は死ねば皆仏様だと言いますが、閻魔庁は晩年は穏やかだったからと言って若いの時の所業をチャラにはしません。チャラにするには、その人の善行と悪行との天秤が平行でなければなりません。イスラム法の【目には目を、歯には歯を】であり、スピリチュアルでも言う【正負の原則】が存在するからです。

                 

                自分が犯した罪は、本人に償わせるがカルマの大原則

                 

                従姉霊の訴えは、自分が生きている時に自分に一言でも謝って欲しかった。そうでないと、良い思い出だけを土産としてあの世には行けないなのです。これは49日忌までに、その御主人が位牌に向かって自分が悪かったと謝ると感じましたので、機嫌良くあの世に旅立ってはくれそうです。私の伯母は霊感が強く。幼い私が後光を放っていたので、この子は神仏の生まれ変わりだと語っていましたが、その女の子供達も霊感が強く、霊を見るが有りましたので霊界否定論者ではありません。

                 

                私は霊能者をしていないのは日常的に霊を見る者ではないからです。しかし、必要な時には私の御先祖守護霊が見させてくれます。なまじ霊が見えると、いろんな訴えが来ます。中には人を騙しに来る神霊達も多々あるわけです。

                私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【そなたの前世は武将であった。そなたは武将ながらあまりにも人がよくて、人を疑わない者であった。為に、人の魂胆が解らずに悪の魂胆を持った者達の策略により悲劇の最期を遂げた武将である。そなたの今生の学びは、人の魂胆を見抜く力を養うことでである。】と告げられました。善悪の判断力で、相手の腹の中の魂胆を見抜く力です。

                この相手の腹の中を見抜く力とは、自分の前に出て来る神と称する霊に対しても要求されます。相手の自分は〇〇大神ですと名乗る神名などに惑わされて、その言葉に踊らされていてはいけないからです。

                その○○大神などと名乗る霊の魂胆が見抜けないと、それが本物ではなかったと解った時には、自分がボロボロにされているからです。俗に言われる【行者の末路哀れなり】の状態に入るからです。

                 

                私が霊界修業に入った当時。夜、眠ろうとすると霊的な光景が見えて来ます。すると【バチン】という大音響と共に、その霊的映像が遮断されるがありました。どこかの霊が私に見させようとする霊映像が私にとっては悪いものと思った時、御先祖霊がその映像を強制的に遮断するでした。時には日蓮聖人の直弟子であった方の霊が、私が寝ている間も不寝番として見張ってくれていました。

                その御先祖霊は私が2番目の師匠の元で言霊を習っている時、その御祭神は【国常立尊】と称されていましたが、その神霊に楯突いて、その師匠からお前には糞坊主が付いていて、このわしに楯突くと言われたものです。当時の私はそれが「ニセの国常立尊」とは思えず、どうして先祖霊は楯突いているのだろう?。さすがに「国常立尊」と呼称するだけに凄まじい霊力の主であり、楯突けるのだろうかと不思議に思っていました。

                その先祖守護霊の霊力は出雲大社教の教師から出雲大社の神と比べても遜色がないと告げられて、出雲大社の神と並ぶほどの霊力?。に首を傾けていたところ、日蓮聖人の御分魂で私の家系に生まれ出た方だと判明したのです。

                 

                私は神霊とほとんどしゃべりませんが、それに関して最初の師匠は、豊受姫が豊受姫の許しなき神霊は私と直接会話してはならないと神界に命令を発したからと言われます。私は人(性格)がよいで下級神霊の言葉に騙されない為の予防です。

                その豊受姫のお代であった師匠は、貴方が見る霊的光景は本物ですと言いましたが、それは私の家系の御先祖霊が私に見せるべき映像か見させてはいけない映像かを判断していると言えます。

                 

                自分がこの世で周囲からどんなにひどい仕打ちを受けたとしても、死後の世界でそうした想いをトラウマとして持つと浮かばれない霊ともなります。

                 

                それは、神の愛で何をしても赦されると説くスピリチュアルの論理ではない 

                 

                この世で他人にしたむごい仕打ちは、その本人がカルマとして背負うからです。悔い改めない限り逃げられません。

                それは子供だからと言って、赦される事柄ではありません。一人一人の子供にも守護霊と呼ばれる霊は存在しており、そうした守護霊が子供であってもその行動を見ていて、悪い行動に走ることは阻止しなければならないからです。ですから、子供の場合はその責任はその子供の守護霊として就いた霊が責任を負わなければならないとなります。

                 

                霊能者相談で、自分の子供は盗みばかりをするの親の相談に、霊能者が御祭神に頼んでその子供の守護霊を交代させるをしたところ、その子供の盗み癖が治ったなどの事例があります。その守護霊自身に盗み癖があったなのです。守護霊と呼ばれている多くは副守護霊(神)と呼ばれている段階で、必ずしも正しいことと悪しきことの判別が出来ているではありません。人はそうした副守護霊と共に魂の修業をしています。

                何故にそんな先祖霊が副守護霊になっているか?。ほとんどの人はどうして自分がそうした家系に生まれ出たのかの理解すら至っていないのです。親は子供を立派に育て上げると神から賞されます。すなわち、自分の天国行きの道も開けて来るなのです。自分がだらしない親をしているでは天国行きは起きないなのです。逆に死後に自分が苦しいからと子孫に懸かって子孫を苦しめるなのです。

                 

                私達の肉体は、この世の学びで自己の魂を磨くと共に、未だ天国世界に渡ってない自分を守護している霊の霊界での向上にも勤めなければならないのです。この世での肉体を貰うということは、それだけの価値があるのです。他者も霊も助けることが出来るからなのです。

                神の愛で何をしても赦されます等は、結果的に地獄行きを推奨する論理なのです。

                 

                単にこの世は楽しいで、遊んでいた肉体の魂は天国には行けません

                 

                お釈迦様の悟り【この世は苦界】。そこから何を得たかです

                 

                貴方がこの世でどれだけ他人からひどい仕打ちを受けたとしても、その恨みを果たしてはいけないのです。この世での貴方が受けた仕打ちは、あの世に持って行ってはいけないのです。忘れるのではなく、この世に捨てるのです。

                 

                貴方の恨みは、艮の心で【閻魔大王】が貴方に代わって果たす

                 

                艮(ウシトラ)金神【国常立尊】の意味が理解出来ましたか?

                 

                 

                 

                 

                精神世界

                にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                にほんブログ村

                この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                西暦2018年の犬の祓い年の現時点で、弥勒世に渡る有資格者は3億8千5百万の神柱か?

                0

                  私は今の世が立て替わって、やがて永遠性を持った嬉し嬉しの弥勒の世(神の御国)が到来して来ると語って来ました。しかし、現在のスピリチュアルの世界ではそうしたことを語っている方は少数も少数になってしまいました。今では火が消えたようになっています。

                  この地球の置かれた環境は日増しに悪化しており、自然災害も多発して来て、今の人類の力では病んだ地球は救えません。創造神と呼ばれるような神が存在していて人類を救済するでなければ、遅かれ早かれ人類は消滅するでしょう。私は人類は創造神と呼ばれる神によってのみ新しい世に向かうと思っている一人です。

                  それは子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【私は永遠の嬉し嬉しの未来の世に人類を渡す】と告げられたからです。

                   

                  弥勒の世の到来を語る人達の中では、だいたい私と同様の論調がなされています。新しい弥勒の世とは今の地球上ではなくて、聖書のヨハネの黙示録にも記載される新天地、新地球上です。その新地球を「宇宙船」と呼ぶのも一緒です。ただ、次元が異なっているので科学的にはその存在証明は出来ないのです。そもそも現代の科学では霊界そのものが証明不可能です。為に多くの学者は霊界の存在を否定しています。死後の世界を否定して、神の存在を否定しない等の矛盾の科学者も出ています。

                  いくら聖書に書かれていても、常識的に言えば新地球などとても信じられる話ではありません。私達人間は霊能力が備わっていれば神社仏閣に鎮まる神霊の存在は確認出来ますが、【創造神】などよく解らないのです。世に出ておられる神々ですら、創造神の存在に関してはよく解っておられないがあります。神界の末端の霊等は、創造神?。そりゃ何じゃとなります。まず聞いてもムダです。

                   

                  その新地球論を言う少数派の中で、以前はみろく世に渡れるのは世界で一億人あるかないかの論がありました。それから数年後、ようやく2%に達した。次に、二億人には達していないが二億人弱まで増えたとの説が出ていました。しかし、あまりにもその数が少ないので、実際に立替が実施されるのかの疑問も出ていました。そうした論者は次々とこの世を去られましたので、そうした論も今では僅かな人だけとなりました。待てど暮らせども、一向にその兆しが見えて来ない弥勒世の宣伝マンの悲哀です。

                  そうした新地球論は架空論であり、現実にはそぐわないとなります。だが、その時が現実に私達の目の前に襲って来た時には手遅れだとなります。霊界に関わることは実にやっかいなことで、自分に他人に目に物を見せる奇跡力が無いと、それは人々に信じて貰えないとなります。

                   

                  死後の世界など無いと言う人達に霊界があることを解らせるのは「奇跡力」ですが、霊界の奇跡力は龍神と呼ばれる存在が起こして来たりしますが、結局は龍神をバックにしたおかしなおかしな自称救世主と名乗る人達の続出だけで終わります。

                  龍神と呼ばれる存在が人に見せて来る奇跡としては体や手に金粉現象が現れることは知られていますが、それでこの地球が元の地球環境に戻せるなどの霊力はありません。龍神に個々の人を助ける霊力はあっても、地球を救うだけの霊力は無いからです。

                   

                  その弥勒の世とは、俗に【五六七】と言われるように、最低の基本次元界が五次元霊界となります。単に死ねば誰でも入る四次元霊界ではないのです。その世界そのものが【第三天国とされる天国界】が最低ラインとなるのです。

                  霊界が天国や地獄や中有界などの階層を持った世界であることが認識出来ると、こんな我欲にまみれた世界よりも、天国天人達が本当に嬉しそうに暮らしている世界にこそ、人々の本当の平和と幸せの世界があると解って来ます。すると、この世には何の未練も無くなるのです。仏教で説かれた「この世の執着」から離れるが出来て来たりします。

                  その為には、今の地球上に居る人達の意識を【天国界天人の意識レベル】まで引き上げなければならなくなります。スピリチュアルで、何もしなくてもこの地球が自動的に五次元世界に行くのですの論調は言えないなのです。

                   

                  世の大立替説は、日本では大本教が最初に出したとされますが、調べると天理教からも出るには出たのです。しかし、何と言っても大予言者とされる大本教の出口王仁三郎聖師の存在が大きかったと言えます。出口王仁三郎聖師の存在を知って、その予言を的中させた内容の数々を知るならば、その凄さが解ります。スピリチュアルの比ではありません。神社に鎮まる神霊で、そんなことが言えただけの神霊そのものが居ないなのです。

                  私は大本教の出口王仁三郎聖師を高く評価されている霊能者の方が、その出口王仁三郎聖師と違うことを言われた時、貴方と出口王仁三郎聖師では言われることが違っていますが、どちらが正しい説なのですかと質問すると、だいたい自分の方が間違っていましたと訂正されます。それぐらい出口王仁三郎聖師は正しい霊能者達の間では高く評価されています。

                  そうした霊能者の方達は、自分はとてもその神界の域に達していないと理解されているのです。俗に言う神界の高山のレベルが自分と出口王仁三郎聖師とでは違っているなのです。

                   

                  しかし、出口王仁三郎聖師の肉体の行動が全て正しかったのかと言うと、それは違っています。その大本教の出口王仁三郎聖師は、自分は「ニセ者」であったと発表されましたが、本番は自分とは「似ても似つかない人」だと残しておられます。それは出口王仁三郎聖師的な行為行動の持ち主ではない肉体の存在とも言えます。

                   

                  本当に霊格の高い方達とは、大本教には所属せずとも大本教の出口王仁三郎聖師の霊界での格の高さを理解されています。一方、自己の霊格が低いことが解っていない霊感者レベルでは、大本教の霊界物語を「あほだら長い経」と批判して、そこに書かれている意味合いが解らずに、直感だ!。直感だ!。で、蛇霊や野狐霊達が化けた神霊の言葉にコロリと欺されるが起きています。

                  自分では自分に臨んできている霊が、天照大御神や大国主命だと思っていても、他の霊能者からそれは蛇霊や野狐霊が化けているだけだと言われていることに自分では気づけないなのです。

                  言うなれば、蛇霊や野狐霊段階では、あんな「あほだら長い経」そのものが書けないのです。意味すら解らない。為に、批判だけをする。そのあほだら長い経の中に「宝石」的な内容をちりばめてあることが解らないなのです。それは邪神達には意味が紐解けないようになっているからなのです。

                   

                  世の立替を説いた大本教からは人類の「3分」だけが新しい世に行けると説かれたようですが、その3分が全体の1/3のことなのか?、単に割分厘の3分なのかはっきりしません。大本教の出口王仁三郎聖師は人類の3%(3分)などあってたまるかと述べておられますが、私も同意見です。それでも聖書の14万4千人よりも遙かに多い数とはなります。

                  この1/3とは天下を三分けに構成させてあることから解ります。天国と中有界と地獄の三分け。第一、第二、第三と天国を三分け。第一、第二、第三と地獄を三分け。そこに2/3の「666」と1/3の「333」に分けがあるにはあるのです。

                  単に「666」の数字だけを持ち出して、三つ六でみろくとか悪魔の刻印だと言っても意味が解りません。神界の力が正神界333、中間派333、邪神界333ならば、その中間派の帰属如何によって神界の力関係は「666」と変わるからです。

                   

                  可能であるならば、全ての人類を弥勒の世に渡したいは【国常立尊】様の願望であろうと思い、私も微力ながらも一生懸命みろく世に全ての人が渡れるように【悔い改める】ことを主眼にした、人に内在する良心神を説いて来ました。

                  しかし、スピリチュアルでは何もしなくてもいいのです。神の愛で全ての罪は赦されるのですの一点張りです。誰も【悔い改める】を言わないわけです。確かに、神の愛で何をしても赦されるであれば、【悔い改める】などと説く必要はないのです。時には【良心の呵責は重いので、良心などは捨てましょう】です。スピリチュアルでは言われることは私とは真逆の説明なのです。

                  スピリチュアルの言葉が本当に正しいのであれば、どうして【地獄界】が存在して来るのか?。その説明すら出来ていないのです。本当に霊能力があるならば、【地獄界】を一度も見ていないなどあり得ないはずです。地獄界の存在を見れば、【神の愛で何をしても赦される】など言えないのです。

                   

                  私が子供の頃、私に臨んで来た旧約聖書の神と称する声は、【そなたはイエスの愛の教えを何一つ恐れずに、イエスの愛の教えを乗り越えよ。】と告げられました。どの神からも貴方に教えることなど出来ないと告げられて、今は埋没してしまっていたお釈迦様の菩提樹の下の本当の悟りが、【悪魔は実態を持たない現れであり、人には良心と呼ばれる神が内在する。】であり。それは大本教神諭予告【九つ花に咲く一輪の言霊の経綸】で、五六億七千万の「みろく(369)」を出せると解ったのです。

                  今日知られるお釈迦様の悟りも、後世の者達によって書き換えられたものであり、そうしたことになると事前に解っていた国常立尊(祇園精舎の守護神たる牛頭天王)によって、日本の言葉であっても、それを言葉と数霊で仕組まれたと言えるのです。それは伊勢神宮に鎮座する神でもなければ出雲の神でもないのです。

                   

                  西暦2018年は犬年で、祓いの年と昨年出ました。しかし、神社で見られる祓い串による祓いとは、人の肉体に降りかかった霊的なチリや誇りの類い。すなわち霊的な【ダスト】程度の祓いであって、魂そのものを汚した場合には祓だけでは解決しません。

                   

                  汚れた魂は【身削ぎ(禊ぎ)】によってのみ、汚れが落とされる

                   

                  何故、禊ぎの漢字は神との【契約の示し(示契)】なのか? 

                   

                  つい先日、そんな中で私は不思議な夢を見ていました。とある場で大工の棟梁が新しい家を建てる為に無数の柱を立てています。その棟梁が新しい家の柱立てのお祝いに、私に【三億八千五百万】とお囃子をしてくださいと言います。私は言われるがままに、棟梁の祝い歌の間に【三億八千五百万】とお囃子を入れるのです。

                  夢から覚めて、【三億八千五百万】が【柱】の数の意味だと気づきました。これは新しい地球船に渡る人(神柱)の数は以前は二億人弱と言われていましたが、ようやく三億八千五百万神柱まで、その数が膨れあがったです。立替そのものは「柱」の意味で表現されます。ですから、柱立ての祝い歌です。

                   

                  祝い歌が出たとは、立替は実施されると思われます

                   

                  しかし、これらは私が単に見た夢でしかありません。その計画の主にそれだけの神力がなければ「ポシャる」でしょう。

                   

                  仮に立替が起きるとしても、この数は入試の様に定まった数ではなく、現時点でそれだけの数に達したです。未だ犬の祓いの年は来年の節分まであり、その数は更に増えて行くはずです。私より少し前に、その三億八千五百万よりもいくらか少ない数を受け取った方があったようです。たぶん、三億八千五百万前後に近い数字を受け取った方達も既に世には出て来ているはずです。

                  2018年度中の地球の人口は76億人規模と推察されます。仮に弥勒の世が創設されるとしても、未だ5%程度の人数しか確保が出来ていないとなります。それでは未だ永遠の嬉し嬉しのみろく世に渡る人の数としては少なすぎます。未だ最終確定人数ではないと思えます。現時点でみろく世行きが決定したこの世の人の数と考えられます。

                  その時の問題はみろく世に渡る人数ではなく、大本教神諭に記載される霊界の【上・中・下】の三段。【五・六・七】の三段に振り分けが起きることなのです。大本教神諭にある魂の段階の入れ替えで「上の者が下に行き。下の者が上に行く」で【不満】を出す者が出るなのです。ですから、早くから立替が予告されたのです。

                   

                   

                  これから先は、強制的な魂の身削ぎ(禊ぎ)洗いによって、みろく世に渡る人の数は一段と増えて行くと予想されます。

                   

                  創造神の大望は神々や人民が創造神の【栄光】を讃えるで、滅ぼすではないからです

                   

                  為に、表舞台から退(艮の道)いてまで仕組んで来られたのが【ウシトラ】なのです

                   

                  私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【そなた一人だけにはこの神の仕組みを見せる。】と告げられて来ましたが、その仕組みとは、夢で意味を教えられて来たのです。霊界は情報が【筒抜け】であり、言葉で降りたのではないのです。言葉で降ろすと邪神達もその仕組みを知るからです。

                  私が霊界修業に入って言霊師の師匠の元に居たある夜、夢に私の姿をした人形が浮かんでいて、声が聞こえて来ます。それは童謡の「人形」のメロディーに乗せて、【私の人形は良い人形。どの神様の人形よりも、その見かけは悪いけれども、私の心を受け継ぐ良い人形。】と歌っているのです。その歌声に乗って、私の姿をした人形が動かされているのです。以後、夢の中に私の姿をした人形が出て来て、いろいろと演じる内容を夢に見ていて、その行動から言葉の仕組みを紐解いて来たと言えます。

                  私は霊界修業中、どの神からも貴方に教えなどは出来ないと告げられて、豊受姫は豊受姫以外の神霊が私と直接会話することを禁じられたと最初の師匠が言っておりましたが、例え神霊が出て来られても私に教えるではなく一言とか二言です。大国主命様も幾つもの姿を変えて私の前に出て来られましたが、その言葉は一つも聞いていません。なのにどうして言葉の仕組みが解けたかと言いますと、私の夢の中で自分が出て来て何かをしている。その内容を言葉に置き換えるだったのです。

                   

                  では、その三億八千五百万人だけが弥勒の世に渡るのかと言いますと、これはこれから来る立替の大嵐。その嵐には【禊ぎ(魂の身削ぎ)】を伴いますので、その禊ぎの期間を楽に越せる人数と考えられます。それらの数は、今日までに既に自己の魂を浄化浄霊して来た人の数とも言えます。蛇霊の囁きから脱却して、みろく世の神柱の地位を手に入れた人達の数だと考もえられます。

                  大本教神諭に、【人には神とも成れる魂を授けてあるにも関わらず】とありますが、その神とも成れた存在です。

                   

                  されど、

                  未だ地球に関わる神霊世界は、力の強い者が勝つであり

                  力による獣の論理が支配しています。

                   

                  より多くの人達が【嬉し嬉しの五六七の世】に行く為には、神界における最終戦争が未だ終わってはいません。

                   

                  それはモーゼ外伝にもあるように、蛇霊神達との戦いになります。蛇霊神を帰すミカエル(巳帰る)の働きが必要なのです。蛇霊の囁きから脱却しないと本当のエデンの園(神の御国)には戻れないからです。どんな事態になろうとも、その時を楽に越せる現時点での人数かと思われます。

                   

                  私が修業時代、蛇霊に改心の言向けをすると、【改心など殺されても絶対にしない。その時が訪れたなれば暴れに暴れて死んでやる。】等と返して来ました。立替の時は、その蛇霊達の死を覚悟の暴れが危ないのです。

                   

                  言葉上では簡単に立替などと言えますが、実施ともなればかなり難しいと言えます。容易な事柄ではないのです。蛇霊達がどう動くのか?。その影響が如実に私達の上に現れるからです。

                   

                   

                  精神世界

                  にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                  にほんブログ村

                  この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                  2018年は【祓】の犬年で、2019年の猪年は【獣の者】と【亥】の者とに別れ?

                  0

                    明治25年(西暦1892年・いち早くに)に世の大立替を宣伝した大本教から、艮(丑寅)金神国常立尊と坤(未申)金神豊国姫の存在が世に出されました。

                    国常立尊の神名は日本書紀には初発の神として、古事記では最初が「天之御中主」で、別天津神の後に神世七代の最初の神として「豊雲野尊」と共に出て来ます。だが、記紀神話では「豊国姫」と呼ばれる存在は出て来ておりません。大本教が最初かと考えられます。

                    私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声から、【日本神話は私が創作させたものであって事実には有らず。何故に私がそうしたことを仕組んだのか?。そなたはその意味を紐解きなさい】と告げられました。

                    また、私の霊界修業のお世話になった豊受姫からも、日本神話は事実にはあらずと承りました。神話とは時の権力者の都合が良いように何等かの作為がなされたものであることは、世界の神話を見てもそれは言えます。神話から真実を掴むなど困難と言えます。まして、今の世に出ておられる比較的若い末端の御神霊達は、それが事実だとまで思い込んで居られる節があります。

                     

                    大本教から出された【艮(丑寅)】と【坤(未申)】は、十二の方位と時を示した言葉でもあります。

                     

                    子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

                     

                    そこに、誰も考えなかったのでしょうが、何故に一年間は365日で、一日は24時間で、24×60分で、一分は60秒であらねばならないのか?。

                     

                    そんなこと、誰が決めたのでしょうか?。誰がそれを見つけたのでしょうか?。今日まで、私達はその説明を誰かから聞いたでしょうか?。どこを調べても解らないのに西洋でも日本でも時計は「12」の数値を持っているわけです。そこには宇宙の【法(のり)】があります。

                     

                    私が西暦1998年に見せられたものは【神の時計】であり、大本教霊界物語に記載された、主の神は約【三十五万年前に御引退】で、神の時計を見ていてとんでもないことを知ったのです。

                    そこに大本教出口王仁三郎聖師の遺言とされる【時節を待っていたならば、みのか尾張の国から現れる誠の女子】の意味があったとも言えます。【言霊】は言葉の構成ですが、【数霊(かずたま)】と呼ばれる存在も霊的世界では働きを持っていることは知られています。

                    そこに【言霊】と【数霊】が密接に絡み合っているとも言えます。

                     

                     

                     

                     

                    私が昨年見せられたことは、西暦2018年の【戌(犬)年は祓いの年】であり、次の西暦2019年は【猪(獣の者)の年であり、亥の年】となるです。

                     

                    私の夢に【馬小屋の救世主】ではなくて、女子で【豚小屋の救世主】と出て来た時には何の意味かと考え込んでしまいました。豚に掛かる意味は「猪」です。豚は元は猪からの改良です。猪には【獣】偏の漢字が出ますが、豚の漢字には獣偏がありません。すなわち、豚は【獣偏】たる存在では無くなったなのです。

                     

                    猪(獣の者)とは

                     

                    人の顔をしていても、その魂は獣(毛物)のことであり

                     

                    亥の者とは、亥は【核】を意味しており

                     

                    人に内在する魂の核(天帝の分魂で良心神)が表に出ている者 

                     

                    この【亥】の漢字だけを見ていると、あまり意味がよく解りません。大本教からウシトラ(丑寅)とヒツジサル(未申)が出されましたが、丑寅は神が掛けた【紐によって演じ(劇)る】意味であり、未申は【未来を申す】様に、【亥】に関わる漢字を見ることによって意味が解るようになってはいるのです。

                    私が子供の頃、旧約聖書の神と称する声は、【この国(日本)は私の教えが満ちあふれ世界で唯一つの国であり、そなはそれを見て人々に告げなさい】と、言われたことでもあるからです。

                    大本教神諭に、この仕組みに三千年かかったとありますが、大本教霊界物語の【中国の盤古大神から、国祖国常立尊に神界の大政奉還(返還)】とは、漢字の変換であり、漢字で言葉の仕組みを組み立ててきたのは実は中国の盤古大神ではなくて国常立尊であり、言葉の仕組みは日本で紐解けるものだからです。

                     

                    私達は時間のことを【時刻】と言います。この「刻」は【亥の刑】で【きざむ】ということです。そして時計は時を刻んでいるのです。

                    また、刻は獣の皮を刻剥する。そこから【苛刻(苛酷)】の言葉が出ます。

                     

                    創造神は私達に神とも成る為に【犠牲】を課しておられました

                     

                    その犠牲は、犠牲の漢字を見れば【牛】と【羊】が出て来ます

                     

                    しかし、今回やっと私に解ったのですが、犠牲と云う漢字以外に犠牲の示しの働きとして【豚】がありました。確かに、牛、羊、豚は私達に肉として食べられているのです。私はどうして牛と羊だけが犠牲で、豚はどこに行ったのかと首を傾げてはいたのです。

                     

                    大本教の出口王仁三郎聖師は【漢字】の研究をされていましたが、出口なお開祖派の過激な信徒達は大本教神諭が「ひら仮名」であったので、「ひら仮名」を重んじるのではなくて漢字を研究をしているで出口王仁三郎聖師の住まいを襲い、その研究書を全て燃やすという事件がありました。

                    それらの信徒は、日本の「ひら仮名」が【漢字】を元にして創られたものであることすら何も理解していなかったと言えます。信仰の狂信が起こしたのです。

                     

                    この場合重要なのは「豚」の漢字ではなく、肉月が無い【豕】の漢字です。この「豕」がどの漢字に使われているかに意味があると言えます。

                    一番解りやすいのは【スイ】の漢字ですが、これは通常のPC上では出せません。紙に書かれたものでしか解りません。隧道(墓に通じる道・トンネル)の【隧】の漢字の一番右の部分の漢字です。

                    私が子供の頃、トンネルのことを【豚(トン)が寝る(ネル)】などと言っておりました。それは単に語呂合わせなどと思っておりましたが、漢字としても意味を持っていたと言えます。

                    この【スイ】の漢字は、犠牲として殺された獣によって願うことで、願いを達成する意味が【遂行】なのです。古代において、神に何等かの動物を犠牲に差し出して願うはシャーマン達がして来ました。すなわち「豚」もまた犠牲と言えます。

                     

                    私達は【切磋琢磨】という言葉を知ります。切は刻む。磋はとぐ。琢は打つ。磨はみがく。私達の【魂】はこの社会で、刻まれて打たれて研ぎ磨かれるのです。琢の字そのものは【玉を遂行】させるなのです。

                    スピリチュアルで【何をしても神の愛で赦されます】と説いている存在は、真逆の道を教えている者達なのです。霊界には【正負の原則(目には目を、歯には歯を)があり】。それらは私達に【カルマ】として起きています。それを無視続けるということは、そうした人達の教えに従うと案内されるのは【墜ちる】道なのです。

                    何も知らない人達は神社仏閣に参拝すれば、そこに正しい神仏霊が存在しているとばかり思っています。今の神霊世界は【力の強い者が勝つ】の獣の論理が支配しているのです。

                     

                    今年の「犬」年は【祓い】の年で、来年の節分までは祓いの期間でしょうが、【祓い】とは魂の表面に付着したゴミやチリ程度の霊的な【ダスト】の除去(祓い)であって、魂を大きく汚して魂から【毛物(獣)】を発生させた【禊ぎ(身削ぎ)】の状態ではありません。来年の節分以降が、人の顔をしていてもその魂は獣(毛物)の者と、そうでない人達を霊的に分離する流れになるのかも知れません。

                    西暦2019年節分から各自の救世主たる【魂の核】の動きが世の表面に現れて、その後の西暦2020年に、地、水、火、風、空とされる【五輪】の働きが御臨終に向かい。私が豊受姫から聞かされた【立替の嵐】がやって来るとも考えられます。

                     

                    その立替の嵐の期間を【楽に越せる】か、【苦しむことになるか】は自分の魂を獣(猪)にしているか、魂の中味の【核(亥)】を出しているかとなります。

                     

                    その時、人々は神は【むごい仕打ち(刻)をする】と言うのかも知れません。

                     

                    だが、それは【一時苦のイチジク(無花果)】であり、魂の実りの時となる

                     

                    イエスの教え、イチジクの葉が色づく頃を知りなさい。

                     

                     

                     

                    精神世界

                    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                    にほんブログ村

                    この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                    この世と地球の霊界は重なり、霊場の霊に移動が起き出している可能性?。に、注意

                    0

                      私達は死後の世界を一般的に【あの世】と称していますが、その霊界はどこに在るのだとなります。宇宙の星に行く魂もあれば、この地球に留まる魂もあると言えます。

                       

                      今の日本では一般的に人は死ぬと【天国】だと云う言い方がなされていますが、それは最近の話で以前の日本では【死者は草場の陰から見守っている】などと云われて来ました。

                      また、一部に仏教の理想王国として【シャンバラ帝国】が云われて来ました。仏陀が説いたとされる【理想郷(極楽浄土)】のことだとする説です。この「シャンバラ帝国」とは人は死ねば空の上とされる天国世界では無く【地底王国】とも呼ばれていますが、それは理想王国だとする説もあれば、地底の中だから地獄界ではないかと考える人もあるようです。

                       

                      西洋で言う天国とは【パラダイス(楽園)】の意味であり、仏教で言えば【極楽】ですが、それは「空の上」だと勘違いしたのが人は死ねば「天国」論と言えます。別に「パラダイス(楽園)」は空の上とは限らないのです。

                       

                      地球に関わる霊界は、この地球と重なる様に層として存在する

                       

                      地球の内部に霊界が存在すること自体も、何の不思議でもない

                       

                      私は霊能者と呼ばれるほどの霊能者ではありませんが、熊野本宮の元跡地や各地の瀧場や神社等から地底に降りる道があることを霊的に見たことがあります。それは俗に言われる【亡者道】とは別の道とは言えます。神霊達そのものが地下に存在するです。

                      伏見稲荷山に行くと一万基とも称されるお塚群があります。死者を葬る【墓石】的なものです。そのお塚に祀られている神霊や白狐等の眷属霊はどこに居るかとなります。死ねば天国の空中でしょうか?。地球の地下内部が地獄界だと決めつけるのは理解不足と言えます。

                      そうした霊的な道を見た時、出来ることならばこの肉体から魂(意識)を脱いで、その世界がどうなっているのか見たいという好奇心はあったのですが、如何せんそうした時に限って肉体から自己の魂を飛ばせないとなります。

                       

                      元の熊野本宮跡地にある二つの石塔の一つから白いモヤの様な物が現れて、私と同行していた女性を覆ったので何事かと御本人に聞くと、二人の白いドレス(日本の飛鳥天平時代の貴族女性の様な衣装)の女性霊が、その石塔から現れて自分をその石塔の中に連れ込もうとしたので振り払ったと言います。そこで私は、せっかくのチャンスだったので、その石塔の中から地底に入って見聞してくれば良かったのにと言ったことがあります。

                      そうした霊能力がある人は、そうした世界を見聞するのも霊界を知る貴重な体験になるからです。無論そうした時には肉体は失神状態になりますが、そこは元に肉体にその魂を戻す自信はあったのです。私は霊能者はしていませんが、私の背後にはそれが出来るだけの霊達が存在しているからです。

                      私は霊能者から幾度か命を狙われましたが、その攻撃から命を守ってくれたのもそうした守護霊達のおかげです。

                       

                      私は子供の頃、旧約聖書の神と称する声が臨んでいましたが、社会人となって霊的世界に修行に飛び込んだところ、豊受姫を初めとして7〜8名の霊能者の方から貴方の本守護神は「国常立尊」様ですと告げられて、それは旧約聖書の神と同一神でないのだろうかという考えに立ちました。

                      そうした中で私に告げられたことは、【みろくの世】とはこの地球ではなくて、未だ人類が知ることが無いこの地球と同型(瓜二つ)の【新地球】であると告げられたのですが、そんな途方も無い話を信じる等は霊に【騙されている】と言われたならば、その可能性は否定は出来ません。しかし、今の人類は霊的世界に対してあまりにも無知であり、もっと霊界を知る必要はあるのです。

                      ただ、私は日本語であれ【言葉の仕組み】を知った時、これは単なる霊。神社等に鎮まっている神霊では無理だと気づかされて、単なる霊の存在云々ではなく【言葉の仕組み】をした神の存在があると確信に至ったなのです。

                       

                      私はUFO肯定派の者です。実際にUFOを見るではありませんが、自分の夢の中ではよくUFOが出て来ます。それもUFOの大軍団の来襲です。最終局面では夜空を覆い尽くすほどのUFO群団が出現するのではないかと見ています。ノストラダムス予言の【恐怖の宇宙大王】の正体です。

                      こうしたUFOは宇宙の彼方の星から母船と共に来る物もあれば。この地球の地底に存在するとする説もあります。私達が持っている科学の常識からすれば地底にそうしたUFO基地がある等は納得し難いでしょうが、次元が違って来るとそれも可能となります。

                      私の2番目の師匠は、日本の幾つかの山である地名を上げて、そこにはUFOの出入口があると言っておりましたが、【シャンバラ帝国(地底王国)】があるとするならば、そうしたこともありえるなのです。

                       

                      私の自宅を2回も訪れてくれた精神世界系列の霊能力者の人気ブロガーさんが、私の自宅の神棚に出て来た白狐霊から、【この家の神棚を通した地下は忍者屋敷のようなもので道には秘密のカラクリが幾重にも施されており、霊能者だからと言ってこの家の下の地下世界の様子を知ることは出来ない。】と告げられたと私に語ってくれました。

                      私は自分が住んでいる自宅の地下のことは解りかねますが、前に住んでいた家では横に天之御中主を祭る神社があり、私の家の横に霊的な地下に降りる道は見ました。そうした地下に降りる道がある場所が【霊場】等と呼ばれていたりします。

                       

                      大本教から出された世の大立替説は、正神界も邪神界もそれは三次元世界の終わりであり、人類が五次元世界に向かうは一致しており、その時には聖書に記載される今の太陽は輝いていないで、国常立尊派は新地球に移行して、反国常立尊派はこの地球内に人工太陽を創り自分達の帝国を築くで動いてはいるのです。元々、地底王国とされるシャンバラ帝国も人工太陽で明かりを持っているとする説もあります。

                      この反国常立尊派の霊能者の方達はある【マーク】を使いますので、それで見分けがつきます。この派は国常立尊を唯一神と拝することはしません。反国常立尊を鮮明にしています。そこには多くの実践霊能者達も参画しています。しかし、最近はそのマークそのものをあまり見かけなくなって来ました。霊的世界で何か変化が起きている可能性があります。

                       

                       

                      アメリカの貿易センタービルに旅客機を乗っ取ったイスラム教過激派のテロ一味がビルに突っ込む同時多発テロを起こし、これは【9.11事件】として人々の脳裏に焼き付きましたが、この事件の前に私の最初の師匠に不思議な出来事が起きました。

                      私はその当時はその師匠の元を離れていましたので、後日、その話をその師匠から直接に聞いたしだいです。それを後付け話と言われれば、それもいいでしょう。後付けの話は何とでも言えるからです。

                      ただ、私が霊界修業のお世話になった豊受姫は、阪神淡路大震災や普賢岳爆発を事前にその師匠に告げていた存在です。頭から後付け話だと否定も出来ません。【9.11事件】の数日前、その師匠に豊受姫が不思議なことを言われたとその師匠が私に言いました。

                      それは、【代、そなたには少しの間だが眠って貰わなければならない。】です。その師匠は豊受姫の言葉には絶対服従だったので眠りに就くことを了解されて、神社の社務所は当分の間は留守なので相談お断りとしたのです。神社の境内地にある自宅も鍵を閉めて、誰も家に来ないようにしたのです。

                       

                      その師匠が目覚めて、自分はいったい何日間眠っていたのだろうとテレビをつけると、そこに映し出された映像は【9.11事件】のアメリカの貿易センタービルに乗っ取られた旅客機が突っ込んで貿易センタービルが崩れ落ちる悲惨な光景です。

                      そこで、その師匠は慌てて社務所の祭壇に額づいて豊受姫から話を聞くと、アメリカの貿易センタービルは多数の霊が眠る霊場の上に建っており、【9.11事件】が起きることは豊受姫は事前に解っており、その霊場にこのテロで亡くなった霊達を収容するので、以前からその地に居た霊を別の場所に移行させる為に、その霊達の浄化を代の肉体を持ってした。その為の代の眠りである。】と告げられたと私に言うのです。

                       

                      そんな話は一般的にはにわかには信じられる話でないことぐらいは、私も重々解っています。ただ、その地に居た霊を他所に移行させる為に霊媒質者の肉体を使って霊を浄化させることで、その霊媒質者が眠るということはあります。現に私はそうした作業を長年して来たのです。

                      私は子供の頃、どうして自分はこんなに眠るのだろうかと不思議に思ってましたが、その師匠に出会って他者の霊(自分を供養してくれる肉体の子孫を持たない霊)の為に、そうした浄化浄霊作業があることを知ったのです。

                       

                      最近、とある話を聞くようになって来ました。そこに霊が居た(霊力を感じた)と思われる場所に霊の存在を感じなくなった。これまでは霊を感じなかった場所で霊の存在を感じるなどの話です。つまり、霊が住む場所を移動したのではないかと言う話です。

                      この手の話は以前からありました。そこには元々は神霊が存在していたが、その神社が何時の間にか空の神社になっているです。こうした【空神社】の存在は霊能者サイドからかなりの報告がされていました。そこにある疑問がなされていました。

                       

                      神社に鎮座していた神霊達どこに行ったのかです

                       

                      私が前々回に伏見稲荷山に上がった時、荒れ果てたお塚を見て、そこにはもう本来の祭神たる稲荷の神霊が居らず。仕えるべき主(ぬし)神達が居なくなった眷属の白狐霊達を大量に引き取って帰って来たがありました。その白狐霊達のことを書いたのが私がブログの4番目の記事になりますので、今から七年も前の話になります。

                      その中で私が首を捻ったのは、これらの白狐霊が仕えてた主(ぬし)たる稲荷神は自分の部下達を稲荷山に残して、いったいどこに行ったのだ!。です。そうしたことに関しては、一部で神霊達の引き上げが起きているとの説はありました。

                       

                      その後、一時は寂れて露店も減った伏見稲荷山は信仰の山から外国人の観光地のようになり人の数は賑わっています。今はこの世から去りましたが豊受姫のお代であった最初の師匠の著本であったかと思いますが、その師匠が伏見稲荷山は信仰心を持たない外国人が大量に来る観光の山となったことで、白狐霊達が外国人を恐れてその姿を見せなくなったと書いています。

                      私は霊能者商売をしている者ではなく、一介の霊界見聞者にしか過ぎません。私が神霊世界から見せられる光景には限りがありますし、何もかも語れる者ではありません。ただ、今は神社巡りは卒業して神社参拝もしておりませんが、観光で訪れた神社仏閣で、ここにはもう本当の神霊は存在していないのではないだろうかと感じる場所が増えています。

                       

                       

                      今年(西暦2018年)の9月上旬、伏見稲荷山は台風30号により、甚大な被害に見舞われました。一週間ほど閉山を余儀なくされたようですが、私が修業時代にお世話になった豊受姫たる伏見稲荷山三ノ峰の白菊社のお塚もひどい惨状となったようてす。

                      かなり前ですが、私はある事柄で京都市を直撃予想の台風を豊受姫に対して、その事柄が神界で必要な事案であるならば台風の進路を変えてくださいと願ったことがあります。すると、和歌山の手前で京都市を直撃予想の台風が右に変わるという気象予想を外れるコースを取ったがあります。

                      その頼みとは私個人のことではなく、神界に関わる重大な出来事だからお頼みしたことですが、そうした力を持った豊受姫が首座神の伏見稲荷山に、何故にあれほどの被害が起きたのかとなります。

                      大本教が時の官憲の手により、神殿群はダイナマイトで爆破される等の大弾圧事件がありましたが、大本教の出口王仁三郎聖師は大本教が潰されることが、それまでの日本の国のカルマの解消になったと述べておられます。前回のブログに書いた【代物弁済】が起きたか?。です。

                       

                      磁場たる霊場も霊力が強ければ、自然災害の猛威を防ぎます

                       

                      しかし、その磁場たる霊力が弱くなっていると自然の猛威には逆らえないが起きて来ます。

                      鰯の頭も信心からと言いますが、お釈迦様もイエスも【偶像信仰】を禁じられましたが、偶像も多くの人がそれに対する祈りを捧げれば霊が宿り、その霊力も増します。それは、祈りたる祝詞や御経の言葉には【言霊の光】が存在するからです。

                      私は修業時代、神霊から祝詞や御経を要求されるがありました。それがそこに居る神霊の力ともなるからでした。神霊に願い事ばかりをする人の祝詞や御経は神霊に対してもマイナスに働きます。モウ人々がいくら感謝心で祈っても手遅れ状態になっていると思わなければなりません。

                       

                      人々が神仏に対する感謝の祈りを忘れて来ると、災害の被害も大きくなる

                       

                      私は霊能者をしているのではないので断言は出来ませんが、全国的にも有名な霊場の幾つかは、昔に比べるとその面影がありません。寂れています。参拝者の数も以前と違って大きく減って茶店などもシャッターが降りています。門前町そのものが廃れているです。某霊場は以前は参道に多数のお店がありましたが、今は一軒も残っていないがあります。

                      それに反して、新興宗教は次から次へと起きて信徒で賑わっています。はっきりと現世御利益的なことが出るからでしょう。しかし、そこに鎮まる神霊の正体を知るならば、とても危なくて近づけないとなります。

                       

                      人は現金なもので、現世御利益がたっぷりあるとその神社仏閣に参拝して来られます。だが、さほど御利益が無いとなると、手のひら返しとなります。参拝者を対象にした食堂や売店が次々と潰れて行きます。広大な参拝者用の駐車場も、正月以外はがら空きとなっているのが今の現状です。それらは私が最初に行った時からさほど時間は経ってはいないのです。大きな様変わりを起こしたと言えます。

                      そこに、本来は存在すべき神霊がモウそこには存在して居なくなって来ていると感じられるのです。 あるいは、そこに居た神霊が別の場所に行った?。それは霊界に大きな変革が起きて来ている可能性を否定出来なくなって来ているとも言えるのです。

                       

                       

                       

                       

                      精神世界

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
                      にほんブログ村

                      この内容がよければ、応援のクリックをお願いします。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      日本ブログ村に参加しています(よければ応援のクリックを願います)
                      selected entries
                      archives
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ アセンションへ
                      にほんブログ村